我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

愛、アムール / Amour

2013-03-10 23:22:01 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

これは、老人介護の話でも不治の病がテーマの話でもなく

ある老夫婦の 愛を描いたストーリー

 

愛する者が死に臨む、その姿を横で見届けることは果たして愛の終焉か、

それとも幸福の完成なのか。


白いリボン」(2009)に続き、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞。

先日のアカデミー賞では、作品賞や主演女優賞にノミネート、外国語映画賞を見事受賞

待ってました、ミヒャエル・ハネケ監督最新作

 

出演は、共に80歳を超えた、「男と女」のジャン=ルイ・トランティニャンと、

「二十四時間の情事」のエマニュエル・リヴァ。

この方、アカデミー賞主演女優賞受賞してほしかったな。

若い方にオスカーいったという感じだけど

明らかにジェニファー・ローレンスより素晴らしいよ。

 

二人とも長年寄り添った真の夫婦に見える。

娘ちょこっとと近所の人など、ほぼ二人しか出て来ないんだけど、本当にこのお二人が素晴らしい!

 

娘、エヴァには ハネケの「ピアニスト」のエマニュエル・ユペール。

 

 パリの高級アパートで静かに暮らすジョルジュとアンヌは80代の元ピアノ教師の老夫婦。教え子がピアニストで活躍する姿を誇らしげに感じ、お互いを思いやりながら日々を送る二人だったが、妻が病で突然倒れ、穏やかだった日常が少しずつ変わっていく…。
     

 

冒頭、ピアノの戦慄から幕が開ける。

パリの住宅街の、とある一軒の家に、警察が踏み込む。

部屋には臭いひどいらしく、鼻を押さえながら窓をあける。

そして、老人がベッドに横たわっていた。

 

 

 

8/10(86点)

 

 

わたしの好きな監督で、アレハンドロ・アメナーバルが以前

ハビエル主演で「海を飛ぶ夢」という、尊厳死について撮った作品があったけど

それともまたちょっと違う、上にも書いた通り、

これは ひとつの愛を描いた作品。

 

 どうなるかは予測はついてたし、思った通りの展開ではあったのだけど。

そこに素晴らしい役者ふたりの感情が伝わるから

どうしても終わりの方では自然に涙が溢れてとまらなくなった。

 

老人介護問題とか、生死の問題、尊厳死問題というテーマではなく、

あくまで 誰にでもいつかくる 愛する人との別れ

そこを描いてるところがもう、ずっしりと心に突き刺さる。

 

夫婦は、もとは他人であり、娘は血の繋がった存在。

だけど 父親は言う。「お前がママを愛してるように、私も愛しているんだ」

 

離れた所に住んでる娘が来ると こんな風に、家で介護などやめてという。

それならあんたが面倒みてあげなよ、とも思うけどそう簡単にもいかないようで。

かといって、部屋に鍵をかけて娘に会わせない権利ももちろんないわけで。

 

病院には入りたくないという妻、アンヌとの約束通り、

つきっきりで家で介護と妻の話し相手になると決めた夫ジョルジュ。

 

徐々に悪化していき 自分だけでは手に負えなくなってくると介護人を頼みながらも 

精一杯に妻と一緒にいる。

 

こんなに年ではないけど、6人も産んで父よりも母の方が身体が悪くなってきてるウチの両親のことも

ちょっと重ねてみてしまったり。

 

こんなに仲良しだったら最高に理想的だけど 笑。

日常が描かれ、特にこれといって衝撃的なことや事件が起こるわけでもなく

話は進むので、いつものようなハネケ的衝撃やおもしろおかしい部分はなく

そしていつものように音楽もないので淡々としている。

長回しのシーンは今回はほとんどなかった。いや全部が長回し? 

ただ、ゆっくりと夫婦の情景が描かれる中、

ジョルジュが最終的にとった行動とは。。。

 

そうするでしょう。 というか、その行動は理解できる。わたしは。

ここは「尊厳死」問題が浮上するけど。

 

命を奪う、のではなく これもひとつの愛。

愛する人の辛く苦しむ姿は見たくないもの、、、。

無理矢理生き続けさせるのは、本人には地獄。

そして、残されたものにも。

 

妻との日々を懐かしむ想いが伝わるラストがまた素晴らしい哀しみの余韻でした 

 

いつものように、無音のエンドロール後にはとくになにもなし。


年を重ねても、おなじ想いで一緒にいられたら幸せだろうね。


老夫婦の愛なんて興味ないなんて言ってちゃだめ

人生の伴侶がいる人はその人と、もちろんひとりでも、じっくり観て欲しい傑作です



 公式サイト

Amour    2012年     フランス・ドイツ・オーストリア   130min

3月9日より、公開中~



アカデミー賞にて。主演女優賞ノミニー、エマニュエル・リヴァ。


カンヌ映画祭にて。

まだ未定だけど、ハネケの次回作がまた楽しみ


 

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click


『映画』 ジャンルのランキング
Comments (18)   Trackbacks (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キャビン / THE CABIN IN THE... | TOP | エイリアンバスターズ /The W... »

18 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
これは観なくちゃ! (ノルウェーまだ~む)
2013-03-11 00:10:59
migちゃん☆
うわー、migちゃんが泣くのだもの、相当良さそうだね!
まだ観てないけど、私も今回の主演女優賞はジェニファー納得いかないから、きっとこの方のほうがいいんじゃないかなぁ。
観たらまたくる!
migさん (xtc4241)
2013-03-11 09:21:50
おはようございます(いま3月11日9:20頃です)

ハイネ監督は、人が見たくないことを描く。
それは決して、ぺミスティックなことではなく、とてもポジティブな姿勢からだと思います。
みんなが逃げたいことを正面から描く。
そう、この映画は誰しもが経験しなければならないこと。
老いや死、そして愛を僕らに突きつける。
何が正しいのか、何が倫理的なのか。
わからないですが、そんな問題を僕の前に突き出してくれました。
そんな作家を、僕も支持します。
こんばんは~ (マリー)
2013-03-11 23:33:44
観る前から想像もつくし、実際うちにもそういう状態なので冷静に観る勇気がない・・・
まぁいつ公開かもワカラナイのですが・・・

migさんのハネケ好きの意味が最近少し分かった気がするのでした。
まだーむ☆おはよ (mig)
2013-03-13 10:22:49
このところバタバタしてるよ~
あはは、私泣くの意外?親子モノと夫婦ものはダメ、
すぐ泣いちゃうよー。
この方、すごく良かった!!(夫役もふたりとも)
ハネケまだーむは初じゃない?ぜひこれ観て欲しいよ!感想聞かせて。
xtc4241 さん☆ (mig)
2013-03-13 10:25:27
あ、ハイネではなくハネケです。
もうご覧になりましたか?
インタビューによると、本人は老いとか病気について描いたわけじゃないらしいんですよね。
純粋に愛を描いたらしい、
ハネケ自身も愛する妻がいるから伝わるものも大きいです、役者も良かったですよね。

マリーさん☆おはよう (mig)
2013-03-13 10:26:58
これね、介護の話とかそういうところを描いてるんじゃないんだけど
誰でも身近に感じる問題でもあって、
でもそこには愛ゆえこその葛藤が。
ぜひマリーさんにも観て欲しい!
次はいつ東京くるのかな?
観たよ。 (rose_chocolat)
2013-03-15 10:01:08
日本だと結構よく聞く話ではあるけど、そこを一歩超えた考えでしたね。
それでもってハネケ風というか。
私ならどーするかなあ・・・。
こんにちは☆ (kira)
2013-03-15 14:16:35
衝撃の結末が先に魅せられていたので
後はひたすらに心を寄せて、
2人だけになっていく過程を見守りました。
アンヌの"終の信託"
それを愛で受け止めた夫・・・
老いては憂いを残せない、と感じさせられたわ~。
roseさん☆ (mig)
2013-03-18 10:56:16
私はあまりハネケ風には思わなかったんだけど、、、
尊厳死がテーマであるなら、「海を飛ぶ夢」で
もう似たのがあるんだけど
愛をテーマにしてるところが素晴らしい!
でもなかなか
この行動は出来ないね、、、、
kiraさん☆ (mig)
2013-03-18 10:57:31
kiraさんも観ていて嬉しいな。
キャスト、ふたりとも素晴らしい演技してましたよね。
すごくリアルだった。
ハネケ作品、これをきっかけに観る人が増えるといいなぁ。
こんにちわ (にゃむばなな)
2013-03-19 16:23:38
migさんのレビューを拝読していると「なるほど~」の連続でした。
確かにこういう愛もあっていいんでしょうね。それが夫婦の愛なんですから。
やはり未婚者である私は人生経験が足りませんわ。早く相手を見つけて既婚者にならないと。
にゃむばななさん☆ (mig)
2013-03-21 00:26:16
こんばんは、
そういってもらえると嬉しいです☆
とはいえ、わたしも独身です
愛のかたち (クラム)
2013-03-23 03:25:49
書かれている記事やコメントを見て、
自分の理解力のなさを実感しています。

ジョルジュの妻への愛情は痛いほど伝わってきました。
一方で、アンヌの感情はどうだったんだろうと思ってしまいました。
病院には入りたくないとは言ってたけど、
夫に介護してもらうのは本望だったのかが分かりませんでした。

というのも、わが家で妻が
自分の体が不自由になったら絶対に施設に入れてほしい
と言っているので・・・。
もちろん万人に当てはまる正しい形なんてないのでしょうけど。
変な話をしてしまってすみません。
クラムさん☆ (mig)
2013-03-24 01:46:41
ハネケ映画は単なる怖いのを描いてると思われがちなんですが、
いつも実はいいたいことは深いんですよね。
あのハト。最初は逃がすけどあとで捕まえてから抱きしめて、、、っていうのも
妻を想ってという気持ち現れてますね。
施設にいれてといってるんですね。
それもまた考え方いろいろですしねー
うちの母は昔、植物人間になったら家族にも迷惑かけるから殺していいみたいなこといってた気がしますがそう簡単には、、、
尊厳死といってもねぇ。。。。涙。
どちらも覚悟が必要です
予想つくラストでしたが、、、。 (mezzotint)
2013-03-24 18:14:59
でも良かったですね。これ好きです!
鳩のシーンは色々と考えてみたり、、、、。
あれやっぱり奥さんに対する行動なのかなあ?
mezzotintさん★ (mig)
2013-03-26 10:16:02
かなり評価良かったですね♪
そう、ハネケ作、無駄なことをだしたりしないで
意味がある事多いんです。
ハトは明らかに自分と妻のことと被せての
一件にしてましたね
こんにちは^^ (latifa)
2013-10-09 10:43:19
migさん、6人兄弟なのですか?!
以前より、弟さんと妹さん(複数)がいらっしゃるのは知っていたけれど、トータルで6人は凄い(*´▽`*)
賑やかかつ、頼りになる存在がそんなにいるなんて、宝ですね。

本作、私もいろいろ考えちゃいましたよ。
どっちかっていうと、自分が寝たきりになったら・・・っていうのを・・・。
latifaさん★ (mig)
2013-10-11 02:44:45
こんばんわー
そうなんですよ、けっこうあちこちに書いてるけど、、、
でも今バラバラに住んでますけどね☆
自分が寝たきりは今のとこ全く考えてなけど
反対にずっと独り身だったら寂しいなと不安に、、、、
明日行きますねー

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

29 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
愛、アムール (あーうぃ だにぇっと)
愛、アムール@銀座テアトルシネマ
愛、アムール (to Heart)
人生はかくも長く、 素晴らしい。 原題 AMOUR/LOVE 製作年度 2012年 上映時間 127分 監督 ミヒャエル・ハネケ 製作国・地域: フランス/ドイツ/オーストリア 出演 ジャン=ルイ・トランティニャン/エマニュエル・リヴァ/イザベル・ユペール/アレクサンドル・タロー/ウィ...
愛、アムール (心のままに映画の風景)
パリ在住のジョルジュ(ジャン=ルイ・トランティニャン)とアンヌ(エマニュエル・リヴァ)夫婦は、充実した老後を送っていたが、ある日、アンヌが突然の発作に見舞われ、半身麻痺が残る状態になってしまう...
『愛、アムール』 (2012) / フランス・ドイツ・オーストリア (Nice One!! @goo)
原題: AMOUR/LOVE 監督: ミヒャエル・ハネケ 出演: ジャン・ルイ・トランティニャン 、エマニュエル・リヴァ 、イザベル・ユペール 、アレクサンドル・タロー 公式サイトはこちら。 今までのハネケ作品、正直あまり好きではないのです。残酷すぎてしまったり...
『愛、アムール』 (こねたみっくす)
愛する人との別れが迫った時に見えてくる真実の愛。 第85回アカデミー外国語映画賞に輝いたこのミヒャエル・ハケネ監督の作品。老老介護を扱っていながらも介護問題ではなく老夫婦 ...
映画:愛、アムール Amour  映画賞総なめも納得の、2013年 必見の1本。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
前作「白いリボン」をみた時、ベルイマンを継ぐのは彼しか無い、と悟った(汗) それまでの「直接的」な暴力描写が消え、「暗喩」に表現が進化していたのだ。 そのハネケの新作。 今回、老夫婦に絞ったストーリーなので、そういう点で引き続き同様の方向。 痺れたの....
愛、アムール (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
    『愛、アムール』  (2012) パリ在住の80代の夫婦、ジョルジュ(ジャン=ルイ・トランティニャン)とアンヌ(エマニュ・リヴエルァ)。 共に音楽教師で、娘はミュージシャンとして活躍と、充実した日々を送っていた。 ある日、教え子が開くコ...
映画レビュー「愛、アムール」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画 愛、アムール オリジナル・サウンド・トラック [CD]◆プチレビュー◆老いと病を通して究極の夫婦愛を描いた「愛、アムール」。名優二人の存在感とハネケ監督らしからぬ物語に驚 ...
「愛、アムール」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Amour )ミヒャエル・ハネケ監督の今までの作品群に比べればとても平易なテーマを扱っており、ストーリーも比較的分かりやすい。だから“破壊力”という点では控えめかもしれないが、それでも並の映画と比べれば相当にキツくてハードな手触りを持つ。この監督の...
『愛、アムール』 愛、あるいは (Days of Books, Films )
Amour(film review) 『愛、アムール(原題:Amour)』は、全
隣のおじいちゃんとおばあちゃんのこと。~『愛、アムール』 (真紅のthinkingdays)
 AMOUR  元音楽教師のアンヌ(エマニュエル・リヴァ)とジョルジュ(ジャン=ルイ・トラ ンティニャン)は、パリのアパルトマンに暮らす仲睦まじい老夫婦。悠々自適な 生活を送っ...
愛、アムール~即興曲破綻調 (佐藤秀の徒然幻視録)
壊れたキー 公式サイト。フランス=ドイツ=オーストリア。原題:AMOUR。ミヒャエル・ハネケ監督、ジャン・ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ、イザベル・ユペール、ア ...
愛、アムール ★★★★ (パピとママ映画のblog)
パリの高級アパルトマンで暮らす音楽家の老夫婦の姿を描いた『愛、アムール』。 監督・脚本は1942年生まれで70歳のミヒャエル・ハネケ。前作『白いリボン』に続き本作と2作品連続でカンヌ国際映画祭のパルムドール(最高賞)に輝く快挙を果たした。本作は米アカデミー賞...
『愛、アムール』 愛という名の依存 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『白いリボン』で悪意の誕生を描いたミヒャエル・ハネケ監督が、次回作では打って変わってAmour(愛)をテーマにした――のだろうか。  「愛」とは美しい言葉だが、ミヒャエル・ハネケ...
「愛、アムール」 (Con Gas, Sin Hielo)
二人の時間。長い間合い。 居心地の悪さ。M.ハネケ監督の作品の印象を問われて真っ先に思いつくのがこの言葉なのだが、新作が描く老老介護の情景は、高齢化社会が生んだ歪み、いわば現代社会の「居心地の悪さ」であり、相性の良さが期待できるものであった。 そんな情....
この結末にしてこのタイトル。『愛、アムール』 (水曜日のシネマ日記)
第65回カンヌ国際映画祭で最高賞にあたるパルムドールを獲得した作品です。
「愛、アムール」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・フランス・ドイツ・オーストリア合作 配給:ロングライド 原題:Amour 監督:ミヒャエル・ハネケ脚本:ミヒャエル・ハネケ製作:マルガレート・メネゴス、シュテファン・アルント、ファイト・ハ
No.342 愛、アムール (気ままな映画生活)
ミヒャエル・ハネケ監督が、カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞し、第85回アカデミー賞では外国語映画賞も受賞したドラマ。妻が病に倒れたことで穏やかだった日常が変 ...
『愛、アムール』:鳩の意味するものは? (シネマ・クチュール)
新作の感想は、主にもうひとつのブログで書いてますが、 まだ日本公開になる前に記事をあげることが多く、ネタバレなしに書こうとすると、 深いところには入れないというジレンマに陥ります。 そこで、監督のインタビューで知ったことや ネタバレ込みで自分で感じ...
愛、アムール(2012)**AMOUR (銅版画制作の日々)
 人生はかくも長く、素晴らしい。 好き度:=90点 京都シネマにて鑑賞。「白いリボン」に続くミヒャエル・ハネケ監督新作!カンヌでは最高賞。アカデミーでは外国映画作品賞を受賞。それだけの価値は確かにありましたね。期待通りの作品でした。 日本でも高齢化が進...
愛、アムール (映画的・絵画的・音楽的)
 『愛、アムール』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)前作『白いリボン』に引き続いてカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したハネケ監督の作品(アカデミー賞の最優秀外国語映画賞も受賞)というので、映画館に足を運びました。  前作は随分と見応えのある作品な....
『愛、アムール』  (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「愛、アムール」 □監督・脚本 ミヒャエル・ハネケ□キャスト ジャン=ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ、イザベル・ユベール、アレクサンドル・タロー■鑑賞日 3月16日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★...
愛、アムール/ジャン=ルイ・トランティニャン (カノンな日々)
先日開催された第85回のアカデミー賞でも賞レースの有力候補作品としてノミニーされていた『白いリボン』 のミヒャエル・ハネケの監督作品です。といっても実のところ高齢者夫婦を ...
愛、アムール (とりあえず、コメントです)
世界の映画祭で高い評価を受けた、ある老夫婦の愛の姿を描いた人間ドラマです。 アカデミー賞でも話題になっていたので、どんな物語なのか気になっていました。 ハネケ監督作品は初めてだったのですけど、深く考えさせられるような物語でした。
いつか訪れる、愛 (笑う社会人の生活)
11日のことですが、映画「愛、アムール」を鑑賞しました。 パリ在住の80代の夫婦ジョルジュとアンヌ、ある日アンヌが病で倒れ半身まひという後遺症が残ってしまう 家に帰りたいというアンヌの願いから自宅で彼女の介護を始めるが少しずつ症状は悪化していき・・・ 老老....
愛、アムール ★★★★☆ (センタのダイアリー)
次々と上映が終了になる中で時間が見つけられず、この映画にはご縁がなかったかとあきらめかけていた今週、たまたま時間があってようやく見ることができました。 小さい頃、祖父母の介護をする両親を見てい...
「愛、アムール」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Amour」 2012 フランス/ドイツ/オーストリア パリのアパルトマンに暮す音楽家夫婦のジョルジュとアンヌ。ある日、アンヌが病に倒れ、やがて寝たきりになってしまう。ジョルジュは献身的にアンヌを介護するが、アンヌの病状はどんどん悪化していく… ジョルジュ...
「愛、アムール」ミヒャエル・ハネケ (Credo, quia absurdum.)
愛、アムールAMOUR 2012フランス/ドイツ/オーストリア 監督・脚本ミヒャエル・ハネケ 出演:ジャン=ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ、イザベル・ユペール、アレクサンドル・タロー 他 ハネケのパルムドール受賞作を観ました。 ジャン=ルイ・ト....
「アムール」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ハネケ作品には珍しく意地悪さ?が無く、タイトル通り、愛な映画でした。