奥様は海外添乗員

沖縄に移住した海外添乗員、留守を守る隊長(フレンチ)と留守番隊のつれづれ日記。海外&沖縄から新鮮な情報を発信!

蝉の声

2016-06-26 | 沖縄生活


昨日あたりからわが家周辺でも蝉の鳴き声が。沖縄に生息する蝉にも数種類あるようですが、本島中部で聞こえてくるのはひたすらジィ〜ィィィィ!っと、もう聞いてるだけで暑苦しいもの(蝉さん、ゴメンね)。子供の頃から聞きなれたミ~ンミンとかオ~シンツクツクとか、そんな風に鳴く蝉はどうやらいないようです。でもって体格もこんな具合にデッカい。ああでも、短い夏を一生懸命生き抜こうとしているのは同じはず。時に耳障りに感じてしまうこんな声ですが、彼らと共に暑い夏を謳歌したいと思います。それにしても暑っ!


 ← 今年も蝉の鳴き始めた沖縄の夏にポチしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

蜂蜜色の村で@バイブリー

2016-06-25 | 添乗後記


魅力的な町や村が点在するコッツォルズ地方。この日はようやく陽の傾きかけた夕刻に「英国で最も美しい村」と称されるバイブリーにやって来ました。



小川沿いに数えられるほどのハニーカラー(蜂蜜色)の建物が点在する村はひっそり。そういえばここで実際にお住まいと思われる村人を見た記憶がありません(笑)。そんな小さな小さな村ですが観光シーズンともなると時折観光バスもやって来る、この地方の中でもとりわけ人気の場所。



ただこの日はタイミングよく他の観光バスもなく、数名の個人客が歩いているくらいで至って静か。時折小川を泳ぐ白鳥や鴨たちの鳴き声だけが聞こえてくる中で過ごすわずかな時間はなんとも心癒されるものでした。



さて。小さな集落の中で最も有名かつ人気の写真ポイントがこちら。アーリントン・ロウと呼ばれる切妻屋根が特徴の長屋風建物は、もともと中世期に羊小屋として建てられたもの。それが後の時代に織物業者の住居として今のような形になったものなんだとか。現在はナショナル・トラスト(歴史的建造物の保護団体)によって管理されています。驚くことに、今でも実際にお住まいの方がいらっしゃるんですよ。



それにしても小川越しにアーリントン・ロウを眺めていると、まるで数百年も昔の時代にタイムスリップしたような気分になれます。そんなところがここ、コッツォルズ地方の最大の魅力かも知れません。ロンドンからもそう遠くはないコッツォルズ地方へ、みなさんも足をのばしてみてはいかがですか?


 ← 大昔の時代にタイムスリップできる蜂蜜色の村にポチしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

夏本番

2016-06-24 | 沖縄生活


梅雨明け以降、真夏日の続く沖縄です。空も海も青く、緑はますます深く。わが家のレモンもだいぶ大きくなってます。昨日の天気予報で、はるか南の海上に熱帯低気圧が発生したと言っていましたが?黄色く色づくまで台風が来ないことを祈ります。



いやぁ、それにしても暑い暑い。連日30℃越えにエアコンは24時間稼働。となると身体は少々お疲れ気味に。暑いのは苦手な隊長は冷房にも敏感なので、やっぱり夏はダルそう。



最近急に体力が落ちてきた感のあるシニア犬。なのでこの夏は夕方のお散歩コースを短くしました。そうそう。コースの途中には最近引っ越して来たチワワおばちゃんも。



いよいよ夏本番を迎えてる沖縄は、みなさんのお越しをお待ちしてますよ。うっとおしい梅雨空を抜け出してご家族揃ってめんそ〜れ!


 ← 夏本番の沖縄にポチしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

カントリーサイドの魅力@湖水地方

2016-06-23 | 添乗後記


今回の英国の旅は朝から晩まで走れ走れ!とめちゃ忙しい旅が多い今時にしては珍しく、カントリーサイドでのんびり〜♪が魅力といえるものでした。そんな旅の中で滞在したホテルをひとつご紹介しましょう。



湖水地方とひとくちに言っても範囲はかなり広いんですが、今回滞在したのは南北に細長いウィンダミア湖から東へ少しばかり山奥へ入った場所に建つThe Wild Boar(イノシシという意)。



小高い丘と牧草地に囲まれた周辺には昔から野生のイノシシが多く生息しているとのこと。なので「イノシシ」と名づけられた館内のあちこちにイノシシが飾られてます。



さて。今回2泊した私の部屋はこんな感じ。2階建ての2階の角部屋だったので、部屋の中に屋根の部分の傾斜が。こんなところにカントリーらしさが感じられて、私は好き。しかも部屋の中にもあちこちにイノシシの写真や絵が飾られていて、いつも彼らの視線を感じてました(笑)。



調度品もシック。とは言え実際は田舎だし・・・と覚悟していた水回りは意外にも綺麗にリノベーションされていて使い勝手はまずまずでした。



でもってベッドの上でお出迎えしてくれたのはモコモコのワンコ。なぜここだけイノシシじゃなかったのかは?ですが、あまりの可愛さに半分おじちゃんの私も思わず胸キュン状態に(笑)。



こちらは趣のあるレストラン。今回は朝食でしか利用しませんでしたが、夜は外からわざわざ食事をしにやって来る人が多くてびっくり。特にイノシシ料理に定評があるようです。



ちなみにBARでは自家製のビールも数種類。1日のおわりにワクワクしながらイノシシマークのビールを試してみましたがお味は!?う〜ん、独特の風味はあるんですが!?ここがイギリスだということを忘れてました。生温いビールをチビチビ飲む国だったってこと。残念ながら、ギンギンに冷えたビールが好きな私の口には合いませんでした(汗)。



あぁ、でも後で気づいたことですが、ホテル内にしっかりビールタンクがありました。ホントにここで醸造していたようですね。



さらに敷地内を散歩してたら菜園を発見。自家製野菜を料理に使用しているようですよ。なるほど、レストランの人気の理由がわかったような気がします。



っとまあ周辺には何にもありませんし、携帯のアンテナさえも立たないカントリーサイド。小鳥のさえずりしか聞こえてこないこんな場所で日々の雑念から開放されて過ごすのもいいものですよ。英国旅行の際はぜひこんなカントリーサイドでの滞在も体験してみて下さいね。


 ← 魅力的なカントリーサイドでの滞在にポチしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

手土産はメチャうまチーズタルト

2016-06-22 | 日常


昨日実家から羽田空港への道中。池袋駅コンコース内の店舗で行列を発見。見ればオープン前でシャッターが下りているので中の様子はわかりませんが、どうやらチーズタルトの専門店。最近はカートを引いてるせいもありますがやたら人酔いするもので、改札から改札へとスタコラ移動していてこんなお店ができてたなんて全く気づきませんでした(汗)。時計を見ると10時ちょっと前。多分10時に開くんだろうなぁ?とチーズタルト好きは迷わず並んでみました。



オープンと同時にシャッターが開くと、ガラス越しに並んでいるのは見事なチーズタルト、しかもオンリー。ホントにチーズタルト一品のみという専門店だったんですね。



順番待ちしながら検索してみたら、結構な人気店?いつもの通り道ながら今まで気づかなかったとは。と同時に焼き立てチーズタルトに期待がいっぱい。



で、お買い上げしたチーズタルト(ひとつ216円)がこちら。って、あ゛ぁ゛っ!つぶれてるぅ!さすがに無造作にバックに押し込んでの飛行機の旅の果て。こんな残念な姿になっちゃいました(涙)。



あぁ、でも外はサックリ、中はトロっなチーズタルトはとっても美味しかったですよ。これはリピあり間違いなしです。次回はキレイな形のまま食べるぞ!


 ← つぶれちゃったけどメチャうまチーズタルトにポチしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

2世帯住宅

2016-06-21 | 実家の風景


帰国してみると・・・いつの間に建ったか2世帯住宅。



モモ : 大きい方はサクラかあさんに譲ったの。だってボクは狭い方が好き〜

しっかしこの暑いのによくもまあ毛皮を着たままこんな狭い所で丸まっていられるよね。たまにはファスナー下げて脱ればいいのにね。っと今日はそんなニャンズにしばしの別れを告げ、こちらに負けずに暑そうな南国へ帰ります(汗)。


 ← サクラ&モモタロウの2世帯住宅にポチしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

夏の定番!雪塩チョコジャンボシュー@コージー

2016-06-20 | 実家の風景


そろそろかなぁ?って思いながらガラスケースをのぞいたら、ありました。ありました。コージーから発売される夏限定の、宮古島の雪塩を使った塩チョコシューです。



甘い中にもほんのり塩味がきいてるクリームが入ってるジャンボシュークリーム(115円)。すっかり夏の定番商品になったようで?嬉しいかぎりです。



これはもう冷え冷えでいただくのがより美味しく感じるポイントかな。美味しかった、ごちそうさま。


 ← 美味しい雪塩チョコジャンボシューにポチしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

オールドタウンの路地裏めぐり@エディンバラ

2016-06-20 | 添乗後記


今回は現地レポしきれなかった旅行記を久しぶりの後記にてお送りします。まずは旅のはじまりのエディンバラ。現在ではU.K (グレートブリテンと北アイルランド連合王国)=イギリスの一部という認識しかありませんが、古い歴史を持ちかつては完全なる独立国であったスコットランドの首都です。



とりわけ歴史的建造物が多く集まるオールドタウンは街全体が世界遺産に登録されてます。中でもエディンバラ城とホリルードハウス宮殿を結ぶロイヤルマイルと呼ばれるメインストリートには、歴史を感じさせるレストランやパブも点在。



なのでこの通りはいつでも観光客でいっぱい。でも実はメインストリートから細い路地を入ったあたりに素敵なお店が潜んでいたりするんです。



つまりここは路地裏探検が楽しい街。にぎやかな通りからは想像ももつかない静かな路地裏めぐりをおすすめします。



っと、どこからともなく響いてくるバグパイプの音色。「われらイギリス人にあらず」と独立意識の高いスコットランド(独立の是非を問う国民投票のニュースは記憶に新しいところ)。時間が許すならぜひゆっくりとイギリスならぬ?この国スコットランドを旅してみて下さい。


 ← 路地裏散策の楽しいオールドタウンにポチしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

隊長。暑くないの?

2016-06-18 | 隊長どんの日々


留:隊長。こんな真夏日に日向っぼっこなんて暑くないの?
隊:少し暑いよ。



直射日光が殺人的に強いよ。
沖縄に遊びに来るなら今だよな。



留:隊長。家に入らないと命が危険な状態だよ。
隊:だって郵便屋さんを待ってるんだもん。
留:家の中で待ちなさい。


 ← 真夏日に日向っぼっこをしてる隊長クリックしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

旅のおわり@ロンドン

2016-06-17 | 添乗日記


エディンバラにはじまった旅もここロンドンでおわり。



久しぶりの英国の旅はなかなか楽しいものでしたが、書き切れなかった部分もいっぱい。



それはまた帰国後に後記としてご紹介したいと思いますので、どうぞお楽しみに。


 ← 盛りだくさんだった旅のおわりにポチしてね。

この記事をはてなブックマークに追加