おばさんFPのひとりごと

保険のこと、住宅のこと、税金のことおよび趣味のことなど徒然なるままに書いてます。

花のおもてなし南楽

2009-06-03 12:10:16 | お出かけ・グルメ
先週の金曜日に宿泊した宿は南伊豆下賀茂温泉にある 花のおもてなし 南楽 という旅館でした。
先日もご紹介した「ジャスト伊豆」というツアーで「伊豆急下田」下車のコースはいくつかあったのですが第一希望の宿はすでに埋まっており第二希望となったり、ツアー料金が格別にお安いということもあり少し不安はあったのですが到着するなりその不安は吹き飛びました。

懐かしい感じの趣のある古民家風の入口を入ると囲炉裏端で一休み、館内の説明を受けました。


こじんまりしたロビーに案内されお抹茶のサービスを受けます。もちろん美味しいお菓子付き。

館内には風情のある和風の調度品が並べられていて博物館にでも行ったよう。
観てまわるだけでも楽しいですよ。


伊豆名物の「つるし雛」などもあり


館内はどこを歩いても和風のおもてなしが配慮されていて気持ちいいです。


お部屋は「野の花亭」という「数寄屋造り次の間付き」のお部屋
10畳の主客室に6畳の次の間があり、更に2畳の応接間ありと広々としていました。

夕食前に一風呂。
こちらのお宿は露天風呂付きの大浴場2箇所のほかに家族風呂も数多く、全部で25箇所ものお風呂があります。
家族風呂といえども露天付きでどのお風呂も素敵でした。
もっと早く宿にチェックインしたらより多くのお風呂が楽しめたのに、とちょっと後悔です。

さて、今回こちらの宿に決定したのには食事が「部屋食」という決め手がありました。

前菜、お造り、蒸し物などと並べられるお食事は想像以上のもので、特に金目鯛のしゃぶしゃぶは初めて頂きましたが大変美味でした。

「お腹いっぱいで苦しい~」という友人の悲鳴を聞いた仲居さんが「ではデザートは9時頃お持ちしますね」と気遣いをくれたのも嬉しかった~

更に夕食後、8時半からは土間で「餅つき」が行われあんこ餅やきなこ餅のふるまいまであります。

「お部屋にお持ち帰りになってゆっくりお召し上がり下さい」との仲居さんのお言葉に従い、夜のデザートは盛りだくさん。
「もう食べられない~」という嬉しい悲鳴をあげた三人でした。

翌朝もまた「これでもか?」というほどのおもてなしがありました。

昨夜はお餅つきで賑わった囲炉裏で「すいとん」のふるまい。
朝飯前のすいとんがこれまたおいしかった~

更に茶屋ではおかみさんが朝のお茶を淹れてくれました。

至れり尽くせりのおもてなしに大満足。

それでも朝食はしっかりと頂き


食事もおもてなしも大満足の宿でした。
下賀茂温泉にお出かけの際には是非ご利用下さい。
お勧め。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハワイアンリボンレイ作品展 | トップ | あいあい岬と下田観光 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む