カンボジア日記  ゆめきの日々

カンボジアの情報と、世俗・慣習・文化
等も少し入った文章にしようとしています

ご期待の下さい

E-Mail problem (call sign rogue one---race bad-man korean but nationality is Japan )

2017-04-29 02:24:56 | 日本国内にはない記述
E-Mail problem (call sign rogue one---race bad-man korean but nationality is Japan )

手足の長い朝鮮人でありながら、国籍日本人でカンボジアのプノンペンで純粋日本人から代金詐取を繰り返していた男でですが、ロコモの時からウィルス混在で「メール受け取り人が開封しなければならない名称でウイルスがバンバン」送付されてましが、私の所は日本大使館名と日本人補習校名やカンボジア国家警察電話番号で「連日メールが山です」。
以前は、日本人会・銀行名・face book等多様な名称でしたけど、プノンペンに居るときには「ウイルスを入れて」相手を撹乱する手法でパソコンが2台で対応していましたが、現在は日本ですので「全て開けません」から問題が亡くなりました。
しかも、パソコンの裏窓口を常時閉めているし、使わない時は「ケーブル」をパソコンから外してるので「一旦ウイルスが入っても操作できません」から、やる方は常時パソコンの前に座る必要が有るので、外に出かけられ亡くなります。
古いパソコンをネット回線用に使いまして、新規パソコンは「保存」をしてネットに繋がない手法がお勧めです。

※私に送付されてのは、全てなりすましメールと思慮していますけど、同様のメールが
日本人会(議事録作成などに関与する人物))
日本人学校(補習校から格上げで勤務した人間が通報の段取りをします)
日本人補習校には、多数のベトナム人門閥特殊関係人日本人が大増殖していますので、通知されたメールアドレスに必ずウイルス付きメールが送付されますけど、ウイルスの暴れる日時は彼らの任意ですので、誘拐事案・その他の事案に遭遇した場合にはメールは使用不可能になります。

理由
居住者には、ニニョムを含む連中が多数で人物を推薦すると職にありつける方式が採用されているので、日本人会に何人者名前で登録して加入し、居住者暦の長い連中が推薦すれば仕事を貰えると言うことであり、現政権は「ベトナム人」政権ですからベトナム人特殊関係人と「入魂の間柄」という繋がりになって居ます。

昔から、ロコモとニニョムにメルアドを通知すると必ずウイルス入りのメールが送られまして、一旦あけるとウイルスがPC内に宿りまして、必要に応じて
日本人会補習校名/日本大使館名/ その他の中には「日本大使館発 国家警察直通番号」だとかも現れまして、怪しすぎて不気味ですから開けません。
以前は、銀行名とかその他も称してますから、何かで銀行を利用している方で日本人会及び補習校や日本人学校にメールアドレスを通知された方には随時「ウイルスメール」が送付されるはずで、ウィルスが暴れなくとも「いつかは必ず暴れます」。

原因
何度も記述していますけど、以前から「メール連絡の必要がある」と説明してメールアドレスを日本人会が収集していますが、性善説を思考する日本人は日本人会の役員及びニニョムや佐竹、更に日本人会が運営する日本人学校/日本人補習校で収集したメールアドレスを【不正使用】して自己都合でウイルスを暴れさせ、場合によっては破壊指令コマンドでPCのソフトをぶっ飛ばしてまして、ロコモの会社が日本人客から詐取して苦情が入ると「ウイルスで対応」しまして、相手からの苦情を阻止する対処手法でした。
すなわち、苦情を入れると「ウイルスメールが送付」されますから、メールで苦情を提起しても会話が成立しないのです。
このメールウイルス対処手法は、アメリカでは一般的でしたから「強力な取締り対象」でして、逮捕したハッカーが持つ「能力」を刑務所の中で証明させ、最先端知識の場合には減刑対象にしたのですが、日本では同手法が30年程度前からありましたけど殆ど取り締まりがされませんでしたから同手法を利用した詐欺で金員を詐取する事件がありまして、発展型が「代金を日本国内で振り込ませて」外国で契約を実行すると言う旅行手法で詐取が行われてまして、日本国内と外国へ跨るので日本国内の警察は「お手上げ」ですから、被害者に対して被害受付をしない対応で「あしらい処理」をしていたのです。

※アメリカのように、全体を解明して対処するサイバー関係者・外務・検察・警察組織を一本化する一時的な手法で対処するしかないのですが、日本は総論賛成各論反対省益寄越せという話になるので話をまとめられないのです。
東日本大震災の時には、めちゃめちゃぶりが露出したので現場での対応が少し改善されましたけど、本質的には「省益よこせの戦いです」から日本版FARM?が創設できませんでした。

安部総理、北朝鮮からサリン・ミサイルがぶっ飛んでくるかもしれないと「情報操作」ですけど、話がおもろいのでテレビは喰いつきまして、タレントや学者様がコピーペーストの話で満開でしたが、散るのも早く1週間の命で報道は亡くなりました。(笑)

何が言いたいのか?
カンボジアでは、メールアドレスを含む全ての情報は開示は問題提起が多く、必ずウイルスの被害が発生するはずと考えて居ます。
なお、ウイルス被害についての話は相当深刻でして、カンボジアとプノンペンに在住する人は「全て」一度はウイルスの送付をされるはずですが、大使館名・日本人会名等の成りすましメールウイルス混在メールがありますので、受取人は必ず開封してしまいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CNRP(cambodia national rescue party)

2017-04-27 05:06:18 | 日本国内にはない記述
お断り

カンボジアでは、日本人旅行者の多くは「プノンペン」のキャピトルに宿泊することが多く、ホテルの宿泊者は「少数派」と思います。
一般的には、バックパッカー(背中に荷物を持つ人)と呼ばれる人々の事ですが、安価な宿泊施設と言うよりも「reasonable=妥当な金額」という「guest-house=簡易宿泊施設の名称」に宿泊して安価に長期間滞在しながら「旅」を自己満喫するやり方ですけど、この人々は「言語や外国の勝手に長けてます」ので問題は無いのですが、日本からの旅行者レベルで言語不理解で所持金も少ない人々が、「ボランテイア」と銘打った優越感に浸りたいツアーに参加して多数の人々がカンボジアに来た時代もありまして、この人々から詐欺を働いたベトナム人門閥の中に「佐竹」が居たのです。
その他、ニニョムを介して大金を持つ人々もカンボジア来訪者が多数居まして、自己の所持する金員の総額を自慢話で日本人会の現地居住者で日本人会役員に伝えると、彼らが内容を確認して操り人間の「女郎を揃えたり」しますから、飲み・打つ・買うの段取りをしてくれると言う事です。
一般論で言うと、女郎の段取りするには経費が必要なのですが、日本人は経費の支払いをしないで女郎の支払い金額だけを質問する「狡い」賢さを持って居ますので、値切った金額で提示して「どうだ?」ですから、ベトナム人門閥からしたらカモを料理するのにポンコツ一発なので女郎支払い金額など安価でも問題ありません。
銃で4発撃たれて強盗殺人の被害者になった日本人が最近では有名ですけど、夜間強盗被害に遭ったり泥棒に遭う被害者が連日いまして、特段に日本人が被害に遭う場所というかエリアがあり有名だった場所が「バンケンコン=ニニョムの有った場所」で、私が頻繁に出入りしていた「キャピトル周辺」では被害が無かったはずです。

私には、ベトナム人門閥の関係が判別出来てますから問題の有る連中が私に近寄らなかったと言う意味合いが大きかったのですが、背景を考えると「その程度の街の大きさ」という内容でして、現在の(2000年)街規模で1/4程度も有りませんでしたし、人口は1/20-1/50程度の規模だったと思いますし、プノンペンの在カンボジア日本大使館から道路は1本で15-20分程度の時間で空港まで走れたと記憶が有ります。
こんな規模の中で、日本人相手専門に悪事を働くのですからプノンペンで街場には悪評が漂ってましたけど、何故か日本人には正しい情報が伝達されませんので、日本人バックパッカーやその他の人々が集まり情報交換の場所で原因を話し合う場所に「ツーチャン食堂」がありまして、あいつらのあそこは「泥棒宿」とか、ニニョムは「人殺し専門のポンコツ屋」とか、ロコモは「全額頂マンモス」と言うような具体的内容で悪事の手口を情報交換していました。
日本語では具体的に一般的な会話で話されてましたけど、日本人の被害をベトナム人公務員が情報の伝達を妨げることの出来る立場で活躍していますし、日本大使館の領事担当者も同様の姿勢が有りまして、ニニョムと日本人会役員の囁きで「被害に遭うような人物は救済するのにアタラナイ」という自業自得説話を説明された事があります。
振り返って考えると、現地居住者が連携して悪事の限りを行っていたが、ベトナム人公務員があらゆる場所に「指示」を出していたので被害の委細が報告されないという事態が有り、1日/us1$-3$ の場所に宿泊して被害に遭うのは自業自得という「変な屁理屈」の話が闊歩していたのですけど、同点の改善をすべきと言う趣旨で面談話をした事があります。
当時は担当者が日本人会の顧問に就任していまして、カンボジアの物価から考えれば宿泊代金は「reasonable=妥当な金額」ですから自己都合錯誤解釈ですので、間違った偏見的解釈は是非も無く取り消すべきだと力説したのですが、僕は一人だし全てを担当できないからと話されてました。
平たく言うと、業務を毎日こなすのし外に出られないので「真実の確認が不可能」という話でしたから、誰かが「虚偽作文の内容を伝えていた」と言う事で日本人会の役員に選出された人間の悪行と言うことで確認を実行したと言うことであり、当然ベトナム人に確認作業の内容が有る程度は知れる羽目になりましたから、色々な意味で生活に圧迫感がありましたけど、当時は「当該ベトナム人連中が政権の中枢までたどりついていなかった」ので、圧迫感はあっても知らん振りしてました。
2008年の選挙の後も同様でしたが、人民党が2013年の選挙で68議席(人民党 与党):55議席(野党)で政権維持をした時に、この獲得議員数では責任を明確にしなければならないとフンセン総理の敗北宣言で大鉈が振るわれ、政権に寄与していた担当者で多くの人間が人事一新の波に埋没しまして、政権の為に骨を削る意志を見せたものだけが昇進したのです。
ですから、ベトナム人公務員の思想に対立する内容で行動したと言う事ですので、ニニョムや日本人会の役員の悪行関係者とも対立する立場でして、この点を明確に記述できなかった状況が私には遭ったと言う事です。
個々に社会的弱者の日本人を手弁当で救済していたのですが、立場の相違から私の話など「日本の公務員は聞く耳を持たない」のですから、話す意味など有りません。
一度だけ話しましたけど、多勢の意見に従ったようですね。
真実は、ニニョム関係は日本政府と近い関係に有ったという話がありまして、しかもベトナム人門閥の関係が確認されていたので「反撃=死」の可能性が大きかったと言う事になりまして互いに相手の勢力範囲外にいたのですけど、時々ロコモがボカスカやるもんだから「ハグレタ日本人がキャピトルに宿泊してツーチャン食堂で話をして」私に話が回ってきてますから、迷惑ですが「思想的」に同意して手弁当で直接現場と話して解決を計った事があったと言う事です。
この事が評価されず、相手には金儲けを邪魔されたと解釈されてますので更に迷惑が覆いかぶさるという事になりますけど、委細かまわず善意を施していたと言う事です。

しかし、優越感に浸りたいカスの言い草には「脳天が沸騰」してしまいましたね。
(自己主張だけして、他人の迷惑顧みず、支払いその他は全てアンタが自腹で段取りしろと言う話ですから、私はナニ?)

ボランテイアの話
言語も何も知らないのに、ボランテイアと言う名前だけに優越感を感じ、行き先はカンボジアのプノンペンで「smokey-mountain」と子供達と触れ合い少しだけ観光ですが、内容が異常と感じないのが異常じゃないのか?
外国まで行き、ゴミが燃やされて「廃品回収」する姿を散策するんだが、こんなの「脳天が化膿」しているとしか感じられヘンよ。
バスの中に所持品を置いといたら20人中17人が被害に遭うと言う内容なのに、バスの運転手とか佐竹に対して「盗んだのはお前だ」程度で詰め寄らないのかよ。
しかも、無関係の宿泊施設で大騒ぎで「変な英語で大絶叫」しながらフロント女性に詰め寄る?
無関係の宿泊施設でフロント業務人間に詰め寄る意味が・・・判んない?
和紙な、本当の事を言うと、当該フロント女性を操って仲間に引き込もうとしたはずと考えていたはずと認識していたけど、当時はお前たちに「力」が無かったはずなので、和紙に連絡をする無難な選択をしたと言う事で解釈すべきだよ。
佐竹は阿保だから、日本語記述の意味を深く考えないようだし、当該女性は「お前達の操り人形を自己の最良内で家族と共に協力」していたんだが、尾米良が相手の生活内容まで関与する話になっているのにムカンヨ姿勢を貫くからだよ。
バイクの件は後からの内容だけど、ベトナム人は尾米良に全ての話をしないし嘘も入れるから「てんてこ舞い=翻弄」されるはずであり、この点を確認するにはクマエ語だけでなく額に汗することが必要だし、全体像を見渡せる知識が必要なんだよ。
無理だろ・・・理由は有るんだけど、和紙には理由が分かっても尾舞には分かんないはずなので、フンセン政権崩壊時には「丁寧に記述して説明してやる」。

カンボジアは小さい国で、プノンペンは小さい街だけど、生存を賭けて生き抜く悪事の「日本人犯罪ネットワーク」がベトナム人を主体にして情報伝達構築がされていたのです。



CNRP

英語表記 cambodia national rescue party
日本語表記 カンボジア国家救護党
中国語表記 救国党・・・中国語表現は、カンボジア国内の中国人がカンボジア国内で使用している漢字表記ですから、カンボジアが省略された漢字表記です。

以前の日本語情報誌の記述では、1号公路とか2号公路とかの表現が日本語の中に多数出て来ましたけど、これは中国語表現の漢字表記ですから日本語では間違いですので、私は正しい日本語表記の意味で何度も国道1号線という記述で説明してました。
なお、カンボジアはプノンペンから通じる国道が6本しかないのですが、名称が異なる国道が多数存在しまして、国道6号線Aと言う名称が表記された道路もあります。

カンボジアの野党で、2013年は与党と1つの野党しか存在していませんで、この状態が2018年の選挙まで継続します。
理由
他の野党も政党として存在し政治活動をしていますが、議席を獲得する事が出来なかったので政党要件としては不成立と言う事です。

カンボジアの選挙は5年に一度の国民議会選挙でしたが、現在は下院選挙(衆議院に相当する国民議会選挙)と上院選挙(参議院に相当する選挙・・選挙制度は異なる)の二つがありまして、下院はフンセン総理が首班指名を受けて総理大臣の座に就任してまして、上院は「ヘン・サム・ルン(私の表記)=ヘン・サムリン(ベトナム人トンチキ表記)」が議長職に就任しています。
総理大臣には、犯罪免罪特権が付与されてまして、更に犯罪免罪特権を行使する事もできますから「自己の任意で釈放」させる事が可能となっていますし、副総理にも同一の権利が付与されて居まして多数の副総理が居ますから、政権に参画した場合には「不逮捕特権が付与」されるのは常識と言う解釈が当たり前とご理解ください。

タイでは、高位の軍人にも同一の処遇が適用されると解釈されてまして、中佐以上は事実上の不逮捕特権処遇で取り扱いが行われます。
何故、中佐以上なのか?
この部分を簡単に解けると、貴方は軍人の階級に詳しい方です。
よって、中佐以上の人物に関しては警察の「逮捕も事情聴取」も行われず、問題の対処には軍警察が代行対処するのですが、「捜査ではなく座談会」の話し合いで終了となりますけど、世間に名前が出たと言うのが処分と言う意味合いですので、名前が出たら「相当期間」潜ってますね。(笑)


何が言いたいのか?
政権側は、一切犯罪に問われる心配が無いのですから政的に対して激しい攻撃をする事が容易に出来まして、2003年の選挙では「激しい血みどろの選挙」が行われてまして、CPP(カンボジア人民党=現与党)が絶対的優位を確立した選挙でした。
この選挙運動の動画だけは数分間残ってますが、当時は「震えながら」カメラを回してました・・・周辺に人数が増えてからは、おおっぴらに動画撮影です(笑)

野党党首は「サムレンシー」・・・重国籍者です。
疲れちゃったので、次回はサムレンシーの題材で記述するつもりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CDCC(カンボジア人材開発センター・・・cambodia diviropment capacity center)

2017-04-26 08:29:14 | 日本国内にはない記述
CDCC
(カンボジア人材開発センター・・・cambodia diviropment capacity center)


お断り

ロコモと言う名前の会社は、ネットでカンボジアに来訪する日本人客を募集していまして、カンボジア国内現地スタッフが段取りをすると言う方式で日本国内で旅行代金を受け付けるやり方でした。
同方式のやり方は、タイの日本語によるネット募集関係では一般的でしたからやり方を模倣したのですが、主たる連絡はメールだけですので「メールの中にウィルスが入れられる」と連絡が一切出来なくなると言うハッカー方式が採用されてまして、当時は問題が提起され「苦情メール」を送付すると事前に仕込まれたウイルスメールによりソフト破壊指令コマンドでパソコンソフトがぐしゃぐしゃですから、複数のメールアドレスを使用している人でも持参のパソコンソフトが破壊され「苦情不可の状態」が作り出されまして、連絡不可能と言う状況でした。
しかし、当事者は「自己の問題に気が付いても全体像は不明」ですし、旅行者は現地で一時的に知り合った人々との交流は希薄ですから、統一行動ができません。
持参パソコンソフトが破壊されるのでネットカフェに行きますけど、自己のメールアドレスからネットカフェのパソコンも片っ端からそソフトがぶっ飛んでしまいまして、渋谷の旅行会社が100億円を越す被害を出した「悪い部分」だけが強調された内容ですが、苦情の行き場がないと言うことであり在カンボジア大使館に苦情提起の方も相当居たはずです。
私の知る限りでは、プノンペン居住の時だけでもロコモに関しては「数回と言う内容」ではなく、時々被害が発生する頻度での有様だった事を理解してください。

数人程度の人数で車両を用意するのは損だと言う判断が下されたはずとの解釈ですけど、日本国内で支払われた金銭の問題は???
現実のやり方は詐欺なんだけど、詐欺を立証するには旅行者がカンボジアで被害を確定させる交渉時「言語問題や対応能力」が提起されるから、自己で助けを請いながら他人が手助けしようとする場合には、必要な金の支払いは必要だと思わないのか?
言いたい事は、被害者救済が私の義務ではなく、被害者が発生するたびに旅行者から自腹で支払いをする事を求められても不可能な話なんだが、日本人が困っているのに助けないんですかとかの話はズルがし子ちゃん過ぎだと考えるべきと力説しています。
こんな主張の言い方はカスと記述したけど、私にはロコモだとかボランティアだとかのは無関係であり、あんたらが「キャピトル」に宿泊して変な英語で大騒動を巻き起こしたので電話で呼ばれただけです。

問題点
民間の被害に関する内容なのに、在カンボジア日本大使館が率先してカンボジアの警察力行使をするはずと自己都合誤解している被害者が多数居まして、私に対する質問も同様の内容で「詐欺」の連発をしながら説明するのですが、私の話は最初にカンボジアの警察に対して「被害届け出」をしてから『police-document』の作成をして、同書類を所持して大使館に届け出をし、日本に帰国したら金銭送付先に同事実を伝え、慰謝料を含む損害賠償交渉を開始するのが筋道と説明すると、じゃお願いしますと言うのですから「どうにもなりません」。
何で?
貴方の説明したとおりにするので、そのように段取りしてください。
お金が必要ですけど?
それは、其方からの話ですから私には無関係ですと涼しい顔。
ナニー、恐るべし「カスの理論」だ。
ツーチャン食堂で、ロコモに引っ掛けられた日本人被害者がくると片っ端から日本人居住者を巻き込んでしまおうという魂胆での話しかけですから随分と迷惑をしましたけど、問題はベトナム人公務員が関与しているのが明白なので「被害届け出」のやり方が複雑になります。
理由
カンボジアの警察官は、被害届け出を極力少なくする手法で対応しますので、難しいというか「police-document」の作成までこぎつけるのが大変と言う意味であり、事業主の名前が「ロコモ」の場合には警察官に対して影響力のある名前ですから、被害届け出を行う事に難題を降り掛けて来ましてやると大変なんだよ。
当時は、外国人被害者には外国人警察が対応していまして、プノンペンでは1つしか対応機関がないし、看板は「フランス語」でしたから届け出する事が旅行者には相当難解な分野であり、外国人が被害届け出を出し完了し「police-document」を取得するには相当の日数と労力を覚悟しなければならず一般的には無理と判断可能ですから、被害者が連続で大量に継続発生しても対応能力のないカスには被害が届け出でられません。

被害受領する警察の場所を知っていて、届け出を自己作成文書で行い、警察の指定用紙に改めて自己記入し、後に警察のインタビューを受けて、更に裁判に出席する意志を問われる手続きが終了したの後に警察の「police-document」が交付されますし、発行されるまで数日(3-7日程度)が必要でした。
被害の確認調査と言う名目で対応を遅らせる手法をしまして、旅行日程の範囲外になる事を指し示しながら被害届け出をあきらめさせるという目的が感じられますから、交渉というか話し合いで被害届け出するのが大変何打よ。
手続きでは、損害賠償に関する規定内容説明もありますし、カンボジアで税の支払いをしている外国人の場合には「損害賠償の分を納税義務税から支払い税分から差し引く規定」もありますので、被害届出は「税の支払い免除規定適用」で居住者に対する救済処置が行われると言う事です。

現在は、外国人警察に代わりまして tourist-police が同様の役割を担って居ますが、届け出には「素晴らしい」関所(tariff)が設定されているとお考えください。

昔の外国人警察署の場所・・・セントラルマーケットの徒歩範囲で、ソリヤ市場から徒歩3-5分程度。
現在はtourist-police になってまして位置が代わって居ますけど、共通言語は「クマエ言語・英語言語」の2種ですから電子辞書があれば役に立ちまして、
辞書の中にはクマエ語があると言う話も聞いてますので、興味のある方は「電子辞書」を確認してください。
日本語から、中国語・朝鮮語・ベトナム語・クマエ語・タイ語や、ミャンマー語・ラオス語等の5-7ヶ国語対応が有ると言う話です。

警察の看板は、フランス語で「エトランゼ=異邦人=外国人」のフランス語が目印ですが、入り口の壁は一部崩れているので・・・ここに人が居るのか?
共通言語・・・クマエ語/英語
警察に被害届け出する意味が判りました?

言語能力まるで無しなのに、ロコモという旅行会社で詐欺に遭いましたとかボランティア(カンボジアに志願)しに来ましたから、助けるのが日本人の使命とかの文言を使いまして余分なお金はありませんと言う説明を堂々とするあなた方に対し、私に屁理屈で無関係な人間を巻き込もうとする話し方に疲れますヨ。
こんな連中が、被害を訴え興奮し大挙して日本大使館に押しかけたらと想像すると、ぞっとしますね。
怒号の渦で、毎回「喧しく」内容も意味も伝わらなかったと言うか聞き取れないと言うのが印象でしたけど、こんな詐欺話が日本とカンボジア間で何年間も継続できるのがカンボジアでしたから、ベトナム人門閥に相当の利益が「ウハウハ」だったと言う事ですね。
上記の内容から、1日1,000米ドルの話が正しい事を理解可能でして、現政権が倒れたら「日本人強盗殺人事件も含む真実が明らかにされ」まして、日本人居住者でベトナム人門閥に関与している全ての人々があぶりだされてカンボジアの「プレイソー」だよ。

日本海大家さんが、カンボジアについてどんどん書いてくださいとコメントして頂きましたけど、ベトナム人の思想というか「門閥」が自己都合情報操作して自己都合の内容をニニョムに伝え日本語で発表していたのですが、関与していた人間が「一般刑法犯」を犯していたと言う事が重要な問題でしたけど、アメリカと情報交換していれば図式は簡単に判明可能でした。
日米同盟の下で、世界の情報交換をして下さい。

だけど、私を写したニニョム関係者の写真とベトナム人の公務員が手配した写真で正義の味方が悪の権家説話に心が変化したはずと思うけど、当時はベトナム人の公務員でも自由に待場を歩けなかった時代なので、彼らの情報はタワケ話が一般的でしたね。
まるで漫画。
歩けた?
あんな、フンセン総理でも大名行列でしか移動できない状況下だし、互いの勢力が門閥の主と言うか父子を狙っていた時代なので、プノンペンでも警察官がしょっちゅう狙撃されて殺害されたり、子供を誘拐して「換金」する話で金が支払われても子供は絶対に戻らなかったんだよ。
いいか、誘拐された子供は絶対に戻らなかったから、仲介者は「色々な段取りでもったいぶって顔を見せないままの仕草が当たり前」であり、依頼するほうも「金の支払いについては警戒心が強い」ので、大概は交渉決裂で話になんない話と言うのが実情でしたね。
原因が政治的背景である時には、関与する人々全員だけにしか情報が流れないから、ナニが遭っても何もわかんないよ。

フンセン総理の大名行列解除日時は2003年の10月過ぎ頃からで、まだ非常時警戒態勢が継続されていて、翌年の2004年5-6月程度から解除された感じに見えたけど、実は周辺に新設の body guard police が多数配置されていたから、使用するセダンタイプのベンツに乗っていても表面的に騒動は無い様に感じたはずだけど、故シアヌーク国王が中国で生存し偶に国王が帰国するので「フンセン総理の護衛」配置は物々しかったし、後に「真っ黒な制服の警察官が新設」されたので、政策の問題点が予測されるたびに強い警戒態勢が潤沢な資金を投下したと言う事です。
私がプノンペンの安全度について記述した内容は、フンセン総理の使用する車の種類と新設の body guard police の配置や政治の対立内容から思慮した結果なので、単に弾丸が飛ばなくなったからと言う内容だけではありませんし、住民が犬を番犬として利用しなくなった事も考慮した内容を自己判断した結果です。


ポルポト虐殺説
真実
忘れてた
地雷のタワケ話
忘れてた
他、多数のベトナム人作文がありますけど、地雷の話とかタケオの話は「多くの報道記者も違和感と疑念を持って政府に忖度する態度で情報操作に協力」してますから、間に立つ官僚様の苦労が分かるだよ。
和紙だったら、1日でやってらんねーと短気で損気だから、子供の比から一生懸命勉強して東大まで卒業した苦労がいっぺんにオシャカだね。
和紙、馬鹿か? (笑)
だから駄目なんだね(笑)
だけど、政権が代わったら「和紙が必要になる事案があるかもしれない」し、CNRPとの連絡はたやすいよ。
カンボジアでは、ほとんどの人々が政権側に寄り添いながら中国人の両天秤対応が当たり前の渡世術があるので、以前の記述の中に「知らん振り対応」が多いと書いたけど、何故なのか?
そして、門閥とは?
人種の判定基準?
各人それぞれの判定だけど、此処が多様な人種と付き合うときの難しさで、しかも対立する人種も多いけど知らん振りする場合もある場合には別な対応もあり、プノンペンでは知らん振りされても田舎で遭うと別対応だったり、田舎では知らん振りされてもプノンペンでは話が出来たりしまして、しかもポイペトでも知らん振りさせられたりするのは昔からの話ですから、煙草を購入しようとしたら別の店舗で購入するようにベトナム人門閥店舗に対応されたりしたと記述しています。
此処まで詳しい説明というか丁寧に記述しなかったのですが、相当親密でも「外国人がクマエ語を使用すると弊害」に遭遇する場合が昔から多かったと言う事です。

★悩みは、政権が交代しカンボジアに一人戻ったら日本人の思想を捨て、日本との付き合いも一切捨てる思想が求められるのではないかと言う思考があり、日本に居ても考えた瞬間心臓が早鐘ですから、心の49%は現政権の継続を願いながら51%は政権交代を願う複雑な気持ちでして、新政権樹立前に一人帰国するかどうかの選択が難しい・・・。



CDCC
(カンボジア能力開発センター・・・cambodia diviropment capacity center)
・・・CCDC?
cambodia capacity diviropment center? ・・・看板を見た事あるけど、何で白人が常駐というかいつも見かけるんだと言う事に気が回りまして他は良く覚えて居ませんで、思考の中は、何処の国とbarter してどの程度の職域相互交換なのかとかの話だけが頭の中にありましたね。

本文
昔、在カンボジア日本大使館になんかの用事で立ち入りをした時に、非常に多くの現地採用職員が居たことに「違和感」を感じてまして、随分「いるなぁー」という強い印象を受けてました。
この事を常に気にかけてましたので、新聞その他で「内容を確認」しましたら「図式」が浮かびまして、日本政府の情報操作によるカンボジアの援助図式とフンセン政権支援の道筋がありまして、振出から上がりまでが一丁上がりです。(笑)
以前は、このような記述だけで丁寧な説明はしませんでしたけど、現在は立場が異なるので「日本海大家さんや先生と勉強一筋だった方々の為に」概要の全体像から記述します。

記述の考え方
道路を確認する場合には、道路地図を見てから道路を実際に走りまして自己決定した距離数を走破すると覚えられますが、現実には道路と友達になる必要がありまして、相当時間を費やさないと理解する事はできません。
当時のカンボジアは、日本からの税金が現フンセン政権に政権支援金として直接贈与されて居まして、カンボジアは世界の中で一番日本の言いなりになる「お犬」様でしたから、日本にも少し程度のおねだりをしたと言う事です。
おねだりの内容
就職をあちこちから頼まれて居ますのでどうぞよろしくの話が、次々に拡大しましてついに就職者100人を突破しまして、駐車場にバイクが止め切れない事態になるほどですから、何とか別な事案で解決しなければならないのですが、ポルポト作文にあやかり「話をデッカクシテ」ポルポト国際裁判を設置しました。
違うよ・・・違う
100人も居ないから間違いだ・・・79人の間違いだ 49人だったかな?
あっそう!!

じゃぁー、CDCCの創設目的は?
簡単です。
此処に就職する現政権の紹介者が多数居るし、日本語を学ぶ口実で実習生として日本で働けるバラ色の未来を描いていると言う事ですけど、現実は日本の税金で運営されており実習生の派遣は若者の就職を阻害するだけでなく労働者の賃金低下の要素ですから、移民の方式は禁止なはずです。
この点が、欧米諸国で問題視されていまして政治の問題点でもありますが、外国の覚えのめでたい報道ばっかしの朝鮮人編集日本国内報道なので、東京都知事の小池様は朝鮮人の心なのに「都民ファースト」宣言ですから、どうにもならんとしか言いようが無いね。
同政党に投票すると言う事は、「尾舞も朝鮮人とみなします」。

えーと、寄り道
日本の税金投下で、日本国の労働者を苦しめる政策を実行していると言う事ですが、実はカンボジアの国内ラジオは同事実を伝えてますけど新聞やテレビは報道を自粛してまして、日本国内報道も情報操作に沿う内容での報道ですから真実の報道は両国間にありません。
ラジオ放送では、年間の農業実習生の賃金がus1,500-2,000$程度が報道され、1回の派遣労働者数は200名で1年間3回派遣されると伝えてまして、実習生労働者派遣の権益がベトナム人門閥に付与されて在カンボジア日本大使館内はベトナム人業者でいっぱいです。
ベトナムでは、日本行き労働者が100万人以上いますから、世界から労働者として日本に来る外国人の総数はなんぼか?
外国人訪問者総数300万人の内、内容が点検されないのでは政府公表数「タワケ作文」で解釈したら・・・正しいか。

判断
口入や斡旋業(派遣業者最大手 リクルート株)を所持している大口様に、自民党政治家が居たらこいつらは非国民だ。
民進党の政治家が居たら、反逆者だ。
大事な情報を無料記述する私は、馬鹿か駄目か「英雄」か・・・良き方に解釈せよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ROKOMO PROBLEM (with hacker)

2017-04-25 08:52:33 | 日本国内にはない記述
ROKOMO PROBLEM


カンボジア人は世界に散らばっていますから、各国の言語の他に「クマエ言語」が可能な人々が多数いまして、アメリカにはカンボジアを愛しアメリカでクマエ言語で話す人々が集団で生活している場所がありましてオハイオ州が代表です。
ですが、観光でカンボジアに来て市場調査しても、アメリカに資産と投資資金を所持している人々でも「母国に投資」を開始していませんが、カンボジアに投資するのは「短期流動性資金」だけです。

※過去に、アメリカ資本による飲食業の進出がありましたけど大盤振る舞いの浪費で既に撤退完了していまして、現在人気の商売で「pizza-canpany」はカンボジア国内資本ですから、日本人主体による劇場型ベトナム人情報に騙されたら阿寒湖よ。
あのね、カンボジアに投資して身包み剥がされて母国帰還している連中の総数だけど、とても数え切れないほどで更に増加しているんだけど、自重するようにと記述開始してから十年を超える同一の記述説明しているのに、今でも今でも続々日本から進出してくる連中は??
あかんという文字が、「あかん子から阿寒湖」変化する過程が10年を軽く超えていると言う事を力説してますが、金儲けに対する人間の欲がに際限が無いと言う事で失敗は「欲の間違い」と判断可能ですけど、大金を投下すると言う話なので「言語・調査」もしないで口車に乗り金を支払う?
正気の沙汰とは考えられ変

※american=only finance-business


★何があろうと「真実の記述」

rokomo problem

多分、カンボジア・プノンペンで2000-2002年頃だったと思うが、「ロコモ」と言う会社を知りませんかと言う質問を日本語で投げかけられた事がありまして、質問された場所は7 makara だったと思います。
年代と場所の記憶は曖昧ですが質問内容ははっきりと記憶していまして、男子4人で女子1名から「ロコモ」と言う名前の会社を知りませんか? という質問でした。
回答 判りません。
有名な日系の旅行代理店ですが、知らないのですか? と言う「居住者なら知ってて当たり前のような高飛車な質問をしますから礼儀を知らない失礼なカス」でしたが、場所は何処ですかという質問に住所と電話番号を指し示すので、電話番号を知っているのなら電話をすれば善いのではないのかと言う話に、電話しても繋がらないという苦情を私に投げかけまして「自己に協力しろ」のような話をしますけど、私には見ず知らずの人であり無関係なので「貴方の話に私を巻き込んでどうするつもりですか」の話には、日本人が困っているのに日本人の貴方は助けないと言う話なのですかという自己主張をしますから、動機が不順な自己都合説明を始終します。

※まず、礼儀を尽くしての質問をすべきであり、観光旅行にボランティアがつくと何でも許されると言う話のカスと一緒の屁理屈です。
相手に出来んという趣旨で、過去の記述にはぴゅーと対応しますと「冗談記述」を何度もした事があります。

場所
何処だったかな?
多分、ツーチャン食堂だったかもしれないけど、コーヒーを奢ってもらった記憶も無いし飯なんちゅう話はないし、単なる知恵取りの話に付き合わされた感じ。

しかし、ほっておけない感じなので理由を尋ねたら、旅行に参加し金の支払いをしたのに履行すべき内容が履行されてないというのですから話をじっくり聞くことになりまして、皆の言い分を聞きましたら「3時間」以上になりまして、呼び出しの電話がかかってきまして「そりゃー大変」でした(笑)

繰り返しだが、私は無関係の人間で当事者ではない
(ツーチャンとか食堂に集まる連中が私に聞けと言う話をしたと思う)

相手の主張
プノンペン空港に出迎えが来ているはずだが、ロコモの契約だと空港の送迎付きと言う話だった・・・不履行
宿泊施設の斡旋・・・不履行
プノンペンに数日宿泊中に、郊外のsmokey-mountain の散策とかその他の散策を行い、後にシュムリアップに移動してアンコールワットを散策する段取り・・・不履行
簡単に言うと、航空券だけ契約が履行され、残りは全て不履行という話なので宿泊代金の支払いも自腹と言う話でしたけど、アンコールワットに移動しなければ帰国が出来ないと言う航空機の利用条件があるので、なんとしても「連絡する必要がある」という異国での緊急事態という話でした。
電話代と通訳料金でus1$の支払いをするなら私が私の電話で連絡しても善いですよと言いましたら、お金の支払いが必要なのですかとずうずうしいというかずるいと言うかどうにもならない話をされますし、無料でやってくれると思ったという不服を口にしますから、話はチョン・・・終了
帰ろうとすると、値切りの話で50centと言う話をしますので、親切で話した内容を値切り話で切り返すと言う「話」にむかっ腹が立ちますよと言いましたら、お金が無いんですと言いますので、思想が異なる種族との会話と思い電話しました。
記載された電話番号に電話しましたら、呼び出し音だけで「自動切断」になりますので、何打ぁー?????
再度電話番号を確認し、再度電話をするも「ロコモ」は電話に出ません・・・何打ぁー??????

仕方が無いので、電話に出ないので「住所の所に尋ねたら」と言いましたら、実は既に行ったのですが「場所が見つからない」と言いますので、どうやって行ったのですかと質問したら、バイクタクシーで行ったというので、「何処のバイクタクシーで顔を覚えていますか?」と質問したら、ここにいたバイクタクシーと言いますので、絶対に満足する回答は得られません。
ベトナム人のバイクタクシーと簡単に推測できまして、多分別な場所に連れて行ったはずですね・・・100%断言可能と確信しています。

私の回答
ここに記載されている住所が olympic-market なので、日本人は住んでいないはずですからと言いましたら、相手も現地スタッフと言うので「多分」居たりい無かったりの話だと思いますと単刀直入に話をしましたら、立腹して詐欺と言いましたけど、現代なら渋谷の格安旅行店の倒産劇と一緒でして、金を集めるだけ集めて「倒産」しましたという話の類と一緒ですから詐欺でも何でも好きにしてくれという解釈だと思いますと言いました。
どうなるのですか?
判りませんけど、以後は全て自腹の支払いだと思いますと説明しましたところ、シュムリアップへの移動その他について説明を求められましたので、全て回答しました。
なお、詐欺に遭遇した人々が苦情をネットで送信したところ、翌日は全てウィルスでパソコンが使用できなくなると言う「不正処置」が行われたので、ウイルスを流して事実を拡散させないプログラマーが雇用されていたと言う認識ですが、経営者本人かもしれないし生業として詐欺運営をしていたのかもしれません。

何故、丁寧に記述説明しなかったのか?
居住していますと、ベトナム人関係が確認された場合には「特段の注意と警戒」が必要ですから、ニニョム関係と確認されたので「徹底的な説明はしません」でした。
なお、bon nice 31th のブログでは何度も記述してまして、当該プログラマー(ハッカー)に何度も何度も多様な手法でウィルスを入れられてパソコンのソフトを破壊されてまして、私は「ロコモ」に雇用された人物又は本人と言う認識で対処してましたけど、しつこいので「住所表示」された場所に行った事があります。
住所表示がオカシカッタノデ・・・追跡調査せず帰宅した記憶がありまして、ベトナム人が関与した表記住所には、NPO,NGO等全て同一手口の手法が採用されてました。
簡単に言うと、ベトナム人政権下の人物がニニョムを使いカモの日本人から金を詐取する目的で設立した会社であり、カンボジア国内法に抵触しても政府の介入で無傷にできるという段取りであり、被害者救済言動は「ベトナム人利益享受者」との対立になるので不要の問題提起になるはずとの認識です。

私は、日本大使館に勤務する公務員に対しても同様の疑いを抱いてまして、過去に相当数の日本人が被害者届け出をしていたはずであり、一般論では対処が必要な事案と言う認識での言動が必要だと言う事ですが、勤務する公務員は数年程度で交代するので「過去は葬られる」らしいですから継続する情報保持が行われてないようですね。
ですから、日本大使館に情報提供する事は「注意と危険が待ち構えている」と解釈可能でして、事実臨時雇いの日本人その他に「ベトナム人」と特殊関係人が勤務している事を全て確認して居ます。
すなわち、フンセン政権下にあるベトナム人門閥紹介の人事斡旋があるのではないのかと言う疑義ですけど、ニニョム関係者と日本人会関係者の推薦
および良き意見も同一と言う解釈ですから、こんな連中が「ウゴメイテイル」所で商売が成立するわけがない。

※ご注意
私は、政権下のベトナム人門閥に詳しいので、一般論では推し量らないでください。
確認方法は、一目で人種を判断できる能力が必要ですので、黄色の肌は中国人であり、褐色はクマエという人種と判断したりする人々は「一緒にスンナ」です。
真っ黒と褐色っぽい人はどうすんだ?
そんなの居るのか?
クマエ言語勉強しなさい・・・過去の記述に理由あり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-04-25 08:45:03 | 日本国内にはない記述
ROKOMO PROBLEM


カンボジア人は世界に散らばっていますから、各国の言語の他に「クマエ言語」が可能な人々が多数いまして、アメリカにはカンボジアを愛しアメリカでクマエ言語で話す人々が集団で生活している場所がありましてオハイオ州が代表です。
ですが、観光でカンボジアに来て市場調査しても、アメリカに資産と投資資金を所持している人々でも「母国に投資」を開始していませんが、カンボジアに投資するのは「短期流動性資金」だけです。

※過去に、アメリカ資本による飲食業の進出がありましたけど大盤振る舞いの浪費で既に撤退完了していまして、現在人気の商売で「pizza-canpany」はカンボジア国内資本ですから、日本人主体による劇場型ベトナム人情報に騙されたら阿寒湖よ。
あのね、カンボジアに投資して身包み剥がされて母国帰還している連中の総数だけど、とても数え切れないほどで更に増加しているんだけど、自重するようにと記述開始してから十年を超える同一の記述説明しているのに、今でも今でも続々日本から進出してくる連中は??
あかんという文字が、「あかん子から阿寒湖」変化する過程が10年を軽く超えていると言う事を力説してますが、金儲けに対する人間の欲がに際限が無いと言う事で失敗は「欲の間違い」と判断可能ですけど、大金を投下すると言う話なので「言語・調査」もしないで口車に乗り金を支払う?
正気の沙汰とは考えられ変

※american=only finance-business


★何があろうと「真実の記述」

rokomo problem

多分、カンボジア・プノンペンで2000-2002年頃だったと思うが、「ロコモ」と言う会社を知りませんかと言う質問を日本語で投げかけられた事がありまして、質問された場所は7 makara だったと思います。
年代と場所の記憶は曖昧ですが質問内容ははっきりと記憶していまして、男子4人で女子1名から「ロコモ」と言う名前の会社を知りませんか? という質問でした。
回答 判りません。
有名な日系の旅行代理店ですが、知らないのですか? と言う「居住者なら知ってて当たり前のような高飛車な質問をしますから礼儀を知らない失礼なカス」でしたが、場所は何処ですかという質問に住所と電話番号を指し示すので、電話番号を知っているのなら電話をすれば善いのではないのかと言う話に、電話しても繋がらないという苦情を私に投げかけまして「自己に協力しろ」のような話をしますけど、私には見ず知らずの人であり無関係なので「貴方の話に私を巻き込んでどうするつもりですか」の話には、日本人が困っているのに日本人の貴方は助けないと言う話なのですかという自己主張をしますから、動機が不順な自己都合説明を始終します。

※まず、礼儀を尽くしての質問をすべきであり、観光旅行にボランティアがつくと何でも許されると言う話のカスと一緒の屁理屈です。
相手に出来んという趣旨で、過去の記述にはぴゅーと対応しますと「冗談記述」を何度もした事があります。

場所
何処だったかな?
多分、ツーチャン食堂だったかもしれないけど、コーヒーを奢ってもらった記憶も無いし飯なんちゅう話はないし、単なる知恵取りの話に付き合わされた感じ。

しかし、ほっておけない感じなので理由を尋ねたら、旅行に参加し金の支払いをしたのに履行すべき内容が履行されてないというのですから話をじっくり聞くことになりまして、皆の言い分を聞きましたら「3時間」以上になりまして、呼び出しの電話がかかってきまして「そりゃー大変」でした(笑)

繰り返しだが、私は無関係の人間で当事者ではない
(ツーチャンとか食堂に集まる連中が私に聞けと言う話をしたと思う)

相手の主張
プノンペン空港に出迎えが来ているはずだが、ロコモの契約だと空港の送迎付きと言う話だった・・・不履行
宿泊施設の斡旋・・・不履行
プノンペンに数日宿泊中に、郊外のsmokey-mountain の散策とかその他の散策を行い、後にシュムリアップに移動してアンコールワットを散策する段取り・・・不履行
簡単に言うと、航空券だけ契約が履行され、残りは全て不履行という話なので宿泊代金の支払いも自腹と言う話でしたけど、アンコールワットに移動しなければ帰国が出来ないと言う航空機の利用条件があるので、なんとしても「連絡する必要がある」という異国での緊急事態という話でした。
電話代と通訳料金でus1$の支払いをするなら私が私の電話で連絡しても善いですよと言いましたら、お金の支払いが必要なのですかとずうずうしいというかずるいと言うかどうにもならない話をされますし、無料でやってくれると思ったという不服を口にしますから、話はチョン・・・終了
帰ろうとすると、値切りの話で50centと言う話をしますので、親切で話した内容を値切り話で切り返すと言う「話」にむかっ腹が立ちますよと言いましたら、お金が無いんですと言いますので、思想が異なる種族との会話と思い電話しました。
記載された電話番号に電話しましたら、呼び出し音だけで「自動切断」になりますので、何打ぁー?????
再度電話番号を確認し、再度電話をするも「ロコモ」は電話に出ません・・・何打ぁー??????

仕方が無いので、電話に出ないので「住所の所に尋ねたら」と言いましたら、実は既に行ったのですが「場所が見つからない」と言いますので、どうやって行ったのですかと質問したら、バイクタクシーで行ったというので、「何処のバイクタクシーで顔を覚えていますか?」と質問したら、ここにいたバイクタクシーと言いますので、絶対に満足する回答は得られません。
ベトナム人のバイクタクシーと簡単に推測できまして、多分別な場所に連れて行ったはずですね・・・100%断言可能と確信しています。

私の回答
ここに記載されている住所が olympic-market なので、日本人は住んでいないはずですからと言いましたら、相手も現地スタッフと言うので「多分」居たりい無かったりの話だと思いますと単刀直入に話をしましたら、立腹して詐欺と言いましたけど、現代なら渋谷の格安旅行店の倒産劇と一緒でして、金を集めるだけ集めて「倒産」しましたという話の類と一緒ですから詐欺でも何でも好きにしてくれという解釈だと思いますと言いました。
どうなるのですか?
判りませんけど、以後は全て自腹の支払いだと思いますと説明しましたところ、シュムリアップへの移動その他について説明を求められましたので、全て回答しました。
なお、詐欺に遭遇した人々が苦情をネットで送信したところ、翌日は全てウィルスでパソコンが使用できなくなると言う「不正処置」が行われたので、ウイルスを流して事実を拡散させないプログラマーが雇用されていたと言う認識ですが、経営者本人かもしれないし生業として詐欺運営をしていたのかもしれません。

何故、丁寧に記述説明しなかったのか?
居住していますと、ベトナム人関係が確認された場合には「特段の注意と警戒」が必要ですから、ニニョム関係と確認されたので「徹底的な説明はしません」でした。
なお、bon nice 31th のブログでは何度も記述してまして、当該プログラマー(ハッカー)に何度も何度も多様な手法でウィルスを入れられてパソコンのソフトを破壊されてまして、私は「ロコモ」に雇用された人物又は本人と言う認識で対処してましたけど、しつこいので「住所表示」された場所に行った事があります。
住所表示がオカシカッタノデ・・・追跡調査せず帰宅した記憶がありまして、ベトナム人が関与した表記住所には、NPO,NGO等全て同一手口の手法が採用されてました。
簡単に言うと、ベトナム人政権下の人物がニニョムを使いカモの日本人から金を詐取する目的で設立した会社であり、カンボジア国内法に抵触しても政府の介入で無傷にできるという段取りであり、被害者救済言動は「ベトナム人利益享受者」との対立になるので不要の問題提起になるはずとの認識です。

私は、日本大使館に勤務する公務員に対しても同様の疑いを抱いてまして、過去に相当数の日本人が被害者届け出をしていたはずであり、一般論では対処が必要な事案と言う認識での言動が必要だと言う事ですが、勤務する公務員は数年程度で交代するので「過去は葬られる」らしいですから継続する情報保持が行われてないようですね。
ですから、日本大使館に情報提供する事は「注意と危険が待ち構えている」と解釈可能でして、事実臨時雇いの日本人その他に「ベトナム人」と特殊関係人が勤務している事を全て確認して居ます。
すなわち、フンセン政権下にあるベトナム人門閥紹介の人事斡旋があるのではないのかと言う疑義ですけど、ニニョム関係者と日本人会関係者の推薦
および良き意見も同一と言う解釈ですから、こんな連中が「ウゴメイテイル」所で商売が成立するわけがない。

※ご注意
私は、政権下のベトナム人門閥に詳しいので、一般論では推し量らないでください。
確認方法は、一目で人種を判断できる能力が必要ですので、黄色の肌は中国人であり、褐色はクマエという人種と判断したりする人々は「一緒にスンナ」です。
真っ黒と褐色っぽい人はどうすんだ?
そんなの居るのか?
クマエ言語勉強しなさい・・・過去の記述に理由あり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加