戦場ヶ原からこんにちは

日光自然博物館がお送りする奥日光の自然情報+αです。

もう少し早めかも。 →竜頭滝トウゴクミツバツツジ←

2017年05月23日 | 自然情報

 

5月21日のブログではツツジ類の開花状況についての記事をかかせていただきました。

現時点の標高ごと開花状況についてと,最後に竜頭滝のトウゴクミツバツツジの見ごろ始まりの時期の予測をお伝えしました。

つぼみの具合を見て1週間後になれば、見ごろがはじまるかと思っておりましたが21日からの3日間は日中の気温は20℃以上になり、ぐんと開花が進みました。

滝の正面は数輪開花が始まり

滝上から階段でおりる途中や滝つぼ下流の橋の所のものに関しては、既に見ごろが始まった株もありました。

全体的には3~4分咲き程度?このまま暖かい日が続くと週末前に見頃が始まるかもしれません。

他の地域もどんどん開花が進んでいる可能性もありますが、実際確認ができた竜頭滝の状況を取り急ぎお知らせいたします。

(岩)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦場ヶ原春のガイドウォーク実施報告

2017年05月21日 | イベント情報

たいへん遅ればせながら、5月3(水・祝)~5月7日(日)にかけて開催した、「戦場ヶ原春のガイドウォーク」の様子をお伝えします。

 

例年は「カエルウォーク」と題して行っていたこのイベント。

今年はカエルはもちろん、早春の生きものをもっともっと欲張って楽しんじゃうぞ!と、イベント名もリニューアルして開催しました。

赤沼自然情報センターを出発し、爽やかな早春の戦場ヶ原を歩いていきます。

 

まだちょっと冬色にも見える景色ですが、日差しはぽかぽか、風は爽やか!
生きものたちの活動も活発になってきています!

 

にぎやかになってきた夏鳥の声に耳を傾け、

木々や戦場ヶ原によ~~く目をこらしてみたり!

 

葉っぱのさわりごこちは? 川の水温は? 感触を確かめてみたり!

感覚をフル活用してみたから初めて気付けたこともたくさん!

 

ただ「歩くだけ」では見えなかった生きものたちとの出会いが待っていました!

これを機会に、「歩くだけ」でなく、のんびり時間をかけて自然を楽しみながらのハイキングも実践してみてもらえると嬉しいです。

 

ガイドウォークに参加してくださった皆さま、ありがとうございました!

 

 

~~ 余談みたいなオマケ ~~

イベントから約2週間ほど経ち、出会える生きものたちも変わってきました。
季節が進んで夏になると、戦場ヶ原の色合いも、出会える生きものも、もっと変わってきます。

夏休み(8月)の土日にもガイドウォークイベントを実施しますので、ぜひ夏の戦場ヶ原にも遊びにきてくださいね!(山)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下から上までツツジ三昧

2017年05月20日 | 自然情報

今回は中禅寺湖周辺地域のツツジ達の様子をお届けします。

 

~湖畔周辺(南岸)~

 ●アズマシャクナゲ

 

 

●トウゴクミツバツツジ

 

株によっては、つぼみの物もありましたが、どちらも見ごろを迎えていました。

少し遅めではありますが、順調に開花が進んでいるようです。

 

 

~半月山展望台~

●アカヤシオ

 今年アカヤシオが奥日光で見頃が本格的になったのはGW明け。例年の開花時期に合わせて来た人の中には「来週来ればよかった~~!!」

なんて声も少なくありませんでした。

そんな時は高い所に行けば、問題解決なのです♪♪

 

更に、いろは坂ではシロヤシオやヤマツツジも楽しめます。1000m以上の高低差のある、日光ならではですね!!

 

日当たりなどの影響で多少ずれはありますが、高さごとの見ごろはこんな具合です↓↓↓ 

●ヤマツツジ      1000m

●シロヤシオ      1100m

●トウゴクミツバツツジ 1200~1300m  

●アズマシャクナゲ   1200~1400m

●アカヤシオ      1500~1800m

 因みに竜頭滝はこの時期では毎年トウゴクミツバツツジが楽しめますが、こちらはまだつぼみが膨らんだ程度。

滝下が見ごろになるのは、あと1週間ほどでしょうか・・・?(岩)

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新・山の上からこんにちはvol.211

2017年05月19日 | 新・山の上からこんにちは

こんにちは、日光自然博物館です。

奥日光の自然情報を中心に、日光の最新の話題、さらに日光自然博物館のイベント情報を、
カテゴリー「新・山の上からこんにちは」の記事として毎週金曜日にお伝えしていきます。

■ 今朝の奥日光は9℃ (博物館周辺 8:00時点)

今回は湯滝~戦場ヶ原~赤沼のコースを歩いてきました。

いざ湯滝への斜面を下りようとする最中、物陰からなにやらもぞもぞ動く気配が...。

ビロードツリアブさんがお食事中でした!

タチツボスミレの花に一生懸命ストロー状になっている口を突っ込んで吸蜜中です。

成虫の寿命は春の間だけなので、次の世代に繋げるためにも栄養をつけて繁殖する準備に大忙しなのかもしれません。

このもふもふとした黄色い毛並と大きな目がぬいぐるみのようで私は好きです。

 

さらに歩みを進めていくと

カラマツが芽吹き初め、

サクラ類の花が咲いていました。オオヤマザクラと対照的な控えめで真っ白い花がとてもきれいです。

ふと、ある新芽に触ってみるとなにやらねばねばした手触りが...。

調べてみるとトウゴクミツバツツジでした!

アカヤシオ同様に栃木県の花に指定されていて、奥日光では竜頭の滝や中禅寺湖北岸あたりが有名です。

上の写真のように日当たりが良いところでは紫色のふっくらとしたつぼみが付いていました。

満開に咲く姿が今から待ち遠しいです。

 

他にもウグイス(上の写真)などの夏鳥のさえずりや

ヤマアカガエルの卵など春の訪れを告げる自然のサインが続々と見つかりました。

これから戦場ヶ原を訪れる方々にも是非自然からの春のサイン探しにチャレンジしてみてはどうでしょうか?(足)

◆ 自然観察会情報 ◆

★「春の中禅寺湖畔ナイトハイク(プレDCイベント)」

 平成29年5月20日(土) 19:00~21:00 〈5月16日(火)締切〉

 前日・当日も申し込みを受け付けています!

 夜の湖畔で何が待つ!?ワクワク夜散歩!

◆ 企画展情報 

★「武田久吉展~日光の山々で躍動した若き日々~」in日光自然博物館

 平成29年4月29日(土)~7月9日(日)(5月まで月曜休館)

 登山家・植物学者であり「尾瀬の父」と呼ばれた武田博士。その原点となった少年時代の日光との関わりを紐解きます。

★「植物画展」in中禅寺湖畔ボートハウス

 平成29年4月29日(土)~7月9日(日)(5月まで水曜休館)

 「花遊びの会」のみなさまが描かれた力作の数々を、ぜひご覧ください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この花も、あの花も!(湯ノ湖畔・中禅寺湖南岸・竜頭滝)

2017年05月16日 | 自然情報

次々に花々が開花し、樹木の芽吹きが進む奥日光。

さて、湯ノ湖畔の様子はどうでしょう?

サクラの仲間が見ごろ!

 

そして、足元には・・・これも花なんです!おもしろい形の、ユモトマムシグサです。

 

そして、あの花はというと・・・

アズマシャクナゲはまだこんなつぼみの状態のものが多かったです。

でも、日当たりの良い所では、

もうちょっとで咲きそう!!なものも。(中には数輪だけ、開花しているものも見つかりました。)

 

湯の湖畔のアズマシャクナゲはこんな様子ですが、

中禅寺湖南岸はというと、

やっぱり湯ノ湖畔より咲き進んでます!全体では、1分~2分咲きくらいです。

 

そしてもう1箇所、気になる竜頭滝のあの花は・・・?

滝の周りのトウゴクミツバツツジは、まだ咲き始めていないようです。

ですが、サクラがきれいです!

 

今咲く花々との出会いがうれしく、これから咲くものも、楽しみです!!

(写真:とし・はる・み)(文章:み)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加