さて・・と

アルツの母の世話と、先天性の内臓疾患のある娘の育児。高齢出産ママの日常・・・かな。

おべんきょ

2016年11月08日 09時35分46秒 | 日常
娘の成績がねーーー、いやいや問題発生でしてね−。

私立中学に通い出し、そこそこ進学校なんでそりゃー回りもすごい人が入ってきています。

救いなのは、小学部から来た一部の子達はめっちゃ勉強してない子達がいて、ビリの方はごっそりいるので娘は幸いにもビリにはならないんですが・・・、いやいやヒドイ教科があるんですよ・・・(´ヘ`;)ハァ

でも、英語が悪いときもあれば、数学が悪いときもある。国語が悪いときもあれば・・・って、一概にどれが悪いとは言い切れない感じなんだけど、悪いときは本気で悪くて、もうね、ホントにびっくりな成績を取ってくる。

娘は小学校時代はそこそこ出来てたんで、全国テストや都道府県別でも上位だったし、娘自体も成績は良い方・・・って思ってたんでしょうね。

で、1学期、実力テスト、中間テストなどは・・・、結構良い成績だったんです。対して勉強もしてないのに。

が、期末ぐらいから、ちょっと下がり始めたんだけど、通知表は見事に5と4しかなくて、ホッとしちゃったんでしょうね。


夏休み、本気で何もしてませんでした。

期末テストで英語が悪かったので、以前通ってた有名進学塾の夏期講習は全コマ行かせたんだけど、それだけ。

夏休み終了間際まで学校の宿題をほとんどやってなくて、やってるフリして何もしてなかったという・・・。


もう本当に3日ぐらい、死ぬ思いでやってた・・・んですよ。

で、夏休み明けの実力テスト、散々でした。

娘もたいそうショックを受けたようで、その結果を私に見せないという暴挙にうつり、そっから・・・・本当に転げ落ちるように色々な事を起こしてくれて(▼▼)


その頃から、娘、リストカット始めてしまったんです。

見つけたとき、本当にショックでショックで。

その話をすると、もう一言も喋ってくれないんです。

本当に一言も喋らない。



何時間もかけて話したり。

自分でやったと言うことを話してくれました。


その後も、なんどもやってるようで・・・、当然学校の先生にも話して相談して、本人には私しか知らないと思っていると思うんで、先生に話したことは言ってませんし、先生もそう振る舞ってくれてます。

が、成績は全体的に落ちてきて、さらにヒドイ教科が必ずあるんですよ。

スゴクスゴクひどく悪い物が。



どんだけ悪いかって言うと、例えば、英語、150人中で後ろから15番目とか、偏差値で言うと38とか。。。。

でも次の時は、偏差値50ぐらいに戻ってるけど、今度は数学が偏差値30代とか・・・。


本人、小学校時代は全国テストでも偏差値50以下ってのはそうそうなかったので、学内の偏差値30代ってのは相当キツかったんだと思うんです。



が、先生、娘と「成績が落ちたから」って理由をつけて面談してるんだけど、先生曰く、「お母さんに怒られるのがイヤなのでは?」とか「弟さんにご両親の意識が集中しちゃってるから?」とか言うんです。

最初こそは、「え?そうなの???」って思ってたんだけど、なんかね違和感あるんです。

私、そんなに怒るわけでもないし、まあ、一応怒るというか言いますよ、成績下がれば。



それに、弟に夢中・・・なんてのはないわけで(__;)もう誰に聞いても私は娘中心なんですよ。


で、この間の11/3日、またリスカの跡を見つけたので、話しました。

娘、また話さないで黙り込むんです。


長い時間かけて、やっと話してくれました。


で、娘は私に怒られるのがイヤなんじゃなくて、成績が悪いのは自分がイヤなんだって、私も確信出来ました。
自分がショックだったんだと。

それと、本人は理由はハッキリしてないんですよね、何がイヤ!!ってのは自分ですら分かってないんです。

リスカが悪い事ってのも分かってなくて、話しの雰囲気から「誰にも迷惑かけてない」とかそんな感じを受けました。


リスカしてスッキリするとかも自分では考えた事もないようで、なんでやるかも、理由すらも本人分かってないんですよ。

中学生で何もかも自分の事分かるわけないですよね、大人だって分からないんだから。



で、先週から、あ、先週末に全国統一テストがあったし、今週明日は学内の実力テストがあるので、私が勉強一緒にしました。


英語は、もうずーーーっと通っている英語教室があるんですが、そこの先生に「とにかくもう会話はいいので、英語の成績を上げて欲しい。協力して欲しい。」と事情を話し頼みました。

その英語の先生はものすごく信頼していて、子供たちもこの先生だけは辞めたくないって言うほどなんです。
娘はその先生のお陰で英会話はスゴク得意なんですよ。
が、文法やスペルが書けない読めないという・・・致命的な問題がーーーあったんです(▼▼)


で、まあ、とにかく教科書に沿って、問題集など含めて基礎を徹底的にお願いすることにして、時間も増やしてもらってやることに。


そして、個別の塾にも行ってるんだけど、もうそこでは徹底的に数学。数学の基礎応用をしっかりやってもらうと言うことで。


そして、理科社会は、私が担当することに。


参考書を買ってあったので、それをやらせるんじゃなくて、一緒に家庭教師のようにやりました。

英語の先生も、個別の先生も、私もなんですが、楽しげにやるんですよ。

これが良いと思うんだけど。

決して一人でやらせないで、一緒にやる。



まあ、まだ1週間ぐらいしかたってないけど、娘が明らかに違ってきました。

続くかどうか分からないけど、明るく喋るし、笑うし。



週末の統一テスト、本人的には結構出来たんだと思うんです。

それが一番本人的に安心出来るんだろうなって。


学校はイヤではなく楽しいらしい。

友人関係も良好。

ただ、成績が悪くなってしまった。



時間もなくて勉強する時間もままならず、宿題しかやってない状態が続いていたんですよね。


とりあえず、これで成績がひどく悪い物がなくなれば、本人も気持ち的に楽になると思うんで、ここは私達が頑張るかーてきな。



私が英語を教えると「こんなの分からないの??」になっちゃうし。

数学だと私が意味分からんって事になっちゃうし。

国語は・・・、教えようが分からないし。


だから、理科と社会の歴史と地理。

昔っから理科だけは良かった娘。

今でもいろーーんなこと知ってて、感心したよ。


中学生の女子は扱いが難しいね。

それでも、一個一個対処して、いかないとな・・・・なんて思う訳です。


また問題が出ると思うけど、母は頑張るのです。

娘を愛してるからねー。

あ、息子も愛してます。子供たち・・・と言うか、子供を産んでこの子達と家族になれたことが本当に私の一生の宝だと思ってるんです。

みんなそうだと思うけど、子供って本当に無償の愛を与えられる存在なんですねー。


子供を授かることが出来て本当に私の人生が変わりました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変身したい | トップ | 車選び難航中 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日常」カテゴリの最新記事