Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

原子力規制委が廃炉原発の制御棒などの核廃棄物を電力会社が400年、国が10万年管理!と決定の非現実ぶり。

2016年09月01日 | 内部被曝の恐怖
   原子力規制委員会は2016年8月31日、原発の廃炉で出る放射性廃棄物のうち、原子炉の制御棒など放射能レベルが比較的高い廃棄物(L1)の処分の基本方針を決定しました。  その中身が仰天で、まず、地震や火山の影響を受けにくい場所で70メートルより深い地中に埋め、電力会社に300~400年間管理させる。  その後は国が引きつぎ、10万年間、国が掘削を制限するというのです。  10 . . . 本文を読む
コメント (14)

福島県小児科医会が甲状腺がん検査の規模縮小含め見直し要望。「がんが見つかって県民に不安」の本末転倒。

2016年08月26日 | 内部被曝の恐怖
   東京電力福島第1原発事故の健康影響を調べるため、福島県が県内の全ての子どもを対象に実施している甲状腺検査を巡り、県小児科医会(太神和広会長)が2016年8月25日、検査規模の縮小を含め、検査の在り方を再検討するよう県に要望しました。  小児科医会は、これまでの検査で多数の甲状腺がんが発見されたことにより、検査やその後の治療の進め方を巡り、放射線の影響は考えにくいものの検査で多く . . . 本文を読む
コメント (15)   トラックバック (1)

NNNドキュメント「THE 放射能 科学は放射線の影響にどこまで迫れるのか?」 動画付き

2016年03月14日 | 内部被曝の恐怖
  3・11大震災シリーズ(71)THE 放射能人間vs.放射線 科学はどこまで迫れるか? 次は2016年03月20日(日) 24:55 番組内容 福島の原発事故でセシウムやストロンチウム、聞いた事もないテルルなどの核種が大地を汚染した。放射能は人や生物にどんな影響を与えるのか。最先端の研究と映像で迫る。 詳細 福島第一原発事故は、推定90万テラベクレ . . . 本文を読む
コメント (3)

消費者庁が誤導調査「放射線による健康影響が確認できないほど、小さな低線量のリスクをどう受け止めるか」

2016年03月10日 | 内部被曝の恐怖
   明日で、東日本大震災・福島原発事故から丸五年。  報道を見て、消費者庁の調査発表をNHKが歪めて報道したのかと邪推したのですが、消費者庁の質問項目の方がおかしいことがわかりました。  消費者庁は、その名も 風評被害に関する消費者意識の実態調査~食品中の放射性物質等に関する意識調査~ という意識調査を続けていて、今回は第7回の結果を報告しました。  実際に被害があるのか . . . 本文を読む
コメント (10)

福島の子どもたち167人に甲状腺がん又はその疑い。通常の数十倍。放射線の影響なしでは済まされない。

2016年02月16日 | 内部被曝の恐怖
   福島県の「県民健康調査」検討委員会では、東京電力福島第一原発の事故当時に県内に住んでいた18歳未満と、事故の後、1年以内に生まれた子どもをあわせておよそ37万人を対象に甲状腺検査を続けています。  このうち、167人が甲状腺がんないしその疑いがあるとされ、少なくとも116人は甲状腺がんと診断されました。  甲状腺がんは100万人に1人ないし2人しか罹患しないがんとされてきたの . . . 本文を読む
コメント (11)

内部被曝の恐怖40 福島原発事故以来、オオタカの繁殖成功率に異変 食物連鎖による生物的濃縮が原因か 

2015年04月23日 | 内部被曝の恐怖
よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです! 人気ブログランキング にほんブログ村      久しぶりの「内部被曝の恐怖シリーズ」です。  世間では地上から何センチだと放射線がどれくらい、などと外部被ばくばかりを問題にしますが、放射性物質が体内に取り込まれ、内臓や骨に放射線を浴びせ続ける内部被ばくの方が何倍も何倍も恐ろしい . . . 本文を読む
コメント

内部被曝は外部被曝よりはるかにダメージが大きい 内部被曝の恐怖39

2012年01月31日 | 内部被曝の恐怖
   原発推進派の「放射脳」をまき散らす仮想?仮装?シンクタンクも出来て、原発推進派の巻き返しが始まる一方で、幸い、2012年1月27日、これまで被爆者の原爆症問題に取り組んでこられた医学者や科学者らにより、下の書籍にある 市民と科学者の内部被曝研究会 が設立されています。  その報告の中では、冒頭の図のように、内部被曝と外部被曝ではエネルギー量だけではなく、遺伝子が傷つく機 . . . 本文を読む
コメント (4)

原発推進派の「放射脳」がまき散らす内部被曝と外部被曝は同じものだという都市伝説

2012年01月30日 | 内部被曝の恐怖
  内部被曝からいのちを守る―なぜいま内部被曝問題研究会を結成したのか [単行本(ソフトカバー)] 市民と科学者の内部被曝問題研究会 (編集)         広島・長崎の原爆投下での初期放射線による被曝は体外からの外部被曝でした。我々日本人は放射線といえば外部被曝をまず想起するようになりました。  しかし、原爆投下時点では . . . 本文を読む
コメント

原発推進派が大慌て! ICRPの基準に科学的根拠なし NHK「低線量被ばく 揺れる国際基準」の衝撃!!

2011年12月31日 | 内部被曝の恐怖
脱原発のために、よろしければ上下ともクリックしてくださると大変うれしいです! 人気ブログランキングへ にほんブログ村     国際放射線防護委員会(ICRP)は累積100ミリシーベルトを超えるとがんになる確率が0.5%増えるが、100ミリシーベルト以下の放射線を被曝しても発がんリスクが増えるかどうかは不明であるとしています。 国やマスコミはこのICRPとその基準を金 . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (1)

年間100ミリシーベルト以下の放射線の発がんリスクが高いことは原爆症認定訴訟の判決で決着がついている

2011年10月25日 | 内部被曝の恐怖
「現在の科学的知見では、100mSv以下でも健康被害があるというのが、正確な表現であり、100mSv以下の健康被害が不明だというのは、ごまかしだ。」 まして、100ミリシーベルト以下では、健康被害はないというのは噴飯ものです。 ICRPも国連の組織ではなく、IAEAと同じく、国際的な原発推進組織です。だから、一緒になって、チェルノブイリ原発事故での死者は数十人しかいないというようなデマを流し続けています。 そのICRPよりさらに放射線の影響を過小評価するような言説は言語道断といえるでしょう。 . . . 本文を読む
コメント (16)

いわき市沿岸の動物性プランクトンから高濃度セシウム→魚→人間と生物濃縮で内部被曝の恐怖38

2011年10月16日 | 内部被曝の恐怖
東京海洋大のチームは15日、福島県いわき市の沿岸で今年7月に採取したプランクトンから高濃度の放射性セシウムを検出したとする調査結果を発表した。東京電力福島第1原発事故の放射性物質が取り込まれたとみられ、プランクトンを餌とする魚類への影響が懸念される。石丸隆教授は「食物連鎖で魚にどのように濃縮されるか分からないので継続的な調査が必要だ」と話す。 チームは7月上旬、いわき市の沿岸から60キロ沖までを航海し、プランクトンや小型の底生生物を採取。検出したセシウムは、沿岸近くのプランクトンが最高で1キロ当たり669ベクレルと高く、沖合10キロでは同6ベクレルと低くなった。また底生生物のクモヒトデからは同137ベクレルを検出。底生生物は海底にたまった放射性物質を取り込むため、今後濃度が高くなる恐れがあるという。 食品としての魚介類の暫定規制値は1キロ当たり500ベクレルと定められている。 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (1)

福島セシウム汚染牛4頭発見 事故後4000頭出荷 宮城は全頭検査せず出荷停止解除 内部被曝の恐怖37

2011年08月20日 | 内部被曝の恐怖
情報が錯綜しているのですが、今現在の全社の報道を読んで、私が驚いたことをあげます。 1 今回、厚労省がセシウム汚染を発見した4頭の牛を出荷した農家(すでに廃業)は1軒(三つの農場)だけで原発事故後もう4000頭出荷してしまっている 2 そのうち数百頭は体表検査をする前に出荷してしまっていて、この4頭(浪江町の農場で飼育された約200頭の一部)はそれに含まれている 3 これら4頭は、外に出されていたセシウム汚染稲わらを食べさせていない(と農家は言っている)ので、なぜ汚染されたかわからない 4 今回の福島県肉牛出荷停止解除検討にあたって、まだ、全頭検査を実施してなかった 5 出荷停止解除した宮城でも全頭検査していない . . . 本文を読む
コメント (3)

セシウム汚染牛肉給食 牛肉出荷停止解除 福島の子どもの半数近くが甲状腺被ばく 内部被曝の恐怖36

2011年08月18日 | 内部被曝の恐怖
福島第1原発事故後の3月下旬、政府の原子力災害対策本部が福島県いわき市などの15歳以下の1149人を対象に放射性ヨウ素の甲状腺被ばく検査をした結果、最大で毎時0.1マイクロシーベルトの被ばくが確認されたことが18日、分かった。   福島市教育委員会は18日、市立飯坂小学校で5月26日に出された給食の食材に、放射性セシウムに汚染された稲わらを与えられていた疑いのある牛の肉が使用されていたことを明らかにした。   国の暫定基準値を超える放射性セシウムに稲わらが汚染されていた問題で、大阪府などは17日、貝塚市、岸和田市、熊取町の3市町の学校給食で、汚染された稲わらを食べた疑いがある牛の肉を使用していたと発表した。すでに泉佐野市の市立学校給食センターで4~7月に3回使用していたことが分かっており、府内では4市町の学校給食で提供されたことになるという。  宮城県が県内産肉牛の出荷停止の解除に向けて行った農家への調査で、1万3075頭の肉牛に、福島第一原子力発電所事故後に集めた稲わらが与えられていたことがわかった。宮城県は、現在、出荷停止中の県内産肉牛について、国に出荷停止の解除を求めるため、2~5日に県内861戸の肥育農家に対して立ち入り調査を行った。その結果、169戸の農家の1万3075頭に、原発事故後に集めた稲わらが与えられていたことがわかった。 これに加え、3548頭の牛に、畜舎の床に敷かれる「敷きわら」として事故後に集められたわらが利用されていた。 . . . 本文を読む
コメント

ガンの原因が放射線被曝か遺伝子情報(ゲノム)からわかる!!? 福島原発事故 内部被曝の恐怖35

2011年08月01日 | 内部被曝の恐怖
甲状腺ガンについて、ガンの原因が(福島原発の)放射線によるものかどうか、分かる可能性が濃くなってきました。放射性物質が落ちた地域に長時間滞在した方々が甲状腺ガンになった場合、犯人である東京電力・福島原発の「指紋」がべったり残っているのが分かるというわけです。 . . . 本文を読む
コメント (1)

内部被曝は外部被曝の1000倍のダメージ 「ペトカウ理論」 低線量被曝の脅威 内部被曝の恐怖34  

2011年07月25日 | 内部被曝の恐怖
ECRR科学議長のインタビューが末尾にあります。    今回の福島原発事故による今後50年間の200km圏内のガンの発生数は、ICRPの予測で約6,000人、ECRRが約41万7000人となっています。ICRPは内部被曝を考慮していませんからこのような結果になるのです。「長時間、低線量放射線を放射する方が、高線量放射線を瞬間放射するよりたやすく細胞膜を破壊する」ことが、確かな根拠を持って証明された。これが、これまでの考え方を180度転換させた「ペトカウ効果」と呼ばれる学説です。新刊『人間と環境への低レベル放射能の脅威―福島原発放射能汚染を考えるために―』 ラルフ・グロイブ、アーネスト・スターングラス[著]、肥田舜太郎、竹野内真理[訳](あけび書房) . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (1)