ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】イングロリアス・バスターズ…思っていたよりも普通(寄り)で良い感じ。

2010-07-13 03:50:59 | 映画・DVD

現在、外は凄い雨です

そんな中、先ほど夜勤から帰宅してきました。
三週間ぶりの夜勤(久しぶりの夜勤)だったので、ちょっと眠いし体調も少し変でした
しかし、お仕事はあんまり忙しく無かったので、無事に夜勤初日は終了です。

…ペースアップするにしても徐々にだと良いなぁ



さて、以下は映画観賞記録です。
昨日の記事で「ではまた明日」と自分にプレッシャーをかけただけあって、ちゃんと更新できました



「イングロリアス・バスターズ」
(監督:クエンティン・タランティーノ、出演:ブラット・ピット、メラニー・ロラン、クリストフ・ヴァルツ、2009年アメリカ/ドイツ)

TSUTAYA DISCASさんで「かいじゅうたちのいるところ」と一緒にレンタル。
2010年6月13日(日曜日)の午後に鑑賞しました。


ストーリー
ナチスドイツ占領下のフランス。ユダヤ人のショシャナ・ドレフュス(メラニー・ロラン)は “ユダヤ・ハンター”と渾名されるナチス親衛隊SSのハンス・ランダ大佐から家族を虐殺される。自分だけは何とか逃げ延びたショシャナは偽名を使いパリの映画館主となっていた。そんな頃、彼女の映画館でナチス首脳部の集まる試写会が行われるという話が持ち上がる。一方、アルド・レイン中尉(ブラット・ピット)が率いる“イングロリアス・バスターズ”というアメリカの特殊部隊がヨーロッパに潜入。レインの先祖のアパッチ族に倣って頭皮を剥ぐという残忍な方法で次々とナチス兵を血祭りにあげていた。バスターズも試写会の情報を掴み、アドルフ・ヒトラー(マルティン・ヴトケ)を含むナチス高官たちを一網打尽とする作戦を立てる。
詳しくは…http://i-basterds.com/





ピロEK的感想&点数
クエンティン・タランティーノにしては随分まともな映画を作ってくれましたね
…というのが総じての印象です。私は良い意味でそう思っています

かといってタランティーノ個性が失われている訳でも無く…頭の皮剥がしたりね…個性を持ちつつも観やすい、マニアで無くとも退屈しない映画。
…そう、この塩梅です。やっとこの行きついてくれましたかタランティーノ

タランティーノ作品って「パルプ・フィクション」は奇抜かつ面白かったけど、
それ以降の数作って…「ジャッキー・ブラウン」(ヒロインがバ○ァ
「キル・ビル Vol.1」「キル・ビル Vol.2」(本当に“悪い意味も含めて”好き勝手
「デス・プルーフ in グラインドハウス」(前半が汚くて個人的には嫌い&前半退屈
…と、私の評価では奇抜なだけの作品ばかり
(※あくまでも個人的な感想なので反論はご容赦ください)


この「イングロリアス・バスターズ」での塩梅をタランティーノ自身が、「少し魂を売った」なんて事を“もしも仮に”思っているとしたら、それは間違いもしくは勘違いなので今後、昔の方向には修正をしないで欲しいなぁ…と願う次第です


さて、作品自体の感想ですが…
戦争を描いているのにちっとも反戦要素の無い(?)この感じは…好みではありませんが許容したいです。
クエンティン・タランティーノ作品に対して、人が死にすぎるなんていう批判は場違いでしょうしね

俳優さんたちもも良い感じ
ブラッド・ピットは、今までのタランティーノ作品からすれば、割と異例寄りな(?)豪華キャスト。このあたりがどう影響するかというのはもちろん気になる部分でしたが…あのキレた(?)キャラクターがナカナカ似合ってて良かったと思います。カッコイイ(ニヤケ)キャラを排したブラピは何か良い感じじゃないですか。評価し直しました(上方修正)。
ナチスSS大佐の人も良かった…あのキャラクターは怖かったですね…あの人誰かに似ているんですけどねぇ…私の個人的な知り合いか、TVとか映画とかで観た人か…ここでモヤモヤしております
…もう一人の主役のユダヤ人女性も綺麗でした
…まぁ他にも褒めたり貶したりしようと思えば沢山ありますが、全体的には作品の雰囲気を壊さず、かつ名演技を皆さんされていて良い感じです

…あえて言えば、マイク・マイヤーズがヤッパリ苦手でした(ちょびっとしか出てないからトヤカク言うレヴェルでは無いんだけどね)。…あとタランティーノ自身の演技も(ヤッパリ)ちょっと


他では、
DVDでは特典映像に完全版が入っていた劇中劇「祖国の誇り」
この出来が思いの外良くて…あの映画が本当に二次世界大戦中に作られたのなら、まぁ傑作でしょうね


点数は4.5点(5点満点中)。
最近の配点は甘いのかもしれませんが、まぁ面白かったです
満点に0.5点不足している分は頭の皮を剥いだ分ですね。あと、スパイの女優さんの傷口拷問とかね…ああいうのはヤッパリ苦手だし、演出としては排除出来た部分なんじゃないかなぁ…なんて思ったりして…でもああいうのがこの作品の個性のような気もするし…結局はタランティーノが苦手なのでしょうか



補足・蛇足
戦争映画というと1/6ドールの話をせずには居られない私ですが…
(※この蛇足の書き出し「ワルキューレ」と韻を踏んでおります)

この映画の主人公アルド・レイン中尉のフィギュアもございます。
ホットトイズから発売の「ムービー・マスターピース イングロリアス・バスターズ 1/6スケールフィギュア アルド・レイン中尉」(定価22,001円)なる商品。
ちなみに私の煩悩指数は★★★★☆☆☆☆☆☆ぐらい。
こちらは「ワルキューレ」の記事で紹介したクラウス・フォン・シュタウフェンベルクのフィギュアと違って(?)、バッチリ肖像権をクリアしているようでブラピそっくりです。ブラピファンの方は買いです。Amazonでまだ在庫がある様子(※2010年7月初旬現在)
私は買わないので(煩悩の4つで半分以下ですし)、買った方は感想教えて下さいまし。
でも、映画のキャラクターと違って地味なフィギュアです。「ワルキューレ」のクラウスのようにペンチが付いてるなんてトンチの利いた部分も無かったりして。しかし出来は良いです
ハーケンクロイツを刻むナイフはちゃんと付属しております



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (84)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日から夜勤。 | トップ | 雨が凄い »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オスカー助演 (sakurai)
2010-07-13 10:10:51
クリストフ・ヴァルツさんですよね、大佐って。
知名度0でしたが、一気にメジャーに躍り出ましたよね。
その後、見てませんが・・・。
あたしゃ、てっきり予告を見ていたとき、ティム・ロスだと思ってました。
やっぱタラちゃんの最高峰は「レザボア・ドックス」ではないかと思っております。
あのインパクトは、そうないのでは。

そうそう、「かいじゅうたちのいるところ」・・。見たのですが、爆酔してしまい、UPしてませんです。
やっぱりヴァルツさん (メビウス)
2010-07-15 04:58:41
ピロEKさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

そうそう、戦争映画を描いてるようでその実反戦もへったくれもない内容になってるんですよねぇ本作はっ。むしろ過激な描写や発言が多くてある意味バチあたりな作品にも見えてしまったりもするw自分も最初こそタラ作品は好きだけど戦争映画は・・・と敬遠気味でしたが、結果的には凄いツボにはまっちゃいまして・・^^;

個人的立役者はやっぱりランダ大佐を演じたヴァルツさん♪冒頭の長~いセリフのくだりから魅かれてしまいましたねw
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(sakuraiさん、メビウスさんへ))
2010-07-25 22:05:39
★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>クリストフ・ヴァルツさんですよね、大佐って。
>知名度0でしたが、一気にメジャーに躍り出ましたよね。

今回のオスカーは作品賞以外記憶に無かったのですが…
後で調べたら、この方が最優秀助演男優賞だったんですね。良い演技なハズですね

>やっぱタラちゃんの最高峰は「レザボア・ドックス」ではないかと思っております。

タランティーノ監督作品で「レザボア・ドックス」だけ(多分)観ていないです。
観た方がいいですかねぇ。TSUTAYA旧作100円だし、今度探してみようかなぁ。

>そうそう、「かいじゅうたちのいるところ」・・。見たのですが、爆酔してしまい、UPしてませんです。

私も何度か寝てしまいました、私の場合はDVD鑑賞だったので巻き戻して鑑賞しましたけど。
記事もアップしているので、良かったら読んでいってくださいませ。
http://blog.goo.ne.jp/piro-ek0324/e/703f42db31727c89dd6aeffb6ca85e6f

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。




★メビウスさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>自分も最初こそタラ作品は好きだけど戦争映画は・・・と敬遠気味でしたが、結果的には凄いツボにはまっちゃいまして・・^^;

私は戦争映画も割と好きでして、そういう意味では違和感がありましたが、そんな事に関わらず楽しめました。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。
へんちくりんなイタリア語 (KGR)
2010-07-28 11:44:31
調子に乗ってたくさんTBしちゃいました。
すみません。

何訛りか知りませんが、ブラピの癖のある喋りが面白かったし、それがそのままイタリア語になったような、「ボンジョルノ」「グラッチェ」でクリストフ・バルツとやり取りするところがとても素敵。

酒場でおでこに貼った紙に書いた言葉を当てるゲームのシーン。
確か、イギリス人を見破ったドイツ軍人だったと思いますが、ヘルシュトーム少佐(オーガスト・ディール)は「ソルト」でアンジーの旦那役。
★★コメントありがとうございます(2)★★ (ピロEK(KGRさんへ))
2010-08-07 23:34:00
★KGRさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>調子に乗ってたくさんTBしちゃいました。
>すみません。

いえいえ大歓迎でありますので、今後も宜しくお願いします。

>確か、イギリス人を見破ったドイツ軍人だったと思いますが、ヘルシュトーム少佐(オーガスト・ディール)は「ソルト」でアンジーの旦那役。

オーガスト・ディールって、男前になったスティーヴ・ブシェミって感じ(?)ですな。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。
TB有難う御座いました♪ (Aki.)
2010-11-29 01:32:43
こんばんは~♪
実はワタクシもタランティーノ作品がちと苦手と言うか合わないことが多いと言うか・・・
それなりに面白いところもあるんですけどねぇ~。
反面、ノリきれないところも多々・・・
ま、この作品もそれなりだったかなぁ~と(^^ゞ
ブラピはノリノリだったんですけどね~^^;

ではでは~、これからもよろしくお願いします♪
★★コメントありがとうございます(3)★★ (ピロEK(Aki.さんへ))
2011-04-17 21:58:28
★Aki.さんへ★

いつもコメントありがとうございます。

>実はワタクシもタランティーノ作品がちと苦手と言うか合わないことが多いと言うか・・・
>それなりに面白いところもあるんですけどねぇ~。
>反面、ノリきれないところも多々・・・

なんですよね~。
乱暴に言っちゃうと、タランティーノの事を諸手を挙げて好きだという人はちょっと捻くれものというか、そういう人だと思うんですよね。普通の人はちょっと嫌だと思うのが基本だと思っているのですが、どうでしょう?

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。
TBありがとうございます (ONE OF THE BROKEN)
2011-11-08 17:47:04
やっぱり一般的には「ジャッキー・ブラウン」以降のタラはダメって評価なんですかね~?
個人的には「ジャッキー・ブラウン」は非常に良くできたハードボイルドなラブストーリーと評価しております...まぁその後はロクな作品撮ってませんが(笑)
今作はここ最近では良く出来てましたが、初期の作品に比べるとやはりクオリティは落ちてますね~
★★コメントありがとうございます(4)★★ (ピロEK(ONE OF THE BROKENさんへ))
2012-01-14 14:27:18
★ONE OF THE BROKENさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>やっぱり一般的には「ジャッキー・ブラウン」以降のタラはダメって評価なんですかね~?

一般的にはどうなのか分かりませんが、個人的には合いませんね。楽しく作ってるのは伝わるんですけど…。
「パルプ・フィクション」でハマって他のを観ると…アレ?っていう感じではあります。
「ジャッキー・ブラウン」は…実はそんなにマイナスイメージがあるわけではないのですが、「パルプ・フィクション」の方が観やすくて普通に楽しめたという感じです。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

84 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
イングロリアス・バスターズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『名誉なき野郎ども<イングロリアス・バスターズ>が映画界の常識をブチ壊す!』  コチラの「イングロリアス・バスターズ」は、当代きっての個性派監督の鬼才クエンティン・タランティーノが、当代きっての人気俳優のブラッド・ピットを主演に迎え、監督のキャリアの...
イングロリアス・バスターズ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
タランティーノ監督とブラピの映画、楽しみにしていたので公開日に観に行きました~が・・・・・感想が遅くなりました・・・・・だって、だって、、、【story】ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)はランダ大佐...
イングロリアス・バスターズ プレミア/ INGLOURIOUS BASTERDS (2度目鑑賞) (我想一個人映画美的女人blog)
前回のタラの「デス・プルーフ」プレミアの際には ありえないことにタラちゃんのお隣に座って、しゃくれあごが視界に入りながら観たmigですが そのタランティーノ最新作、 「イングロリアス・バスターズ」ジャパンプレミア行って来ました~{/kirakira/} いよいよ日本で2...
イングロリアス・バスターズ [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:INGLOURIOUS BASTERDS公開:2009/11/20製作国:アメリカ R15+上映時間:152分鑑賞日:2009/11/21監督:クエンティン・タランティーノ出演:ブラッド・ピット、マイク・マイヤーズ、ダイアン・クルーガー、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロラン悪名こそ、彼らの名...
イングロリアス・バスターズ (迷宮映画館)
タラちゃんの豪華な遊び!という風でしょうか。
イングロリアス・バスターズ (小部屋日記)
Inglorious Bastards(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本:クエンティン・タランティーノ 出演:ブラッド・ピット/メラニー・ロラン/クリストフ・ワルツ/イーライ・ロス/マイケル・ファスベンダー/ダイアン・クルーガー/ダニエル・ブリュール/ティル・シュ...
★「イングロリアス・バスターズ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、貯まってる鑑賞ポイントを使ってタダ観で2本。 その2本目。 タランティーノ監督作史上最高のヒット作となってるらしい本作・・・ ブラピが主演のヒトラー退治ものだけど・・・ 映画製作系のストーリーなところが、タラちゃんらしいのか???
イングロリアス・バスターズ(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】クエンティン・タランティーノ 【出演】ブラッド・ピット/メラニー・ロラン/クリストフ・ワルツ/イーライ・ロス/マイケル・ファス...
イングロリアス・バスターズ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。クエンティン・タランティーノ監督、ブラッド・ピット、メラニー・ロラン、クリストフ・ヴァルツ、ダニエル・ブリュール、イーライ・ロス、ダイアン・クルーガー、ジュリー・ドレフュス、ロッド・テイラー、マイク・マイヤーズ、クロリス・リーチマン、サミュ...
[映画『イングロリアス・バスターズ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆私は転職したのだが、今度の会社は、「イングロリアス」な職場で、ボカスカと稼げるのだが、とにかく忙しい。  休みも、確定は日曜だけで、映画も、その一日で観まくるしかない。  でも、貴重な休日も、社長や専務セッティングの合コンである^^;  ・・・しかし...
『イングロリアス・バスターズ』 (めでぃあみっくす)
まさに『パルプ・フィクション』の再来。そしてクエンティン・タランティーノ短編集5本立てといった感じの映画でした。 暴力描写よりもシンプルな会話劇にその真の面白さを持つQT作品らしさに加え、今作ではナチのランダ大佐を演じたクリストフ・ヴァルツの魅力が満開...
「イングロリアス・バスターズ」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                      「イングロリアス・バスターズ」 監督・脚本 クエンティン・タランティーノ 多少の中だるみはあったものの、ラストでそのうっぷんを思う存分晴らしてくれました!! ネタバレあります・・! あらすじ・・・。 1941年、数...
「イングロリアス・バスターズ」 (古今東西座)
基本的にクエンティン・タランティーノ監督の作品は「男の子映画」なんだと思う。もしも彼が漫画家だったら『少年ジャンプ』が似合いそうな作風ではなかろうか。したがって男子受けはするだろうけど、女子からは今ひとつ支持されない作家であるような気がする。
映画「イングロリアス・バスターズ」@東京... (masalaの辛口映画館)
 当日はジャパン・プレミア試写会と言う事で映画上映前に、クエンティン・タランティーノ監督、出演者のブラッド・ピット、メラニー・ロラン、ジュリー・ドリュフェスの舞台挨拶が...
映画レビュー「イングロリアス・バスターズ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
イングロリアス・バスターズ [DVD]◆プチレビュー◆タランティーノがハチャメチャな描写で歴史とナチスを遊び倒す。映画愛に基づく復讐が痛快な怪作。 【75点】 ナチスやヒトラーと、その打倒を描いた映画は多いが、この作品はスタンスといい、切り口といい、まったく...
劇場鑑賞「イングロリアス・バスターズ」 (日々“是”精進!)
(CD)オリジナル・サウンドトラック イングロリアス・バスターズ/(オリジナル・サウンドトラ...「イングロリアス・バスターズ」を鑑賞してきました「パルプ・フィクション」「キル...
イングロリアス・バスターズ (映画的・絵画的・音楽的)
 「イングロリアス・バスターズ」を銀座のTOHO日劇で見ました。  この映画は、前作の「デス・プルーフ」が大変面白かったQ.タランテーノ監督の最新作であり、また「ベンジャミン・バトン」で好演したブラッド・ピットが主演しており、さらには雑誌で特集されたり...
「イングロリアス・バスターズ」フィクションだよ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[イングロリアス・バスターズ] ブログ村キーワード  クエンティン・タランティーノ久々の監督作品。「イングロリアス・バスターズ」(東宝東和)。今回は、ブラッド・ピットと初タッグ!ワルそうなブラピが、ナチス相手に大暴れしております。  ナチス占領下のフラ...
イングロリアス・バスターズ (2009) (肩ログ)
INGLOURIOUS BASTERDS アメリカ 監督・脚本:クエンティン・タランティーノ 出演:ブラッド・ピット、ダイアン・クルーガー、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロラン、イーライ・ロス、他 ささっ! 今回もぶっ飛んでくれるんでしょうか? 1944年、ナチス占領下のフ...
「イングロリアス・バスターズ」ジャパンプレミア (今日という一日。)
友だちからのお誘いでイングロリアス・バスターズのジャパンプレミアに行ってきました。 試写の前にはタランティーノ監督やブラピたち出演者の舞台挨拶。タランティーノ監督はハイテンションで、サニー千葉からプレゼントされたという和の装い。ブラピは顎鬚のせいか思...
イングロリアス・バスターズ (キノ2)
 これは、めちゃめちゃ面白いです。もしかして傑作かもしれないです。  152分があっと言う間だし、観終ってすぐに、もう一度観たくてたまらなくなりました。  第二次世界大戦末期のフランス。  が舞台の映画ですが、なぜか決して「戦争映画」ではないです。...
イングロリアス バスターズ (あーうぃ だにぇっと)
11月4日(水)ジャパン・プレミアで鑑賞。 何人かの人に声をかけたが、都合が悪く来れない人ばかり。 ひさしぶりに、我が家の長女とふたりで観る。 座席は、1階席の10列。 舞台挨拶を見るのには最適だった。
『イングロリアス・バスターズ』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:INGLOURIOUSBASTERDS監督・脚本:クエンティン・タランティーノ出演:ブラッド・ピット、メラニー・ロラン、クリストフ・ヴァルツ、ダニエル・ブリュール、イーライ・ロス、ダイア...
イングロリアス・バスターズ (だめ男のだめ日記)
「イングロリアス・バスターズ」監督クエンティン・タランティーノ出演*ブラッド・ピット(アルド・レイン中尉)*マイク・マイヤーズ(エド・フェネシュ)*ダイアン・クルーガー(ブ...
『イングロリアス・バスターズ』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----今日の映画は 日本でも人気が高いクエンティン・タランティーノ監督の新作 『イングロリアス・バスターズ』。 主演は、あのブラッド・ピット。 で、第二次世界大戦を背景にしているんだって。 じゃあ、これって戦争映画? 思わず聞きたくなるところだけど、そう一言...
『イングロリアス・バスターズ』・・・エキセントリックな男たち (SOARのパストラーレ♪)
タランティーノ監督作品には苦手意識があり、『キル・ビル』など有名どころも含めこれまできちんと観たことがない私。本作も当初は何事もなくスルーで終わるはずだった・・・のだが、劇場予告やら紹介番組を見ているうちに興味がわき、この「食わず嫌い」克服のきっかけに...
イングロリアス・バスターズ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
この映画の秀逸な着眼点は、途中からナチス側が迫害される恐怖におびえる点だ。さらに、映画館の中にヒトラーらの幹部を集めて可燃性フィルムを使って劇場に火をつける。映画の中でナチス幹部を抹殺して、外に逃げたユダヤ人ハンターのハンス・ランダ大佐(クリストフ・ヴ...
イングロリアス・バスターズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 意外にシリアス!本作主役はクリストフ・ヴァルツでしょうか。
★イングロリアス・バスターズ(2009)★ (CinemaCollection)
INGLOURIOUSBASTERDS悪名こそ、彼らの名誉(グロリアス)。上映時間152分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2009/11/20ジャンルアクション/戦争映倫R15+【解説】「パルプ・フ...
『イングロリアス・バスターズ』... ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ映画、クエンティン・タランティーノ監督&脚本、ブラッド・ピット主演。
イングロリアス・バスターズ (LOVE Cinemas 調布)
「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノ監督最新作。主演はブラッド・ピット。共演に「ナショナル・トレジャー」シリーズのダイアン・クルガー、『PARIS(パリ)』のメラニー・ロラン、そしてこの作品でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞したクリストフ・...
イングロリアス・バスターズ (そーれりぽーと)
面白くなかったら全額返金! 『イングロリアス・バスターズ』を観てきました。 ★★★★ タラちゃんの映画が評価高いのは、マニアックなタラちゃんの映画が好きな人だけが映画館に足を運ぶから高いのであって、「面白くなかったら全額返金!」なんて言って一般のお客さん...
イングロリアス・バスターズ (だらだら無気力ブログ)
1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、ユダヤ人女性のショシャナは 家族とともに匿われていたが、家族はナチスドイツのランダ大佐によって 発見され射殺されてしまう。ただ一人ショシャナは銃撃を免れて逃げだす ことに成功する。 1944年、アルド・レイン中尉を隊...
イングロリアス・バスターズ (メルブロ)
イングロリアス・バスターズ 291本目 2009-51 上映時間 2時間32分 監督 クエンティン・タランティーノ 出演 ブラッド・ピット ダイアン・クルーガー クリストフ・ヴァルツ メラニー・ロラン イーライ・ロス マイク・マイヤーズ 会場 TOHOシネマズ 府中 評価...
イングロリアス・バスターズ (5125年映画の旅)
第二次大戦下のフランス。ナチスに恐れられる無法者の秘密部隊バスターズは、ナチス主催の映画祭にヒトラーが参加するという情報を入手し、映画祭襲撃を画策する。しかし、映画祭が催される映画館のオーナーにして、かつてナチスに家族を惨殺されたショシャナも、独自...
イングロリアス・バスターズ (映画道)
第二次世界大戦中のナチス・ドイツ占領下のフランス。 家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)は、「ユダヤ・ハンター」の異名をとるハンス・ランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)の追跡を逃れる。 一方、“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれるアルド・...
『イングロリアス・バスターズ』... ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ映画、クエンティン・タランティーノ監督&脚本、ブラッド・ピット主演。
イングロリアス・バスタ―ズ☆★2009 (銅版画制作の日々)
 INGLOURIOUS BASTERDS フリ―パスポートでの鑑賞第二弾はブラビ&タランティ―ノがタッグを組んだこの作品「イングロリアス・バスターズ」です。今回は初日に観て参りました! タランティ―ノワールドは今回も素晴らしい仕上がりです。期待を裏切ることなく、独特な世...
【イングロリアス・バスターズ】 (日々のつぶやき)
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:ブラッド・ピット、メラニー・ロラン、ダイアン・クルーガー、ダニエル・ブリュール、クリストフ・ヴァルツ    悪名こそ、彼らの名誉 「1944年ドイツ占領下のフランス、小さな映画館のオーナーのショシャナは、ド
イングロリアス・バスターズ (Akira's VOICE)
プロパガンダ?  
イングロリアス・バスターズ (生まれてから今まで観てきた映画全部)
繧、繝ウ繧ー繝ュ繝ェ繧「繧ケ繝サ繝舌せ繧ソ繝シ繧コ [DVD](2010/04/21)繝悶Λ繝ラ繝サ繝斐ャ繝医Γ繝ゥ繝九繝サ繝ュ繝ゥ繝ウ蝠刀隧ウ邏ー繧定ヲ九k 譛ャ譌・縺ッ繧ッ繧ィ繝ウ繝ぅ繝ウ繝サ繧ソ繝ゥ繝ウ繝ぅ繝シ繝守屮逹」縺ョ譁ー菴懊...
「イングロリアス・バスターズ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Inglourious Basterds」 2009 USA/ドイツ アルド・レイン中尉に「Mr.&Mrs.スミス/2005」「バベル/2006」「ジェシー・ジェームズの暗殺/2007」「オーシャンズ13/2007」「バーン・アフター・リーディング/2008」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生/2008」のブ...
イングロリアス・バスターズ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
クエンティン・タランティーノと言えば、嘗て一世を風靡したサブカル系B級エンターテイメントを再解釈し、オマージュたっぷりに自分の世界の...
イングロリアス・バスターズ (悠雅的生活)
牛乳。スコッチ。消えない印。
イングロリアス・バスターズ (心のままに映画の風景)
1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町。 “ユダヤ・ハンター”の異名をとるハンス・ランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)に家族を虐殺され...
イングロリアス・バスターズ (rambling rose)
”面白さタラんかったら全額返金キャンペーン”・・なんてのやってましたが・・
イングロリアス・バスターズ/Inglorious Basterds (いい加減社長の映画日記)
3週間くらい前に観て、ほったらかしにしてましたが^^;翌日から関西でオフ会というのに、レイトショーで「イングロリアス・バスターズ」を鑑賞。「UCとしまえん」は、平日のレイトショーだし、少なめかな。「イングロリアス・バスターズ」は、大きめのスクリーンで、1...
映画 「イングロリアス・バスターズ」 (ようこそMr.G)
映画 「イングロリアス・バスターズ」
映画『イングロリアス・バスターズ』 (闘争と逃走の道程)
 「面白くなかったら返金します」という、ロッテリアの絶妙ハンバーガーばりのキャンペーンをやっているこの映画。大丈夫なのかと心配にな...
イングロリアス・バスターズ (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
クエンティン・タランティーノ監督&ブラッド・ピット主演の戦争映画・・・というか、「史実なんか知るかー」な戦争ファンタジー映画です。1941年、ナチス占領下のフランス。農場主...
イングロリアス・バスターズ (C note)
前作『グラインドハウス』は、その年の個人的ベスト2位[E:crown]に選んだく
イングロリアス・バスターズ INGLOURIOUS BASTERDS (俺の明日はどっちだ)
・ 第二次大戦下のフランスを舞台に、ナチスに家族を殺されたユダヤ人女性に、情け容赦ないナチ狩りで恐れられるユダヤ系アメリカ人部隊“バスターズ”、そして女性スパイたちが加わってが繰り広げる壮絶な復讐の行方を、クエンティン・タランティーノ監督ならではの映画...
『イングロリアス・バスターズ』 ('09初鑑賞180・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 12月5日(土) OSシネマズ ミント神戸  シアター7にて 16:40の回を鑑賞。
イングロリアス・バスターズ (勝手に映画評)
公開初日から4日間限定ですが、「面白さタランかったら全額返金しバスターズ」と言う名前で、上映開始後1時間以内に退席した観客には鑑賞料金を返却すると言う前代未聞のキャンペーンをして話題も振りまきました。元々は「地獄のバスターズ」と言うタイトルのイタリア映画...
「イングロリアス・バスターズ」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  タランティーノ監督が楽しみつつ、丹誠込めて撮ったであろうことは、よく伝わってきました。確かに面白い。テンポも良い。役者も良い。中でもランダ大佐を演じたクリストフ・ヴァルツには驚きました。エキセントリックで印象深い演技にクギづ...
「イングロリアス・バスターズ」 (或る日の出来事)
緊迫する場面は、大きなものが2つあって、どきどきしたものの、全体としては私にとっては、あまり面白さが分からない映画だった。
『イングロリアス・バスターズ』 (Rabiovsky計画)
『イングロリアス・バスターズ』公式サイト 監督・脚本:クエンティン・タランティーノ 出演:ブラッド・ピット 、メラニー・ロラン 、クリストフ・ヴァルツ    ダニエル・ブリュール 、イーライ・ロス 、ダイアン・クルーガー 2009年/アメリカ/152分 ...
名誉なき野郎ども~『イングロリアス・バスターズ』 (真紅のthinkingdays)
 INGLOURIOUS BASTERDS  第二次大戦末期、ナチ占領下のパリ。「ユダヤ・ハンター」の異名を取るハンス ・ランダ大佐(クリストフ・ヴァル...
映画 「イングロリアス・バスターズ」 (ちょっとひとことええでっかぁ―♪)
宣伝のため来日していた監督が 『面白さがタラんかったら全額返金』って言っていましたが ちゃんと劇場にも条件が告知されていました。
イングロリアス・バスターズ INGLOURIOUSBASTERS (まてぃの徒然映画+雑記)
クエンティン・タランティーノとブラッド・ピットの共演!さすが返金保証キャンペーンをうっただけのことはあって、物語は5章仕立てでナチ占領下のフランスを舞台にテンポよく進ん...
イングロリアス・バスターズ (Yuhiの読書日記+α)
クエンティン・タランティーノ監督とブラッド・ピットがタッグを組んで話題になったアクション大作。キャストはメラニー・ロラン、クリストフ・ヴァルツ、ダイアン・クルーガー、ダニエル・ブリュール他。 <あらすじ> 1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族...
「イングロリアス・バスターズ」:団子坂下バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}ここね、乱歩の「D坂殺人事件」の舞台になった団子坂は。 {/kaeru_en4/}「D人殺人事件」の舞台になったのは、フランスだけどな。 {/hiyo_en2/}D人殺人事件?なに、それ。 {/kaeru_en4/}「イングロリアス・バスターズ」の日本題名。 {/hiyo_en2/}誰がいつ...
♯53 「イングロリアス・バスターズ」 (ここはここ)
映画 「イングロリアス・バスターズ」 INGLOURIOUS BASTERDS        クエンティン・タランティーノ監督 2009年 アメリカ イングロリアス・バスターズ(名誉なき野郎ども)~忘れるんで記しとこ。 相変わらず音楽よいわ~♪ わっ!暴力的描写!・・・って...
イングロリアス・バスターズ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
面白くなかったら、鑑賞料金返金しますってまぁ、凄いこと言っちゃってますね(笑)そんな返金キャンペーンは終わった後なんですが『イングロリアス・バスターズ』鑑賞。舞台はナチス占領下のパリかつて家族を殺された少女ショシャナ。ドイツの英雄を描いたプロパガンダ映...
「イングロリアス・バスターズ」 (てんびんthe LIFE)
「イングロリアス・バスターズ」ジャパンプレミア 東京国際フォーラムホールAで鑑賞 今年2回も生ブラピに会えるとは…大感激。 誘っていただきありがとう。 朝から並んでくれてありがとう。 どうしてもブラピは自力ではダメだめ。 それでもイエローカーペット(...
映画「イングロリアス・バスターズ」 (<花>の本と映画の感想)
  映画館にて鑑賞 監督 クエンティン・タランティーノ 出演 ブラッド・ピット イーライ・ロス,ティル・シュヴァイガー,ジャッキー・イド,メラニー・ロラン,ダイアン・クルーガー,シル
イングロリアス・バスターズ (こんな映画見ました~)
『イングロリアス・バスターズ』 ---INGLOURIOUS BASTERDS--- 2009年(アメリカ) 監督:クエンティン・タランティーノ 出演: ブラッド・ピット 、ダイアン・クルーガー 、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロラン 1944年、ナチス占領下のフランス。 かつて、“...
イングロリアス・バスターズ お金返していらんてぃーの ってか払ってないてーの… (労組書記長社労士のブログ)
【 69 -13- 1ヶ月フリーパスポート=17 】 上映前から話題性たっぷりで、そのうえ上映開始後1時間以内に退席した観客には鑑賞料金を返却するという“面白さタランかったら、全額返金しバスターズ!”なんてワケわからんキャンペーンを張るからますます話題沸騰だった。(...
イングロリアスバスターズ (シネマ日記)
ブラッドピット×クエンティンタランティーノということで以前から楽しみにしていた作品。ダイアンクルーガーも出ているしね。結論から言うと、ワタクシはかなり好きです。世間の評判はどうなのかな?知らんけど。残酷なシーンが苦手な人はダメですね。全編がではないので...
イングロリアス・バスターズ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
劇場で見逃して,DVD[E:cd]で鑑賞~~。タラちゃんの作品は,好きなのもあれば苦手なのもある私。この作品もこわごわ観てみたが・・・なにこれ!すっごい面白い!めちゃくちゃ気に入りました! 一応ナチスものなのに,こんなに面白くて痛快でいいんだろうか~?(不謹慎)...
「イングロリアス・バスターズ」 (キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~)
ネタバレ全開です。未見の方、ご注意下さい。 タラちゃん、ごめん。 面白さ、タラんかったよ。 うん、時折キラッキラッと輝くシーンはあるんですよ。 でももっと面白く出来たんじゃないかなぁ。 人物造詣が薄い脚本。 ペラペラの紙で出来たお人形さんを動かして芝居させ...
映画「イングロリアス・バスターズ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
109シネマズ木場。 クエンティン・タランティーノ監督、 ブラッド・ピット、ダイアン・クルーガー、クリストフ・ヴァルツ。 ** 1941年、ナチ支配下のフランス農村地帯。 「ユダヤ・ハンター」として恐れられるランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)に殺されたド...
イングロリアス・バスターズ (Memoirs_of_dai)
ブラピよりもランダ大佐 【Story】 1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)...
イングロリアス・バスターズ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
イングロリアス・バスターズ’09:米◆原題:INGLOURIOUS BASTERDS◆監督: クエンティン・タランティーノ◆出演: ブラッド・ピット 、 メラニー・ロラン 、 クリストフ・ヴァルツ 、 ダニエル・ブリュール 、 イーライ・ロス 、 ダイアン・クルーガー 、 ジュリー・...
「イングロリアス・バスターズ」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ハラハラドキドキさせられ、バキュバキューン!のシーン構成が冴えてます。4つ★
09-345「イングロリアス・バスターズ」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
これがナチへの復讐  1944年、ナチス占領下のフランス。かつて、“ユダヤ・ハンター”の異名をとる冷血な男ハンス・ランダ大佐によって家族を皆殺しにされた少女ショシャナは、ただ一人逃げ延び、現在はパリで映画館主に身をやつしながら復讐の機会を窺っていた。  同...
イングロリアス・バスターズ (とりあえず、コメントです)
第二次世界大戦下のフランスを舞台に、ナチスと彼らを脅かす極秘部隊との戦いを描いた クエンティン・タランティーノ監督最大のヒット作です。 最初から最後までタランティーノらしいテンションで突き抜けていました~
■映画『イングロリアス・バスターズ』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
クエンティン・タランティーノ監督の新作映画『イングロリアス・バスターズ』。 総統以下、名だたるドイツ軍兵士たちを、連合軍の特殊部隊「イングロリアス・バスターズ」の面々がブチ殺して行く映画と聞いていましたが、実際は…。 タランティーノ好きの映画ファン...
イングロリアス・バスターズ (B-scale fan's log)
公開中 クエンティン・タランティーノ監督     ブラッド・ピット主演     出演 クリストフ・ヴァルツ、     ダイアン・クルーガー、メラニー・ロラン     マイク・マイヤーズ 他 新評価 3.0 物語は冒頭から西部劇的な音楽と、 遠くから平和なフ...
『イングロリアス・バスターズ』 (2009) (よーじっくのここちいい空間)
ブラッド・ピットが狂言回しみたいになっちゃってたりして・・・。とにかく面白い、素直に楽しんでしまった。痛快で、小気味よいテンポで、あれよあれよと映画は進んでいく。
イングロリアス・バスターズ (ぶっちゃけ…独り言?)
5.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) いや~、気が付けばまたしても消化しきれてない記事がわんさかと・・・ てか、一体いつ見たんでしたっけねぇ、この作品。 取り敢えず、タランティーノ×ブラピって組み合わせだけでも惹かれるのに、更に...
イングロリアス・バスターズ (SUPER BLOG.JP)
「Inglourious Basterds」って直訳すれば「栄光無き野郎ども」みたいな感じで。 意訳すると「ろくでなしども」(?)って意味かなぁ?もうちょっと低い意味かもしれない。 まあ、そんなところ。 監督があのクエンティン・タランティーノだ。 日本のテレビCMなんかで観...
イングロリアス・バスターズ (いやいやえん)
タランティーノ作品ってもっと「俺色」が濃く作ってある気がすると思うんですが、この作品は面白くなかったら返金という事もあってか、案外おとなしめに作ってあるように感じました。(で、結局返金された人っているのかな?) 舞台はユダヤ人大量虐殺という時代背景の...
イングロリアス・バスターズ (oguoguの日々映画見っ放し!)
2009年11月上映 監督:クエンティン・タランティーノ 主演:ブラッド・ピット  名誉なき野郎どもの復讐が始まる!!・・・・・・いいねぇ。実にタランティーノ節が出てたw...