我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

ムーンライズ・キングダム / MoonriseKingdom

2012-10-28 13:27:27 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

 

「アンソニーのハッピーモーテル」「天才マックスの世界」とインディペンデント通な人たちから

愛されてきたウェス・アンダーソン監督最新作

 

来年2月を前に、マスコミ試写で観させて頂きました~

 

監督・脚本・製作  ウェス・アンダーソン
共同脚本は友人でもある、ローマン・コッポラ (ソフィア・コッポラ兄)

 

「ザ・ロイヤルテネンバウムズ」「ダージリン急行」「ファンタスティックMr.FOX」と

次々にファンを魅了する独自のセンスを発揮した映像は俳優達のファンも多い。

今度の主演は新人の少年、ジャレッド・ギルマンくん。

 

 

前作は人形アニメーションで一見子供向けに見えて、オトナ向けのアニメーションだったけど、

本作も、淡い夏の思い出、一夏の恋の逃避行。青春。というにはあまりに濃い、

純粋に一緒に居たいと願う、男の子と女の子の、アドベンチャー的 恋のメロディ

 

12歳のサムとスージーは、駆け落ちを決意した。

誰も知らない秘密の場所、月の昇る王国、ムーンライズキングダムを目指して

 

舞台は1965年。アメリカ、ニューイングランド沖に浮かぶ小島。

12歳のサムと、絵本が大好きなスージーは1年前に偶然出会った時に言葉を交わしてから

意気投合し文通を始める。

一風変わった女の子、スージーにカーラー・ヘイワード(新人)

スージーの両親には、ウェス作品常連のビル・マーレイと、

フランシス・マクドーマンド。

 

サムが所属のボーイスカウトの隊長に、エドワード・ノートン

 

村でたった一人の警官にブルース・ウィリス。

 

ダイハードの警官とはまた違った側面で田舎の、どこにでもいそうな不倫する独身男に。

子供にもキビしい福祉局役に、ティルダ・スウィントン。

 

他に、こちらも常連、ジェイソン・シュワルツマン↓

 

そしてハーベイ・カイテルもちょこっと出演。

 

 

友達もなく、周囲の環境に馴染めないという共通の悩みを持つサムとスージー。

そんな型にはまった生活から抜け出し、2人だけの世界に行くことが全ての問題解決につながると信じ、

『駆け落ち』という大胆な行動に出るふたり。

現実的なオトナたちは滑稽に映し出されるという対比。


ウェスは いつも心がけてるけれど

「子どもの頃に楽しかった事、感じたことを映画にしたいと思った」といい

自分自身はこんな恋は子供の頃なかったけど、願望を込めたと語っている。

また、別のインタビューでは トリュフォーの「思春期」や

ケン・ローチの「ブラックジャック」にインスパイアされていることも認めてる。

本作を気に入った人はもし未見であれば、その名監督の2作、観てみたらいいんじゃないかな。

養子であることを寂しく思いつつ、周りの友達とは違う自分にいつも違和感を感じながら日々ボーイスカウトで生活をするサムは、いつも本ばかり読んでキャラ クターの世界に生きる少女・スージーに恋をする。キャンプでの生活を窮屈に思った2人は文通を始め、キャンプからの脱走を企てる。生きていくためのキット を全て持ち出し、愛するスージーを救い出し、森で自由を満喫する彼ら。やがて保安官、ソーシャル・ワーカー、スージーの両親、みんなが彼らを捜すうちに平 和な村は一挙に嵐や火事に巻き込まれていく—。


 

 7/10(74点)

 

 

こだわりの小道具、色褪せた、ノスタルジックで淡い全体の色調は,

意図的に散らかしたコンペイトウ

 

絵本のような画づくりが愛らしい。

時折出てくる、緑のニット帽に赤いコートのおじいさんは

この物語をリードするナレーター。

相変わらずの映像や小物のキュートなこだわりと遊び心。

やっぱり本作もツウ好みというか、好きな人はものすごくハマるだろうし、

一般ウケというよりは好みによるところが大きいかな。

面白い!と一口で言えるような見どころがあるわけでもないんだけど

この子供の持つ純粋さや一途さ、「好きな人と一緒に居ればそれで幸せ」

という感覚。

動物のお面をかぶった子供達が教会の上で見ていたりとか、

ポケットやカヌーについたたぬきのアップリケとか、

可愛いこだわり満載で描かれた、ウェス監督らしいチャーミングな作品

突然雷に打たれたり、家爆発したりとドタバタな面もあるけど

全体的にこのノスタルジックな色彩が60~70年代を醸し出してて雰囲気勝ち。

 

真面目だけどとぼけた感じの隊長、エドワード・ノートンも馴染んでて良かった☆

 名脇役に徹した主役級俳優たち。

 

それと、いつもながらに選曲最高。

子供達のコーラス曲も良かったな。

ウェス監督ファンならば間違いなく大満足でしょう

 

 公式サイト

MoonriseKingdom     2012年   アメリカ   94min    PG-12

2013年 2月8日(金)より TOHOシネマズシャンテ、新宿バルト9ほかで全国公開

 

 

2012年、カンヌ国際映画祭にて。

 

 

 

 

次回作はこれから撮影、2014年公開予定の

ザ・グランド ブダベストホテル

ジュード・ロウはどうにかしてこの大好きな監督の作品に出たいと

メールを送り続けて念願叶って小さな役?で出演決定♪ 

どんな風にウェスカラーに染められるのか、今から楽しみです

 

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (32)   Trackbacks (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルゴ / argo | TOP | NO/ガエル・ガルシア・ベルナ... »

32 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
この映画ね (ノルウェーまだ~む)
2012-10-28 23:28:12
migちゃん☆
これこれ~!
この映画観たかったやつだー!
ロンドン公開映画を紹介した中にあって、すごく高得点だったやつ。
やっぱりロンドンでは一癖ある映画を高得点にするのね。
60年代70年代のかんじがいいよね~♪
migさん☆★ (mezzotint)
2012-10-29 00:11:00
今晩は☆彡

お久しぶりで~す!
これ気になります。こちらでも上映されるかな?
ノートンがこういう役を演じるというのも何か面白そう。
それにしても脇役が豪華ですね。
まだーむ★ (mig)
2012-10-29 09:07:00
おはよう♪そうなんだー
ロンドンで評価良くしそう 笑
一癖はないんだけど、好みで分かれるかな~
内容というより雰囲気とか、、、
でもまだーむが好きそうな感じではないよ、、、期待しないで観てね
mezzotintさん★ (mig)
2012-10-29 09:08:42
おはようございます♪
お久し振りですね、
ノートン以前もへんなかぶりものコメディとか意外と面白い役もしてるんですが、
こういう役もハマります。
少年少女が主役で大物達は脇ですけどぜひ観て下さいネ★
アンダーソンかー!! (yue)
2012-10-29 17:35:14
おはよう!
今朝起きたら雪が積もってたよぉ!!

ウェス、って。。。
ウェスクレイブンかと思ってたー!(爆笑)

だからブログ来て、あれ!ホラーじゃない??っ!!
アンダーソンさんのほうね。
また雰囲気が良さそうだけど、★7なら
そこまでなんだね。

プレミア写真も、相変わらずいつものアンダーソンさんだね。
Mr.フォックスのメイキングも面白くてたまに見てるよ^^

こないだテネンバウムスもまた見たとこ^^
ぺぺはコレみて良く笑うよ。
日本だとドラマ?系なのに、
これはおもいっきりコメディらしい。。。





Unknown (風情♪)
2012-10-29 22:17:02
こんにちは♪

うわ~マジっすか!
W・アンダーソン監督の最新作っすか♪
氏の作品はもちろんのこと、色彩&音楽も良くて
大好きな監督さんの一人っすよ~。
早く2月よ来い!ってぇ感じっす♪
(゜▽゜)v
こんばんは~ (マリー)
2012-10-29 23:55:49
わぁ 好きな雰囲気!!
観たいわ~♪

本当に誰でも主役はれそうな俳優さんたちが脇をかためているのね~凄い。
ボーイスカウト姿のノートンさんがツボだわ(笑)
yue☆ (mig)
2012-10-30 13:32:31
クレイヴン最近ばっとしないなー 笑
これは翔がかなり気に入ってたよー、
yueは多分migくらいかなー
ノートンとかブルースでてるけど、脇で
子どもが主役。
テネンバウムズは観直してレビューする予定なんだ、
もう忘れたけどあれはその通りコメディだよU+2728
風情♪さん (mig)
2012-10-30 13:34:43
コメありがとう*\(^o^)
ウェスファンでしたら間違いなくお好きかと
思います、お楽しみにしてくださいね♪
独特でこだわりのセンス相変わらず炸裂、
ウェスワールドですよ☆♪
マリーさん☆ (mig)
2012-10-30 13:37:37
来年だからまだ先だけど、ぜひみてみて♪
マリーさん好きだとおもうわ♪
ノートン、おばかな役もやるんだけど、
今回まじめで抜けてて、また良かったよ~
(^∇^)
楽しみです! (kino )
2012-10-31 01:55:50
コメントさせていただくのはすごーくお久しぶりなのですが、
以前はちょくちょく寄らせていただいておりました、
フラット・パック大好きな私です。

大好きなウェスの新作、migさまをはじめ、
日本での試写をご覧になった方の
評判が良いみたいなので嬉しいです!
ウェスの映画のあの独特なムード、細部までこだわった
可愛さ、音楽、大好きです!
kinoさん★ (mig)
2012-10-31 13:32:07
こんにちは!
嬉しいです反応いただけると。
お元気ですか?

ウェス作品お好きだったんですね♪
でしたらこれ気に入ると思いマス、
あいかわらずウェスらしいとぼけた可愛い世界。
音楽もコーラスが良かった、観たら感想また聞かせて下さいね♪
なるほど、コンペイトウですか。 (クラム)
2013-02-10 01:00:36
この作品、すごく個性があるけど
どう表現していいか分からなかったのですが、
記事にある「チャーミングな作品」。これですね!

映像も音楽も、突然雷を落としちゃったりする展開も含めて、
確かにこだわりがおもしろいです。
「ダージリン急行」は、観たかったけど逃しちゃったんですよね。
Unknown (風情♪)
2013-02-10 14:37:30
こんにちは♪

以前、ここで本作を紹介してる記事を観てから公開を
楽しみにしてたんで、さっそく観に行って来ました。

独特の色彩&音楽感覚、こだわりのアイテムや背景、
そして多くの作品で描かれている家族の再生とまさに
W・アンダーソン監督の世界観全開でした。
氏は敬愛する監督の一人なんで、氏の世界観を思う存
分楽しんで参りやしたZ!

にしてもH・カイテルの登場にはビックリでしたよ。
それ以上にビックリなのがB・ウィリスとE・ノートン
の徹底してオーラを消しきってごくごく普通の人を演
じてたところでした。
E・ノートンなんてマジでボーイスカウトしか取り柄
なさそうな感じでしたもんね♪ (゜▽゜)v
こんにちわ (にゃむばなな)
2013-02-10 16:26:52
個人的にはこの監督の映画を見ると妙に落ち着くんですよね。
仰る通りツウ好みのする作品ではありますけど、音楽といい、色彩といい、キャスティングといい、どれもがニヤけちゃう素晴らしさがあるんですよね~。
クラムさん☆ (mig)
2013-02-11 00:09:37
私はダージリンの方がスキですけど、
この映画かなり評価されてますよね~
カラーが、全体的な特徴がウェス作品!て感じ。
好きなひとにはたまらないテイストなんですよね~
風情さん☆ (mig)
2013-02-11 00:11:27
前から楽しみにされてましたもんね、
これはもうウェス監督作好きにはたまらないですよね。
ハーベイカイテルがウェス映画に出るのって意外だったけど
実はジュードも大ファンで次回作に出演です☆
楽しみすぎるーーー
にゃむばななさん☆ (mig)
2013-02-11 00:13:19
なかなかコメしにいけずすみませんーー

そうそう、好きな人は好きな世界ですよね~
この子供の逃避行っていうのがいいんだけど、
私はダージリンやロイヤルテネンバウムズの方が好みだけど毎回、小物や色使い、音楽素敵ですよね♪
こんばんは♪ (yukarin)
2013-02-13 23:31:37
観ようか迷ったけど観て良かった♪
独特の雰囲気のある作品でなんとなく好きだわ~という感じ。
主役級の俳優さんが脇役なのも贅沢で良いよね。
yukarin★こんばんは (mig)
2013-02-14 00:57:59
おぉ、yukarinこの世界ハマったのね。
私はそこそこなんだけど、翔がウェス好きで
ものすごく良かったって。この子供の世界だよね。
あと、ノートンやブルース様、脇もよかったけどね☆
いつになく (sakurai)
2013-02-14 15:30:34
ほっとできる作品だったように感じました。
脇役人(?)の安定感ある存在もよかったのかなあ。
子役のお二人!お見事でしたね。
完全ウェスの世界の中の人だった。
観ました! (kino)
2013-02-15 01:41:42
上でコメントさせてもらってから
早半年?やっと観てきました!
もうもう、もう!大好きなウェスの世界でした。
全てがツボでとってもステキでした。

ただ、オーウェンが出てなかったのが寂しかった・・・。
sakuraiさん☆ (mig)
2013-02-16 21:33:06
可愛い作品でしたね~、
色調や小物づかいがウェス監督らしさ満点

脇も大御所いたりして、良かったし、
とりわけノートンがハマってました♪
kinoさん★ (mig)
2013-02-16 21:59:10
観たばかりに感じます 笑
ほんとに一日が早い!

kinoさんやっぱり気に入ったんですね♪
そうそう、オーウェン、出して欲しかった!
今回はそのかわりノートンですけどね
好み~ (マリー)
2013-02-19 20:30:52
こんばんは~~♪
やっと観れたよ~~。予想通り好き好き。

なんていうか、冒頭からドールハウスみたいでグッと惹きこまれた!

普通の子供とはちょっと違う感受性の2人だから説得力があったなぁ~。
このブルース、最高だったわ。無理して(笑)アクションしてるより、私は好きかも・・・。
ノートンの緩さもよかったし・・・まさかまさかのブルース不倫~でもそんなシーン一切なし!っていうのがまた凄い。

ハーベイ・カイテルは飛行機の操縦してた?
マリーさん☆ (mig)
2013-02-21 00:03:48
わーい、マリーさん好きだったのね!
いつもcuteな遊び心ある監督なんだよねぇ。
翔も一番好きだから影響されてるかも、。

アハハ、ムリしてアクション
笑えるわーマリーさんたら!
ノートンがまたいい味だしてるよね♪
そうそう、そんなシーンだされたらウェス作品じゃないかも 笑

観てから実は半年近く経つからハーベイちょいっとのシーンもう覚えてないや
Unknown (ウェスGA屋伍一)
2013-03-09 22:06:18
子供同士の駆け落ちといえば『くらげくん』もそんな話だったね。くらげくんはあっさりふられててかわいそうだったけど

ボーイスカウトの子たちが突然味方になってくれたり雷に打たれても兵器なのは「?」と思ったけど、面白かったからよしw こういう人を食ったようなセンスがこの監督の持ち味だしね

ただワンコが○○れてしまったのは減点・・・ 監督の作品ではよく犬がひどい目にあうと聞いたけどそうなの?
ウェス屋伍一☆ (mig)
2013-03-13 10:13:03
あ、くらげくんは駆け落ちじゃなくて小旅行?だね。
いや毎回わんちゃん出てくるわけじゃないよ~
とにかくコメにも書いた
天才マックスの世界とロイヤルテネンバウムズは翔いちおしだからみてみてね。
好きそうだよ。
私もレビュー書こうと前から画像用意してるんだけど、、、ね。
今更ですが。 (yonekura)
2013-10-12 22:20:13
エンドロールでマイクオールドフィールドのチューベラーベルがうけウケました。
yonekuraさん☆ (mig)
2013-10-13 00:35:47
すみません、意味が、、、、
いろいろみてると時間経つとけっこう忘れちゃいますね、
いえ、こちらこそ。 (yoekura)
2013-10-13 22:12:20
言葉が足りなくてすみません。
エンディングで「??に捧げる」誰っ?
て考えてたらチューベラーベルの完コピきたので。
オールドフィールドの「ムーンライト・シャドウ」と
何かしら関係あるのかな?と思ったりしただけです。
失礼しました。
Re:いえ、こちらこそ。 (mig)
2013-10-14 21:04:49
あ、わざわざまたすみません☆
(^ν^)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

31 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ムーンライズ・キングダム (あーうぃ だにぇっと)
ムーンライズ・キングダム@ブロードメディアスタジオ試写室
映画レビュー「ムーンライズ・キングダム」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ムーンライズ・キングダム オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆少年少女の駆け落ち騒動を描くハートフルなドラマ「ムーンライズ・キングダム」。無名の子役を大物スター ...
ムーンライズ・キングダム (だらだら無気力ブログ!)
出演陣が何気に豪華。
映画「ムーンライズ・キングダム」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ムーンライズ・キングダム」観に行ってきました。1960年代、アメリカ北東部に浮かぶ小さな島を舞台に、一組の少年少女の行動とそれに振り回される大人達の姿を描いたコメ...
「ムーンライズキングダム」 (Con Gas, Sin Hielo)
心の叫びに応えられることが素敵な人間の条件。 賢い子供、早熟な子供というのは、得てして不必要な苦労を背負い込んでしまうもの。 小さな島でボーイスカウトのキャンプに参加していた主人公・サムには、更に両親を早くに失くすというハンデが加わっている。 そんな....
『ムーンライズ・キングダム』 (こねたみっくす)
オーケストラのように子供たちが見事なアンサンブルを奏でた時、ウェス・アンダーソン版『小さな恋のメロディ』が生まれる。 独特の映像世界観を持つウェス・アンダーソン監督作 ...
ムーンライズ・キングダム (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(12)
[映画『ムーンライズ・キングダム』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・「小さな島の、小さな恋のコメディ・・・、というには深みもあり」・・・。  この作品も、全く予備知識がないままに観た。  かなりの傑作なのでびっくりした。  その作風でかなり有名らしいウェス・アンダーソン監督だが、恥ずかしながら、私、この監督作、...
ムーンライズ・キングダム (風に吹かれて)
ちょっと変な人たちのアンサンブル 公式サイト http://moonrisekingdom.jp監督: ウェス・アンダーソン 「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」 「 ダージリン急行」1965年、アメリカ
ムーンライズ・キングダム (新・映画鑑賞★日記・・・)
【MOONRISE KINGDOM】 2013/02/08公開 アメリカ PG12 94分監督:ウェス・アンダーソン出演:ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・シュワルツマン、ボブ・バラバン、ジャレッド...
ムーンライズ・キングダム ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
若きオタク職人、ウエス・アンダーソンが、ボーイスカウト版「小さな恋のメロディ」でまさかのメインストリーム進出。 時は1965年の夏。米国東北部の沖に浮かぶニューペンザンス島は、1日に2便しか船が来ない辺鄙な小島で、警察官は疲れた中年オヤジ、シャープ警部(ブル...
ムーンライズ・キングダム (佐藤秀の徒然幻視録)
ページェントの起源のような物語 公式サイト。公式マップ。原題:Moonrise Kingdom。ウェス・アンダーソン監督、カーラ・ヘイワード、ジャレッド・ギルマン、ブルース・ウィリス、エドワ ...
ムーンライズ・キングダム/ジャレッド・ギルマン (カノンな日々)
『ダージリン急行』のウェス・アンダーソン監督が60年代を舞台に、とある小島で起きた少年少女の逃避行劇と彼らを追う大人たちの騒動をユーモラスに描いたハートフル・コメディ。 ...
『ムーンライズ・キングダム』ようこそ、12歳のみずみずしい王国へ (Healing )
ムーンライズ・キングダム ★★★★4.5 60’sの画集から飛び出した 12歳のまっすぐピュアラブ まず一言、言わせていただくと、 ウェス・アンダーソン、大好きだ~!!! まさに、ノーマン・ロックウェルの画集のような世界観。 彼のイラストから飛び出してきたような映像...
ムーンライズ・キングダム (迷宮映画館)
何とも言えない独特の空気感が、ウェスですねえ。
「ムーンライズ・キングダム」 全てが(私の)ツボ!!! (目の中のリンゴ)
楽しみにしていたウェス・アンダーソン監督! 久しぶりに映画館で観てきました。 いやー、たしか前作までは単館上映だった気がするんですが 今回、あちこちのシネコンで観られるのでホントによかった! (しかも、レディースデーでTOHOのプレミアムスクリーン!) 「ムー...
ムーンライズ・キングダム/MOONRISE KINGDOM (いい加減社長の映画日記)
意外と有名な俳優さんが出演・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1965年、ニューイングランド沖にある小さな島で、12歳のサムはボーイスカウトのキャンプから脱走する。 1年前、お芝居が上演されている島の教会でサムは同い歳のスージーと出会い、2人は恋に落...
ムーンライズ・キングダム (心のままに映画の風景)
1965年、アメリカ・ニューイングランド沖に浮かぶ小さな島。 家庭に恵まれず、自分の居場所がないと感じている12歳の少年サム(ジャレッド・ギルマン)は、ボーイスカウトのサマー・キャンプ中、置き手紙...
小さな恋の王国~『ムーンライズ・キングダム』 (真紅のthinkingdays)
 MOONRISE KINGDOM  1965年。ニューイングランド沖、周囲約26キロの小島。12歳のサム(ジャ レッド・ギルマン)とスージー(カーラ・ヘイワード)は駆け落ちをする。出会って すぐに惹かれ...
『ムーンライズ・キングダム』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ムーンライズ・キングダム」□監督 ウェス・アンダーソン □脚本 ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ□キャスト ジャレッド・ギルマン、カーラ・ヘイワード、ブルース・ウィリス、       エドワード・ノートン、ビル・マー...
映画・ムーンライズ・キングダム (読書と映画とガーデニング)
2012年 アメリカ 原題 Moonrise Kingdom 「月の昇る王国」とは一体どんなところなのでしょう? 1965年、夏 アメリカのニューイングランド沖に浮かぶ小島、ニューペンザンス島 12歳のスージー(カーラ・ヘイワード)とサム(ジャレッド・ギルマン)が駆け落ち...
ムーンライズ・キングダム (とりあえず、コメントです)
1965年のニューイングランド島を舞台に描いた、ちょっとコミカルなヒューマンドラマです。 予告編を観た時から、12歳の子供たちの駆け落ちってどうなるの?と気になっていました。 ちょっと不思議なお伽噺のような、可愛くて優しくて幸せを感じる物語が綴られていました。...
『ムーンライズ・キングダム』 2013年2月14日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ムーンライズ・キングダム』 を鑑賞しました。 14日なのでTOHOで... 【ストーリー】  1960年代ニューイングランド島。自分が養子だということを寂しいと感じながらボーイスカウト活動をしていたサム(ジャレッド・ギルマン)は、常に本を読んでいる少女スージー(カ...
『ムーンライズ・キングダム』 (pure breath★マリーの映画館)
          12歳、サムとスージーの“駆け落ち”が               みんなに魔法をかけました。            『ムーンライズ・キングダム』 監督・脚本・製作・・・ウェス・アンダーソン 共同脚本・・・ロマン・コッポラ 出演・・...
ムーンライズ・キングダム(2012)☆★MOONRISE KINGDOM (銅版画制作の日々)
 恋をしに出かけよう! ふたりだけの秘密の場所へ――。 好き度:+8点=78点 公開前からとても気になっていた作品。ようやく観ることが出来ました。お話の内容はとても可愛いです。そして映像もなかなかお洒落ですね。1965年代のアメリカってこんな感じだったの...
小さな恋と子供と大人 (笑う社会人の生活)
12日のことですが、映画「ムーンライズ・キングダム」を鑑賞しました。 1960年代ニューイングランド島 ボーイスカウトに所属する少年サムと少女スージーは文通を始め、駆け落ち 逃避行する 一方 彼らを追う保安官や親、ボーイスカウトたちがいて・・・ 監督はウィス・....
ムーンライズ・キングダム (ダイターンクラッシュ!!)
2013年3月5日(火) 18:35~ TOHOシネマズシャンテ3 料金:1300円(シネマイレージデイ) パンフレット:700円(買っていない) ヨーロッパ映画のようなアメリカ映画。でも、ブルース・ウィリス出ている。 『ムーンライズ・キングダム』公式サイト アメリカ映画ら...
小さな恋のノスタルジィ ウェス・アンダーソン 『ムーンライズ・キングダム』 (SGA屋物語紹介所)
これまた個性的な作風で知られるウェス・アンダーソン。そのアンダーソンがなぜかコテ
ムーンライズ・キングダム (いやいやえん)
欠点だらけの大人たちを、少年少女の純粋な恋が変えていく。 黄色がかった色彩はまるで絵本を見てるよう。横スクロールで進む映像もそれに拍車をかける。 ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィ...
ウェス・アンダーソン監督『ムーンライズ・キングダム (moonrise kingdom)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ウェス・アンダーソン監督『ムーンライズ・キングダム (moonrise kingdom)』1964年、レコードプレーヤー、ラジオ、赤い横縞灯台、ツリーハウス、釣り針で作ったイヤリング…・起こる出来事(
ムーンライズ・キングダム (Akira's VOICE)
逃避行~救出~再生。