Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

橋下大阪市長に府庁舎購入の損害96億円返還請求を求める住民訴訟提起 大阪都構想で追及を逃れられるか?

2012年01月13日 | 橋下維新の会とハシズム

 

公明党大阪府本部の新春年賀会が2012年1月13日、大阪市内で開かれ、橋下徹大阪市長と松井一郎府知事が出席しました。

橋下氏は「僕を生かすも殺すも公明市議の皆さん次第。一致団結して共に歩みを進めたい。来るべき国政選挙では維新の会ができることをさせていただく」、松井氏は「公明党の皆さんとともに大阪を変える第一 歩の年にしたい」と述べ、公明が大阪都構想に賛同すれば次期衆院選で同党に協力する考えを示しました。

橋下氏にはスピード感があるといって誉める人もいるのですが、確かに大阪ダブル選挙前に公明党と手を打つのは早かったです。2011年10月下旬には、今、大阪都構想の特別顧問をやっている堺屋太一氏が、大阪市天王寺区の創価学会関西池田記念会館に乗り込んで、公明党の自主投票を引き出しているのですから。

それ以外にもみんなの党や国民新党の支援も受けながら、「維新の会と既成政党の戦いだ」、だとか、「既成政党が大政翼賛会になっている」だのよく言えたものです。

橋下徹氏・大阪維新の会と公明党が裏取引 なにが維新の会と既成政党の戦いだ

 


政治決断も内容が正しければ、決断は早く、実行は速いほうがいいとなりますが、悪い内容の政策をよく検討もせずに行えば、これは「拙速」のそしりを免れません。

橋下前大阪府知事は2010年、現在の咲洲庁舎のビルを約85億円で購入しました。2011年3月の東日本大震災で、このワールドトレードセンタービル(WTC、大阪市住之江区)は天井など350カ所以上が損傷し、橋下前知事は、専門家から耐震性に関する指摘を受けて、同年8月、本庁舎からの全面移転を断念しました。

これについて、大阪府が庁舎として使うためにを耐震性や災害拠点としての有用性を十分調査せずこのビルを購入し、庁舎を一部移転したのは違法だとして、大阪府民82人が、2012年1月12日、松井一郎府知事を相手取り、購入当時の橋下氏に、ビル購入費や一部移転費用96億3千万円を返還請求するよう求める住民訴訟を大阪地裁に起こしました。

 

大阪 WTCへの府庁移転断念で大損!橋下府知事の大失政 なにやってんねん!

 

 

その購入の際、橋下府知事はそもそも十分な調査をせずに耐震性が極めて不十分な建物の購入・移転を決定し、かかった96億3千万円は違法な公金支出にあたる 、というのが原告の主張です。

提訴後の記者会見で原告でジャーナリストの西谷文和氏は

「橋下市長が拙速に独断的に購入・移転をしたことによって損害を与えた。庁舎移転は府議会で否決されているのに なぜ一部移転し費用を出したのか裁判で明らかにしたい」

と語ったということです。

予想通りの展開に、さすがの橋下市長も覚悟していたのでしょう、

 「議会での議論などのプロセスをきちんと踏んだ決定で僕が賠償責任を負うことになれば、自治体の長なんてできなくなる。府庁移転反対の人は、訴訟ではなく選挙を通じて民意を実現すればよかった」

と泣きが入っています。議会で2回否決されたのに、維新の会を結成して押し切ってしまったのを「プロセスをきちんと踏んだ」というのでしょうか(笑)。

 

橋下府知事 府庁移転断念「僕の読み甘かった」と認める ならば府民は100億円の住民訴訟を!

大阪府ホームページより)


 

この訴訟の法律上の最大の論点は、

「橋下府知事が旧WTCの購入を決めるときに、知事が通常果たすべき注意義務を怠らなかったか」

ということになります。この注意義務違反=「法的プロセスを踏んでいない」という点で、橋下氏が不利なのは

1 南海大地震が30年以内に発生する確率は6~7割で、その際、地震と津波による甚大な被害が大阪の沿岸部に発生することは公知の事実だった

2 他方、東日本大震災の際、わずか震度3の地震で、旧WTCが350カ所も損傷を受けたのも争いようのない事実

3 旧WTCへの府庁移転は、自民党などの反対で大阪府議会で二度否決されたのに、これを通すために大阪維新の会を結成して、橋下氏が強引に旧WTCを購入してしまったのも争いようがない

4 旧WTCが使用に耐えないことは、橋下大阪府知事が依頼した複数の専門家によって断定されてしまった

5 購入した旧WTCが使用できないことで、大阪府に莫大な損害が発生することは、橋下知事の下で大阪府が調査して明らかになっている

6 では、どうしてこのビルの危険性を事前に察知できなかったのか

などなどです。

橋下氏が普通の神経なら、絶体絶命と感じるところでしょう。

 

府庁移転断念問題で大阪府民に大損させた橋下徹府知事・松井維新の会幹事長は大阪ダブル選挙に出る資格なし

 

 

このビルを建てた大阪市と第三セクターにビルの欠陥の責任があるとは言え、だからといってそれをよく調査せずに買ってしまったとなれば、橋下氏が法的責任も政治責任も免れることは出来ません。

そして、現在できる最も良い策は、今日にも起こるかも知れない南海大地震が起これば甚大な被害が生じるのですから、ただちにビル解体に入ることなのです。本当に強い勝負師は「損切り」ができてなくては。

ところが、橋下前府知事も松井維新の会幹事長・大阪府知事も自らの過ちを認めることになるためそれをせず、このビルを維持し、府庁併存を強行してしまっており、大阪都構想を協議する会合もこの危険なビルで行われています。

付き合わされている職員はたまったものではないですし、ここに行かされる府民も危険にさらされています。

大阪府庁には現状維持で既存の建物を当面使えば良いのに、そんな簡単な決断も出来ない橋下氏らのどこに決断力とスピード感があると言えるのでしょうか。

 

大阪府市統合本部に結集した橋下市長・松井府知事と特別顧問の無能と無謀

 

 

さて、橋下氏が大阪府知事を辞めたことで、今回の住民訴訟の被告は橋下氏ではなく、松井知事となりました。維新の会の府知事候補の引き受け手が他に現れなかったのはここに原因があります。

 

橋下府知事の買った湾岸庁舎で1200億円の損害 維新の会、当然府知事候補に断られる

さらに、もし、この訴訟の終結前に、大阪府と大阪市が統合して大阪都になれば、一つの法人格となりますから、大阪市から大阪府が旧WTCを購入して大阪府が損害を被ったという問題がなくなり、この訴訟は訴えの利益がない、ということになるかもしれません。

スピード感満載の橋下氏と維新の会の「大阪都構想」には、尻に火が付いている橋下氏の裁判逃れの思惑もあるのでしょう。この裁判で大阪府が負け、大阪府が橋下氏に100億円近くを請求することになったら、彼は破滅なのですから。

そんな大阪都構想を手放しで賞賛しているマスコミや評論家、すり寄りおもねる既成政党(いまやこちらが大政翼賛会)には呆れてものが言えません。

持ち前の逃げ足の早さ、ならぬスピード感で、拙速極まりなかった旧WTC購入の責任追及を、橋下氏が逃げ切れるのかは予断を許しません。

 

 

ここまで深謀遠慮があるならもっと良いことに使え!と思われた方は

よろしかったら、上下ともクリックをしてくださると大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ人気ブログランキング  

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

ジャンル:
災害
コメント (15)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書評 「『災害救助法』徹底... | トップ | 野田新内閣は軍拡政権 宇宙... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
異義あり。 (畑)
2012-01-13 23:53:05
WTC問題の“幕”は、3つあると思います。

1つ目の幕は、WTCが建設された当時のこと。
発注側の大阪市は、施工業者と建物について、きちんと“品質”を見抜く体制はあったのか? 莫大な公共事業に対する、市民の付託としての職責は果たしたのか? 当時の大阪市長と市幹部の責任はありませんか?

2つ目の幕は、その莫大な費用、つまりは市民からの税金を投入した「財産」を、あまりにも安い値段で大阪府に叩き売った平松市長(当時)の責任はどうですか? “買い手”である橋下知事(当時)ばかりを意図的に問題視するのはおかしいと思います。

3つ目の幕です。ここではじめて貴殿のご指摘のところにきました。 府民に損害を与えたとのご指摘ですが、1幕2幕で触れたとおり、そもそも莫大な市民税等の投入を経て建てられたものです。“価値のない建物を買った無駄遣い”との一方的な問題でしょうか? 

また、東日本大震災で明らかになった長周期振動地震による耐震性は、何もWTCだけの問題ではないでしょう。
臨海地区の津波危険度を殊更に煽りたて、まるでWTC付近にいることさえ危険だと煽るような書き込みも感心しません。今現在、いったいどれだけの人が住んでいると思っておられるのか? そもそも今回の震災は、都市機能に関する認識を根底から覆す問題があちこちらに出てきました。貴殿だけはまるで震災前から気付いていたかのような厚顔ぶりです。
こういった災害が発生する前の状況からすれば、WTC活用は複眼で見ればとてもよいアイデアだったと思います。
そもそも橋下には全く関係のない、負の遺産たるATC/WTCをどうにか?です。いまいち活性化しない関西空港を含めた臨海部の再生、そして府の本庁舎の手狭さと老朽化問題の解消、といった最大公倍数は、やはりWTC活用だったと思います。震災後にこれを責めるのは愚かな愚行だと思います。
Unknown (a)
2012-01-14 12:48:41
畑さん

議会の二度の否決、橋下自身が依頼した専門家にも否定的な指摘を受けていたのに、欠陥品の購入を「よいアイディア」というのには驚かされます。

咲州への地下鉄は震度5でとまることも事前に指摘されていました。地震で、咲洲庁舎へのアクセスが断絶して、行政機能がマヒすることは東日本大震災以前、WTC購入以前から指摘されていました。

その指摘があったにも関わらず購入したのだから、責任をとるべきです。

WTCは、もともと民間に売却予定だったんです。民間に売却するか、もしくは思いきって取り壊してしまう方がよほど良かったでしょう。

そもそもWTCを建てるべきでなかったというのには同意です。市議会で反対して他のは共産党くらいだったのでは。

Unknown (畑)
2012-01-14 18:07:44
ご回答ありがとうございます。


>欠陥品の購入を「よいアイディア」というのには驚かされます。

私の表現が拙いので誤解を生んでいるかもしれません。
その通り、まったくの誤解です。
例えば、阪神高速湾岸線は臨海部を半円でむすびました。都心を通ることなく、環境的にも有効です。この人と物が行き交う中心に府庁を含めた副都心を作るアイデアは、理想的にはアリだと思います。少なくとも中途半端に“持て余している”状況下で、経済を含めた都市のあり方の未来図を描くのは、誰が府知事であろうが為政者の姿として当然のことです。少なくとも、この未曾有の大震災がもたらした“新たな危機管理の想定の時代”の「前」と「後」では、簡単にジャッジをすることはできないと思います。それこそ“何らかの思惑”を感じてしまいます。

その“欠陥祖商品”(WTCビル)を発注したのは誰ですか? 後(あと)検査しましたか? 施工者の責任は? この建物を作った「原資」はどからですか? この莫大な市民の資産を現実に叩き売ったのは誰ですか? 逃げないでお答えください。

次。

「津波対策」という発想も、今になってクローズアップされた問題です。脆弱な防備を殊更に煽るなら、今現在ここに居住し、私的財産をお持ちの多くの人たちはどうなりますか? 
臨海部にマイホームをお持ちの方の心境はどうですかね?
元をたどれば、こうした地域を見過ごした為政者・行政の責任まで責任追及しなければいけませんよ。

貴殿のような、“そらみたことか”的な意見発信は無責任だと思います。


Unknown (元職員)
2012-01-14 18:38:47
後だしジャンケンでは?
地震の影響は地震前にはほとんど言われていませんでしたよ。冷静に考えて橋下さんも3.11後なら買っていないでしょう。 
阪神大震災の時をご存知ないからこのようなことを書くのでしょうが、このときはそこまで大きな影響はありませんでした。
液状化とニュートラムの長期休止、交通網の麻痺(部分的な液状化と高速の休止のため)程度でしたから、今回のようなWTCの被害は想定できていなかったのでしょう。 まぁ想定できたかできなかったかは裁判にゆだねましょう。

あと、報道はされていませんが、平松さんを助ける意図があって購入したと思っています。購入後、平松さんに裏切られてますけどね(笑)
WTCを民間に売却予定だったといわれますが、これも絵に描いた餅では? 買い手がおらず、大阪市がどうしようもなかったのですから。結果的には買い手がつかずに取り壊す方がよかったのでしょうけど、その時は大阪市が何かに使ってたでしょう、必ず。

あと、WTC建設に反対していたのはホント共産党だけでした。住民も反対運動なんて何もなく、りんくうタワーに勝てっという話ばかりでしたね。ご参考まで。

まっとうな (ふう)
2012-01-14 18:41:34
大阪人なら、たいてい「なんでわざわざWTCなんか買うねん?」と言ってましたよね。防災の素人でさえ、「あそこは地震おきたらやばいよね」と言ってましたもんね。阪神淡路大震災を経験した人たちは、ほぼみんなWTCはあぶない、とわかっていました。買う前から。
だから、買う前にはわからなかったという言い訳は、通用しないのは誰の目にも明らかです。
建てた人もまちがってるし、買うた人もまちがってる。売った人は、別に物件についての情報を隠しているわけでもないですから、買う人間が調査して納得して買おうと決めたら、ふつうに売りますわね。別にこれは罪でも何でもない。当たり前のことです。つまらん物件ならば、買い手は買わなければいいだけのことなんですから。誰かがした間違ったお買い物の責任をこの先もずっと大阪府民はとらされ続けるのですよね・・・「気に入らなければ、選挙で落とせばいい」とおっしゃっていつも逃げてしまわれますが、それはつまり、「自分の間違いについて自分は責任を取らない。投票した者たちでとってくれ」という、責任丸投げ~という感じに思えてくるのですけど。じゃあ、投票した人たちがかわりに責任とってくれるのかな?
それはちがうでしょう? 政治家として責任ある態度というのはどういうものなのか、考えてほしいなあといつも思います。それに、気に入らなければ落とせばいいってことは、選挙で通ったら、何をしてもいいやろ~と言ってるみたいで、それまたちがうでしょうといいたいのですが。
畑さん横レスすみません (b)
2012-01-14 23:23:37
 今の大阪の状況を客観的にみていると期待されるところと恐ろしい点と両面があるかと思います。
 筆者は、危険性のあるWTCを安易に購入し、なぜ府庁を移転しそこを災害拠点としようとしたかということを指摘しているのです。
 畑さんの意見は、そもそもWTCを建てた行政や政治家等の責任があるのでは?それを購入した橋下さんは悪くない的な意見ですよね。
 論点がずれているし、WTCを建てた問題とWTCを購入して府庁を移転しようとしたことは別の問題ですよね。
 確かにおっしゃっていることはわかりますし、WTCを建てた行政や政治家の責任はあると思いますが。だからWTCを購入したから悪くないとはならないかと。
 間違っていても何が何でも擁護する的な発言はおかしいかと。橋下さんの改革は正しいこともいっぱいあります。しかし、思い込んだらつきっぱしるところがあります。
 我々有権者は正しいことは正しい、間違っていることは間違っているということが大事なのでは?
 後だしではという意見もありますが、そもそも事前に危険性は指摘されていました。何らかの災害が起こる前に訴訟なんてしませんよ。何らかの災害が起きて訴訟が起こるわけで。
 忘れてはいけないのは、単にWTCを購入したというだけではなく、WTCを災害拠点としようとしたこと。これは明らかに間違いだと思います。
 効率性を求めるあまりに購入したのは浅はかではなかったと思うしかありません。少なくとも市民府民の命を預かっている訳ですから。慎重が判断が必要ではなかったのではないかと思います。
Unknown (畑)
2012-01-15 01:07:02
b様。

ご指摘のことですが、筆者が本当に公平な立場で論理的に述べているのであるなら、私もここまで申しません。

ですが、筆者はこう結んでいます。

『そんな大阪都構想を手放しで賞賛しているマスコミや評論家、すり寄りおもねる既成政党(いまやこちらが大政翼賛会)には呆れてものが言えません。』

何を言わんかです。

建築された時点からの複眼による検証、つまいr「そもそも」の部分からの検証をせずして、意図的な情報発信は卑怯だと申しあげているのです。


※宮武さん、消しちゃダメですよ。
Unknown (a)
2012-01-15 04:12:36
畑さん

>その“欠陥祖商品”(WTCビル)を発注したのは誰ですか? 後(あと)検査しましたか? 施工者の責任は? この建物を作った「原資」はどからですか? この莫大な市民の資産を現実に叩き売ったのは誰ですか? 逃げないでお答えください。

逃げてるのは畑さんの方です。間違っていた橋下の判断をなぜかかばって支持されているのですから。もちろん、WTCを立てたのがそもそも間違いとは私もコメントしているとおりです。だから立てた人も橋下も責任をとるべきでしょうね。

それといったん立ててしまった欠陥住宅は民間に売るか取り壊すべきだったとすでに述べてますが。
Unknown (a)
2012-01-15 04:27:06
畑さんの

>貴殿のような、“そらみたことか”的な意見発信は無責任だと思います。

どうみても判断ミスのWTC購入が不適切だった指摘すること自体が無責任というのにも驚きです。

原発事故前から原発を批判していた人への中傷を思いおこしてしまいました。前々から危険性をしてきしていたのに、事故が起こると「それみたことかという態度」と文句を言われたりする。

事前に指摘されていて、府議会で二度も否決されていたのだから精査するチャンスはいくらでもあったんです。なのに購入を強行した。



論点のすりかえ (b)
2012-01-15 11:20:01
だから別問題ですよね。
もちろん建てた側の責任もありますよ。
ここで話題にあげているのは、WTCを何故購入して災害拠点にしようとしたかです。
筆者は橋下さんの手腕など認めている点もありますよ。
畑さんの意見をみるとかなり違和感があります。
論点をそらしていき、まるで橋下さんの間違いはなかった的な話にしていますよね。
色々検証しなければといいますが、一貫して建てた側が悪いというだけで購入した責任はあまりふれていないですよね。
畑さんの方がバランスが欠けているのではないでしょうか。
確かに府庁を1本化したほうが効率が良かった。まさか地震はおきないだろうという思いはあったと思います。しかし、危険性は言われており、自治体の長たるもの慎重な判断が必要だったのではないかと警鐘を鳴らしているのです。
今一番大事なのは、改革は必要だと思いますが、正しいことは正しい、いけないものはいけないと言うことをこれからしていかないといけないのではないでしょうか。
誰しも間違いはあります。少なからず、私の読みが浅かったと認めること、謙虚な姿勢が大事なのではないでしょうか。
Unknown (畑)
2012-01-15 15:17:04
再度、「ですが、」です。

筆者はこう結んでいます。

『そんな大阪都構想を手放しで賞賛しているマスコミや評論家、すり寄りおもねる既成政党(いまやこちらが大政翼賛会)には呆れてものが言えません。』

何を言わんかです。

論理的に先の“一点”を糾弾しているのなら、
ここまで“全て”に対して「呆れる」と言い放つとは何事ですか。


「主観」が先ずありきです。
それこそ、偏った立場から言い放つ、議論抜きのボヤキです。

私は橋下にも結果責任はつきまとうと思います。
しかし、物事はそこに至るプロセスも検証しないsと片手落ちになります。
本気で橋下の過失を追及したければ、そこにいたる過去の責任をも追及されるのも当然です。
殊更に“橋下だけ”を訴訟まで起こして責めるのが違和感どころか論理的にもおかしいと申し上げているのです。

私は法律は門外漢です。これらが「犯罪」とは質を同じくしないものではありますが、
*構成要件妥当性
*違法性
*有責性
この3つがあって成り立つ中で、果たしてこの「欠陥物件の買取」が当事者の一方(橋下)だけに責任が課せられるものでしょうか?

この訴訟が本当に「勝ち目あり」とみて訴えたかは知りませんが、連動してこう騒ぐあたり、どうしても「これってどうなの?」(=私)という意見があっても何らおかしくないですよ。名もなき吹けば飛ぶ一市民にすぎない“私”も、れっきとした「市民目線」です。このことをお忘れなく。
この観点から
あまり興奮しないでください (ray)
2012-01-16 12:43:39
橋下・維新の会の記事については感情的なコメントが寄せられることがありますが、どの立場の方もできるだけ冷静にお願いします。
Unknown (a)
2012-01-16 16:07:51
WTC建設に賛成した人の責任はどうなってるんだという点は、私も同感ですよ。おそらくブログ主も。

ただ、橋下氏は公務員叩きなど税金の無駄遣い叩きをするわりに、自身が税金のものすごい無駄遣いをしていて責任をとってないから一層反発されるんです。

それは別にして、

>この莫大な市民の資産を現実に叩き売ったのは誰ですか?

民間に売却したとしても、結局たたき売りになったでしょう。価値のないシロモノはそれに応じた市場価格でしか売れない。むしろ、大して価値のないものを高く売る方が問題があると思います。

そもそもWTC建設自体が無駄だったということです。
なんか興奮しちゃいます(笑) (おーちゃん)
2012-01-18 22:34:20
先生、明けましておもでとうございます。今年も講座を通じて、学力アップに努めたいと思います。

で、このネタになるといつも登場しちゃいますが。

ハシモトねたは興奮するんですよねー。
とってもフシギですっ。

宝塚のトップスターさんもアンチがいる方が人気がありますから。

やっぱり、橋下は魅力的な人物なんでしょうね(笑)

さてさて、

一番の問題点は「議会での2度の否決」をされたにも関わらず、ハシモトさんの決断で85億円を投入したという事実についての是非だったと思います。

この点について、先生がおっしゃるように政治的責任と法的責任の二つの責任問題が生じるであろうというのが先生のご主張だと感じました。

全くその通りです(笑)

この点について、反論してみろと言われると
論点をぼやかさずに反論するのは僕的にはとてもムズカシイですねー。

逆に、ハタさん、反論されていてすごいと思いました。

その後どうなったんでしょうか? (クニモニノラ)
2013-06-20 22:43:37
ブログに橋下批判書いてます。

この裁判のその後が知りたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
シンポジウム「子どもたちの未来と大阪の教育」 (2012年1月28日、大阪府守口市で) (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
   私は、学校の先生たちが職を失う恐怖によって上意下達の機械にさせられることに「ノー」を言います。 「教育カイカク」の表向きの目的がたとえ「善意」から出たものだとしても、学校の先生たちが職...