時々、キモノでお出かけ♪

キモノ好きの主婦。キモノのコト、コドモのコトなど徒然なるままに。

マリー・アントワネット展☆

2017-01-06 18:57:54 | 文化・芸術
1月2日。
小鞠と六本木ヒルズの「マリー・アントワネット展」へ。

撮影OKのプライベート空間(プチ・アパルトマンを再現)。
グリーンが好み♪住んでみたい。

 

フェルゼンとの暗号表。
細かい・・・細かすぎる。
ここまでして連絡を取り合うのかと思うと目眩が。
黒く塗りつぶした部分が昨年解明されたと知り、内容を見て
「ルイルイ(←ルイ16世の我が家での呼び名)が可哀そう」
と後で小鞠と言い合った。
夫婦間のこと、恋人同士のことは時を経た他人にはわからないけれど。
肖像画のフェルゼン、そんなに美男子には見えないのだが。
(この暗号表から見るに、マメな人だったのかフェルゼン)

展示の最初のほうに、マルティン・ファン・マイテンスという画家の描いた、マリア・テレジア一家の肖像画がある。
ゆりかごにいる赤ん坊=アントワネットを入れて、子供が12人描かれている。
「たくさんいるね~」
小鞠がつぶやいたので、
「(マリーは)15人きょうだいがいるからね」
と教え、数えて12人しかいないと言うので、
「たしか、何人かは早くに死んでいるから」
と小声で答え、その場を離れたのだが。
のちほど小鞠が言うには、
「ママがあっちに言ってすぐ、近くにいた「若いお姉さん二人」が
なにあのおばさん。15人だって!12人しかいないじゃん。ばっかじゃない?!
と言い放っていたんだとか。

あの絵の前、左側の壁の解説にも「15人」と記述されていたのに。
公衆の面前でバカ呼ばわり・・・
最近、外出するとこういう「え?!」という目にあうことが増え、行き場のない悲しみや憤慨の解消に悩む。

展覧会場は52階!
(高所恐怖症なので、エレベーターでは小鞠の手を握りしめて目をギュッとつむる)
青山墓地が見下ろせました。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

賀正☆近況など☆

2017-01-06 13:13:02 | 季節
遅れましたが、あけましておめでとうございます。

更新が滞りがちのブログになってしまいましたが、今年もぼちぼちマイペースで綴っていこうかと思っております。
キモノは。
うーん
まだ気持ちが戻ってこないような。
年明け、キモノ姿の殿方を複数個所でお見かけし、男キモノも定着してきたなー ブーツにキモノでオシャレしてるなー などホッコリはしているのですが。

実は、去年の今頃は腰痛が足の付け根まで影響し、普通に歩けないこともしばしば。
5分ぐらいの距離を3倍の時間をかけて、足腰を押しながら怪しくジリジリ動いていたことも・・・
(それもあって1月の埼玉校受験ではホテル予約して前泊)
突然痛みが出て足が前に出せない状態になるので、外出も怖くてままならず。
(キモノ着ていてこうなると目立って怪しすぎると思うと着られない)
筋トレして腰まわりを強化したくても、少し鍛え始めると首やら腰やらが痛む悪循環。

春から体育館でのゆる~いメニューに参加。
バランスボールの上でピョンピョンしたり。
ポールの上に寝たり。
「こんなん、ほんまに効くん?めっちゃ楽やねんけど」
と半信半疑だったけれど、今思うと少しづつ効果が出てきていたのかもしれない。

夏休み前に仕事始めたころはまだ一日終わるとグッタリ。
体育館通いをストップしたからか、腰痛ぶり返し。
11月から一念発起、自転車から徒歩通勤に切り替え。
30分弱の往復+フィットネスゴム(ソフト)でのゆるい筋トレを毎日。
ようやく。
早歩きが再びできるようになり(通勤時間:28分→23分に短縮)、小鞠とあちこち出かけても疲れて座り込むことがなくなった♪

だいぶ体力回復したようなので、今年は一年で2キロ増えた体重をなんとかしたい。
健康でそれなりに美しい五十路を迎えるべく、ゆるーく努力していきたいと思ってます。
今年もよろしくお願いします☆

画像は年明けに作ったモノ(凧がヘン・・)。
職場に飾ってもらってます。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書初め☆2017☆そして書初め展&教育部展☆

2017-01-06 12:40:00 | コドモ
2017年元旦。
中学生になっても書初めの宿題があった。
行書に苦戦。



そして1月5日。
書道部から学年で2名づつ選出、区の新春書初め展に出品されたとか。


おおー
左横の子、上手。大人っぽい字。
「中学部で一番上手なセンパイなんだヨ♪」
自分が褒められたわけでもないのに、ちょっと誇らしげな小鞠。
上手な先輩をお手本にして、上達してもらいたいものである。
小鞠の作品は「初光の輝き」。

続いて上野の都美術館の教育部展へ。
5年生の時は表彰対象の賞に選ばれたが、一年お休みしての今回は残念ながら一つ下がっての再スタートとなった。
初めての仮名での出品。



何て書いてあるのかわからない。
「えーと、何だったかなぁ」(←書いた本人がコレですワ・・・)

三日月や ふはりと梅に うぐいすが

小林一茶の句です☆








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰省~しばわんことチキラーハウス☆

2017-01-06 12:23:41 | その他
年末の実家。
例年より早く紅梅が開花。
水仙も花開く。


 

しばわんこがすっかり年老いていた(泣)。
額の白髪が増え。
後ろ足が悪くなり、ひきずってピョコピョコ歩いている姿が痛々しい。
階段が登れなくなったので、父が抱っこして二階にあげている。
(柴犬のくせに二階の父の部屋にほぼ居住)
「老老介護だ」と笑っている。
いや、笑えへんでソレ



新大阪駅で「チキラーハウス」発見!
新大阪限定チキンラーメンフソフト?!!


なかなかイケる♪



チキラーグッズを買い込みました☆



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰省~神戸☆

2017-01-06 11:36:44 | レジャー
仕事の合間、年末に大阪へ帰省。
小鞠を神戸に案内。

北野坂を上り、ハンター迎賓館前に到着(冒頭画像)。
横の坂の上から迎賓館を見下ろす。


北野天神さん。
平坦な土地で暮らしているので、神戸の坂道に疲労モードの小鞠。
神戸っ子は足が鍛えられる。
そして神戸っ子は神戸を離れると方向音痴になる。
北にすぐ山、南は海。
誰でも方角がわかる町、神戸。
(神戸に7年半勤務経験あり。地元っ子の同僚達から聞いた話です)



階段を上ると見晴らし良し。
風見鶏の館がよく見える。



地下の厨房からエレベーターで料理があがってきたらしい。
「すごーい!」

 
↑こちらは子供部屋。
奥の椅子が置いてあるスペースは、人形部屋だったとか!
「どんだけ人形持っててん」(←小鞠のコメント)

 

風見鶏の館の次は、萌黄の館へ。
そしてトアロードを下り、元町商店街。
元町といえばファミリア本店。


娘が生まれたらファミリアを着せるのが神戸っ子。
神戸っ子ではないけれど少女の頃から「娘が生まれたら当然ファミリアだよね」とワタシも思っていた。
『べっぴんさん』放映中なので特別展示あり。

中華街。「老祥記」前の広場。


この後、神戸大丸~居留地~三宮駅前と、若かりし頃毎週のように歩いていたポイントを歩く。
小鞠には初、ワタシには10何年ぶりのKOBEでした。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬休み備忘録☆ゴッホとゴーギャン展~誕生日&クリスマス☆

2017-01-06 11:07:40 | コドモ
2016年12月後半、冬休み備忘録。

12月15日、小鞠と『ゴッホとゴーギャン展』へ。
何度か作品も鑑賞し、説明もしているのに、喉元過ぎれば何とやら、おそらく聞き流して終わりの小鞠。
「ゴッホとゴーギャンは同じ人?」
嗚呼・・・アホや。
この子ほんまにアホちゃうか。

それは「田中さんと田所さんは同じ人?」って言ってるようなもんやん。

そんなおとぼけ娘でも、さすがにこの展覧会鑑賞後は二人の画家の交友と別れがしっかり把握できた様子。
半年後にまた
「ゴッホとゴーギャンって」
と同じコトを言っていないとも限らないが(「覚えるのは速いが忘れるのも速い」と塾の先生にまで言われた・・)。



12月20日、ワタシの誕生日。
和紙で作ったカード。ありがとう。
裏面はコチラ↓
めっちゃ上から目線



12月25日、クリスマス。
いつのまにやら作ってくれていた、指編みのマフラー。
指定したトレーニングキット。
そして突っ込みどころ満載のフェルト細工。
あれほど「ちゃんと型紙作って、縫ったら裏返すように」と教えたのに・・・
二か所駆け落ちたスマイリーもどき。
一か所なら「欠け始めたお月様」になるが、両側から欠けているのは明らかに失敗にしか見えない。
雑に育てた覚えはないのに、いつのまにやらこんな娘に。
家庭科の成績の悪さは学校の友達にも定評がある小鞠。
自分らしく頑張ってくれました。気持ちはうれしいヨ~


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弥生美術館・山岸涼子展『光 ー てらす メタモルフォーゼの世界』☆

2016-12-16 20:03:30 | 文化・芸術
小鞠と弥生美術館へ。

途中で展示入れ替えがあるので、11月と12月両方行く予定だったが。
会期終了間際の駆け込みになってしまった。
「山岸涼子展『光 - てらす』メタモルフォーゼの世界」

皇子との撮影スポットがあるのは事前に知っていた。
(カメラマン(=小鞠)を同行させた意味はココにある)
「ああーーーっ あかんやん!皇子の足先が入ってへん!やり直しぃー」
何度も取り直させる(笑)。



いままでに数々の原画を見てきたが、感動の度合いが違った。
要するに好きすぎる、というコト)
連載当時見ていた『LaLa』(掲載紙)の表紙の絵と色や線の具合が全然違う。
芸術としかいいようがない!
平日で空いていたので、原画の前でしゃがみ込んで何度も何度も鑑賞。
(他にもしゃがんでいる方がいた。そうやんね~至近距離でじっくり見んとね~)

『アラベスク』も『テレプシコーラ』も好きだけれど、やっぱり一番は『日出処の天子』!
登場時から刀自古が大好きだったので、悲惨な結末にいまでも胸が痛い。
布都姫ーーー 目障りやーーー ホント嫌いーー



画集やらカレンダーやら、大人買い。
一日分の稼ぎをつぎ込んだ。悔い無し!

カレンダーはずっと1月2月のままでいようかと思うぐらい、この絵が好きです。







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

飯田橋のペコちゃん焼き~8年前はキモノ姫☆

2016-12-15 12:07:17 | 食べ物
小鞠、今週から「自宅学習期間」という名のお休み突入。
実質4週間の冬休み!

所用あって二人で神楽坂へ。
帰り道、飯田橋の不二家に立ち寄る。

2歳、5歳の時に続き、三度目の神楽坂。
巨大肉まんも毘沙門天もやはり全く覚えていなかったが・・・
ペコちゃん焼きだけは記憶あり!
幼児の記憶はやはり食べ物中心。

5歳の時の小鞠←クリックすれば過去の記事が出ます♪
当時は「オデカケといえば二人でキモノ」、のキモノ姫。
首が細い!
この頃はなんでも「ママとイッショ♪」を喜んで可愛かった。
それがもう、いまじゃもう・・・(涙)

今でも美味しいモノを食べている時は良い顔をしてはいる、か。



ワタシは小豆、小鞠はカスタード。定番。
「アレはチョコだね。チョコも良かったかなー」
思春期女子、食いしん坊健在なり。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の飾り(切り絵&マトリョーシカ&雪の結晶など)

2016-12-08 08:25:05 | 折り紙・飾りなど(図書ボランティア含む)
前記事の秋の飾りに続き、12月に入ったので冬の飾り作成。

まずはマトリョーシカ。
「入れ子になってるの、あるよね~」
と言いながら、大中小と3サイズ作ってみた。
「マト子でーす♪」
「チビ子もできました~♪」
「ベビ子ですっ♪」
後ろで期末試験勉強中の小鞠に、できあがる都度、声をかける。
「可愛いー 花の部分に苦労の跡がみえるネ
う・・・
鋭い指摘!



カッターで綺麗に丸く切れる人は尊敬しますワ・・・
いや、それ以前に、ハサミで画用紙をまっすぐ切ることすら出来ない人間なのだが。
そんな不器用な人間が、なぜこのようなコトを仰せつかる事態になったのやら

一見大変そうに見える雪の結晶のほうが、むしろカンタンだったりする。
ちょこっと真っ直ぐ切るだけ!

ローソクを加えるとクリスマス感が一気に増す。
クリスマスが終わってローソクを外せば、2月いっぱいまでマト子達&雪でいけるはず。



最後に切り絵にもチャレンジ。
わかりにくいけれど、トナカイやモミの木があるのでクリスマス柄。
手持ちの色画用紙が不足したので、青い部分は継いであります。

レース切り絵の本も持っているけれど、まだまだ出来る気がしない。
まずは「○を綺麗に切れるようになる」ところからですワ。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の飾り(折紙ほか)

2016-12-07 18:53:22 | 折り紙・飾りなど(図書ボランティア含む)
画像縮小の方法を思い出した気がする・・・
マシな大きさの記事になりましたヨ。

ブログご無沙汰の間、壁面飾りなど作成してました。
折り紙の柿、好評♪
何の変哲もない、フツーの柿。
(「柿 折紙 折り方」などで検索)
和紙折紙を使ったので、ちょっと格好良く見えたらしい?
ホントに簡単なのに恐縮・・・

秋の壁面飾りも。行楽☆動物列車♪



こんなカンジで、まずザザザザッとスケッチを描いて。
大筋これでいこうと決めたら、そのまま色画用紙にまたもザザッと描いて切る。
うーん
絵のほうが実物よりマシかも・・・
クマの手を絵のとおり短く(ヌイグルミのクマの腕はけっこう短くありません?)したので、本が持てなくなってしまった。
まあいいか。
小さいコトは気にしない!


仕事の休みの日に、チョキチョキ貼り貼り作ってます。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加