GREEN NOTE

ワイルドグリーンディスカス中心のアクアリウムブログです

中禅寺湖

2016年06月20日 | 日光・自然

関東に住む人なら多くの方が小学校の林間学校で訪れた経験があると思います。
奥日光のいろは坂を登ると間もなく現れる広大な中禅寺湖。
湖畔の国道沿いには土産物や食事処、日帰り温泉が立ち並び夏休みや紅葉シーズンには
多くの人で賑わいますが、今回はお馴染みの観光スポットでは味わえない
奥深い自然を満喫できる静かな中禅寺湖の側面を紹介してみます。


中禅寺湖の西側最深部にある千手ヶ浜です。
写真は千手ヶ浜の桟橋から見た中禅寺湖と男体山。
早朝で誰も居ない湖畔は静寂に包まれて時おり聞こえるのは鳥のさえずりのみ。
気持ちいい…北岸商業ゾーンの喧騒とはまるで違う顔を見せてくれます。


上の地図は私が中禅寺湖を歩いて周回した時のGPSデータを入れ込んだもの。
赤いルートがGPSで追った軌跡で、湖畔沿いを徒歩でグルッと1周できる周遊コースがあるのが判ります。
ちなみに中禅寺湖を1周すると行程は25kmにも及び、標準コースタイムで8時間以上掛かります。
普段歩き慣れない人が日帰りではキツいかも知れません。
そんな中禅寺湖深部の中で千手が浜は、赤沼茶屋から出る低公害バスで誰でも行ける貴重な場所。
まあ、バスを使えば楽チンなのは間違いありませんが…
個人的なオススメは
赤沼茶屋⇒戦場ヶ原⇒小田代ヶ原⇒千手が浜 もしくは竜頭の滝臨時駐車場⇒中禅寺湖畔⇒千手が浜
のハイキングルート。
登山ほどキツくなくスニーカーでも十分に行ける整備されたコースで、景観も素晴らしいです。


この画像は登山を趣味にする人なら定番の地図ソフト「カシミール3D」から作成した中禅寺湖周辺の
立体CG。先のGPSマップもカシミールです。
このカシミール、大変スグレモノで国土地理院の地形図データ、標高データを使って誰でも簡単にこのような
画像を作成することができるんですね。
初めて登る山の下調べから登山後のルート確認、管理まで今の私には無くてはならないソフトです。


曇りですが、半月山展望台から撮影した中禅寺湖と男体山。
高度と位置が少し異なりますが、先の3D画像がいかに忠実に地形を表しているか判ると思います。


湖畔ルートで千手が浜に向かう途中で一枚。
早朝の湖面にたなびく雲が見えます。


千手が浜から男体山と中禅寺湖。
今まさに、東の山の端から太陽が昇ろうとしています。


千手が浜から中禅寺湖に注ぎ込む柳沢川。
秋には体を婚姻色に染めたマスの遡上を見ることができます。


浅い川底には無数の幼魚が見てとれました。


南岸に咲いていたヤシオツツジ。


南岸の阿世潟から見た男体山。
こうして見るとまるで海に浮かぶ孤島ですね。

奥日光と言うと、関東では気軽にマイカーで訪れる行楽地のイメージが強いと思います。
かくいう私も、写真を始め山を登るようになる前はそうでした。
ですが車で訪れ観光スポットを巡るだけでは日光の奥深い自然の姿をなかなか感じることができません。
この夏、奥日光を訪れる機会がありましたら、ぜひ車を降り自身の足で歩いてみてください。
今までと違った奥日光の姿を見れると思います。

裏男体や刈込湖、赤岩滝など他にもまだまだご紹介したい裏メニューが日光には沢山あります。
そのうちまた、地元の視点で見たオススメの裏日光をお届けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホームグランド

2016年06月06日 | 登山

お久しぶりの更新です。
実に10ヶ月以上も更新をサボッていた訳ですが、仕事も趣味も今まで以上に精力的にこなしています。
息子も無事、国立大に現役合格してくれたので時間的にも金銭的にもゆとりを持って趣味を楽しめるように
なりました。
SNSの活動も別の拠点に移したので、このブログは閉鎖するつもりでしたが、更新をしていないにも関わらず
毎日沢山のアクセスがあり、過去のディスカス記事を熱心に見てくださってる方もいらっしゃるようですので
このまま閲覧できるように残しておこうと思います。
すでにディスカスの世界から降りてしまった私ですが、私が過去にトライした事、考えた事がこれから
ディスカスを飼育していく方にとって、少しでも飼育や繁殖のヒントになれば幸いです。
ここでディスカスの記事を書くことはもう無いと思いますが、時々は近況や軽く登山の魅力などをお伝えしつつ
のんびり続けて行こうと思いますので、どうぞたまには覗いてやってください。



関東地方は今日から梅雨入りしましたが、今年はほぼ毎週どこかしら登っています。
加えて平日も週2日のジムトレーニングとランニングは欠かしていないので体重、体脂肪率ともに減り続け
ここ20年くらいで筋力と体調はピークを向かえつつあるようで、気力も充実しています。
何より醜かった腹の贅肉が落ちて腹筋が見えるのが嬉しい(笑)
トレーニングのメニューは登山という目的を考えて組んでおり、目指しているのは簡単に言えば細マッチョ体型。
大きくゴツイ筋肉は有酸素運動中に大量の酸素を消費し、特に登りですぐに息切れしてしまいます。
長丁場の登山ルートでは一日で10時間以上も有酸素運動を続ける事になり、しなやかで持久力のある体作り
が理想であり、現在の目標。

登山を始めた頃は奥日光の男体山の山頂往復も満身創痍で散々でした。
そんなきつかった山行も回数を重ねトレーニングを続けるうちに辛かった急登が辛くなくなり、更にハードな
行程をこなせるようになって行動範囲も広がっていきます。
ゴールデンウィークから今日まででも、地元栃木の山の他に八ヶ岳、谷川岳など足を延ばすようになりました。
中禅寺湖1周25kmハイクや茶臼岳~三本槍岳の山小屋泊まり周回なんかもやりました。

谷川岳

日本三大急登のひとつである西黒尾根から谷川岳の双耳峰、オキの耳トマの耳を見上げたところ。
天気に恵まれ、急登のキツさも忘れる素晴らしい眺望です。

東天狗岳

北八ヶ岳の東天狗岳。西天狗岳を登って降り、東天狗の取り付きから撮影。
この後、北八ヶ岳の有名な山小屋、黒百合ヒュッテに泊まっています。


さて、そんなこんなで登山にどっぷりハマり、あちこちの山を登っている訳ですが、そんな私にもホームコース
として慣れ親しんでいる地元宇都宮の山があります。
それが赤岩山、鞍掛山を含めた古賀志山域。
主峰の古賀志山は標高582.6mの低山です。
ハイキングマップにも乗っている古賀志山の北ルート、南ルートはお年寄りから子供連れまで訪れる
よく整備されたハイキングコースですが、この山域には裏の顔があり、一度登山道から外れバリエーション
ルートに踏み込むと、急峻な岩場や道迷いを起こす難しいルートに迷い込んだりします。
実際、道迷い遭難や滑落事故で救助ヘリが飛ぶ事もよくあり、亡くなられた方もいる
手軽さと危険な側面を合わせ持った山なのです。


上は国土地理院の1/25000地形図に自分が歩いたいくつかのGPSデータを重ね合わせたもの。
月に1回以上は古賀志山でトレーニングしてるので、距離にして延べ200km以上この山域を歩いてきました。
ですが、これだけ通っても私の通っていない知らないルートが無数にあります。
古賀志のバリエーションルートは100以上もあるとされ、正確に把握できる人はほとんどいないのでは
ないでしょうか?


この山域をトレーニングの場に選び、通いつめている理由は以下の通りです。

・自宅から車で15分の距離でいつでも行ける反面、公共交通のアクセスが悪いおかげで登るのは
 地元の人メインであまり混まない
・地図に無いバリエーションルートが多く、地図とコンパスを使ったルートファインディングの練習に最適
・北側と南側に東西に走る林道があり、迷っても方位を見失わなければエスケープできる
・距離とルートの組み合わせが自在で、5キロ程のショートコースから20キロの周回ロングコースまで
 岩登りや鎖場、尾根縦走など目的に合わせ自在にに設定可能
・多くの場所で携帯電話の電波が入り、いざという時の連絡がしやすい。

体力作りや岩登りの練習、新しい登山靴の履き慣らしまで、その時の目的と時間に合わせた
カスタマイズ山行が可能。下山から15分で帰宅でき、当日の天気状況で行くかどうかを決めれる。
これほど最適なホームグランドは他にありません。



とは言え、こんな急峻な岩場や、ほぼ垂直に近い鎖場もあり、私のような単独行者にはあまりお奨めも
出来ません。
ルートによっては人がほとんど入らない場所も多く、単独行で滑落、骨折でもしたら大変です。


こういう鎖場が連続するルートは、何度登っても慎重に注意力を切らさないよう、3点支持を厳守。
人間、慣れて調子に乗った時が一番事故を起こしやすく、恐怖感を感じなくなったら逆に危険だと
自分に言い聞かせて登るようにしています。

古賀志山559ピーク近くの山稜より山ツツジと日光連山

それでも登山は自分を夢中にさせる素晴らしい魅力を秘めています。
苦労して自分の足で登ったからこそ得られる充足感と素晴らしい景観は束の間、自分を下界のしがらみから
解き放ってくれます。

谷川岳トマの耳上空に現れた環水平アーク

キツイ時も多いですが、自然がごくたまに見せてくれる神秘的な姿は一度見たら逃れられない…

白根山登山道で目の前に現れたシカ

山も自然の営みも、人間の感傷とは関係なく、ただそこにあるだけです。
だから焦る必要はなく、自分の実力を確実にステップアップさせて次の目標の山に臨めば良い。
そう考えると肩の力が抜けて、自分の山行が見えてくるような気がします。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

秘湯の宿と天上の楽園(後編)

2015年07月16日 | 登山

鬼怒沼湿原
標高2000mを超える日本有数の高層湿原。
その標高は尾瀬よりも高く、冬の間は雪に閉ざされ残雪は5月まで残り、6月に遅い春を迎えます。
枯れ草が緑に変わる7月~夏の最盛期には、美しい緑の絨毯と次々に咲く高山植物が楽しめますが
8月の終わりには早くも草紅葉が始まり、短い夏が終わってしまう幻のような湿原。

去年も今頃の時期に登ったのですが、あいにくの雨模様でした。
すぐに再チャレンジするつもりでいたのに、グダグダしてるうちに夏が終わってしまい、秋が過ぎ
冬になり、雪に閉ざされ…
結局は一年越しの再訪となってしまいましたね。


そんな短期限定の高層湿原は天気にも恵まれて、期待を越えた素晴らしい姿を見せてくれました。


前回からの続きに戻って…午前4時46分、お世話になった日光澤温泉に別れを告げて登山スタート
朝食は6時からですが、前日にお願いしておくと朝食をお弁当に変えてくれます。
早朝出発の人は清算も前日に済ませてくれるので、あとは何時に出発しようと自由。
登山者には嬉しい気配りです。


鬼怒沼までは、途中休憩も含め2時間半ほどのトレッキング
日光澤温泉から直接登山口になり初めは急峻な登りですが、そこで1頭のカモシカに遭遇。
登山道の真ん中に居たのですが、出会い頭で驚いたカモシカは藪に逃げ込み、少し離れた木の間
からこちらを観察していました。
クマ除けの鈴を付け忘れていたため、一瞬こちらも「クマか!?」と心臓が踊りましたよ。

鬼怒沼に近づくとやがてなだらかな笹道に変わります。
前回登った時は宿泊無しで夫婦淵から往復8時間以上掛かっており、登山靴も安物でイマイチ
合わなく爪先や足の裏が痛かった…今のサロモンに変えてからは本当に楽です。


狭い登山道が突然開け、標高2000m以上とは思えない大湿原が現れます。


鬼怒沼湿原は大小40以上の池が存在し、その水は澄んだブラックウォーター。
偏光サングラスで見ると、水中を泳ぐイモリが見えました。
澄んだ空気と清浄な土壌で磨かれた水…綺麗です。


早朝の湖面に映りこむ空と雲は淡い水彩画のようであり


太陽を写し込んでも幻想的に


湿原のどこを切り取っても絵になります


正面に見えるのは鬼怒沼山
風が収まった時の鏡面は、フィルター類は何も付けずともまるでPLフィルターで調節したように
コントラストが高くシャープに写ります。
色も透明な普通の水の鏡面像よりも深い感じがしますね。
肉眼で見てもこんな感じで、キレのある鏡像はブラックウォーターならではの効果かもしれません。


鬼怒沼山にも登頂してきました。
上の鏡像の場所から30分くらいかな。
鬼怒沼山は山頂も樹林に囲まれて眺望はあまり良くありません。


湿原を突っ切る木道を突き当たりまで行くと大清水と尾瀬沼の分岐点に差し掛かります。
大清水は尾瀬への登山口でもあり、ここから3時間のロングトレイルであり、尾瀬沼はもっと遠い
です。
この日は無理ですが、いつか歩いてみたいコースですね。
そういえば、早朝に大清水から歩いて来られた方が、クマを目撃したと言っていました。
ツキノワ熊としてはかなり大きめで、登山道から見える距離で一心不乱に木の皮をかじってたそう。
幸い、こちらには気付かなかったので、息を殺してそっと通過したとの事です。


夏の鬼怒沼湿原は次々に高山植物が開花します。
今はコバイケイソウとワタスゲが最盛期。
短い夏を謳歌する生き物と咲き誇る花、緑と水の湿原は正に天上の楽園でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秘湯の宿と天上の楽園(前編)

2015年07月13日 | 登山

車で行くことのできない、人里離れた山奥にひっそりと佇む温泉宿。
豪華、便利、綺麗、過剰なサービスの行き届いたリゾートホテルに家族で泊まるのもいいものですが
一人旅で求めるのは質素、静けさ、ゆっくり流れる時間。


そんな要望を叶えてくれる隠れ家的な宿『日光澤温泉』に、土日をまたいで宿泊してきました。
両日ともに晴天で、下界は35度を超える猛暑。
梅雨明けを思わせるような真夏日に『鬼怒沼湿原』を目指し、1泊2日の登山旅です。
初日に宿泊した日光澤温泉と2日目の鬼怒沼トレッキング、それぞれが自分のツボにはまり
とても印象深かったので、今回は端折らずに前編後編と分けて記事にします。
…と、その前に


6月~7月の梅雨真っ盛りでも、梅雨の合間を狙って絶やさず山に登ってました。

半月山    1753m
根名草山  2329.7m
女峰山    2483m
大真名子山 2375.4m
小真名子山 2322.9m
鬼怒沼山  2140.8m(今回)

こんな調子で、初夏シーズンは2000m級以上の山を主に登ってます。
数をこなして登山慣れしたのか、ジムトレーニングの成果か、はたまた食生活の改善か
登山に適応した身体に変わってきた事を実感出来るようになり、最近はコースタイムに余裕も出て
状況に合わせたペースアップも心がけるようになりました。

大真名子、小真名子山の山頂標はケータイ撮影の上レンズが汗で曇ってしまい、女峰山は霧の中。
鮮明画質じゃないのが残念(笑)


さて、話を元に戻します。
上は日光澤温泉手前の道中にあった建て看板のルート図
八丁の湯、加仁湯、手白沢温泉、日光澤温泉の4湯が奥鬼怒温泉郷と呼ばれる温泉宿です。
鬼怒川温泉と言えば有名な観光地ですが、奥鬼怒は関東最後の秘境と呼ばれる栗山地区の
更に奥、あの川俣温泉よりもずっと山の中にあり、まさに秘湯。
一般車が入れるのはルート図の左にある夫婦淵温泉駐車場まで。
八丁の湯、加仁湯は予約をすれば宿の送迎車が来ますが、最奥の日光澤温泉は送迎無し。
宿泊者は山道を1時間30分ほど歩かなければ辿り着けません。
この不便さ商売っ気の無さ、いいです…


夫婦淵温泉駐車場。
30~40台くらいは止めれそうな市営の駐車場ですが、この日は宿泊のみなのでゆっくり午後出発と
したところ、駐車スペース空きが2台分くらいしかなくて焦りました。
無事駐車して忘れ物が無いよう身支度し、出発。


スタートは林道の通行止めゲートから入り、階段を登って吊り橋渡って…
この橋渡るとテンション上がります(笑)


ルートはこんな感じで、ひたすら沢沿いに樹林帯の中を進みます。
木陰と沢の涼しい音で、暑さはだいぶ凌げますがそれでもずっと身体を動かしていると汗が。


水の匂い、土の匂い、緑の匂い…街で溜まった毒素が抜けていくような感覚が…気のせいです(笑)
深い緑の中を歩くのは理屈抜きに気持ちいい!やっぱり山はいいですね。


歩くこと1時間半。八丁の湯、加仁湯を抜けてようやく日光澤温泉に到着。
タイムスリップしたような木造の佇まいに魅入ってしまいます。
そう、一年前にここを通過した時、いつか泊まりたいと思っていました。


…昭和の香りを通り越して大正ロマンというか、日本登山聡明期のような(知りませんが)雰囲気。
ちなみに写真の左側は切り株の椅子とテーブル、パラソルがあってくつろげます。


館内も思っていたとおり古を感じます。
建物は古い山小屋ですが、トイレは新しい水洗で、大も洋式。
手入れや掃除もしっかりしていて、古くても清潔感があります。


露天風呂は2つあって無色透明と乳白色の硫黄泉。
普段は混浴ですが、夜7時~9時までは女性専用になります。
内風呂の写真はありませんが、これまた秘湯という風情があって混雑もなく落ち着けます。


こちらは乳白色の硫黄泉。季節によってはグリーンにも見えるようです。
トウトウと流れる沢の音、セミの声、夕暮れの山を眺めながら日本の夏を楽しみました。
奥鬼怒最奥の秘境でありながら、交通手段は徒歩のみという条件もあってか子供連れの姿は
見かけず、ほとんどが単独か多くても2~3名の登山客ばかり。
静かにゆっくり流れる時間は、自分の足で歩き、汗をかないと得られない究極の贅沢です。


日光澤温泉からすぐ鬼怒沼登山口になり、登山口手前に水場があります。
ステンレスカップが置いてあり、誰でもこの水をいただくことが出来るのですが、これがウマイ!
沢から流れる水を掛け流していて、真夏もキンキンに冷えたミネラルウォーター飲み放題。
登りはこの水を水筒に詰め、下山後はこのマグカップでダイレクトにいただきます。
猛暑日の日曜は、下山して頭から水を被りましたが、最高でした。
生きてるって素晴らしいと実感できる命の水です(笑)


水場のすぐ近くに60水槽が置いてあって、岩魚が1匹飼われてました。
水場と同じ水をジャンジャン掛け流しています。
魚の生息している故郷そのままの水質、水温で贅沢に飼育…濾過も水換えも一切不要な究極の
アクアリウムがここにありました。
これ、どんなベテラン飼育者でも、水族館でさえも適わない夢ですね。


日光澤にはトレードマークとも言える三頭の柴犬がいます。
お母さんのチャングと娘のサンボ、男の子のわらび。
写真の耳潰れがチャームポイントな子が、確かサンボだったかな?
三頭とも人懐っこく利口で、お客さん達に可愛がられています。
最近、柴犬・日本犬の専門雑誌「シーバ」に、載った有名な三頭で、柴犬らしい精悍な顔してます。
自分も、夕食までのひと時、犬たちとじゃれあいました。

夕食は素朴ですが品数が多く、とても美味しかった。
特に山菜の天ぷらと岩魚の塩焼きが絶妙な塩加減で、日本酒(生冷酒)と相性が抜群。
他の登山客の方と話がはずんで、冷酒3合いただきました。

以後、後編に続きます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

道具の手入れ

2015年05月20日 | ディスカス濾過

私が登る山は残雪期もそろそろ終わりかな…
ということでアイゼンを手入れして冬まで保管します。



金ブラシとコンパウンドでサビを落とし、ヤスリで爪を研ぐ
爪は丸くてもダメ、尖り過ぎてもダメ
仕上がったらシリコンスプレーを吹いて箱に入れて仕舞う

それだけの作業ですが、自分と一緒に冬山を登った道具だけに愛着が湧き、手入れも熱が入ります。
イタリアのグリベル社製10本爪でバンド固定。
クロモリ鋼の爪は常に安心感があり、クラストした硬い斜面に前爪を蹴りこむキックステップでも
ビクともしませんでした。
黄色いアンチスノープレートは樹脂で出来ており、球状の部分がペコペコして底面の雪の付着を
防いでくれます。これがなかなか効果が高く、今シーズン雪の付着で煩わしい思いをした事は
一度もありません。
サロモンの3シーズン靴に履かせて使う前提で購入したので、本格厳冬期向きではありませんが、
今期の私の雪山レベルなら十分に機能しました。

茶臼岳、雲竜渓谷、残雪の赤薙山、朝日岳の雪渓トラバース…どの山もアイゼン無しでは踏み込め
なかったでしょう。

次の冬山シーズンは厳冬期モデルのシューズとブラックダイアモンドの12本爪を購入して、
山のレベルを少しずつアップさせたいと思います。


左が研いだ物で、右は手入れ前。
今シーズン、数回の使用でもこれだけ爪が丸くなり、サビが出てます。
初めて使ったグリベルのアイゼン。
しっかりした作りと機能で気に入ってるので、シチュエーションに合わせて来期も使います。

山道具は揃えればそれなりの値段がしますが、良い製品を使ってみると十分に納得できるものです。
最初の登山は安いシューズに有り合わせの衣類、カメラ用ザックで登りましたが
今は全て登山専用の道具に変わりました。
ドイターのザック、サロモンの登山靴、ゴアテックスアウター、速乾性シャツと下着、コッヘル、ストック
一度その恩恵にあやかると手放せなくなります。

揃えればそれなりの値段と書きましたが、カメラ趣味やディスカス趣味に比べれば…
ディスカスで例えるなら上物のアレンカー1枚で、とりあえず一式の装備が揃い、未知の扉を
開くことが出来る…そこから先は自分次第ということになります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加