地球体験ゲームを味わいつくそう!! (旧 ライトワーカー)

良いところも悪いところも見えるこの世界。私達は神以外の体験をしに生まれて来たのだから、どんな感情も体験も味わいつくそう♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

はじめに(このブログを訪れた方々へ)

2030-05-29 20:09:06 | Weblog
このブログをご覧になって頂きありがとうございます

※コメントについて

ブログ更新が進むまで、しばし承認制にします。しばらくコメントをOKにして様子を見ることにします。


後、ご質問などで、確実に返事の欲しい方は qzkqzk@hotmail.co.jp (@を半角にしてね、スパム対策)の方まで直接メール下さい(携帯の方はPCからの返事を受信できるようにしていて下さいませ。それか携帯の電話番号をメールに記載するか?? こちらの返信が届かず、クレームが来た事があります。そのクレームの返事も相手に届かず…)。
HPには携帯番号も記載してあるのでクリスの仕事に関しての問い合わせの方はそちらをどうぞ^^。



2015年5月1日、タイトルを大きく変更しました。
理由はおいおい書きますが、色々な経緯で精神や現実世界がどん底を経験する過程を経て数ヵ月後、自分が「大いなる存在(宇宙、神、仏、表現は何でも良いです)」との繋がりを深く体感する体験が有ったからです…。

こう書くと大げさに聞こえるので少し、解説します。
まず、存在全てが繋がっていて一つの存在だと言う事は色んなスピリチュアル本にワンネス等と表現されていますよね。だからこれを読んでいる人も含め、誰しも大いなる存在と繋がっています。自分もその事は知識(思考)では以前から知っていました。
そして気功やヒーリングなどをしていると他の人や木々、水晶などとエネルギーの交流している体験もありました。そして意識が変容した時に神秘体験も何度も経験していました。

しかし、「3次元の肉体をしっかりっ実感した上での体感」というのは初めての事でした。期間は2カ月以上…現在は落ち着いていますが、意識が全く変わってしまったので、どん底の期間を含めて、何も書く気が起きませんでした…。

なぜなら、「すべてがOKで、完璧で、全てが不完全のように見えて完全だ!」と分かってしまったので…。これは理屈でも何でもなく体感だから書きようが無いのですが…。



で、再開する事を決めたのは、そんなある種「悟り意識?」の状態のあと、意識の状態が徐々に里帰りをして来たからその過程を伝えようと思っての事です。

詳しくは記事にしていきますが、「悟り」は特別な事でも何でもなく、全ての人が到達できる領域です。スピリチュアルな知識も特別な能力も一切不要です!一般人の普通の生活をしている方で「悟り意識」で生活されている方も沢山おられます。一部、“悟りへの道程を伝える”役割でメッセンジャー的役割をしている方もいらっしゃいますが、一見普通の方が多いです。


ちなみに・・・
悟りを啓いた人と悟りを啓いたと言って実はそうではない人との見分け方は実に簡単。
「俺、悟りを啓いたすげーだろー」と言っている人や他人より凄い人に見せている人は100%違います。

だって目の前の貴方と私が等しい存在、繋がっている存在!と実感レベルで分かってしまうのが悟りだから、目の前の貴方によく思われようと演出する必要が全くなくなるのだから…。右手が左手に恰好付けるのはおかしいし、かといって傷つける事もしないでしょ?そんな感じ。

だから、悟りを啓くと自然体に振舞う様になります。自然体と言ってもエゴではなく魂の声に忠実に生きる感じ。


ちなみに、今のクリスはどん底の意識状態の後「悟り意識」の期間を過ごした後、里帰りした感じなので「悟りを啓いた」とは言えないでしょう。過去の思考パターンやネガティブな思考や感情も認識しているので。
簡単に言えば山頂を目指して山登りしている最中、谷底まで転げ落ちて数か月過ごし、どうにもならなくて白旗を挙げたらいつの間にか谷底から山頂付近に来ていた。その後数か月そこで過ごしていた後里に降りてきた・・・そんな感じです。現在は里の住人です。


ただ、「人間の本質はあっち!(山頂の空気はこんな感じ!)」という体感は有るので思考や感情にずっと囚われる(支配される)事はほとんどなくなりました。





で、ライトワーカー時代の記事が悪い訳でも間違っている訳でもないとも分かるので、そのまんま残します。
人様によって共鳴する部分も違うと思うので書く場合は古い日記を残しつつ、(改)○○○・・・。と題を書いていくと思います。

ご了承の上、お読み頂ければ幸いです。


過去の記事と「違う事言っている」と思われる方もいるでしょう。新しい記事に共鳴する方、古い記事に共鳴する方、どちらも変化が分かる方・・・様々な方がいらっしゃるでしょう。
とはいえ古い記事も削除いたしませんのでどうぞお好きなように読んで下さいませ。

一貫性の無い奴だな〜と思われた方は、どうぞ他のブログ等をお読みくださいませ。



ブログに書いてありますが、ひとつだけ「ライトワーカー」「ヒーラー」「チャネラー」という言葉を“素晴らしい”“スゴイ”などと特別扱いしたらいけませんよ

一人一人の本質はみんな神様なんで…。それに囚われると道を誤ります。タダの言葉遊びでごっこ遊びの様に気楽にかつ責任を持って「役割」を楽しんで下さいね。



転載やリンクについて


最近、ご覧になられる方から転載やリンクのご依頼が多くなってきました。

リンクは自由にされて頂ければありがたいです


転載について
このブログの文章は、引用文以外はクリスのオリジナルです。(偉そうな意味ではなく、立派な先生が言っている事を引用した訳ではないので責任は持てませんよという意味です

個人サイト上で引用、転載される場合はクリスが書いたということをHPアドレス [ http://blog.goo.ne.jp/qzkqzk/○○○] とともに明記してください。(メールでの扱いも同様にお願い致します


コメントをされる方へ

コメントを頂く方が増えました。ただ、ご質問自体は構いませんが、その前に他の日記もお読みになられる事をオススメします。
ほとんどの質問がどこかに書いてあるものが多いので

昔の記事で気に入っているものはリンクしておきます。ご質問の前に目を通して頂けると有り難いです


素の言葉、素の自分でで語りましょう!
http://blog.goo.ne.jp/qzkqzk/e/b41e5f1589f74768b5ed3f6de1135091

大切なのは能力ではありませんよ^^
http://blog.goo.ne.jp/qzkqzk/e/096997644a2345119fba1058fe599632

スピリチュアルな能力が高くなるとどうなるか?
http://blog.goo.ne.jp/qzkqzk/e/cc16b12fafc377bd76fae5f1b559a9fc

「ライトワーカー」「覚者(悟った)」「スピリチュアルリーダー」等を自称することは危険



ご質問の内容に関まして


今後は「今に生きる事って楽しいんだよ^^」って事を書いていきたいと思います。


クリスのHPです。
http://tatsunohealing.wordpress.com/
コメント (30)
この記事をはてなブックマークに追加

私達は幸せに“なる”事は出来ません。しかし・・・

2016-03-06 12:21:02 | Weblog
前回の記事を要約して解説します。

「“なる”事は出来ません」の“なる”事…とは、「何か目標を達成(または獲得)する事」です。
何かを達成(または獲得)する事で、一時的な幸福感は得られますがその事で永続した幸福は得られ無いのです。
その手法で永続した幸福を得ようとすると、日々ず〜〜っと何かを達成(または獲得)し続けなければなりません。

大変ですよね。まぁ、ず〜っとは不可能です。達成出来ない間は苦しいし、もし達成出来なかったら(諦めたら)不幸って事になりますよね。



ただ、前回の記事の最後の方に書いたように、例外の人がいます。「生きているだけで幸せ!」
こう感じている人には「幸せの条件」がありません。

「○○があるから幸せ!」という人は「○○が失ったら不幸なるね」と返すと何も言えなくなりますが、「生きているだけで幸せ!」の人には条件が無いのでいつでもどこでも何をしていても幸せです。そういう人には質問のしようがありません。

こういう方たちを例に挙げれば、
「私達は幸せに“なる”事は出来ません。しかし、幸せで“ある”事は出来ます」となります。



さて、私達はどうやったらこの人たちの様に「生きてるだけで幸せ!」と思えるようになれるんでしょうか??

まずは出来事に対する意味づけを変えてみる事からはじめましょうか?

コップに水(ジュースでもお茶でも良い)が半分入っている。それを見て「半分しか入ってない!」と文句を言う人がいれば「半分も入っている」と喜ぶ人もいます。
簡単に言えば、前者は不幸な人で後者は幸せな人です。
「コップに半分入っている」という事実に対して「半分しか」と捉えるのではなく「半分も」と捉えなおせば幸せ!となります。
つまり、幸福というのはある出来事や事実によって引き起こされるのではなく、起きた出来事に対して自分が感じている事なのです。
不幸な人は、道端に咲いている花を見ても視界にすら留めず、大きな花束を人から貰ってやっと喜べる。対して幸せな人は道端に咲いているタンポポにすら喜びを感じる事が出来る人。


これを読んで、「いつもそうだけど?」とか「なるほど〜実践してみる!」とか言ってすぐ切り替えられる人はもうこの先の記事を読む必要は無いのかもしれません。

ただ、そうすぐには切り替えられない人もいると思います。
「レッツポシティブ!」とか言って何でも前向きにとらえられる人は幸せかもしれません。
しかし、多くの人は「コップに水が半分も入っていて良かったと思えば?」と言われても「お前は水がたくさん入っているから言えるんだよ!」とか「少ししか入っていなかったらどうなの?」とかになります。なかなか「生きているだけで幸せ!」とかにはなりません…。


じゃあ、プラスの言霊を言い続けるのはどうでしょう??
色々な方が色々な事を言ってますよね。自分もやってみた経験があります。
ツイてる、ありがとう等をたくさん言う事やホ・オポノポノなどのメソッドまで…。

これで人生変わった!という人もこの後は見なくても構わないと思います。
自分は挫折しました。ある程度まで上手く行った面もあるし大切な事でもあるけれど、ネガティブな状態の時に言い続けてかえって辛い状態になって挫折した事があります。


そう、いつも“思考”と“感情”が幸せになる邪魔をするのです…。

思考も感情も大切なモノ。にも拘らず、それのコントロールが上手く行かなくて幸せを感じ難くなっている…。


その辺をどうやって変えて行ったらいいのでしょうか…。



続きはまた次回。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私達は幸せに“なる”事は出来ません?!

2016-03-05 11:41:11 | Weblog
私達は幸せになる事は出来ない・・・ある意味衝撃な文章ですね。このブログを書いていて、一番?過激なタイトルかもしれません。


「あなたは幸せになる事は出来ません」とか言われたら「え?」とか思うし、「なんて事を言うんだ!!」と怒りが湧いてくる人もいるかもしれません。
「幸せになる事が出来ますよ!」と反論する方もいると思います。

そういった反論している方にお聞きします。「あなたが今幸せですか?」「どんな時幸せでしたか?」と。
そうすると多くの人は「結婚したから幸せ」「仕事が見つかったから幸せ」「子供がいるから幸せ」「新しい車を買ったから幸せ」・・・等と理由を挙げて来るでしょう。

そういう方にお聞きします。「その幸せっていつまで続きますか??」と。

結婚を例えに挙げれば、幸せの絶頂期が結婚式〜新婚旅行ぐらい。そこから幸福感は目減りして、早い人は新婚旅行の終了とおもに激減。大体の人は3年ぐらいでいつの間にか幸福感は消えていつもの日々の繰り返し…。中には「なんでこんな人と結婚したんだろう…」と疑問の日々。「彼氏が出来た」等の場合も長くてほぼ3年で幸福感が消えます。
新しい車を買ったり就職先が見つかった時はもっと早い。幸福感が持続するのは長くて3カ月ぐらい(個人差はありますよ、もちろん)??

幸福感が持続しないのは脳内ホルモンの関係です。
結婚や恋愛に関しては恋愛ホルモンとも呼ばれるPEAというホルモンが関係しているし、就職や新車など、何か獲得した事によって出るホルモンはドーパミンなどです。そういったホルモンはある程度出るとストップがかかり出なくなります。
「美味しいもの食べると幸せ」と感じる人も満腹になるとその後幸福感が目減りして来るのもそうです。
こう書くと「身も蓋も無い!」とお叱りを頂きそうですが、事実ですからしょうがありません。とはいえ例外があります。
マズローの欲求5段階説でいう自己実現に至ったレベルの意識状態で生きている人は脳のA10神経が活発で脳内ホルモンが持続的に出るので幸福感が維持されると。

ただ、そこまで至るのはなかなか難しそうです。



そうでは無くてこんな人がいます。
「毎日生きているのがただ幸せ」「呼吸して息をするだけでもありがたい」…と。

こういう人たちは幸せへの条件がありません。結婚していても独身者でもお金があっても無くても…です。



そこで言います。


私達は幸せに“なる”事は出来ません。ですが、“○○”ことは出来ます!・・と。



続きは次回




※補足

セロトニンというホルモンの分泌が少なくて“幸福感”を味わえない人が現代の日本人には多くいます。そういう意味ではこの話とは別にセロトニンの分泌量を上げる必要があります。
セロトニンは腸で多く作られるので、腸の状態(腸内微生物の状態)を整えなければいけません。

その為にはヨーグルト?!と多くの方は思います。ですが、日本人は大昔から乳製品を取っていた民族では無いのでヨーグルトの乳酸菌が合わない人が多いです(合う人もいます)。そういう意味で日本人に合うのは植物性の乳酸菌と呼ばれる、手作りみそぬかやキムチに入っているような乳酸菌です。後は納豆菌も腸に良いです。

化学調味料と着色料で整えた漬物では無くて、本物の発酵食品を摂る事をオススメします。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コメント頂いた内容から 

2016-02-14 00:09:47 | Weblog
たくさんのコメント頂いていたのに放置して(返事せずに)いてごめんなさい。m(__)m


ストレス社会の故か、かなりの罵詈雑言や意味不明のコメントが多くて、コメントを覗くのに疲れてしまってコメントを見る事を放棄していました…。真剣なコメントがあっても気付かずに…。

先日、直接クリスの携帯に連絡頂いた方がいらっしゃり、その方のアドバイスもあってコメントに返事を…と思いましたがあまりに非公開のコメントも多くて…。しばらくはコメント非公開のまま、Q&A形式で書いていきます。罵詈雑言や意味不明なメールは除外して、抜粋形式で行きます。
という事で徐々に抜粋しながらココで返事を書いていきます。もうご覧になられていない方もいると思いますが、他の方へ何かの参考になれば幸い。



後、ご質問などで、確実に返事の欲しい方は qzkqzk@hotmail.co.jp (@を半角にしてね、スパム対策)の方まで直接メール下さい(携帯の方はPCからの返事を受信できるようにしていて下さいませ。それか携帯の電話番号をメールに記載するか?? こちらの返信が届かず、クレームが来た事があります。そのクレームの返事も相手に届かず…)。
HPには携帯番号も記載してあるのでクリスの仕事に関しての問い合わせの方はそちらをどうぞ^^。

では本題に。それから、このQ&Aは更新を繰り返していきます。
いい加減に増えたら△悄


Q1
霊的な目覚めを促すのには(光の存在、人間は皆神性を内に持っていること)を、教えるのには、皆さんどうしているんですか?
教えてはいけないのですか?
知れば、その苦しみも少しは楽になるのに・・・と思う私は、傲慢なんでしょうか?


A1
ご質問、ありがとうございます。
「上から目線でアドバイスしやがって」と言われてしまうことが多い…との事ですが、相手が受け入れる準備の無い人におせっかいすると、そうなります。
「馬を水辺に連れて行けても水を飲ませることはできない」ということわざの通り、せっかく水場に連れて行っても水を飲む気の無い馬に水を飲ませる事が出来ない様に、知りたくない人に無理やり教えようとしても拒否されるだけです。相手は相手の自由意思、自由選択で「苦しむ」「悩む」事を選択しています。

「教えてはいけない」では無いです。「教えて」と求めてくる人には教えたら良いのではないでしょうか?あなたがどんなに「正しい」と思っている事でも押し付ける事は出来ません。
それよりも自分の人生を「イキイキと生きる!」事に徹しません?? あなたが楽しそうにイキイキと謳歌している姿に「どうしてそんなに幸せそうにしているの?」と、聞いて来た人に教えて(というか伝えて)あげたら良いのではないでしょうか?

私事ですが、自分は何度もドツボにハマって来た経験があります…。その時に良かれと思って色々アドバイスしてくれた方はいました。そのアドバイスは「今の自分」からは傲慢でも何でもなく的確なアドバイスでしたが、「当時の自分」では受け入れる事が出来ずに拒否していました。もちろんもがき苦しんでいましたから辛い日々でした。ただ、そのプロセスを通過したことで今の自分もある訳で、2度とする必要のない経験ですが、必要だった経験でもあります。だから、もしかしたらその人についても「必要なプロセス」かもしれませんよ。

釈迦が仏陀(目覚めた人)となる前には、王子様として、奥さんも子供も財力も(物質面で)何もかも満たされる経験もあり、それら全てを捨て去って難行苦行をしていた時期もあり…難行苦行が悟りに必要だったわけではなくともプロセスとしては必要だった過程かもしれません(※難行苦行で悟りに至った訳ではありません)。


その人のプロセスにとって何が必要なのかはその人の魂が知っています。なので、その人の魂を尊重して「何かあったらいつでも相談に乗るよ」とだけ投げかけておけばOKだと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

荒祭宮 - 伊勢神宮でのメッセージ

2015-11-22 00:09:11 | Weblog
11月3日に伊勢内宮の荒祭宮で受け取ったメッセージです。
ダウンロードがほぼ完了して言語化出来たので記事にします。

自分だけ受け取れば良い話かな?…と思っていましたが、色々な場所でご神事を行っている人数人と交流したりしていると表現が違えど同じ様なメッセージを受け取った人が複数いるのでシェアする事にしました。




内宮で参拝すると(個人的には)荒祭宮の方が強いエネルギーを感じたので不思議に思っていると「管轄が代わった!」と言われ、そこからメッセージがダウンロードされました。
以下がその内容です。


   ------------------------------------------------------------


今後、和魂から管轄が変わって荒魂のエネルギーが強くなる(つまり、これからの時代は動的エネルギーすなわちスサノオ的エネルギーが強く働くようになる)。
以前は神々が地球のバランスを整えていた。が、これからは人間の自由意志(集合無意識)に地球の未来が委ねられた。破壊的な事がどれだけ起きるかは日本は日本人の集合意識、世界は人類全体の集合意識にかかっている。

今までの時代の変化を小さな波と例えると、これから、もう間もなく巨大なエネルギーの波が訪れる。
その波は以前の様な「他人に任す」「依存する」「(権威や権力の様な)強きものに従う」のような形では乗り越えられない。呑みこまれてしまう。波に乗れる人間は大きく飛躍し、そうでない人間は現実世界で大きな気付き(大変な事)を体験する。

ただし、全ての人間が巨大な波を乗り越える可能性を持っている。それは自分の中にある「内なる神(真我)」にしたがって生きる事。他人の意見に流されて生きるのではなく、頭(自我)で考えるのではなく、内なる声をしっかり聞いて動く事が出来るものは波が小さかろうが大きかろうが全く問題は無い。
そういう生き方をして来なかったものはこれからそういう生き方を心がけるが良い。今のうちに小さい波で練習していれば大きな波が訪れても何とかなるかもしれない。

巨大な波が訪れてからは、前例の無き出来事も多々起きるので心せよ。動乱が大きい時こそ神は外では無く内に居る事を自覚する事。外の権威、権力、大衆の声に惑わされる事無く己の神の声を聞くが良い。内なる声に耳を傾け、行動に移せば道は開ける。常にそうしている者には造作も無い事。

動乱の時代、己の内なる声を聞けぬ者が他人を助ける事は出来ぬ。愛する者、愛しき者を助けたければ内なる声に耳を傾けよ。練習が必要なのは「常識、観念、固定概念」に囚われている大人であり、子供ではない。
子供を助けたければ、まず自分を助けよ。古い概念(自我)に囚われ、真我と繋がれない己を助けよ。



  ---------------------------------------------------------


よく「内なる声(真我)に耳を傾けなさい」なんて言われていましたよね。だからと言って今までは「でも・・・」「だって・・・」「○○さんが〜〜しろって言うから・・・」とか言いながら自分(真我)との対話を疎かにしてきた人が多くいると思います。
「スピリチュアル大好き!」「スピ系の情報収集大好き!」と言いながらAさんの情報がだめならBさんに行く。C先生はダメだしD先生は救ってくれるかも・・・
とジプシーを続けて(自分から目を反らして)いられる時期がもう終わろうとしています・・・おそらくは今年いっぱい?!


そろそろ責任転嫁や言い訳は止めて、自分の人生自分で決めて行きましょう!!

って感じですかね^^
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加