そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

ダークナイト ライジング

2012-07-31 | 劇場映画れびゅー
クリストファー・ノーラン流『バットマン』シリーズ3作目にして最終回、『ダークナイト ライジング』をIMAXで観てきました。
★★★★★

前作のエンディングからの流れで犯罪者として警察に手配されるも、目的を果たし姿を消してしまっていたバットマンが復活する。
平和になったゴッサムシティーにはもうバットマンは必要が無いはずで、本来、彼の復活は良い意味では無い。
新たなる最悪の敵の登場によって、隠居生活から引きずり出される訳だ。

性善説なんてどこかに行ってしまう程に追いつめられ、秩序が崩壊するゴッサムシティーと、腫れ物を扱うように監視する米国政府。
前作『ダークナイト』では、これがハリウッドメジャー映画かと、しかもヒーロー物なのかと思ってしまう程に人の心の奥深くまで沈みに沈んで何かをえぐり出そうと描いていたが、今回ついにそれをえぐり出してしまう事となった。

キャラクターの面において、本作はあらゆる意味で成功している。
以下に六つにまとめてみた。

アン・ハサウェイのキャットウーマンが、あり得ないほどかっこ良く美しい。
あえて作中ではキャットウーマンと名乗らせない事と、ゴーグルを時折猫耳のように見せる事で観客の想像とリアリティーを両立させ、前作でバットマンが使っていた超クールなバイクを操る怪盗美女キャラで魅了する。
まるで峰不二子。
これが第一の成功。

ベインを演じるトム・ハーディは、面影が残るのは目だけという大変身ぶり、ほとんどかぶりモノ。
顔だけでなく身長も体型も全く別人で、こんなに別人と化してしまうような役は誰も受けなかろうというところに敢えてトム・ハーディ。
100%作りものの姿と気付くのは、トム・ハーディがキャスティングされていた事を知って観ていた人だけだろう。
第二の成功。

マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマンら旧ベテランキャスト達が、渾身の演技で脇役を超えた存在感を主張する。
第三の成功。

この先はネタバレ。

ネタバレ
「おいおい、最初から彼女をレイチェル役でヒロインにしておけよ」と思わせるマリオン・コンティヤールのキャスティング。
ダブルヒロインのアン・ハサウェイよりも断然芝居が深いのに、無駄に増設されたような役柄で謎を感じさせる。
ケイティー・ホームズやマギー・ギレンホールでなく彼女がレイチェルやっていれば、きっと前作で死なせられなかったに違い無いし、レイチェルを広げてこの役どころのシナリオにしれいればもっと存在意義があったのに、等と感じながら観ていたら、なんと重要な意味の有る役だったわけです。
キレてからの表情がまた良い!
第四の成功。

ジョゼフ・ゴードン=レヴィットが唐突に新キャラ、若い警官として登場。
監督はこの役者をそんなに気に入ったのかと思いながら、クリスチャン・ベイルに次ぐ位に登場する場面の多い意味深ぶりに観ていて謎が深まる。
そして、彼に対しバットマンが仮面が必要な理由について言及する場面が。
まさか、まさかと思わせながらドキドキを引っ張り、最後にボソッと名前出し、そしてニューヒーローの誕生に繋がりそうなラストシーン。
事前情報無しのサプライズでロビンの登場が第五の成功。

そして、バットマンですよ。
心身ともにボロボロのバットマンをボロボロの体で演じるクリスチャン・ベイル。
本作の中で二度復活する間、体が大きくなったり小さくなったり、ベインのようにCGや特殊メイクを使えばこんな事は可能なのかもしれないが、クリスチャン・ベイルの過去の作品から想像すると、この人ならガチでやっていそう。
そのリアリティーを出す為に、ここ数年の作品を選んでたんじゃないかと思わせてしまう。
第六の成功。

そんなキャスティングの面白さとサプライズに支えられながら、映画のバランスも素晴らしく絶妙。
正直、ラスト30分近くまではワクワク感がこれまでのノーラン版『バットマン』の中では極端に少ないようにも感じる程で、見せ場の連続ながら何もかもをじっくり丁寧に描いており、ダークナイトの世界をこれでもかという程時間をかけて観せつけてくれていた感覚。
「面白いけどこのままでは今回も★4個かな?」なんて感じていたら、ラスト30分で一気にアクセル全開で加速。
スクリーン側から全身に重力がかかり、映画館の席に磔にされていたかのような感覚で魅せる魅せる。

スケアクロウ役のキリアン・マーフィがまたもやオイシイ役で登場している辺り、クリストファー・ノーラン監督はお気に入りの役者さんをシリーズが終わるまで大切にする。
バットマンの大役を終えた監督の次回作が楽しみで仕方がない。



バットマン ビギンズ [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ワーナー・ホーム・ビデオ
ダークナイト [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ワーナー・ホーム・ビデオ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メリダとおそろしの森 3D | トップ | ピラニア リターンズ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そーれりぽーと さんへ (iina)
2012-08-03 10:54:23
適役ベインは、顔だけでなく身長も体型も全く別人で、100%作りものの姿だったのでしたか。

そーれりぽーとさんは、★★★★★の最高満足度でした。
物語りが進むにつれ、救いようはあるのだろうか、終らないのではと、そんな筈はないのを承知でも思ってました。
ともあれ、いろいろと伏線が交叉していておさらいが必要なようです。
Unknown (みあ。)
2012-08-08 16:32:16
早くも2回見ましたよ!
ウェイド・ウィリアムズがチラッっとカメオ出演してるじゃないですか。
ブラックゲートが襲撃された時どうなったんやろう??と思って、気になって仕方なかったので、もう一度見に行ったとゆーww

オジサン達がいい感じにこき使われる映画でしたなw
爆弾の隙間からゴードン本部長が転げだして来るシーンは笑いを堪えるのに必死でした。
めっちゃいい味出してた~ww

アン・ハサウェイってめっちゃジョジョ顔やんねぇw
美貌に目ぇを奪われました!
Unknown (みあ。)
2012-08-08 21:58:08
ホンマや!
インセプションを見直したら、トム・ハーディーって渡辺兼より背ぇが低いわ!
クリスチャン・ベイルが派手に体型を変化させてくるので、監督から同じように要求されたのかと思ってたら。

でも、ベイルの精神不安定ぶりは苦手なので、無茶するよりずっと良いと思いマスタww

>みあ (そーれ)
2012-09-11 13:17:27
どうも!
ウェイド・ウィリアムズどうなってたっけw

ゲイリー・オールドマン含め、オジサン役者達はみんな“バットマン”映画に出てるところを自分の息子達に見せたいから頑張ってはるんやろねw
前のシリーズからヒーローものってそういう傾向にあるみたい。

キャットウーマンにアン・ハサウェイなんてキャスティングしたら、これまでのキャットウーマン達がおばはん過ぎて可哀そう。

トム・ハーディはたぶん170センチちょいしか無かったはずやから、全然別人になっててびっくりした。

クリスチャン・ベイルは顔に神経質なとこが出てるからねぇw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ダークナイト ライジング / The Dark Knight Rises (勝手に映画評)
クリストファー・ノーランのバットマンシリーズ第三作目=完結編。前作『ダークナイト』の8年後という設定。 正直、これまでの1作目、2作目を見ておけば良かったと思いました。少なからず、前作から話が続いているので、マッサラな状態でみると情報が欠けた状態で理解が....
クリストファー・ノーラン監督『ダークナイト ライジング』(The Dark Knight Rises) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
クリストファー・ノーラン監督『ダークナイト ライジング』注・内容、台詞、ラスト他触れています。今回は特に鑑賞後に読まれることを前提にメモしています。The Dark Knight RisesDIREC
ダークナイト・ライジング (あーうぃ だにぇっと)
ダークナイト・ライジング@東京国際フォーラム
ダークナイト ライジング (だらだら無気力ブログ!)
キャットウーマンの腰つきがたまらんな。
[映画『ダークナイト ライジング』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆観てきましたよ^^  私は、クリストファー・ノーラン監督版『バットマン』シリーズに、「ノレない、ノレない」と言いつつも、  その作品作りの、ノーラン監督なりの「文法」が分かってきていたので、今作はなかなか楽しめました^^  ・・・感想は、ちょいと風呂...
ダークナイト ライジング/THE DARK KNIGHT RISES (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click NIGHT(夜)ではなく、 KNIGHT(騎士)。 RISINGではなく、RISES 待ってました!! バットマン ビギンズからのクリストファー・ノーラン監督が手がける3部作最終章 7/27(金)より先行。 それにしても、...
ダークナイト ライジング (Akira's VOICE)
スゴいとしか言えなくて震える。
ダークナイト ライジング ジャパン プレミア (風に吹かれて)
孤児 それぞれの生き方公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/batman3監督: クリストファー・ノーラン地方検事ハービー・デントの死から8年。デント法により犯罪活動が
『ダークナイト ライジング』(ジャパン・プレミア試写会) (・*・ etoile ・*・)
'12.07.25 『ダークナイト ライジング』(ジャパン・プレミア試写会)@東京国際フォーラム 今年一番楽しみにしていた作品! ノーラン監督が続編を撮ると聞いたときからずっと待ってた! しかも監督はじめキャストも来日とあれば、絶対行きたかった!! yaplogで当選! い...
ダークナイト ライジング (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE DARK KNIGHT RISES】 2012/07/28公開 アメリカ 164分監督:クリストファー・ノーラン出演:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、アン・ハサウェイ、トム・ハーディ、マリオン・コティヤール、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、モー....
『ダークナイト ライジング』 (ラムの大通り)
(原題:The Dark Knight Rises) ※映画の核に触れる 部分もあります。 ネタバレには注意したつもりですが、 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----アメリカの映画館でとんでもない事件が起こったよね。 この映画『ダークナイト ...
「ダークナイト ライジング」 ヒーローはどこにでもいる (はらやんの映画徒然草)
クリストファー・ノーランの「ダークナイト」3部作の最終作、「ダークナイト ライジ
映画『ダークナイト ライジング』 (健康への長い道)
 新宿ピカデリーには『マダカスカル3』吹き替え陣の舞台挨拶で、玉木宏さんらが来ていたらしく、出待ちの人が溢れていました。 Story ゴッサム・シティを襲撃したジョーカーを倒した後、トゥーフェイスことハービー・デント検事殺害の罪をかぶり、街を離れたブルース・...
やっぱりバットマンは神!『ダークナイト ライジング』 (水曜日のシネマ日記)
2008年に劇場公開された『ダークナイト』の続編です。
映画「ダークナイト ライジング」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ダークナイト ライジング」観に行ってきました。 映画「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督が製作を手掛ける「バットマン」シリーズ3作目にして完結編のアクション大作。 今作のストーリーは、これまでのシリーズの集大成ということもあり、前2作...
バットマン (もののはじめblog)
「ダークナイト・ライジング」 "The Dark Knight Rises闇の騎士立ち上がる"        伝説が、壮絶に、終わる。                             シリーズ「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」をブルーレイで録画しているので...
「ダークナイト ライジング」みた。 (たいむのひとりごと)
『バットマン ビギンズ』『ダークナイト』に続くシリーズ完結編。バットマンがすべての罪を背負うかたちで平和を誘ってから8年後の”ゴッサム・シティ”。実際には8年も経っていないので、主要キャストからは8年
『ダークナイト ライジング』 バットマン最大の敵に立ち上がる (映画のブログ)
 A hero can be anyone...  クリストファー・ノーラン監督は、三部作のテーマをそれぞれ一言で表現している。  『バットマン ビギンズ』は"Fear(恐怖)"。  『ダークナイト』は"Chaos(混乱)"。  そ...
「ダークナイトライジング」感想 (流浪の狂人ブログ ~旅路より~)
 クリストファー・ノーラン監督版「バットマン」第三弾にして、完結編。前作から8年、平和を取り戻したはずのゴッサムシティに再び訪れる新たな脅威を相手に、ブルース・ウェイン=バットマン最後の戦いが始まる。
ダークナイト ライジング/THE DARK KNIGHT RISES (いい加減社長の映画日記)
バットマンの最終章・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 ジョーカーとの戦いから8年、バットマンはゴッサム・シティーから姿を消し、ブルース・ウェインは隠遁生活を送っていた。 そんな彼の家にセリーナ・カイルという女性が忍び込み、彼の指紋を盗み出す。 ...
「ダークナイト・ライジング」誰の中にもいる (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
楽しみにしていた「ダークナイト・ライジング」 プレミアでの大事件の時は、屋久島に旅行中だったので何も知らなかった私。 中盤までのあまり何も起きない展開に、「予告編で観た大爆発早く起きろー」って思いながら観ている自分がちょっと怖かったりして。
ダークナイト ライジング (The Dark Knight Rises) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリストファー・ノーラン 主演 クリスチャン・ベイル 2012年 アメリカ/イギリス映画 164分 アクション 採点★★★ 自己紹介の際に出身地も添えると、その土地に因んだ話題で盛り上がることがありますよねぇ。私のケースだと一昔前なら「あぁ、独眼竜の!」...
「ダークナイト ライジング」:黒が、映像が、アン・ハサウェイがステキ! (大江戸時夫の東京温度)
映画『ダークナイト ライジング』は、クリストファー・ノーランによる陰鬱なバットマ
ダークナイト ライジング      評価★★★★★96点 (パピとママ映画のblog)
クリストファー・ノーラン監督による「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」に続くシリーズ完結編。8年間平和を保ってきたゴッサム・シティを狙う新たな敵とバットマン(ダークナイト)との攻防を描く。出演は「ザ・ファイター」のクリスチャン・ベイル、「センター・オ....
No.053 「ダークナイト ライジング」(2012年 164分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 クリストファー・ノーラン 出演 クリスチャン・ベイル    マイケル・ケイン    ゲイリー・オールドマン 夏休みに入りあちらこちらのシネコンは平日ながらいつもより人が多いです ここMOVIX八尾も例外でなくチケットカウンターの前は行列が出来てま...
『ダークナイト ライジング』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ダークナイト ライジング」□監督 クリストファー・ノーラン□脚本 ジョナサン・ノーラン、クリストファー・ノーラン □キャスト クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン、アン・ハサ...
映画:ダークナイト・ライズ Dark Knight Rises 壮絶な最終章は、終りでもあり、始まりでもあった(はず) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アタマの中がオリンピックに支配されてしまいそうな今日この頃(笑) バランス取らなくちゃということで、さっそく公開直後のこの映画をチェック。 当ブログでは、前作ダークナイトDarkKnight を、加速する狂気に圧倒される(2008年08月23日)と絶賛している。 2008年....
ダークナイト ライジング (心のままに映画の風景)
ゴッサム・シティを襲撃したジョーカーを倒したバットマン/ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)は、ハービー・デント(アーロン・エッカート)検事の罪を被り、ゴッサム・シティから姿を消した。 8...
ダークナイト ライジング (花ごよみ)
「バットマン ビギンズ」 「ダークナイト」に続いてシリーズ 3作目。 クリストファー.ノーラン監督による作品で 今回は最終章。 バットマンを演じるのはもちろん、 クリスチャン・ベイル。 新キャラクターとして出演の、 美貌の盗賊、魅力的なコスチュームの、 アン...
ダークナイト ライジング (to Heart)
伝説が、壮絶に、終わる。 原題 THE DARK KNIGHT RISES 上映時間 164分 脚本 ジョナサン・ノーラン/クリストファー・ノーラン 監督 クリストファー・ノーラン 音楽 ハンス・ジマー 出演 クリスチャン・ベイル/マイケル・ケイン/ゲイリー・オールドマン/アン・ハサウェイ/...
【映画】ダークナイト ライジング…ラストは『ありがとうバットマン』みたいな感じ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ここ数日、実家の目の前(本当に目の前)で、映画の撮影をしているらしいのです というのは、実家に出入りする娘と、私の母親からの情報。 子役(とその親)がたくさん向かいのお寺に集まっていたとか、河原に降りて撮影していたとか…断片的な情報しか有りませんが、ど...
伝説が壮絶に・・・ (笑う社会人の生活)
30日のことですが、映画「ダークナイト ライジング」を鑑賞しました。 ノーラン版バットマン 三作目 「ダークナイト」があまりに素晴らしかっただけに 続編、どうなのかなぁと思っていたが・・・ いやー 圧倒的 盛り上がり まさに終わりにふさわしい出来 今回もエン....
No.320 ダークナイト ライジング (気ままな映画生活)
クリストファー・ノーラン監督による「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」に続くシリーズ完結編。「ダークナイト」から8年後を舞台に、ゴッサム・シティを破壊しようとする残 ...
ダークナイト ライジング (銀幕大帝α)
THE DARK KNIGHT RISES/12年/米/164分/アメコミヒーロー・アクション/劇場公開(2012/07/28) -監督- クリストファー・ノーラン 『インセプション』 -製作- クリストファー・ノーラン -原案- クリストファー・ノーラン -脚本- クリストファー・ノーラン...
ダークナイト ライジング (いやいやえん)
「バットマン」シリーズ3部作の完結編。 重厚な雰囲気は変わらずですが、前作「ダークナイト」が凄かったので、本作でどう締めくくるのかと期待がとにかく大きく、見たいような見たくないような複雑な気分でした。 あれから8年後。デントを光の騎士として象徴的に...
『ダークナイト・ライジング』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
新生<バットマン>三部作――ではなく、今は<ダークナイト・トリロジー>と呼ぶようだが、それの完結編。 前作から8年後、ハービー・デント殺害の罪を被ったバットマンは姿を消し、ブルース・ウェインも表舞台からは消えた。デントの名を冠した法律の制定により、ゴ...