ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】デス・プルーフ in グラインドハウス…カート・ラッセルが随分ナンチャンに似てきてませんか?

2008-05-18 00:14:42 | 映画・DVD
うへぇ…忙しいです
今日も(もう昨日か)先程までお仕事でした。
前も書きましたが…以前やってた某お仕事…私は卒業(?)していたんですが、私の会社では人員が減っちゃいまして、でその仕事が私に再び回ってきちゃいました。もちろん自分のお仕事もそのままある訳でして…
うへぇ

で、まともなブログ更新もままならない訳で…更新出来ないは良いとして、コメントへのお返しが滞っているのはホント申し訳ないです

あと今週誕生日だったのに誕生日ケーキを買って来れなかったのは娘に申し訳ない

病院に行けないのはコレステロールに申し訳ない

散髪に行けないのは頭皮環境に申し訳ないです

…と、こんな感じの最近です



で、映画記事です。



「デス・プルーフ in グラインドハウス」
(監督:クエンティン・タランティーノ、出演:カート・ラッセル、ロザリオ・ドーソン、ゾーイ・ベル、2007年アメリカ)

TSUTAYAさんで「プラネット・テラー in グラインドハウス」「スターダスト」「ウィッカーマン」と一緒にレンタル。
2008年5月8日に1かいなったばかりの(7日深夜)に平日なのに鑑賞。
おかげで翌日体を壊しました。翌日(8日)の夜中に熱が出た話は「カリ城」の記事をご参照ください。



ストーリー
クエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスによる企画「グラインドハウス」の1篇。
テキサスの田舎町。ジャングル・ジュリア(シドニー・ターミア・ポワチエ)、アーリーン=バタフライ(ヴァネッサ・フェルリト)らは女友達同士数人で連れ合いお気に入りのバーにくりだした。そこに不気味なシボレーに乗った男スタントマン・マイク(カート・ラッセル)がやってくる。ジュリアたちはバーで会話をするうちに、彼への警戒心を緩めていくが…
14ヶ月後のテネシーのとある町。映画撮影に携わっているキム(トレイシー・トムズ)、ゾーイ(ゾーイ・ベル)たちは撮影の合間をぬって車の試乗をすることにするが、そこにもマイクが現れる。
詳しくは…http://www.grindhousemovie.jp/等で





ピロEK的感想&点数
先に「プラネット・テラー」を鑑賞し、そして先に記事にしちゃいましたが、劇中の時間軸的にはこちらの方が先なんだろうね(女医さんとその親父さんの登場からもわかるように)。
2本立ての際の上映順番ってどうなのでしょうか


さて、この映画…
…途中まではツマンナかったです。
微妙に好みじゃない女の子たちの雑談を延々聞かされた挙句に…
ナンだか汚い殺人鬼のお話で…兎に角、好みの映画では無いわけです

で、後半は後半で、
微妙に好みじゃない女の子たちの雑談を延々聞かされた挙句に…
…あ~、コレ実は痛快復習劇なんだけど(多分…観ているこちら側とすれば途中そんな事は分からない訳で、またまた“あんなこと”が起こっちゃうんだろうナァ…と、いや~な予感&気分で鑑賞してしまう訳です
実際にはそうならない(ネタバレごめんなさい)訳ですが…
こいつは裏切られたというよりも、それならそうだと言ってくれれば楽しめたのに…という感じでして。

カーチェイスシーンもそんなに凄くないと思うんだよね…酷くも無いけど…
タランティーノの思惑通り(?)B級レベルで…

まぁクエンティン・タランティーノの映画なので過度な期待もしてなかったけどね。
タランティーノで凄く面白いって思った作品って個人的には、現状「パルプ・フィクション」のみ。その部分は今回も更新されずでした

グラインドハウスな部分については「プラネット・テラー」よりも控えめ(?)な感想(私がグラインドハウス映画の定義を理解できているわけではないですけど)。
フィルム傷描写も比較的控えめ(相対的)。全体のまとまりもあちらよりはあったような…。


てなわけで、点数は3.1点(5点満点中)。
3点な訳ですが「プラネット・テラー」(3点)よりこちらの方が少しだけ好きだという意思表示で0.1点を追加。だんだん南原清隆に似てきているカート・ラッセルにも注目の映画でした。
この「グラインドハウス」には「プラネット・テラー」の冒頭に入っていた「マチェーテ」の他にもニセ予告が存在するようですね。そちらも観てみたいのですが「inグラインドハウス」のレンタルDVD2本には入っていないので残念。YouTubeとかで無いかナァ…



補足・蛇足
某映画紹介の文章に「全編にちりばめられたガールズトークの数々は、リアルで、開放的で、魅力的。」と有り。
確かに女性たちの雑談に大きな時間が割かれた映画だったのですが…
クエンティン・タランティーノにガールズたちの何が分かると云うんでしょうか…あれらの会話はリアルなのかなぁ果たして…タランティーノの妄想であることに一票

あと、後半出てきた女性の携帯着メロ「キル・ビル」でダリル・ハンナが口笛で吹いてたアレでしたね



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウォークマン(ベアクローが... | トップ | 更新 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2008-05-18 17:41:18
コレステロールと頭皮環境はともかく、お嬢ちゃまにケーキを買ってあげられなかったのは痛恨の極みですよぉ。
後々恨まれても知りませんよ~!(笑)

カート・ラッセル=ナンチャンですかぁ。
うーむ、お顔はカートのほうが美肌かな?(爆)
「プラネットテラー」3点、「デス・プルーフ」3,1点とのことですが、私も微妙な差で「デス・プルーフ」の勝利です。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(ミチさんへ))
2008-05-24 21:01:03
★ミチさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>お嬢ちゃまにケーキを買ってあげられなかったのは痛恨の極みですよぉ。

はい。怖くなってその週末買ってきました。
結構有名なケーキ屋さんでお高めなのを買ったので本人は満足したようです。
でも、中学生相手に「はっぴば~すで~とぅ~ゆ~」と歌うのはこっぱずかしいですなぁ。

>私も微妙な差で「デス・プルーフ」の勝利です。

ゾンビ出てこないから汚さ控え目ですからねぇ。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。
判定不可能 (ONE OF THE BROKEN)
2008-07-28 01:03:12
TBありがとうございます。
私もレンタルで2本とも借りて観ましたが、これはおそらく「グラインドハウス」として2本立てでフェイク予告編も含めて、という形で観なければダメなのかなぁ~という感じです。
残念ながら「グラインドハウス」は未見ですので、出来の良し悪しは定かではないですが、ネット上での評判を見る限りでは少なくとも2本別々で観るよりはましかもしれませんね。
★★コメントありがとうございます~その2~★★ (ピロEK(ONE OF THE BROKENさんへ))
2008-08-03 17:18:28
★ONE OF THE BROKENさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>これはおそらく「グラインドハウス」として2本立てでフェイク予告編も含めて、という形で観なければダメなのかなぁ~という感じです。

なんでしょうねぇ。フェイク予告編って「マチェーテ」以外にも入ってるみたいですし…「グラインドハウス」はレンタルしていなくてセル版だけだから手が出ないので残念です。BSとかで放送されないかナァ。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
デス・プルーフ in グラインドハウス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ドレスコードは、スリルとスピード』  コチラの「デス・プルーフ in グラインドハウス」は、愛すべき映画オタクのクエンティン・タランティーノが、親友ロバート・ロドリゲスと60~70年代のアメリカの殆どの都市にあった"グラインドハウス"を再現するべく、エクス...
デス・プルーフ in グラインドハウス (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿武蔵野館> 監督:クエンティン・タランティーノ 脚本:クエンティン・タランティーノ デス・プルーフ。それはスタントマンが乗る「耐死仕様」のスタントカーのこと。 面白かった!ENDマークが出たときはスカッとして思わず大笑いしてしまい...
デス・プルーフ in グラインドハウス (ネタバレ映画館)
着メロはダリル・ハンナの口笛・・・
デス・プルーフ in グラインドハウス [監督:クエンティン・タランティーノ] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
【個人的評価 ■■■■□□】(6段階評価 ■□□□□□:最悪、■■■■■■:最高) 内容とは関係ないけど、これを観たのは銀映という、松本でも指折りのボロっちい映画館で、私は大好きだ。 古くて汚い場内、綿のはみ出た椅子、スクリーンはでかいが光量が足りず薄暗...
★「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (ひらりん的映画ブログ)
B級映画2本立て劇場(グラインドハウス)で上映してるような作品作りをして・・・ クエンティン・タランティーノ監督とロバート・ロドリゲス監督が1本ずつ作ったうちの1本。
スタントマンVSスタント・ガールズ (CINECHANの映画感想)
220「デス・プルーフinグラインドハウス」(アメリカ)  テキサスの田舎町。人気女性DJ、ジャングル・ジュリアは親友の金髪のシャナ、久しぶりに町に戻ってきた?バタフライ?ことアイリーンと一緒に町へ繰り出し、一夜の気晴らしをすることに。お気に入りのバー、グ...
デス・プルーフinグラインドハウス (★YUKAの気ままな有閑日記★)
少し秋めいてきましたね・・・通常料金でプレミアスクリーン&レディスデイのダブルでお得な日、いざヲタク体験へ【story】スゴ腕スタントマンのマイク(カート・ラッセル)は、愛車『デス・プルーフ』に乗り、美女をナンパしては死のドライブに誘っていた。ある日マイク...
デス・プルーフ in グラインドハウス/カート・ラッセル (カノンな日々)
予告編を目にするまでは全く観る気はなかったんですよ。カート・ラッセルが暴れまくってるのを観たら気になり出しちゃって、どんな映画なのかとチェックしてみたらタランティーノがリスペクトする1970年代から80年代のB級ホラーにオマージュを捧げた云々かんぬんとあった...
デス・プルーフ in グラインドハウス 85点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
もしかしてオラオラですかーッ!? 公式サイト ロバート・ロドリゲスとクエンティン・タランティーノによる、"グラインドハウス興行"のパロディを意図した二本立て映画スタイルの一本の作品、だったはずが、日本では何故か一本ずつ別々の映画として公開されるはこびとな...
デス・プルーフ in グラインドハウス (5125年映画の旅)
テキサス州で休日を楽しむ美女3人。酒場で盛り上がっている時、彼女達は自称スタントマンの男・マイクと出会う。多少のいざこざはあったものの、マイクと共に飲み明かした美女3人は彼と別れ目的地である別荘に向かう。しかしマイクは「耐死仕様」に改造した自身のス...
デス・プルーフ / DEATH PROOF (我想一個人映画美的女人blog)
       タランティーノが来日して舞台挨拶、ジャパンプレミアに行って参りました~{/kirakira/} タランティーノが(の映画が)大好きなので、今年1番くらいに楽しみにしてた、久しぶりの新作{/ee_1/} あ、リンチの新作のときも言ったかにゃ 生タラちゃんは、...
「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (てんびんthe LIFE)
「デス・プルーフ in グラインドハウス」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC2で鑑賞 面白いかつまらないか、賛否両論のタラちゃん作品。実際自分の目でみてこないと解らないと思ったので映画の日の初回鑑賞です。だいたいタラ作品ってストーリーを追うものじゃないから、そ...
デス・プルーフ (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 Quentin Tarantino's Death Proof 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 上映時間 113分 監督 クエンティン・タランティーノ 脚本 クエンティン・タランティーノ 撮影 クエンティン・タランティーノ 出演 カート・ラッセル、ロザリオ・ドーソン ローズ・マッゴ...
『デス・プルーフinグラインドハウス』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじテキサスの田舎町。人気DJのジャングル・ジュリアは、女友達と共にお気に入りのバーにくり出した。しかし、そこに不気味なシボレーを乗り回す男スタントマン・マイクがやってくる。ジュリアたちはバーで会話をするうちに彼への警戒心を緩めていくが・・・。感想...
デス・プルーフinグラインドハウス (B級パラダイス)
これまた待ってましたの作品です。一週前くらいに六本木の映画館でUSAバージョンのを上映してたんでしたっけ?とりあえず私は完全版まで我慢...
デス・プルーフ in グラインドハウス (I am invincible !)
先日見た2本立て「グライドハウス U.S.Aバージョン」の、単独上映版。 2本立て版が91分に対し、単独版は113分。
デス・プルーフinグラインドハウス「耐死仕様」 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ 70年代の頃に映画館で観たようなレトロっぽい雰囲気を敢えてフィルムのキズやリールのコマ飛びなど
グラインドハウス (Akira's VOICE)
「デス・プルーフ」 「プラネット・テラー」 
映画レビュー「デス・プルーフinグラインドハウス」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
デス・プルーフ プレミアム・エディション◆プチレビュー◆タランティーノ印のB級ガールズ・ムービー。前半と後半の激しい転調に思わずクラクラする。【65点】 テキサスの田舎町。女の子たちがバーに繰り出した。そこで、スタントマン・マイクという遊び人風の中年男...
デス・プルーフ in グラインドハウス (そーれりぽーと)
何かとつるんでやるのが好きなクエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスの二人が、今度はあえてB級カルト映画をそれぞれ1本ずつ撮った企画“グラインドハウス”。 今回は、先に上映されたタランティーノ監督作『デス・プルーフ in グラインドハウス』を観てき...
064)デス・プルーフinグラインドハウス (「映画でお勉強!映画検定式1問1答映画クイズ」)
「デス・プルーフinグラインドハウス」にてスタント役を務めたゾーイ・ベル。彼女が以前にも務めたスタント役とは? 1)スピード 2)キル・ビル 3)シン・シティ 4)マトリックス 正解は次号にて。。 by織田 拳 RANKING
映画「デス・プルーフinグラインドハウス」を鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 1日は映画の日と言うことでTOHO CINEMAS川崎、スクリーン5にて「デス・プルーフinグラインドハウス」を鑑賞した。 客入りは6~7割くらいで映画の日で初日なのに、ちと寂しい状況。男女比率は圧倒的に男が多く9:1くらいに感じた。 映画の話デス・...
デス・プルーフinグラインドハウス (UkiUkiれいんぼーデイ)
往年のB級興行を復活させようと、タラちゃん&ロドちゃんの二人が作り出した企画。 ・・・ってことまでは知ってましたが 『デス・プルーフ』『プラネット・テラー』そして『USAバージョン』もあるっていうじゃないですかぁ。 しかも「ニセモノ映画の予告編...
デス・プルーフinグラインドハウス (めでぃあみっくす)
ザ・ブライドの復讐二部作で復活し、カンヌ国際映画祭の審査委員長まで務め上げた映画ヲタク親父クエンティン・タランティーノ監督の大好きなB級テイストが満載すぎるほど満載な映画でした。あまり映画を見ない人やさほどQT映画が好きでない方には恐らく退屈な作品にな...
デス・プルーフ in グラインドハウス (2007) 113分 (極私的映画論+α)
ややこしいタイトルだから「デス・プルーフ」だけでいいと思います(笑)
映画 【デス・プルーフ in グラインドハウス】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「デス・プルーフ in グラインドハウス」 クエンティン・タランティーノ監督が、リスペクトする1970年代から80年代のB級ホラーにオマージュを捧げたエキセントリック・ムービー。 ちなみに“グラインドハウス”とは、低予算のB級映画ばかりを2、3本立てで上...
「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (NOHOHONブログ/FIGHT CRAB)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 結局、USA公開バージョンは観に行かず。 個別ロングバージョンを見に行きました。 やっぱり ちょっと後悔してます。 こりゃ2本一緒に観なきゃダメなんだろうなぁと。 追加したシーンは おしゃべりのシーンが長くなったんだと思う...
『デス・プルーフ in グラインドハウス』 (映像と音は言葉にできないけれど)
映画の日。「タランティーノだから観て置こうか...」これだけで十分、映画を観る気にさせてくれるのです。今日もポップコーンを楽しみに劇場へ...。
デス・プルーフ in グラインドハウス (バビロン21)
前回の日記に書いた通り、仕方なく観てきました。 タランティーノの「デス・プルーフ」。 以下、感想を記します‥‥ 「グラインドハウス映画入門」などという本に参加させていただいた 分際で、こんな事言うのは気が引けるんだが‥‥‥‥ (内容も...
DEATH PROOF★ デス・プルーフ in グラインドハウス (銅版画制作の日々)
    クエンティン・タランティーノ監督最新作は「デス・プルーフinグラインドハウス」だ   9月14日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。この日は、10周年記念日ディーということで、1000円でどの映画も鑑賞できるラッキーな日でした。 さて今回のこの「...
デス・プルーフ in グラインドハウス (映画鑑賞★日記・・・)
【Quentin Tarantino's Death Proof】公開2007/09/01(09/01鑑賞)製作国:アメリカ R-15監督・脚本・撮影:クエンティン・タランティーノ製作:クエンティン・タランティーノ、ロバート・ロドリゲス出演:カート・ラッセル、ロザリオ・ドーソン、ローズ・マッゴーワン、シ...
映画~デス・プルーフ in グラインドハウス (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ドレスコードはスリルとスピード60~70年代に隆盛を極めたインディーズ系の低予算映画=グラインドハウス映画の体験を再現すべく、タランティーノとロバート・ロドリゲスがタッグを組んだ企画「グラインドハウス」。そのタランティーノバージョンにあた...
デス・プルーフ in グラインドハウス (夫婦でシネマ)
おバカ映画の傑作!
デス・プルーフinグラインドハウス(ジャパンプレミア) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ デス・プルーフな女たち
デス・プルーフinグラインドハウス (TRIVIAL JUNK Blog)
悪気はなかったんです!! <公式ページ> タランティーノが趣味丸出しで作った、昔のB級アメリカ映画のレプリカ企画。 映像の独特な荒れ方や文字フォントのバタ臭さには、その時代の映画にさほど詳しくなくても思わずニヤリとするでしょう。 タラってホントに「映画...
「デス・プルーフ」  Death Proof (俺の明日はどっちだ)
本編が始まる前に上映されたロバート・ロドリゲスの『プラネット・テラー in グラインドハウス』の予告編がまるで『シン・シティ』テイストたっぷりで、とてもワクワクさせられただけに、無意味にガールズトークが延々と続く前半はどうなるかと思ったけれど、ジョン・カー...
感想/デス・プルーフ in グラインドハウス(試写) (EDITOREAL)
キレまくりのスリル&スピード! 『デス・プルーフ in グラインドハウス』9月1日キラーチェーン公開。テキサスに集まったガールズたちはバーで夜遊び。そこに現れた顔に傷のある中年男スタントマン・マイク。なにげない会話で彼女たちに近づき、家へと送る車中でこの男が...
デス・プルーフinグラインドハウス (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
究極のスリルと最強のヒロイン。スッキリ爽快なガールズ・スラッシュ・ムービー誕生! その車が走り出す瞬間、男の欲望は燃えさかり、女の本能は剥き出しになる! 1作目:夕暮れのテキサス。オースティンのラジオ局の人気DJジャングル・ジュリアは、親友のシャナ...
「デス・プルーフinグラインドハウス」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。【グラインドハウス】タランティーノ×ロドリゲス公式サイトデス・プルーフ=耐死仕様のシボレーで女の子の乗る車をつけまわし、大激突して殺すのを快感とする スタントマン・マイク(カート・ラッセル)前半は みなさん書かれてますが 退屈・...
デス・プルーフ in グラインドハウス  (naguCo.com)
ジャパンプレミアに行って来た!! 生タランティーノにも逢ったよ~~{/heartss_pink/} キュートなオタク少年が良い大人に成長しました。 みたいな感じ。 舞台挨拶後はなんと客席でみんなと一緒にご鑑賞{/hikari_pink/} オイラの1ブロック隣の同じ位置にお座りでした...
「デスプルーフinグラインドハウス」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
力は抜けてるけど、細かいところに気は抜かない。(たぶん)実は、とても恥づかしい話ながら、Q.タランティーノ作品。初めて観ました。作風は結構好みに近いはずなのですが、なぜかこれまで縁がなかったんですよね。本作は、敢えて粗い映像や音声に編集することで、場末の...
#122.グラインドハウス その2『デス・プルーフ』 (レザボアCATs)
『グラインドハウス その1『プラネット・テラー』』に引き続き、USAバージョンのレビューです。上の『プラネット・テラー』との合間に予告編を挟んで、いよいよ、タランティーノ監督の方が始まったのでした~。
『デス・プルーフ in グラインドハウス』 (試写会帰りに)
グラマラスで露出過多な女の子達勢揃いの、お色気B級ホラー映画かと思いきや、後半、タフ過ぎる女の子達 VS 殺人鬼のCGなしのガチンコバトルに思わずのけぞります。ラストは痛快、拍手喝采!! 「これはガールズムービーだったんだ!」と終わった瞬間に気づきました(^○^) ...
デス・プルーフ in  グラインドハウス (映画を観たよ)
さぁ、もう1本♪
「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (the borderland )
ブラボー、タランティーノ! 先に「プラネット・テラー in グラインドハウス」を観たので、どうしても比べてしまいます。観る前は、ロバート・ロドリゲスの勝ちだろうなと思ってたけど、いやいやどうして、ラストのカタルシスは最近にないぐらい最高の作品でした(^^)...
「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (或る日の出来事)
グラインドハウスとは? アメリカで1960年代から70年代にかけて、暴力・エロス・ホラーなどにあふれた低予算のB級作品を、2~3本立...
デス・プルーフinグラインドハウス (描きたいアレコレ・やや甘口)
クエンティン・タランティーノ監督の『デス・プルーフ in グラインドハウス』を観た~! ”グラインドハウス”とは60~70年代のアメリカに沢...
デス・プルーフ in グラインドハウス (Death Proof) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クエンティン・タランティーノ 主演 カート・ラッセル 2007年 アメリカ映画 113分 アクション 採点★★★★ 『溶解人間』とか『ジャイアント・スパイダー大襲来』とか大好きです。もちろん顔がドロドロと溶ける様や、台車に乗っかったでっかいハリボテから人々が笑...
デス・プルーフ in グラインドハウス (I am invincible !)
先日見た2本立て「グライドハウス U.S.Aバージョン」の、単独上映版。 2本立て版が91分に対し、単独版は113分。
デス・プルーフ in グラインドハウス(DVD鑑賞) (~映画盛り沢山~)
なんか徐々にDVD鑑賞作品が増えつつありますな てわけで、今日は時間はあったけどなんか体がだるかったから映画館には行かずに家でおとなしくDVDで映画観てました タランティーノ好きのくせに観てなかった『デス・プルーフ in グラインドハウス』を観ました ...