nauhts の山歩き記

【アルバム代わりの写真がメインです。】
オンマウスでコメント表示、クリックでオリジナル画像が開きます。

谷川岳馬蹄形縦走 ② (白毛門 → 左回り →西黒尾根)

2016年10月07日 | 上信越
2016年10月7日(金)
最近はスカッと晴れて好天気になる日が非常に少なく、連日曇りがちの日が多い。
里は晴れていても、山の方には雲が掛かっており、お泊りは勿論、日帰り登山も厳しい日が続いていた。
台風18号一過で昨日~今日と晴れる予報だったが、昨日は雲が多く、お出掛けは見合わせていた。
スカッと晴れるのは今日だけで、明日からの三連休の天気は再び芳しくないようだ。

今年の6月に登った鋸岳から見た、八丁尾根から甲斐駒ヶ岳も歩いてみたいし、
昨年歩いた谷川岳馬蹄形縦走の逆回りと、どちらも強行日帰りでかなり厳しい行程で迷った。
本来はテントか避難小屋での一泊で予定していたものだが、好天気が続かないので、決行することに。
歳と体力を考えると、20km・10時間を超えるような山歩きは、もう控えた方が良いだろう。

最近は陽が短くなって来ているので、13時間の行程ではヘッ電が必要になる。
明るくなった5時半スタートの予定をするが、早く目が覚めたので、早めに自宅出発。
現地4時40分、まだ真っ暗。 既に車が10数台停まっており、出発準備をしている間にも、
次から次へと車がやって来る。 準備を済ませ予定より40分早く、ヘッ電を点けてスタート。

最初からかなりの急登、昨年もヘッ電での下りだったので、この辺の景色はまだ見たことがない。
10分もすると汗ばみ、上着を脱ぎシャツ1枚と半指グローブに交換。 30分ほどでヘッ電消灯。
明るんで来ると谷川岳方面の稜線はガスで覆われており全く見えない。日中の好天を期待して登る。
1時間40分ほど、松ノ木沢の頭まで登ると眺望が開けるが、谷川岳稜線のガスは一向に晴れない。

ここまで上がると稜線上は、北からの寒風が吹き晒している。
外気温10℃前後ながら、10m/S以上吹いているので、体感温度は0℃ぐらい。
東側に沿った登山道では風が遮られ、太陽の直射も当たり、体感温度は20℃ぐらいで、温度差が激しい。
着たり脱いだり、忙しい。

白毛門方面も頂上付近もガスに覆われ見えないが、薄日が当たる部分の紅葉が美しい。
最悪ガスが晴れなければ引き返すか、朝日岳の後、清水峠から下山することにし、先へ向かう。
やがて時折ガスが流れて青空も見えるようになって来たので、回復するだろう。
白毛門、笠ヶ岳、を通過し、4時間ほどで朝日岳。 若干残っているが、ガスは殆ど晴れた。

暫し眺望を楽しんだ後、清水峠へ向けて下る。 昨年の登りはきつかったが、下りも結構きつい。
1時間20分ほどで清水峠。 避難小屋に入り、早めの昼食休憩。 好天気になったので、縦走継続。
15分休憩後、後半戦へ。 とはいえ、まだ半分も来ていないので、先が思いやられる。
七つ小屋山から蓬峠までは山歩きが楽しめる絶好のコース。 逆光なので写真撮影が難しい。

蓬峠から武能岳への登りもきついが、茂倉岳へ向かう下りと登り返しがかなりきつい。
ここで体力を大分使い果たし、茂倉岳避難小屋へ逃げ込み泊りたいと思ったほど。
しかし財布、寝袋一式を持っていないし、明日は天気が崩れる予報なので、頑張って下山することに。
もう歩き出して9時間を超えている。 残りの下りを4時間ほどで下りられるだろうか。

一ノ倉岳を過ぎ、谷川岳オキの耳までが意外と長く感じ、ここでもかなりタイムオーバー。
オキの耳で写真撮影を済ませ、トマの耳に向かう。 体力の限界を感じ、暫し休憩。
これから下る西黒尾根もかなりきつい。2時間半ぐらいで下らないと暗くなってしまうだろう。
脚にかなり来ているので、岩場の下りでスピードが上がらず、暫し立ち止まりの小休止。

ラクダの背からの下りがかなり長く感じ、西黒尾根登山口へ降りたのは、薄明りギリギリの17時半過ぎ。
登山指導センター前の水場で顔と手を洗いサッパリし、車道を駐車場まで、スタートから13時間で戻る。
コースタイム17時間45分、x0.73なら上出来だろう。 約45800歩、思ったより多かった。
帰り支度を整え、来た道と同じ道を戻り、20時15分、無事帰宅。  トータル:17時間25分。

    (右下のボタンで全面表示のスライドショー)

 土合橋駐車場~松ノ木沢の頭~白毛門
 白毛門~笠ヶ岳~朝日岳
 朝日岳~ジャンクションピーク~清水峠

 清水峠~七つ小屋山~蓬峠~武能岳
 武能岳~茂倉岳~一の倉沢岳~谷川岳
 谷川岳~西黒尾根~土合橋駐車場

 

02:40 自宅出発              満天の星空に好天気が期待される
04:40 土合橋駐車場着(685m)    約117km  途中、長野原の道路標示8℃

04:50 準備を済ませ、真っ暗な中をヘッ電を点けてスタート
06:30 松ノ木沢の頭(1484m)     ここの登りが意外ときつい
07:05 白毛門(1720m)         稜線のガスが気になるが、周りの紅葉が美しい
07:50 笠ヶ岳(1852m)         ガスが晴れたり掛かったり
08:50 朝日岳(1945m)        ガスが消え始め眺望が楽しめる
09:15 ジャンクションピーク(1931m)
10:20 清水峠(1450m)        約16900歩    【スタートから約5時間30分】

10:35 避難小屋で昼食休憩後、後半戦へ向けてスタート
11:20 七つ小屋山(1674m)
11:55 蓬峠(1529m)          ここのテン場で泊ってみたい
12:40 武能岳(1759m)
14:10 茂倉岳(1978m)        体力の限界を感じるが、頑張って下山することに
14:30 一ノ倉沢岳(1974m)
15:15 谷川岳 オキの耳(1977m)
15:25 谷川岳 トマの耳(1963m)
16:20 ラクダの背(1515m)      西黒尾根を下る
17:35 西黒尾根登山口(801m)
17:50 土合橋駐車場(685m)     車道を戻る   約45800歩 【縦走:約13時間】

18:00 帰り支度をし帰宅へ
20:15 行きと同じ道を戻り、無事帰宅           【トータル:17時間25分】

『群馬県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三壁山(1974m) ~ 大高山(2... | トップ | 餓鬼岳(2674m)②  -... »

コメントを投稿

上信越」カテゴリの最新記事