須玉日記

母と子、たまに父による写真日記。

午前3時22分

2018-11-15 19:09:44 | 太陽・月・星
2018年11月15日 <父>

今日は午前3時に起床。外に出ると満天の星空です。
地平線ギリギリにカノープスも見えています!
大慌てで準備して、山の端に沈む直前のカノープスを撮ることができました。
対角線魚眼レンズで小さく写っているため、わからないかもしれませんね。
左端の電信柱からたどってみて下さい。
抜群の透明度だったため、冬の星座はよく写りました。
3時22分





カノープスが沈んでしまったため、カメラを左に振ります。
屋根の上にしし座のレグルスが昇ってきています。
3時26分





位置を変えたら、ドーマーの窓にシリウスが写りました。
3時35分


2018年11月15日 北杜市須玉町にて
コメント (2)

ノブドウのリース

2018-11-14 19:20:11 | DIY
2018年11月14日 <父>

木に絡まったノブドウを片付けていて、リースづくりを思いつきました。
葉や実はかなり落ちています。まず、リースのリングをつくります。





枝分かれした部分はカットします。





メインのツルを巻いていきます。切ってすぐなのでうまく巻けました。





これで作業を終えるつもりでしたが、枝を処分するのがもったいないため、
リングに巻き付けることにしました。実が落ちないように気を付けます。
完成!雑木林をバックに。





玄関脇に飾りました。ノブドウの葉や実はあまりもたないでしょうね。
落ちたら別のリースとして再利用します。



稀勢の里は今日も負けて4連敗!横綱が初日から4連敗は87年ぶりだそうです。
竜電も負けてしまいました。がっかり。
コメント

ウッドチップ

2018-11-13 18:13:28 | DIY
2018年11月13日 <父>

須玉の雑木林は、クヌギ、コナラの黄葉が進んでいます。
大きくなったアカマツは、立ち枯れして台風で折れるものもあります。





このアカマツの樹皮を剥がしてウッドチップに使うことにしました。
<母>の発案で、気合がはいっています。





階段横のスペースに敷くことにしました。もともと、薪割りの際に
はがれたコナラのウッドチップを敷いていた場所です。
手前の葉はフランネルソウ。チップの隙間から逞しく出てきました。



大相撲が始まりましたが、今日は稀勢の里がまさかの3連敗。
山梨県出身の竜電も負けてしまいました。残念!
コメント (2)

秋の日の、、、

2018-11-12 10:03:12 | 自然風景
2018年11月12日 <母>

このところモミジの写真が多かったので、
本日は少し前に撮ったクモの糸の写真をアップします。






先日、クモの糸を撮られる方の写真展で、作者の方のお話を伺って
私の撮り方と根本的に違っていたのを知りました。






私はピントをずらして撮っていたのですが、
その方は、風で糸がブレるのを待って撮るとの事。

それはそれは、美しい写真でした。





せっかく糸を張っても、かかったのがこれではね、、、。

秋の日のヴィオロンのためいきの
身にしみてひたぶるにうら悲し (ポール・ヴェルレーヌ)






その帰り、夕陽に輝く巨大な糸発見、、、(笑)



コメント (4)

渋谷・宮下公園交差点

2018-11-11 12:39:02 | 街中風景
2018年11月11日 <父>

先月末、久しぶりに渋谷に出かました。
宮下公園沿いは工事用の塀に囲まれていました。
宮下公園交差点で明治通りを渡り、渋谷駅方面を振り返ります。街路樹に注目。
交差点には大きなケヤキの木があります。反対車線の奥の街路樹もケヤキですが、
「むさの1号」というに枝が広がらない品種に植え替えられています。





宮下公園交差点にある映画館(シネマコンプレックス)で、上映されている
日日是好日を観るのが、渋谷にきた目的です。
茶道の師匠役の樹木希林さんは今年の8月に他界。ファンとしては是非見ておきたい
映画でした。





映画の余韻を引きずりながら、8階からエスカレーターで降りて行きます。
窓から宮下公園交差点を見下ろします。
2019年8月開業予定の「宮下公園等整備事業」が進んでいます。





交差点を見ていると、車や人の動きが面白く飽きません。
大きな黄色いボンネットバスが通過しました。宣伝用でしょうか。





郵便局の方ですね。影が印象的。もっと観察したかったのですが、
渋谷ストリームに向かうことにしました。



コメント (2)

いろいろモミジ

2018-11-10 11:12:37 | 樹木
2018年11月10日 <母>

幹には強い影があったので、明暗差を少なくしました。






ソフトに優しく。






奥のモミジと手前のモミジは違う木です。
細い幹と葉の色がお気に入り。





紅葉のクライマックス。






ツートンの葉が可愛くて。
後ろの小枝は冬を感じさせます。




コメント (4)

もみじ湖変化

2018-11-09 10:05:49 | 自然風景
2018年11月9日 <母>

昨日の写真は箕輪ダム周辺のモミジでしたが、
今日は、もみじ湖をアップします。

手前の山と遠くの山の間には天竜川が流れ、
中央自動車道、飯田線が通り、人々の暮らしがあります。


photo by chichi




湖の周辺の木々の紅葉はまだ始まった頃ですね。


photo by chichi




深い緑の湖面は時折の風に、さざ波の模様を描いていました。













模様を描いては風に消され、姿を変え、見ていて飽きません。


コメント (2)

モミジ賛歌

2018-11-08 09:20:20 | 樹木
2018年11月8日 <母>

信州伊那谷、箕輪ダムのモミジ湖。
ダムを造るために沈んだ集落への思いを込めて植えられた
1万本のモミジが燃える様に色づいていました。






一枚一枚の葉は一つ一つの星となって、幾千万の星。






浅い色付きの葉が、風に揺れて清か。






季節は、なんて美しい姿を私たちに見せてくれるのだろう、
惜しげもなく。



コメント (2)

タイムスリップ

2018-11-07 08:14:03 | その他
2018年11月7日 <父>

N家で芋掘を終えた後、小雨が降って来ました。
納屋に避難すると、そこは何十年前にタイムスリップしたような場所でした。
軒先に枯れ葉の束がつるされています。何かに利用するのでしょうか。





Nさんに聞いてみると、竹ぼうきをもってきてくれました。枯れ葉は竹の葉で、
竹ぼうきの材料だったのです。自作しているのですね。





雨が小降りになり柿の実をとります。ここでも自作の竹の道具が登場。
竹竿の先が割れていて、実のついた枝をはさみ、ひねって採取します。





早速、ちーはミカン、カリン、カキ、芋づるペンダント等を並べてお店屋さん開店。





雨が降り始めてもお店屋さんは続いていました。今日の売り上げは70円。
身内が買いましたが、5歳にして初めての収入を得ました。


コメント (2)

もふもふ

2018-11-06 17:06:31 | 自然風景
2018年11月6日 <母>

写真が色々前後しますが、今日の写真は10月30日に
大阿原湿原に行った時のものです。

今秋2度目、それだけお気に入りの場所です。
前回ここにいたのは4人+クマ一頭。
姿は見えませんでしたが、あの鳴き声はクマに違いありません。

今回は3人だったのが、先に来てぐるっと巡っていた人が戻って来て5人。
この位いないと不安です。

前回は霜で真っ白でしたが今回は霜はなく、枯れ草が強風になびいていました。






陽が当たって輝くもふもふ。






枯れ木もなんだかもふもふに見えて来ます。






湿原に朝が降りて来ました。

コメント (2)