沖縄のたたかいと連帯する東京南部の会

辺野古新基地・高江ヘリパット建設反対。東京南部の地で、尊厳をかけて島ぐるみでたたかっている沖縄の人々と連帯していきます。

南部の会の仲間が今、辺野古で頑張っています

2017-05-16 08:42:01 | 日記

 南部の会の仲間が、今、辺野古のシュワブゲート前で、座り込みに参加しています。
 さっき、ごぼう抜きにあっているとメールがありました。
 
(彼女から県民大会のメール)
 昨日は、復帰45周年を問う瀬高の浜の県民集会に参加。2200人が集まった。復帰前の変わらぬ基地負担と米軍の占領意識。その上、辺野古の新基地建設と高江のヘリパッド。相次ぐ事件事故。
 平和の暮らしを守る県民大会は、米軍基地や自衛隊基地の強化に反対し、米軍関係者の凶悪犯罪糾弾、地位協定の抜本的改定などの大会宣言を採択し、絶対、辺野古新基地は作らせない!確認し団結頑張ろう!終了しました。集会で知り合いに会えたのがうれしかったです。

 帰り際に、山城博治さんに会いました。「これから、宮古にいく・・」、また「6月に国連に沖縄の現状を訴えにいく」、体は・・と聞いたら「大丈夫、少し体重も戻ってきた」と話していました。
 忙しいと思うが、体にだけは気をつけてほしいですよね!
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今後の予定です  | トップ | 「共謀罪廃案!」の日比谷集... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL