戦場ヶ原からこんにちは

日光自然博物館がお送りする奥日光の自然情報+αです。

新・山の上からこんにちは vol.165

2016年06月24日 | 新・山の上からこんにちは

 

こんにちは、日光自然博物館です。

奥日光の自然情報を中心に、日光の最新の話題、さらに日光自然博物館のイベント情報を、
カテゴリー「新・山の上からこんにちは」の記事として毎週金曜日にお伝えしていきます。

 

■ 今朝の奥日光は14℃ (博物館周辺 8:00時点)

今回は奥日光から少しはなれた場所、霧降高原のキスゲ平園地にニッコウキスゲを見に行ってきました。

キスゲ平園地は奥日光からだと車で約1時間、日光駅からだと15分ほどで行くことができます。

ニッコウキスゲは蕾だけのものもちらほらありましたがほとんど開花しており、見ごろ始まりに感じました。

キスゲ平園地の頂上、小丸山展望台まで登りましたが展望台付近も開花していました。

当日(22日)はこれぞ霧降高原と言わんばかりに濃い霧が出ており、残念ながら近くに咲くニッコウキスゲしか

クリアに見ることができない状態でした。しかし、霧の中でも多くの人がニッコウキスゲを見に来ていました。

 

ニッコウキスゲを見ていると、ニッコウキスゲの茎や蕾が白と黄色のまだら模様になっているものがありました。

初めはクモの糸による汚れかと思いましたが、アブラムシの仲間でキスゲフクレアブラムシという昆虫だと思われます。

アブラムシは少なければあまり植物に影響を与えることはないですが、たくさんついてしまうと植物を弱らせてしまうことや、

病気にさせてしまうことから害虫として知られています。

植物に虫がつかない方が健康状態や見栄えは良いですが、人間にとっては綺麗なニッコウキスゲも昆虫達から見れば

美味しい食べ物です。よほど美味しいのか、アブラムシがついた花にはかなりの数がついたものが多かったです。

しかし、アブラムシがたくさんついていても大きく花びらを広げて咲いているのを見て、植物の力強さも感じました。

 

またキスゲ平園地はシカの影響から植物を守るため、奥日光の戦場ヶ原にもあるシカ侵入防止柵が設置されている場所でもあります。

近年、綺麗な花を見ることができる場所にはだんだんこのシカ侵入防止柵が増えており、守らないと昔のような景色が見られない場所が

増えてきました。人が守らないとみられない景色が増えることは少しさびしく感じます。

 (Rin)

■ 自然体験イベント情報

 ★「ムシムシうぉっちんぐ!」  平成28年7月10日(日)  〈7月3日(日)締切〉
のんびり系イベント。虫たちの不思議な世界へと皆さんをいざないます。大人の方も大歓迎!

 ★「親子で夏の滝探検 in 奥日光」  平成28年7月24日(日)  〈7月13日(水)締切〉                                       庵滝を目指して山の中を探検する親子で楽しめるイベントです。

 ★「ネイチャートレッキング in社山」  平成28年7月31日(土)   〈7月20日(水)締切〉
生きもの観察から大パノラマの稜線歩きまで、魅力満載の初心者向け登山イベントです。

■ 企画展情報 

  「干支展 日光のサル」~再び参ったでござる~」  平成28年5月14日(土)~7月10日(日)                                   年末年始にご好評をいただいた「干支展 日光のサル」を再び開催!

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

新・山の上からこんにちは vol.164

2016年06月17日 | 新・山の上からこんにちは

こんにちは、日光自然博物館です。

奥日光の自然情報を中心に、日光の最新の話題、さらに日光自然博物館のイベント情報を、
カテゴリー「新・山の上からこんにちは」の記事として毎週金曜日にお伝えしていきます。

■ 今朝の奥日光は18℃ (博物館周辺 9:00時点)

関東も梅雨入りし、雨の多いジメッとした季節になりました。

今回歩いたのは、湯川上流付近の周回コース。森の中を歩きながら、小滝を折り返して湯滝へ戻るコースです。

歩いた当日は、生憎の雨。なんとなく気持ちが滅入ってしまいますが、この時期ならではの楽しみ方もあります。

普段は飛び回ったりする昆虫たちも濡れないように、葉の裏側など雨が直接あたらない所でじっとしていることが多いので生き物をじっくり観察をするには、意外にもオススメなのです。

(左:カゲロウ 中央:カミキリムシ 右:カワゲラ)

葉の裏側を意識してみてみると変わった模様をしたハエが葉の裏側にたくさんとまっていました。

しかし、よく見てみるとハエはとまったまま死んでいて、模様ではなく「ハエカビ」という菌でした!

ハエカビ」と言いますが、ハエ以外にも昆虫を中心とした生き物に寄生します。更にこの菌の仲間中には、菌を飛ばしやすくする為に、虫を操作し高い所に移動させてしまう強者も!以前にもイモムシがササの天辺までのぼったまま死んでしまっていました。巧妙な菌の戦略に恐怖と感動で鳥肌がたちます!!

また道中には、朽木や地面、また木道からも様々なキノコが生えていました。菌類は動物や花のようには、なかなか目立ちませんが、他の生き物と大きく関わって生きているのだという事を改めて気づくことが出来ました。

 

帰ろうと思った途端、雨が止み青空が広がりました。帰る間際に青空と湯滝のセットを見る事もでき心も晴れ晴れです♪♪

奥日光に何度か来ていても、湯滝は見たことがない。という方が意外と多いそうです!近距離で見られる落差68mの滝の迫力は抜群!!まだ見ていない方、もったいないですよ~~!!

(岩)

■ 自然体験イベント情報

 ★「ムシムシうぉっちんぐ!」  平成28年7月10日(日)  〈7月3日(日)締切〉
のんびり系イベント。虫たちの不思議な世界へと皆さんをいざないます。大人の方も大歓迎!

 ★「親子で夏の滝探検 in 奥日光」  平成28年7月24日(日)  〈7月13日(水)締切〉                                      庵滝を目指して山の中を探検する親子で楽しめるイベントです。

 ★「ネイチャートレッキング in社山」  平成28年7月31日(土)   〈7月20日(水)締切〉
生きもの観察から大パノラマの稜線歩きまで、魅力満載の初心者向け登山イベントです。

■ 企画展情報 

  「干支展 日光のサル」~再び参ったでござる~」  平成28年5月14日(土)~7月10日(日)                                 年末年始にご好評をいただいた「干支展 日光のサル」を再び開催!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

県獣カモシカ、今年も誕生!

2016年06月10日 | 自然情報

今年も華厳渓谷にて、ニホンカモシカの赤ちゃんが誕生です!

(日光自然博物館友の会会員、吉羽様より画像提供をいただきました)

右岸(観瀑台から見て左側)で見られたとのことです。

 

因みに、6月15日は、栃木県の定める「県民の日」。

県民の日に、県獣の赤ちゃんをご覧いただけるかも!?

 

なお、県民の日に合わせて、6月11日、12日、15日は、

日光自然博物館とイタリア大使館別荘記念公園の入館料が無料となります。

お近くまでお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

(T-村)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新・山の上からこんにちは vol.163

2016年06月10日 | 新・山の上からこんにちは

こんにちは、日光自然博物館です。

奥日光の自然情報を中心に、日光の最新の話題、さらに日光自然博物館のイベント情報を、
カテゴリー「新・山の上からこんにちは」の記事として毎週金曜日にお伝えしていきます。

■ 今朝の奥日光は14℃ (博物館周辺 8:00時点)

今回は、私の大好きな「中禅寺湖の夜」の様子をご紹介します。

日暮れとともに真っ暗闇に支配された中禅寺湖畔は、
生きもの達の生活を間近で観察できるスポットです。

特に、今の時期の目玉は、

大合唱を響かせるカジカガエル!

指先の大きな吸盤と平べったい体が特徴で、
「フィフィフィフィー」という上り調子の美しい声が、
浜辺一帯に広がります。

さらに、よーく耳を澄ませることで、

コウモリの羽ばたきの音や、

ムササビ(画像が荒いのはご了承ください)の食べこぼしの音など、
カジカガエルの声にまぎれ、色々な音が聞こえてきました。

因みにこれが、ムササビとの人生初遭遇!

代名詞の滑空する姿は見せくれませんでしたが、
「また来てね」と言われているような気にもなりました。

視界が効かない暗闇では、耳の感覚が鋭くなります。
夜の自然観察ではぜひ、耳も使ってみてくださいね。

 

(T-村)

■ 自然体験イベント情報

 ★「ムシムシうぉっちんぐ!」  平成28年7月10日(日)  〈7月3日(日)締切〉
のんびり系イベント。虫たちの不思議な世界へと皆さんをいざないます。大人の方も大歓迎!

 ★「親子で夏の滝探検 in 奥日光」  平成28年7月24日(日)  〈7月13日(水)締切〉                                      庵滝を目指して山の中を探検する親子で楽しめるイベントです。

 ★「ネイチャートレッキング in社山」  平成28年7月31日(土)   〈7月20日(水)締切〉
生きもの観察から大パノラマの稜線歩きまで、魅力満載の初心者向け登山イベントです。

■ 企画展情報 

  「干支展 日光のサル」~再び参ったでござる~」  平成28年5月14日(土)~7月10日(日)                                 年末年始にご好評をいただいた「干支展 日光のサル」を再び開催!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンカーにバトンタッチ!

2016年06月03日 | 自然情報

5月2829とお伝えしましたつつじリレーですが、湯ノ湖を一周するコースでアンカーのレンゲツツジが咲き始めていました。

またベニサラサドウダンやサラサドウダンも開花し、見頃に入っていました。

(ベニサラサドウダン)

(サラサドウダン)

風に揺られるサラサドウダンは「私を見てほしいなぁ~」と言っているかのようにゆらりゆらりと花を揺らしていたため、

とてもかわいらしく、赤ちゃんをあやすおもちゃのメリーの様に見えました。

 

ここ数日気温が少し低くなっています。日陰に入り風が吹くと肌寒く感じますので、簡単に脱ぎ着できる上着があると便利です。

(Rin)

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加