カンボジア日記  ゆめきの日々

カンボジアの情報と、世俗・慣習・文化
等も少し入った文章にしようとしています

ご期待の下さい

analyst of foreginer ?

2018-02-12 19:29:38 | 日本国内にはない記述
※カンボジア日記を検索したら、日本海大家さんのブログにくっつきまして「カンボジアの事実婚」についての説明がありまして、カンボジアの安全情報についてもブログがくっついていたので、同2点についてご説明記述をしようと思いましたら、カンボジアの新聞に外国人アナリストによるフンセン独裁政権者の健康問題指摘は誤りだと言う記事が掲載されましたので、検証しながら3つについて記述します。

ですが、外国人アナリスト??・・・analyst of foreginer?
foreginer analyst of cambodia port political professional・・・こっちの表現のほうがかっこいい(笑)

★だけど、私以外は「フンセン総理の健康問題提起をしていない」ので私のブログに反応したと言う事だが、日記投稿で2日後には体調不安説を払拭する記事がカンボジア国内新聞に掲載されたから、すばやい反応に感心しますし、可逆的思考をするとある意味相当深刻な体調だと言う事で、記事の物故に関する期間については訂正をします。

物故までの期間を更に短縮しまして、3ヶ月から1年以内に「土にうずもれる」事にします。
理由
体調に問題なければ、激痩せに対する内容の説明をして体調不安払拭をするのが明確なメッセージとなりますけど、激痩せに対する内容を棚上げしただけで体調不安の全てを否定するのですから相当怪しい話しと思うのが当たり前だし、60才を過ぎた人物が痩せる要因は「癌細胞」に侵されたときだけしか考えられない。

フンセン総理の体調不安については、2017年度の11/12-2018-1月程度から注視していまして、記述開始まで3つの要素確認をした結果ですので「あて推量」で記述したのではありません。
しかも、記述に際しては「本人の資力で寿命を延ばすことが可能」という世界の医療常識を考慮しているので、単に痩せる道筋では記述してはいません。
例えば、肺がんには「相当効力のある薬」があるので肺がんに冒されても対処方が確立されていると解釈していますし、フンセン総理は1年に一度シンガポールで人間ドックに入り検査しているので大概の癌は検査で発見されるはずです。
しかし、重要な臓器ですい臓の癌では小さな場合には「検査」をすり抜けて発見できない場合があり、進行速度が速いので対処療法しか無い場合がありまして、しかも大金の支払いでも有効な薬がありません。
日本の全身癌を宣言したタレントさんですが、資力があるので癌の薬を購入して服用しているらしく長期に生存していますけど、体調不良と激痩せは避けられませんので一般論では常時観察できる立場の人が見ると判別可能です。

2016-2018年の足掛け3年間で、15-20kg以上は痩せていますから体調に影響しているはずです。
(100kgの人が20kg痩せる場合と、80kgの人が20kg痩せる場合では異なる基準が必要ですし、年齢が60過ぎの人が急激に体重減少する場合には別な要素があるとの思考です)

此の後に公表される写真その他には以前の映像もあるはずですから、必ず出席するはずと思える「催事」での映像からと写真で判断すべきです。

★カンボジアの報道は、現政権に忠実な報道の台本によって報道内容が組み立てられるのがありますから、
新聞の写真には昔の写真をすげかえて記載していますし、フンマネットの若い時の写真を掲載して「軍の指揮官」と言う表現で自己中心的改竄内容で新聞に掲載されてますから、インチキの極みです。

フンマネットは、2016年にはRCAFの★三つ将軍様の時に自ら「制服を脱ぐ」と宣言して辞職していますので、もし此の時に家族に対して癌の宣告がされていたとするなら、現状のフンセン総理の激痩せが理屈的に合致しまして、癌侵攻速度と共に体調に現れてきたと思慮できます。

私には、3つの確認事項がありいずれも体調不良が確認できましたけど、理由を明らかにすると問題が提起されるので明確化できません。


私は物故までの期限を勝手に推測しまして、現在は3ヶ月から3年以内程度と勝手に判断していますが、委細については相当の確度で判断できる材料を入手し、1ヶ月以内に此処に記述しますけど、カンボジア国内の政治に携わる人々では相当数の人々に知れ渡っている事実と思う。

なお、内務大臣ソーケィンがCNRMの組織をテロリストと認定してますので、更にサムレンシーが選挙に出る事は難しくなっていますので、VOAも日本も「SRUN IM」の神輿を担いで仲良くしたいものです。
英語圏の貴方様にも支持して欲しいです。

イオンの人々へ
フンセン独裁政権様ですが、相当前から癌だとすると「痩せが始まり」は末期的な癌の領域ですから、日本からの販売品搬入手続きは「消極的対応」で様子を伺いながら遅延主義採用で進めるのがよいでしょうね。






まずカンボジアの安全情報から

日本人会の佐竹とかニニョムと関係すると、必ず被害に被害にあうだけでなく被害の届け出先がありません。
これは、日本人会で「劇場型詐欺の輩」ですから、関係すると情報が筒抜けになり「ベトナム人門閥の犯罪集団」に襲われる事になりまして、日本人強盗殺人事件とか詐欺に遭い責任の追及でゴタゴタすると、佐竹とニニョムが当該人物をおびき出し、車でハネラレテ殺害されまして「死人にクチナシ」で自己で届け出できませんから、遺体を片付けられて闇に葬られます。
此の手口、過去に何度もあったので新規の台本では「日本人がバイクでバイクをブツケタ交通事故で死亡」という漫画の発表がカンボジア国内新聞にありましたけど、カンボジアのプノンペンで大酒を飲んで夜中に逆送してバイク同士がブツカリ即死という話しですから、滅茶苦茶ヲ通り越した漫画の話しです。
昔から、此の地区では「外国人が車に撥ね飛ばされた殺害」事件が沢山ありまして、昼間に殺害されても夜中の事件として新聞に出るのですから、カンボジア警察官の信用度は皆無です。
なお、犯人未逮捕の暗殺事件に関して言うと、全部が警察官関与の事件として認識していますが、実行するのはベトナム人門閥から指令を受ける人物でして、大概の場合他の人々に対する被害回避で事前に色々な事が起きますから、ある意味予告殺人でベトナム人門閥の力量誇示という示威言動ですが、政権が倒幕すると【関与した家族と姻戚筋】全てに累が及ぶので、大概の警察官は関与に消極的です。
ですから、一度でも指令を出すと「生涯の借り」を創ることになりまして、指令全部の返済には相当期間がかかりまして、フンセン総理独自では「数限りないベトナム人優遇」で今でも返済中なのですが、下の方がやると「相当危険」と表裏一体であり佐竹は何処に行くのか?

更に、トヨタに勤務してたのか?
火をつける話しで、何ぼにしたん?
お毎・・・イクスエ、楽しみに震災。
ぞそろそろ、頃合的に夜出歩くと「恐ろしいかもしれんな」。
意味は、佐竹よりお前が咲きだけど、日本に戻っても日本人強盗殺人事件とかトヨタ火災事件では証拠がカンボジアにあるので、日本に戻ると「逮捕」され身柄がカンボジアに戻されて私刑かも知らん。
日本人強盗殺害犯人未逮捕だったが、後からタイに逃亡中で身柄がカンボジアに戻されて新聞に犯人と写真は載っても裁判記録はどこにあるんだぁー?

タイもカンボジアも、不逮捕特権所持者と不逮捕特権付与者が多数だから「犯罪で逮捕されるのは稀」なのだが、現状はどうにもならん。




カンボジア大型乗り合いバスについて

今でも、食事或いは飲み水を無料で受け取り、飲み干す人がいます。
白人ですと、バス会社提供の水を受け取っても大概は飲まずにいまして、理由は事前に自己が用意した水だけを飲むと言う人達だけであり、食事休憩場所では「食べずに我慢」している人たちが当たり前ですので、説明をします。

以前から外国人に親切で飲み水を差し出したり、サンドイッチを差し出したり食べ物を奢る現地人が多数いますが、私自身は出されたものを食べたり飲んだりした事は皆無です。
・・・・零です・・・・
一度たりとも口にした事も無く、全て「NO,tank,s and or オッテェ(嫌)としか返事をしたことが無く、差し出されて「喫食」経験零ですが、レストランでは一人でも食べます。
ただし、カンボジアのレストランにはベトナム人の労働者が多数いますから、ある程度人種その他を判断してからレストランで食べたり食べなかったりです。

★理由
カンボジアでは、外国人から物を盗む話しが一般的に会話されていまして、水の中に「強烈な催眠剤混入と食べ物に混入させる手口」が一般的に行われている手法でして、バックパッカーでも受け取り口にするのがありますし、相当期間此処で記述しても「在カンボジア日本大使館」に盗まれたと駆け込んでくる人がいますので、
知ったかバックパッカーの代表事例みたいなものです。
外国で差し出された飲食物を口にするのは阿呆の鏡と言えますけど、一方では過度に警戒して会話にもならないし外から見える範囲に荷物を飾り付けている日本人バックパッカーも沢山見かけますから、カンボジアの貧困地域ですと単なるカモにしか見えません。


事実婚

日本海大家さんが事実婚について説明していますから、私からも委細について記述

カンボジアでは、事実婚と婚姻届け出による婚姻とがありまして、いずれにしても婚姻と言う事実はあります。
書面で提出しても、家庭を成立させるには金員が必要ですから婚姻にはお金の介在で用が足りまして、事実婚の場合には子は女性側が引き取る形式がタイでもカンボジアでも一般的です。
此の場合、書面を提出して婚姻が成立していても、自己都合で婚姻を解消する場合には子を女性側が引き取るのが当たり前ですけど、育児と子育てに教育を自己満足させるには継続してお金と言うか養育費を支払えば「婚姻継続」の意思表示となります。
ですから、此の場合には「随時」面会が可能ですので、子を何人も作る人は多数です。
ただ、お金はかかりますので、現在(2018年)ですと月間us600$/per month 程度が継続支払い金額ですが、子が生まれたら更にお金が必要です。

※事実婚をうまく成立させる方法
私の場合
タイでミャンマー人と事実婚を継続させた事がありますけど、常に妻には家族に送金として別途支払いをしていまして、当事のお金でus50$/per month 程度を渡してました。
額が少ないのですが、継続して別途渡していますし、生計費の中からもいくらか渡しているはずなので月間us100$程度の送金金額だったと思いますが、ともかく継続して支払いをしていました。

タイでタイ人との事実婚
私の場合ですが、此の場合も家族にお金を渡すように言いまして、自らお金を渡したことがあります。
いずれの場合も、家族にお金を渡す事で生活の潤滑油というか付き合いが良くなりますので、多すぎず少なすぎずの金額が良い筈です。

カンボジアの場合には、多分us100$程度を両親に毎月渡すようにすれば評価は上がりまして婚姻がうまくいくはずですが、別れる場合には継続して生活費を生む手段の構築が必要で、此の場合には「商売の道筋を段取りできる金額」を一括して贈与するという事になりますから、先に資金を支払って仕事を段取りさせて生活費にするということも可能です。
いずれの場合も、事実婚なので「子供が出来たら直ちに考慮」するのが、当たり前と思います。

事実婚の国では、「no money, no honey」と言う格言がありますので貧乏人は生涯独身であり、貧しき男子が婚姻するなら事実婚ではなく「書面での正式婚姻」をするのが当たり前です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フンセン独裁政権様は病気です

2018-02-10 13:37:32 | 日本国内にはない記述
訂正とお詫びから

khmer・・・クマゥ/クマェが正しい英語表記ですので、前文の表記は間違いです。ペコリ


南朝鮮の文様と話し合いた阿部総理ですが、意味があるのでしょうか?
アジア的な狡すっからい中国発の日本的外交は、意味の無い単なる仕事をしている素振りにしか考えられないので、全面的にアメリカ盲目的追従政策で北朝鮮から核の脅威を軍事力で潰せばいいと思うが、文様は大反対するので「最初から列外」とするが、安部総理に度胸が無いのから・・・派閥内でも反対者が居るからねー。
衆参同時選挙で国民に審を問うのが早道だけど、直ちに実行を頼みたい。


カンボジア

劇痩せのフンセン独裁政権者ですが、更に見ると「異常」な劇痩せでしたから、年齢から感じれば単なる病気と判断するのが「all kollect(collect)」?
一体何の病気と思いますが、現実には公表されないし絶対に認めないのですから、私が勝手に腫瘍にマトワリ疲れた「脊椎間狭窄症」としますけれど、此処にすい臓癌の腫瘍が発見されたので、しぶといフンセン独裁政権様でも5年以内に「物故」する。

※勝手な独断と偏見による判断ですので、物故はお陀仏に変換しても可とします・・・或いは、【お前は既に死んでいる】。

問題は此の後
現政権の総理大臣が消えるのですから、覇者を目指す誰かが「手を上げる」のですが、事は簡単には行きません。
フンセン独裁政権様は、独裁になる前から「慎重に石橋を叩く舵取り」をしていまして、故シアヌーク国王を影では蔑にしながら表では敬う仕草をしたり、ともかく陽と陰を巧みに
使い分けながら政権を維持してましたけれど、チアシムがフンセン総理の舵取りを鷹揚に認めてましたので、フンセン政権が継続したのです。
しかし、チアシムが亡くなると家族に対しては葬儀終了を境に無縁の可逆的対応をしましたから、改めてカンボジア流の対応を感じまして、意味するところは「既に家族とは立場が異なる」を強調したのだと思います。

同様の対応を色々な場で使い分けながら行っていまして、内務大臣ソーケィンが新交通法で違反者に対して高額罰金を打ち出しまたら批判が出た瞬間に、フンセン総理から罰金が高額すぎると言う「話しが」出まして、ソーケィンがモタモタ対応したら「鶴の一声」で新交通法がオジャンになりました。
しかし、ソーケィンは何とか対面を保とうとした代案でバイクが駄目なら車の罰金に増額した案を適用し、自己配下の警察官を交通警察官に付き添わせて罰金を徴収し内務省の資金源にしましたら、フンセン総理とは「表裏一体の冷たい関係」になりまして、シモハニ国王の誕生に行われたフンセン総理の催事にソーケィンが勝手に馳せ参じて、フンセン総理が嫌々ながらソーケィン夫婦の紹介をしたのです。
当然、カンボジア赤十字に関する資金供与では、内務省からの資金喜捨が30-60万米ドル程度まで跳ね上がりまして、フンセン総理の嫁さんは満面笑みで本人も笑みです。
フンセン総理は、物をもらうときは「揉み手で近づく」のが特徴でして、此の人嬉しい時には「満面の笑み」もいつものパターン。

パズルが解けません。
ソーケィンは、フンセン総理に叩かれているのでベトナム人の監視対象者になりまして、隙があれば「殺害される可能性がある」ので、本人が出歩く時は小隊規模の護衛が事前に配備されます。
彼の手勢というか直轄警察官は、最大中隊規模ですから総数200名程度ですので、他の軍事勢力より装備は落ちまして正面から戦うには無理があり、軍事的には手を上げたら直ちに鎮圧可能な勢力です。
すると、軍?
軍は、防衛大臣がベトナム人で、下がクマエですけどその下はベトナム人が配置されているし、RCAFはプノンペン担当者はベトナム人なので軍が一人の支配で行動できない仕組みが構築されてまして、中国人は中々動きませんから「動く可能性はベトナム人」ですが、とりあえず知らん振りして自己管轄で金儲けに勤しむであろうと思います。

カンボジアから離れた日本なので此の程度しか書けませんが、フンセン独裁政権様が20年以上かけて作り上げた独裁政パズルですから、一朝一夕で解ける内容ではありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

故シアヌーク国王の採用模倣手段

2018-02-09 13:58:48 | 日本国内にはない記述
カンボジアは、今年2度目の正月です。

カンボジアには年間三回の正月がありまして、international-new-year chinese-new-year chmer-new-year です。
【新年快楽】中国語表現
2月は中国人正月(ジョウチュナム・チャン=正月中国又は中国人というクメール語表現)
お断り
クメール語という表現は日本語の表現で、世界的にはkhmer(クマェ)と言う表現が共通呼称です。
カンボジア王室に繋がる人物名で「ラナリット殿下」と言う表現もありますが、世界共通呼称名は「ナラリッダァダ ranariddha」ですので、毛沢東(モウタクトウ=マーツェントン)・スーキー(アウンサウン・スーチー/スーチー)と表現するのと同一の日本語呼称名ですから、一度は英語表現の呼称名をご確認ください。

※委細は、過去の記述に説明があります。


ミャンマー
ミャンマーでは、現政権の覇者スーキー氏が日本から援助を受け取りましたら、イスラム教の少数派ロヒン・キャの指導者で第二位に位置する人物が殺害されました。
同人物は現場を指揮していた人物でしたが、段取り良く殺害されて【犯人未逮捕】ですから、スーキーという人物はイギリスに対して恩を仇で返した事になりましたが、此の後も同様の話が何度も起きますと不用の人物と言う判定が下されまして政権が転覆するかもしれません。

イスラム教ロヒン・キャについて
総人数は不明ですが、自己民族を主張する人々は100万人程度と推測されてまして、人種融合の消極的主張の人々は200-300万人程度と予測されてますから、ミャンマーの人口比率からだと3-5%程度の人口比率と思います。
タイにも多数の人々が出稼ぎに来ていますから、タイ中小経営者はミャンマー人の動向に敏感です。


カンボジア

フンセン独裁政権様は、長男フンマネットの言動を諌める意味で「言動自粛」を父親のフンセンから直接言い渡されたはずですが、判断については私の独断と偏見で決定していますので委細は不明なはずでも、あらゆる状況から同結論に至りましたので間違いは無いはずです。
ですから、取り巻き人員は「厳しい規制」結論が言い渡されたはずですけど、何故なのか?

取り巻きは、日本からの援助確定情報を事前にフンセン独裁様に伝える事で「歓喜処遇」を受けたはずですから、日本政治家と一緒の手法で事前に地元の関係者だけに「貴方だけにそっと教えます」という価値ある能書きを付けて情報を事前に通知する手法です。
ですから、援助が取り消されたり援助がされないと「口先だけの作り上げられた機能」は無意味ですから、取り巻きは「我々に協力しないと敵に回ると言う」恫喝をしたはずですが、何のことは無い。

フンセン独裁政権様に話しを格上げすればよいだけであり、援助するというのは「相手の親玉を引っ張り出し話し合いが可能」と言う点を強調すれば良いのです。
現状、この状態に近い話しが形成されているはずと認識しておりますが、フンマネットも含めたベトナム人門閥が常識的には何で此の程度の話しに気が付かなかったのかと言う事ですけど、実は地方の有力筋又はジムを指定された人物は大海を知りませんので、全てがうまくいく時には全力で突っ走るのですけどいつでも慎重と言う気構えがありません。

※過去の記述の中に、カンボジアのジムについての説明がありますので、ご精読を願います。
ただ、全てを記述できないので「伝え易いところ」だけの説明になってますし、多様な内容がありますけど日本人には不明ななはずでして、理由は経験不可能な領域だからです。
もっと平たく説明すると、カンボジア全土を自己の目で散策しなければ意味がわからないのと一緒ですが、ともかく体調不良になるのを承知で散策しなければ不明なはずです。
少し恥ずかしいくらい広告を入れすぎました・・・ペコリで(笑)



援助のあり方

援助には最大の価値をつけるべし

援助ですから、相手の欲しいものと提供可能なものには相違がありまして、援助する側の都合で援助をすればよいだけですから【嫌ならよせ】という手法で援助の時期をずらして再度の話し合いに向かえばよいのであり、調印しても約束を反故にするのは当たり前の国際社会です。
当事の岸田外務大臣に対して悪口雑言の記述をしたのは、私の視点では「日本の国益を害した人物」という判定がありまして、カンボジア側外務大臣が南沙諸島は中国のものだと国際的公式の場で発言した事実を問題視しなかった事です。
しかも、繰り返し同様の発言があるのに、岸田外務大臣様は微動しない姿勢なのですから「非難」されるべき人物と言う判定でした。
南沙諸島問題は、同盟国のアメリカに対しても傷つける内容ですし、日本の石油生命線でもありますから「中国軍」を踏み潰す軍事行動提起を主張すべき立場ですけど、全て無関与姿勢の人物でしたね。
現、河野外務大臣は「援助に対する姿勢」というか立場を説明していますので、カンボジアに対する援助姿勢に変化があったのでフンセン総理の声が大きくなったと判断してますが、ベトナム人は門閥が一度でも決定的に対立した場合には【融和は絶対無し】と判断すべきであり、現政権に組するベトナム人門閥と対立した人物は相当の警備が必要で、過去からの場合ですと最低3名の警備人員が常時必要です。
これは、人間の派閥に関する事項でして、派閥の最小単位は3人と思考されていますから警備の時も同人数を採用すると言う事です。

※一人カンボジアに戻りまして1年生活できたら、素晴らしい価値ある人生と思います。



イオンニ店舗目開店

イオンニ店舗目の開店に際してですが、採用人員の書類審査を厳密に調査すると言う事で、現政権倒幕後も将来のイオンモールを経営的に安定させる手法があります。
此の記述は、人種判別の手法なので記述に躊躇いがありましたけど、人種判定と言う部分を非難しないで受け入れて欲しいと思います。

※同手法は、シアヌーク国王時代まで遡ります。

故シアヌーク国王は、自己の出身人種クマェの人々を優遇採用する事で自己保身を図りましたから、クマエ門閥の人種を確定できる人物の登用を優先して勧めまして、現在ですと40才程度以上の年齢公務員に多数のクマエ人種が勤務しており、更に50才を越えますとクマエ人種が多数配置されており、地方でも同一なのでベトナム人門閥でも自己の門閥を優先的に採用できない心の制約がありまして、人種間の問題が縮図となっている上で事態を考慮しながら採用基準を作る必要があります。
理由は簡単で、現フンセン政権者の本人に「劇痩せ」がありますから一応は健康問題を考える必要がありまして、現ベトナム人門閥からだけの採用ですと倒幕時にはイオンが大騒動の標的になると思慮すべきです。
中国でも同様のイオンに対する行動がありましたが、カンボジアでは更に厳しい略奪があるはずとの予測なので、事前にクマエと中国人とタイ系カンボジア人の採用を推し進める採用基準を作るのが必要だと思いますし、現状ですと少しはイオンも考慮するであろうと思う。
なお、イスラム教の信徒採用については、意味がわからないので「ドッカノ知ったかぶりの阿呆発言採用」なのかな?

タイもカンボジアもベトナムも確かにイスラム教があり信徒も居るが、イスラム教信徒は「イスラム教国赤心月社」からモスク建築費用その他援助を潤沢に受けており、援助内容は個人的にも支援されるので「親玉だけが勝手に中抜き」手法が出来ないのです。

忘れてた・・・やり方
新規採用する人物の、写真と出生証明書(birth)に家族証明書(familly-book)と親の住所を載せた顔写真を付けた家族の説明書添付させるのですが、両親の写真から本人の門閥を推定すると言うやり方です。
問題壱
以前に記述した内容から推測して欲しいのですが、現在の政権下ではベトナム人門閥は如何様な書面でも作成可能ですから、確認する手段として住居に赴いて両親と本人の確認が必要です。
問題弐
カンボジアでは、一般論では採用者は「紹介」又は家族的な付き合いでしか採用されないので、何かがあれば紹介者が勤務者に直接苦言を呈して「苦言を呈された本人が自ら退職」する道筋を構築する必要がありまして、このやり方はベトナム人門閥は絶対に教授しなかった領域と思いますし、もし教授したなら自己の価値が半減すると判断したはずです。

問題参
この点が問題になる事案で、日本人には「自称 クマェ」の人物と血統付きクマェとタイ系クマェその他の人種が判別できませんから、無理かな?
どうしてもと言うなら、「私の写真をテーブルの上において踏み絵ならぬ様子見写真」にしてもいいかもね。
ベトナム人門閥配偶者には、相当効果があるかもしれない。(笑)


国道5号線からの道筋

新規道筋を日本政府にオネダリスル案件ですから、カンボジア政府との折衝では「おもいきり手一杯」の道路を所望すべきで、解決に数ヶ月かけても10年かけても良いと言う姿勢で望む事が光を浴びる事ができる最良の選択と思う。
平たく説明すると、イオンモール二店舗め開店は、フンセン総理をはじめとするベトナム人門閥に対する優先事項の課題ですので、彼らの師弟がカンボジア全土から押し寄せる内容で求職しているので、ある程度は要求を飲む腹があるはずです。
ただ、日本人は「交渉能力が欠如している社会通念」でして、責任が覆いかぶされる選択はできない出世街道の道筋であり、しかもカンボジアにはベトナム人に日本人の全てを通報する【逆賊】が多数居るので、ある程度段取りが必要です。

道筋の場所ですけど、51号のバウチャウ・プラント三叉路ら左に池のある地点まで直進する幅二線の新規拡幅道路を所望し、途中で直角に交わる新規道路を所望するのですが5号線と6号線に交わる橋に道路を延長し拡幅させ、此の道路が左右に拡幅させてイオン前の道路まで繋げるのが最良の道筋です。
なぜかと言うと、この道路で周辺の市場の道路よりも便利になりまして、しかも市場の道筋から離れているのでイオンに客が集合し易いだけでなく、新規道路は交通に便利なので集客と従業員にも好評になるはずです。
これで道路の場所が判る日本人はいないはずなのですから、記述説明した場所をぐるぐる回る努力をして欲しいですね。

※個人的には、昔から記述している別な場所にイオンモールを開店して欲しかったのですが、コメント欄にも一度も声が無かったので今でも具体的な記述していません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本政府は、カンボジア下院選挙援助要請拒否を求める

2018-02-08 14:03:48 | 日本国内にはない記述
日本国営放送の番組から

人手不足で倒産?
深夜のレストランが人手不足で、24時間営業を辞めた?
これだと、虚偽放送を台本でタレントが独演しているようなものですね。
解説
国営放送ですが、外食チェーンのレストランが軒並み24時間営業を辞めて昼間営業に移行しているのは、人手不足でお客に対応しきれないので営業を昼間時間帯にしたと言う説明を番組中で説明していますが、【虚偽説明】です。
2012年でも、外食産業のレストランは軒並み廃業していまして、都心から外れた場所で昼間開店している店舗を探すのに2時間かかりましたから、外食産業は安価でなければ客が来ないと言う事であり、国営放送は【トンチキ】の放送内容です。
理由は?
労働者の賃金が増額されないし、所得の8%は最初から消費税と言う名目の人頭税で取り上げられているので所得減額ですし、各種行政の税増額と支出減額で利用者の負担割合が増加しているので、企業に利益が蓄積されるだけで労働者配分は実質減額です。
食料品に課税する消費税は、人頭税という呼称名が正しいはずで政治化には非難されるべき資質の問題と思慮しますが、政権覇者になったらという懸念で誰も口にしないのですから、野党?
昔の様に政権を夢見ているようですが、選挙の度に議員様減員ですが、代議士選抜選挙投票の割合が増加しないと減税務制度は改まらないのが残念です。
希望の党と維新に投票しましょう。

なお、同一番組を何度も見ているので、75日過ぎで忘れた頃に何度も同一番組を編集して繰り返し放送しているのですが、これでは「BBC/ロイター/national 何とかグラヒック/etc」と手法はそっくりです。
特に、最近の日本はyou tubeと一緒のテレビ番組ですけど、Q-tube だけは最初からオフザケを主張しているので許せても、他の番組はドキュメンタリーに編集するのでやらせですが、最近は放送倫理委員会がお休みですから何度もやり放題ですね。

お詫びと訂正
希望の党の「小池百合子」様でしたが、言動から南北朝鮮系の人物との判断でした。
事実、初期の言動と政策立案は「南北朝鮮系の優遇処置」を政策で実行しましたので報道も朝鮮系なので盛り上げてましたけど、希望の党立ち上げでは「維新の会」に近い憂国の政策を公言しまして「排除発言」が出たのにはびっくりです。
強烈な右よりの宣言ですので、左寄りと南北朝鮮の有権者には大反発を頂きまして、軒並み議員が大没落しました。
これからは、自民党と維新の会に希望の議員に投票しますけど、特に希望の党と維新の会の議員が増加する事を望んでいます。

国営放送続き
番組は、更に運送事業者が新車を取り揃えて事業をしようと頑張ったが、人が集まらないので廃業するしかなかったと説明ですけど、賃金は何ぼだ?・・・説明なし
60才過ぎの高齢者にも雇用の門を広げて採用基準を拡大したが、人は集まらなかったと言う説明ですから内容意味不明。
辻褄の合わない話だけですので、国営放送に視聴料金未払いは当たり前です。
こんなデタラメな放送ですから、ネットではインチキ説明大騒動ですけど、国営放送は反省無しで何度も何度も同一放送ですから、全部民放にして好き勝手な放送でいいんじゃない?

★テレビ視聴料金の支払い裁判で、【虚偽報道】に対する責任の有無を問う反論で支払い義務無しを争ったら・・・興味案ね。


南朝鮮の文大統領の思惑

どうしても、日本の安部総理大臣を南北朝鮮の五輪に引き込みたいらしく、ドイツの元総理で【シュナイダー】死が南朝鮮女と結婚した話を「大々的に頒布」しましたがから、文大統領の思惑が垣間見れますね。

理由
日本の報道界・行政・政治家に、身に覚えのある者は南朝鮮に忖度した言動で日本国内放送をせよという【恫喝=脅し】にしか聞こえませんから、安部総理に南朝鮮行きを推し進める勢力全部が裸体動画撮影済みの人間かもしれませんで、この中には財界の人々も多く含まれているはずであり、安部総理に近い人物もいるかもしれません。
日本の野党では、ミスター年金と言われた人物でも与党になり厚生労働大臣に就任したら「可逆的思考」で野党時代の話は一切沈黙しますので、弁護士資格を持つ人は世界中で「君子豹変=可逆的思考」を瞬間で自己中心的選択をするようです。
南朝鮮の文大統領は、日本に対しては常に可逆的な嘘吐き言動ですので、こんな人物と会う意味が無いはずなので、支払った10億円を返還し主張は売春婦像を直ちに撤去しろと言い、一切相手にしないで北朝鮮政権破壊に日本はアメリカに盲目的追従で賛同していると主張すべきですね。

★相手の国が無くなる訳ではないので、戦争するか相手にしないの二者選択となりますから、戦争できないなら相手にしないということの選択しかないのです。
★無理して付き合うな・・・言い争いをしても戦争しないのなら、有効な対策は無視するしかないのです。

民放テレビ番組
You-tube 模倣番組と判断可能な内容で、カンボジアの湖が紹介される話しでした。
湖は、琵琶湖の5倍の大きさで湖の中には学校も教会もあると言う説明で映像は【サラット流し確認不可能】ですけど、周辺には100万人が暮らすと言う話しですがせいぜい10万人も住んでいませんので、話を膨らますテレビ放送です。
映像を創るという番組なので、途中から真実味を入れた内容で説明スンナという気持ちが強いのですが、内容がまるでワカラン。
khmer 正月に行われる祭事の一つを行い、「少女達が金で雇用」されて叩け叩け(ワイ)と連呼して盛り上げてまして、木には「赤蟻」の巣を採り食べます。
カンボジアでは、赤蟻ではなくコンクロン(赤い兵隊蟻=雑食)と呼称されまして、動物の死骸に群れを成して食べまくる蟻です。
噛まれると非常に痛く、兵隊蟻の特徴である「アンツ・ブリッジ=兵隊蟻だけで橋を造り」を造りまして、上を他の蟻が通る形になります。
この蟻は、幼虫も成虫蟻も食べると精力が増すという変な迷信がありますが、食べる人は1%にも満たない程度の人物しか散見されませんので、私の以前に説明した記述をコピペした内容で撮影がされた様ですね。

琵琶湖の5倍説は、自己中心的解釈の枡と尺の適用です
トレンサップは、シュムリアップから向かうと土地が低くなり徒歩で移動しても気が付き低地に向かっているのが判りまして、wet season / dry season では水の面積が大幅に異なります。
但し、湖の表面積は琵琶湖の5倍ではなく更に大きいはずですけど、トレンサップは湖底までの高さが低いと言う話なので水の保有体積は琵琶湖より少ないかもしれないし、dry season は水位が10M以上下がるので、「表面積は土の凹凸道路が30分」程度バイク走行で低位置になります。
※時速20km程度の速度と思いますから、10km程度は船着場所が時期で異なる位置に移動してました。

続いて
土蜘蛛の喫食
相当段取りがされていたらしく、土蜘蛛の居る穴にガソリンの染みた糸を垂らすと土蜘蛛が飛び出します。
名称は「タランチュラ」と英語呼称されますが、世界には多様なタランチュラが生きているので「毒があるなし」の種類も多数でして、カンボジアの土蜘蛛は毒なしですし、タランチュラの武器である体毛の拡散もしませんから、蜘蛛の中では「害の少ない」種類と思います。
同、土蜘蛛はタイにもベトナムにもラオスにも生息しているので別段珍しくありませんが、カンボジアでは2010年頃までプノンペンでも一般販売されてまして、現代でもイナゴも含めてゲテモノプノンペン市場では一般販売されていますけど、一般の人はそのような場所には行かないので目にする事は無いと思う。

補足
昔の日本でもイナゴ(バッタ)や蛇に犬も食べてましたから、加齢な人々にはゲテモノは身近な食物でしたけど、食べて不味いので食べなくなりました。
だけど、テレビはゲテモノ特集をタレントに強いますので、パワーー・ハラスメントほっほっほーに認定します。
この主の番組は、イギリスのBBC発でアメリカその他を経由してyou tube から世界に流れてますが、小学生が大人を「張り倒した」程度の番組でお終いにして欲しいですね。
個人的には、やりすぎで「話しがでっかすぎて」おもろない。

さそりについて
テレビ映像では馬鹿でっかいさそりですけど、確か名前は「何とかさそりモドキ」というさそりではないがさそりの形態をした昆虫だったと思いますが、真実は毒なしモドキなので映像はさらっとしか昆虫を映さないし、説明は名前も勝手に付けているという無理やりさそりに編集した昆虫です。
モドキですが、最近は非常に数が減少していまして、カンボジアでは一般的だった3-10M程度の蟻塚が急激に減少し場所によっては無くなったのと一緒です。
これは、通電により水の確保が容易になりましたので、蟻塚が水で塚の土を融かされ蟻も駆逐されたのと同様に昆虫の穴にも水が入れられたので生息不可能になりまして、急激に生息地域がすくなったと言う事です。
以前は、プノンペンでも同じ昆虫が生息していましたし、ラット(ねずみの種類で大型)も生息してましたけれど、今は見かけなくなりましたし木造建築減少により蝙蝠もプノンペンでは
珍しくなりました。

なお、カンボジアには大きな蝙蝠で体長50CM程度のが沢山生息していましたけど、テレビは吸血蝙蝠も含めて撮影が長引くのが面倒らしく、蝙蝠の映像が無いのが寂しいですね。
タイでは、国立公園内だけに吸血蝙蝠が保護され生息していましたけど、昔の話なので現在は生息しているかどうか判りませんし、近くの住民には害をもたらす蝙蝠なので遠慮なく見たら退治するするのでタイでは当たり前でした。
カンボジアでも、吸血蝙蝠らしい小型の蝙蝠が周辺に生息していると周辺域の人々が蝙蝠の生息地を必ず口にしますから、現在は吸血蝙蝠のサイズで小型の蝙蝠が散見される事は珍しくなりました。

他の民放番組でカンボジアについて
番組の中で話しが飛びすぎているので、「ワカラン」としかいえません。
よくまあー、こんな創作話しを作って放送するもんだと・・・ある意味感心しますが、チャンネルは直ぐに変更します。


カンボジア

カンボジアは、報道機関で政府系新聞やテレビは虚偽報道が沢山ありまして、しかも人種ごとに都合の良い内容しか受け入れませんから他人種に都合の良い話は拒絶反応です。
現状政権はフンセンベトナム人独裁政権なので、ベトナム人に有利な政策の実行が行われていまして、継続実行されている【クマエ根絶やし】政策は人種が消えるのではないかと言うぐらい徹底していまして、クマエ人種が生き残るにはベトナム人との婚姻融合しか手段はありません。

外国人には、狭義に解釈と説明された報道の中で報道の問題にどの程度判断可能かと言う事が問題になりまして、一つの報道では判断が出来ない場合が多いので多様な人種の新聞を一度に全部購入して中核となる報道を探し出して分析し判断するしか手法はありません。
ですから、クマエ語・中国語・英語の報道内容を確認する手法しかないので新聞代だけでも月間us100-150$程度が必要だし、目的の新聞を購入するのに場所の選定も必要ですから、額に汗するしか手法は無いのですが、何より外に出歩く事が出来る知識と経験が必要です。

※カンボジアは外気温が高いので、若い人でも身体が外気温に完全順応するまで1年間程度は必要で、反対にカンボジア人が日本に順応するまでは同様に1年程度必要です。
私の場合、カンボジアでは出歩くので体調不良が多かったのですけど、住居期間を重ねる毎に体調不良が払拭されましたが、寒さにより妻と子供が日本では体調不良の日々ですから、血圧が日本国内では高くなると体調が順応し良くなるようですね。
カンボジア人の血圧ですけど、多くの場合最高血圧でも98-102程度で、下は68-71程度の血圧測定結果でした・・・老若男女の子供を含む不特定で100人程度の測定結果。


シュムリアップの日本領事部開設
シュムリアップに領事部が開設されたので、周辺に住む日本人の人々には便利になったと思います。
委細は、HPで確認してください。
どの程度の日本人が居住しているのか知りませんが、日本人女性が現地の男性と一緒になったケースが沢山ありまして、先進国の女性が後進国の貧しい男と一緒になるケースは日本人女性ぐらいだという「欧州の常識では考えられない」という批判的放送が全世界に流れていますので、遊び過ぎないようにして欲しいですね。


カンボジアディーについて(新聞
税務問題というか「難癖」で、675万米ドル程度を請求されて新聞発刊停止処分をされ、裁判になり国外出国禁止処分が下されたアメリカ人が経営するカンボジア国内の新聞ですけど、ネット内では閲覧可能になりました。
何で?
どのような対処がされたのかわかりませんが、カンボジア国内ではサーバー規制が行われたので「ネット」で閲覧でき無かったのが改善されまして、少し安堵しております。
ですが、記事内容は相当の圧力下にあるのが推認できまして、まだまだ自由な報道とは無縁です。

★サーバー規制に関する内容は、現地の新聞に「問題あり」と認定されて記事が出ましたので、佐竹とニニョムの関係者には薄氷の日々がこれからも継続しますし、後には人々の反応が強く出るので「出歩けなく」なるはずです。

★この件については、以前から私がサーバーに問題提起されることを記述説明していまして、現在も利用サーバーの問題は払拭されていませんので、全てのサーバーにカンボジア政府の行政関与はあります。
ですから、通信は暗号化技術を使いまして、暗号化した圧縮ソフトに時間で消滅する映画の技術手法です。
同、暗号化技術は日本人には馴染みが薄いですが、アメリカ人には多用されているらしいので、是非も無く
ご利用をお勧めします。



フンセン独裁様の言動

過去から、多くの国から援助を頂きまして、2018年は強欲に日本に対しては援助要請をしています。
過去の記述に、【踊りの名手で全身麻酔劇】の話しをした事がありますけど、過去には中国からの援助は額が少なく紐が付くと蹴飛ばしたと言うか毅然と対処したと言うか・・・。
説明
ペート・ロッシー(ペート=病院 ロッシー=ロシア)は、ロシアの援助で建築された病院ですが、あとからタイからの援助で建物の増築がされてまして、正面前がロシアで後ろがタイの援助です。
このように、フンセン総理大臣様は相手に全身麻酔を見舞った踊りを踊る名手ですが、大概は1度で2度3度目は正気に戻り相手にされません。
ロシアは援助の再考をしていますから現在は援助が滞りまして、タイもカンボジア国内に対する援助は滞りまして、ベトナムは必要に応じた条件提示で消極的援助となり、中国は援助の中心をカンボジアの政府保証による借款(カンボジア国民借金)という位置づけなので、中国の無償援助場合には「カンボジア政府の対応進捗状況次第で停滞」が当たり前ですから、逆らうと「カンボジア側に届きません」ので画餅ですから食べられません。

この中で、日本だけは「南沙諸島」問題で国益を失うカンボジアの外務大臣言動でも援助を継続してましたから、これでは「侮辱と屈辱」を受け入れながら援助をしていると語気を強めて説明したのです。
しかも、それでもなお「JAICA」が別枠で援助を継続していたので、「ジャリ以下」と記述していました・・・現在は表現が強すぎたと反省しています ペコリ

私の記述が強すぎたのは反省していますけど、カンボジアの新聞には数ヶ月先に援助される内容が大々的に報じられていますので、公務員関係者にだけ通知される部外秘の情報が意図的にカンボジアに事前通知されたと言う事であり、発信情報源もカンボジア政府とカンボジア国内新聞が認知する日本人より通報された情報ですから、私の記述説明の声が大きくなり、ジャリ以下と表現したのです。
平たく言うと、私が同問題の記述をしたら「公務員の立場では部外秘を意識して同じ情報漏えいは停止」されるはずですが、情報漏えいが継続していましたし日本が侮辱されたし屈辱されたと認識しまして強い記述になっていた事をご理解願います。

私には、日本政府の行う援助とジャイカが行う援助は同一との思考ですが、何の問題があるのかジャイカは独自の立場で援助を継続していまして、「相当弱み」があるのは承知しているけど、既に大概は「該当職員は退職」しているので問題無い。
既に、国立公園の建物は現存していないし、当事の慰安婦(売春婦)は見当たらなくなってしまっているので問題外と解釈しているし、あの場所に動画撮影は無かったはずですから、面白がって日本人が撮影した写真と動画が出なければないのです。

★心配無用・・・私のカンボジア国内生存の安全が保障されれれば、直ぐに超簡単に話が付く。

現在
アメリカのケリー国務長官は、欧米各国の約6億米ドルの援助取り上げを自ら通告していますから、アメリカの援助は皆無ですので付き合い程度も消極的対応になるはずであり、代案として軍事的行動による「示威」で対応するはずです。
ですから、フンマネットの思考した台本とは別次元の対応が現実ですので、方向性の問題をフンセン様が強制的に現実対応に戻したと言う事ですから、現在のカンボジアは日本の援助が必要なのです。

問題は援助の内容で、私の思考では「南沙諸島」問題を取り上げて主張を引っ込めろという話しをすべきであり、ジャイカが主導する援助は会談と言うか話し合いも含めて全て停滞させる必要があり、援助総額は年間1,000万米ドル以内で提案すべきです。


日本企業の問題点

カンボジアに進出した企業で、利益を上げられる企業は日本国内および先進国に輸出可能な企業だけですから、飲食店や服飾関係の販売等は論外です。
確認したければ、プノンペンにあるコア販売店をツブサニ見て回れば価格と品質が判別できまして、更に靴関係の販売価格も確認すれば価格差に一目瞭然です。
当然、イオンモールの第二店舗目は赤字が必須ですけど、最初に付与される便宜供与がどの程度なのかと国道51号線からのアクセス道路建築に関して、日本政府がカンボジア政府に行う援助の差し替えでどの程度イオンモールに便宜供与が付与されるのかと言う事ですから、今回日本政府がカンボジア政府にどの程度の援助総額を実行するのかです。
ですが、カンボジア政府が日本政府に2018年度国民議会選挙の費用を援助要請していますけど、選挙は現政権の大勝利なので【援助要請受諾」はフンセン様の高笑いしか聞こえません。

★要請拒否が当たり前と思う。

援助と言う「枡と尺」は、常に日本的な益を求める中で考慮されるべきであり、投資した日本の投資家が全滅する段取りをする連中がいるとこに援助する意味合いが無いのです。
うだうだ言ったら、「日本はアメリカと共に現政権排除行動」をすると通告すれば、フンセン様はびっくりして青色と息。
何でかと言うと、中国の軍事経済援助停止の時に、事の状況を見渡していきなり中国に謝罪訪問の経験があるので、日本人が考えているような内容では無いのです。
カンボジアをぶん投げると予告すればいいし、結果的にそうなっても「別な国に援助して国連票」を取得すればいいだけであり、何ならアメリカに頼み込んで中南米の票を一旦回してもらう段取りをトランプさんに申し入れればよいのです。

日本人強盗殺人に関与したニニョムと佐竹の他に、ベトナム人実行犯を操る連中の話なんか聞く耳持たぬ対応で可能であり、第一「彼らの仲介でカンボジア国内で金儲け出来ない」段取りがあるのに、何で「此の人たちは親切」という推奨言葉がワカラン。
金持ちが、ダボハゼ音頭に乗っているのだからという気持ちがあるし、これほど安易に「金持ちの考える思考」は理解できないものがあるが、私の記述でさっと撤退した人々から感謝の書き込みが無いのはどういうわけ。
此の気持ちが、金持ちのワカラン思考と言えるのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フンセン独裁政権者の劇痩せ

2018-01-29 15:50:51 | 日本国内にはない記述
投稿の日時が早まりました。
次回は、千葉県にある「大学」の話しも入れて記述の予定です。
VOA/rfa etc


日本国は、外務大臣の専用機を用意すべきだと思う

現外務大臣が外務大臣専用機の用意を求める発言がありましたら、報道の中に「高額なおねだり」とい【おちょくった=人を馬鹿にした表現=本質を自己中心的解釈】の報道が流れましたけど、外務大臣専用機は必要だと思う。
個人的意見ですが、日本には2機の政府専用機という名称の航空機があり「外務大臣も利用できる環境」は整備されているので、総理大臣と皇室限定にせずに他の閣僚も政府専用機の使用を外務大臣と共に指定し利用すれば良いのです。

理由は、時の小泉総理は北朝鮮訪問に際し「食事」の場所も政府専用機に求めまして、アメリカのケリー国務長官がカンボジア訪問に際した時は「数時間」滞在で直ちに援助中止を口頭で告げ用件終了でカンボジアを離れました。
上記の委細については、過去の記述にありますので参考に願います。
過去の教訓の中に、外国の要人が訪問した場合に「暗殺と情報漏えい」が相手国任意で宿泊先に段取りされる場合が多数の事例でありまして、日本の侍が群雄割拠時代では他国の国主を【吊天井】で殺した事例もあり暗殺は日常多数あるのですから、政権不安定国家や軍事衝突のある多数の国家訪問は上記の問題が提起されまして、回避し易い必要な処置が講じ可能な政府専用機の利用が便利ですけど、【高価なおねだり外務大臣】という自己中心的な記事を書いて報道される事が可能な姿勢に驚きます。

テレビ界では、経費節減が叫ばれていますから「漫談出身者がニュースの原稿を読む」し、取り上げられる内容は「you tube」のような話しを真似る内容だし、編集では現実に無い話でまとめるのですから「知っている人には何だぁー?!」ですけど、内容にデタラメがバレテモどうでもよいのですから滅茶苦茶ニュースになりますし、天気予報では日本の天気に外国の天気を無理やり引っ張り込んだ比較の天気予測ですから比較する事に意味があるのかで「お前正気?」となりますけど、天気予報の難しさを解説したりしますので意味不明。
こんな解説に何の意味があるんだと思いますが、天気予報に無理やり話しをはめ込んで時間潰しの経費節減策と思います。

政治家を集めてクダラン議論を演出するのと同様で、自民党以外は中国に対する日本国益主張問題とか南朝鮮の文問題発言に対する日本の対応の議論はされませんから、率先して議論を誘発すべき報道が問題回避でマスゴミと呼称される所以だし、日本の国益を代弁すべき代議士野党の皆様「何が言いたいの?」です。
国民としては、野党の時代に年金問題を主張した人物が与党になったら「心が豹変」した発言だし、やること全て自己中心的なので今更投票依頼は感じ悪いですが、選挙に勝ち残る能力はあるので「侮れん」ですけど、こんなツラの連中見たくないです。

※安部総理の南朝鮮オリンピック出席は取りやめるべき
元ドイツ総理大臣シュレイダー様が、南朝鮮人女と婚姻しました。
互いの年齢ですが、男のシュレイダー様は71才で女は40過ぎ程度ですから、「女の誘惑されて裸の動画を撮影された元ドイツ総理大臣シュナイダー」ですけど、いとも簡単に色にボケた元ドイツ総理大臣様でして、中国の噂の中では日本の鳩山様とかテカテカのポマード総理大臣様に元中国大使等も名前がチラホラ出てきますので、政治家は色の誘惑に注意しろと言っても「チンポ子=愚息」がいう事聞かないと言う話で済まされる問題ではないのです。
対象人物ですけど、国賊指定が必要かと・・・・直ちに日本を出て行けという話しを盛り上げたいですね。

文南朝鮮大統領との交流全面禁止
この人物は、全ての問題を自己有利にする為に自己中心的な倫理を採用しますから、国家間では「双方が厳しく対処」すべきです。
日本が支払った売春婦に対する10億円の慰謝料ですけど、不服があるなら先に返せと主張し、金員返還を境に大使召還で国交の制限を制度化しなければ、文大統領のような
物が必ず出ます。
絶対模倣をさせない為に、とても厳しい「日本の対応」が必要なのですが、報道は大騒ぎする事に異議があるので賛否両論の盛り上げで議論沸騰を演出しますけど、反対に「報道はどう考えるのか」と問いただすと戦争の話しでごまかします。
必要なら、戦争も辞さないという強い決意の政治家を後押しする機運を盛り上げる選挙対策を思考して欲しいですね。

沖縄負担
沖縄県に対して、米軍全面撤退と共に自衛隊全面撤退を提案し、政府資金投下に関しても一緒に説明すればよい。
アメリカには、盲目的追従を政策で実行する条件で理解を促し、北朝鮮との開戦でも「全て同意」するという政策を行い、この政策で【解散総選挙】を国民に提案しても自民党は全面的に勝利するはずだよ。
今、国民は南朝鮮に対する処遇と中国に対する処遇に対し怒りがあり、総選挙提起は共産党を壊滅させるはずだし社民党も大打撃を受けるし立憲民主党?
此処の選挙態勢だけは、潰せないので【どうにもならん】。


※だけどねー、ちーとは、南朝鮮と中国優遇姿勢報道に対する規制が必要だと思わないのか?
日本国営放送が、中国人服を誂えて着用した人物が創作料理を造り報送しているけど、日本国民に対する挑戦の意図しか考えられん。
国営放送の受信料金不払いの理由としては十二分すぎる意味があると思うが、このような思想は私だけなのか?

※報道姿勢では、大相撲裁定に対して30万人からの調査報告では60%を越える人々が異常な貴乃花親方への処分と判定され、批判されているのは池坊様と元高検検事長様にナンデモカンデモ毎日新聞の人々だけど、報道姿勢は貴乃花親方に問題があるような報道内容で、テレビでは議論する人々が賛否両論で体制側べったりが多数ですし、此処にヤフーが「批判対象者に対する板の半減処分」をしましたから、何だよ・・・ヤフーです。
ヤフーは、勝手に体制側に対する批判板を含めて自己中心的な運営を勝手に行い削除しますから、ヤフーに近い人々の批判板は立てられないし投稿拒否という手法で対処されます。

大相撲外部委員会の影響
今回、元横綱ハルマフジに関して、鳥取地検は「罰金刑」を提起して弁護人は「応諾」したと記事が流れましたけど、鳥取県警からの「厳重処分」意見が採用されなかったのですから、特別事案の裁定事件です。
新規採用される検察官が、どう思うのか?
教育現場の教職員全員は、正義の裁きをどう思うのか?
と言う事になるが、実は根が深い。
理由は明確で、時津風親方が「かわいがれ」と指示してビール瓶で殴った弟子には、過去に地元で大暴れして多数の人々に疎まれた人間でして、手の付けられない腕力の乱暴を繰り返してまして、強制場所として大相撲に親が入れたという自己都合がありますから、力士として精進をする人々とは異なる思想で入門していたのです。
傷害致死ということでしたけど、兄弟子には殴られて蹴飛ばされても死ぬまで反骨精神で立ち向かったのですが、このような手の付けられない腕力を持つ子供が大相撲には多数でして、兄弟子の無理片に拳骨と言うのは「此処にあり」まして、ともかく言い聞かせて治す事のできない場合には「拳骨」しかありませんが、
貴乃花親方は絶対同意しない人物です。



アメリカの専用機
アメリカは、政府専用機の他にヘリコプターと車両を用意していまして、国内外の移動に全てのアメリカ大統領の乗る車は「ビースト=beast=野獣」と呼称されますが、話しの口調では「ケダモノ/畜生/危険外来生物」etcなので、テレビも含めた通訳を介する場合には滅茶苦茶解説と説明には十二分にご注意下さい。

昔から、日本の和訳にはデタラメが多く自己中心的和訳が「作成」されてまして、英語の和訳で「guide-line=心得」に日本語が入ると、厳正なガイドライン(guide-line)の適用となりまして、まるで意味不明・・・こんな、和訳ワカラン。
簡単に言うと、何となく人間関係が上位の人を支持したほうが自己都合塩梅が良いという「忖度」です・・・中国人の知恵拝借=忖度

wild animalを和訳する場合、野獣, 猛獣, 野生動物 と3種に和訳した場合では「聞きようによっては意味の異なる方向性」に向かう可能性がありますので、常に語学研鑽に精進願い奉る。
極端な事例ですと、オーストラリアテレビ局が放送した番組を日本の放送局が購入した放送した内容で、シドニー空港の入国に際し問題ある人物との入国時問答では、イスラエル人の典型的なユダヤ教信者姿の人物を評する時に「アボリジニ」とイスラエル人の特定を他人種で紹介しますから、これでは編集ではなくテレビ放送内容改竄です。
個人的な解釈ではトンチキ詐欺の報道内容ですから、裏づけ検証のために現実の問答内容を「言語」で聞き翻訳は「字幕」で願いたいですね。
同番組ですが、酷いのは継続して何度も同一内容で改竄放送ですので、処罰すべきと思います・・・そう思う。

なお、カンボジアの観光客向けキャッチコピーは「wonder-land cambodia 」(野生の大地)で、タイは「amazing-thailand」(驚きのタイ)で昔は「微笑みの国タイ=smile and/or lovely thailand」で、日本は「ようこそ にっぽんで日本語英語混合表現=ようこそ ジャパン=welcome japan」と勝手に和訳します。

※通訳は、常に自己中心的にまとめ上げる能力が求められている事を「忖度」して通訳するのですが、テレビは視聴率獲得競争なので常に異常な話しの盛り上げですから自己中心的な台本と映像は当たり前で、ありもしない「話しを作る」のも当たり前のようですね。
こんな連中が政治家の議論提供をつくり「シャンシャン=台本通り」ですから、国家の議論に必要な国益の問題は提起されずに「ナにやってんだ?」の議論です。
面白がる人も居るのが難点ですけど、日本の国益を議論するのが自民党と僅かに日本維新の会だけが主張しているだけですからね。

何故書いたのか?
実は、ニニョム・佐竹の連中が属する日本人会で犯罪者グループは、常に自己都合の話しをベトナム人犯罪者集団に意見具申の立場で説明していますから、ベトナム人犯罪者集団は彼らを情報収集の手先にして利用してまして、互いに自己の利益を確保していました。
今回、記述がある方面に影響を与えました事が顕著になりましたので、関係各位には「謝し」致します・・・ぺこり

★個人的には、現フンセン独裁政権が継続しているので油断大敵と思慮していまして、現地新聞には今でも虚偽報道が流れているのを侮ってはいません。



カンボジア

※フンセン独裁政権者の体調不安について

身体を眺めると、激痩せの様子が見て取れまして、体調不安なのか自ら激痩せを望んだのかとなりますが、委細は不明です。
フンセン独裁政権様は、毎年【シンガポール】で健康診断をしていまして、政府借り上げ飛行機で嫁さんと一緒に5-10日程度の日程で出かけていますが、表裏が常にある人物ですから公表されている内容以外の蓄財と蓄財確認その他の用事が健康診断と共に実行されているはずです。
1年に最低1度は訪問していますので健康診断は密にされているはずであり、シンガポールでは最新の医療機器が取り揃えられている病院があるので、委細を知りたい方はご自分で能力を駆使して病院その他を調査して下さい。

フンセン独裁政権の経済には陰りを感じますが、政治的には独裁一極集中のカリスマ的言動でしたけど2017年の4月程度までは「長男息子=総領息子=嫡男」の台頭がありまして、急激な変化を求める力に対してフンセン独裁様が自ら修正を求めて力を削ぐ発言しましたので、長男フンマネットの声が聞こえなくなったはずですから説明します。

※記述説明する為、多方面からの確認と複数検証の確認だけでなく説明時期の内容を求めてましたので、かなり遅れましたけど他方面からの決定的な確認が出来たので、自信を持って説明可能になりました。
以下に、記述をお楽しみください。

※フンマネットは「嫡男/総領息子/長男」という位置づけですから、中国式に思考するなら全てを相続する立場と言えまして、ある意味「相当な不始末」をしなければ位置づけは不動ですが、古代中国の朝廷が採用した嫡男の場合には継承不可と判断された人物の場合もありまして、北朝鮮「金正男」の処遇もありました。
現在、ニニョムと佐竹のグループが属している連中に生存確認が出来ればフンマネットに立場変更が無く、何かがある場合には「最初に同所属日本人が消えます」ので確認の目安とする事が可能です。
ベトナム人とベトナム人門閥は、Dr kem rey のような事例に殺害指令を出すのは当たり前でして、しかも家族には本人に目印を付けろと言いますから家族は殺害の予告をされているのが確認されますので、家族の長が予告発信した連中に合い「話し合い」をするのです。
話し合いが無い場合には家族了解と受け取られて殺害されますし、殺害されない場合には長が同殺害を受け入れると言う解釈がありまして、カンボジアでは長と目された人物にしか話し合いは出来ません。
多分、ニニョムや佐竹のグループは判らない筈と思慮していますけど、身体に付けられる印の意味も含めてご参考までご説明しました。

フンマネットの台頭による経済的影響で、カンボジアに流入する米ドルが低基調になりましたのでカンボジア経済は後退しまして、皆々内心では対立が激しくなったはずなので、フンセンが長男フンマネットに対して自重ではなく謹慎を言い渡したはずですから、フンマネットの取り巻きは針の莚に座っている気分でいるはずです。
私が針の莚について記述したのは、フンセン独裁政権が必ずベトナム人取り巻きに対する注意喚起をするはずと予測してまして、2017年5/6月には違和感を感じたのは私だけではありませんでしたから、佐竹とニニョムの懇意な日本人会所属日本人犯罪グループは「危険な立場」を感じたはずで、決定的な内容は2-17年11月中旬以降でした。

経済については、以前にもカンボジア・リエル経済が危くなった時でも米ドルの箪笥預金がカンボジアを建て直しましたし、極端な自己集中利権フンマネットからフンセンに戻ったのでカンボジアの政治と経済は関係する人々に心の安堵を提供したはずですし、タイでは中国人観光客が物議を盛り上げる言動でしたからタイの受け入れ先が難色を示したし、タイバーツの高騰により旅客の行き先がカンボジアに変化しまして、訪問中国人観光客が増加したのも経済の上昇になっていますけど、中国人ツアー客がが観光地に出現すると
「賑やか」ではなく大騒動の毎日です。
ゴミと煙草の吸殻辺りかまわず全てポイ、物を壊しても知らん振りですから、カンボジアでも問題になっています・・・書ききれない

カンボジアの経済では、外国からの観光客と外国からの援助と投資が必要ですけど、ドッカノ阿呆がカンボジアは鎖国するという大馬鹿を新聞に宣言しましたので、国家反逆罪でフンセン独裁流私刑です。
フンセン独裁様は、フンマネットにマトワリ付いた取り巻き輩の力を削いでますが、応分の処遇は永遠に継続するので日本的には「謹慎というか自粛」程度になるはずであっても、かつての「ヘン・サム・ルン」のように強い自制の言動は継続できないと判断していまして、理由は以前から「派手に強盗殺人と泥棒に暗殺」を繰り返し実行してますので、既に全ての門閥を含め中国人門閥もクマエ門閥も承知済みの事項になってますから、プノンペンではオンニャウのベトナム人殺害集団と遜色ない有名な一団です。

何故、このような集団ができるのか?
ニニョムに原因がありまして、甘言でタブラカサレタ日本人が現金を所持して自己を吹聴しますので、タチマチニニョムから通報されたベトナム人が強盗殺人者を段取りして殺害して金を奪います。
問題は、日本人を殺して現金を奪ったと言う犯人が逮捕された事になっても、裁判での審理内容が新聞に報道されない段取りなので委細が不明な点で、こんな荒業が出来るのは政権内で相当上位に位置する人物の影響が必要です。
しかし、委細が全部にあからさまになりましたので、フンマネットに近すぎると他の門閥と疎い関係になりますから、激しい手段を採用してきた彼らはやり直しの聞かない道筋側に立ってまして、年齢的にも無理な状況なので起死回生を狙うには「フンセン暗殺」しかありませんが、既にフンマネットは嫡男構想から両親により心の阻害されているので戻るには時間が必要ですし、かつての取り巻きは消極的採用の立場で捨てられる可能性のある疎い集団となります。
どうするのかなと言う事に興味がありますけど、針の莚に座る期間の事を考えると泥棒も強盗殺人も出来なくなるので、座して死ぬ我慢不可能ですから生死を賭した判断か必要かもしれません。

多くの場合、地方官僚がプノンペンに出てきた場合に「激しい」選択をしまして、一気に出世の階段を駆け上がる利権の選択をします。
日本人の女性を妾に選択した「カラチェ出身の人物」も、日本人女性を引き合わせた段取りの日本人連中が居たはずでして、互いに求める中に色と欲があったということでしたけど、地方出身の官僚は一発で駆け上がる選択をします。
求められた能力が、激しい選択をするという事で登用されているのですからRCAF星4つの将軍様と一緒で、サムレンシーはテロリストなので何かがあれば「軍が最初に動く」と公言しています。
誰だったかな・・・名前はsokhaで、 同人物が再三再四に亘り同様の演説を繰り返していまして、意味するところは「サムレンシー殺害」を公言しているのと一緒ですから、サムレンシーが帰国して選挙運動が出来ないと記述説明しています。
日本政府の能力で他の人物を選挙に立てて、現政権を打倒するには「実力行使」が一番早く成果が確実で安価な選択ですから、3月を目安にアメリカと検討を願い奉る。

★日本人会所属下部組織に日本人学校がありますが、此処では多数回数に亘り先生の所持する情報が机の中も含めて「漁られ」ましたので、私は危険な兆候として誘拐事案に直結する内容として記述したのですが、上記のような内容になると誘拐事案が思慮されるはずと予測したので「情報管理徹底」を提言したつもりでした。
私の意図は汲み取られたと思考していまして、以後の情報管理対策は十二分にされたと思います。

何故に、フンセン独裁様は軌道修正したのか?
長男が取り巻きと一緒にやりだしたので、ある程度は「見てみる」必要から口出しをしなかったはずです。
ただ、利権の複雑な査証関係に無理やり嘴を挟むので修正を余儀なくされ、多くの人々から疎まれる立場になりフンセンの威光半減になりましたし、他にも記述できない説明も含まれます。

※委細を知りたい方は、判り易い事例で昨年度11月中旬(2017-nov-middle)からのフンセン独裁政権様の演説を確認していただければ意味が判別できるはずですし、この中で任期についての説明のある発言に意味があります。
発言についての検証は、聞きようと人種的な立場で解釈の異なる意見があるはずですが、政治に関心のある人たちには「フンマネット失脚」と感じたはずだと思いますが、既に8/9/10月にはフンマネット威光半減を予測された人々が多数いたはずですから、現地と同じ確度で情報入手が出来ないので情報確認に制限のある日本では記述が遅れ気味です。
少し残念。

行き過ぎた対応と処置に関しては、過去から是正と言う内容で同様の発言が数限りなくフンセンにはありまして、「3星将軍様移民局副長」に対するベトナム人警察官の話とフンセン総理の対応問答中にありましたので日記に取り上げた事があり、内務大臣ソーケインに対する新道路交通法に対する解釈もフンセン総理から特別意見が公表されましたので日記に取り上げた事があり、事前予想記述では多分問題提起があるだろうと言う予測説明記事も書いてまして、フンマネットに対しては今回も同様の内容と思います。
フンセン独裁政権様の思想では、常にベトナム人に対する利益供与の部分を実行するという自己都合思想が強くありまして、特に地方では顕著にベトナム人門閥所属者に対する国有地払い下げと有償贈与劇に無償贈与が至る所に散見されます。

※少し前の記述中に、取り巻き連中には「針の莚」の予測を説明してますから事前に可能性は記述していますが、多くの人には「意味不明な希望的自己中心的予測」としか考えられなかったと思いますが、古代中国の政権覇者は「心を鬼に出来る判断」があるのです。
フンセンの嫁さんは、中国人ですから中国人の教育を受けていますので、古代中国人の朝廷模倣の中で政治仕組みと人事仕組みを継承するはずと思考するのが正しく、以前から採用された軍部の処遇と待遇が政権に牙を向けられない武器弾薬の段取り手法でしたし、現在も同一の趣旨で対応がされてますから、弾無しの軍隊と記述説明したのです。

フンマネットはフンセンの長男ですから昔流の解釈ですと嫡男で、特別の処遇で対応されるはずですが既に政権内で「疎まれる」存在と言う事なので、取り巻きは更に厳しい針の莚に座る事になりましたから、どうなるのか?
このようになるであろうと言う説明を事前にしたはずですけど、有頂天の「ニニョムと佐竹に操られた日本人会の連中」全ても見えなかったようですが、行動が制限されている日本人会の佐竹ニニョム犯罪集団連中は更に行動が限定される羽目になりまして、後ろからズドンの闇が迫った来た実感を感じたはずですけど更に継続しますので、彼らが大金を手にする犯罪を実行するかもしれない「誘拐」には以後数年間は大人も子供も同一で対応する必要があります。
※個人的には、最低2年間程度の対処は必要です。

この説明は、立場の異なる人に説明しているつもりですけど、感じた方は両極端の人々だけです。
なお、日本人の女性の方に対する「嫌がらせ」の指令は一旦は解除されたはずですので、組織的な部分は消されても個人的には発信されている事を常に戒めてください・・・そう願う。
理由は明確で、ベトナム人は一度出した指令を取り消さないので、解除ではなく継続で暫く休みの意味がもっとも適切です。


フン・マナの旦那が星3つの中央治安副長に任命されました
フンセンの息子フンマネットの一部重複する重責の椅子

※星が3つになりますと、現場の直接支配者に位置する権限を有する人物になり、自己の言動に合う人物の適材適所人事権を行使するので2年程度すると「権限が細部に浸透」しますが、本人に経済的背景が希薄ですと意志が忖度されないのがカンボジアの問題でもあります。
今回は、本人の職業としてはバイヨンテレビの経営者でもありますし、以前も説明した二束のわらじを履いてますし、嫁さんはフン・マナですから細部に意志が届くはずと思います。
名前は、新聞に出てますけど、状況を見て再度名前も含めて記述します。

私が同人物について委細を書くのは初めてですが、実は以前にも同人物の内容については説明しているのですが明確に「関連」した説明をしなかっただけであり、バイヨンについては色々と記述してますので「過去の記述」をご精読されれは意味は歴然となりますのでご精読を願います。


激痩せのフンセンとソーケィンの体調
ここ1年で二人は激痩せしていますので「体調」に問題ありとの認識ですが、内務大臣のソーケィンも同じく痩せ始めてましたけど痩せ方は少しなので体調管理がはやりだしたのか「別の意味があるのか」です・・・不明
いずれにしても、体調不安は数年程度で判別可能なはずですから、数年後には体調の内容が顕著になるはずです。


過去から何度も出ては引っ込む話しで、新規空港建設着手記事
過去にも何度も出まして、もういい加減にしろと言う内容になるので、今回は建築中のビルが映し出され一部は完成写真と説明記事でした。
しかも、ユーロ圏からの財政支援と共に中国の新規設立された銀行だとか・・・昔は全部が世界銀行での作文。
ついこの間前はIMFのSDR権利出動話しでしたけれど、今回は「ドイツとかフランス」の借款話が持ち出されてまして、最後には秘密資金話しでの作文になりそうですけど、ニニョムが作文のネタを作成してんのか??

ついでに説明
タイとカンボジアの鉄道事業に関して
タイ側は、既に締結された内容での目的の場所までレールを整備完了していまして、カンボジア側の回答待ちというところでした。
この件に関して、カンボジア側からタイ政府に対して回答がありまして、現在事業計画が遅延しており整備計画に沿う工事が出来ていないので、具体的計画完了には回答できないので、工事も含めて暫時お待ちくださいという「昔からの手法」で回答されました。
従いまして、どうしても鉄道事業を完了させたいのであれば【タイ側】が資金を出して工事を再開させる必要がありまして、タイ側は約束された両国の通商計画に基づく事業開始に不安を口にしています。

※以前も同様の口車を使いまして、通商に対する大規模な発展を夢見た図式の計画が発表された事実がありますが、話はあっても計画は実行されずでもタイ側は鉄道事業計画整備を行いまして、事業計画最終年から何年も待ちましたけど無駄な徒労。
カンボジアの目論みは、タイ側が金を出すなら儲けを出す段取りを揉み手しながら待っているはずですが、タイは乗りませんでした。

※日本にも話が来たはずですけど、フンセン独裁政権様の口車だと100兆円あっても【足りない】と言う話しで説明が行われるかもしれませんので、口車恐るべし。


新規政党樹立の話し
フンセン総理が直に説明した

カンボジアに野党が存在していないので、一党独裁政権が顕著になりましたら「CNRP」の残党が集まり次の選挙に備えたら良いのではないのかという「フンセン」の漫画話しが出てきています。
自ら唯一の野党CNRPを法律で解体し、代議士の一人を殺害したと吹聴してますから引き受けする人々には畏怖がありますが、選挙の段取りをしたら良いという話には口あんぐりです。
しかも、ケィムソッカは拘束を解かれていないし、元職員も「刑事訴追」されると言うカンボジアの独裁政権運営ですから、意志に反した言動をしたら「即逮捕」されるので政治活動を出来るわけがありません。
口車に乗り、政治活動をしたら「金の浪費と命の浪費」になりますけど、今年の6月(7月)の選挙に野党の結党が可能なのかです。
この状況は、2003年の政治状況と類似していまして、フンセン所属のCPPが大勝した状況と同一です。
武力政権打倒しか対処手法はないのです。

選挙について
2018年の選挙が6月に行われるはずでしたが、フンセン政権の対選挙段取りのために国民議会選挙の日時が事前に繰り下げ移動されてまして、下げた段取りの中に交渉が停滞していたイオンモール第二店舗目の開店時期や選挙対策用電力料金の引き下げ支払い政策があったはずであり、裁縫労働者元代表の逮捕も今回実行されました。
ですから、労働運動の代表者が「何人も刑務所に監禁」されていまして、裁判中も監禁されている全ての人数は100人を越えます。
元野党の政治運動では逮捕され有罪判決者は数え切れなくなりまして、現在の総数は「多数」としかわかりません。



CNRPとサムレンシーは、カンボジアに治安の消滅をもたらす・・・RCAF 星4つの将軍様
意味・・・テロリストなのでカンボジアに舞い戻った場合には、軍が率先して殺害を公表しています
繰り返し何度も数年前から同人物が宣言しています。

※言葉の表現は、軍が最初に動くと言う言葉の表現ですけど、付属する説明は強い調子で「殺害を予告させる厳しい内容」ですから、VOA関係者は深刻に受け止めるべきですのでサムレンシーの帰国は思考してはならないと思う。
思考するならば、武力でフンセン政権の打倒を考えるべきであり、中途半端な思考は単なる無駄遣いの継続です。

RCAF(royal cambodia armord force ・・・カンボジア軍武装勢力)ですが、実態は軍の憲兵と言う役割であり軍に対する刑部の役割を担っているので、容疑があり次第随時軍人の逮捕拘禁が令状無しで可能です。
誰だったかな・・・星4つの将軍様 sao sohka?
同人物は、サムレンシーに対してテロリストと呼称しているので「見つけ次第殺害」可能でして、フンセン総理の直による殺害指令否定以外は阻止できませんが、周知徹底期間が最低2週間以上は必要だし、軍人が褒美目的で勝手に殺害する事も当たり前ですから、サムレンシー帰国は誰も責任を取らないという事と同意語です。


ディ・ヴィチェア・・・フン・ミナの旦那
今回、星3つの将軍様に就任しまして、更なるバイヨングループの勢力が増大する事が約束されました。
本人は、バイヨンテレビを支配していますが、家族はバイヨン・ベーカリーとかバイヨンビルとバイヨンマーケットも支配していまして、バイヨンマーケットの売りは中国製陶磁器の販売でした
2018年は不明
私は、以前からバイヨンベーカリーについて記述していまして、バイヨンベーカリーが販売するケーキを敢えて購入している以前の記述説明に着目して欲しいのですが、個人的には同店舗のコーヒーショップにも頻繁に一人で訪問していましたし、インド人の作るケーキを何個も食べた過去がありますので、同店については相当回数記述をしていますし、バイヨンビルについても説明した事があります。
本人の横顔その他については、まだ記述を先に延ばします。
 

CNRMの新規設立
カンボジア国家救助運動(Rainsy's Cambodia National Relcue Movement)は、元CNRP同様に関係していた人物も含めて「テロリスト(terrorists)」とRCAF星4つ将軍様が大いに吠えていまして、参加したのが確認されたら軍が真っ先に動き逮捕すると宣言しています。
簡単に説明すると、RCAFは軍の憲兵組織が主体となった軍の刑部組織ですから、法律的には令状無しで随時逮捕拘禁と裁判の設置が可能でして、判決があれば死刑も合法な名目で可能ですから、将軍様は帰国スンナと言う自己の立場を力説しているような口調で演説を以前から強くしていまして、現在もテロリストの呼称は同一の趣旨で公言しているのだと思う。


ケム・サマティダ(Kem Samathida)逮捕収監について
ケィム・ソッカの娘
CNRP党首で唯一の野党だった人物ですが、真夜中に逮捕されまして国会議員不逮捕特権が行使拒否された人物です。
本人は下院議員代議士なので不逮捕特権を所持しているはずですけど、フンセン独裁政権は呼称名のとおり独裁振りを発揮しまして逮捕拘禁し、現在も拘禁生活を余儀なくされているのカンボジアに民主主義はありません。
ですから、フンセン政権の武力討伐は合法と言う思想が私にはありまして、VOAも同意して貰いたいですね。
同人物には娘が居まして、過去のCNRP政治運動には多数回数の参加がありました。
とても有名な人物で、現代では昔のスレイフンセンよりも有名な人物で、小学生も含めて30代の男性までスベテニ名前は浸透している【女子力】のある娘ですが、ともかく色っぽいというかスレイフンセンとは異なる色気のある女子大生でした。
簡単に言うと、男なら一度は「かまってみてみたい」女子力でして、彼女がCNRPのdemonstrationに参加すると言う話になると「男の1万人」動員力がありまして、演説会場は男の熱気がむんむんするほどですから、周辺暑苦しい事この上もなし。
しかも、若い男が大挙して押し寄せるので「警察官」がいなくなりまして、理由は警察官との小競り合いが相当箇所で起きるからです。
彼女が逮捕されましたけど、以前から逮捕予告が出ていまして「逮捕がされるのか」と言う事が話題になってましたけど、父親の国家反逆と言うわけワカラン罪状の認否を娘を使って認めさせようとする魂胆と思う。
 
★卑怯な手段。

裁判の内容では釈放の可能性もありますが、父親と同一の罪状で被告になるはずと予測しています。

其処で、ベトナム人門閥で現政権から父親を殺害された人物を選出する提案をしたのですが、SRUN IM の名前は時が熟成して以内と判断されるのは悲しいです。


現政権の広告
次々に新聞発表の話し

イオンモール第二店舗目の大量従業員雇用に続き、新聞には電気料金の下げ幅30%で決着したと公表され、政府支払い補助金をつける・・・輸入金額との差額は何処に?
なお、電気料金値下げの話しは選挙対策手法なので、選挙の山場近くに委細が公表されるはずですが、選挙予測次第では取り消しもあるのがカンボジアの政治手法なので、まだまだ判りません。
今年は、7月に国民議会選挙(下院選挙)です。

景気のよい話が満載の新聞で、更に借金を40億米ドルして、新空港建設?
この話しは、以前からフンセン独裁政権様の「超目玉」アドバルーンでして、金が無いのに話しだけは次々に出てくる「漫談」の領域ですから、オリンピックスタジアムを壊して膨大な土地開発と共に、あっちの土地とかこっちの土地の開発話だけは鉄道話しと一緒で尽きません。
今回の話は、中国の主導する出来立ての銀行から融資が決定しており、融資と共に中国の投資が30億米ドル近く集まったので工事が開始されると言う作文でして、10年を越える間に構想だけは大きくなる幻です。
一言、もう聞き飽きたよですが、話しの骨格と肉付けだけは「色々な話」が出るので詐欺の類ですけど、手を変え品を変えていろんな話しが1年間何度もお化けの様にでるのですから、慣れた人は新型がいくらでてもまたかよの過去から毎年出るお化け話です。

IMFのSDRの次は中国の投資銀行で、ドイツの話の後はフランスの借款でus5,000万米ドル 援助と借款 ?? ・・・政府系新聞なのでまるで内容意味不明
こんな話しに乗っかったら、「ダボハゼ」になりますけどね。



★日本人会のニニョム・佐竹犯罪グループは、カンボジアの官僚と直結しているので逆らうとカンボジア査証取得に困難を生じる場合があるので、
日本人会に加盟せず日本人会と付き合わないのがよい。
beast 獣, 野獣, ケダモノ, 畜生
wild animal 野獣, 猛獣, 野生動物
monster
と解釈してください。


南朝鮮のドイツ元シュナイダー総理
年齢70才を越えていたはずですが、40才過ぎの南朝鮮人女性と婚姻しまして、婚姻付録で日本の口撃をしました。
出会いの場所は?
南朝鮮の情報機関に引っかかった元ドイツの総理大臣と言う解釈ですから、裸の動画が保存されているのでしょうね!!
文政権・・・付き合うと面倒ですね。
安部総理に南朝鮮行きを進言した政治家は誰?
同人物だと、過去に裸体動画の保存されし日本人政治家と秘書達・公務員・報道関係者・・・皆様、ご注意「遊べ」。



タイのプラウィット
プラヨット暫定軍事政権総理大臣ではない、高額な時計と指輪を問題視された腹の突き出た人物で、インラックシナワトラの逮捕を口癖の様に話している人物です。
本人は、高額な腕時計の所持人で報道で賄賂の受領を騒がれていますが、矛先をインラックシナワトラに向けようとしてますけど、タイの行政はイギリスに対して照会したが「相手にされず=言葉表現は穏やかで丁寧」という話しを公表していますが、プラウット氏は「公務員が一丸となり逮捕せよ」と大号令。
プラヨット軍事暫定総理大臣は、国を出たインラックシナワトラに対しては何も言いません。

中国人に大人気のタツノオトシゴ
grilled sea house 150bart 焼きタツノオトシゴ大人気 うまいのか?
一方では、少なくなった「採るな」と大騒ぎですけど、中国人には大人気で「皆々購入してパクリ」していまして、価格の高さにもびっくらですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加