時々、キモノでお出かけ♪

キモノ好きの主婦。キモノのコト、コドモのコトなど徒然なるままに。

教育部展☆2018☆〇〇〇で・・・

2018-01-30 19:36:17 | コドモ
1月7日、上野の都美術館へ。

毎年恒例の教育部展。
昨年の記事はコチラ
5年生の時以来(6年生はお休み)、3年ぶりに表彰対象の賞をいただいた。
(真ん中の仮名が小鞠の作品)

昨夏、家に持って帰ってきた下書きを見た。
「紅梅の・・・○○〇として 蕾かな」
この〇〇〇が!
「〇〇こ」にしか見えない!
(あまり美しからぬ言葉だが、昨年このドリルが大ヒットしたことだし、お許しを)
ダンナも大爆笑。

そして12月。ある日突然、
「電報で~す」
生まれて初めて家で電報を受け取った。(結婚式の祝電は式場に届きますからね~)
まったく身に覚えがなく、
「ついに どちらかのばあばが電話でも手紙でもメールでもなく電報を送ってみようなぞというご乱心を?」
と一瞬年寄りにあらぬ疑いをかける始末。
上位入賞者には祝電が届くと初めて知った。

「『〇〇こ』で賞とったって」
「ほ~~~ あの『〇〇こ』でか」←書いたのは夏だったが、さすがのダンナもインパクト大で記憶に残っていた。
「『〇〇こ』がね~」
「『〇〇こ』で☆☆☆賞!」
我が家の一生モンのネタができた。

提出した清書は、「〇〇こ」には・・・見えない(?)。
いささか残念なような、ホッとしたような。
ちなみに、実家の母は下書きもちゃんと読めてましたワ。

「紅梅の りんりんとして 蕾かな」





お祝いランチは小鞠のリクエストで「つばめグリル」となりました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰省☆しばわんこ、持ち直す

2018-01-19 21:17:08 | その他
2017年12月中旬、大阪に帰省。

今年は柚子が豊作。
数百個も(←毎年数えているらしい根気ある母)実ったらしい。
小ぶりだがまずまずの実なので、箱いっぱい東京に送ってもらうことに。
(冬至の前に、ご近所と職場の人たちにもらっていただいた)

唐揚げにもレモンではなく柚子。
気が向いた時に柚子湯。
柚子三昧。

柚子の次は金柑が控えている・・・


夕食は仕出し懐石。
出かけずに済むし、母も楽。


今冬は水仙はまだ咲いておらず。
山茶花。
 

そういえば、庭にこんなモノもあった。
両親がいなくなればこの家も手放すことになるので、画像に残しておこう。


いままで聞いたことのなかった、母方の曾祖父の生い立ちの話が出た。
人間年をとると子供の頃のことを色々思い出すのだろう。
いまのうちに聞いておかねば。
狩猟が趣味だった曾祖父(猟犬を二匹従えて、銃を持った写真を見たことがある)。
この雉は曾祖父が獲ったモノ。


前回帰省時には足を悪くして、まともに歩けず、
「これはそろそろ・・・」
と心配したしばわんこ。
なんとすっかり回復!
すべての動作、表情まで若返っていた。
犬の薬も随分発展しているということか。
一安心。
老いた二人をヨロシク~ 君が頼りだヨ☆




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス☆2017(自分)

2018-01-15 15:18:12 | 季節
クリスマスプレゼント☆自分の分。

毎年ワタシと小鞠の枕元にダンナが置きにくる。
眼を開けていると悪いようで、いつも狸寝入り。

もう少し静かにきてもらえませんかねーパパサンタ

何これー
あーパンダか。パンダミラー。
世の中パンダグッズで満ち溢れていますな。

今持っているムーミンミラーのことはダンナは把握していない。
チェンジするか~ ごめんねムーミン



そしてコレはリクエスト品。
小鞠と二人で買ってきてくれたモノ。
アーリッカの新しい子♬
キレイ。白い。

1998~2001年にフィンランド(3回行った)で買ってきた子たちと並べてみると。
色の違いが歴然。

 

そしてこちらもリクエスト品。
誕生日プレゼントに入っていないから忘れたのかなーと思っていた。
愛用している布巾。
キッチンに明るい色があると気分◎♪

 

下は、ダンナから小鞠へのプレゼント。
ミラー(右)はともかく、左は何?
メモスタンド。ふざけてる~
現在、ダンナ→小鞠の一言メッセージ掲載(?)用として活躍中。
「正月太り解消しよう」と余計なお世話のメモが挟まっているようです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス☆2017(ムスメ用)その2

2018-01-15 14:57:48 | コドモ
『鬼灯の冷徹』に気をとられすぎてウッカリ忘れていた。

クラブで描いた、二枚目の油絵。
枠なしで持って帰ってきたので、飾ってあげるべく額を調達。
そこそこ大きさがあるので軽めの額がよいだろう、と店員さんのアドバイスを受け、シンプルなものを用意した。
さあ、これもクリスマスプレゼント☆

本人は当初嫌がっていたが、ワタシだって頼みもしないのに小学生の時に描いた油絵が実家にいつのまにか飾られている。
下手くそな絵が。
コレよりもっと御大層な額に入れられて。
しかも2枚も。
コドモの宿命と思ってあきらめるがよい。

という訳で、モアイのある心象風景画がピアノの上に デデーン。
小鞠も見慣れたようで、何も言わなくなりました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス☆2017(ムスメ用)

2018-01-15 14:47:10 | コドモ
2017年クリスマスプレゼント。



まずは前倒しのプレゼント。
ダッフルコート。
カーキ色のモッズコートも似合っているのだが、ダッフルも1枚ぐらいあってもいい♪
ダッフルコート着てもらいたい!
最近は大人ダッフルもあるが、やはりティーン少女のダッフルは格別。

ボトムはデニムばかり履くので、コートは明るい色のほうがいいかな、と。

 スカートあるのに真冬は「寒い」と履こうとしない・・・
 ミニスカ&ニーハイソックス~~~~
 絶対領域~~~
 若い時にしかできない格好してほしい~~


そして、母子ともに大好きな「鬼灯の冷徹」グッズ!
たまたま連載初回を目にして、
「コレはいい!イケる!」
と思ったら、いつのまにやらアニメ化。
アニメの鬼灯は思ったよりも大人のオトコの声でビックリ。
そりゃ閻魔大王の補佐官なんだから少年じゃないわな~~

カレンダー


二人とも大好きな「辛子」ちゃん♪




大人買いしたラバーストラップ。
同じモノが二つ入っていたら自分がもらう気満々で購入。
何が入っているかわからない。マキだったらイヤだな~

だぶりは柿助。ラッキー♪
座敷童子の一子(いちこ)もいたし、満足。

柿助!


シロ!!(ほんまラッキー♪欲しい子がいてくれた)
スピンオフの『シロの足跡』①②巻&公式ガイド『鬼灯なんでも入門』も。
(通常のコミックは場所をとるので買わない方針)


そして『シロの足跡』②は、缶バッジ付き限定版。
四字熟語缶バッジ3種。
「存在価値」・・・(笑)

その他、パッと見てぐっときた「コウペンちゃん」グッズなど、選ぶのが楽しいプレゼントでした☆
 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018年年賀状☆(コドモの分)

2018-01-15 13:59:30 | 季節
今年の年賀状。
一枚も「当たり」がなかった!
さっさと書き損じハガキを寄付BOXに投入して、当たらなかったことは忘却しよう。

画像は小鞠の分。
大人の分は別デザイン。
消しゴムハンコで犬の全身を掘ったのに、撮るのを忘れていた。
(備忘録にすらなっていない・・・)

犬がずら~っと並ぶと可愛い。
一枚たりとも同じ顔がない♪
(同じように描けない、ともいう)

招き犬。
みんなに福が来ますように。ワン!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日☆

2018-01-15 13:45:52 | その他
昨年12月某日。
朝、体組成計に乗った時に年齢表示が「50」に変わっていた。
「すごいなー最近の体重計は~ 早速かいな~」
と、「朝イチで祝われた感」に気をよくした。

先に50になったダンナに、
「ワタシなんてなにしろ職場では『貴重な40代』って言われてるねんよ」
「そら50のおっさんとはわけが違うワ~」
と、口撃することしばしばだったこの半年。
前日に「これがほんまに最後」と散々「貴重な40代」を繰り返した。
「ウソをつけ!」
「ウソちゃいます~~ まだ49です~~~」
「会社の年末調整には50て書いて出したで」
「会社にウソついたらあかんやーん」」
「今年中に50になんねんから正しいんや」←報復か?

思い残すことなく誕生日を迎えることができた。

プレゼントは
「何買うたらいいの~欲しいモン何~?」
と小鞠が聞くので、方向音痴の彼女がアタフタしないように、知っている場所を順番に歩けばよいようにリクエスト。



ロクシタンのハンドクリーム。
・・・メンズ(笑)
甘い香りよりもさっぱり系が好きなワタシと小鞠(母子で好みが似るものだ)。
確かに好きだが、まさかのメンズ。

ムーミンのポップアップカード。
(共通テストに出て話題になってますねームーミン)


カードの字と絵が年々こなれてきたようです。
ありがとう☆
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の飾り☆その他

2018-01-03 17:47:18 | 折り紙・飾りなど(図書ボランティア含む)
明けましておめでとうございます。
今年も備忘録として、ぽちぽち綴っていくつもりです。
ご訪問いただいている皆様、こんなブログですが、今年もよろしくお願いいたします。

さて、去年のネタも残っているけれど、まずは年明けのお話。
クリスマスネタを片付け、1~2月用の飾りを作成。

ポンポン作成は冬休みでゴロゴロしている小鞠に依頼。
かなり下手だったので途中でポンポンメーカーを購入。
見かねたダンナ(=お正月休み突入)が手伝うことに。
(※キレイなのがダンナ作)
昨年も登場させたマトリョーシカを使いまわし。
ダイソーで買った飾り(一番小さい丸)も使用。




おまけに、35年ぶりに描いた絵。
ちょこちょこ描き・落書きではないサイズの絵を描くなんて、中学校の美術の授業以来!


う~ん 体の描き方がまずい。
小鞠にポーズとってもらってデッサンでもすれば、もうちょっとマシなカラダが描けたと思うが。
顔も鉛筆デッサンの段階ではまあまあだったものの、パステルで描くとこのありさま。
まあ、初パステルとしてはこんなものだろうか?
今の画力ではきっとこれが精一杯。
恥をかくことで上達するのだ(自分に言い聞かせる)。


ひとまわり大きな黒い色画用紙に貼る予定。
(※画像上部の青い画用紙はカンジを見るための代用品)

明日が仕事初めです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスの飾り☆

2017-12-14 19:22:51 | 折り紙・飾りなど(図書ボランティア含む)
11月末。
クリスマスの飾り作成。

ついうっかり買ってしまった(可愛い柄を見かけるとやってしまいがち)クリスマス柄マスキングテープを活用。
はい。
ただの丸。
ところどころに星などをボンドでペタリ。

次はポンポンを作り、天井からぶらさげて。
下には色画用紙で作った樅ノ木と、松ぼっくりミニツリーを置いて。
お手軽にクリスマス感を出してみたつもり、です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「澁澤龍彦 ドラコニアの地平」☆世田谷文学館☆

2017-12-14 19:10:22 | 文化・芸術
11月30日、世田谷文学館へ。
「澁澤龍彦 ドラコニアの地平」展示中(~12月17日まで)。

寡聞して知らなかった澁澤龍彦。
初夏、小鞠と二人してはまりにはまった『オーダーメイド殺人クラブ』(辻村深月)。
(何度読み返したことか!)
徳川がアンに尋ねる。
「澁澤龍彦、知ってる?」
・・・知らん・・・・
『オーダーメイド』の世界をもっと理解するために、これは調べねば。読まねば。

折良く没後30年でじゃんじゃん文庫本が書店に並んでいた(なんとラッキー)。
作中に登場した『少女コレクション序説』はじめ、何冊か読了。

そういえば「悪徳の栄え事件」のことははるか昔に目にしたことがあった気がする。

草稿、原稿がたっぷり展示されている。
手描きの地図。
書斎の写真。
膨大な知識と興味の対象の幅広さに
「この人の頭の中はどうなっていたんだろう」
とただただ感心してしまう。
2冊ほど文庫本買い足し。

世田谷文学館、静かでよいところだった。

翌日、渋谷の『澁澤龍彦のアヴァンギャルド~異端から生み出される聖なるもの』を鑑賞。
関連のある芸術家の作品が多数展示。
こっちは・・・正直よくわからないものも多かった。

読みたい本がどんどんたまっていく。。。
読みたい本、読むべき本がたくさんあることは幸せだと思います。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加