我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

オーストラリア /AUSTRALIA

2009-02-05 00:02:05 | 劇場&試写★4 以下
『ムーランルージュ』から8年、オーストラリア出身のバズ・ラーマン監督が
オーストラリア人俳優、ニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンで、オーストラリアを舞台に創り上げた、
オーストラリアずくしの本作
でもこれ、アメリカ映画。


ちなみに、オーストラリアの映画はこちらオーストラリア映画


主演のニコールも、ヒュー様も相変わらずステキ
ふたりはまるで、わたしの永遠にNo1殿堂入り映画『風と共に去りぬ』の
スカーレットとレッドバトラーさながら。


ニコールは、英国から夫を訪ねてオーストラリアの地に足を踏み入れた貴族、サラ・アシュレイ。


初めは反目し合いながらも段々と惹かれあっていくお決まりパターンのカウボーイ、ドローヴァー。
ウルヴァリンばりのワイルドな一面も魅せ付けたかと思えば、、、、

こんなスーツびしっと着こなしてクールにキメたり

第二次世界大戦直後にオーストラリアを訪れたイギリス人貴族レディ・サラ・アシュレイ。
サラは死んだ夫が残した広大な土地と 1,500頭の牛を相続し、土地を守るために粗暴な現地のカウボーイと手を組み、遠く離れたダーウィンまで牛を引き連れて行かなければならなかった。
反目しあう二人だったが、長旅やアボリジニの孤児の少年との出会いを通し、徐々に惹かれあっていく...。




4/10


んんー。。。。もうね、ひとことで言うと 長すぎ~

前日に観た『ベンジャミン・バトン』もほぼ同じ長さの2時間45分だけどあちらは面白かったからそんなに長さ感じさせなかったけど、
こちらはつまんないのに長いからけっこう辛い
予告篇観る限りでつまらなさそうだなぁ~って思ってたから期待しないで観たんだけど
予想以上につまらなかった~

最初から最後までつまらなかったなぁ。ヒュー様とニコールだったからまだ良かったものの
キャストが全く興味のない人だったらもっとやばかったかも、、、、?
どうせ最後は結ばれるってわかってるしー。

明らかに『風と共に去りぬ』をオーストラリアでやりたかったんだなぁ。という感じ

気高く気が強くて美しい未亡人、粗野で一匹狼の荒くれ者な男、雄大な大地、
一人の女の一生。(というほどではないけど)


舞踏会のシーンで、貴族のおばさまたちが「夫を亡くしたばかりでもう...」みたいに呆れるセリフや
黒人のメイド、そしてオープニングシーンのオレンジの夕暮れに木が影になっている映像....。
極めつけは、同じ『風と共に去りぬ』のビクター・フレミング監督の『オズの魔法使』が劇中で出て来たり!
(映像も曲も)

先住民アボリジニの少年目線で語られ、スピリチュアル精神のおじいちゃんとその少年の存在は特異だった。
でもこの二人はこの物語に余計だったような。。。
(母性がめざめていくということでは必要だったのか)



『風と共に去りぬ』風なものを創りたいという気持ちはわかるけど
内容が全く比べ物にならないくらい薄い。(あの名作と比べちゃダメか)

悪人はマンガみたいに笑っちゃうくらい分かりやすい悪人で。

観ながら何度もあくびしてたら、右となりの人鼻すすってた それとも風邪か?
どこで泣くんだろう??って思ったけどこればっかりは本当に受け止め方人それぞれだね~

わたしはラストの方もわざとらしく感じてしまい、感動なんて出来やしませんでした


☆3にしようかとも思ったほどだけど、ニコールとヒュー様ということでまだ観られたのでオマケ
でもこの映画がDVD化されても欲しいと思わないし、また観る気力はないなー


 公式サイト
AUSTRALIA   2008年   アメリカ   165min
2月28日よりロードショー



----------------------------------------------------------------------------------

 オーストラリアシドニーワールドプレミアにて



美しい~



おかあちゃん(ヒュー様妻)も来てました

右、バズ・ラーマン監督


2/26 ジャパンプレミアでヒュー・ジャックマン&ニコール・キッドマン来日決定
その様子は後日、ゴシップコーナーにて


 
クリックしてね
応援して下さってる方々、ありがとうー
←please click

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (56)   Trackbacks (66)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベンジャミン・バトン-数奇な人... | TOP | フェイクシティ ある男のルール... »

56 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
長い~♪ (ともや)
2009-02-05 01:19:04
こんばんは、migさん♪
感動作ならこの長さでも…と思うけど、冒険活劇でこの長さは…ねぇ。
ともやは最初っから感動作や恋愛映画じゃないと思って観てたんで、そこそこ楽しめましたが、やっぱりあの長さには辟易~♪
牛を港に届けた時点で終わってもよかったよね(笑)。
ニコールとヒューじゃなかったら、きっと耐えられませんでしたわん。
Unknown (あすか)
2009-02-05 06:11:34
あはは、やっぱり駄目だったか~。
私も予告の時点でちょっとこれは駄目っぽいなぁと思ってたんです。
でも、それを覆す作品だといいなぁと密かに思ってはいたんだけれども…、確かに長そう!(笑)
ニコールキッドマン (NANA☆)
2009-02-05 12:33:33
ムーランルージュは好きです
同じ監督ですよね、
予告編は私も引かれませんでしたやっぱりイマイチでしたか~
ブラピのは観ます!
イマイチでしたか~ (くまんちゅう)
2009-02-05 22:54:37
悪役の人が気になってるので
見るつもりではいるですが
今から覚悟しておこうっと
★ともやさん★ (mig)
2009-02-05 23:21:02
こんばんは♪
ともやさんも試写だったのね☆

冒険活劇かぁ、、、、わたしどうもそれもニガテで。
ベタな恋愛ものも苦手だけどネ
風と共に~は女(スカーレット)の強い生き様がすごく感じるから好き。
わたしもヒュー&ニコールだったからまだ良かったな。(じゃなきゃ☆3かも)
★あすかちゃん★ (mig)
2009-02-05 23:22:53
だめだったぁ~
期待してなかったのにそれよりダメだったからなぁ、、、
この二人好きだけどDVDもいらないし(笑)
しかもとにかく長いの~
★NANA☆ちゃん★ (mig)
2009-02-05 23:24:18
そうなのー、バズラーマン作品嫌いじゃないっていうかわたしもムーランルージュは好きなんだけどなぁ。。。
ベンジャミンバトンの方は、感想きかせてね
★くまんちゅうさん★ (mig)
2009-02-05 23:25:39
くまんちゅうさんとこいこうと思ってた矢先だったのでびっくり
悪人役のアノ人に目をつけるとは、さすがコアな
くまんちゅうさん!
期待しないで観てネ♪
観たい作品 (トキノ・SHI・パルク)
2009-02-06 12:34:29
こんにちは~

そうですか、こういう作品なんですかぁ。
しかも長いんだ…
予告は良いところだけ(!?)な場合が多いから、これもその類なんですね。
まあしかし、ニコールとヒューってだけでも、観る価値はあるかなぁ。
オーストラリアが舞台だから、観なくちゃとも思ってるんですが。

ジャパンプレミア、応募してみました。
地方だし、枠が少ないから無理でしょうけど~
★トキノ・SHI・パルクさん★ (mig)
2009-02-07 11:45:37
こんにちは♪

長いんですよ!(笑)
予告すら面白そうって思わなかったんですけど
そう考えるとやっぱり見どころってところがそんなになかったかなぁって。
観られたら、感想お待ちしてますね♪
間違えた、、、 (きらら)
2009-02-08 12:37:05
migちゃん、ゴメンネ
間違えたTBも送ってしまった~。消しておいてください。。。

わはは!
たしかに「風と共に去りぬ」に似ていたような気もするよね~。あちらと比べちゃもうかなうものはないけど、私は長さも感じず楽しめたよん
ワタシが観たときも、後ろの人ずっと泣いている感じだったなぁ~。そこまでじゃないけどね☆
そーいや昨日のベンジャミン~でもずっと泣いている人いたなぁ。。。♪

今日は今からチョコ買いに行ってくるよーん
むむむっ (ゆかりん)
2009-02-08 20:54:33
ベンジャミン~は長くても良かったけれど、つまらないのに長いのは辛いですねぇ。
本来はスルーするタイプの作品なんですが2人が出てるから~と観たかったんですが無理はやめようかな。
予告編からしてイマイチな気がしてた。
★ゆかりんちゃん★ (mig)
2009-02-10 10:43:42
そうなのよ~、
わたしはいまいちだったなぁー
つまんないと覚悟してみたらいいかも?
二人は良かったけど
んー、、、、、
予告篇での想像通り
どうでもいい映画だった
★きらりん★ (mig)
2009-02-10 10:46:49
あ、順番間違えちゃった
ゴメンね!
今からメイクして出かけるので時間なくって慌てちゃった

わたしもたまにやるのでTB間違いは気にしないでね~

監督はあの名作が好きみたいね★
似た感じをオーストラリアで作りたかったのはわかるんだけど。。。

昨日はウィルに会って(みて)きたよ~
あいかわらずなサービス精神♪
こんばんは! (ボー)
2009-02-14 20:04:47
「風と共に去りぬ」がお好きなのですね。
比べちゃうと、やっぱりねえ…。
私は飽きはしませんでしたが、「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマンだから!という点で期待しすぎたかも。
ニコールは見逃せないので、それだけでもOKといえばOKでした。
2部作みたい (ノルウェーまだむ)
2009-02-14 23:38:40
migさん、こんばんわ☆
なんだか2部作を無理やり1つにまとめたような、長いお話でしたね~
もう牛がどーんときて終わりかと思ったら、れれ?まだ続くよーと思っちゃった。
あまり前半と後半のつながりも意味ないし、長くしたことで残念になっちゃったかんじですね。
★ボーさん★ (mig)
2009-02-15 10:41:09
こんにちは♪
試写で観られたんですね!
やっぱりニコールだし?
『風と共に~』と比べちゃダメと思いつつ
すごい好きなんだなーって感じに作ってますよね。
根底にはこの監督いつも愛を描いてると思うケド今回はまったくもって伝わりませんでした
★ノルウェーまだ~むさん★ (mig)
2009-02-15 10:42:58
こんにちは♪
そうなのー、終わったか?って思ったらまだある!
みたいなのが何度かありましたよね。
色んな要素を詰め込みすぎで長くなりすぎなのが失敗ですよね。
これからTBのお返ししかいけなくなるかもですが、、、、
ごめんなさい
こんにちは。 (えい)
2009-02-15 11:35:28
こんにちは。

この映画、一見、実験的な語り口で始まって
いつしかオーソドックスに、
ただただ、お話を物語る作品になっていましたね。
なるほど『オズの魔法使』、
『風と共に去りぬ』の監督でしたね。
納得です。

★えいさん★ (mig)
2009-02-16 21:51:56
こんばんは♪

そうですねぇ~。。。
なんだかこのふたりなのにぜんぜん楽しめませんでしたよ
ビクターフレミングの映画大好きなんです
きっとバズラーマンも好きなんだろうなぁって思いましたヨ
試写会で観ました。 (マイマイ)
2009-02-23 10:54:13
木曜日、試写会が当たったので友達と見てきました。
友達は映画をあまり見る子ではないので、上映時間も長いしどうかな?って思ってたけど、とりあえず楽しんでくれたようでよかったです^^

私はというと・・・ちょっとだけ長さを感じてしまいました^^;
ナラとおじいちゃんの存在がよくわからなくて・・・
不思議な力があるなら最初からやっつけてよ~!って思ってしまいました(苦笑)

お気に入り俳優、デヴィット・ウェンハムが悪役で出てたのですが、悪役もまあまあだったかな!?(笑)
★マイマイちゃん★ (mig)
2009-02-23 12:13:15
観たのね!
ナラとおじいちゃんはわたしは完全に不要だったと思うの~
ニコールが母性にめざめていくっていう事では必要ってことになってるけど
別になくてもいいんじゃないかな。
とにかくつめこみすぎで、長過ぎで
でも見せ場もない映画って感じだったなぁ。
あ、あの人、マイマイちゃんお気に入りなの?!
渋いなー(笑)
こんにちは (たいむ)
2009-02-25 17:00:50
migさん、こんにちは。
ひくいひくい(^^)
ニコールとヒュー様でもやっとこ4っつですか(笑)
私はあのベタさが微笑ましかったです。
監督の思いだけはビンビン感じられましたしw
★たいむさん★ (mig)
2009-02-27 11:17:26
こんにちは♪

えへへ、、、低すぎですよね!(笑)
ニコールもヒュー様も好きだけど
やっぱり内容重視しちゃうんですよねー
どうもダメダメでした、、、、
ニコールはバズの新作だから脚本読まずにOKしたらしいですね
☆3と迷ったくらいで
監督は好きなように作ったって感じですよね
ひらりん的大満足 (ひらりん)
2009-02-28 03:00:06
いやー、さすがバズ・ラーマン監督。
「ムーラン・ルージュ」でひらりんにニコちゃんの良さを開眼させてくれて・・・
今回も、彼女の魅力を、広大なオーストラリアの母国で遺憾なく発揮させてました。
まあ、お話事体は大して深くないけど、
ニコちゃんと、大自然と、アボリジニーの神秘を堪能する作品だったので、
ひらりん的には大満足。
こんなに大絶賛するのは、ひらりんだけのようなきもするけどーーーーー。
観光誘致作品 (にゃむばなな)
2009-02-28 15:55:12
私にはこの映画はオーストラリアの観光誘致作品に思えましたよ。
ですから長さはそんなに感じませんでした。
むしろオーストラリアの魅力を語ろうとすればそれくらい時間掛かるかな?それでも完全にまとめきれていませんけど。という感じはしましたね。
こんにちは♪ (ミチ)
2009-02-28 17:53:36
やっぱり「風と共に去りぬ」を思い出しますよね。
炎上シーンなんてモロ真似っぽかったし。
でも、意外に楽しめましたよ。
ラーマン監督らしい映像のお遊び(?)がもうちょっと入っていてもいいなと思ったのですが・・・。
こんばんわ (maruo)
2009-02-28 19:45:43
オーストラリア版、風と共に去りぬを撮りたかったのは
判りますが詰め込みすぎでしたね。
無駄に長い気がしましたよ、
俳優は良かったんですけどね…
コメントありがとう☆ (rose_chocolat)
2009-02-28 21:46:48
ほぼmigさんと同じ評価です・・・。
ブランジェリーナの2本も同じくらいの時間なのに、
どうしてこれは、十分すぎるほど長さを感じちゃうんでしょうね??
すっごい、不思議です。
つめこむと、ストーリー的に切れてしまうので、話の展開を追う楽しさが無くなっちゃうのかな??
Unknown (えふ)
2009-02-28 22:11:29
わたしも「風と共に去りぬ」は大好きですが、
見てる最中は運よくまったく頭にも浮かびませんでした(苦笑)
migさんのブログで初めて、
そういわれてみれば風と共に~と思い出しました(苦笑)

いろいろと感想はありますが、、、
ヒュー・ジャックマンがかっこよかったので見て良かったです。
★ひらりん★ (mig)
2009-02-28 23:13:00
こんばんは♪

きらりん、それでこそニコールファンですよ~!
鏡ですね
わたしなんて好きなはずなのにいまいちでしたもん。
出てれば満足、それがファンですよね~(笑)
「ムーラン~」は好きなんだけどなー。。。。
★にゃむばななさん★ (mig)
2009-02-28 23:14:55
こんばんは♪

オーストラリアの観光誘致作品かぁ、なるほどそうかもしれないですね☆
そのわりにオーストラリアの魅力が伝わってきませんでした
広大な土地、はわかるんですけど
うーん、お話が面白くないとわたしダメなんですよね、、、
★ミチさん★ (mig)
2009-02-28 23:16:21
こんばんは♪

ミチさんはまあまあ楽しめましたのね
そうそう、ムーランルージュとかロミオ&ジュリエットの方がお遊びあって好きでした、なんか
真面目にやられてもなぁーって思えちゃって
★maruoさん★ (mig)
2009-02-28 23:18:03
こんばんは♪

初日に観られたんですね☆
そうですねー、詰め込みすぎ、、、、
とにかく長いんですよねぇ、、、
もうちょっとテンポよくやってくれたら違ったのかもですね、、、
★rose_chocolatさん★ (mig)
2009-02-28 23:19:40
こんばんは♪

なんだかなぁー、でしたね
この二人なのに、、、
風と共にの意識しすぎな感じもしましたし
名作と比べちゃ悪いけど、もうちょっと見せ場欲しかったです
★えふさん★ (mig)
2009-02-28 23:22:35
こんばんは♪

バズラーマン監督、インタビューでもろ
オーストラリア版「風と共に去りぬ」を撮りたかったってハッキリ言ってるの今日みてやっぱりねぇって納得でした
あらゆるシーンで意識してるなぁって。
わたしもヒュー様は好きだけど

話のつまらなさ>ヒュー様のカッコ良さ
で負けちゃったヒュー様
(笑)
わぁ~ (miyu)
2009-03-01 16:45:54
migさん手厳し~い(/ω\)
まぁ好みにもよるかなぁ~?
あたしは結構全体的に面白く観れてしまったのですが、
確かにキャストの魅力によるところも大きかったかなぁ。
特にワイルドなヒュー様は本当に(人‘∀‘)☆ちゅてき!
なもんで、いつまでもそんな彼を眺めていた~い
と思いながら観てたもんで、長さも気になりませんでした(;・∀・)
見てきたよー (くまんちゅう)
2009-03-02 19:20:07
確かに長かったけど、覚悟して行ったのが良かったのか、違う見所を楽しんでました~
まあ詰め込みすぎって感じはありますね。
漫画みたいな悪役がウケました~
思わず笑っちゃいそうになりながら
それほど飽きることなく見られました
★miyuさん★ (mig)
2009-03-02 23:50:16
こんばんは♪

あはは、厳しいでしょ
ほんとは3でもいいかなーってくらいつまんなかったんだけどこれでもヒー様にちょこっとオマケ。(笑)
ほんとにわたしこれでもヒュー様好きなのかなー
★くまんちゅうさん★ (mig)
2009-03-02 23:52:48
くまんちゅうさんとこであ、観たのね!って思ったんだけど
思ったより評価良かったんでコメしなかったの(笑)
というより最近もうほんと時間なくって
なかなかくまんちゅうさんのとこにもコメしにいけず、ゴメンナサイ
パリスもゴシップもオッサンもやりたいんだけど(泣)

こちらにも^^ (ひろちゃん)
2009-03-03 18:21:06
TBありがとうございました^^
migさん、☆すくなっ!(笑)評価ひくっ!(笑)
私はそこまでつまらなくはなかったのですが(笑)
ただ、時間は長かったなあσ(^◇^;)

ニコールとヒュー様でなかったら、確かに
観なかったかも(^^ゞ
migさんの怒り?(笑)さえ、感じる感想
ですね(笑)
オーストラリアPR映画? (とく)
2009-03-03 22:12:20
YAHOO!レビューで、この映画について、書かれてます。
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id331364/s0/p1/or1/ds2
おおまかに言えば、史実では、第二次世界大戦、日本軍はオーストラリアを、戦闘機で、爆撃はしたが、
上陸して、日本人が、アボリジニを、大量虐殺をすると、いう全く史実には、ないシーンが、あるらしいです。
事実は、オーストラリア人が、アボリジニを大量殺人という、酷いことを、まるで、その行為を日本人が、やらかしたことかのように。
レビューを、読んでただけで、かなり不快な反日映画だということは明白です。migさんは、どう、お感じになりましたか?

ただ、migさんのblogの、コメント欄に、誰一人、このことについて触れてないので、書かせてもらいました。失礼します。
★ひろちゃん★ (mig)
2009-03-04 12:06:55
こちらにもありがとうございます♪

あはは、そうなんですよ~
期待もしてなかったんですが思った以上につまらなくてがっかりでした、、、
ヒュー様はカッコ良かったけど、それだけじゃダメです(笑)
もうちょっと時間短かったらましだったかも、、、
★とくさん★ (mig)
2009-03-04 12:09:42
あ、そうそう!
わたしね、記事には書かなかったけどあの日本人の描かれ方酷いなって思ったんですよ~、そういえば
あんまりレビューに書いてるひともいなかったような?
かなり不快な反日映画。
そう、わたしも全くそう感じましたよ。
あんだけ日本ひどく描いててよくこんな主演ふたり盛大にお迎えしてるなーって感じですよね~
売り込むためには仕方ないか、、、、
そう、その部分も含めてわたしこの映画気に入らなかったです
思い出させてくれてありがとです
ヒュー! (オリーブリー)
2009-03-04 17:08:27
migさん、こんにちは。

お二人して来日し、特にヒューは色んな番組に出て好感持てましたが、日本兵はちょっと史実と違うんじゃ??となりましたよね。

アカデミーからヒュー萌え宣言した私には、彼の魅力たっぷりでストーリーはさておき楽しめましたが(苦笑)

それにしても、ヒューのようなダーリンを持つかあちゃんは羨ましい(汗)ほぼ、同年代です(滝汗)
こんばんは (ノラネコ)
2009-03-04 23:38:22
「風と共に去りぬ」ですよね。
劇中何度も同じビクター・フレミング監督の「オズの魔法使い」が引用されますが、これ「風と共に去りぬ」を使ったら、あまりにも露骨過ぎるからだろうなと思って観ていました。
ただ、サラのロマンス以外にも少々詰め込み過ぎでしたね。
私はいっそのこと、アボリジニの少年をストーリーテラーにして、彼の語る物語という設定で描いたらよかったのにと思います。
★オリーブリーさん★ (mig)
2009-03-06 12:52:50
こんにちは♪

ちょっとねぇー、な感じでしたよね。
日本のあの描かれ方、ひどいもんです

ヒュー様に萌えちゃいましたか♪
わたしも長いことファンです★
(でもこの映画は、、、、
★ノラネコさん★ (mig)
2009-03-06 12:54:45
こんにちは♪

ですよねー!(笑)
そうそう、おっしゃる通りです。
なんだかなぁーでしたよ。
というか、ワーストにいれたいくらいなんですが、、、、いやラジーかも

でもノラネコさんは思ったほど点数低くなかったですね★
ウリヴァリン・ジ・オージー (SGA屋・マーチ・オブ・コアラ)
2009-03-16 09:17:42
migさん、おはようございます♪ 

migさんの評価、あんまし高くなかったと記憶してたんだけど、見事に4以下でしたか~(笑)
日本人が悪者なせいか、こちらでの成績も五位発進だったそうです・・・ 

リンク先見ましたが、オーストラリア映画ってけっこうあるんですね。『マッドマックス』は知ってたけど、『ベイブ』は普通にハリウッド映画だと思ってたなあ

migさんは『風とともに去りぬ』もちゃんと見てるんですねー。あれも相当長い映画だと聞いているけど、長さを感じさせない出来になっているのかな?

余談ですが、『ラースとその恋人』『ダイアナの選択』はこちらでも上映が決まったので、楽しみにしています
『リリィ、はちみつ色の秘密』も見たくなってきたな。ロード・ムービーっていいですよね
★伍一コアラ・オブ・マーチ様★ (mig)
2009-03-16 14:05:55
いつもオリジナルヴァージョンでありがとです
今回はコアラのマーチでくるとは♪

伍一さんは楽しめたのにこのレビュー辛口?で心苦しいわ(笑)
ほんと「ベイブ」がオーストラリアだなんて誰もわかりませんよ~★

風と共に去りぬは ロマンスがいいんじゃないんです!
あの強気な女が愛を失ってもたくましく生きる姿に激しく共感で。。。
女の波乱万丈な一生を描いててほんとに面白いですよ!感動もするし、、、、
長さ感じさせないです!もう何度観たことか。
この映画と少林サッカーの2本は。(笑)

伍一さんにも是非観てほしいなぁ~

やったー♪伍一さんの感想を楽しみにしてますね。
ちなみにロードムービーではないけどね★

あ、そうだわたしの名前、伍一さんの答えハズレ。
いつかお答えするね

今週はあれ、観てきますよ!!伍一さんお誘いしたいけど、、、、、
Unknown (りお)
2009-03-16 23:38:22
本当につまらなかったね…
わたしも何度もあくびしちゃった(笑)
ヒューさまは素敵だったけど、それだけじゃね~
★りおさん★ (mig)
2009-03-18 12:03:07
ほんとだよぅ!
りおさんはさすがキビシいから低いと思ってたけど、見事に低くて笑っちゃった
ヒュー様、オーストラリアの仕事だしバズラーマンだしニコール相手だし断れないよねーさすがにこれは(笑)
Unknown (M)
2009-09-09 21:09:58
migさん、こんばんは。

お久しぶりでございます。
(いつもの事ですが古い映画にごめんなさい)

詰め込みすぎで何がいいたいのかはよくわからないのですが、監督の心意気みたいなものだけは感じました。
私はナラとキング・ジョージはけっこう気にいりました。 二コールとヒューはとても魅力的でしたが、それでもナラ役の子役をはずしたら、もっとこけてたかもしれないなぁと・・・。
★Mさん★ (mig)
2009-09-11 09:15:50
おはようございます♪

古い記事でも全然OKですよ
ありがとうございます。

そうですね、監督のオーストラリアへの愛と気合いは十分でした(笑)
そうですね、わたしは好みじゃなかったけど
ナラのシーンがなかったら
単なる「風と共に去りぬ」のパクリ
いやリメイクになっちゃってたかも、、、。
Unknown (miminga)
2011-06-01 23:38:58
こんにちわ。いつも覗かせていもらってマース。

ふと思ったのが、この作品は「out of africa」のパクリっぽい感じもあるなあって。

大好きなメリルストリープが出てるので、あんまり重ねたくないのですが。笑

よかったらご覧になって検証してみてください~
mimingaさん☆ (mig)
2011-06-02 09:46:58
いつも見て下さってありがとうございます☆

わたしもメリルは大好きなんですが
「out of africa」は観てなかったかもしれません、昔古い映画はみまくったので最近はもう新しいのしか観てるヒマありませんけど機会あったら観てみますね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

66 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『オーストラリア』(2008年)を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
『風と共に去りぬ』を思い出しながら、『タイタニック』以来の興奮を味わって、『オズの魔法使い』をもう一度観よう、という気分に浸る。 ...
オーストラリア (ともやの映画大好きっ!)
(原題:AUSTRALIA) 【2008年・オーストラリア】試写で鑑賞(★★★☆☆) 「ロミオ&ジュリエット」「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督が、故郷であるオーストラリアの歴史を壮大なスケールで映画化。 ひとりの英国貴族の女性がさまざまな人々と出会いながら...
【試写会プレゼント】『オーストラリア』(ニコール・キッドマン&ヒュー・ジャックマン共演作!) (映画+小説+家族=MyLife)
【映画名】  オーストラリア
オーストラリア (2008) (カタヤマ 無断でブログ)
めずらしく試写会に当たりまして 土曜の昼なのに珍しく仕事も ポコッと空いたので ”虎ノ穴”もとい”虎の門”まで行って来ました。 内容もチェックしてませんで どんな話しかと思ったら・・・ 第二次世界大戦直後にオーストラリアを訪れたイギリス人貴族レ...
映画 『オーストラリア』 (きららのきらきら生活)
   ☆オーストラリア☆映画『ロミオ&ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、壮大なオーストラリアの自然を舞台に描く運命的な愛の物語。主演は『ムーラン・ルージュ』に引き続きバズ監督作品参加となるニコール・キッドマンと映画『X-MEN:...
「 オーストラリア/AUSTRALIA   (2009) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【オーストラリア】2009年2月28日(土)公開 監督・原案・脚本・製作 : バズ・ラー...
オーストラリア (メルブロ)
オーストラリア 242本目 2009-3 上映時間 2時間45分 監督 バズ・ラーマン 出演 ニコール・キッドマン ヒュー・ジャックマン ブランドン・ウォルターズ デヴィッド・ウェンハム ジャック・トンプソン デヴィッド・ガルピリル 会場 よみうりホール(試写会 ...
オーストラリア (りらの感想日記♪)
【オーストラリア】 ★★★★ 試写会(5)ストーリー 第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリア。夫を訪ねて、ロンドンからはるばるやってきた
「オーストラリア」 (或る日の出来事)
監督バズ・ラーマン、主演ニコール・キッドマンという、私が大好きな「ムーラン・ルージュ」コンビの映画なので楽しみにしていたが、いまひ...
「オーストラリア」試写会 大自然の迫力! (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
試写会絶ちが無事解禁になって、第一弾は、ヒュージャックマンとニコールキッドマン 美しすぎる美男美女カップルの恋愛映画 「オーストラリア」 西部劇的恋愛もの?と、実はさほど興味を示さずに行ったのだけど・・・・・ なんの、なんの、雄大すぎるほどの大自然の迫...
『オーストラリア』 (ラムの大通り)
(原題:Australia) ----これ観るの、いつもに比べてちょっと遅いよ。 もう公開まで2週間しかないじゃニャい。 「いやあ、3時間近い映画は どうしても腰が引けてしまうんだよね」 ----でも監督がバズ・ラーマンだし、 その凝った映像を観ているだけで楽しんじゃニャいの...
「オーストラリア」を観る (紫@試写会マニア)
2月の興業作品は、ハリウッド・スターの興行収益や人気番付のランキング上位ばかりが出てくる作品が目白押し!(こっちは財布が寒くなる訳だ) ウィル、アンジーときて、今度の試写はキッドマン&ジャックマンのラブ・ロマンス「オーストラリア」。オーストラリア国家が...
オーストラリア (まぁず、なにやってんだか)
昨日、ウェルシティ東京で「オーストラリア」の試写会を観てきました。 2時間45分の大作です。まさかこんなに長いとは思っていなかったので、会場で上映時間を言われてどよめきました~。 名作『風と共に去りぬ』を意識してる?って感じの強い女性を描いています...
オーストラリア (シネマ大好き)
昨夜、試写会で「オーストラリア」を観た。 帰ってこない夫を追ってはるばるロンドンからオーストラリアにやってきたサラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)だが、夫は殺され、牛は畜産業界のボスにくすねられていて、自分に残されたものを守るために、1500頭の...
オーストラリア(試写会)AUSTRALIA (まてぃの徒然映画+雑記)
「ベンジャミン・バトン」に引き続き、2時間45分という長大作。こう長いのが続くと、やっぱりきっちり90分台で終わらせてくる香港映画は素晴らしいね。オーストラリアのダーウィンと北部地域を舞台にして、アボリジニの問題や太平洋戦争を織り交ぜながらストーリーは進ん....
『オーストラリア』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女を迎えたのは無骨なカウボーイ、ドローヴァー。夫の領地に着いたサラは、夫が何者かに殺されたことを知る。彼女に残されたのは、広大...
「オーストラリア」みた。 (たいむのひとりごと)
コピーどおりの壮大でワイルドなスペクタクル作品。燃え上がるロマンスに友情や家族愛、先住民(アボリジニ)によるスピリチュアルな雰囲気までをも漂わせた、何から何までがギュギュギューっと詰め込まれたドラマチ
映画「オーストラリア」 (Andre's Review)
Australia アメリカ オーストラリア 2008 2009年2月公開 試写会鑑賞 先日、試写会に当選して観てきました。実はバズ・ラーマンは結構ファンです。 時は第2次大戦前夜。イギリス貴族夫人のサラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は1年間帰ってきていない夫...
☆「オーストラリア」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは今年初の試写会に行ってまいりました。 最近とんと試写会に当たってなかったので、 いろんなところに送りまくったら、二枚も当たっちゃって、姉貴夫婦に一枚進呈。 やっぱり、ニコール・キッドマン主演作は気合が入るのね、ひらりんは。
「オーストラリア」美男美女共演!でも…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[オーストラリア] ブログ村キーワード  ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン共演。監督・バズ・ラーマン『オーストラリア人のオーストラリア人によるオーストラリア人のための映画??』「オーストラリア」(20世紀FOX)。美男美女の共演、そして名監督の演出なん...
「オーストラリア」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「オーストラリア」公式サイトポスターでラブラブの二人を見つつ「だ、大丈夫かなあ私・・」とそもそも不安たっぷり・・ ラブストーリーあんまり得意じゃなくてや、やっぱりこの二人の恋愛には全然興味持てませんでした(すみません以下辛口感想...
「オーストラリア」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
日記に、「オーストラリア」が観たい、って書いたら、試写状を譲ってくれた有り難い人がいまして、今回観る事が出来ました。上映時間は2時間45分、「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」に引き続き、長尺の映画、事前にリタを投下して、絶対眠らないぞ!と、気合いを込...
オーストラリア (Akira's VOICE)
依り所が弱くて,心に響かない・・・。  
劇場鑑賞「オーストラリア」 (日々“是”精進!)
「オーストラリア」を劇場鑑賞してきました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマン。はるばる異国の地に降り立った英国貴婦人が...
『オーストラリア』 (めでぃあみっくす)
ハリウッドで活躍するオーストラリア人監督が同じくハリウッドで活躍するオーストラリア人俳優2人を主演に迎えて送る、文字通り壮大なラブロマンス作品!というよりはタイトル通り「これがオーストラリアだ!」というアイデンティティを大いに感じる映画でした。 ラブロ...
オーストラリア (そーれりぽーと)
もう映画は撮らないと言ってたはずのバズ・ラーマンが、『ムーラン・ルージュ』以来久々にメガホンを取った『オーストラリア』を観てきました。 ★★ 大好きなんですよ、赤いカーテン三部作は。 でもこれは…。 『アレキサンダー』がポシャッた代わりに、オーストラリア...
映画 【オーストラリア】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「オーストラリア」 『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、再び二コール・キッドマンと組んだ壮大な物語。 おはなし:第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリア。英国貴族サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、死んだ夫が残した広大な土...
『オーストラリア』 (2008)/オーストラリア (NiceOne!!)
原題:AUSTRALIA監督・原案・脚本:バズ・ラーマン出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェナム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン試写会場 : ニッショーホール公式サイトはこちら。<Story>第二次世界大戦前夜のオース....
オーストラリア (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。バズ・ラーマン監督、ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン。舞台のダーウィンには20年近く前行ったことがある。はっきり言って小さな田舎の港町。乾季で日差しはきついが日陰は...
オーストラリア (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
オーストラリア出身の監督・俳優・主要スタッフが、国の威信をかけて作った大河ロマンだ。第二次大戦前夜のオーストラリアにやってきた英国貴族サラと野性的なカウボーイ・ドローヴァーの恋を軸に、悪徳牧場主との対決、1500頭の牛を連れての大陸横断、夫殺しの謎、日...
オーストラリア (LOVE Cinemas 調布)
2月のトリを飾るのは『オーストラリア』。主演は昨年『ライラの冒険/黄金の羅針盤』がヒットしたニコール・キッドマン。共演は先日のアカデミー賞で司会を務めたヒュー・ジャックマンです。更に監督は『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン。実は3人ともオーストラリ...
オーストラリア (Peaceナ、ワタシ!)
- 本当の自分に出会える場所-。 ニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンの話題作『オーストラリア』の試写会へ行ってきました。監督は『ロミオ+ジュリエット』『ムーランルージュ』のバズ・ラーマン! 上映時間が2時間45分という長丁場だったんですが、内容が2部...
オーストラリア/Australia (いい加減社長の映画日記)
映画サービスデーとはしご観キャンペーンということで、2本観ようと思ったんだけど。 「UCとしまえん」で新規公開されるのは、「オーストラリア」だけ^^; スケールの大きさは感じるけど、分野的には、ちょっと苦手な感じで、不安を抱えながらも鑑賞。 「UCとしまえ...
オーストラリア (勝手に映画評)
第二次世界大戦直前のオーストラリアが舞台。オーストラリアの所有牧場に来たイギリス貴族婦人が、数々の困難に直面しながらも牧場の運営をする事になると言う話。まぁ、そう言う説明だとイマイチ的な雰囲気も感じますが、オーストラリアの雄大な自然と人間の戦いを描いた...
[映画『オーストラリア』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆3時間近い上映時間なので、もし内容が文芸大作っぽかったら、かったるいなあなどと思っていたのだが、ライトでご都合主義的な、粗も多いが、とても楽しめる娯楽大作なのでホッと安心した。  だからと言って、『紀元前一万年』ほどの凄まじい逸脱はないよ^^;  オ...
オーストラリア (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『前に進むための涙もある』  コチラの「オーストラリア」は、あたしの大好きな「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督と二コール・キッドマンが再びコンビを組み、2人の祖国である「オーストラリア」を舞台に繰り広げられる2/28公開のエピック・アドベンチャ...
オーストラリア (映画通信みるみる)
ようこそ、オーストラリアへ! 雄大なオーストラリアの自然に抱かれ、繰り広げられる壮大なロマンス! ってわけじゃないですよ。 どち...
オーストラリア (悠雅的生活)
虹の彼方に・・・
オーストラリア (Recommend Movies)
『オーストラリア』 キッドマン×ジャックマン 大自然のオーストラリアを舞台に描かれる愛の物語 【出演】 ニコール・キッドマン、ヒュ...
オーストラリア (近未来二番館)
オーストラリア - goo 映画 2月28日 映画館にて鑑賞 人生はいきなり今日からは始まらない。 先日義母と「ベンジャミン・バトン・・」を観に...
映画「オーストラリア」(2008年、米) (富久亭日乗)
     ★★★☆☆  監督のBaz Luhrmann 、 主演のNicole Kidman、Hugh Jackman と Australia出身の3人が手掛けた 愛と冒険のロマン。         第2次世界大戦直前の1939年、 英国貴族の夫人Sarah Ashley (Nicole Kidman)が 夫の住む北オーストラリアを訪れ...
オーストラリア (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
第二次世界大戦前のオーストラリア。広大な原野を舞台に、強く生きる女性の姿を描く「オーストラリア」。二コール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン主演の一大叙事詩だ。 ヒロインの愛と冒険にのみこまれ、大興奮!!__ハラハラ・ドキドキが連続し、うっとり陶酔...
映画「オーストラリア」 (FREE TIME)
3月1日のファーストデーに映画「オーストラリア」を鑑賞。
「オーストラリア」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「オーストラリア」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン、デヴィッド・ガルピリル、ブランドン・ウォルターズ、他 *監督...
オーストラリア (心のままに映画の風景)
イギリスの貴婦人レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、 オーストラリアの領地に旅立ったまま1年も帰ってこない夫に会う...
オーストラリア (映画を見に行きましょう!! )
            オーストラリア第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女を迎えたのは無骨なカウボーイ、ドローヴァー。夫の領地に着いたサラは、夫が何者かに殺され...
オーストラリア (Addict allcinema 映画レビュー)
遥かなる異国の地オーストラリアが、一人のイギリス貴族の女性の運命を変える  
*オーストラリア* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女を迎えたのは無骨なカウボーイ、ドローヴァー。夫の領地に着いたサラは、夫が何者かに殺されたこ...
オーストラリア ニコール・キッドマンら (ネット社会、その光と影を追うー)
映画オーストラリアに関する予備知識が一切なかったか
「オーストラリア」 (てんびんthe LIFE)
「オーストラリア」試写会 よみうりホールで鑑賞 美しい女と美しい男。 広がる大地。 家族のように暖かく包み込む人々。 妬み、裏切り、争い。 たくさんの要素を詰め込んでこれでもか!という押しつけもさほど感じず、3時間弱苦痛も感じず鑑賞することができまし...
虹の彼方に~『オーストラリア』 (真紅のthinkingdays)
 AUSTRALIA  1939年9月。英国貴族のサラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、オースト ラリアの領地に出向いたまま帰らぬ夫に会う...
オーストラリア (★YUKAの気ままな有閑日記★)
アカデミー賞で司会をしたヒューを見て密かに萌えた私としては、何が何でも鑑賞しなければならないではないか―【story】第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは殺された夫が残した広大な...
「オーストラリア」 物語る本能 (はらやんの映画徒然草)
「物語は人と人を繋ぐもの」 作品中でアボリジニの少年ナニが独白で語る言葉です。
「オーストラリア」 第5位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 369オープニング土日興収: 1.3億円アカデミー賞司会と言
オーストラリア (Yuhiの読書日記+α)
第二次世界大戦前夜のオーストラリアを舞台にした愛のドラマ。監督はバズ・ラーマン、キャストは ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン他。 <あらすじ> 第二次世界大戦前夜のオーストラリ...
南の虹のドロシー バズ・ラーマン 『オーストラリア』 (SGA屋物語紹介所)
これはまだ、『X-MEN』が結成されるはるか以前の物語である・・・・ ヒロインは
オーストラリア (とりあえず、コメントです)
『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督の最新作です。 オーストラリアの大地を舞台に愛と成長の物語を幻想的に描いていました。 第二次世界大戦が始まる頃のこと。一人の貴婦人サラ(ニコール・キッドマン)がイギリスからやってきた。 オーストラリアに魅せられ居...
オーストラリア (青いblog)
あらすじ。 第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女
オーストラリア (こんな映画見ました~)
『オーストラリア』 ---AUSTRALIA--- 2008年(オーストラリア) 監督:バズ・ラーマン 出演: ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム 、ブランドン・ウォルターズ イギリスの貴婦人レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマ...
オーストラリア (映画三昧、活字中毒)
■ 池袋シネマサンシャインにて鑑賞オーストラリア/AUSTRALIA 2008年/オーストラリア/165分 監督: バズ・ラーマン 出演: ニコール・キッド...
オーストラリア◇AUSTRALIA (銅版画制作の日々)
オーストラリア♪ついに観た!  ニコール・キッドマンの美しさとヒュー・ジャックマンの野生的な男の魅力がなんともいえませんね。そしてローケションも素晴らしいです!豊かで広大な自然のオーストラリアを舞台に、繰り広げられる二人のラブロマンス。何でもオースト...
オーストラリア (ケントのたそがれ劇場)
★★★  オーストラリアの監督の、オーストラリア出身のハリウッドスターによる、オーストラリアのための歴史スペクタル風ラブロマンス映画とでも言っておこうか。主演はニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンである。 1940年代を背景として、美形の男女二人...
『オーストラリア』 (きぶんしだい)
ニコール・キッドマン&ヒュー・ジャックマン主演映画『オーストラリア』をアシアナ航空機内で鑑賞 ●あらすじ● 第二次世界大戦を目前のオーストラリア。 イギリス人のサラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、死んだ夫が残した広大な土地と1,500頭の牛を相続し...
「オーストラリア」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
これぞオーストラリアという風景は見応えありました
オーストラリア (M's daily life)
「オーストラリア」 原題: AUSTRALIA  (2008年 豪・米 166分) 監督: バズ・ラーマン 出演: ニコール・キッドマン、ヒュー・...
mini review 09409「オーストラリア」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
映画『ロミオ&ジュリエット』『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、壮大なオーストラリアの自然を舞台に描く運命的な愛の物語。主演は『ムーラン・ルージュ』に引き続きバズ監督作品参加となるニコール・キッドマンと映画『X-MEN:ファイナル ディシジョン』の...