水彩画と俳句の世界

自然を愛し、感性を大切にして「水彩画と俳句の世界」を楽しんでいます。

四月の詩(古墳めぐり)

2019年03月24日 08時43分17秒 | 冬の俳句

                                      劇場の赤い屋根(宝塚市) 8号水彩  

    古墳めぐり 

 山眠る曼荼羅山の古墳群   惟之

 凍雲や横穴古墳の暗き奥

 綿虫のお迎え優し小野神社

 倒木の嘆きをちこち冬の尾根

 羽ばたきて背に立つ鳰の黒十字

    誌上句会 兼題「冬茜」または「風(無季語」)

 冬紅葉巡り主峰の風の中  三枝子

 ビルとビルそれでも空は冬茜  たかすけ

 お年玉貰うて風のごとくゆく  洋子

 冬茜ムンクの人を叫ばしむ  研二

 吉野山渡る列車や冬茜  惟之

 冬茜林を染める夜明けかな  稔

 冬茜追ふかのやうに眉の月  奈緒世

 心地よき松風を聞き初茶席  まこと

 僧正のみ魂安かれ冬茜  博女

 拭き終へし窓にひろごる冬茜  靖子

 比良の山連なる峰の冬茜  静風

 電線に並ぶ烏や冬茜  祐枝女

 冬茜足長おじさん付きまとひ  泰行

 冬茜夕雲に山染めにけり  よう子

 初風や古希の目標踏み出せり  里子

 冬の海風おさまりて船ひとつ  美枝子

 手を振れば光る指輪や冬茜  千代

 手術終へ部屋に戻れば冬茜  秀子

 冬茜ふらりと入る古きバー  仙命

 隅田川の流れおだやか冬茜  テル

 冬茜体操帰りの川上に  啓子

 北風や空回りする換気扇  佳子

   やまびこ(二月号の作品から)感銘・共鳴ーー私の好きな一句

 豊作や開きしままの蔵ひとつ  みどり

 医者の嘘政治家の嘘虫すだく  優江

 紅葉して青空はじく飛騨の山  きぬ

 爪切るも生きる証や残る虫  ひさ子

 先頭を呑み込んでゆく芒山  敦子

 風紋は風の言葉や冬渚  廣平

 白雲は静かに流れ秋桜  志津子

 秋刀魚船喫水深く帰りくる  靖子

 ひと枠は猫の帰り路障子貼る  素岳

 月光や波を鎮めて海の上  久子

 千体の地蔵の影や虫時雨  一雄

 まつすぐの道は淋しや秋夕べ  祐枝女

 秋の蝶見れば亡き友思い出す  悦子

 起伏なき余生賜ひて蒔く大根

 

 

コメント

石山寺の梅園

2019年03月16日 15時34分20秒 | 春の俳句

 

                                       御影堂前の盆梅

   白梅の枝先のびて月見亭   惟之

   逞しく土突き抜けて牡丹の芽

   光堂の反りし庇や牡丹の芽

   本堂の鈴の音頻り梅の園

   本堂に沓の音響き梅ひらく

   白梅の狭間は蒼き瀬田の川

   枝先の青空揺らす辛夷の芽

   紅梅や式部の像に重ね散る   

 

  梅林と月見亭

 

  水仙と梅林

 

   光堂と白梅

 

  牡丹の芽

 

  本堂前の盆梅展

 

  本堂の舞台を見上げる。巨大な硅灰石の上に立ち、参拝人の靴音や鈴音がこぼれる。  

 

  芭蕉の句碑

 

 

   

コメント

第14回とっておき作品展

2019年02月25日 20時51分46秒 | 写生会・展覧会

  

  社会福祉法人にぎやか会主催の「第14回とっておき作品展」が草津市立図書館でありました。心の想いをあるがままに表現されたこれらの作品は、個性にあふれた力強い作品ばかりで圧倒されました。まさに「とっておき作品展」。絵画の作品を主にご紹介します。

        あるがまま描けば力春動く  惟之

    台風の黒き渦巻く筆使ひ

        色どりの四羽五羽六羽来てをりぬ

   蝙蝠や黄金バットにあこがるる

   故郷をピンクに染めて桃の花

   ダンプカーに翼と尾翼春を跳ぶ

   ぼんぼりにハート飛び交ふ雛祭り

   ふくろうや片目つぶりてホーホーホー

        春爛漫仮面ライダーいろはにほ

   賑やかに赤鬼青鬼節分会

   春動く象の背中は赤青黄

   会場に豹あらわれて春兆す

   嵐来てなごやかなりし春二月

   青空に雲と泳ぎし鯉のぼり

   のどかさや三角屋根と遠き山

   マフラーに白髭の人久しくて

 

      警察24時  西田尚弘

 

     女性騎士 島袋常之

 

    台風  三崎幸子 

 

     森の鳥  森岡かおる

 

     嵐  小倉美雪 

 

    春のいなか  森かおる

 

    こいのぼり  合同作品

 

      無題   合同作品

 

 

      私は誰でしょう  中村源一郎 

 

     無題  合同作品

      おに

 

        田舎  加藤隆雄

 

     仮面ライダー  西田 隼

 

     仮面ライダー(部分) 西田隼

 

    花とケーキ  山田良子

   花火   合同作品

 

    かがみもち あおぞら

 

    ヒョウ  鉤 吉智

 

    ダンプカー  西田尚弘

 

    黄金バット  

 

   ふくろう  江上利祐

 

    ぞう  中村春夫 

  

              トラック  西田尚弘

 

    きむらえり

 

    クリスマス   三村三智子

 

   きぼう  小島悠斗

 

   およぐめだか  中村高弘

 

   アンパンマン  遠藤優木

 

    小山田明宏

 

    森田靖子

 

   中嶋心愛

 

 

 

 

コメント

三月の詩(淀川浪漫紀行)

2019年02月21日 18時11分00秒 | 秋の俳句

 

                                 鼓と花  6号 水彩

    

          淀川浪漫紀行

  街道は京へ京へと天高し   惟之

  秋晴れや幟はためく船着場

  行く秋や鍵屋の古りし吊り太鼓

  くぐりゆく毛馬閘門の秋信号

  船着場釣瓶落しの八軒家

         誌上句会 兼題「冬将軍」または「退屈」(無季語)   

  退屈に炬燵の睡魔襲ひ来る  三枝子

  退屈を極めつくせず年の暮  まこと 

  退屈とは如何なることか十二月  洋子

  小春日や退屈の僧碁敵来る   秀子

  冬将軍しかと眉描き街に出る   美樹

  雲迅し冬将軍の峰みねに  みどり 

  冬将軍待ってましたとスキー場  祐枝女

  荒行の僧の道行く冬将軍  静風

  冬将軍鎧兜も脱ぎ捨てて  博女

  冬将軍猫が我が道行く如く  繁子

  冬将軍雑木の中に昼の月  千代

  冬将軍異国の山に寝てゐるか  古奈

  冬将軍佐渡を踏んづけ日の本へ  研二

  冬将軍靴音急ぎ通り過ぐ  初枝

  冬将軍朝刊ぽとり入る音  美枝

  冬将軍窓に張り付く湯治宿  恵子

  冬将軍来るなら来てみよ逃げはせぬ  捨弘

  聳え立つ摩崖を覆う冬将軍  惟之

  掘端のガス灯どっかと冬将軍  啓子

  退屈や木枯の声聞くばかり  朱實

       やまびこ(一月号の作品から)感銘・共鳴ーー私の好きな一句

  茨の実恥ぢらひほどに彩づけり  喜志子

  文机に柿あれば足る子規忌かな  爽見

  鰯雲川の消し去る独り言  繁子

  声尽くし命つくして夜夜の虫  玲子

  見舞文切手を選ぶ夜長かな  ともはる

  糸瓜忌やひとり足らざる草野球  素岳

  秋涼しペンの先より句が生まれ  近子

  病棟に一灯残る夜の長き  みどり

  秋霖や座敷童の気配して  洋子

  稲妻に浮かぶ高炉の巨影かな  良精

  肩すこしふれて離れて夕月夜  幸江

  ラムネ飲む昭和の音を転がして  喜美恵

  老人になり切れぬまま初さんま  久美子

  唐辛子魔女の爪にも劣らざる  素岳

  柚子一つ捥いで今宵も一人鍋  保子

  校庭の蛇口上向く運動会  幸子

  鳴き継ぎて千古の宮の法師蝉  惟之

  お話を聞きて寝る子や星月夜  文香

  今年米地震に遭し子のもとへ  照子

  敬老日靴紐ぎゆつとむすびをり  ひさ女

        俳誌 嵯峨野 三月号(通巻第572号)より

  

      

 

  

コメント

五人囃子の笛太鼓

2019年02月18日 20時22分26秒 | 写生会・展覧会

               五人囃子の笛と小鼓の雛人形

 ひな祭りを控え、室内写生会で五人囃子を描きました。余りのむずかしさにうまく描けませんでしたが、衣装の美しさや動きのある顔・手のシグサにも魅了されました。そして、この機会に五人囃子の役割(意味)を再認識できました。

 雛人形は内裏様とお姫様の結婚式を表していますが、結婚式のおめでたい席を音楽で盛り上げるのは五人囃子の役割です。五人は元服前の少年で、髪はおかっぱ頭で烏帽子を被っています。うたい方は一人、楽器方は大鼓、小鼓、笛、太鼓の四人です。     

  おかっぱの烏帽子の雛や美しく  惟之

      謡ひては笛を吹いては座り雛

      太鼓打つ雛の口もと一文字

      大鼓小鼓かたは立雛  

  平成はもうすぐ終りひいな描く

 

 作品1.2

 

  作品3,4

 

  作品5,6 牛車と御所車

 

  作品7,8 ガラスの小鳥

 

  作品8,9 ガラスの小鳥とティセット

 

 

 

   写生風景1

 

  写生風景2

 

コメント

田上郷土史料館

2019年02月01日 07時36分07秒 | 春の俳句

           田上郷土史料館収蔵庫の大八車の車輪  

   高度成長期の時代の変化の中で、郷土の文化を担ってた道具類が廃棄物として消えてゆくことに地元の二人が危機感を持ちます。そして二人は、これらを何とか後世に残せないかと活動を始めます。はじめは奇異に見ていた地域の人々も、共感し活動を応援しようと動きだします。ことことがきっかけとなり「田上郷土史料館」が開設されました(昭和42年)。懇切にご説明いただきました真光寺の東郷正文氏に感謝申し上げます。大津歴史博物館 企画展「田上でぬぐい」-暮らしと文化ー参照。  

  春日背に二輪で訪る史料館  惟之

  大八の車輪五つ六つ春の塵

  菜種打つ床几台吊る蔵の内  

  五つ玉の大津そろばん春はじく

  ネズミ捕り形いろいろ春の窓

  春塵の鞍に積もりて牛の声

  田上の拾六勝や冴え返る

  樵歌聞こふ春山六個山

  黒津橋わたる耕牛画と詩に

  大日湾の五言絶句や蛍の火

  不動寺の晩鐘ひびく秋の夕

  驟雨して天神川を子ら帰る

  歯車のハンドル廻し田水汲む

  吊るし柿馳走になりて太鼓楼

  境内に西鶴の碑や春隣

  担ぎたる消防ポンプ火の用心   

 

 田上郷土資料館収蔵所

 菜種取りの床几 床几の下に布を敷き、木槌で叩き、菜種を落とす

  井戸水汲みの滑車と肩担ぎが付いた消防ポンプ

  積み上げられた風呂

 

  民具一式

   足踏み式の脱穀機 踏み込むとカラカラ回りました。

  牛の鞍と藁の合羽  牛の声が聞こえてきそう

 牛の背に吊り下げた藁袋

  餅つきの木臼  石臼は移動が大変だが、木臼はし易い。

  柿渋の絞り機  渋柿の実から採取した液は木や麻・紙などに塗り防水・防腐用とします。

  台所の大かまど一式

  ずらりと並ぶ田草とり

  真光寺境内の別館へ

 井原西鶴 武家物語の碑  

   田上郷土史料館の建築概要

  田水汲み取り機 川から田水を汲み取る際に使われた機器

  糸ノべ車  綿に撚り(ねじり)をかけて、糸を紡ぐための道具

 分銅。秤などで量るものの基準となるおもり。天秤に使用した。鉄や真鍮などの金属製

  ねずみ取り

  五玉の大津算盤

 蠅とり機 蜂蜜を塗った木製の回転板に止まった蠅が手前の金網に捕集される。

 山本粟斎詩・梅田鉄城画の田上拾六勝  明治29年(1896年)

 狛坂摩崖仏の40年程前写真。現在ではシミや苔での汚れがあり、貴重な写真と思える。
  

 

 

 

 

 

 

コメント

二月の詩(阿闍梨)

2019年01月23日 17時23分29秒 | 秋の俳句

 

                                      プラムとパン 8号 水彩

   阿 闍 梨

 鬼灯の笑福門や深大寺    惟之

 秋日和阿闍梨と歩む比叡山

 萩散りて蒔絵の彩を重ねをり

 秋の田を無残に覆う土砂崩れ

 廃寺の心礎に窪み十三夜

   誌上句会 兼題「綿虫」

 特選 

 軒先に舞ふ大綿や山日和  敏子

 綿虫の綿透く空の青さかな  梟子

 山国の暮色急なり大綿とぶ  篤子

 富士見えて綿虫どこまで付いて来る  洋子

 綿虫の群れを突き切り摩周湖へ  章代

 秀作

 綿虫の漂ふ渓の道長し  近子

 綿虫や備前の山の皆ましろ  紀久子

 綿虫や忍者隠れも杉木立  奈緒世

 綿虫や山の分校灯の入りて  洋子

 綿虫の光となつて舞ふ日暮れ  佳子

 綿虫や旅路の果ても風まかせ  泰行

 儚きや我と綿虫似てゐたり  捨弘

 綿虫や舟へと急ぐ遊歩道  加代子

 綿虫や晶子の歌碑は川向かふ  ひさ子

 葬列の後先になり雪蛍  まこと

 綿虫や修行大師の錫杖に  恵子

 綿虫やつかみどころのなき話  博女

 綿虫や村の真中の駐在所  睦美

 綿虫や野地蔵につこり座し給ふ  美枝

 綿虫のふはり降り立つ無人駅  万智子

 廃校の窓辺に集ふ雪蛍  須美子

 綿虫の飛ぶさま我の歩くさま  敦子

 綿虫や千姫眠る伝通院  基雲

 綿虫や心重たき日にありて  懋

 綿虫を払ひ今夜のレシピ決め  秀子

 

 

コメント

源内峠製鉄遺跡

2019年01月23日 15時59分29秒 | その他

e

          源内峠製鉄遺跡の復元の4号炉と1号炉(大津市瀬田南大菅町)

 大津市瀬田丘陵の中央付近にある源内峠製鉄遺跡に行ってきました。身近な瀬田丘陵にこのような大津宮からの国家的な製鉄遺跡があったことに驚きました。40年ほどまえ地元の小学生が見つけた鉄滓石が遺跡の発見につながったようです。

源内峠製鉄遺跡は出土土器の年代から大津宮の造営や続く藤原京、平城京の造営と密接な関係があるといわれています。瀬田丘陵の近くには鉄鉱石の鉱床があり、製鉄に不可欠な燃料となる森林資源も豊富。また、瀬田川を使った水運により、たやすく製品を運ぶことができました。製鉄炉の周辺で5tを超える鉄滓が確認され、この地域で国家的な規模の鉄生産が行われていました。

   石居橋ー芝原町ー波穂神社ー源内峠ー製鉄遺跡ー源内峠ー波穂神社ー石居橋

  春浅き製鉄遺跡の鉄滓

 

石居橋から大戸川の上流と湖南アルプスを望む

竹林を芝原町へ

 上田上芝原町の家並み

波穂神社まえ

神社近くに駐輪

 

 獣道をゆく

 

 

 源内道案内 瀬田丘陵の中では残された数少ない歴史的遺産の一つで、源内峠は信楽と大津、京都を結ぶ唯一の重要な道路でした。飛鳥、平安初期まで、この源内峠付近で製鉄遺跡があり、平成17年に国の史跡指定となりました。

1号製鉄炉の復元炉

 燃え上がる炉内と流出滓(手前)

 鉱山房小屋

 小屋に展示された製鉄炉の復元作業の写真

  復元写真2

 波穂神社拝殿

 大戸川と湖南アルプス

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

湖岸の初景色

2019年01月14日 20時24分32秒 | 冬の俳句

 

            タグボートの向こうは大津港マリーナ  

 新春の書道展会場の大津市歴史博物館へ湖岸をサイクリング。初春の景色にジョギング、散歩、凧揚げなどの人達やゆりかもめ、鴨、かいつぶり、群鳩との出会いがありました。

    群立の帆柱そめる初明かり    惟之

    比良望む水上消防出初式

    素潜りの名人なりしかいつぶり

    次々に飛び来て並ぶゆりかもめ

    群鳩の仲睦まじき日向ぼこ

    逆光の冬日波打つ湖岸かな

    タグボート新装なりし三日かな 

    きらきらと光る湖面や魞を挿す                    

 

逆光の湖面にあそぶ鴨の群れ  

 

次々に飛び来るゆりかもめ      

膳所公園東の舟溜り

鳩の群れ

鴨の群れと比叡・比良の山並み

大津市水上警察署

消防艇

大津港

新装されたビアンカ

大津港マリーナ

 観音寺近くの琵琶湖疎水の入江

 

 

 

             

コメント

洋酒ボトルと花器

2019年01月12日 09時41分01秒 | 写生会・展覧会

              初描きの作品(草津町つくりセンター)

 湖水会の初描きは洋酒ボトルとガラス花瓶が画材となりました。洋酒は高級なスコッチ・ブランデー・ウオッカなど未開封のボトル。花瓶は様々な形のガラス製。余り描きなれない画材で、個性あふれる作品が並びました。提供いただいた三浦さんに感謝。

   描き初め洋酒ボトルはナポレオン   惟之

   三原色これが基本と初絵描く人

   春十日晴れて源二の慰労会   

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント