そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

ノア 約束の舟

2014-06-18 | 劇場映画れびゅー
ダーレン・アロノフスキー監督がこんなテーマの映画を撮るなんて、ただのディザスター・ムービーでも宗教映画でもなくなんか有るに違いない。
ノア 約束の舟』を観てきました。
★★★

やっぱりダーレン・アロノフスキー監督作はこうでなくちゃ展開が待っています。

この映画の見所は、大洪水が起きるまでを神聖な叙事詩的に描いた前半では無く、大洪水後の狂気を描いた後半。
サスペンスを超えてホラーとも感じてしまう程に、人間の狂気を嬉々としてノリノリで描き始めてからが面白い。

ただし、聖書の物語や教えに矛盾や狂気を提示しながら、微妙に時代を超越した方法で描いている辺りは、熱心なキリスト教信者の方には受け入れられない内容かもしれません。

あと戸田奈津子大先生様が今回もやりたい放題でグッタリ。



レクイエム・フォー・ドリーム <HDリマスターBlu-rayスペシャル・エディション> [Blu-ray]
ダーレン・アロノフスキー,ヒューバート・セルビー・Jr,ヒューバート・セルビー・Jr,ボー・フリン,ステファン・シムコウィッツ,ニック・ウェクスラー
ポニーキャニオン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポンペイ 3D | トップ | 円卓 こっこ、ひと夏のイマジン  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ノア 約束の舟」 (日々“是”精進! ver.F)
人類存亡の旅へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406130001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】映画『ノア 約束の舟』 [ (オリジナル・サウンドトラック) ]価格:2,808円(税込、送料込) 【楽天ブックス...
ノア 約束の舟 / Noah (勝手に映画評)
旧約聖書・創世記に出てくる「ノアの方舟」伝説を映像化。 キリスト教に疎い日本人には、正直、創世記の物語はちんぷんかんぷん。まぁ、アダムとイブの話は、少しは聞いたことが有るとして、カインとアベルは、その名前位は聞いたことがあるかもしれないけど、何をしたの...
映画『ノア 約束の舟』観た (よくばりアンテナ)
ぜ~んぜん聖書については知らないのですが、 知らなくても大丈夫です。 創世記について序盤におおまかな説明がちゃんと語られてます。 創世記からつながる夢を見たノアは 神からの予言だと信じて、 大洪水の前に家族と岩の巨人の協力を得て箱舟を造る。 嵐の...
ノア 約束の舟 (心のままに映画の風景)
堕落した人間たちを一掃するため、世界滅亡を意味するような夢を見たノア(ラッセル・クロウ)は、神の啓示と信じ、家族と共に汚れなき生き物たちを守るため箱舟の建設を開始する。 舟の完成が近づくと、どこからともなく生き物たちが次々と舟に乗り込んでくるが、か...
「ノア 約束の舟」 まさに狂信的な (はらやんの映画徒然草)
「ブラック・スワン」のダーレン・アロノフスキーの新作が「ノアの方舟伝説」を題材に
ノア 約束の舟 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ノア 約束の舟 '14:米 ◆原題:Noah ◆監督:ダーレン・アロノフスキー「ブラック・スワン」「レスラー」 ◆主演:ラッセル・クロウ、ジェニファー・コネリー 、レイ・ウィンストン、エマ・ワトソン、アンソニー・ホプキンス、ローガン・ラーマン、ダグラス・ブース ...
ノア 約束の舟 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ノア 約束の舟』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編を見て興味を持ったので映画館に行ってみました。  本作(注1)のはじめの方では、アダムからノアまでの系譜が辿られた後(注2)、成人したノアに対して父のレメクが「アダムの子孫のお前が仕事を引き継ぐ....
映画『ノア 約束の舟』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-49.ノア 約束の舟■原題:Noah■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:138分■料金:1,100円■鑑賞日:6月14日、TOHOシネマズ日劇(有楽町) □監督・脚本・製作:ダーレン・アロノフスキー□脚本:アリ・ハンデル◆ラッセル・クロウ◆エマ・ワト...
「ノア 約束の舟」 (ここなつ映画レビュー)
鬼才ダーレン・アロノフスキー監督作品。ダーレン・アロノフスキーは何処へ行こうとしているのだろう?一度何処か遠~い所へ行ってしまって、ありゃりゃと思っていたのが帰って来て。胸を撫で下ろしたのも束の間、今度は「巨匠」の方へ旅立って行く貴方。素晴らしい作品だ...