我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

悪の法則 /THE COUNSELOR

2013-11-16 23:45:22 | 劇場&試写★4 以下

 

 

 

これだけの豪華キャストだけど、話は地味で斬新さもなし。

 

ペネロペ、キャメロン、ハビエルにブラピ、そしてマイケル・ファスベンダー共演、

リドリー・スコット監督作のクライムサスペンスってことで今月楽しみにしていた1本

 

日本っぽい邦題ついてるけど、原題は「カウンセラー」

 

最初に、劇中ののスペイン語は意図して字幕をつけていませんと入る。

 

 

一人だけ、役名なし。

弁護士であるが、人は"カウンセラー"と呼ぶ。マイケル・ファスベンダー。

 

 

その恋人ローラに、ペネロペ・クルス。

今回、眉メイク濃すぎ  冒頭、エロいシーンあるけど脱ぎは今回はナシ。

 

実業家でカウンセラーの友人、ライナーに ペネ夫のハビエル・バルデム。

 

アイメイクが濃くバッドなイメージのキャメロン・ディアス。

ライナーの愛人で、元ダンサーのマルキナ。

車とのsex?!後ろ向きで開脚あり、エロティックなシーンもあるが

エロさは感じない。

 

裏社会のブローカー、ウェストリーにブラッド・ピット。

一番出演シーン少ない。トータルでほんとちょっとでびっくり。

 

 

 その他、ネタバレ込みで人物紹介

ルース  殺人罪で服役中のグリーン・ホーネットの父(ロージー・ペレス)

グリーン・ホーネット メキシコ麻薬組織カルテルの一員(リチャード・カブラル)

ハイメ マルキナに雇われグリーン・ホーネットを殺害した男(サム・スプエル)

テキサス西部のマフィアのボス(ルーベン・ブラデス)

マルキナが雇ったセクシーな女性(ナタリー・ドーマー)

マルキナとレストランで会食する謎の男(ゴラン・ヴィシュニック)

 ジョン・レグイザモ、ブルーノ・ガンツも出演。

 

 

欲望(金)に目が眩み、アブない仕事に足を踏み入れた男の失敗。

 

脚本は、「すべての美しい馬」(退屈)、「ノーカントリー」(まあまあ)「ザ・ロード」(ダメ)

の原作者、コーマック・マッカーシーが初の映画脚本。

 

 

4/10(40点)

 

 

ちょこっとネタバレあり

 

 

脚本の面白味がない。昔あったような古臭ささえ感じる。

なんで今更こんな脚本を映画化?って感じ。

とにかく、会話が多く行動が少ないのでだらだらしていて退屈な前半。

サスペンス的な面白さはなく途中から、残虐な殺人があるけど

内容的にも惹き込まれるというほどじゃなくて見どころもたいしてなく。

あとは、予告篇みて思ってた程 それぞれのキャストの絡みは少なく

マイケル・ファスベンダーが迎える悲劇ということで皆と関わっていく。

 

一番の悪人は誰だ?的な予想も広告で使われてるけど

予想通りのキャメロンが悪人。

ラストで謎の男と話しているけど、そっちがボスだったとしても

このメンバーの中で最終的に悪の糸を引いて操っていたのはマルキナ。

このメイクと怪しさでバレバレ。

 

ブラピは純粋な麻薬仲介人で根っからの悪人というふうではなく。

カウンセラーに忠告すらする。

結局ラストではあっけなく殺される。

 

そしてキャメロンとグルでレズでもみせてくれるかと思いきやのペネは

ただの幸せな結婚を夢見る女性で、婚約者の無謀な計画(欲望)のせいで

無惨にも誘拐されて殺されるはめに。

二人とも、メイクのせいか今回ぜんぜん綺麗に魅力的に撮れていない。

 

 

途中、ヘルメットのなかにブツを隠した男が、

道に巧妙に仕掛けられたワイヤーで首を落とすというのは

この映画中、最もホラー的で観る者をドキリとさせるシーン。

ホラーをよくみるわたしには、メットの中に入れた時点でやるぞと思ってた仕掛け。

あまり強烈なシーンに慣れてない人には怖いシーン?想像できちゃうと思うケド。

ブラピの死に様も同様。

 

恋人を失ったと悟ったマイケル・ファスベンダーの演技は素晴らしいけど

最後迄とくに面白いと思えるところもなくあっさり終わってしまった印象。

 

本人は新境地でこういうのやりたいんだろうけど、

キャメロンはやっぱりこういう笑顔を見せない悪人、残念ながら似合わないと思う。

んー、シャーリーズ?(ちょっと違うな)キャサリンゼタ?(←老け過ぎ)

じゃあ誰だったらあってたかなぁと考えてもそんなに思い浮かばないんだけど。

 

DVDで十分だと思える程度の作品で、このキャストなのに残念。

 

 

 若くてハンサムな敏腕弁護士“カウンセラー”。美しい恋人ローラとの結婚を決意した彼は、ふとした出来心から闇のビジネスに手を出してしまう。派手な暮ら しをする実業家のライナーから裏社会を渡り歩く仲買人ウェストリーを紹介され、メキシコの麻薬カルテルとの大きな取引に一枚噛むことに。ウェストリーから は危険な相手だと脅されたものの、自分は大丈夫とタカを括っていたカウンセラーだったが…。

 

 公式サイト

THE COUNSELOR       2013年     アメリカ    118min

11月15日より、公開中〜

 

 

ロンドンプレミアにて

キャミーがいない

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (14)   Trackbacks (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セブン・サイコパス /SEVEN PSYC... | TOP | サプライズ /You're Next »

14 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
え? (にゃんこ)
2013-11-17 01:12:28
ヘルメットにブツ隠してたからの首ちょんぱ?
っていかに自分が寝ていたかがわかっちゃう^^;
やっぱり苦手系な作品となりました。
予告のエンタメ感はどこに?って思っちゃいました。
にゃんこさん☆ (mig)
2013-11-17 08:58:42
アハハ,そうだよ〜
そこに入ってるの見られてキャメロンが仕向けた男が
あれを仕掛けたの
たっぷり寝ちゃったのね、でも寝るのもわかるくらい
会話多くてダラダラして盛り上りにかけたものね
こんなに豪華なキャストで? (ノルウェーまだ〜む)
2013-11-17 09:09:03
migちゃん☆おはよー
こんなにも豪華なキャストで、期待させる予告編なのに、☆4なのねー?
勿体無いね。
予告編作る人どんだけ敏腕!?(笑)
かなり気になっていたけど、行かなくてよさそうね・・・・
ふうん。。 (rose_chocolat)
2013-11-17 17:24:07
これまだ観てないんだけど、周りで褒めてる人だ〜れもいないんで、
観に行くのやめようかなーと(笑) DVDでよさげ?
こんばんは♪ (yukarin)
2013-11-17 20:36:02
きっと☆4つだと思ってたー。←あたったと喜ぶ私
リドリー・スコット監督にこのキャストで期待し過ぎたのもあるけど....これはちょっとねぇ(汗)
今年一番寝た作品だよぉ〜っ。
DVDでも十分だよね。
確かに。 (真紅)
2013-11-17 22:35:04
migちゃん、こんばんは。
確かに。確かにつまらなかった・・・・・。
何が悪かったんだろう、って考えてます。
私はでも、豪華キャストが拝めたのでよしとします。

邦題も、これつけるの難しかっただろうね。
御苦労さまです・・・、って感じの邦題ですよね(笑)。

キャメロンの役は、最初アンジーだったそうですよ。
それだと夫婦が二組になるね(爆)。
まだーむ☆ (mig)
2013-11-18 07:44:37
おはよう☆
うーん、予告篇でもそんなに面白いとは言えないけど
四人のうち誰かが絡んでって予感させるものもなく
脚本自体がタイクツなものになってたよー
roseさん☆ (mig)
2013-11-18 07:45:51
うん、面白いって声ひとつも聞かないねぇ 
寝ちゃう人も多し。笑
DVDで十分、忙しい中わざわざいっても
寝ちゃうかも
yukarin☆ (mig)
2013-11-18 08:02:08
あはは、ほんとは38点と迷った

私はなんとか寝ないで耐えたけどねー、
会話多いのに話たいしたことないしね
うーん
真紅さん☆ (mig)
2013-11-18 08:05:56
うん、脚本がやっぱりつまんないんだと。
見せ場もないし盛り上がりに欠けるしで。
アンジーかぁ
それも違うな 笑
二組のカップルだったらなんかそれも笑えるね(*^^*)
こんばんは〜〜 (マリー)
2013-11-20 21:53:10
最初の会話が多いとこのどっかで気を失い・・・そんなに寝てないとは思うのだけど〜
音楽も静か〜〜だったよね。

なんだかエロもグロもすべて会話でやっていたので
想像力が必要だったのだけど、ハビ様がトラウマになったキャメロンのあのシーンとか・・・ちょっとひいたかな〜。
マルキナの背景とか分かりづらいとこもあり〜
見どころは全部予告で観ちゃってたかな?
ワイヤー、ピン!のシーンとかね。
あまり人にオススメはしない映画だった・・・
こんばんわ (にゃむばなな)
2013-11-20 23:03:44
個人的に一番怖かったのはウェストリーがカウンセラーに殺人映画などを挙げて忠告するくだりでした。
あのリアルな恐怖は似たような体験をした者にとっては、マジでビビりましたわ。
マリーさん☆ (mig)
2013-11-20 23:25:56
もう書いた?
珍しくさすがのマリーさんでもダメだったね 笑
最初の会話もねー、ちょっとエグかったし
キャメロンの開脚なめくじ(だっけ?)の話もキモチワルいね 笑
ワイヤーで、っていうのもCMでやってたけどなんにも考えてなかったけど
ちょうどこないだ観たホラーでもまさしく
ピアノ線で走ってきた子が首はねられってシーンあったけど、これはちゃんとバイクの高さとか調べてたね。でも座高とかで微妙に首ぴったりにするのむずかしくない?って細かい事つっこみたくなっちゃた♪
にゃむばななさん☆ (mig)
2013-11-20 23:27:22
そんなシーンありましたっけ。
もう既に記憶の彼方ってほど印象の薄い映画でした〜
こんだけのキャストなのにみどころなさすぎ!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

29 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『悪の法則』 2013年11月15日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『悪の法則』 を鑑賞しました。 初日の最終回にしては空いていたよ 【ストーリー】  メキシコ国境付近の町で弁護士をしている通称カウンセラー(マイケル・ファスベンダー)は、恋人ローラ(ペネロペ・クルス)との結婚も決まり人生の絶頂期にあった。彼は実業家のラ...
[映画『悪の法則』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆悪くないが、これは、商業ベースに乗せたいだろう作品としては厳しい気がした。  完成度もいいのだが、私が求めるリドリー・スコット監督の姿は微塵も感じられなかった(どなたか、バカな私に教えてくれ^^;)。  予告編で、「誰が悪か?」みたいにキャッチコピー...
タイトルデザイン_38(MOMOCO) リドリー・スコット監督『悪の法則(The Counselor)』マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、ハビ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
豪華なキャスト、コーマック・マッカーシー初の映画脚本ということで注目を集めたリドリー・スコット監督『悪の法則(The Counselor)』出演はマイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、ハビエル・
劇場鑑賞「悪の法則」 (日々“是”精進! ver.F)
その女、悪女… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311160001/ ★枚数限定ポスター★■両面印刷B版■ [映画ポスター] 悪の法則 (THE COUNSELOR) [B-DS]価格:17,600円(税込、送料別) 【送料無料】悪の法則 [ コ...
悪の法則  ★★★ (パピとママ映画のblog)
マイケル・ファスベンダーにブラッド・ピット、ペネロペ・クルスにキャメロン・ディアスにハビエル・バルデムという豪華スターが共演した心理サスペンス。欲望に駆られて裏社会のビジネスに手を出した弁護士とその仲間たちが、危険なわなにハマり否応なく堕(お)ちて行く...
人生は戻れない。『悪の法則』 (水曜日のシネマ日記)
欲望に駆られて裏社会のビジネスに手を出した弁護士と彼を取り巻く人たちを描いた心理サスペンスです。
悪の法則 / The Counselor (勝手に映画評)
監督がリドリー・スコットで、出演俳優陣がマイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、ハビエル・バルデム、ブラッド・ピットと言う錚々たるメンバー。凄い作品が予想されるんですが・・・。 いやぁ、一体全体どう言う映画なんですかね? ラス...
悪の法則 (心のままに映画の風景)
メキシコ国境付近。 通称カウンセラー(マイケル・ファスベンダー)と呼ばれる弁護士は、恋人ローラ(ペネロペ・クルス)との結婚も決まり人生の絶頂期にあった。 実業家のライナー(ハビエル・バルデム)と裏社会の麻薬ブローカー、ウェストリー(ブラッド・ピット...
悪の法則 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE COUNSELOR】 2013/11/15公開 アメリカ R15+ 118分監督:リドリー・スコット出演:マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、ハビエル・バルデム、ブラッド・ピット 罪を、選んだ。 [Story]メキシコ国境付近の町で弁護士をしている通称....
悪の法則 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
本来意味がわからないはずのスペイン語が身振り手振りでしゃべっている内容を想像できるのに、英語のセリフがやたらと長いので返って意味がわからない状況になった。文学的な内容で活字にすれば味わいあるセリフも、説明的にしゃべられると魅力が半減した。
悪の法則 (こんな映画見ました〜)
『悪の法則』---THE COUNSELOR---2013年(アメリカ )監督: リドリー・スコット 出演:マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス 、ハビエル・バルデム 、ブラッド・ピット 「ノーカントリー」「ザ・ロード」の原作者でもあり、本....
悪の法則 (だらだら無気力ブログ!)
イマイチ面白みに欠ける。
悪の法則〜カーセックスの本当の意味 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Counselor。コーマック・マッカーシー原作、リドリー・スコット監督、マイケル・ファスベンダー、キャメロン・ディアス、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム ...
悪の法則/マイケル・ファスベンダー (カノンな日々)
鬼才リドリー・スコット監督がテキサスを舞台に危険な裏ビジネスに手を染めてしまった男たちと周囲の人物たちがたどる運命を描いた心理サスペンス・ドラマです。この豪華出演者た ...
『悪の法則』 (こねたみっくす)
ホンモノの悪を甘く見るな。 目的のためなら手段は選ばない、人命も気に掛けない、そして言い訳も常識ではなく理にかなったもの以外は通じない。それがホンモノの悪。 全編を通し ...
『悪の法則』 (pure breath★マリーの映画館)
                        罪を、選んだ 『悪の法則』 監督・・・リドリー・スコット 出演・・・マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、ハビエル・バルデム、ブラッド・ピット 他              ...
「悪の法則」 (Con Gas, Sin Hielo)
宝飾品と下水処理。 邦題を付けるの難しかっただろうなと推測する。ただ、インパクトはともあれ、「法則」という言葉は悪くないと思った。 それは物語自体が定番と言ってしまえばそれまでの展開であったから。欲に目がくらんだ一人の弁護士が陥る悲劇のパターン=法則....
『悪の法則』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「悪の法則」 □監督 リドリー・スコット□脚本 コーマック・マッカーシー□キャスト マイケル・ファスベンダー、ペネロペ・クルス、キャメロン・ディアス、       ハビエル・バルデム、ブラッド・ピット■鑑賞日 11月17日...
「悪の法則」 (ここなつ映画レビュー)
超豪華キャスト。マイケル・ファスベンダーが霞む程。ハビエル・バルデムにブラッド・ピット、キャメロン・ディアスにペネロペ・クルス。監督は超大物のリドリー・スコット。 邦題は秀逸。正に「悪の法則」によって、抗おうとしても抗う事のできないその定め。すべか...
『悪の法則』 暴力と性の夢幻劇 (Days of Books, Films )
The Counselor(film review) リドリー・スコットの新作『
悪の法則 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
キャメロン・ディアスやブラッド・ピットなど 豪華キャストが共演し、監督はリドリー・スコット という映画「悪の法則」が公開されましたので 観に行ってきました。 悪の法則 原題:THE COUNSELOR 製作:2013アメリカ 作品紹介 「エイリアン」のリドリー・スコット監督が ...
悪の法則 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年11月27日(水) 18:30〜 TOHOシネマズ川崎1 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 良く判らない。 『悪の法則』公式サイト フリーパスポート22本目。 全体的に良く判らないので、もやっとした状態だ。 リドリー・スコットは世界的巨匠なの...
悪の法則 (映画的・絵画的・音楽的)
 『悪の法則』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作に主役級の俳優が5人も揃って出演するというので興味を掻き立てられ(注1)、映画館に足を運びました。  映画の原題は「Counselor(弁護士)」で、映画の中でも単にカウンセラーと呼ばれる弁護士の男(マイケル・...
カウンセラーの失敗〜『悪の法則』 (真紅のthinkingdays)
 THE COUNSELOR  メキシコ国境の町、エル・パソ。若くして成功した弁護士(マイケル・ファスベン ダー)は、恋人ローラ(ペネロペ・クルス)との結婚を考えていた。自らを過信した 彼は、麻薬絡みの危ないビジネスに手を染める。  ↑ いつも...
「悪の法則」 人と運命、獣と弱肉強食 (はらやんの映画徒然草)
本作が始まる時「劇中のスペイン語は制作者の意図により字幕が出ない」という内容のお
「悪の法則」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Counselor」2013 USA/UK カウンセラーに「プロメテウス/2012」のマイケル・ファスベンダー。 ローラに「ローマでアモーレ/2012」のペネロペ・クルス。 マルキナに「ホリデイ/2006」「べガスの恋に勝つルール/2008」「私の中のあなた/2009」「運命のボタ...
悪は操り、操られる (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「悪の法則」を鑑賞しました。 弁護士は実業家のライナーと手を組み、裏社会のブローカー、ウェストリーも交えて新ビジネスに着手する それは裏社会ビジネス、しかしその計画が崩れ始め・・・ 悪に手を染め追いつめられていく、ただそれだけのス....
悪の法則 (銀幕大帝α)
THE COUNSELOR 2013年 アメリカ 118分 サスペンス/犯罪 R15+ 劇場公開(2013/11/15) 監督: リドリー・スコット 『プロメテウス』 製作: リドリー・スコット 出演: マイケル・ファスベンダー:カウンセラー ペネロペ・クルス:ローラ キャメロン・ディアス....
悪の法則 (いやいやえん)
「黒幕は誰だ」という煽り広告が全然違う内容の話(黒幕が誰かなんてメインの話ではない)。小難しいと聞いていたが、そうでもなかった。しかも台詞回しがやたらと思わせぶりなのがなんだか嫌な感じだ。一瞬の隙で文言に翻弄されストーリーに追いつけなくなる。 婚約...