水彩画と俳句の世界

自然を愛し、感性を大切にして「水彩画と俳句の世界」を楽しんでいます。

五月の詩(帆柱)

2017年04月24日 16時03分51秒 | 新年の俳句

 

                                建仁寺の春(2017.4.14) 

      帆柱

 雪中の煤払なり三井の鐘  惟之

 虎河豚の鰭は貼られて売られけり

 群立の帆柱染める初日かな

 初場所の小兵の一本背負かな

 初暦幼の好きなぐりとぐら

    誌上句会 兼題「初蝶」より 

 初蝶や今日は新しき風に会ふ  洋子

 すつと来てすつと去りたり初喋喋  初枝

 諸手あげ初蝶となる幼き子  秀子

 初蝶のたどたどしさや草むらへ  美枝

 初蝶やどこまで飛べる危なげに  テル

 初蝶やつかずはなれず径はさみ  幸子

 初蝶の句碑よむごとく縺れあふ  惟之

    やまびこ 感銘・共鳴ー私のすきな一句より    

 冬の蝶小さな花を選びけり  海男

 純白の富士冬天を引き絞る  勝彦

 健脚の九十歳の冬帽子    近子

 風花や終の握手と知る無言  ちか

 三千歩やつと歩けて赤のまま  志津

 茶柱の立つよろしさや冬の朝  のの女

 山茶花や無一物とはなりきれず  和子

 人声の川に沿いゆく小六月   鈴枝

 乳母車から秋空を蹴ってをり  方城

 初霜や野面の果ての備前富士  収子

 万葉の里を彩る柿たわわ    惟之

 花梨の実触れさせてやる肩車  克水

 一粒の葡萄含みて返事待つ   睦美

 脳外科の入口広し冬大路    つとむ

 水影の杭に降り立つ冬鴉    勝彦

 鈴生りの柿や湖北の観世音   勢津子

 免許証まだ返しかね秋深し   博女       

             俳誌 嵯峨野 五月号(通巻第550号)より  

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

膳所公園の桜

2017年04月22日 15時52分05秒 | 風景

   膳所公園の桜(大津市本丸町) 6F  水彩

膳所公園(膳所城跡公園)の写生会に参加しました。4月13日(木)は絶好の写生日和でした。

目的地までの湖岸風景と花見風景を掲載し、凡句を添えました。

 旅支度終へて寛ぐ百合鴎  惟之

 湖へ向く四高桜の花盛り

 鳩も来て子らも遊びし花盛り

 句座もあり唄ふ人あり花の下

 ハーモニカ吹いて楽しい花の昼 

 春の日を確と受けをり芭蕉句碑

  唐橋公園の桜

  日溜りに列になっているゆりかもめ。遠景は近江大橋と比叡山系

 

  湖岸の四高桜

  四高桜の碑

  膳所公園入口 

  この場所を選んで写生。何人の方とおしゃべりしながらの写生でした。

 それぞれの昼さがり

  先生と園児一行

 句座の風景

 遊具と桜

  唄に合わせてハーモニカ

  幼子も鳩も集いて花の下

  湖南アルプスの見える舟溜り 

  芭蕉句碑 湖や暑さを惜しむ雲の峰

  参加6名の作品を並べてのおしゃべり

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の鴨

2017年04月04日 11時30分32秒 | 春の俳句

   瀬田川沿いのふくらむ蕾     

さくらの蕾がふくらみ、川辺に山茱萸の花がこぼれ、土手にはいぬふぐりが咲きのぼりました。そして、群遊していた瀬田洗堰の鴨は僅かな番が残こる春の鴨となりました。春らしくなった画像を求めて朝の散歩。歳時記から好きな俳句を探してみました。

山茱萸に明るき言葉こぼし合ふ   鍵和田袖子 

   

  いぬふぐり星のまたたく如くなり  高浜虚子 

 

  連翹の黄に触れ胎の子が動く  樟 豊

  たんぽぽや日はいつまでも大空に  中村汀女

  水仙を剣のごとくに活けし庵   山口青頓

  白い星のような草の花  

  釣鐘のまわりに紫の小花を沢山つけた草の花

  木蓮が頭上にありて胸開く  坪内捻典

 残りしか残されゐしか春の鴨  岡本 瞳

 

  鴨や鳰が見られなくなり、寂しくなった瀬田川洗堰の水辺   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四月の詩(鴨一家)

2017年04月02日 04時39分53秒 | 冬の俳句

 

         妙心寺・待賢門院桜(京都)2016年

     鴨一家

  タグボート四隅繋がれ冬に入る  惟之

  桟橋は猫の居場所や冬日和

  千尋の谷へ舞ひ下る鷹一羽

  鯛焼きの殿につく京の街

  鴨一家お尻ふりふり行く水辺

    やまびこ 感銘・共鳴ー私の好きな一句

  新米と申し仏飯高く盛る    洋子

  2歳児は競ふことなく運動会  すみれ

  この部屋の止まりし時計鳥渡る  洋子

  生も死も神に委ねし暮秋かな  近子

  添うがごと水引の花師の句碑に  東音

  我が影も掃き寄せてゐる秋の暮  勝彦

  浜菊や切り岸のぼる潮がしら   道子

  佳きことのありそう朝の二重虹  志津

  花薄両手を上げて海を見る    志津

  カンバスの素描へ秋の日差しかな  勝彦

     誌上句会 兼題「野焼」 

  郷愁のまぶたに今も野火揺るる  洋子

  新しき命宿して野焼かな     秀子

  大阿蘇や野焼の跡のなまなまし  初枝

  どこからか風の運びし野焼の香  美枝

  大和路の遠近煙る野焼かな    幸子

  菜焼され新土となりて気も新た  テル

  野火放つ明日の豊作夢に見て   捨弘

  山裾の野焼の煙川わたる     惟之

     俳誌 嵯峨野四月号(通巻549号)より

    

  

    

  

  

  

 

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第34回公募京都水彩展おえる

2017年03月27日 17時11分46秒 | 写生会・展覧会

  晩秋の唐松林  京都府知事賞  青山欣且  奈良

京都市美術館で開催されていました第34回公募京都水彩展が盛況裡に終わりました。出展は300点を越え、様々なジャンルの作品が展示されました。以下、順不同ですが、作品の一部を掲載させていただきます。なお、反射などで画像の不鮮明点はご容赦ください。 

  からまつの林に入りぬ秋日かな 惟之   

  ひまわりの花びら探す受賞作

  逆縁のあてどなき旅春愁ふ 

  伸びやかな魞と水門湖の春

  今ここに未来が来たり春うらら

  天国で待ってゐてねと蝶の舞ふ

  枯はちす傘寿記念に描きけり

  秋の暮オリーブ緑の明日香かな

  比良からの風より生れし花菜かな

 向日葵 会友優秀賞 会員推挙 藤田千代 奈良

  アメリカファースト 文部科学大臣賞 藤田清美 香川

  風の日和 京都市長賞 寺島真理子 大阪

  天空を聴く 京都府教育委員会教育長賞  染道 千代 滋賀

 姫川春の気配  京都市教育長賞  渡辺徳一朗  滋賀

 銀杏Ⅱ 会員推挙 大橋頼子 北海道

 

 あてどない旅  山口ももり 京都

  魞と水門 ホルベイン賞 村木美彦 滋賀

 

   冬日 会員奨励賞 巴 恵子 京都

  色彩のブルース  奨励賞 三宅恵子  兵庫

 

   今ここにある未来 会員奨励賞 西口久枝 京都 

 BARGAINUKIUKI! 京都新聞賞 斎藤幸子 滋賀

 万福寺魚梛’17 倉橋睦雄 京都

 真夜中の散歩  中村都志美  大阪

  梅の木 村端カネ子 京都

  明日香 林 沢野 奈良

  題名のない音楽会  坂本隆男  京都

  円卓 木村一三 京都

  天の喜び・地の喜び・天国で待っていてね(部分) 小川啓子 大阪

  傘寿記念 沢村昭之 京都

 

   湖岸の春Ⅱ 伯耆惟之 滋賀

 会場風景1(2017年3月26日)

  会場風景2(2017年3月26日)

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遮光器土偶

2017年03月22日 14時03分32秒 | 静物

   遮光器土偶 6F 水彩画

土偶は縄文時代につくられた人形(ひとがた)にかたどった土製素焼の造形物。この遮光器土偶は晩期に東北のの亀ケ岡遺跡で見られた。遮光土偶の名称は、北方民族に特有な雪目を防ぐ遮光器に目の表現が似ていることにちなんでいる。特徴は遮光器を付けている目と大きな臀部、乳房、太ももで、女性をかたどったといわれる。この通説に対し、性を超越した霊力を実体化したものとの説がある。この土偶は片足が欠けているが、完全な形をとどめる例はまれといわれる。子孫繁栄を願ったり、病気治癒の目的で患部を故意にこわしたなどの説がある。

湖水会室内写生会で一月に描きました。大きさは10cm位。正面からでなかったのでデッサンが難しかったです。遮光器土偶のこと知らなかったので、大変勉強になりました。提供してもらったYさん、ありがとうございました。

  初春や土偶の乳房おほきかり  惟之

   写生風景(2017年1月12日 草津町つくりセンター)

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絵葉書とななふし

2017年03月13日 10時32分33秒 | 息子たちの作品

 

    孫からの絵はがきとななふし・かぶとのスケッチ

 練馬在住の8才と3才の孫から、お見舞いの絵はがきとななふし(竹節虫)・兜のスケッチがきた。とても楽しい絵はがき。思わず見入ってしまう。ななふしはめったに出合いがないが、このななふしは昆虫館で見たらしい。保護色なんで普通にいても気が付かないのかもしれない。ありがとう。5月に待っているよ。

  春の野に ななふし見たよ 膝折って  惟之 

  

  霊仙山の麓で出合ったななふし(2014年10月)

 

  

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

脳梗塞顛末記

2017年03月13日 06時08分04秒 | その他

 梅満開の北野天満宮(2017年3月12日)       

 1月20日(金)の大寒の日。不覚にも脳梗塞に襲われました。唐橋ちかくの瀬田川沿いを自転車で湖水会水彩画展へ行く途中でした。ハンドルを握る右手首に力が入らない。しかし、そのまま会場へーー。会場に着いて、自転車の鍵がうまくかからず、サインが書けない。体調の不調を仲間に告げて自転車で帰宅。S医大に着いたのは午後1時。救急で診察をうけたが、自覚症状は右手の指先の痺れのみで麻痺は治まっていました。そして、心電図、CTにも異常が見られませんでした。救急医から「今度、同じような症状が出たら119番ですよ。」と何度も云われ帰宅。その日はその後、指先の痺れも治まっていました。翌21日(土)は水彩展の最終日でSさんと当番にあたっていました。やがて9時前にSさんも来場して、当番をしながら昨日のことを会話(Sさんは心筋梗塞既往者)。しかし、しばらくして、指先が痺れ、眼前がもやもやとなり、呂律がおかしくなりはじめました。仲間は大変心配してくれたが、119番することなく、自転車で帰宅。夕食後、右指先痺れ。

 1月23日(月)S医大の神経内科に受診。症状の経過を説明。1月20日朝、左目の左目尻1/3に緑色の視野欠如。30分程で消え。10時ごろ自宅をでてから今日までの顛末を報告。

 診察と検査の内容は、直線歩行、手足屈伸、指の屈伸、前腕の内転・外転、握力検査、目を閉じての腕伸ばし(左右)、血液検査、心電図、MRI検査など。心電図、血液検査も異常なし。MRI検査で脳中央部に小さな白い斑点がみられ、梗塞跡らしい。「小さな梗塞であったのは、幸運でしたね。」とのコメントでした。投薬は朝食後のバイアスピリン一日一錠。その後の診察は週一回から今は月1回に受診。

 2月21日(火)俳句の句会の最中に突然に強い動悸と眩暈かおこり、救急車で山科のO病院に運ばれました。脳梗塞の再発かと覚悟しました。句会は中断され、皆さん大変ご迷惑をおかけしました。

  大寒に忽と垂れけり右手首   惟之

  右の手の痺れは癒えてしずり雪

  右の手の握力もどり春立てり

  冴え返る句会の最中119 

  

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雛の間1992

2017年03月03日 20時00分03秒 | 春の俳句

 アルバムに見つけた娘の貴重な一枚。前歯が4本が生え替り掛けている。今は0歳と3歳児の母になりました。入園グッズつくりに来週帰ってきます。

  雛の間の前歯なき子の笑顔かな   惟之

  桃の花活けて子達を迎えをり

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三月の詩(万葉の里)

2017年02月24日 17時43分39秒 | 秋の俳句

      正倉院の雛・模写(大津市坂本 旧竹林院にて)

  万葉の里を彩る柿たわわ   惟之

  さよならを子らと交わした島の秋

  軒下は貝殻の道冬に入る

  磨崖仏深山に御座す冬日中

  冬の鳥群れ飛び変幻自在なり

  

  余生まだ頼られをるや竜の玉   三枝子

  竜の玉トルコブルーの色に似て  捨弘

  巷の灯届かぬ辺り竜の玉     洋子

  乳母車押しゆく路地に竜の玉   美枝

  掌にこぼれ弾みし竜の玉     初枝 

  昔吾子のままごと遊び竜の玉   テル

  竜のひげ大事に玉を育てをり   敏子

  お手玉に遊びしことも竜の玉   みどり

  庭手入覗き見してる竜の玉    秀子

  探し物やうやう見出す竜の玉   睦美

  今日一日生きて七十路竜の玉   惟之

           誌上句会 兼題「竜の玉」

  重陽や余生まだまだ楽しまむ   和子

  みの虫の糸一すじの孤独かな   近子

  何気なき優しさにふれ萩にふれ  東音

  物干に正座してゐる雨蛙     海男

  稲光なにも傷めず闇を刺す    素岳

  丁寧に手術断り夏終わる     志津

  月仰ぐ永代供養と決めし後    志津

  秋の空赤とんぼには高すぎる   木理華

  鰯雲けつてみごとな逆上がり   千代

  思い出は咽せて吹き出す麦こがし アイ子

          やまびこ 私の好きな一句 

       俳誌 嵯峨野 三月号(通巻第548号)より 

 

  

  f

  

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加