須玉日記

母と子、たまに父による写真日記。

モミジ讃歌

2017-04-27 10:25:39 | 樹木
2017年4月27日 <母>

モミジもこの季節の楽しみの一つ。
モミジは芽吹きの頃、紅葉の頃どちらも良いですね。


4月10日、そろそろかなと思い下見のつもりで行ったら、
なんと最盛期でした。

この柔らかそうな葉っぱも、今はもう色濃くなっているでしょう。






種類や、植わっている場所にもよりますが、
花が開いているのが結構あり、
もう少し早く来れば良かった、、、。













これは違う種類ですね。
開きたてで良い感じです。






桜とのコラボも好きなのですが、毎年来ていても
両方の咲く時期がずれたり、枝が成長していたり、
なかなか思うように行きません。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「みんなの原っぱ」にて

2017-04-26 10:25:13 | 公園・庭園・美術館・水族館
2017年4月26日 <母>

4月8日の昭和記念公園は小雨もぱらつく曇天で、
帰宅後見た写真は冴えない写真ばかりでした。

それで、これでいっそ遊んでみようと思いたちました。
彩度を思いっきり上げたのです。
すると、イラストと写真の中間の様な物ができました。

この広い広場に写る人が一人というのも珍しい。






奥の桜の方には花見客がたくさんいるけれど、
この木の所はたった二人のもの。






やがて親子が来て、サッカーを始めた。






そしてついに、花見客がこの木を取り囲むようになりました。

このケヤキは、この広場のシンボルツリーです。
やがてたくさんの葉が出て、涼しい木陰を作ってくれます。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

身延山雨情 2

2017-04-25 08:38:45 | 樹木
2017年4月25日 <母>

書と桜のコラボ風に。






コケの生えた古木に咲く花。
相性抜群!






満開の桜の下にいる幸せ。






ゆうらゆうら、桜は揺れる。
止まれ止まれ、風よ止まれ。

待ちきれない時もある。






霧の去来する後ろの山、霧は濃く薄く。
見ている一瞬で姿を変える。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

身延山雨情

2017-04-24 16:11:30 | 樹木
2017年4月24日 <母>

桜と言えば身延山と言う程関東近郊では人気の場所。

深夜に出て、到着すると予報通り雨。
雨に濡れた瓦の屋根が美しい。






桜はほぼ満開。






バックの山には期待の霧も出て。






枝垂れは美しいけど枝が気になりぼかしてしまう。






美しすぎる桜の構図は難しくて、、、
四苦八苦しました。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒメマルカツオブシムシ

2017-04-23 21:43:34 | 動物・昆虫・鳥
2017年4月23日 <父>

コデマリの花が咲き始めると気になるのがこの虫です。
カブトムシと同じ甲虫の仲間で、大きさは3mmほど。
烏山川緑道沿いにコデマリがたくさん咲いていました。
早速、捜索開始。この写真にヒメマルカツオブシムシが2匹写っています。





拡大します。これならわかりますね。





別の花にもいました。逆立ちになって花粉を食べています。





顕微鏡モードで超接写。TG-4は接写にズーム機能が使えます。
被写体から離れて接写できてとても便利。GR4は広角接写だったため、
ここまでの拡大写真は難しかったです。


2017年4月23日 東京・世田谷区にて オリンパスTG-4

ヒメマルカツオブシムシの幼虫は衣類の害虫です。家内でこの虫を
見つけないことをお祈りします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夕暮れの武蔵野公園

2017-04-22 18:36:59 | 公園・庭園・美術館・水族館
2017年4月22日 <母>

夕方、下見がてら武蔵野公園散歩。
太陽が雑木林の向こうに沈んでいく。






薄雲ごしの太陽が印象的でした。
暑くもなく寒くもなく、散歩にふさわしい季節。
時間がちょっと遅かったですけれど。






ムラサキハナナの斜面の上を電車が通る。
西武多摩川線。始発駅から終点駅まで6駅。

早朝深夜を除きどの駅もきっちり12分おきに電車が来る。
モチロン、急行なんてないローカルな線。

左から是政行きが来た。





少しして右から来るのは武蔵境行。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

桜散る神田川

2017-04-21 10:20:27 | 花・植物
2017年4月21日 <母>

風の強い日で桜の花びらが散り始めていました。

木にとどまる花、風に乗って行く花。






桜は日本を代表する花、日本人の心の花。

コントラストを上げ和風に
大人のイメージでしょうか。






これでもカラー写真ですが、
太陽の反射と、波と、花びらの作る世界は
モノトーン。






咲いて良し散って良しの桜ですが、
最近は散って良しの方に興味があります。
年のせい?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神田川の桜

2017-04-20 23:29:20 | 花・植物
2017年4月20日 <母>

4月6日に桜を見に行ったのは神田川。
一緒に行った友人の、ご主人がコースを
コーディネートして下さいました。

高田馬場駅を降りて地図を頼りにテクテクテクテク
歩いて行くと、なんと都電荒川線の面影橋に出たのです。
終点早稲田の一つ手前の駅です。

桜が見えて来て、ワクワク感が盛り上がります。






都会の川らしく深く掘り割りになった所に
両岸から桜が咲きこぼれます。






川を覗きこむと中央に不思議な岩の様な物が。
これが、この後ずっと続いているのです。






川を掘った時、真ん中はそのまま残すかららしい。
とっても不思議な光景でした。






風のやや強い日で、花びらが落ち始めていました。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

六義園 ライトアップ

2017-04-19 19:17:31 | 夕景・夜景・朝景
2017年4月19日 <母>

間もなく太陽が沈む。
心の中でカウントダウン。






すると照明が点灯され、さぁ、ライトアップの始まりです!






まだ上空は青みが残っている薄明の時刻。

昔観た歌舞伎で役者が来ていた着物が
ブルーとピンクの柄で、その時
和の配色って素晴らしいと思いました。
そんな色の、空と桜。







今宵の月は上弦の月。
月見と花見、なんて贅沢なんでしょう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

六義園の桜

2017-04-18 16:17:22 | 樹木
2017年4月18日 <母>

4月4日、所用で所沢に行った折り、
そうだ、帰りに六義園に寄ってみようと
計画しました。
六義園は都内でも屈指の桜の名所。
乗換駅の池袋からは二駅の近さです。

ライトアップは日没後から、
その時間になると入園にも列ができて
大変なので、少し前から入りました。






メインのこの桜、掲示板には6~7五咲きとの事。






最前列に来てみると、近すぎて全体の姿は撮れない。






太陽が沈むころ、西日が強い。






拝むように桜を見上げる女性。
よく見ると、手にスマホ。






賑やかな枝より、静かな枝が良い。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加