龍谷大学硬式野球部

試合日程や結果をお知らせします☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

10月22日リーグ戦結果報告

2011年10月22日 | 日記
対 大阪学院大学 13:00~
場所:龍谷大学瀬田野球場

1.(7)村上 (滝川第二・4)
2.(6)仮谷 (履正社・3)
  (H)山口 (北大津・1)
  (R・6)坂本(龍谷大付属平安・1)
3.(3)鈴江 (桜宮・2)
4.(9)古本 (福岡大大濠・3)
5.(5)内山 (京都成章・4)
  (R)保坂 (京都成章・3)
  (5)鈴木祥(新居浜西・3)
6.(2)鈴木紳(天理・3)
7.(D)畑谷 (大阪桐蔭・2)
  (R)渡邉泰(岡山城東・2)
8.(4)渡邊優(大阪桐蔭・2)
  (H)田甫 (智辯和歌山・3)
  (R・4)山本耀(酒田南・3)
9.(8)塩見 (光泉・3)
P.   大西 (報徳学園・1)
     大川 (大聖寺・1)

大院大 000 211 000 4
龍谷大 200 000 021X 5

投手
大西(6)
大川(3)

三塁打 古本
二塁打 内山

(総評)
 先発の大西は、初回・2回と三者凡退に抑え上々の立ち上がりを見せた。3回には四球からピンチを招くも粘り強く投げ込み得点を与えなかった。しかし4回。先頭打者を追い込みながらも安打を打たれ、内野ゴロを挟み、内野安打。続く打者を内野フライに抑え2死1・3塁で2連打を浴び、2失点。続く5回には死球から犠打と内野の失策から1失点。続く6回。安打2本と犠打で1死2・3塁とピンチを迎えファーストへのセーフティースクイズから1失点した。後続をなんとか抑えた大西は6回を終えたところでマウンドをおりた。続く大川は今季初登板であったが、9回までに安打1本、無四球と完璧な投球を見せた。
 打撃陣は、初回先頭の村上が四球を選び、仮谷の犠打。古本の右中間を破る三塁打で1得点。続く内山の左中間への二塁打で1得点の計2得点を先制する。続く2回にも先頭の渡邊が内野安打を放ち塩見の犠打からチャンスを作るが得点はできなかった。3回から7回まではランナーを出すも、得点へは繋がらなかった。8回は1死から内山・鈴木の2連続ライト前安打から相手ピッチャーのワイルドピッチを挟み1死2・3塁。打者は畑谷の代走として途中出場している渡邉泰。ワイルドピッチ後の1球目をセンターまで運び犠飛で1得点。続く打者は代打田甫。同点へと追いつく絶好のチャンスで2球目の直球を見事にたたきセンター前安打で1得点した。同点で迎えた最終回の裏。先頭の村上が安打で出塁し坂本が犠打を決め、1死2塁。鈴江が三振に倒れるが続く4番古本が2球目を完璧にとらえライトオーバーのサヨナラ安打。今リーグ最終戦を勝利で飾った。

 大会の表彰として

ベストナイン
一塁手 内山 友希(京都成章・4)
外野手 村上 大介(滝川第二・4)
外野手 清水 翔太(大阪桐蔭・3)

平古場賞(新人賞)
三塁手 中津 総太(興譲館・2)

が我が野球部から選ばれました。
本日をもちまして平成23年度秋季リーグ戦が終了致しました。結果としては悔しい結果とはなりましたがこの悔しさをバネに来春へ向け努力を重ねていきたいと思っております。今後も新人戦や春のリーグ戦などがございます。その都度更新していこうと考えておりますので、今後とも龍谷大学硬式野球部をよろしくお願い致します。たくさんのご声援誠にありがとうございました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

秋季リーグ戦 試合結果

2011年10月22日 | 日記
対大阪学院大学 4回戦

大院大4ー5龍谷大

大院大 000 211 000=4
龍谷大 200 000 021=5

二塁打ー内山、古本
三塁打ー古本

2勝2引き分け 勝ち点3
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秋季リーグ戦 先発メンバー

2011年10月22日 | 日記
対大阪学院大学 4回戦

1、(7)村上大(滝川第二・4)
2、(6)仮谷 (履正社・2)
3、(3)鈴江 (桜宮・2)
4、(9)古本 (福岡大大濠・3)
5、(5)内山 (京都成章・4)
6、(2)鈴木紳(天理・3)
7、(D)畑谷 (大阪桐蔭・2)
8、(4)渡邊優(大阪桐蔭・2)
9、(8)塩見 (光泉・3)
P 大西 (報徳学園・1)

この記事をはてなブックマークに追加

10月20日リーグ戦結果報告

2011年10月21日 | 日記
対 京産大 13:00~
場所:わかさスタジアム京都

1.(8)渡邉泰(岡山城東・2)
  (8)塩見 (光泉・3)
2.(6)仮谷 (履正社・2)
3.(7)鈴江 (桜宮・2)
  (7)村上 (滝川第二・4)
  (7)野村嘉(奈良大附属・3)
4.(9)古本 (福岡大大濠・3)
5.(2)鈴木紳(天理・3)
6.(5)中津 (興譲館・2)
7.(D)畑谷 (大阪桐蔭・2)
  (R)比留井(鳳・2)
8.(3)内山 (京都成章・4)
9.(4)山本耀(酒田南・3)
  (4)渡邊優(大阪桐蔭・2)
P.   杉上 (葺合・3)
     大西 (報徳学園・1)
     井口 (天理・3)

龍谷大 020 000 000 2
京産大 101 000 001X 3

本塁打 内山
二塁打 畑谷

投手
杉上(52/3)
大西(11/3)
井口(11/3)

(総評)
 先発の杉上は、初回先頭打者をセンターライナーに抑えるも続く2番打者から3連打。1死満塁とし、続く打者にライトへの犠牲フライで先制点を許した。続くピンチはなんとかしのいだ。続く2回。いい当たりにとらえられるも野手の正面をつき2死とするが連続四球で2死1・2塁とする。しかし続く打者をセカンドゴロに抑え0点でピンチを切り抜けた。しかし3回。先頭打者を安打を打たれるが、続く打者が犠打を試みるもフライアウト。1死となるが続く打者に死球を与えてしまい1死1・2塁。続く打者の放った打球は二遊間へ。仮谷がうまくさばいたかに見えたがセカンドへの送球が後ろへ逸れてしまい1失点。1死1・3塁となおもピンチではあったが、杉上がバント処理華麗にさばき、2死1・2塁。続く打者の初球を捕手の鈴木が2塁へ好返球し刺殺。この回をなんとか抑えた。続く4・5回はなんとか切り抜けた杉上。しかし、6回に安打を2本浴び、ピンチを迎えたところで交代となった。続く大西は2死1・3塁からの投球。先頭打者に死球を与えるも続く打者を三振に打ち取り、ピンチを切り抜けた。大西は7回も3人で打ち取り見事リリーフの仕事を果たした。8回から登板した井口。8回を三者凡退に抑えるも同点で迎えた9回。2連打を浴び犠打。1死2・3塁。ここで敬遠を選択し1死満塁で4番を迎える。緊張の第一球目を打者はジャストミート。打球はセンター前へと転がっていき1失点を負った。
 打撃陣は、初回仮谷の絶妙なセーフティーバントを決め鈴江が続き1死1・2塁とチャンスを作るもあと一打が出なかった。続く2回。畑谷の打球が相手内野の失策を誘い、続く内山の4球目。振り切った打球は右中間に吸い込まれていった。1点負けていたので逆転ツーランとなった。4回には、2死から畑谷の2塁打。内山の四球で2死1・2塁となるが後続が打ち取られた。5回から8回までは相手先発の内田投手に封じこまれランナーも出せなかった。相手投手が岩橋へと変わり、迎えた最終回。先頭の古本が安打を放ち続く鈴木はバスターを試みるもセンターライナー。つづく中津が犠打を決め、2塁打を放っている畑谷。しかしここで敬遠気味の四球を挟まれる。迎えた2死1・2塁。続く内山の第3球目に相手投手がワイルドピッチを挟み2死2・3塁。カウント2-2から迎えた第5球目。内山は直球を思いっきり振りぬいたがバットは空をきった。

 今季は皆様のご声援誠にありがとうございました。この試合を持ってリーグ優勝はなくなってしまいました。しかし、22日リーグ戦もまだ残っております。来季もまだありますので今後とも龍谷大学硬式野球部をよろしくお願い申し上げます。

この記事をはてなブックマークに追加

秋季リーグ戦 試合結果

2011年10月20日 | 日記
対京都産業大学 3回戦

龍谷大2ー3京産大

龍谷大 020 000 000=2
京産大 101 000 001X=3

二塁打ー畑谷
本塁打ー内山
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加