そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

ルパン三世

2014-09-02 | 劇場映画れびゅー
日テレに協力して貰えなくてテーマ音楽が使えない時点で既に地雷映画としか思えず、観終わった後に呑みながら悪口大会をして楽しむ事を前提で友人を誘って『ルパン三世』観てきました。
結果、ぶち撒けまくって大いに楽しいお酒になりました。


ルパン一味がまだバラバラで、銭形警部とも初対面と言うビギニングものになっている辺り、どう観ても続編を作る気満々な本作ですが、これ以上恥ずかしいものを世界発信するのは辞めていただきたい。
かつて無い程多くの国での上映が決まってしまったらしくて、反応が怖い。

別モンと思って観ても根本的に面白くない。
脚本に矛盾だらけ、演出不満だらけ、アクションは何が起きてるのかさっぱりわからない。
致命的なのは、ルパン三世の名前を使う必要が有ったのか?と感じさせてしまうくらいにルパン一味を生かせていないこと。

役者さん達は凄く良かった。
こんな映画で無駄にリアル奥さんのカメオ共演をネタに使われた小栗旬が一番の被害者かな。

ネタバレ
開幕、最新鋭の警備システムを備えた美術館からお宝を盗み出すミッション。
潜入している事を気付かれないよう、様々な警備システムをかい潜って行く間に、監視カメラはフツーに銃で撃ち抜いちゃってアホかと声に出しそうになった。早くもダメ映画な香りが漂い始めた瞬間。

お宝の展示室は床が重量を感知するシステムになっており、峰不二子はお宝の真上にワイヤーを飛ばして、天井からぶら下がって盗もうとするんだけれど、一番重要なはずのこの部屋には床感知だけしか防犯設備が無いと言う謎。
『チャーリーズ・エンジェル』のように吹っ切れた演出でやってくれたらノリで楽しめるんだけど、まだ気分がノッていないごく序盤でこれは、直前の監視カメラの件と言い胡散臭さしか感じられない。
それはそうとしても、峰不二子の後に続く仲間達は広い部屋の壁と柱の長距離間を人間技とは思えない脚力で飛び移ったり(最後どうするつもりだったのかこいつは)、床感知が有るっつーのに背中から床に向けて強烈なジェット噴射をして進むような奴ら。
それを峰不二子は飛んでる仲間に麻酔銃を撃って落とそうとする。いや、まだお宝取ってないこのタイミングで自身を窮地に?!
漫画やしルパン三世だからリアリティー要らんやんとか言う以前に、この短いミッションのありとあらゆるところが“オカシイ”んです。
最終的には部屋の真下の駐車場から床を爆破してお宝をゲットするルパン。て、そんな一番簡単で誰でも最初に考えそうな方法で取れてしまうって、どういう大人達が集まってこの場面を作ったのか。誰も疑問を持たなかったのか、疑問を口に出せないような「ルパン三世製作委員会」なのか。

そこから逃走する場面では、小栗旬の口の動きと実際の台詞が全く合っていないアフレコを見せられて困惑。
ヘッタクソな編集しよるなぁと思ってずっと観ていたら、この後何度もこのおかしなアフレコが続いて、だいぶ経ってからワールドプレミアバージョンの存在を思い出した。
どうやらこの映画は海外上映を意識して日本人キャストにも所々英語セリフを喋らせているのを、日本で上映する上で全部日本語に吹き替えているようです。
こんなに恥ずかしい映画を外国に売る気満々だなんて神経が図太いと言うか、無神経と言うか、買った国が可哀想。
わざわざそんな事をやってるけど、日本では外国映画に字幕を付けるのがフツーでも、殆どの国ではその国の吹き替え版しか上映しないのが常識なんだから、中途半端な言語ちゃんぽん版を作ってもどうせ全部吹き替えられてしまう。
外国人キャスト達も含め全員に日本語話させて、下手な人だけ吹き替えれば良かったのに。

等々思いながら、キャスティングについて特にマイケル役の兄ちゃんをどっかで観た気がして調べてみたら、台湾のF4のジェリー・イェンやったんですね。
ピエール役のキム・ジュンもなんと韓国版『花男』の美作あきら役だそうで、無駄に日本の花沢類(小栗旬)と台湾の道明寺司、韓国の美作あきらを揃えて、何がしたいのかこのルパン三世は。
まさか、別の国から西門総二郎役も連れてきて『花より男子』ワールドワイドスペシャルでも作る企画がポシャって、代わりに作ったんじゃないだろうな。

最初のミッションが終わって、いよいよルパン三世の物語が回り始めるかと思いきや、ルパン三世の映画じゃなくて、マークスっていう犯罪チームの話になりました。こんなのルパン三世が出てくる映画で有る必要が無い。
そもそも、マークスの存在する目的が全くわからない。リーダー爺さんの手足のように使われて、獲ってきたお宝は没収されしまう。何のために彼らは組んでいるのか。
マークスの本部が無防備過ぎて賊の侵入を簡単に許し、メンバーには殆ど抵抗する力が無く、あっという間に強奪されてしまうヘタレっぷりにも「何が犯罪ドリームチームやねん」と言いたい。
ここで次元が初めて登場するけど、爺さんの護衛のようなのに何の役にも立たないまま死なせてしまい、まるで復習のようにチームに合流。え?復讐劇なの次元にとっては。
その割にはこの後もずっとヌルいキャラクターで、チームの中では何故か料理人のような存在で、拳銃の達人的な演出はゼロ。
マイケルに銃を向けた時なんて、言って止めれば良いものを何故かルパンが次元の手から拳銃を撃ち弾いてしまう。「壊れるし!怪我するし!」と次元なら激怒しそうなものだけど、何も文句を言わないヘタレっぷり。だいたいなんでルパンは撃った。
帽子を照準器のように扱う場面は皆無で浅く被ったまま戦うし、件のシーンから銃の腕はルパンの方が上としか印象に残らない。

綾野剛の五ェ門の顔はずっとギャグとしか思えず、カッコイイとかそう言うところを目指して演技していても無理な出落ちキャラなのに加えて、演出がダメダメ。ここでこうあって欲しいって言う事はまずやらないし、やっても思ってたのとちょっと違う「これじゃない」感が続く。
剣で銃に勝てるかを試す場面では、銃弾を切るのかと思ったら普通に詰め寄って剣を寸止め。これって距離の問題が絡むから意味無くない?つーか、観たかったのは銃弾を切る場面で有って…と思っていたら、最後の襲撃シーンでは一応銃弾を切りまくって銃自体も切って倒す場面が有る。でも、この場面で観たかったのは、一気にやっちゃって銃弾がバラバラっと落ちた後で敵が一度にバタバタっと倒れていくあのアニメの五ェ門の感覚なんだけど、時間かかり過ぎて爽快感が伴わない下手さ加減。
車に斬りかかる場面では、車を真っ二つにすりゃ良いのに地面に刀突き刺しちゃって、どうやったらこう言うシーンになってしまうのかセンスが理解出来ない。

等々、おかしな場面をあげたらキリがなく、そろそろ書くのにも飽きてきたので、あと2つどう考えても解せないところをあげます。

一つは、敵の本拠地で金庫室に閉じ込められる場面。
マイケルがルパンを気絶させて中の金庫に入れるんだけど、空気圧が戻った時の事を考えたら金庫の蓋は完全には閉じずに何かを挟んでおいた方が良いよね?普通。等と考えながら観ていたら、マイケルは完全に閉めてしまって、おまけにカンヌキを下げてしまいやがる。
…しかし、爆破が終わって何の苦もなく出てくるルパン。

もう一つは、敵本拠地の前の地雷原の上で繰り広げられるクライマックスシーン。

本気なの?本気でこの映画作ったの?もう一度書くけど、誰も疑問挟めない空気だったの?

始まる前から地雷映画と友人と話していたのが、地雷が消える映画だったとは。



ルパン三世 カリオストロの城 [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TOKYO TRIBE | トップ | フライト・ゲーム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ルパン三世』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
製作発表された途端に物議を醸した実写版、公開初日にさっそく観てきました~。メインキャストはルパン三世に小栗旬、次元大介に玉山鉄二、石川五ェ門に綾野剛、峰不二子に黒木メイサ、銭形警部に浅野忠信という配役で、監督は北村龍平。試写会での感想を拝見すると大多数...
No.442 ルパン三世 (気ままな映画生活)
モンキー・パンチ原作の名作「ルパン三世」を小栗旬主演で実写映画化。所有する者は世界を統べると言われる秘宝「クリムゾンハート・オブ・クレオパトラ」を盗み出すため、鉄壁の ...
『ルパン三世』 (時間の無駄と言わないで)
まさかの実写版。 つまらないコトを確認するために観に行ったはずなんだけど、まさか大幅に予想を上回ってくるとは・・・。 一番つまらなかった頃のテレビスペシャルの方がまだ面 ...
ルパン三世 (Akira's VOICE)
キャラが合う合わない以前に話が面白くない。  
ルパン三世 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
アニメ版も絶大な人気を博している、モンキー・パンチのコミックを実写化したクライムアクション。天才怪盗のルパン三世と仲間たちが、世界最高峰の警備を誇る要塞型金庫から秘宝を盗み出そうとする。メガホンを取るのは、『スカイハイ』シリーズなどの北村龍平。ルパン....
ルパン三世 実写版 (単館系)
ルパン三世 実写版 ユナイテッド・シネマ浦和 8/30公開 絶対に破られることがないという屈指のセキュリティーシステムが敷かれている 超巨大要塞型金庫、ナヴァロンの箱舟。 手にした者は世界を支配できると伝えられる秘宝クリムゾンハート・オブ・クレオパトラが ...
「ルパン三世」奪われたお宝を奪還した先にみた絶妙に計算された盗みの極意 (オールマイティにコメンテート)
「ルパン三世」はモンキーパンチ原作のルパン三世を実写化した作品で世紀の大泥棒ルパンの孫にあたるルパン三世が大金持ちからお宝を盗みを繰り広げるストーリーである。大人気ア ...
劇場鑑賞「ルパン三世」 (日々“是”精進! ver.F)
狙った獲物は、必ずいただく… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201408300000/ 【送料無料選択可!】映画『ルパン三世』オフィシャルブック[本/雑誌] (単行本・ムック) / KADO...価格:1,728円(税込、送料別) 送...
ルパン三世 (だらだら無気力ブログ!)
なんか薄っぺらい感じでイマイチやったな、これなら宝塚歌劇団の『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!-』の方が面白そう。
「ルパン三世(2014・実写)」 あらららら・・・残念 (はらやんの映画徒然草)
ワールドプレミア試写会に行って観てきたという同僚の評価は「うーん?微妙」。 どう
ルパン三世 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/08/30公開 日本 133分監督:北村龍平出演:小栗旬、玉山鉄二、綾野剛、黒木メイサ、浅野忠信 ターゲットは、世界で最も美しき獲物。 古代ローマの時代、世界でもっとも美しいジュエリーと呼ばれた“クリムゾン・ハート”。それは現在、&ldqu...
映画『ルパン三世』 観てきた (よくばりアンテナ)
ストーリーなど詳しくは↓ 公式HPはコチラ 実は、あんまり期待もしてなくて、観ようか迷ってた。 で、なんでなのか、久しぶりに疲れてたのか、それともつまらなかったのかわからんけども、 うつらうつら、なんども目を閉じてしまい、 ( ゜д゜)ハッ! となっ...
[映画『ルパン三世(2014年の実写版ね)』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・非常に評判の悪い小栗旬主演の実写版『ルパン三世』を見てきました。  ちなみに、私の彼女は、家族で観に行き、途中からいびきをかいて寝てしまったとのこと^^;  さて、私はどうか?  ・・・凄く面白かったです。  小栗旬だが、アニメのルパンの、意外...
たしかにいろいろ残念だな~(わわわわわ)~「ルパン3世」~ (ペパーミントの魔術師)
いちばんきつかったのは五右衛門だったかな~(わわわわわ) 斬鉄剣、ハマー真っ二つにしなきゃオモロクないやん・・・ で、名ゼリフはコケるし何やらせてもギャグ。 ものすごく斬ってるのにスゲー感がないのは致命的・・・(あ~言うてもた言うてもた) 綾野剛、仕事選....
『ルパン三世』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ルパン三世」 □監督 北村龍平□脚本 水島力也□原作 モンキー・パンチ□キャスト 小栗 旬、玉山鉄二、綾野 剛、黒木メイサ、浅野忠信■鑑賞日 8月31日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆...
映画『ルパン三世』 (健康への長い道)
 実写化の話を聞いた時も、予告編を観た時も特に興味は持っていなかったのですが()、監督を務められた北村龍平さんの著書『映画監督という生き様(集英社新書)』をたまたま書店で目にして立ち読みし、こういう人が撮るなら面白いかもしれないと思い、観に行ってきまし...
映画 ルパン三世 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画     峰不二子役に相応しいセクシー女優は、いるけれど   アクションのことを考えるならば、黒木メイサの配役は妥当でしょうね。   アニメの峰不二子の雰囲気も出ていましたし ...
ルパン三世  監督/北村 龍平 (西京極 紫の館)
【出演】  小栗 旬  黒木 メイサ  玉山 鉄二  綾野 剛  浅野 忠信 【ストーリー】 絶対に破られることがないという屈指のセキュリティーシステムが敷かれている超巨大要塞型金庫、ナヴァロンの箱舟。手にした者は世界を支配できると伝えられる秘宝クリムゾンハート....
ルパン三世 (銀幕大帝α)
2014年 日本 133分 アクション/犯罪 劇場公開(2014/08/30) 監督: 北村龍平 『NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ』 原作: モンキー・パンチ メインテーマ: 布袋寅泰 出演: 小栗旬:ルパン三世 玉山鉄二:次元大介 綾野剛:石川五ェ門 黒木メイサ:峰不二...
ルパン三世 (いやいやえん)
【概略】 究極の宝物、クリムゾン・ハートをめぐり、ルパンたちが強大な敵を出し抜いて絶対不可能なミッションに挑んでいく。 アクション どんだけ酷いのか興味津々ってことで。酷いのは制作側で役者ではない。役者はそれなりにルパン役作りをしていたみたいだ。...
ルパン三世 (miaのmovie★DIARY)
【LUPIN THE THIRD 】 制作国: 日本 制作年:2014年 ユリウス・カエサルがクレオパトラ7世に贈った? 世界で最も美しいジュエリー“・・・〈光の首飾り〉に〈真紅のルビー〉 を埋め込んだ究極の宝物・・・【クリムゾン・ハート】。それはかつて 何者かによって...
ルパン三世 (のほほん便り)
かなり厳しい声も多かったみたいですが、私は小栗ルパンを筆頭に、次元大介を玉山鉄二、石川五エ門を綾野剛、峰不二子を黒木メイサ、銭形警部を浅野忠信と、キャスティングがハマってる気がして楽しかったです。 気楽に観られて、(^^*)でした まぁ、最も感じたこと...