時々、キモノでお出かけ♪

キモノ好きの主婦。キモノのコト、コドモのコトなど徒然なるままに。

スナフキン☆限定ムーミンショップ☆

2017-03-24 15:41:45 | お買い物
3月17日。
出先でムーミングッズ限定ショップ発見。

まだ富山にいたころ、小鞠からプレゼントされた琺瑯マグカップ。
気に入ったので色違いも購入し、一日置きに愛用。
いつのまにか両方とも一部縁が欠けてしまった(粗忽者・・・)。
もちろん捨てる気はまだないが、そろそろ新しいモノがあってもいいかもしれない。

ムーミン、ミー、スナフキンの3種類。
さわやかなグリーンのスナフキンマグにひとめぼれ☆

そして、お茶碗も自分のを割ってしまっていたので(粗忽にもほどがある・・・)、この際買っておこう。
おそろいのスナフキンと、また割ってしまったときのために(汗)別のシリーズのムーミン柄と、一碗づつ。
お箸もそろそろ買い替えようと思っていたところ♪

春らしく、気分一新となりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

池田理代子デビュー50周年記念展~「ベルばらとともに」~その2☆

2017-03-24 15:27:58 | ベルばら等漫画・アニメ
記念展会場で、いままで何度か目にしながら我慢していたグッズをついに購入。
それはフリクション♪

 

青のオスカルの顔が一番いい。
使用頻度は赤&黒が高いに決まっている。
どうしたものか・・・→いままで我慢してきた理由。
せっかくだし、この際両方とも買ってしまおう。
職場で使わないピンクは小鞠に進呈。

胸ポケットに赤黒青3本差して仕事してマス。
イラッとした時は「武官はどんなときでも感情で行動するものではない!!
とアンドレがたしなめてくれるはず
ほんな訳あるかいな
腰が痛くても武官らしく背筋を伸ばして頑張ろうという気持ちになるはず
最近二度目のギックリ腰をやらかしまして・・・でも翌日も腰ベルト締めて仕事した。武官は滅多なことでは仕事に穴をあけてはいけない キリッ (誰が武官やねん)

絵葉書の中ではこの2枚がお気に入り♪


特に白鳥バージョンは秀逸☆
真っ白な額に入れて、我が家の特等席に飾りました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

池田理代子デビュー50周年記念展~「ベルばら」とともに~その1☆

2017-03-22 16:55:08 | ベルばら等漫画・アニメ
3月12日。
小鞠と二人で日本橋高島屋へ。
チケット当たった~ありがとう朝日新聞販売店!

麗しい原画を堪能。
そして撮影OKスポットは宝塚の衣装が展示。



フェルゼン・・・
愛を語るのに苗字=「フェルゼン、フェルゼン♡」ってアリなのかといつも思う。
ハンスじゃしまらないからと推測するが。
「鈴木♡鈴木♡」「佐藤♡」って言ってるのと同じなんちゃうんかと思うと微妙。

 

斜めからのアントワネット上半身。
どんどん高く大きくなっていった髪型&装飾物、相当肩が凝ったのではないかと。


さすがヅカの衣装。見た目重視。華麗さ重視。
全身ゴールドなオスカル。なんか違う~
髪はきっとこんな色。綺麗なブロンド。

 

アンドレ・・・
 

平民で一兵卒なのにこの肩賞(原作はもっと小さくて実用的な肩賞だった)。
見た目重視やね~ホンマ(舞台衣装だからね~)

そして、いきなりオルフェウスの窓が出現。
ヅカの衣装を目の当たりにした後で、ただでさえ地味なイザークが余計に地味に見える。
でもチョコンと覗いている小さな姿はなんだか可愛いかったです。

 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花喰い鳥☆

2017-03-18 22:37:56 | 季節
3月10日。
サントリー美術館からの帰り道。

ふと花を見上げると。
大きなインコが2羽!

かなり大きいのでビックリ。
視線に気が付いたのか、一羽はすぐに飛び立って、近くの電線にとまった。


「花喰い鳥」と頭に言葉が浮かぶ。
花の桃色とインコの羽の黄緑色のコントラストが美しい。
お団子の色・・・
都内に野生のインコが増殖しているという記事を最近どこかで目にしたばかりだった。



花の蜜を吸っているようでした。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「コレクターの眼~ヨーロッパ陶磁と世界のガラス」サントリー美術館☆

2017-03-18 19:02:53 | 文化・芸術
3月10日。
「サントリー美術館新収蔵品 コレクターの眼 ヨーロッパ陶磁と世界のガラス」展へ。

はじめは陶磁の展示。
なんと嬉しいことに、この展覧会は撮影OK。
皆さま(自分ももちろん)かぶりつきで撮る、撮る。


可愛いのがいる!
 

コチラは5匹!


リス!
 

そしてガラス展示へ。



地中海沿岸に流れ着いた古代ガラスの破片。
美しい!



正倉院の白瑠璃碗に似ている。


時代は下り、明治~大正期の日本の品。
家で使いたいので売ってください、と言いたい。


粗忽者なのであまりガラスの食器は使わないのだが、こういう美しい品を見ると普段にも美しい器を使わないと・・・という気持ちになります(一瞬)。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひな祭り☆2017☆

2017-03-18 18:41:14 | コドモ
3月3日。
どこぞに出かけて、何かひな祭りのお菓子でも。
そう思ってはいたが、制作が進まず、家ごもりの一日に。

夕方帰宅した小鞠が一言告げた。
今日、ひな祭りだね
む。
シンプルだが含みがあるコトバだ。
「ごめーん 今日どこにも行けへんかったわ」
テーブルに広がる色画用紙やら何やらをチラッと見て一言、
「ふ~ん」
あとは無言。

夕食前、お財布片手に家を走り出た。
近所のケーキ屋さん、まだやってるはず。

「ママどこ行ってたの?トイレから出てきたらいないんだもん」
不審げな表情の小鞠に、息せき切って告げた。
「買ってきたヨ!ひなあられもケーキもない(まあケーキは関係ないのだが)ひな祭りなんてねっ」
パアァッ
みるみる笑顔が広がった。



母のアリサマを見て取ったうえで、
「えー 何もないの~」
と文句を言うほどコドモではなくなった。
でも
「ひな祭りなのにお菓子も何もないのか・・・何だかなァ」
とガッカリはしていたのだ。

オトナとコドモの端境期。
色々グチャグチャ、イロイロややこしい。
ほぼほぼ可愛げがなくムカつくコト甚だしく。
ごくごくたまーに、可愛らしさがひょこっと顔を出す。
そんな13歳。

ひな祭りケーキのろうそくは雪洞(ぼんぼり)になっていました♪



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

弥生の飾り☆花と土筆☆

2017-03-18 17:28:19 | 折り紙・飾りなど(図書ボランティア含む)
3月はじめ。
春の飾り作成。

折り紙のチューリップは簡単に作れる。
でもこのままだと少ししょぼい寂しいような。
トイレットペーパーの芯で植木鉢を作ってみた。

底がないと花の座りが悪いし、持ち運び不便。
折よく届いた荷物にプチプチ(気泡緩衝材←正式名称で呼ばないと家盛くんに怒られる BY「カルテット」)があったので、ガムテープでとめながら中に押し込んで底の代わりに。
じゃんっ



次は土筆。
ピアノがすっかり撮影用台と化している・・・たまに弾いてますヨ、小鞠じゃなくてワタシが。


そして桜イロイロ。


最後に菜の花。
菜の花には苦戦。
小鞠とダンナにダメ出しされ(葉っぱが違う、「これってキンモクセイ?」等など)、図鑑を見て修正。
黄緑の色画用紙が途中でなくなるし。
小花を切るのが面倒だし。
ええい、どうや、細かいトコロはともかく、これでパッと見ぃは菜の花にしか見えんやろ?

頑張りました。ふぅ~




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

如月の花散歩☆

2017-03-18 16:45:23 | 季節
2月24日、伊勢丹にルパンを見にいった行き帰り道。
花が楽しめる道をたどった。

 


白梅、紅梅が花盛り。

ナゾの花↓


早くも菜の花。
菜の花・・・
作らなくてはいけないモノを思い出した。

次の日記にて。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ISETANでルパン☆

2017-03-18 15:48:17 | ベルばら等漫画・アニメ
2月24日。
ひさかたぶりに新宿伊勢丹へ向かう。
目当てはただ一つ、「ISETAN×ルパン三世 #伊勢丹のアジトに潜入せよ」!

平日午後だというのにオシャレ男子等で盛況な会場を奥へ進む。


歴代ルパンの衣装が再現されている。
カッコイイ・・・伊達男~

靴までトータルで揃えてある。



この青×赤バージョンがワタシに馴染みあるモノ。


シャツは実際に販売されていて、手にとって眺めているオシャレ男子、複数名。

モンキー・パンチの水墨画がクールで素敵だった。
会場を出て五右衛門コーナー(?)へ。


渋い・・・


男キモノグッズ。


日本男子には、浴衣だけじゃなくてキモノもじゃんじゃん着てほしい。
絶対似合うから!
この日、伊勢丹で3名ほどお見かけした。見とれますなホンマ。


ところで、ルパン三世とワタシは同い年(1967年生まれ)。
アニメの中のルパンや五右衛門の年はとっくに追い越してしまったのか・・・
何歳の設定なんですかね?なんとなく30代なんじゃないかと思い込んでますが。
大人になれば不二子みたいに色っぽくカッコいい女性になれるのではないかと淡い願望を抱いていたのに。
もはやかなうべくもないので、来世に期待しますワ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バレンタイン狂走曲☆2017

2017-02-18 14:06:37 | 季節
毎年2月のこの馬鹿馬鹿しいけれど無視できないイベント。
ふっと「バレンタイン狂走曲」というコトバが思い浮かぶ。
元ネタは弓月光の『エリート狂走曲』。
小学生の時、病院の待合室に置かれていた漫画誌の表紙にでもなっていたのだろう。
タイトルが印象的なので記憶に残っていた。
ググってみると、意外にも少年誌ではなく週刊マーガレットに連載。
そして中学受験(&それ以降)の話だった。
てっきりHなマンガだとばかり・・・


当初は2つの部活の中二中三の先輩全員の分を用意するものだと覚悟。
クラスのほぼ全員+部活=約60個!
幸いなことに
「お返しするのも面倒だし」「友チョコの用意だけで手いっぱい」
という気持ちが先輩(の一部)にもあるらしい。
半分の30個で済んだ。

ブラウニー・ストロベリーチョコクランチ・転写プリントチョコ。
3つを梱包。
ラッシュを避けるべく、いつもより早めに出発。
そして持ち帰ってきた30個分のお返し♪

<来年にむけての覚書>
・もっと小さめのモノを2つ、または小さめのマフィン1つぐらいでOK
・チョコばかりだと甘甘なので、クッキーなどの軽めのモノでも○
・チョコが主張していないマフィンは朝ごはんになるので意外に重宝する

先輩ママによると、小学校高学年~中学生が友チョコのピーク。
高校生になると本当に仲の良い子だけとのやりとりになるのか、数は落ち着いてくるそうな。

以上、2017年バレンタイン覚書。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加