我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog13周年迎えました✨

ムーンライズ・キングダム / MoonriseKingdom

2012-10-28 13:27:27 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

 

「アンソニーのハッピーモーテル」「天才マックスの世界」とインディペンデント通な人たちから

愛されてきたウェス・アンダーソン監督最新作

 

来年2月を前に、マスコミ試写で観させて頂きました~

 

監督・脚本・製作  ウェス・アンダーソン
共同脚本は友人でもある、ローマン・コッポラ (ソフィア・コッポラ兄)

 

「ザ・ロイヤルテネンバウムズ」「ダージリン急行」「ファンタスティックMr.FOX」と

次々にファンを魅了する独自のセンスを発揮した映像は俳優達のファンも多い。

今度の主演は新人の少年、ジャレッド・ギルマンくん。

 

 

前作は人形アニメーションで一見子供向けに見えて、オトナ向けのアニメーションだったけど、

本作も、淡い夏の思い出、一夏の恋の逃避行。青春。というにはあまりに濃い、

純粋に一緒に居たいと願う、男の子と女の子の、アドベンチャー的 恋のメロディ

 

12歳のサムとスージーは、駆け落ちを決意した。

誰も知らない秘密の場所、月の昇る王国、ムーンライズキングダムを目指して

 

舞台は1965年。アメリカ、ニューイングランド沖に浮かぶ小島。

12歳のサムと、絵本が大好きなスージーは1年前に偶然出会った時に言葉を交わしてから

意気投合し文通を始める。

一風変わった女の子、スージーにカーラー・ヘイワード(新人)

スージーの両親には、ウェス作品常連のビル・マーレイと、

フランシス・マクドーマンド。

 

サムが所属のボーイスカウトの隊長に、エドワード・ノートン

 

村でたった一人の警官にブルース・ウィリス。

 

ダイハードの警官とはまた違った側面で田舎の、どこにでもいそうな不倫する独身男に。

子供にもキビしい福祉局役に、ティルダ・スウィントン。

 

他に、こちらも常連、ジェイソン・シュワルツマン↓

 

そしてハーベイ・カイテルもちょこっと出演。

 

 

友達もなく、周囲の環境に馴染めないという共通の悩みを持つサムとスージー。

そんな型にはまった生活から抜け出し、2人だけの世界に行くことが全ての問題解決につながると信じ、

『駆け落ち』という大胆な行動に出るふたり。

現実的なオトナたちは滑稽に映し出されるという対比。


ウェスは いつも心がけてるけれど

「子どもの頃に楽しかった事、感じたことを映画にしたいと思った」といい

自分自身はこんな恋は子供の頃なかったけど、願望を込めたと語っている。

また、別のインタビューでは トリュフォーの「思春期」や

ケン・ローチの「ブラックジャック」にインスパイアされていることも認めてる。

本作を気に入った人はもし未見であれば、その名監督の2作、観てみたらいいんじゃないかな。

養子であることを寂しく思いつつ、周りの友達とは違う自分にいつも違和感を感じながら日々ボーイスカウトで生活をするサムは、いつも本ばかり読んでキャラ クターの世界に生きる少女・スージーに恋をする。キャンプでの生活を窮屈に思った2人は文通を始め、キャンプからの脱走を企てる。生きていくためのキット を全て持ち出し、愛するスージーを救い出し、森で自由を満喫する彼ら。やがて保安官、ソーシャル・ワーカー、スージーの両親、みんなが彼らを捜すうちに平 和な村は一挙に嵐や火事に巻き込まれていく—。


 

 7/10(74点)

 

 

こだわりの小道具、色褪せた、ノスタルジックで淡い全体の色調は,

意図的に散らかしたコンペイトウ

 

絵本のような画づくりが愛らしい。

時折出てくる、緑のニット帽に赤いコートのおじいさんは

この物語をリードするナレーター。

相変わらずの映像や小物のキュートなこだわりと遊び心。

やっぱり本作もツウ好みというか、好きな人はものすごくハマるだろうし、

一般ウケというよりは好みによるところが大きいかな。

面白い!と一口で言えるような見どころがあるわけでもないんだけど

この子供の持つ純粋さや一途さ、「好きな人と一緒に居ればそれで幸せ」

という感覚。

動物のお面をかぶった子供達が教会の上で見ていたりとか、

ポケットやカヌーについたたぬきのアップリケとか、

可愛いこだわり満載で描かれた、ウェス監督らしいチャーミングな作品

突然雷に打たれたり、家爆発したりとドタバタな面もあるけど

全体的にこのノスタルジックな色彩が60~70年代を醸し出してて雰囲気勝ち。

 

真面目だけどとぼけた感じの隊長、エドワード・ノートンも馴染んでて良かった☆

 名脇役に徹した主役級俳優たち。

 

それと、いつもながらに選曲最高。

子供達のコーラス曲も良かったな。

ウェス監督ファンならば間違いなく大満足でしょう

 

 公式サイト

MoonriseKingdom     2012年   アメリカ   94min    PG-12

2013年 2月8日(金)より TOHOシネマズシャンテ、新宿バルト9ほかで全国公開

 

 

2012年、カンヌ国際映画祭にて。

 

 

 

 

次回作はこれから撮影、2014年公開予定の

ザ・グランド ブダベストホテル

ジュード・ロウはどうにかしてこの大好きな監督の作品に出たいと

メールを送り続けて念願叶って小さな役?で出演決定♪ 

どんな風にウェスカラーに染められるのか、今から楽しみです

 

 

 

 

『映画(お出かけ)』 ジャンルのランキング
Comments (32)   この記事についてブログを書く
« アルゴ / argo | TOP | NO/ガエル・ガルシア・ベルナ... »

32 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
この映画ね (ノルウェーまだ~む)
2012-10-28 23:28:12
migちゃん☆
これこれ~!
この映画観たかったやつだー!
ロンドン公開映画を紹介した中にあって、すごく高得点だったやつ。
やっぱりロンドンでは一癖ある映画を高得点にするのね。
60年代70年代のかんじがいいよね~♪
migさん☆★ (mezzotint)
2012-10-29 00:11:00
今晩は☆彡

お久しぶりで~す!
これ気になります。こちらでも上映されるかな?
ノートンがこういう役を演じるというのも何か面白そう。
それにしても脇役が豪華ですね。
まだーむ★ (mig)
2012-10-29 09:07:00
おはよう♪そうなんだー
ロンドンで評価良くしそう 笑
一癖はないんだけど、好みで分かれるかな~
内容というより雰囲気とか、、、
でもまだーむが好きそうな感じではないよ、、、期待しないで観てね
mezzotintさん★ (mig)
2012-10-29 09:08:42
おはようございます♪
お久し振りですね、
ノートン以前もへんなかぶりものコメディとか意外と面白い役もしてるんですが、
こういう役もハマります。
少年少女が主役で大物達は脇ですけどぜひ観て下さいネ★
アンダーソンかー!! (yue)
2012-10-29 17:35:14
おはよう!
今朝起きたら雪が積もってたよぉ!!

ウェス、って。。。
ウェスクレイブンかと思ってたー!(爆笑)

だからブログ来て、あれ!ホラーじゃない??っ!!
アンダーソンさんのほうね。
また雰囲気が良さそうだけど、★7なら
そこまでなんだね。

プレミア写真も、相変わらずいつものアンダーソンさんだね。
Mr.フォックスのメイキングも面白くてたまに見てるよ^^

こないだテネンバウムスもまた見たとこ^^
ぺぺはコレみて良く笑うよ。
日本だとドラマ?系なのに、
これはおもいっきりコメディらしい。。。





Unknown (風情♪)
2012-10-29 22:17:02
こんにちは♪

うわ~マジっすか!
W・アンダーソン監督の最新作っすか♪
氏の作品はもちろんのこと、色彩&音楽も良くて
大好きな監督さんの一人っすよ~。
早く2月よ来い!ってぇ感じっす♪
(゜▽゜)v
こんばんは~ (マリー)
2012-10-29 23:55:49
わぁ 好きな雰囲気!!
観たいわ~♪

本当に誰でも主役はれそうな俳優さんたちが脇をかためているのね~凄い。
ボーイスカウト姿のノートンさんがツボだわ(笑)
yue☆ (mig)
2012-10-30 13:32:31
クレイヴン最近ばっとしないなー 笑
これは翔がかなり気に入ってたよー、
yueは多分migくらいかなー
ノートンとかブルースでてるけど、脇で
子どもが主役。
テネンバウムズは観直してレビューする予定なんだ、
もう忘れたけどあれはその通りコメディだよU+2728
風情♪さん (mig)
2012-10-30 13:34:43
コメありがとう*\(^o^)
ウェスファンでしたら間違いなくお好きかと
思います、お楽しみにしてくださいね♪
独特でこだわりのセンス相変わらず炸裂、
ウェスワールドですよ☆♪
マリーさん☆ (mig)
2012-10-30 13:37:37
来年だからまだ先だけど、ぜひみてみて♪
マリーさん好きだとおもうわ♪
ノートン、おばかな役もやるんだけど、
今回まじめで抜けてて、また良かったよ~
(^∇^)

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★6以上