nauhts の山歩き記

【アルバム代わりの写真がメインです。】
オンマウスでコメント表示、クリックでオリジナル画像が開きます。

大 渚 山 (1569m) ②  - 雨飾高原 手前 -

2017年04月28日 | 上信越
2017年4月28日(金)
明日からGWへ突入、その前の好天気の平日、お出掛けしないのは勿体ない。
「火打山」を計画していたが、登山口への県道の冬季閉鎖解除が今日の午前10~11時頃だという。
この時間からでは日帰りは無理なので、昨日登山口まで開通した「白馬岳」なら朝一で入れる。
他に、先週行ったばかりの「乗鞍岳」も、明日から春山バスの運行が始まるので検討に値する。

しかし今朝は寒気団来襲で平地でも霜が降りるほど、3000m級の山はガチガチに凍るだろう。
ということで標高の低いところで雪がありそうな、大渚山に決定。
前回は小谷温泉から登ったが、最近は手前の大草連(おおぞうれ)から登る人が多いというので、
ここを目指し、偵察の結果によっては、小谷温泉か雨飾荘から蒲池を経由して登ることにする。

04時35分、自宅出発。地蔵峠越え、 早朝無料の日高トンネル経由、148号~県道114号。
6時頃の小谷村の道路標示では0℃、アメダス県内30ヶ所の内、半分が氷点下になったようである。
高地坂下バス停先より左折、つづら折れの坂を約2km登り、大草連集落終点、6時30分着。約101km。
特に駐車スペースはなく、路肩に数台停まる程度で、シーズン中なら早めに到着しないと停められない。

登山道はなく若干の雪が残るもののルートは不明、初めての残雪期の登山は無理と諦め、小谷温泉へ向かう。
小谷温泉からも出だしは雪が無く、前回登っているので先に雨飾高原の方を偵察して来ることに。
雨飾荘までは道路は開通しているが、その先はまだ除雪もしてなく通れない。
当然、笹ヶ峰へ抜ける林道は通行不能。 ここから歩いて登るか迷ったが、小谷温泉へ戻ることに。

戻る途中、除雪された駐車スペースがあり、人が入った形跡を発見。 ここから登ってみることにした。
最初から雪で覆われているので、先日の乗鞍岳でのハードブーツが意外と簡単に登れたので、
ショートスキー110と組み合わせて準備をする。 ワカン・アイゼン持参、7時10分スタート。
下りのルートを見失わないように周りをチェックしながら45分ほど登り、鎌池は帰りに寄るとして進む。

やがて雪に覆われた林道へ突き当り、フラットな道を15分ほど歩くと湯峠に到着。路駐から約1時間20分。
ここで飲水しながら小休止。今日は娘の誕生日なので、おめでとうメールを打つが、圏外で送信出来ず。
ここから少し本格的な山登り。ハードブーツの効果があり、壺足のまま小ピークを越え、最大の急斜面の掛かる。
流石に危険を感じ、ここでアイゼン装着。 雪庇もあり急坂とでルート取りを考えながら上を目指す。

最大の急斜面を越えると、アイゼンが雪団子になるので外して、再び壺足で登る。
見通しの良いところまで来て、娘へのメールを再送信。 今度はアンテナが2本立ち、送信完了。
前回はそれほど感じなかったが、今回は意外と登りがきつく感じながらも、3時間弱で頂上へ登頂。
地図上では避難小屋がある西峰が大渚山となっているが、東峰の方が標高が3mほど高い。

 大草連 ~ 雨飾高原
 雨飾高原 路駐 ~ 湯峠
 湯峠 ~ 大渚山 東峰
 

 

誰もいない、360°の眺望に大満足。休憩と記念撮影で20分ほど過ごし、スキー板を履き西峰を偵察に。
避難小屋は雪の下に埋もれて全く見えない。 大草連への尾根を下って登り返すつもりで移動。
下を見ると、快適に下れそうな斜面だが、反面、登り返しがきつそう。
急に気力が萎え、東斜面の小谷温泉へのスロープを下り登り返すことにして更に移動。

小谷温泉側からは谷を越えないと戻れず、下まで降りると県道を歩いて戻らなければならない。
急坂と雪庇の位置まで来ると、下に湯峠と林道が見えて来る。
今からなら鎌池に寄っても、昼までに車に戻り昼食が出来るかなと、頭の隅に思い浮かぶ。
こうなると、きつい登り返しが嫌になり、登って来たルートを滑降しながら下山することに。

小ピークで一旦板を脱ぎ担ぎ上げ、再び装着して湯峠まで下り、フラットな林道を板を着けたまま鎌池まで歩く。
鎌池はまだ雪に覆われているが、一部から雪解けが始まり水面も見え始め、周りの木々も芽吹き始めている。
下山に向かって適当に進み、何とかルートを探しながら、最後の緩斜面を気持ち良く滑り降り、車へ戻る。
片付けをしながら、今日はインスタントラーメンで昼食を済ませ、帰路は有料の日高トンネルは避け、旧道から帰宅。

 大渚山 ~ 湯峠 ~ 鎌池
 鎌池 ~ 雨飾高原 ~ 帰路

 

    (右下のボタンで全面表示のスライドショー)

 

04:35 自宅出発   地蔵峠~日高トンネル経由
06:30 大草連 着   約101km

07:10 雨飾高原方面を偵察後、路駐 約109km  準備を済ませてスタート
07:55 鎌池横を通過
08:30 湯峠     10分ほど休憩
10:05 大渚山 東峰  【路駐から約2時間55分】  20分ほど休憩
10:35 大渚山 西峰
11:10 湯峠
11:25 鎌池
11:50 無事下山   車へ戻り昼食   【往復 約4時間45分】

12:40 帰宅へ向け出発
15:00 無事帰宅   旧道~地蔵峠経由  帰路約106km

『長野県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 乗 鞍 岳(3026m) ⑥  -春... | トップ | 火 打 山(2462m) ⑧ ~ 黒沢... »

コメントを投稿

上信越」カテゴリの最新記事