そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

永遠の0

2013-12-31 | 劇場映画れびゅー
先に観に行った甥っ子(小学六年生)が絶賛していた『永遠の0』を観てきました。
★★★★

戦争を知らない世代の日本人に命の尊さと戦争の愚かさを改めて訴え掛ける、とても大切なメッセージのこもった映画です。

命の礎の上に戦後繁栄した国の総理大臣が、散って行った人々の魂が奉られた靖国を慰霊の為に参拝するのは、感謝の念があれば当然の事であって、戦争を賛美する行為では決して有り得ないと改めて感じました。

ネタバレ
映画のレビューというよりも率直に自分と照らし合わせての感想。

「生き残った者は物語を続けて行かなければならない」と言う、先日お亡くなりになられた夏八木勲さん自身の遺言のようにも感じてしまう台詞が心に響いた。
自分の人生は自分だけのものじゃないんだと、自分の人生に関して負う責任は今生きている家族の中に納まるものでも無いんだと。
この映画の中で描かれている以上に散って逝ってしまった命の礎の上に今を生きられているんだと、その命は、また次に伝えて行く義務も有るんだと言う事にハッとなりました。
子孫も残さず、なんて不幸な事をしているんだろう俺はって。

私の両親の祖父は双方とも公務員で戦地に行っていないんですね。
なので、近い身内に戦争で亡くなった者がおらず、亡くなられた方々の上に生きているという感覚が薄かったのかもしれません。
子供は別に欲しくないっていう感覚がどれ程「自分勝手なわがまま」なのか、そう言う視点で考えたことはこれまで無かった。
口うるさく言われても、子供を作らない選択肢を選ぶのは個人の自由だと考えていた。
この歳になってそれがどういう事なのか気付かされるとは。

そんな事を考えながらラストの特攻シーンを観ていると、息が出来ませんでした。



永遠の0 (講談社文庫)
百田 尚樹
講談社
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鑑定士と顔のない依頼人 | トップ | 2014年 元旦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
永遠の0 (Akira's VOICE)
命を生む零。  
永遠の0 ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながらつづっていく。主人公の特攻隊員役...
永遠の0 (本と映画、ときどき日常)
監督 山崎貴 出演 岡田准一     三浦春馬     井上真央 太平洋戦争で特攻隊として死んでいった祖父。 「臆病者!」と罵られようと、誰よりも”生きる”ことにこだわっていた人が何故…。 孫姉弟が当時の人達に話を聞き、真相に辿り着く。 もう少し戦闘シ...
永遠の0 (だらだら無気力ブログ!)
最後の所は蛇足かな。
永遠の0 (いやいやえん)
これは戦争ものじゃなくて、ヒューマンドラマでしょうね。 司法試験に落ちて進路に迷う健太郎は、祖母の葬儀の日に驚くべき事実を知らされる。実は祖母にはなくなった夫がいて再婚だったというのだ。 本当の祖父の名前は、宮部久蔵。60年前の太平洋戦争で零戦パイロ...
映画「永遠の0」 (FREE TIME)
映画「永遠の0」を鑑賞しました。
「永遠の0」 戦争を語り、戦争を聞く (はらやんの映画徒然草)
太平洋戦争が終結し、すでにもう65年以上の月日が経っています。 あの戦争を経験し
永遠の0 (心のままに映画の風景)
司法浪人の佐伯健太郎(三浦春馬)は、祖母松乃の葬儀で、賢一郎(夏八木勲)が実の祖父ではないことを知る。 本当の祖父は、太平洋戦争で特攻により戦死した宮部久蔵(岡田准一)であると教えられた健太郎は、姉の慶子(吹石一恵)に、宮部について調べてみようと誘...
永遠の0  監督/山崎 貴 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  三浦 春馬  井上 真央 【ストーリー】 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵の存在を聞いた佐伯健太郎。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛....
永遠の0 2Hドラマ(中身60分)で良かったかな。 (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【今年1本目】 妻と約束していたので今年最初の映画はこれになった、ファーストディで109シネマズ湘南。 元旦のテラスモール湘南はすっごい大賑わい、孫への買い物をしたり、あらと&うっちーとこの王子への出産祝いをむちゃくちゃ思い入れ込めて(妻には「それでええ...
永遠の0 (映画的・絵画的・音楽的)
 『永遠の0』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争物の映画は正直あまり見たくはないのですが、評判がとてもいいものですから、映画館に出向いてみました。  物語(注1)は、司法試験に4回落ちている健太郎(三浦春馬)が、姉の慶子(吹石一恵)と一緒に、自分の血の...
<永遠の0> (夢色)
泣き過ぎて目がパンパンで 頭ぐちゃぐちゃのままだから、順不同で つれづれと。*最後の春馬君、とっても良かったな。良い顔してた。叫ぶように泣いてたあの最後。そしてあり得ない 宮部との遭遇。あのシーン、本当に良かった。賛否両論かもしれないけど、私は良いシー...