Sabotenboy's *sigh*
今年は本業を変えたいなぁ...^^;




(基板アンテナのパターンが異なるのはご愛嬌^^;、「技」マークが無いのは気のせい?^^;) 言わずと知れたESP-8266、技適付モジュールも出て開発ベースボードも作りいじってたのは暫らく前ATコマンド、Arduino IDE、NodeMCU等々を試し、色々液晶モジュールにつないだり、漢字ROMをつないだり ところで元々NodeMCUの出来合い開発ボードなdev-kit 1.0(NodeMCU . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




テキストにpseudo codeによる各vmコマンドの動作が書かれていたので、それをHack機械語に訳す...return以外は終了^^; Python2.7でコーディングを進めてきたが、os.pathの機能で躓いているvm2hack変換を行う際はコマンドラインから  python vm2hack.py .¥Test¥Test.vm とか相対パスで変換対象を指定していたが、最終的な仕様では引 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




TD4をVerilogで合成しているココで、TD4を構成する各ロジックのコードと一緒に74181のコードもあったのでどの程度で合成できるかやってみたif... とかでなく、データシートのロジックをそのままコーディングしている^^ LEはともかくピンがすぐに足りなくなりそう...(22pin/76pin) 570LEでどの程度のものが作れるかの目安に... . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




少しはまりました^^;セグメントのうち、tempとpointerはアセンブラでデフォルト設定が無かったので、@TEMP とか @POINTER とか勝手にしてたらみんな16番地以降に配置される変数扱いになってたし(アセンブラの仕様を勝手に妄想していた...) argumentやらlocal用に書いたコードのコピペでは動かないと...(というかよりシンプルに書けます) なんやかんやでdebugは . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




segmentの初期設定で悩みました^^;SP/LCL/ARG/THIS/THAT等々SPについては、メモリの割り当て一覧から256と分かっていましたが、heapの中に割り当てるTHISとかTHATは...はて? 算術命令のvm-->asmをするときに、気を利かしてasmの冒頭にSPを初期化するコードを入れていました(RAM[0]=256、みたいな) 実はテストスクリプトでこれらのセグメントの . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




手軽だったので追加購入、以前購入したsellerはなぜか倍近くに値上げ?結局、前回購入価格と同じで他のsellerから購入、約1週間で届きました^^/ さっそくQuartusでデバイスを自動認識させ、EPM570なことを確認(リマーキングを疑う^^;)問題無し この価格なら手軽に使い捨て(捨てないですが特定用途専用にする意味)出来ますEPM240だと少し寂しい感じが(cpldp-8は240に実 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Courseraの後半の講義はまだ予定も発表がありませんが(2016 SpringとだけN2Tサイトに記載が)、サポートソフト等は揃っているので、講義ビデオが無くても何とかなるだろうと第7章へ突入(あと書籍のドラフトの様なpdfも入手したし^^) VMといっても限られた数の中間言語をHack用の機械語に翻訳するだけの比較的簡単なお仕事...のはずが^^; 条件分岐などは自動でユニークなラベルを . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




後期のセッションを先取りして、7章のvmにかかっていますが、テキストがN2Tサイトに上がってません^ ^; まぁ、日本のコノザマでも買えないことはないのですが、イスラエルな本家な大学のコースマテリアルに7章以降のpdfが付いてました http://www.cs.huji.ac.il/●●●●●●/●●●●/●●●●●●●●/book.html 興味のある人は覗いてみたらいいかも、ただtopから . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昼頃までに1 passなアセンブラ(シンボル無し)は書き終わり、テストまで完了相当分量(28K+行)のあるPongのシンボル無しソースを提供されているアセンブラで、自家製アセンブラの吐いたバイナリと比較完全一致を確認^^ その後、外出して帰宅後2 passに取り掛かり、方針は立っていたので(講義でも説明されているし)すんなり完了 今回はPython 2.7でコーディング、2 pass版は初回ル . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




プレゼンして、外人のアテンドして、最後はベルギービール 兎に角今日はおしまい... . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




手を付けましたが本業多忙で進まず、シンボルテーブル無しの1 pass assemblerは頭の中では楽勝ですが、とにかくコーディングしないと... 2 passのラベルが使えるバージョンも、各パスの処理概要がテキストに書かれているので問題無いかと^^ 出来ればやっつけでも良いから1 passは今晩お終いにしたい...と思っているのですが、Pythonでコーディングしてると、「もっといい書き方が . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Hack Computer、ハードウェアが完成(といってもHDLですが)しました! Memoryはさくっと出来たものの、CPUで少し(?^^;)はまりました具体的には、 - コントロールロジックを組み立てるときに、AndとOrを間違えてた- 大文字と小文字の打ち間違え- Cコマンドのdestination bitの順番を間違えてた(上位ビットからADMなのにAMDに^^;)- 詳細なテストスク . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Mult.asm と Fill.asmを終えました^^; Mult.asmは最初、結果を格納するR2を初期化していなかったので、テストスクリプトで連続テストをすると、前のテストの結果がR2に残っていてはまりました初期化重要、R0とR1はテストしなくて良いとあったので油断してました Fill.asmはSCREENの頭から-1で埋めていく方式、simulatorでアニメーションを切ってFastにす . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




毎日、一週間分ずつ進めています日中、本(前半の章はpdfでサポートページからDL可)を下読みしているので、講義動画を見ると大体見返さないでもいけてます^^ 今日、追加で書いたHDLは  Bit Register RAM8 RAM64 RAM512 RAM4K RAM16K PC このテキスト、日本語訳も出ていますが実習しないとあまり意味無いです^^;HDLを書く課題は解答が載っている訳でも無 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




仕様がSimpleなせいか、ほんの2日でALUのHDLがテスト(付属ソフト用のテストスクリプトがある)を通りましたここまでに、  (NANDは最初からあるという前提で、) NOT AND OR XOR MUX DMUX NOT16 AND16 OR16 MUX16 OR8WAY MUX4WAY16 MUX8WAY16 DMUX4WAY DMUX8WAY  HALFADDER FULLADDRE . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ