我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

サード・パーソン/THIRD PERSON

2014-07-11 22:27:35 | 劇場&試写★6以上

 

 

「クラッシュ」でアカデミー賞作品賞をとった脚本で、監督としても才能を発揮している

ポール・ハギス監督・脚本作。

 

という事で楽しみだった本作。

ちなみに、ポール・ハギスの脚本は本当によく出来ている。

イーストウッド関連の「ミリオンダラー・ベイビー」「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」の脚本、

わたしの好みとしては「007 カジノロワイヤル」「ラストキスなど

 

2年半、50回くらい書き直して完成した脚本であるほど様々なところで

人物が交差していき、ラストでは深い繋がりをもって描かれる本作。

 

「白」「水」「プール」「メモ」「子供」「Watch me」 というキーワードが

3つの物語全てにちりばめられる。

 

 

まず、舞台になるのは3都市。

 

パリ。

最新小説を書き終えるために、ホテルのスイートルームにこもって仕事をしている、ピューリッツァー賞受賞作家のマイケル。

リーアム・ニーソン。

妻エイレンとは別居して、電話でのやりとり。

 キム・ベイシンガー。

野心的な作家志望のアンナと不倫関係にあるが、アンナにも秘密の恋人が。

 

オリビア・ワイルド。

 ホテルを裸で駆け抜ける、ヌードも披露

 


ローマ。

いかがわしいアメリカ人ビジネスマンのスコットは、あるバーで美しいエキゾチックな女性が気にかかる。

 エイドリアン・ブロディ。

スコットは、彼女が娘と久しぶりに再会しようとしていることを知る。

イスラエルの女優、モラン・アティアス。

 


ニューヨーク。

昼メロに出演していた元女優のジュリアは、息子をめぐって現代アーティストである元夫のリックと親権争いの真っ最中。

経済的支援をカットされ、膨大な裁判費用を抱えたジュリアは、かつては頻繁に泊まっていた高級ホテルでメイドとして働きはじめる。

ミラ・クニス。

元夫はジェームズ・フランコ。

 

弁護士にマリア・ベロ。

 

 

 

 

最後まで淡々とじっくりと3つそれぞれのエピソードが描かれる。

次第にすれ違ったりちょっとしたアイテムが伏線やヒントとなって度々出て来たり。

各パートがある意味、テーマ(というか一つの意味)をもって描かれてるようなところが

ちょっとリンチの「マルホランドドライブを想起させてりしたんだけど。

(マルホの方が断然好きで面白いけど)

 

リーアム・ニーソン演じる主人公が、”小説家”だというところがポイントでもあって

タイトルでもある、三人称で語られるところがミソ。

 

 

後半で、なんだかあるキャラが別のキャラとだぶって見えて来たり、

理由がなんとなくわかってくるともしかしたらこの人は本当は存在していないのでは?

という疑問がでてくる、そして、しゅっと消えてしまうところからそれは確信に変わる。

 

 

 6/10(60点)

 

 

ネタバレあり感想

 

後半になって 離れてる舞台だと思ってたそれぞれの登場人物たちが

あれ?というところで交差して入れ違いになってたり、同じメモ用紙を使っていたり

少しづつもしかして、、、、とは思って観てたら

何人かはマイケルの書いた小説の中の話であり、現実と小説の中身が錯綜するということがラストで明らかになる。

子供がプールで遊んでいるときに目を離してしまい亡くしたことで

妻とは疎遠になっているスコットというキャラクターに後悔の念、マイケルの自己投影の部分、

マイケルが日々、三人称で語る日記。

処女作は素晴らしかったが今はもうと言われてしまったマイケルが

次なる新作を書こうとしている。それは愛人アンナの秘密のスキャンダル。

愛を求める小説家志望のその愛人は、実は父親であったことが明かされ、

 

ラストでは仲良く手をつないでいたはずのアンナとマイケル。

小説の中身を知ったアンナは走り去り、その後ろ姿はジュリアになり、、、追いかけても消える、、、

すべて小説で書いていた人物たちと現実の自分とを重ねたストーリーというオチ。

 

実在するのは、マイケルとその恋人(オリビアワイルド)と、元妻(キムベイシンガー)と出版社の編集者。

リーアムとエイドリアン・ブロディ

そしてマリア・ベロ=キム・ベイシンガーが同一人物として重なる。

 

いくらなんでも2時間超えは長いよー。

はっきりいって観てる時は繋がりがどうなってる??と思うので

引き込まれていくけど、観終わると、リンチの「マルホランド~」のように

またみたい!!っていう風な思いにまでは至らなかったな。

それぞれの話がそこまで面白くないし、結局小説だったというところで

架空の人物がわかってしまうと、ああそういうことね。くらいにしか思えないんだなー。

 

 

分かろうと、理解しようとしなければ難解にも思えるだろうし、

退屈になってしまうであろう作品。

 

想像力を膨らませ、謎を謎のままで終わらせてしまうか、

観終えて、また探りたいとまでで思えるかは、観る人次第。その人の感受性で左右される。

 

 

パリの一流ホテル。スイートルームに泊まるピュリッツァー賞作家のマイケル。新作の執筆に追われながらも、別の部屋に泊まる作家志望の女性アンナとの不倫を楽しんでいた。ローマのとあるバー。怪しいアメリカ人ビジネスマンのスコットは、エキゾチックな美女モニカに目を奪われる。ひょんな成り行きから、彼女が誘拐された娘の身代金を紛失したと知り、助けようとする。ニューヨーク。元女優のジュリアは、息子の親権を巡って別れた夫リックと係争中。多額の裁判費用を工面するため、高級ホテルで客室係として働き始めるジュリアだったが…。

 

 

映画『サード・パーソン』予告編  

  公式サイト 

 THIRD PERSON      2013年    イギリス=ドイツ=アメリカ=ベルギー   137min

 6月20日より公開中~

 

トロント映画祭にて☆

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (8)   Trackbacks (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パークランド ケネディ暗殺、真... | TOP | 複製された男/ENEMY »

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ (にゃむばなな)
2014-07-11 23:22:37
ライブドアからまたgooにTBが送れなくなっているみたいでご迷惑をおかけしております。

やはりハギス先生と聞くだけで無意識に上げてしまうハードルを期待通りに超えてくれなかったというのが正直なところでしょうか。
後半のタネ明かしも、もう少しキレイにしてくれてもよかったんですけどね。

それにしてもエイドリアン・ブロディのあの色気。同じ男として凄く勉強させてもらいました。
でも私は下戸なんですよね~。
にゃむばななさん☆ (mig)
2014-07-11 23:31:29
お、2本連続にゃむばななさんからのコメいちばん

そうなんですよね~
私もハギス作品好きなので期待しちゃいました。
そうそう、それに本文中に書き忘れた
男性のにゃむばななさんも??
エイドリアン、色気あるんですよね~
そこが好きです
わ~記事が凄いです! (**joy**)
2014-07-12 11:32:41
この映画、出演者がみなさんすごいですよね。
オリヴィア・ワイルドがすごく良かった~(見た目が好きです。しかも全裸!あのシーンめっちゃ好き~)
退屈な映画とか、途中か最初の方で寝てしまって、うわー、話がわからない!というのも最近たまにあったのですが、この映画は必死で見てないと、話がわからなくなりそう!という点では良かったです(笑)
私、オチがわかってなかったです。なるほど小説の中の話と交錯させていたのか!(遅い!遅すぎる)
Yahoo!もRotten Tomatoもレビューがかなり低かったのは知ってて見に行きましたが、私は好きな映画です。
マルホランド・ドライブ、見ていないので、近いうちに絶対見ます!^^
joyさん☆ (mig)
2014-07-12 21:37:42
ありがとうございます~こちらのほうがまだ分かりやすいというか
解釈はだいたいあってるかなと思うんですが
今upした作品の方がもっと難解でした 笑

これも色々な重複する伏線となるアイテムがあったりキャラのニアミスがあったりでしたね。
好きな人は好きですよね、この手のは。
ハイ、ぜひマルホランドドライブ観てください!
最初はなにこれ??ってなりますよ。
あれは、完全にもうお手上げ。解釈読んでやっと理解できましたもん。
だけどみるほどに面白い!あーまた今夜みようかな!笑
おはよー (rose_chocolat)
2014-07-14 06:54:23
こういうのって、すごい好きか、だめか、どっちかだと思うんだけど、
今回のこれは私は好きでした。
最後が何となく切ないよね。
結局2回観たんだけど、2回目はいろいろ注意して観てたから、凝ってる所とかがわかったり面白かった。
roseさん☆ (mig)
2014-07-14 22:44:06
ちょっとお久しぶりー
うんこれは分かれるよね~
私はすごい絶賛してる人多いようなだけど
いままででもあった感否めないし内容的にはそこまでじゃなかったかなぁって。
2回もみたのですね、映画って、とくにこういうアイテムとか隠れた伏線とかある映画は見直すと新たな発見ありますよねー
複製された男もソレ系なの
リモンチェッロ (りお)
2014-07-16 21:17:44
スコットとモニカが飲んでいたリモンチェッロ、見つけたので買ってみました。
まだ飲んでないんだけど

アンナも実在の人物じゃないと推測している人がいました。
色々な見方が出来るね。
やっぱりもう一回観てみたいなー
りおさん★Re:リモンチェッロ (mig)
2014-07-19 13:18:46
そうだねー、こういうのは色々考えられて
面白いってゆーのもあるけど、
ネタや、オチ的にはありがちかなー。
あ、あのお酒強そう!
私はムリだけど興味あるー飲んだ感想よろしく!笑

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

19 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『サード・パーソン』 2014年6月22日 ららぽーと船橋TOHOシネマズ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『サード・パーソン』 を鑑賞しました。 駄作と傑作は紙一重 この映画はややもすると駄作に分類する人も多いでしょう 内容に触れるコメントを書いていますので、まっさらで見たい方は スルーして下さい。 【ストーリー】  フランス、パリのホテルで執筆中のピュリツ...
『サード・パーソン』 (My Pace, My Self)
もう7月、1年の半分とは時間の流れも早いものですね ということで昨日は『サード・パーソン』鑑賞。 正直なところ、最初は気になる作品ではなかったんだけど、少し前にネットのニュースで紹介されていて、どのような展開のストーリーなのか気になって観てみました。...
サード・パーソン (キノ2)
★ネタバレ注意★  ポール・ハギス監督最新作。  パリ、ローマ、ニューヨーク、三つの都市を舞台に繰り広げられる三つの異なる物語、と見せかけて実は、というお話。主軸となるのは、パリ編に登場するリーアム・ニーソンが演じる作家なのですが、作家が主人公の物...
サード・パーソン (映画好きパパの鑑賞日記)
 クラッシュでアカデミー賞を受賞したポール・ハギスの新作で、豪華出演者による、凝ったつくりをしているだけに、ネタバレにならないよう感想をいうのは難しいのですが、あまりにもひねりすぎて大暴投してしまった気がします。  作品情報 2013年イギリス/アメリ...
サード・パーソン (こんな映画見ました~)
『サード・パーソン』---THIRD PERSON---2013年(イギリス/アメリカ/ドイツ/ベルギー )監督:ポール・ハギス 出演:リーアム・ニーソン、、ミラ・クニス 、 エイドリアン・ブロディ 、オリヴィア・ワイルド 、ジェームズ・フランコ 、モラン・アティアス ....
サード・パーソン (風に吹かれて)
作家の苦しみ 公式サイト http://third-person.jp 製作・監督・脚本: ポール・ハギス  「クラッシュ」 パリの一流ホテルのスイートルームに宿泊している、ピュリッツァー賞作家のマイ
サード・パーソン (だらだら無気力ブログ!)
そういうオチか。なるほど。
サード・パーソン ★★★ (パピとママ映画のblog)
『クラッシュ』などのポール・ハギスがメガホンを取り、パリ、ローマ、ニューヨークを舞台に3組の男女の関係と衝撃の結末を描く恋愛ミステリー。著名な小説家と愛人、ビジネスマンと娘を誘拐された女、元女優とその元夫の物語を交錯させながら、愛や痛み、再生と希望など....
『サード・パーソン』 三人称の男と女 (Days of Books, Films )
Third Person(viewing film) 『サード・パーソン(原題:
ショートレビュー「サード・パーソン・・・・・評価額1600円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
物語の語り部は誰だ? 世界の三つの街で、平行に展開する三つのストーリー。 落ち目の作家のマイケルは、新作を執筆中のパリのホテルで、気まぐれな愛人アンナとのスリリングな密会を楽しむ。 一方、ニューヨークに暮らす元昼メロ女優のジュリアは、元夫でアーティス...
『サード・パーソン』 (2013) / イギリス (Nice One!! @goo)
原題: Third Person 監督・脚本: ポール・ハギス 出演: リーアム・ニーソン 、オリビア・ワイルド 、エイドリアン・ブロディ 、モラン・アティアス 、ミラ・クニス 、ジェームズ・フランコ 、マリア・ベロ 、キム・ベイシンガー 公式サイトはこちら。 パ...
「サード・パーソン」 (ここなつ映画レビュー)
正にポール・ハギス。ポール・ハギス監督ならではの、幾種もの物語が偶然と必然によって重なり合ってシンフォニーを奏で、ラストで一つの交響曲となる。この構成、好きな人にはたまらないと思う。「日本最速試写会」なるもので鑑賞し、その時のゲストがネタバレしないよう...
サード・パーソン (映画三昧、活字中毒)
■ 新宿武蔵野館にて鑑賞サード・パーソン/THIRD PERSON 2013年/イギリス、アメリカ、ドイツ、ベルギー/137分 監督: ポール・ハギス 出演: リーアム・ニーソン/ミラ・クニス/エイドリアン・ブロディ/オリヴィア・ワイルド/ジェームズ・フランコ 公式サイト ...
サード・パーソン (心のままに映画の風景)
フランス。 パリの一流ホテルで執筆中のピュリツァー賞作家マイケル(リーアム・ニーソン)は、作家志望の愛人、アンナ(オリヴィア・ワイルド)の訪問を受ける。 イタリア。 ローマで仕事を終えたアメリカ人のスコット(エイドリアン・ブロディ)は、あるバーで...
サード・パーソン (ダイターンクラッシュ!!)
2014年7月16日(水) 21:00~ ヒューマントラストシネマ渋谷2 料金:1100円(サービスデー) パンフレット:未確認 「クラッシュ」のポール・ハギスの人間スパイラル/span> 『サード・パーソン』公式サイト 「すべて彼女のために」のリメイク「スリーデイズ」が冴...
三人称/白い世界~『サード・パーソン』 (真紅のthinkingdays)
 THIRD PERSON  "Watch me."  ピュリッツアー賞受賞作家のマイケル(リーアム・ニーソン)は、パリのホテ ルに滞在しながら執筆し、作家志望の若い美女アンナ(オリヴィア・ワイルド) と不倫中。ローマ出張中のスコット(エイドリアン・ブロ...
『サード・パーソン』 (こねたみっくす)
私を見て。それが3人目の願い。 ポール・ハギス監督作品にしては技巧に走りすぎた感も否めない、テーマもあと一歩踏み込んで欲しいと思わざるを得ない一方で、終盤におけるタネ ...
映画『サード・パーソン』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-54.サード・パーソン■原題:Third Person■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:137分■料金:1,800円■鑑賞日:6月28日、TOHOシネマズ日本橋(三越前) □監督・脚本・製作:ポール・ハギス◆リーアム・ニーソン◆オリヴィア・ワイルド◆ジェー...
パズルのように、その愛たちは (笑う社会人の生活)
22日のことですが、映画「サード・パーソン」を鑑賞しました。 ・パリ 最新作を執筆中の作家のマイケルはアンナと不倫関係だがアンナにもまた秘密の恋人がいる ・ローマ アメリカ人会社員スコットは 娘が誘拐されたと女性を助けようと決意する ・ニューヨーク ジュリア...