ポレポレ隊が行く! 

ようこそポレポレワールドへ!
家族で歩いた山の報告です。
  ◆ポレポレとはスワヒリ語で 「ゆっくり」 の意。

▲バースデー山行2008 八ヶ岳 <その1>

2008-08-01 10:00:00 | ▲2008年山行報告

 歩いた日 2008年7月26日(土)~7月27日(日)

7月は家族内でバースデーを迎える者が3人います。

長男、二男 (隊長)、 それに、毎年二十歳の弱足さんです。

昨年は、私(7/25) と 隊長(7/27) は 立山 と 唐松岳 でそれぞれバースデーを迎えました。

今年から パパさんの会社の夏休みの取り方が変わったため

土日にぶつからないと バースデー登山は無理だと思ってたのに

隊長のバースデーがちゃっかり週末にぶつかりました。

生まれた日を山の上でお祝いできるなんて こんなに幸せなことはありません。

いくつも候補が上がった中から いろいろ迷った末に

山登りを始めた当初から隊長が憧れていた 八ヶ岳の主峰、赤岳に決定。

今まで何度も隊長からリクエストがあったのに 私が踏み切れずにいたお山です。

北横蓼科硫黄・・・ ちょっとずつ足を踏み入れて下地を作り、

天狗を制覇したら挑戦しようと思っていた場所ですが

今回 その天狗を飛び越えて登ることになりました。

実は今年は節目が三つ重なった年。

そのうちの一つは 隊長が高校生になったこと。

思い出深い記念の年だから ここらでイッチョ気張って見るか、と 

弱足さん、勇気を振り絞って挑戦することに決めました。

前置きがいつも長くなっちゃうので 今回はここら辺でやめときます。

が・・・・!

レポ、かなり長いです。

富士山と燕を抜かして すごいロングレポになっちゃいました。

ご迷惑をおかけしますが興味があったらのぞいてみてください。

それでは バースデー山行2008 八ヶ岳レポ はじまり はじまり~!

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・いやはや出足から一騒動ありました。

自宅前にお隣さんのお客様の車が止まってて出られない・・・!!

夜中の2時に ピンポン鳴らすわけにもいかず

隊長と私とで 車の左右に立ち 声掛け合ってなんとか出庫させました。 

あと数センチずれていたら 出ることができなかった・・・・

この時点で3人とも汗だく。 ふぅ~。

 朝食は 八ヶ岳PAで。

手前に見える黒い大きな物体は

なんとクリームパン!!

 

 

 

 

 

 

 

 

諏訪南ICで下ります。 

 

 

 

 

 

 

 

八ヶ岳ズームライン。 

お天気はイマイチ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

美濃戸口を通り越し 林道を進んで登山口のある美濃戸に行くつもりが

なんと道に迷ってしまいました・・・・!!

別荘地を抜け、ダートな道に入った途端 タイヤが空回りして 全く前に進めない!

「おかしいよ」  「この道じゃないよ」 

と 結局戻ることに。

今日は アクシデント続きだねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

美濃戸口まで戻ってきました。

ここで矢印の左方面に入って行かなくちゃいけなかったのに

まっすぐ進んでしまったんです。 はぁ~。 

 

 

 

 

 

 

 

無事、赤岳山荘の駐車場に到着。

時間は5時半くらいでしたが 管理人さんがいました。

駐車代金2000円(二日分) を払い、

領収書をフロントガラスの見える部分に置いておきます。 

 

 

 

 

 

 

 

歩き出します。 

 

 

 

 

 

 

 

今日の手ぬぐい ほおずき。

 

 

 

 

 

 

 

線香花火を見ながら進みます。

 

 

 

 

 

 

 

すぐに美濃戸山荘到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

登山届出します。 

 

 

 

 

 

 

 

山荘のすぐ前が登山口。

ここで北沢コースと 南沢コースに分かれます。

私たちは行きと帰りを違う道で歩きたいので

往路はこの先の北沢コースから入ることにしました。 

 

 

 

 

 

 

 

シモツケさん、行ってきます。

無事を祈っててくださいね。 

 

 

 

 

 

 

 

行きますよー。 

 

 

 

 

 

 

 

地図上に 林道をショートカットする道が記されていたので

そっちに行ってみることにしました。 

 

 

 

 

 

 

 

が・・・

勾配があり、岩ゴロゴロで 歩きにくい!

隊長はちょっとでも早く進める、と 満足してるようでしたが

あのまま林道を歩いた方が楽だったような・・・。 

 

 

 

 

 

 

 

ここで林道と合流。

果たしてどれくらいの時間が短縮されたのか・・・。 

 

 

 

 

 

 

 

ここら辺は 傾斜もなく歩きやすい。 

 

 

 

 

 

 

 

北沢を通る人が多かったように思います。

皆さん、硫黄経由で行かれるんでしょうね。

どんどん抜かれますが 気にしない 気にしない。

 

 

 

 

 

 

 

ここら辺りが 

 

 

 

 

 

 

 

堰堤広場ってとこかな。 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤岳鉱泉目指して進みます。 

 

 

 

 

 

 

 

水の音が気持ちいい。 

 

 

 

 

 

 

 

ボケボケすみません。 

 

 

 

 

 

 

 

登山口から けっこうお花が咲いていて楽しめます。

ムカゴトラノオさん こんにちは。

お花の先っぽが ハナネコノメさんに似てるような。 (今年もまた会えなかった・・・涙)

 

 

              <その2> に つづく・・・

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ▲バースデー山行2008 八... | トップ | ▲こんなレポでもいいですか ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む