広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハメ殺しのノブのフタ開封

2006年06月27日 | アプローズXi・カベラスガイドリール

センターらしきポイントにセンタポンチ・千枚通しでくぼみを
つけたら2mmのピンバイスで根気良く掘っていきます。
(写真は加工後なのですでに穴が貫通しています。
一応この時点ではまだ貫通はさせないで下さい。)

ある程度深く掘ったらフタの接着剤が外れて空回りしだす
ので、ピンバイスを少し傾けて穴の内壁にドリルの刃を
食いこませ、刃に固着したらそのままゆっくり回しながら
ピンバイスを引っ張り上げると、上手いこと引き抜けました。
(削りカス・ゴミをノブ内部に入れないように注意です。)

外してから再度ピンバイスで貫通、穴のバリ取りをします。

これでノブ内部にグリスを封入することができ、さらに
空けた穴から粘度調整のオイルスプレー(僕はF0です)を
吹くことも可能となります。

とりあえず僕の場合この加工で、ハメ殺しに対するストレスが
大幅に解消しました。

もちろん、封入グリスの安定した潤滑によりベアリングレスでも
かなり良好な回し心地が得られるようになりました。
コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

パーツ交換後のガイドリール

2006年06月13日 | アプローズXi・カベラスガイドリール




ようやく届いた黒鉄色のローターカバーA・Bを
取り付けてみました。
同時にリアカバーと供回りビス、ハンドル、ラインローラーも
Xiのものに交換。
全体的にゴールドのパーツを減らしてみました。
だいぶ渋くなったと思います。

おもにエギングで使うつもりです。
ラインの巻きも、このリールの癖である中央の凹みを考慮して
下巻きの段階に手巻きでやや逆テーパー気味の俵型にして
おいたので、上糸のファイヤーラインは狙ったとおりフラットな
感じで綺麗に巻けました。

遠目からはアブっぽく見えます・・・。
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

リョービックのアフターサービス顛末記

2006年05月13日 | アプローズXi・カベラスガイドリール
Xiとカベラスガイドリール用予備部品として
以下のものを注文していました。

ピニオンギア4000用:1732円
ベアリング(ピニオン用):840円×2
シャフト4000用:210円
ローターカバーA・B:再注文中

ところが…


このベアリング、1度目はなぜか「ローラー」と間違われて
エクシマのローラーが送られてきたので交換及び再注文。


このピニオンも「4000用」と大きく書いたのに1度目は
なぜか「2000用」のものが送られてきました。再注文。


そして鬼門のローターカバーA・Bはまたしても以前の間違い
と同じく金色のエクシマのものが送られてきました→1度目。

「銀色のXi用」と追記して再注文すると今度はアプローズの
Xiではない金属ローター用のが送られてきました→2度目。

仕方なく、取りつけられない構造上のわけを店員に説明。で、
再々注文するとなんとまた同じものが送られてきてきてしかも
その添付の指示書には「現物合わせ」の文字が→3度目。

※「現物合わせ」の意味を店員に聞くと「お客様の思い違いの
可能性があるので店頭で現物確認」という意味であるとのこと。
驚くことにアプローズ2種のローターの構造・材質の違いを
アフターサービス部は全く理解していないようでした。

そして現在、4度目の注文で入荷を待っている状態です。

ここまでおよそ3ヶ月弱。

正直、根気には自信のある僕もさすがに疲れました。

結局、1度の注文で要領を得たのはシャフトのみ。ですが
それも正確にはXiのものではなく、微妙に違うモノです。
使えなくもないのでノークレームにしただけのことですが。

商品管理・クレーム処理・自社の商品への理解度等々・・・。

いろいろ書き連ねたいことは多々ありますが、感情の部分は
極力押さえて報告致します。

追記: 5月18日、ようやくローターカバーA・B届きました。
    パッケージに書かれた商品名は
   「アプローズXiカバーA(B);3000.4000」でした。
コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

Xi2000のドラグ

2006年05月11日 | アプローズXi・カベラスガイドリール
メッキ用に購入した2000番で、東京湾某所で
メバル主体の春の釣りをしてきました。
結果は予想外で、78cmを頭に70cm級が3本、60cm級が1本
フッコセイゴが2本という嬉しい結果が出ました。
(今年はどうにもメバルの魚影が薄いような気が…。)

運良くこのサイズを数本掛けて気がついたのは、2000の
ドラグ力です。

釣力自体についてはそれほど苦を感じなかったので問題は
ないと思います。秋の大型では不安ですが、番手のわりに
やってやれなくもない(?)という印象でした。

ですがドラグについては、もとより2000は低域重視の
1枚ワッシャーですので仕方ないのですが、予想以上に
高域で微調整が利かないため、かなり締め込まないと
なかなか魚が寄りませんでした。

結果的にはやはりアプローズはドラグの構成上、4000ないし
3000からがシーバス用であると実感しました。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

カベラス フィッシュイーグル ガイド4000

2006年03月19日 | アプローズXi・カベラスガイドリール

個人的には好みな配色です。現物のが良い色でした。
ですが…海より淡水寄りの雰囲気ではあります。
「アブガルシア」と印刷されてても違和感ないかも!?
航空運賃込み総額$69.99(06/3/13当時・8,367円)は
ホントお買い得でした。


ここがこのリール一番の注目ポイントの
BB入りマシンカットハンドル(左)です。
右は比較用のノブを取り替えた、愛用のXiのハンドル。
飾りビスのメッキもXiと違い、黒鉄色でなくゴールドに。
本体の作りは同じですが、アルミの無垢になっています。
重量は大差ないです。


ノブの分解画像です。ラインローラー部のベアリングと同一
サイズのが入っています。ノブ・ノブ軸とその結合部の座金は
ザウバーと同じパーツ・作りのようです。フタの穴から注油
可能で、ベアリングにより快適な回転です。


ラインローラーはエクシマのでした。段差があるやつで
交換の手間いらずです。ベールはジュラルミン無垢です。
ローラー座金のエッジは相変わらずあるので要研磨です。
(※ちなみにローター本体はXiと同じ樹脂製です。)


左がカベラスのものです。見た目Xiとサイズに違いが
あるように見えますが同一寸法です。
スプールは折りたたみハンドル版アプローズのと
同じものでした。
ラインストッパーの掘りのエッジがちゃんと揉んであり
好感が持てます。ノブは防水ゴム付いてません。


Xiよりエクシマのほうに似ています。アルマイト処理が
濃くてヘアラインがキレイに磨かれていて
スプールエッジのすべりはXiより上質な感じです。
若干こちらのが硬度があるかもしれません。


最大の違いがここです。スプールがXiより肉厚です。
いくらか重量が多いと思われます。もしかすると
折りたたみハンドル版のザウ・アプロのスプールは
これぐらいの厚みがあったかもしれません。
(※確認したらやはりそうでした。Xiではそれなりに
スプールも軽量化が図られているようです。)


機関部です。まるまるXiと同じです。一応到着時に回して
予感はしていたのですが、グリスが激シブに少ないです。
特にメインギアのグリスの…この量は寂しすぎます。
ただ…僕みたいにグリスを好みの物に替えたがる人には
除去の手間がほとんど要らないので、良いです。
Xiでの右サイドのブッシュはこちらではベアリングです。


機関部のパーツ群と金メッキのリアカバーです。
ブルギヤの表面はXiよりキレイでした。
かわりにオシレーターは…いつも通りの梨地状態です。
S字カムの安価なリールを購入した時の当たりハズレは
ほぼここの出来で決まっていると思われます。
両部品の研磨・面取り・角&バリ取りは重要だと思います。
ブルギヤに樹脂ワッシャーを入れてしまうのが
個人的には最も効果的と感じています。


まさにリョービの現行リールの良い所を集めた感じ…。
(アプローズ+エクシマ+ザウバー)なので個人的には
アプシバー4000Xiと呼びたいぐらいです。
コメント (65)
この記事をはてなブックマークに追加

カベラス ガイドリール

2006年03月18日 | アプローズXi・カベラスガイドリール
アプローズの兄弟機です。
ベアリング数・6個。

一応カタログも取り寄せました。

※ネットの商品も日本語記述の同封のFAX注文書
 で購入可能なようです。
 
 さっそく受注の連絡がありました。
 2週間以内で届けてくれるとのことです。



※到着しました。注文からほぼ5日ほど…早い!!
関税はその場で支払わずに済みました。引き落としでしょうか。
※追記:1万円までは免除だそうです。

開封!この瞬間がたまりません。もう、僕のものです(笑)

説明書です。1年間の保証書みたいなのもついています。

部品の呼び名表記もリョービと同じで
オシレーター・ブルギヤ・メインギヤ(GEAR)で
「New R・F・O System」まで一緒です。
コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

カベラスリールの兄弟探し

2006年03月15日 | 参考リール・旧リョービカタログ

カベラスリールその1
ベアリング数9個 59.99ドル

…と兄弟?
ベアリング数9個 79.95ドル





カベラスリールその2
ベアリング数5個 49.99ドル

…と兄弟?
ベアリング数(7)9個 49.95ドル





カベラスリールその3
ベアリング数5個 29.99ドル

…と兄弟?
ベアリング数9(10)個 39.99ドル
※国内版のラクセルと同一ボディのようですね。


なんだかウハウハしてしまいます。
まさにリールのバイキング料理状態!?



しかし…これはやはり気になりますね。
何とも頃合いな感じです。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

釣行度のメンテナンス。

2006年02月15日 | アプローズXi・カベラスガイドリール
釣行後は普通に水拭きしてしまっています。
ラインの潮抜き…そしてローラー部はよく水をかけ、
指で転がして潮を洗い流します。

耐塩水でないローラー部のベアリング。
僕はオイルを吹いたりせず、釣行10回程度で
ローラーベアリングのシールドを外し、グリスを
再注入する方法にかえました。
このほうがサビが発生しづらいし長く使えると思います。

ちなみに写真のロッドはダイコーのフェルザス90LS。
2万円台にしてチタンガイド・インロー仕様、お徳です。
7-28g、スローアクションでPEには丁度いい硬度。
内湾ならほとんどこれで間に合いそうです。
コメント (29)
この記事をはてなブックマークに追加

ワッシャー拡大

2006年02月13日 | アプローズXi・カベラスガイドリール
(ワッシャー追加の耐久性報告:その後)

PEラインで20分も根がかりと格闘しました(汗)
内部を開けてみたところギアもオシレーター溝も
そしてピン&追加ワッシャーも傷らしいものもなく
ヘタリもなかったのでまず問題ないといえそうです。

そこでワッシャー面積の拡大に踏み切りました。

(※画像はガイドリールに取り付け中のもの)

最初のはギアの歯の干渉を気にして小さめにしていた
のですが、ブルギアのほうが厚みがあるので接触の
心配はなさそうと判断、本体内部に干渉しない程度に
ややはみ出させています。

結果は…更なる安定感を得る事が出来ました。
また当分この状態でテストしてみます。

グリスはもちろんシマノのDG06。なめらかな手ごたえで
S字カムのドライな回し心地を中和する意味でも…
個人的にはベストグリスと感じています。

※ワッシャーの厚みに注意してください。取りつけて重くなる
ときはピニオン内部とメインシャフトに摩擦が起きますので
無理に回したりせず、ワッシャーをもっと薄い物に替えるか
もしくはオシレーターの接地面を研磨してブルギヤとの
距離を少し広げるかしてみてください。
なんにしろ、だましだましがコツの、やや慎重な作業です。
コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

Xi ベールアームの色変更

2006年01月23日 | アプローズXi・カベラスガイドリール
みゆきザンスさんの甘い囁きにより(?)
(極太?)ベールとローラー座金が銀色になりました。

粒度の違うコンパウンドと艶出しリューターで
金色のアルマイト仕上げを除去して地の色に。
※ベールはアルミではなくジュラルミン製です。

座金はマシンカットのヘアラインが結構深くて
ツルツルにするのは手間がかかりました。

徹底的にコンパウンドで研磨して艶を出したので
以前よりメタリック感が出てきて…
見た目の質感も俄然良くなった気がします。
コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加