龍谷大学硬式野球部

試合日程や結果をお知らせします☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

秋季新人戦

2012年11月18日 | 日記
対 神戸学院大学

1、(7)中島(報徳学園・2)
2、(6)川上(興譲館・2)
3、(5)藪野(柳ヶ浦・2)
4、(2)木村(広島新庄・2)
5、(D)松浦(龍谷大平安・2)
6、(8)今西(龍谷大平安・2)
  (H・8)三島(福岡大大濠・2)
7、(3)井上(加古川北・2)
  (H)畑(大垣日大・1)
  (3)田村(高松商業・2)
8、(9)橋(滝川・2)
  (H)正木(龍谷大平安・2)
  (9)島内(星稜・2)
9、(4)鹿本(八代工業・2)
  (H・4)坂本(龍谷大平安・2)
P、大西(報徳学園・2)
  宮田(報徳学園・2)
  大川(大聖寺・2)
  中村(京都外大西・2)



神院大 010 002 001=4
龍谷大 000 001 000=1

二塁打‐川上


(投手)
大西(5 2/3)
宮田(0 0/3)
大川(2 1/3)
中村(1)


(総評)
 打撃陣は、4回まで相手の死球などで走者を出しながらもチャンスを作れなかったが、5回先頭の今西が右前安打で出塁すると、犠打と安打で一死一、三塁とチャンスを広げたが、後一本が出なかった。6回先頭の川上が左線二塁打で出塁し、続く藪野の中飛の間に走者を三塁に進めると五番松浦の中犠飛で一点を取った。その後の回は相手投手に抑え込まれ追加点を奪うことができなかった。
 投手陣は、先発の大西は2回先頭打者に出塁を許し犠打で二塁に走者を進めると、投手の暴投で一点を先制されてしまった。6回には安打から好機を作られ捕逸で一点を追加された。ワンポイントで登板した宮田は、コースを突いた投球だったが四球を許してしまった。6回途中から登板した大川は、自らの暴投で一点取られたものの、その後の回はきっちりと抑えた。9回に登板した中村は、自慢の制球が乱れ一回に四つの四球を与え押し出しで一点を追加されてしまった。
 今日の試合は、バッテリー間のミスが目立った試合だった。打撃陣も最後まで相手投手を攻略できず、投打共に精彩を欠いた試合だった。

この記事をはてなブックマークに追加

第3回京都新聞社杯滋賀県社会人・大学野球交流戦結果

2012年11月11日 | 日記
対滋賀高島ベースボールクラブ

1、(8)渡邉(岡山城東・3)   
  (H・8)北川(奈良朱雀・3)
2、(4)比留井(鳳・3)
3、(6)仮谷(履正社・3)
4、(9)鈴江(桜ノ宮・3)
5、(D)畑谷(大阪桐蔭・3)    
  (H・D)大田(東山・3)  
  (H)町谷(北陸・3)
6、(3)小椋(鳥羽・3)   
  (H)北(登美ケ丘・3)
7、(5)中津(興譲館・3)
8、(2)脇(近江・3)
  (H・2)木村(広島新庄・2)
9、(7)高士(阿倍野・3)
P、澤口(五條・3)
  中井(大阪青凌・2)  
  山下(大)(近江・3)  
  中村(京都外大西・2)


龍 谷 大 300 100 000=4
滋賀高島BBC 000 400 20 =6


二塁打-比留井

(投手)
澤口(3 2/3)
中井(0 O/3)
山下(2 3/3)
中村(1 1/3)


(総評)
打撃陣は、初回先頭打者の渡邉が四球で出塁し相手の失策と四球で一死満塁の好機を作ると五番畑谷の左前適時打で二点を先制した。四回二番比留井の右二塁打で出塁すると相手投手の暴投で三塁に走者を進めると四番鈴江の右犠飛で一点を追加した。
投手陣は、先発の澤口は三回まで四球を出しながらも決め球の直球で相手打者を三振に取り三塁を踏ませなかったが、四回四球と失策で四点を返され同点とされてしまった。四回途中に登板した中井は、持ち味の制球が乱れ思うような結果がでなかった。三番手に登板した山下(大)は、四球や安打を出しながらも粘りの投球で本塁を踏ませなかったが、八回先頭打者を四球で出すと自らの送球ミスと犠飛で二点を返され逆転された。四番手の中村は、打たして取る投球で打者を打ち取り安定した投球を見せた。(副務/松村)

この記事をはてなブックマークに追加