我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

セブン・サイコパス /SEVEN PSYCHOPATHS

2013-11-13 21:40:52 | 劇場&試写★6以上

 

 

この映画、キャストたちがサイコー

 

気付いたら、周りはサイコパスなヤツだらけ

 

今年は園子温の「地獄でなぜ悪い」が受賞した、

2012年 トロント国際映画祭<ミッドナイト・マッドネス部門>深夜上映部門の観客賞受賞
    

コリン・ファレル、サム・ロックウェル、クリストファー・ウォーケン、ウディ・ハレルソン他、

豪華キャストが緻密な脚本に惹かれ集結したシニカルなクライムサスペンスコメディ

 楽しみにしてたけど、日本公開してくれて良かった♪

 

 

監督/脚本は、「ヒットマンズ・レクイエム」で高い評価を受けたマーティン・マクドナーでコリンと再びタッグ

酒好きで、 ネタが思いつかない脚本家、マーティにコリン・ファレル。

いつもはバリバリ主演って感じだけど今回は振り回されっぱなしで笑える。

 

 

実の主演はこっちじゃないってほど、そのキャラもハマりすぎな

イカれた男、ビリーにサム・ロックウェル

マーティの友人で役者。脚本づくりにネタ提供で協力。

 

ワンちゃんを誘拐し、見つけたとそのお宅に伺い謝礼をもらって生活のろくでなし。

その相棒に、クリストファー・ウォーケン演じるハンス。

どんどんドラキュラ風な風貌になってていい味 笑。

なかなか面白いキャラ。

 

そして、恋人よりも愛犬命。

ワンちゃんを愛するマフィアのボス、チャーリーにウディ・ハレルソン

カッコイイ!し、悪人だけどどこかおちゃめで憎めないのはハレルソンならでは

 

イカれたメンツのひとりなのかと思ったら、

そのマフィアの恋人にオルガ・キュリレンコ。かわいい

めっちゃちょい役で贅沢な使い方。笑

 

 

そして悪人退治をする正義の殺人犯夫婦。 トム・ウェイツ。

 

あと、アビー・コーニッシュ(左)や

プレシャス」のガボちゃんもちょこっと出演。

映画の脚本の中でもそういうセリフが出てくるけど

ほんとに女性陣がちょい役だらけ。 

でも、変に恋愛とか絡めてだしてこないのがいい。

 

シニカルユーモア&バイオレンス

 

クレイジーでイカれたヤツだらけ

 

とりわけイカれてんのが予想通り、サム・ロックウェル。

 

 

8/10(80点)

 

 

これ好き~!

トロント映画祭の夜上映部門で観客賞もわかる気がする。

もうちょっと面白かったらまたすぐ観たくなるってなるんだけどちょっと惜しいな、

驚くほどの展開とかではないものの、脚本がうまく緻密に計算されてて

キャラもちゃんとうまく描かれてるし、それぞれが少しづつ絡んでくるところも良い。

そして何より、キャストたちがとびきり魅力的

とくにわたしのお気に入り3人。

サム・ロックウェル、ウディ・ハレルソン、クリストファー・ウォーケンが最高

徐々に本性を現してくサムロックに愛すべきオッサンのひとり、ハレルソン♡

クリストファーウォーケンの謎めいたキャラ。首に巻いたスカーフの下に隠された過去の秘密。

コリンは振り回されてる姿がなかなかハマっててそれはそれで良かったし

 

 

 映画の中で練られていく、新作映画の構想。

ハンスのセリフで、ベトナム人のキャラがイイって言ってるけど

わたし的にはあのベトナム人いらないからもっとイカれたキャラ

ちゃんと出せば良かったのになーって。

オルガちゃんとか、ポスターに出てるメンツが全員イカレキャラで

7人かと思ったらそこ違った。

それに宣伝の文章では、おちぶれた脚本家が出した広告でイカレタヤツらが集まってきた

って書いてあるけど、実際は友人が出した広告だし、その張本人が一番イカレてる。

 

サイコパスなヤツらだらけの中で、果たしてコリンは生き残れるのか

 

そしてワンちゃんは無事でいることができるのか??

(って主題はそこじゃないけど)

 

というわけで、

殺人を頼まれた二人組が殺人に関してのヨタ話から始まるオープニング(タラ風?)から

ラストまで、退屈なんかせずに楽しめちゃった1本でした~

 気になる方、とくにこのキャストたちが好きな人はぜひ劇場で

 

 

 

脚本家のマーティは、新作「セブン・サイコパス」の執筆が進まず悩んでいた。そんな彼を助けようと、親友で売れない役者のビリーは、脚本のネタ集めのために、「イカれた奴(サイコパス)、募集!」の広告を勝手に掲載してしまう。それを見て現れたのは、ウサギを抱えた正義の殺人犯。

そこに何よりも犬を愛するマフィア、ダイヤのエースを残すヒットマン、復讐心を抱える非暴力の信心深い男たちが絡んできて

彼らが巻き起こすトラブル、そして執筆される脚本。現実と空想が交錯し、その映画の結末はどうなる

 

 

 ←可愛い

  公式サイト 

SEVEN PSYCHOPATHS    2012年    イギリス    110min

11月2日より公開中~

 

 

2012年トロント映画祭にて

サムロックやっぱりちっちゃめ。

 監督、スティングみたいななかなかのイケメン。

 

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click


『映画』 ジャンルのランキング
Comments (8)   Trackbacks (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハリウッドゴシップ☆News<セ... | TOP | 悪の法則 /THE COUNSELOR »

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
風邪 (佐藤秀)
2013-11-13 23:00:28
私、今朝起きたら喉が痛く、風邪引いてしまいました。寒かったなあ。migさんは風邪ひかないよう気を付けてください。うう、そろそろ寝ようかな。
佐藤秀さん☆ (mig)
2013-11-14 08:36:07
あら!辛いですねー
ほんと急に寒くなったから、、、しっかりのど保湿してお大事に。。。ご心配ありがとうございます。
おもしろそう! (yue)
2013-11-15 18:39:48
おはよう!!
すごい豪華キャストだねー
ところどころにワンちゃんがいるのがキニナル~。

タイトルが良いわー!!
よく邦題へんなのに変えなかったなぁ
これタラ風だし、ぺぺ好きそうだね☆

あ、ぺぺ二度目のゼロ・グラビティ!
今度はクラスメイトと映画行ってたよー 
2度目でも最高って相当お気に入りらしい・・・。
Unknown (月見バーガー(快眠ねぼすけ))
2013-11-16 17:53:25
こんにちは、月見バーガー(快眠ねぼすけ)と申します。
あし@コミニュテイから伺いました。
ブログ記事、楽しく拝見させていただきました。(o^-^o)
「デッドゾーン」を観て以来クリストファー・ウォーケン大好きです。
この映画も是非見てみたいです。

ランキング、ポチっ♪凸凹

お時間がございましたらこちらへも遊びに来ていただけるとうれしいです。
http://www.futon-mail-order.jp/tukimi/
(DVD映画とかチリワインとかの雑感を書いてます)

参加ランキングへのポチやツイート&フォローなんかもいただけたら最高です。m(_ _)m

また、お伺いしますんで^^...

追伸
twitterでもツイート&フォローさせていただきました。。( https://twitter.com/kaimin_nebosuke )
yueちんおはよ☆ (mig)
2013-11-16 23:58:27
これなかなか面白かったから
ネットフィリックスだっけ?あれでやったらみてー♪
ぺぺ、またみたの??
予告篇でじっくりみてみたけど
サンドラが綱一本で宇宙に、、、でしょ、
面白そう
SFでひとりサバイバル。タラもいれてたけど
migも今年のベスト入るかもね♪
たのしみー
月見バーガーさん☆ (mig)
2013-11-17 00:00:44
はじめまして
コメント、ツイッターでもRTとともにありがとうございます
なかなか時間なくて他の方のところいけませんが
今後も宜しくお願いしますね。
クリストファーウォーケンお好きだったら楽しめるかと思うのでぜひみてみてくださいね☆
Unknown (風情♪)
2013-11-17 11:00:46
こんにちは♪

実地で体験しながら脚本を書き上げて行く設定や
個々のキャラのエピはオモシロくはあったんすけ
ど、どうも最後までノリきれずで、オモシロいこ
とはオモシロいけど…とどうもスッキリしない結
果とばってしまいました。

いや~、ボクはあのベトナム人のエピの意外性が
かなり気に入りましたよ。このエピがなかったら
もしかしたらもうチョイ評価が↓ってかも知れん
です♪ (゜▽゜)v
風情さん☆ (mig)
2013-11-18 08:09:30
面白いけどすっきりしない?
確かにもうちょっと面白くてもってところ
あるんだけど、私は好みの俳優だらけだったから
そのキャラでポイントUPでしたね☆
あ、風情さんには女優陣が役不足だったのかもですね 笑
オルガちゃんももっと見たかったけど☆
(*^^*)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

7 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
セブン・サイコパス (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。イギリス映画。原題:Seven Psychopaths。マーティン・マクドナー監督、コリン・ファレル、サム・ロックウェル、ウディ・ハレルソン、クリストファー・ウォーケン、トム・ ...
セブン・サイコパス (風に吹かれて)
ただいま 実地体験で執筆中 [E:pen]公式サイト http://7-psychopaths.jpアメリカ、ロサンジェルス。猟奇映画の脚本を依頼されたマーティ(コリン・ファレル)は、タイトルだけは「
「セブン・サイコパス」 (ここなつ映画レビュー)
私は好きです。すっごく面白かった!「七つの大罪」ならぬ「七人のサイコパス」。サム・ロックウェルすっごくいいね!間違いなくコリン・ファレルを喰ってた。クリストファー・ウォーケンもウディ・ハレルソンも良かった。 でもね、作品紹介の一文で「新作『セブン・サ...
『セブン・サイコパス』 2013年10月29日 なかのゼロホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『セブン・サイコパス』 を試写会で鑑賞しました。 この映画は面白い でも。。。1回見ただけでは分らんかも 【ストーリー】  脚本家のマーティ(コリン・ファレル)は、新作『セブン・サイコパス』の執筆に行き詰まっていた。 親友のビリー(サム・ロックウェル)は脚...
サイコパスという魅力 (笑う社会人の生活)
11日のことですが、 映画「セブン・サイコパス」を鑑賞しました。 脚本家のマーティは、新作『セブン・サイコパス』の執筆に行き詰まっていた 親友のビリーが脚本執筆の手助けをしようとネタ集めのためにサイコパス募集の広告を出すのだが・・・ このノリというか、この...
セブン・サイコパス ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
『ヒットマンズ・レクイエム』で高い評価を受けたマーティン・マクドナー監督が、コリン・ファレルと再びタッグを組んだクライムコメディー。スランプ中の脚本家が、自分を助けようと奔走する役者によってトラブルに巻き込まれるさまを、ブラックユーモアと共に描く。共演...
セブン・サイコパス (いやいやえん)
アイディアに行き詰った脚本家マーティに、親友ビリーがネタ探しのために、新聞広告でサイコパスを募集してしまうという話ですが、コリン・ファレルの垂れた太眉が、余計に困った感を増幅させます(笑) で、これ完全に主役が食われている。一応主人公はコリン・ファ...