水彩画と俳句の世界

自然を愛し、感性を大切にして「水彩画と俳句の世界」を楽しんでいます。

近江商人のふる里五箇荘

2017年06月13日 16時56分28秒 | 写生会・展覧会

 

  寺前とおりの弘誓寺のスッケチ(東近江市五箇荘)8F

 写生会で近江商人のふる里五個荘を訪れました(5月11日)。五箇荘は、近江商人発祥の地として知られていますが、平成10年に国の重要伝統的建造物保存地区に剪定されました。スッケチした寺前とおりは白壁と船板塀がつづき、錦鯉が時おり、「どぼお」と飛び跳ねていました。近江商人博物館では日本画家・中路融人の湖国の原風景を楽しんできました。スケッチしながら話し込んだ地元の人から抱えられないほどのゼンマイを頂きありがとうございました。

 JR石山駅駅9:06発ーJR近江八幡駅ーJR能登川駅ー(近江バス)-ぷらざ三方よし10:25着

 錦鯉はねて近江の商人町   惟之

 片蔭や船板塀の釘の跡

 競べ馬むかし走りし神社前

 草茂る観音正寺の道こちら

 ぜんまいを抱えて仕舞う写生会

 山影の苗田に映る帰り路  

  東近江市地図(部分)

  観光案内所 ぷらざ三方よし 

  寺前とおりの水路に群れる錦鯉 カラス除けの紐が張られている

   白壁と船板塀のつづく寺前とおり

  船板塀1

  船板塀2

  この場所でスッケチ(寺町どおり)

 近江商人屋敷へ

   近江商人屋敷へ

 武者人形めぐりの幟

片蔭をゆく

 推古天皇29年(621年)造営され、主祭神は菅原道真公の大城神社

  競べ馬が走ったといわれる大城神社のある大通り

 観音正寺への道標

  五箇荘小学校の正門

山影が苗田に映りきれい。前方の山並の右側は石馬寺から猪子山、JR能登川方面。左側は地獄越えから繖山(きぬがさやま)、JR安土駅方面。

  作品を観光案内所のぷらざ三方よしに並べて講評

 

 

 

  

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

六月の詩(しづり雪)

2017年05月30日 20時16分36秒 | 冬の俳句

    早苗田に映る建設中の吊り橋(大津市太子)

 

   しづり雪   

 雪吊の松を見上げて鼓門  惟之  

 懐子となりて子犬の雪解道

 大寒に忽と垂れをり右手首

 指先の痺れは癒えてしづり雪

 寝返りはもう間近なり梅ひらく

    

   誌上句会 兼題「落花」より

 惜しまれつ散るが桜よ潔く  捨弘

 自転車の兄へいもとへ落花かな  洋子

 一片の落花の行方水流る  秀子

 花吹雪逆らふやうに車夫来る  初枝

 浮御堂庇の遠く花吹雪  惟之

 干し傘の落花を払ひたたみ込む  美枝

 疎水通る舟にひとひら落花かな  テル

   

   やまびこ 感銘・共鳴ー私の好きな一句より

 溢れさす柚湯や余生幾年ぞ  東音

 日だまりは神の懐冬すみれ  きぬ

 ちよつと嘘ついてショールに身を隠す  利里子

 元朝や百歳句集に挑まむと  淨山

 マフラーで子に送る荷のすきま埋め  節

 出会ひより別れ増えきて年の暮  治子

 枇杷咲きて長き留守なる母の家  洋子

 風に耐へ風にきらめく冬桜  久子

 初猟のエンジンの音つぎつぎと  通幸

 山山は日暮れのいろぞ枇杷の花  みどり

 日向ぼこ会釈かへして出ぬ名前  美枝

   俳誌 嵯峨野 六月号(通巻第551号)より

    

   

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第21回滋賀水彩展おえる

2017年05月29日 14時41分15秒 | 写生会・展覧会

  赤い橋のある風景  藤原孝義(高島市)

第21回滋賀水彩展は5月21日(水)から28日(日)までの5日間、例年通り大津市歴史博物館で開催されました。作品は90点で昨年の81点より多く出品され、盛況裡におわりました。以下に作者の同意をいただいた作品を順不同に紹介させていただきます。

  絵の前で語る一日や夏に入る  惟之

  病癒え復帰されたか風薫る

  絵のテーマそろそろ決めよ夏はじめ

  井戸端会議  大津市教育委員会賞 中村義郎(草津市)

  日吉三橋 万木金造 (大津市)

  晩秋を肴に 大津市市会議長賞 若林和子(大津市)

  器  京都水彩会奨励賞 増山恵子(草津市)

  SORA・繋がり  岸田章弓乃(草津市)

  さあ、始めるよ!  光石正弘(大津市)

 星降るヴァルダヴァ川 藤井照也(大津市)

  しあわせ家族のカーニバル 松本富恵(大津市)

  井戸端会議 中日新聞社賞 Maekawa.N (大津市)

  花  読売新聞大津局賞  坂 範子(大津市)

  あじさいの季節  森口美智子(大津市)

  面白い街 中江貞夫 (高島市)

  祈り 長井房枝 (草津市)

  ロッククライミングⅡ 伯耆惟之(大津市)

    講評風景

 表彰式風景

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

希望ヶ丘(天山あまのやま)ハイキング

2017年05月25日 14時52分02秒 | 低山ハイキング

   比良山系、びわ湖、沖島などの遠景<天山の第一見晴らし台より>

 シャクナゲの群生を期待して近江花緑公園から天山(アマノヤマ303m)のハイキングをしてきました。天山は低山ながら道標が少なく、道に迷いましたが、好天にめぐまれての新緑の風景を楽しんできました。また、シャクナゲは見ごろを過ぎていましたが、なんじゃもんじゃの樹や天然記念物のうつくし松など珍しい植物にも出合うことができました。

 卯の花をかざしに関の晴着かな  曾良

 枝しなひきぶしの金の鎖垂れ  岡田日郎

 風やんでなんじゃもんじゃの落花急  小枝秀穂女

 椎の花人もすさめぬにほひかな  蕪村

 をがたまの花散るころと君に告ぐ  高木晴子

 石楠花や天山みくびり道迷ふ  惟之

 さくらんぼ一粒食ぶる苦味かな

 雪積もる如くになんじゃもんじゃ咲く

 初夏の優しき日差し蕎麦の苗

 三上山見上げて匂ふ椎の花

JR石山駅ーJR野洲駅ー花緑公園ーふるさと館ー里の家ー天山登山口ー天山頂上ー西あずま屋ー西駐車場ーJR野洲駅ーJR石山駅

 花緑公園バス停(9:30) 一日のダイヤ3本

 囀りの中、新緑の公園をゆく  

  

ウツクシマツ(美松)の並木(甲西町平松にのみ自生し、1921年天然記念物に指定)

 県花となっているシャクナゲ  残念ながら見ごろはすぎていました

 色鮮やかなつつじ

なんじゃもんじゃ。 明治神宮の外苑で珍しい木とされ、「なんじゃもんじゃの木」とよばれるようになった。対馬と本州の一部に自生。5月に白い四弁の花が咲き、初夏の季語。、

 

 囀りの林間をゆく

 三上山を見上げてパチリ

  さくらんぼの朱い実の下をゆく。ひと粒つまんで食べると、すこし苦味と酸っぱさ。

  木橋にそろいハイポーズ。ひとり欄干に座っています。 

  ふるさと館で小休止 玄関前にはなんじゃもんじゃの木。この施設は宿泊ができる。

 なんじゃもんじゃの木。まるで雪が積もったような木だとMさんがいった。

  木五倍子の花房と花。花は花房の下の黄緑の小花で春の季語。「枝しなひきぶしの金の鎖垂れ 岡田日郎」 

 小賀玉の花(おがたまのはな)。神社の境内に多く、神霊を招祷奉(おきたてまつ)る意から「おきたま」といい、「おがたま」になったと云われる。また、玉のような実を結ぶからだとともいわれる。晩春の季語。

  椎の花(しいのはな) 三上山が覗く歩道橋から
 
   さるとりいばらの実 
 
 蕎麦の苗。種から収穫までの栽培、脱穀、製粉、蕎麦打ちまでの体験コースが準備されている。
 
   
  里の家。山村の古くからの文化や生活様式を体験できる。
 
  サッカー競技場、陸上競技場、野球場が並んだ山裾をゆく
 
 球技場を左に見て紫陽花の道を登山口へ
 
 
 天山登山口
 
 
 白い五弁の花が群がって枝先に咲く卯の花
 
 
 
  分岐点の道標  
 
 
 天山山頂(303m) 三上山方面
 
 
 比良山系方面
 
 
 鈴鹿山系方面
 
 
 比良山系方面
 
 
  天山山頂にて。10畳ほどのスペース。360度の眺めはすばらしい。
 
 
 希望ヶ丘公園 大芝生
 
 
 バス待ちの木蔭。  
 
 
 
 
 
 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第21回滋賀水彩展のご案内

2017年05月21日 10時17分04秒 | 写生会・展覧会

 第21回滋賀水彩展が下記のとおり開催されます。

ご高覧いただきたくご案内申し上げます。

  日時:2017年5月24日(水)~5月28日(日)

     AM9:00~PM5:00(最終日はPM4:00)

  場所:大津市歴史博物館

     大津市御陵町2-2 TEL:077-521-2100

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロッククライマーⅡ

2017年05月19日 17時43分57秒 | 風景

  ロッククライミングⅡ(大津市・千石岩)F60号 水彩画

2016年3月に作成の作品をベースに岩壁に膨らみもたせ、岩肌の凹凸を強調して、少し遊んでみました。2017年5月24日(水)から開催される第21回公募 滋賀水彩展に出展に予定です。

 夏空へトップロープのクライマー  惟之

 岩壁の窪みに一輪すみれ草

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミシガンクルージング

2017年05月06日 16時19分51秒 | 息子たちの作品

   ミシガンクルージング 3F  磯部こはる(8歳)

 好天に恵まれたミシガンクルーズ。デッキには人が溢れ、日の丸がはためく。湖上にはヨットが浮かび、比叡山の空には白い雲が流れている。そして、自由奔放に描かれている波がとても気持ちいい。むづかしいミシガンも丁寧に描かれている。

 子供の日に、超渋滞で16時間かかって里帰りしてくれた練馬在住の次男一家と湖南航路のミシガンクルージングしてきました。  

  出港の汽笛は三度初夏の雲   惟之

  デッキから聞こえし鐘の音子供の日

  船降りて日焼けの人となりにけり

  子供の日銅鑼を叩けば船が出る

  芝桜ミシガンの風呼びにけり

  絵を描けば風の薫し湖辺かな  

  ミシガン乗船の桟橋へ。遠景は比叡山連峰。

  におの浜観光港(大津プリンスホテル)に着いたミシガン

  ミシガン乗船1(10:20) 

  ミシガン乗船2 

 案内版と船内図

  2Fへ

  プリンスホテルを見て、におの浜港出港(10:30)

  屋上デッキにて。山並は比叡連山につづき比良連山が北へ連なる。

  屋上デッキにて

 柳が崎公園港より東方面、前方に三上山(近江富士)がうっすら見える(11:00)

  柳が崎公園港よりヨットハーバー、ボートレース場、大津港方面を見る

  3階デッキより、湖北を背に

 屋上デッキより

  屋上デッキ 日傘に入る

  大津港桟橋より鐘の音が聞える。うみのこ停泊(11:20)

  3Fホールで銅鑼を叩き、大津港出港(11:48)

 3Fホールにて におの浜へむかう(11:53)

  におの浜帰港(12:08) 

  停留中のミシガン

 におの浜に帰港して昼食後、ベンチに座って写生。芝桜がきれい。

    

 

 

  

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

クワガタとヘラクレス

2017年05月06日 07時44分21秒 | 息子たちの作品

  クワガタとヘラクレス  いそべけいすけ(4さい) 

 虫が大好き。一気に鍬形の眼からはまじまり、鋏(大顎)を描く。右は蝶々。左はヘラクレスの兜虫。

  見事な強い線で描かれた羽虫。やはり眼からはじまり、頭、翅、触覚、胴を描いてから、翅の模様を軽いタッチで。羽虫の名前は×××。

  眼玉から一気にクワガタ描く幼児  惟之

  幼な描く翅軽やかに夏の虫

            集中して羽虫を描く恵介くん

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五月の詩(帆柱)

2017年04月24日 16時03分51秒 | 新年の俳句

 

                                建仁寺の春(2017.4.14) 

      帆柱

 雪中の煤払なり三井の鐘  惟之

 虎河豚の鰭は貼られて売られけり

 群立の帆柱染める初日かな

 初場所の小兵の一本背負かな

 初暦幼の好きなぐりとぐら

    誌上句会 兼題「初蝶」より 

 初蝶や今日は新しき風に会ふ  洋子

 すつと来てすつと去りたり初喋喋  初枝

 諸手あげ初蝶となる幼き子  秀子

 初蝶のたどたどしさや草むらへ  美枝

 初蝶やどこまで飛べる危なげに  テル

 初蝶やつかずはなれず径はさみ  幸子

 初蝶の句碑よむごとく縺れあふ  惟之

    やまびこ 感銘・共鳴ー私のすきな一句より    

 冬の蝶小さな花を選びけり  海男

 純白の富士冬天を引き絞る  勝彦

 健脚の九十歳の冬帽子    近子

 風花や終の握手と知る無言  ちか

 三千歩やつと歩けて赤のまま  志津

 茶柱の立つよろしさや冬の朝  のの女

 山茶花や無一物とはなりきれず  和子

 人声の川に沿いゆく小六月   鈴枝

 乳母車から秋空を蹴ってをり  方城

 初霜や野面の果ての備前富士  収子

 万葉の里を彩る柿たわわ    惟之

 花梨の実触れさせてやる肩車  克水

 一粒の葡萄含みて返事待つ   睦美

 脳外科の入口広し冬大路    つとむ

 水影の杭に降り立つ冬鴉    勝彦

 鈴生りの柿や湖北の観世音   勢津子

 免許証まだ返しかね秋深し   博女       

             俳誌 嵯峨野 五月号(通巻第550号)より  

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

膳所公園の桜

2017年04月22日 15時52分05秒 | 風景

   膳所公園の桜(大津市本丸町) 6F  水彩

膳所公園(膳所城跡公園)の写生会に参加しました。4月13日(木)は絶好の写生日和でした。

目的地までの湖岸風景と花見風景を掲載し、凡句を添えました。

 旅支度終へて寛ぐ百合鴎  惟之

 湖へ向く四高桜の花盛り

 鳩も来て子らも遊びし花盛り

 句座もあり唄ふ人あり花の下

 ハーモニカ吹いて楽しい花の昼 

 春の日を確と受けをり芭蕉句碑

  唐橋公園の桜

  日溜りに列になっているゆりかもめ。遠景は近江大橋と比叡山系

 

  湖岸の四高桜

  四高桜の碑

  膳所公園入口 

  この場所を選んで写生。何人の方とおしゃべりしながらの写生でした。

 それぞれの昼さがり

  先生と園児一行

 句座の風景

 遊具と桜

  唄に合わせてハーモニカ

  幼子も鳩も集いて花の下

  湖南アルプスの見える舟溜り 

  芭蕉句碑 湖や暑さを惜しむ雲の峰

  参加6名の作品を並べてのおしゃべり

コメント
この記事をはてなブックマークに追加