我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

嗤う分身/The Double

2013-10-18 22:05:32 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

ある日、自分と同じ姿の人間が現れて、全てを奪っていく

 

ロシアの文豪、「罪と罰」や「カラマーゾフの兄弟」などでお馴染み

ドストエフスキー著の「分身」を英語圏では初の映画化。

お気に入りのジェシー・アイゼンバーグが主演と聞いたときから楽しみにしていた作品。

今年のトロント映画祭でも上映された。

日本公開は未定だったけど、即完売となった東京国際映画祭にて、運良く鑑賞

IMDBでは6.7  ロッテントマトでもかなりの支持率

 サスペンスやミステリーにみせかけてどこかコメディ風な、でもある男の哀しい結末。

 

 

ジェシー・アイゼンバーグが相変わらず素晴らしい。

地味で存在感のない男サイモンと、

何でも思い通りに手に入れる行動力のある男ジェームズ、二役を演じ分け。

 

秘かに想いを寄せる、同じ会社のコピー係の子に

ミア・ワシコウスカ。脆くて危ういつかみどころのない少女がハマり役。

ジェシーとは、この共演がキッカケで交際中。

 

あ、「SatC」シーズン6(キャリーのVOGUEの編集長に紹介する)や、「ゴシップガール」などにも出てる

このおじさん  上司役で出演でした~。

 

 

監督したのは、ベン・スティラー主演の「The Watch(邦題 エイリアンバスターズ)」に

ベン、ジョナ・ヒル、ヴィンス・ボーンというメンツの中にひとり入ってた黒人の

リチャード・アヨエイド。  

この方、わたしは未見だけど、15歳の少年の成長を描いた監督作「サブマリン」(2011年)が高評価され

監督としても期待が寄せられている。

そちらも今度観てみよう。

まだ若いから今後の作品も楽しみ。

 

 

8/10(84点)

 

 

 期待通りよかった!

最初のシーンから不思議で面白く、かなり好みの感じ

珍しく頭痛く、すごく眠い日だったんだけど、ぐいぐい惹き込まれる

どこか何となく不思議な世界観が、デヴィッド・リンチ作風な感じも。

 

と思って書いてる先から、ある記事で監督は

本作のトーンにインスパイアを与えた作品として

ゴダールの「アルファヴィル」、リンチの「イレイザー・ヘッド」、

ウェルズの「審判」、フェリーニの「悪魔の首飾り」などを挙げている。

それプラス、やっぱりコメディアンとしての独自のユーモアセンスかな。

 

この作品、いわゆるいわゆる「ドッペルゲンガー」もの。
ホラーチックかと思いきやちょっとコメディ風ともとれる、

笑いは起きないけど、ちょっと可笑しい。

全体的なこのダークな雰囲気と何が起こるかわからない、

そして坂本九の「上を向いて歩こう」とか、昭和の名曲が3カ所くらい劇中でかかるのも

また摩訶不思議な感じ。それがぜんぜんあってないようで、実は歌詞はきちんとそのシーンにあってる。

 

 とにかく陰湿でシュールで謎めいた雰囲気

とくにオープニングでは「そこ私の席なんですが?」と

ガラッガラの電車の中で目の前に立った男に言われ

無理やり席を奪われるというそこからもう惹き込まれる不思議な面白さ。

 

顔が自分に瓜二つの男が入社してきたというのに、

誰もその事に触れてくれない会社の同僚たちや、

IDがいきなりなくなり会社にも存在していないこととなっていく。

そして想いを寄せる相手は、

突如現れた、顔だけは自分に瓜二つのその謎の男を好きになり、紹介を頼まれる。

女の扱いもうまく、うまく上司にとりいり部長の座まで獲得。自分とは正反対。

 

 

公開未定なのが残念だけど、日本公開したらまた絶対観たい♪ほど今年のお気に入り♡

破滅型の作品なので人を選ぶかもだけど、

ジェシーやミアのファンはもちろん、興味ある方は是非☆

 

 

 俺と全く同じ外見の男が入社した。そいつは俺の成果をすべて奪っていく! 

書籍では「分身」または「二重人格」の二種類の邦題があり。

に基づく。

目立たない男が、或る日目の前に現れた自分そっくりな人間、

ドッペルゲンガーに人生を乗っ取られてゆく悲劇を描く。

 

 

 

Tiff(トロント映画祭) (公式サイトない?)

The Double     2013年  イギリス    93min

日本公開、未定。

 【追記】めでたく、2014年11月8日に「嗤う分身」の邦題で日本公開決定

(それに伴い、上のタイトルも変更)

公式サイト

 

2013年  トロント映画祭にて

 

ジェシーが小ちゃいのか、監督がデカすぎるのか

 

ジェシーの身長、公表では171cm

ミア・ワシコウスカ、公表で162cm 

ヒールじゃなさそうだけど。 あれ?

 

上にも書いたけど、この共演がキッカケで交際中のふたり。

自然な感じが悔しいけど(?)お似合いで。

ジェシーはこんなナチュラルなとこも魅力だな♡

今後は10/25~マジシャン役の「グランド・イリュージョン

 そして、ダコタちゃんと初共演のヒューマン・ドラマ「Night Moves(原題)」が待機。

こちらも先日のトロント映画祭で上映されたばかりの新作。

 左、監督。

人間による環境破壊を妨げる目的でサボタージュを行う“エコ・テロリスト”を題材にした作品。

米・オレゴン州を舞台に、環境保護の信念に則ってダムの破壊 を企てる3人の男女を襲う、予期せぬ悲劇を描く。

フランス・ドーヴィルで行われた第39回ドーヴィル・アメリカ映画祭にも出品され、見事「最高賞」を受賞。

 久々のダコタちゃん、との共演も楽しみ♪

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (18)   Trackbacks (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランス/TRANCE | TOP | ラヴ・イズ・パーフェクト・クラ... »

18 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白そう!! (ノルウェーまだ~む)
2013-10-19 00:15:32
migちゃん☆
わお!これは面白そうね~~
ゼッタイ観たいけど、公開日は未定なんだね・・・
東京国際映画祭で観たのね。いいなー
Hey!! (yue)
2013-10-19 00:58:03
なかなか面白そうだね~!!
最近見た顔と思ったら、あのマジシャンくんだ!
ダコタちゃん大人になったね~

あのSatCのチビでぶおじさん!!でたー!
そうゴシップガールにも出てるよ。
しかも監督、あのメガネのひとね~
写真で分かりやすかったわ。^^
あのエイリアンの話、けっこう好きだったな。w
はや! (rose_chocolat)
2013-10-19 09:09:53
もう書いてるの? 早い早い(笑)
昨日はお疲れさまでした。

これ・・・。日本語の曲はまあいいとしても、エンドロールで何でその曲が出てくる?っていうのが全然納得いかなくて。
せっかくいい感じの映画なのにそこでササーっと引いてしまったよ。特に最後だから雰囲気壊れちゃった。
だからサントラは大事だよねとつくづく思ってしまったのでした。
Unknown (風情♪)
2013-10-19 14:00:01
こんにちは♪

M・ワシコウスカ~♡ (*゜∀゜)=3 ムッハー

彼女は「永遠のぼくたち」時のようなショートカット
の方が似合いますな。
まだーむ★ (mig)
2013-10-20 12:17:21
これ、万人受けはしないと思うんだけどね、
東京国際映画祭チケ、あっという間に完売で
追加のでやっとネットでとれたの☆
私は好みだった♪
yue★ (mig)
2013-10-20 12:20:18
エイリアンバスターズ、面白かった?
あんまりだったけど
あの俳優が監督って、なかなかセンスあるわ!
そう、migと翔お気に入りのジェシーくん、
すごいよかった♪
そっちでも観れないかなー
あのおじさん、ドラマ色々でてるんだよね
(^.^)
Roseさん★ (mig)
2013-10-20 12:23:04
偶然同じのみてましたねー!
エンディング曲そんなだめでした?
あれはあれでありかと。
悲劇だけどほとんどコメディ風だから、
意図的なあの日本の選曲もok!
二種類のジェシーみれたし、またみたいくらい好き♪( ´ ▽ ` )
風情♪さん☆ (mig)
2013-10-20 12:25:07
ワシコウスカ、キャラハマっててよかったです。
私はあまり好きじゃない女優だけど
確かにアリスのときのロングより短めが似合いますね、
公開したらぜひ!オススメです♪
こんばんは~~ (マリー)
2013-10-26 23:18:33
お~~これは面白そう!!
私ドッペルゲンガー系好き(どんな系?笑)
「グランド・・・」観て来たばかりで~やっぱりジェシーさんは上手いなと思って~。

こういう不思議なストーリーに合いそう。
ミアちゃんも不思議ちゃんっぽいから、彼女も似合いそう。
早く日本公開して欲しい~。
九ちゃんの曲がかかるの?それはまた斬新だね~。
早く観たい1作~~~。
マリーさん☆ (mig)
2013-10-27 10:47:52
こちらにもありがと♪
これ、わたしはすごく好きな世界観だったよ☆
マリーさんも好きだと思う♪
ジェシーがまたいいのです
ミアもハマってたよー
そう、それとかあとなんだっけタイトル忘れたけどなんか有名な
60年代の昭和テイスト曲かかってたよ^^
公開するといいんだけど、、、、
Unknown (りお)
2014-11-04 23:32:16
いやもーホントわたしはこれダメでした。
でも、好きな人がいるのもわかるなーという感じ。
かなり好き嫌いが分かれる作品ですね。
りおさん☆ (mig)
2014-11-04 23:59:55
あはは、りおさんはダメそうだなぁ。笑
うん、分かれる分かれる。
ジェシーだったってのと、不思議な雰囲気が好きなのー
Unknown (風情♪)
2014-11-09 16:45:57
こんにちは♪

ドフトエフスキーなんて死ぬまで手にすることが
絶対的になさそうなんで、てっとり早く映像で観
ておけと思って観に行ったんすけど…。
苦手D・リンチぽい不条理的な物語についていく
のがやっとつぅところでしたわ…。

migさんがJ・アイゼンバーグ推しなら、ボクは
M・ワシコウスカ推しっす♪
J・ロレーンスらの若手女優の中じゃ、じゃっかん
遅れをとってる感がなきにしもだけど、彼女の
普通感が最高にイイっす♪ ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
風情♪さん (mig)
2014-11-09 23:15:15
これは好み分かれますねー
この世界観が気に入れば良いとおもうけど
私は不思議空間、おまけにジェシー好きだから良かった♪
ミアはジェシーが出るから出演したそう。
彼女のもつ、暗めの雰囲気ともマッチしてました!
こんにちは (たいむ)
2014-11-24 11:10:49
あまり得意分野じゃない感じだったのだけど、独特の雰囲気からなんだか惹きこまれちゃいました。
ひとえにジェシーくんのおかげかな?(^^)
たいむさん☆ (mig)
2014-11-25 01:22:55
こんばんは♪
雰囲気がいいんですよねー
不思議な  笑
そう、ジェシーもいいし
かなり前に (sakurai)
2015-02-16 13:28:05
ご覧になられてたんですね。
まずは見ることができてよかったです。
これがきっかけだったの、この二人。
なんか、ジェシーが好きになりました!!って空気がびんびん伝わってきた。
今もくっついてるのかしら。

リンチに、クローネンバーグあたりの空気を感じました。
なぜか「ブルー・シャトウ」が似合ってるし、不条理をまとめた手腕はお見事でした。
普通の世界を撮ったのが見てみたいです。
Unknown (mig)
2015-02-17 00:34:52
これはおととしの映画祭で観てましたー
ジェシー好きなのでワシコウスカかぁと思ってたけど
似合うんですよね
今も順調だと思います
独特な世界観と、ジェシー好きだから楽しめました♪

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

16 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
【TIFF_2013】『ザ・ダブル/分身』 (2013) / イギリス (Nice One!! @goo)
原題: The Double 監督: リチャード・アヨエイド 出演: ジェシー・アイゼンバーグ 、ミア・ワシコウスカ 、ウォーレス・ショーン 、ノア・テイラー 第26回東京国際映画祭『ザ・ダブル/分身』 ページはこちら。 今年もTIFFがやって参りました。この時期....
「ザ・ダブル/分身」(東京国際映画祭2013) (ここなつ映画レビュー)
東京国際映画祭コンペティション作品。ドフトエスキーの原作をモチーフに作られた不条理劇。今をときめくジェシー・アイゼンバーグとミア・ワシコウスカが主演。 主人公の生きる世界は近未来で「未来世紀ブラジル」にも似た世界観。ただし、未来なんだかレトロなんだ...
嗤う分身 (映画三昧、活字中毒)
■ 第26回東京国際映画祭にて鑑賞嗤う分身/THE DOUBLE (ザ・ダブル 分身[第26回東京国際映画祭]) 2013年/イギリス/93分 監督: リチャード・アイオアディ 出演: ジェシー・アイゼンバーグ/ミア・ワシコウスカ/ウォーレス・ショーン/ノア・テイラー 公式サ...
嗤う分身 (あーうぃ だにぇっと)
嗤う分身@西荻ターニング
嗤う分身 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★☆【2.5点】(11) この映画の世界観はまるでアンダーグラウンド(笑)
嗤う分身 (2013) (ジュライシネマログ)
〈あらすじ〉 内気で要領が悪く、驚くほど存在感の薄い青年サイモン(ジェシー・アイゼンバーグ)。 秘かに想いを寄せるコピー係のハナ(ミア・ワシコウスカ)にもまるで ...
嗤う分身・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ホンモノの“僕”はどっちだ? ロシアの文豪フョードル・ドストエフスキーの不条理小説、「分身」の大胆な新解釈。 ジェシー・アイゼンバーグ演じるコンプレックスの塊のような主人公は、ある日自分のドッペルゲンガーと出会う。 やがて彼は、自分とは正反対に快活で...
嗤う分身 (心のままに映画の風景)
要領が悪く存在感の薄いサイモン・ジェームズ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、周囲からまともに相手にされず、向かいの部屋に住む職場の同僚ハナ(ミア・ワシコウスカ)を望遠鏡でのぞくパッとしない毎日を送っていた。 ある日、サイモンと生き写しのような新人、ジェ...
映画・嗤う分身 (読書と映画とガーデニング)
2013年 イギリス原題 THE DOUBLE 原作 ドストエフスキー「二重人格」 時代も場所も不明“大佐”(ジェームス・フォックス)と呼ばれる者が君臨する世界不穏な空気の会社で働くサイモン・ジェームス(ジェシー・アイゼンバーグ)勤続7年、真....
「嗤う分身」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2013年・イギリス/Alcove Entertainment配給:エスパース・サロウ 原題:The Double監督:リチャード・アイオアディ原作:フョードル・ドストエフスキー原案:アビ・コリン脚本
「嗤う分身」みた。 (たいむのひとりごと)
ロシアの文豪ドストエフスキーの世界的名作である『分身(二重人格)』を原作に、大胆にアレンジした不気味なスリラー作品。何かの解説には”近未来世界が舞台”とか書かれていた気もするのだが、時代的な雰囲気は”
「嗤う分身」 (セレンディピティ ダイアリー)
ジェシー・アイゼンバーグとミア・ワシコウスカが共演、ドストエフスキーの「分身(二
『嗤う分身』('14初鑑賞77・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 11月8日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 16:55の回を鑑賞。
お笑いドストエフスキー フョードル・ドストエフスキー リチャード・アイオアディ 『嗤う分身』 (SGA屋物語紹介所)
『メアリー&マックス』『人生、ここにあり!』『ブランカニエベス』など「エッジの利
嗤う分身 (迷宮映画館)
嗤う・・と来たか。
嗤う分身 ★★★ (パピとママ映画のblog)
ロシアの文豪フョードル・ドストエフスキーの著書を、ジェシー・アイゼンバーグ主演で映画化した不条理スリラー。内気でさえない男の前に、見た目は全く同じながら性格は正反対のもう一人の自分が出現したことで、全てを狂わされていく男の姿を描く。監督はコメディアンと...