カンボジア日記  ゆめきの日々

カンボジアの情報と、世俗・慣習・文化
等も少し入った文章にしようとしています

ご期待の下さい

Hostage of the my Daughter (Mid Night Escape Ran from Cambodia)

2017-03-26 08:27:57 | 日本国内にはない記述
Hostage of the my Daughter (Mid Night Escape Ran from Cambodia)


私は、家族と共に雨が降っている真夜中にプノンペンから脱出し、タイを経由して日本に帰国しました。
この後に、理由と言うか内容を説明して解説しますが、カンボジアで優位にあるのはベトナム人種であり、多人種間人種融合もあるが人種別で思想と視点が異なると言う事をご理解願います。
以前の記述の中に、カンボジアには強い人種的連携と人種間の繋がりによる門閥があるので、頒布される情報には「ベトナム人情報」と「中国人情報」にカンボジア人情報があり、偏見に満ちた狭義の情報の中に人種の特徴が表現される事が多いと記述していまして、日本で言えば民進党の蓮方代表の思想と一緒で、台湾籍の離脱を申し入れたが離脱が完了しているかどうかは分からないという説明ですけど、常識的には与党も野党も代表者は法律で日本国籍所持者だけに限定されるべきと言う法律の創設に向けた話が提起されるべきなのですが、元々「動機が不純です」から法律の創設を嫌う思想です。
多くの国では、国家を代表する人物や国家の利益を左右し、国益に干渉しかねない報道等大会社の指導者も含めて国籍限定で活動する法律が定められている場合もあり、ミャンマーでは「スーキー氏=日本呼称名 アウン・サウン・スーチー女史」が、野党を率いて選挙に勝利しても国家の代表者に就任できませんし、カンボジアと言う小国でも国家元首に就任できる条件として、外国籍所持者の重国籍者は国家元首就任が2016年現在は否定されていますので、大臣にまでしか就任はできません。

現カンボジアでは、国王の国事行為やその他の言動も含めて国会の承認が必要な場合が多く、現実には国会の過半数を束ねる与党CPPの代表者であるフンセン総理に法律の規定が集中しているので、国家元首には法律の適用除外規定や犯罪に対する免罪宣言が付与されてますので、現在の国家元首であるフンセン総理が免罪を宣言したら「一般刑法犯」でも逮捕されませんし、逮捕されていても随時介入して免罪を宣言すれば釈放されます。
なお、CPP正副代表者と上院議長と下院議長や副総理にも同一の逮捕免罪特権が付与されておりますから、総理を元として不逮捕特権規定を自己で運用可能な人物が多数いると言う事ですが、検察の逮捕状執行を阻止しても裁判所の逮捕状発行阻止には条件があり、とても複雑な道筋が待ち構えていますので割愛。
アメリカ大使は、裁判所から発行された逮捕状の効力を停止させる免罪特権発行を海外経済協力大臣に要請し<、受け入れられサムレンシーの逮捕を一度は免れたのですが、検察は更に別の地域にある裁判所に要請し新規に逮捕状が再度発行されましたので、逮捕状執行までの混乱時にカンボジアからタイの国外に出ました。

この件に関しては、随時展開予測の事前情報があらゆる報道期間を経て頒布されましたので、フンセン総理が報道を操作して「国外に出るように促進報道」したと言う事ですが、同手法は日本国内に蔓延している類似報道と判断して欲しいのですが、テレビ報道機関の出演者には必ず朝鮮人の民族衣装を模倣したデザインの服を着用しているタレントその他が目白押しなのですけど、日本の視聴者は人種に疎いので判別できません。
しかも、私が朝鮮という単語を口にすると、嫌悪感を表現する「心得違いの人々が多数」てすが、必ずいち早く反応するのは「朝鮮人」ですから違いに気がつくべきですけど、朝鮮人は素早く周辺の日本人に便宜供与(何らかの金員負担=奢る)して私への悪口雑言なので近寄りがたい人物の評価になります。
お金の魅力は絶大ですけど、自己に有利なズルイ判断をして世を渡るTBS出身の民進党所属「浅尾参議院」のような日本人ばっかしでは問題だよ。


ちと、迂回説明が長かったのですが、平たく言うとフンセン総理の同意が得られるのではないかと言う見当が成立する場合と、否定されるのではないかと言う推測が設立する場合とでは条件が正反対に作用する反作用状態とお考えください。
空気を読めと言うのは、中間管理職が自己に有利な判断をしろというのと一緒ですが、報道では国益問題が提起されるので強い規制が必要ですけど、日本では皆無なので新たな思想を採用して法律の創設が急務と思慮します。
東京大学と京都大学の偉い様は、絶対に賛否両論の渦巻く火中の栗は拾いませんので、大学を潰してしまえば権威の源は議会であり、絶対多数の日本人の意見が大勢を占めるという国益重視社会が生まれまして、福島瑞穂代議士様と小池百合子東京都知事や森田健作千葉県知事の朝鮮種族とは可逆的組織の誕生ですね。
証明?
簡単です・・・芸能界は、朝鮮種族か朝鮮種族に魂を捧げた人ですから、限りなく日本人に近い振りをした厚化粧で化けた擬態の朝鮮人です。

覚醒せよ・・・目覚めて欲しい問題。

※フンセン総理が、国外に逃亡中だった野党の党首「サム・レンシー」が選挙の為に帰国するので特別に不逮捕特権を付与したのですが、付与に先立ちフンセン総理の署名した不逮捕特権理由書に署名し告知し、更にスタンプを押印した署名が全ての報道機関で国民に対し反復して何度も繰り返し告知されまして、サムレンシーが帰国しても一切の妨害その他の騒ぎを起こさない保証をフンセン総理自らが国民に周知徹底したのです。
告知期間は、およそ1ヶ月間に亘り反復報道されたので「周知徹底」と記述しましたけど、以前のフンセン総理はサムレンシーに対して悪口雑言というか罵詈雑言でしたから、不逮捕特権公表程度ではベトナム人が人種の思想を持ち暗殺するはずと推測してましたけど、政権官製というか国内で徹底した報道がなされたので、無事にタイからカンボジアに到着する事が可能でした。
個人的には、サムレンシーが暗殺され歴史に名を残す方を選び、アメリカが報復としてフンセン政権を叩き潰す恐れが高いと信じていましたけど、騒ぎなしで妥協点は先送り状態でした。
選挙後は、色々ありましてサムレンシーに逮捕状が裁判所より発行され、一旦は昔の外務大臣で現海外経済協力大臣がアメリカ大使直接要請による講義で逮捕が取り消されましたけど、検察は再度別な裁判所から再度逮捕状発行を要請して認められのですが、この間にマタマタ国外逃亡してカンボジアに戻ってこなかったので逮捕は免れています。

※上記の理由から、フンセン総理は独裁者であり、2016年6月に暗殺により殺害された「Kem Ley」はフンセン総理に殺害されたと認識していまして、逮捕された実行役のベトナム人は、以前にも多数の人々を暗殺した同一人物です。
しかも、犯行当時本人が所持していた武器ですけど、以前に暗殺で使用していた同一武器なので、「一言、ベトナム人はカンボジアを舐めてんな」です。

アメリカ的「舐めんな!!」の回答は、カンボジアに援助約束を調印した内容を一方的な都合で破棄し、反故にする内容を直接ケリー国務長官がフンセン総理に口頭で伝えまして、カンボジア国内ではフンセン総理が真っ赤な顔をして怒りを表現し相当の大騒ぎがありました。
関連して、「Kem Ley」暗殺後にアメリカはカンボジア国内で反政府活動をする資金を年間3倍の900万米ドルとした事ですけど、内容的には「阿吽の呼吸」程度の認識です。

日本は、カンボジアの南沙諸島中国様大事発言をASEANの場で公表され、面目丸潰れでもJAICAがカンボジアに対して冷静に援助を遅滞なく実行するのですから、南沙諸島に於ける日本の立場を表明しなければならない国益はどうなってんの?
岸田外務大臣は、眼が見えない身障者で耳も聞けない身障者で、自己都合で眼があいたり耳が聞こえると言う「芸能界役者」の手先だね。
こんな状況を目にしたら、「JAICA=ジャリ以下」と言いたくなるのは当たり前だと思わないのか!?
一人ばっかり騒いでもしょうがないかね。
流石は、総理大臣を目指す岸田外務大臣だけど、カンボジアには政治資金頂マンモスという金のなる木があるのかな?
メコン川に造った絆橋の設備一式が既にカンボジア川に贈与されているならば、どのような過程で贈与されたのかねーーーーー。
この部分は、カンボジ側が一番気をもんだ事項なはずで、譲渡されるはずの工事用具は膨大な権益を生む材料ですから配布先まで決まっていて、相当な圧力で贈与運動を展開したはずであり、一連の流れからは日本側外務大臣様の力が創造できますけど、朝鮮人つながりですから報道一切皆無ですね。
大使様の新調した上下の服が・・・上下の布地代金込みでus18-20$程度と私的な判断ですが、領収書を見てないので価格は不明ですけど、とてもお似合いです。
贈与品?
賄賂品?
自己購入品?
儀礼品?
私の判定・・・儀礼品を消極的な立場で受け取ったです。
何故かと言いますと、大使職務の大事な点は「両国の架け橋」になるという重要な使命がありますから、相手から贈与される品物について全てを断る狭義の判断は出来ません。
アメリカには受け取り品の国家返還義務があっても、日本には儀礼的範囲内の金員は受け取る事が可能という抽象的曖昧模糊とした基準と判断しかないので、基準となる法律の創設が必要であり現在は一方的な判断は出来ないのですが、国粋主義者は賄賂と喚くし、自己中心的社民党の福島瑞穂代議士様とか民進党は「動機が不純な狭義で自己中心的判断」を示します。
何故かと言いますと、報道と一緒ですから「検察官・裁判官」になりかわり有罪判断を最初から報道しまして、東京都知事の小池百合子様が都議選後に築地問題を判断すると言う言い訳ですね。

※報道の基準が無いけど、ちーとは報道の順番と内容が自己中心的な内容だと気がつかないのかよ・・・報道が悪いと思わないのか?
※深夜営業しても、来店客皆無で赤字になりますから夜間は閉めるのに、理由説明では昼間に人材と資金を注ぐと言うし、人手不足というなら高賃金で人手を募集して現行労働者の賃金を上げて仕事をこなせば良いはずですけど、仕事が沢山ありすぎて仕事を断ると言う「能天気な解説をテレビ」はしますから、報道は理屈に合わない虚偽作文が大好きと言う事です。
虚偽報道に関する現行規制が無く、行き過ぎた虚偽報道を規制する法律もないし新規法律の創設がないので、勝手に自己都合基準でタビタビ判断されたら全てが有罪で生涯刑務所と言う狭義が成立しますから、報道が勝手に沸騰している話に乗る必要はないが、報道は話を聞くために「出演料」という賄賂を渡しますからね。
総理大臣から100万円を頂きましたという話には、出演料が総額1億万円となるので、私まで記述が変になってしまった・・・しまった・・ペコリ 笑い
それは間違いだ・・・出演料の総額は1万億円だよ??
官邸はどうゆう鑑定をすんのか?

私をカンボジアから追放するためのベトナム人圧迫が、急に激しくなった一因が此処にあると考えており、メコン川の川傍においてある「建築資材」と「バウチャープラント」の譲渡を急いでる連中の仕業と思う。
資材は「喉から手が出る」魅力的な内容であり利益は膨大で、フンセン総理の関与から外れた内容なので段取りしても問題なく、手にして譲渡すれば介入者には大金なのでチーとぐらいの手付けは既に支払ってあるはずと思うね。
儀礼的・・・時期的には新調の服が目印兌換ね。


私は、以前2002-2003/2004年程度に、故シアヌーク国王がカンボジアを頻繁に離れ中国に長期的な滞在が継続したころから、これからは故シアヌーク国王に組したり王族関係の政党に組した人物は災難が降りかかるはずと説明していまして、事実多くのクマエが殺害され、特に特定されたクマエ女子は左右から肩の間接を力ずくで外されて全裸にされて強姦され、首を手で絞められて殺されたり透明な袋をかぶせられて悶絶したまま窒息死させられ、首を切り離されて股間に置かれたりの殺害方法が連日報道されてまして、この点を強調して説明したものでしたけど、日本人社会はベトナム人と寄り添う形で成立していましたので、虚偽説明に居心地がいいので誰も何も分からんですね。

※報道の意味は、ベトナム人を散々いたぶったクマエを根絶やしにすると言う「脅しの内容」でした。

カンボジアの政府が発表した統計その他は信用が出来ませんし、日本国内の政府公表についても実態とかけ離れた公表が多数ありますから、いずれの国も政府に寄り添う内容と言えまして、カンボジアの場合にはベトナム人優遇なので全てが相手を虚偽の罠に陥れる自己都合公表であり、殺人事件その他は単なる数字の羅列作文となっています。
クマエ人種の多い村で、老若男女が皆殺しにされて遺体が並べられた事件がありましたけど、当時の報道には無く「遺体が放置され」てまして噂を聞いて見に行ったら、敢えて長期間地元の警察官が知らん振りで放置したままでした。。
これは、ベトナム人が報復した示威の放置事件でしたが、村人の土地が直ぐに何度も転売されベトナム人が所有しましたから、該当地区の将軍様警察官は全員現政権に覚えのめでたい人物です。
なお、現在も当時からの将軍様が150-160人程度無役で行政養老院という公務員の事務所に勤務し入居していますので、超高齢の方も数人の部下と朝から事務所で茶のみ会ですが、多数の家族が利権事業に参画しているので、一族の利権保持には必要な人材となっています。

以前から、信じるものはすくわれないという「抽象的記述」でしたけど、公務員は二束の草鞋を履いているとも記述してまして、どちらを信ずるかは貴方次第となっています。


★既に、フンセン政権は中国を大事にする政策に転換しているので、日本が投資した長期資金は回収を急ぐ必要があり、これからの投資は短期資金でも流通性のある内容が求められていると思いますが、政権が何を採用するかの政策実行では銀行デフォルトを含む内容が推理可能ですけど、日本人会はベトナム人からだけの情報なので判断は出来ないはずと思います。
しかも、正確な分析を行える人物がカンボジアの日本人におりません。
2016年現在は皆無であり、数年内に誕生を求めても無理です。

★ベトナム人の言い訳
バンケンコンの土地に、アメリカン・スクールの建設が始まっていますが、カンボジアのベトナム人はアメリカ人の居住を求めているので土地の提供が行われただけでなく、便宜供与もなされたのですから日本人会の求める日本人学校より先に一等地に建築されたということです。
一方には強い影響力がアメリカに対して行われたのですけど、一方には受け入れる柔軟性が見受けられると言う事であり、「この点を阿吽の呼吸」と表現していますが、軍事的背景も心の片隅にあるといえまして、中国よりの南沙諸島発言前にはフンセン総理が二度に亘り中国の海南島で中国首相と会談していますし、ヘンサムルンも海南島で一度会談していますから、アメリカの同盟国が全て援助停止も考えた広範な話し合いが行われたはずであり、万が一フンセン総理がカンボジアを離れられなければならない事由が発生した場合には、家族と政権の中枢が全て中国に受け入れ可能な話し合いが行われたはずです。
このASEAN 発言から、中国語報道内容や中国人の本土往来について中国政府が肩入れをしまして、航空路線がいくつも頻繁に新規開設されていますので、話し合いは10年以上前から何度も行われていて2014年程度から風向きを変えたのですが、日本人会役員は全員現地のベトナム人支配下にある事を知らない人々は、ダボハゼ音頭に乗ってカンボジアに投資して、数年間で何十億円も損をしたと言う事ですし、殺害されて金を強奪されて命までとられた日本人もいたのですが、日本人会役員人事の刷新は現状無理です。
変えられるのは日本の総理大臣とアメリカの大統領ですが、両者がの意見が一致する事は???
政権の動きで干渉度合いが推し量れますけど、カンボジアの情報を朝から晩までパソコンの前に座り、内容を確認する時間の余裕が無いです。ペコリ




Hostage of the my Daughter

私の問題
実は、娘がカンボジアで逮捕され刑務所にぶち込まれています。

説明
娘が、友人の女性と男と三人でシアヌークビルに行きまして、覚せい剤の販売を始めたら直ちに逮捕され、娘は髪の毛に目印をつけられ三人が並んで動画を撮影されまして、
たわいも無い事例の逮捕劇ですが、何日間も執拗に逮捕内容をテレビに動画が報道されましたのを確認しました。
動画は遠方から撮影されてまして、人物が分かるように目印が髪の毛に付けられていまして、

★ベトナム人から私へテレビを使用した非常に強い通報警告であり、私と知り合いに対する反撃を抑制しようとする周知の意味で、娘が彼らの手にると言う意味で人質と言う事を表明しています。

★私の知り合い物現場警察官が事件後毎、当該人物が立て続けに3度テレビで放映されまして、それほど親密ではなかったのに相手が誤解していたのでやり玉に挙げられたのをとても気の毒になりました。
ずーっと、記述しませんでしたし、妻も同件については私に話をしませんでしたし、娘をベトナム人に売り逮捕に加担した連中全員は貝のように口を閉じており、逮捕を知った当初は別のほうから確認しましたけど確認方法は記述できません。
ただ、非常に難しい背景があるので、内容を確認してから誰が敵味方になるのかを色々な方法で確認しまして、反撃の矛先を収めて知り合いに別れも含めて直接面談の話し合いをしたのが6,000kmの行動でしたから、この中の第一目的に別れの挨拶と言う要素で行動したと言う事です。

2016年のある日、東京入管に妻の滞在許可を申請に朝早く行きましたらクマエ言語を話す一団がいまして、一人のクマエ男が入管の書類にクマエ言語で書き込んでましたから、あれあれあれ?
東京入管は「クマエ言語」記入の書類を受け付けるのか?
東京入管は、特別の人達には特別受け付けるという合意があるのですね。
何が特別なんだ?
賄賂だな!!!!!!!
違う・・・政治決着だ?
誰が決定しているのか?
いいなぁ。
私が、同事実を確認するために、敢えてクマエ語で少し記入したら受付で文句たらたら言われて受付拒絶だし、日本人代筆は認められても本人が必ず同行するのが求められるんだが、特別合意の連中は全てが特別だったよ。
何で?
同行なしで代筆が可能であり、多人数の書面を所持した人物一人だけ特別の部屋に直行ですし、依頼した他の連中はたちまち帰宅のするのが認められているので待つ必要なしで、中国地方に住むのに手続きが東京入管管区ですから、入管の受付が日本人に説明する内容と全部が異なるんだよ。
後日、この事実を再度確認するため、妻の同行をしないで私一人が入管の職員と接触したら拒絶されたけど、東京入管にはカンボジアの特別待遇というか特別処遇の道筋があると言う事で、しかも福井県とかの滞在許可証の人物が東京入管受付で滞在延長するのか?
許可されるのか?
普通は、居住地の担当する入管が受け付けるはずであり、他の入管は受付拒絶されるはずだと思うがな?
他に、カンボジア人が入管の職員が誘導する部屋に招きいれられるという状況を目にしたときは、何なんだ?
密着サービス?
賄賂の術?

東京入管内の場所に、カンボジア人が屯っていた場所でクマエ語の会話が弾んでいたので「カンボジアの何処から来たのか」と聞いたら、シアヌークビル(コンポンサオン)という一見ボス女が回答してきたから、娘が人質にされている刑務所の地域を私に話してブログの内容を自粛・抑制心・萎縮させようとしたはずだが、私の顔を見て直ちにコンポンサオン(シアヌークビル)の話が出たから私の写真が東京入管に出回っていると言う事ですけど、相当の地位にある人間が段取りしないと「こんな処遇」はできないね。
日本の援助を迂回して、日本に還流させる為にカンボジアの言い分を聞き入れたと言う事しか考えが浮かばないが、政治資金獲得の為に段取りしたのか?
昔から、カンボジアに援助する仕組みの中に政治資金還流物語が含まれており、以前の連中は概に全てお墓に入っているが、税金を還流させるやり方を模倣した連中が今でも多数いて、出先機関が日本人会の役職者と現地ベトナム人だけど、おまいら日本人の話を聞いてやっているので俺らベトナム人の話も聞けと言う意味で、カンボジア人が働く給与から天引きして集金するシステムが構築されていると言う事だよ。

★これじゃ、カンボジアが日本の国益に楯突いても「文句」言えないね。
★南朝鮮が、少女像をバカバカ造り日本に嫌がらせして文句なしの外務大臣ですから、心は朝鮮人だけど厚化粧の日本人化けをしている小池東京都知事様と同一の思想だよ。

週刊文春様・・・私に接触してオクレ。

しかし、品川の東京入管内で、クマエの連中が全員娘が捕まった場所を言うとは・・・人質を力説し強調しているんだろうけど、あきれたよ。

カンボジアの日本人会だけでなく、カンボジアにまつわる話全部が腐っているけど、日本国民が損をして一部の得をしているのはだれだえー?
興味があるね。


私は、子供達に誘拐されたら助けられないし、助ける事も出来ないので幼子の時には「送迎」をすると約束し、勝手な行動をした場合には直ちに注意をしました。
今回、娘が警察に捕まり刑務所ですごしているのですが、強姦され全裸で死体になるのが避けられたので、相手もそこまで出来なかった背景があると思います。
私は、一人で移動していると心がカンボジア人の人達から色々な声をかけられる事がありまして、当然警察官その他の場合もありますし、食べ物を贈与される事もありますから、ベトナム人であっても心がカンボジア人も多数いると言う事です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

FUN SEN FAMILY's

2017-03-23 04:49:09 | 日本国内にはない記述
FUN SEN FAMILY

フンセン総理についての記述は、世界百科事典のパクリ記事をそのままコピーペーストした内容が日本の持つ情報ですけど、既にアメリカは真実を入手していますが公表していないだけですから情報は入手済みということになりますので、この点を錯誤しないでほしいと思います。
問題は、日本の社会通念も頒布情報も多くの情報が間違いなのですが、今でもフンセン総理は中国系という根拠のないでたらめトンチキ物語が多いので、どちらを信ずるかは貴方次第です。
私を信じ頂いた方の為に、今回はフンセン総理の新規情報を記述します。

フンセン総理は、英語表記 FUN SEN (フンセン)とされてますが、カンボジア国は国家が表記を統一していない為、極端な事例では自己申告の英語表記が可能ですが、クマエ言語表記を英語表記に転換する為のフォント(パソコンの言語表記)がありまして、以前は誰かが創ったと思われるものをコピー使用していました。
ですから、フォントが何種類もありましたけど、最近は統一されたフォントで利用可能なので便利ですが、アクセントをアルファベットで変換するときには無理のある入力の場合があるので、まだ十分改善の余地のあるソフトである事をご承知ください。
個人的には、90%強程度の確率と考えており、日本語に直接変換する場合には更に確率が低下するはずと考えていまして、理由は双方の言語にアクセントがない場合があるので、カタカナ表記ができません。
以前、絆という漢字をクマエ言語で表記した場合には「塊」のような表記になったと記述した事がありますけど、振り返って考えると「おむすび」のような大きい文字で表記される事になりまして初体験の大きなクマエ文字でしたから、「絆」一文字を無理やりクマエ一文字で表記したと認識しています。
平たく説明しますと、国家がクマエ表記をアルファベットに変換する時に変換規則を統一した内容で規定する必要がありますが、この部分が規則で統一されていないので現在では文字を勝手に任意変換出来ると言う事であり、性善説なら全てが正解というか自己申告が可能となっていますから、政治家の氏名英語表記が変更される事はタビタビでした。

上記を念頭において記述をお楽しみ頂きたいのですが、少しだけ記述の内容を隠した文章にさせてください。
勿論、フンセン総理の子供達全員英語表記は全部記述しますが、何せ「本邦初公開情報」ですから、全部記述すると私が「洋ナシ」判断されかねません。
どうぞ、ご理解願います・・・ペコリ


フンセン総理夫婦は、5人の子供がいまして男が3人で女が2人です。
子に関しては、養子等の諸説がありますけれど、諸説と他説を記述しますと石器時代にまで溯りかねませんので、カンボジア人の8,9割り程度が信ずる話と言う認識で記述します。
フンセン自身は、クマエの血が少し入った「一目ベトナム人」の遺伝が身体に強く出ていますのでベトナム人と解釈されまして、嫁さんはBUN RANYと呼ばれている中国人の血が強い人物です。
ただ、嫁さん自身の遺伝にもクマエの血が少し出てるので純粋に中国人血統とはいえないし、この中に他の血筋が混在しているのかは明らかになっていないのですから不明な部分が多いのですが、門閥は夫に従うのでベトナム人という解釈が正しいので、家族全員の門閥はベトナム人と認識しています。

★カンボジアでは、姓名の表現が日本と同じですから、HUN SEN(フン・セン)は苗字が先で名前が後になりまして、旅券でも同一の英語表記で表されます。
5人の子供全員が、苗字は HUN であり名前だけが異なるのですが、全員の生誕日が公表されておらず不明なので出生証明書の名前も不明です。

★日本的には自称と言う表現が適切と認識していますが、郷に入れば郷に従えの諺があるのですから、無理やり日本的な解釈はご法度とご理解願います。

この事は、多くの外国人にとって興味のある部分ですけど、出生証明書と生誕日は極秘事項と認識する必要があり、当地ではベトナム人だけでなくカンボジア人が全部同一の言動をしますから、プノンペンでは乞食のような生活をしている人物でも田舎に三つ屋根の家を保持していたりしまして、当然、出生証明書を何通も所持していたりするので実態が不明な人物も多数ですから、フンセン総理の生誕日が2つ知られているのが代表的事例と思います。
平たく説明しますと、生誕日が二つですから二つの人物で生きてきた時代があったはずですし、現実には更に生誕日を極秘している可能性もあるかもしれませんが、カンボジアではベトナム人に対して2003-2015年の長期間に数え切れないほどの新規国籍付与と滞在証明書がフンセン政権下で新規発行されましたので、ますます実態を解明できないのが実情であり、ベトナム人は犯罪を犯しても顔写真がなければ捕まらない図式が完成しています。

中国の戸籍について調べてみると理解が早いはずと思慮しますし、タイの「バビアンバーン=現住所届け出方式」を調べると理解が早く、日本の江戸時代では乳児および子供は員数に入れなかった事実の意味を考えると理解が早く、動乱の中で生き抜く知恵をあらゆる角度から考えれば理解が早く、平たく言えば体制側に自己の確認情報を渡さないという点が最大の要素と言う事ですから、所持する出生証明書は多ければ多いほどよく、譲渡も転売も可能な書面と言う事になります。


フンセン総理の給与

月額us1,150$(2016年度)ですが、うわべだけ眺めた資産だけでも500万米ドルと解釈され、現金資産や海外資産その他では推定10億米ドルがあるのではないのかと推定されてまして、最高の数字は500億米ドルと推定されています。
簡単に言いますと、実態は全て闇であり、推定できない資産の内容というのが真実とご認識ください。

嫁さん
カンボジア赤十字の代表に就任していまして、毎年毎年カンボジアの各方面から寄付を集めますが、寄付金の贈与される日時には総理夫妻で出席しますので、政治家でも大臣に就任している人物は「どっさり」持参してますけど、昔からヘンサムルンと故シアシムだけは出席したりしなかったりが任意のようでしたが、2015年度の寄付金発表の時にヘンサムルンが来なかったので、この日を境にフンセン総理の言動が怪しかった時代があります。
なお、寄付金の総額や使い道の総額などは委細が公表されませんので、内容の実態は一切不明です。


子供達

HUN MANET
男子で、かつては制服を着ていた3★の将軍様でしたが現在は軍人の制服を脱いでまして、職責は以前より高位の位置づけにある公務員になっています。
総理大臣と要人守護を行うボディガード警察特別部門代表で、RCAF(過去に説明記述あり=軍特務機関=軍警察)の連絡官でありながら、更にテロリズム対策の軍事能力部門を束ねる地位に就任していますので、軍部の監理を行う特務機関連絡代表と一般刑法の刑部監理官であり、軍部の一部と警察軍の一部及び警察官を直接指揮可能な地位に着いたと言う事です。
平たく言いますと、総理大臣の父を守護する役割を子が担っているという事で、以前より強い指揮権が集中したということです。
HUN MANTの嫁さんは、PICH CHANMONY です。
彼女は、1,000万米ドル程度の自己資産を所持していると推定されまして、出身家族に対する後援もあるはずですが、詳しい事は不明です。
なお、夫婦の生誕日や出生証明書の内容その他も全て不明ですから実年齢が何歳なのかも不明ですし、複数毎は所持しているであろう出生証明書は一切の情報が皆無ですが、当地では常識的な内容とご理解ください。
私は、当人も含めて写真を所持していますが、撮影された日時が不明な為に現在の状況というか身体の特徴や顔の輪郭が不明です。
嫁さんの写真は、髪の毛が相当長いときのスナップ写真で、最近の写真は入手できていません。

メコン川の島を崩して造った人口の土地は、ダイヤモンドアイランド(金剛島)と呼称され利権は上記の人物が参画していると噂されてます。


HUN MANITH
男子で、RCAFの情報部門を統括する地位に就任していますので、息子二人が異なる部門で政権の為に人員を指揮しているということになります。
建前と本音があり、活動内容は現政権の保持活動も大事な事項と推測可能なので、いざ鎌倉ならば同時に軍部と刑部の人員が容易に配置されるはずです。
当該人物は電気売買事業にも参画してますから、特別経済地区では電気供給事業で稼いでますし、他の事業代表者および公務にも参画しています。
HUN MANITHの嫁さんは、HOK CHENDAVY です。
彼女は、600万米ドル以上を所持しているといわれまして、経済特別地区では土地の賃貸事業者でありながら電気の販売を行う会社を所持しているということです。
平たく説明すると、ベトナムから安価に輸入した電気を経済特区内で転売して膨大な利益を手に出来る権益所持者ということであり、建前は自己で電気を生産しているので販売価格が高額だという説明ですけど、カンボジア国の為に電気設備を造るよりも、他国から安価に電気を輸入して販売した方が投資資金ゼロで儲けは膨大という権益事業です。

カンボジアの電気供給能力(2015年度・・・推定値)
記述の確率98-99%と思慮してますが、毎年のように輸入電気量が変化してますので委細は不明です。
確か、カンボジア国内生産は27%程度
タイからの輸入は、23-28/29%程度
ベトナムからの輸入は46-56%程度で、2012-2015年は43-49%であり、2015-2016年は44-46%程度だったと曖昧な記憶をしています。
平たく説明しますと、カンボジア国内生産は1/4で、タイからの輸入電気量は1/4で、ベトナムからの輸入電気量は50%という乱暴な解釈でも概ね合っています。
輸入電気価格ですが、輸入料金が安価なので国内製造投資をしていませんし、一時期輸入量を定額輸入で契約がされていたと言う事実がありましたから、プノンペンでは計画停電が頻繁になっていまして、外気温の温度差が激しい時期で民生用が需要大になる時期は、水道水製造の地域も一緒に停電になりますから、水道水から泥水が流れ出る事もしばしばでした。
カンボジアの電気事業ですが、膨大な権益事業と解釈できますので販売価格がとても高額でして、1KW/H 1,400riel=27-30セントが当たり前であり、大家は此処に手数料を上乗せして1KW/H 1,500-1,700rielと言うのが通常の形態ですから、一言「基地外価格」と言えます。
なお、1KW/H 2,000riel(50¢)と言うのは外国人に対するボッタクリ価格であり、値下げするように話をしても下がらない場合には入居しないのが当たり前です。

大家は、電気代を後払いで集金するのが当たり前なので、一時立替の手数料金と支払いの手間代も入れて集金しますが、政府売り渡し電気料金体系では電気使用料金累進価格となっているので、使用料金が少ない場合には支払い価格も下がります。
2016年度の政府一般売り渡し最大価格は1KW/H 1,500riel となっていたと思いますが、大家の交渉能力では更に安価な料金がある期間は継続される場合もあるし、公務員の上位者がいる場合にも多様な料金が期間猶予される場合もありまして、ともかくいろいろでした。
ただし、期間は猶予されても、いずれは政府の電気料金体系が適用されています。

輸入価格について
現在は、ベトナム輸入電気価格は1KW/Hあたり450riel±100rielの誤差程度と推定されてまして、推定の根拠はベトナムで一般的に販売されている価格から推定した中国人の計算と思いますが、概ね事実で正解に近い数値だろうと思います。
ですから、以前の電気販売価格だと輸入がままならなかったので停電が頻発していたと言う事ですが、輸入電気量が減少する時期で外気温の激しい時期になると、今でも必ず激しい停電が頻発する事になりますが、以前からプノンペン市内の送電システムは地域優先が保持されてまして停電がほとんどない地域がありますから、日本大使館が停電しても停電しない地域は優先地区となります。
全ての地域を地図で示せる方は相当な方ですけど、電柱の配線方式が日本のように並列回線になっている電柱を見かけたら停電の少ない地域と推察可能であり、平たく言うと、電柱の回線に多数の電線が張り巡らされている地域と言う事です。
近年、直列回線を簡易な並列回線地域も多数あるので、意味の違いに気がつかないと内容の推察は困難です。





FUN MZNY
男子で、政治の道を突き進む人物です。
コンポンスプーという州がありますけど、同州でCPP から選挙に立候補して当選している国会議員であり、政府の賃金決定機関にも席を保持している人物でもあります。
彼についての情報はとても少なく、ほとんどの内容が不明です。
最近の写真は所持していますけど、中身のない顔写真だけです。
テレビに出て、マラソンしたり子供と遊んでいる姿が報道されていますけど、実子なのか他人の子供なのかの判別が不可能ですが、昔の噂話としては他人の子供と言う説があり、私的には養子の子という事で判断しています。

委細については、タイの大金持ちが男子は沢山の女性に子供をつくり、男子誕生の場合は自己の後継者として育児すると言う事を過去に記述した事がありまして、同理念の根本な思想については、日本の天皇家に対する相続すべき男子後継者という中国伝来の思想があります。

FUN MZNY の嫁さんは、YIM CHHAY です。
彼女は、自己の家族と生前離別してフンセン家族に入った人物なので、既に自己の進路をフンセン家族と共に行動する事を明確にしていますから、どちらかというと珍しい感じがします。
同解釈については、憶測も交えていくつかの説がありますけど、委細は不明と記述したほうが正しいと思います。
所持する金についても情報は断片的なので、記述不可能と言えます。
写真は昔の写真がありますけど、古すぎて役に立たないと思います。



FUN MANA
女子で、一時期「スレイ・フンセン」という異名名前で呼ばれたことのある人物です。
これは、カンボジア赤十字の売名奉仕活動をしていた時期に呼称された名前でスレイは女という意味ですから、フンセンの娘という意味です。
現在は母が行っているので、彼女は権益事業やバイヨン関連事業にも参画してまして、メット・フォンという電話事業の後ろ盾存在というのが有名です。
旦那
DY VICHEA です。
国家警察本部に勤務する人物ですが、事業関係は無関係と解釈されているので、情報は公務員という位置づけでしかありません。
よって、外国公館の行事その他で警備上の処置が行われるときには当該人物に情報が集まるので、外国公館の要人移動情報は常に政権側に瞬時に掌握されると言う事になります。

カンボジアは、故シアヌーク時代からモビテル(シアヌーク通り沿い)という事業会社が独占的に携帯事業を行ってましたけど、新規参入会社をフンセン総理の号令で雨後の竹の子状態で多数が出来まして、7つ程度はありましたが現在はセルカード(旧名 モビテル)とメットフォン(毛沢東通り沿い)とスマートフォン(ロシア通り)の3つに大別でき、他の会社は統廃合(経営不振転売)されてます。
セルカード(旧名 モビテル)は、当初の電波は2Gで後に3Gになりましたけど、後発の携帯各社は3G電波から始めて直ぐに4Gのサービスを始めたので、2013年から各社全てが4Gの電波で事業を運営しています。
2016年の状況ですが、スマートフォンはus1$で最大us100$分の加算利用金額まで可能な日時の先払いカード販売がありますから、うまく利用すると世界中へ安価に国際電話が利用可能です。
月に1日または2日程度の前払い利用カード特定登録日が設けられ、テレビまたはラジオあるいは新聞その他で特定日の告知が出ます。
ただし、スマートフォン利用の場合だけであり、カンボジア国内で販売されているsim-card 利用の場合だけとなります・・・2016年状況。

メットフォンについて
いずれ、カンボジア脱出時記述に委細を記述しますが、メットフォン勤務者はベトナム人影響下にある中国人とか中国系ベトナム人又はベトナム人(カンボジア在住なので国籍はカンボジアと多重国籍者)が多く勤務してまして、メットフォンの無線ラン利用の料金に細工がされて使えなくされた事があります。
クマエの門閥は採用されていないですから、人種差別的採用方式と言えます。
従いまして、日本人の方は身分を隠してsim-card を他の電話で購入したすべきで、特に公務員関係者はメットフォン利用をしない方が無難なはずですし、利用している電話番号を日本人会の連中に教える事は「死に直結する」事案に発展する事もありますので、一般者も絶対に大使館以外の方に電話番号を伝達してはなりません。

★小さな国で小さな国家ですから、ベトナム人組織が関与すると全ての自己言動に注意する必要になると言う事です。

私の家族が、5つの電話番号で4つの携帯事業会社を利用していたと言う事ですけど、番号のsim-card は他人がキャンペーンで無料取得した物を私が2,000-4,000riel程度で譲り受けたものです。
なお、妻が譲り受けた電話番号は親戚からの譲渡が考えられるので利用しないで、家族の分は私が全て自己で調達したsim-card でしたから、一時期はsim-card だけで10枚を入れ替えて電話利用をしてまして、ベトナム人の執拗さに愚痴が出たときもありました。
ベトナム人干渉を確認しましたけど、私の場合には内容確認だけで半年は必要ですから、えらい大変だぁーですね。

愚痴
一目朝鮮人と思われる日本人会の男に、メットフォンの位置を聞かれて答えた後から異様な利用加算賃が発生した。
多分、私が利用していたメットフォンの無線ランは、IPアドレスが接続時に利用していないIPアドレスが付与される仕組みなので、朝鮮人の男が私のPCにウィルスその他を入れられなくなったので、随時変化する確認不可能なIPアドレスを繋ぎ役に苦情を呈し、ベトナム人が利用できない不正な加算利用料金を設定したと言う事だと確認している。
何で?
当時の、利用料金の設定価格を見れば分かるが、貯蓄された料金が見る間に減額されると言う事で一般論では1ヶ月あたり5GB程度しか使いませんけど、2週間で15GBがぶっ飛ぶので異常ですから苦情を呈した事がありましたけど、すると一旦は普通になるが再度ぶっ飛ぶ方式にされましたので、利用をあきらめた事があります。

ウイルス混入の話がカンボジアでは有名で、日本人会に所属すると必ずウィルスが飛んでくると言う「摩訶不思議物語」だけど、以前から何度も12月と不定期的に飛んで来て、特に公務員に被害が甚大でマカフィーも通り抜けるのですから、対策は不正アクセスをされた時にソフト変換で対抗するしかありません。
一般論では無理で、一度入れられると「パソコンの番号情報が相手に流れる」のでIPアドレスを随時変更する手法が一番の対策ですけど、私の場合には対抗手段がなくなったと言う事です。
日本では?
簡単でして、時差を利用すると言う事であり、相手も1日中パソコンの前に座っていられません。
随時回線を遮断しておいて、ウイルスを入れられたら「初期化」しておけばいいだけの話ですけど、この男は「堂々」と日本人会の中で昔のパソコンが動作不安定改善する処置をしていたから、犯人は100%こいつの仕業だね。
沢山の人々が視認しているのに、誰一人として「何なんだ?」と疑問が湧かないのか?
この記述で、何人が強盗殺人犯の一味グループなのか? と予測して欲しい問題です・・・実行犯はベトナム人。



FUN MALY
女子で、電気事業やメディア事業に参画していまして、イオンモールに対抗して建てられた2015年の最近ショッピングモールにも参画しています。
私が、イオンモール2店舗目開店に否定的な記述をしたのはこの為で、フンセン総理の娘が経営に参画している新規のショッピングモールに対しては便宜供与を積極的に実行するはずと考えていたので、イオンは2店舗目をプノンペンに進出してはならないと記述を遠まわしに説明したのです。
この情報は、私がカンボジアに在住していた場合には記述が躊躇われる情報ですが、こんな程度の情報が現地の日本人に無いのかというと愕然としますけど、ベトナム人は身近な日本人に能天気な情報でトンチキしか通報しないようですから、判断する側が物事を整理するのが必要だと思う。
私を抜いて、日本人会の役員人事刷新を考えほしいです。

★私は、現在カンボジアに戻る環境下ではない。

ベトナム人と特殊関係下にある日本人会は、日本の出先も含めて「詐欺賭博強盗殺人」集団。
確認手法
進出者の中で一人でもいいけど、今まで誰でも成功したのがいるのかどうかです・・・第三次産業では皆無
旦那
SOK PUTHYVUTH
当該人物が、フンセン総理の父親がなくなったときにフンセン総理と涙を流しながら抱き合っていた映像が有名で、ベトナム人門閥でも顔は黄色の皮膚です。
※顔が黄色でも、中国系ベトナム出身者でベトナム人という人々がカンボジアには沢山居住していますので、早とちり判断は厳禁です。
事業主ですが、現政権下で事業をしているので権益に覆い尽くされているはずですから相当の資産があるはずでして、5人の子供達は各人が最低500万米ドルの資産保有と推定されてまして、総額はUS1,000-2,000万米ドル以上説が多いようですが、事業規模から考えると一桁異なる資産と思います。  
以上


上記の説明で、何故「出生証明書」が何通も??
色々な疑問があったはずですので記述し説明をしますが、日本の社会通念と異なる説明なので記述に疑問がある方は納得いただけないはずと思いますので、どちらを信ずるかは貴方次第であり、こんな説があるんだという解釈でも貴方次第です。
ただ、フンセン夫妻の子供たちに関して、名前と関与している事業まで委細に記述された内容は初めてなはずですから、読者の日本人には衝撃のある内容と思いますけど、無理やりにでも信じてほしいと願っています。
ただ、アメリカの情報筋でも此処まで詳しいかどうかは不明で、恐らくお初の話もあると思慮します。
フンセン総理自身も含めて、妻も子供達全員の生誕日も年齢も公表されてませんので、孫の顔写真その他の写真も公表はありませんから、日本の法律で総理夫人は民間人でも顔写真がでかでかと報道されると言う人種差別「朝鮮人」報道スタイルですね。

記述
カンボジアでは、見知らぬ相手に対しては注意深く付き合うのが当たり前で、特に警戒すべき事項が発生しかねない相手には全てを隠し切るというベトナム人の生存軌跡がありまして、相手に自己の現住所・親戚・付き合う友人関係だけでなく、自己の写真や人的特徴だけでなくメールアドレスとか電話番号も相手には徹底して伏せておきます。
まして、女性の顔写真は絶対的に拒絶する内容であり、子供の顔写真は絶対に写す事が不可能な事案ですから、日本人会が主導し日本人学校の収集する情報内容は、カンボジア的には基地外の情報収集と言えまして、ベトナム人と密接な繋がりのある人物は写真を極力嫌うはずです。
★写させないはずです。
私が日本人会に在籍していたときの写真は、私と私の息子が大写し写真され学校外に流失し存在しても、ベトナム人と特殊な関係者の写真は大写しでは無い筈です。
私は、この内容を知っていても拒絶しなかったのは、ベトナム人と密接に関係する日本人に必要以上の関心をもたれる危険性を熟知していたためであり、私のベトナム人に対する知識が乏しいと判断させるためでもありました。
ですから、私を圧迫する場合でも安易な力で容易と言う判断があったはずであり、相手に負担をかける事を小さくさせると言う思慮です。
平たく言うと、事を大きくさせると引っ込みのつかない状態になり、事が大きくなれば引くに引けない事案に陥り、最後の手段を採用するしかありませんから、常に相手の手の中で踊っている様子を演じていたのです。
私の知り合いの警察官が相当人数虐められましたけど、付き合いのあった全てではなかったと言う事であり、記述した1700KM右往左往の旅をしたのかと言うことですが、現実には約6,000km程度走破していまして、他州の夕暮れ時に橋の上でベトナム人と出くわすとは思いませんでした。
コンポンスプーの件はキワドカッタト思慮してましたから、コカの缶を右手に持ったまま急いで走りまして、アクセルを吹かしたときに液が手にかかりまして、変な思い出が出来てしまいました。
私は、過去からカンボジアについて多方面と他人種から色々な話を聞いており、購入する新聞代金だけでも月額US100$を超えますし、この中では耳年増でも経験が無い部分がありましたから、ベトナム人の行状について痛い思いをしても繰り返し経験して確認しました。
フンセン総理がベトナム人に多数のカンボジア国籍付与と無制限滞在許可を発行したのは、多数の問題を一気に有利に運ぶ一環で行った言動ですが、以前からちらりと記述したのは日本人会日本人にベトナム人への内通者が多数存在する事を知っていた為で、私が入会したときには「事前情報」が流されていただけでなく、カンボジアの公務員が私を確認してましたから、悪口雑言の渦に巻き込まれた形でしたね。

※ちーとは、オカシイト思って欲しいけど、思わない方が仕事をしやすいという渡世の術・・・冗談と受けて欲しい。


★遠慮なく、真実を書きます。

理由は、日本人会にベトナム人と密接に繋がった強盗殺人共犯者がいるので、この後起きるかもしれない事案を想定して危険情報として頒布します。
平たく言うと、日本国外務省が現地に住む日本人を救済し各種情報提供を呼びかけているのですが、当該者にしてみれば一度きり関係ですから捨てられる可能性があるし、日本人会の役職連中は全てベトナム人と特殊な関係にありまして、日本人が一人で自由に街場を往来できるほど容易な街ではありません。

※クマエ語を話す日本人で、日本人会の役職者と利益が相反する立場と考えられたら、プノンペン全域に顔写真が出回るだけでなく、徒歩移動又は車両移動したら常にベトナム人の監視から抜け出せないです。

プノンペンのバンケンコンでは、強盗に4発の弾丸が身体に撃ち込まれ金を取られて日本人が殺されましたけど、一般的には深夜に多額の現金を所持して移動する人はいませんから、事前に情報が漏れていたということであり、本人の行動から察すれば現地の住む日本人と付き合いがあったと言うことです。
平たく言うと、斡旋する業者が東京都内にいまして、カモをカンボジア側に紹介する周旋業者がいるのですから、この業者に乗っかると「災難が必ず」来るということであり、プノンペンでは有名なベトナム人泥棒物語があったと言うことです。

セントラル・マーケットには、日本人から盗まれた品物が山のように販売されてまして、この事実を知らない現地在住者は日本人ぐらいです。
泥棒に加担していた連中が、受け取れる金額は「雀の涙」なはずですが、犯人は逮捕されないので「やりたい放題」だったから、20人中17人からバックごと泥棒するのですけど、警察に届け出しても何ら対応されないので、せいぜい現地日本大使館に届け出を出すだけですね。

私がブログを始めたきっかけも此処にありまして、是非とも注意喚起をすべきだと考えたからですが、被害者の意識と認識が私とは乖離していまして、被害を届け出すべきと忠告すると交通費も翻訳も水代も全て私の負担のように振舞うし、自己で行動しようとしませんでした。
簡単に言うと、英語能力とクマエ能力の言語ゼロであり、ボランティアという名前に優越感を持ったツアー旅行に参加したカス個人が集合した団体で自己狡さを主張していただけですが、ゲストハウスの中で大騒ぎして業務が出来なくなり呼ばれていくと、無関係の私に助けを乞うので説明して支払いが必要と説明するのですが、日本人が困っているのに日本人の貴方が何で助けてくれないのですか・・・と言う、変な言いがかり三昧でした。
しかも、私達は全員ボランティアでカンボジアに来ているのですよと主張しますので、落ち着いてと言いながら、あなた方を斡旋した会社は何処の会社で通訳はいないのですか?
と聞くと、通訳は「知らん振り」して相手をしてくれませんと言います。
1日us1,000$ の泥棒物語被害者集団ですが、お願いと感謝の気持ちがまるでなしの自己中心的「無法者」ですから、助けようにも助けられないと言うのが現実で、まともな話も出来かった連中でした。
普通は、その場で皆が互いの連絡先を交換し、大使館に全員が行き話し合う程度の知恵を出すべきであり、帰国後は旅行斡旋業者に苦情と保障を求めるのが当たり前だけど、一人の男は既に全額の旅行代金を支払ってあるので「旅行を継続する」と言いますから、何がなんだか理解不能です。
ゲストハウス内で、20人の日本人が興奮して私に怒鳴りながら説明するので、説明の意味が届いていたとは思えませんでした。
なお、数人の女性が旅行を中止して大使館に説明しに行くといってましたけど、とりあえず騒ぎが収まったので帰りました。
この時に、被害者の集団が日本人通訳の人物を指差したので、私は当該人物を凝視し目に焼き付けたのです。

だけど、一方的に自己都合の主張を全て私が断ると、直ちに踵を返すと言う言動でしたから、何なんだよ?
お付き合い、到底不可能。
上記の被害だけではありませんが、私が知り合いカンボジア人全員に犯人は何処にいるんだと質問すると・・・全員が同じ方向を指し示しました。
私には、この内容で十分意味が伝わりますけど、関与している日本人はタレント並みに有名だと言うことを力説しているのですが、常にトンチキ情報を授けられている方には判断が不可能なのだと言う事でしたね。

ベトナム人作文→日本人会所属特殊関係人→無知なる者どもへ教授→真実を記述する私への悪口雑言と嫌悪感だけ伝達
※日本人公務員に対して、日本人会ベトナム人の多勢に無勢の説明だけど、過去の出来事からちーとはオカシイト思わないのか?


考察
日本人会が収集する個人情報届け出は、絶対に拒否するのが当たり前であり、まして自己の写真と子供の写真撮影は絶対拒絶しなければならない事項で、誘拐事案に使われたら金だけ取られて人質は絶対戻らないのがカンボジアの常識です。
金を払ったら絶対戻らず、死体も出ず・・・誘拐されたら、捕まえる反撃しか残されていない。

★誘拐事案は、新聞にも載らないことが多いですが、金持ちと中国人は子供の送迎を必ずしまして、送迎がなくてもよいのはベトナム人師弟だけですから、この部分を理解して欲しいと思いますけど、学校に行くと子供の送迎に出会いますから意味が理解可能と思う。
なお、警察統計などと言う話は「外国人向けの戯言」と解釈すべきであり、単なる数字の羅列と解釈すべきですが、特にベトナム人の教える情報は全てがトンチキという認識です。

最近は、日本人会に所属すると必ずE-MAILが送られてくる事例が頻繁にあり、大使館からの名称でのなりすましメールで、開けるとウィルスが混入してパソコンソフトがぶっ飛ばされると言う事案ですが、日本人会でパソコンのソフトが映し出されていたのにはビックリで口あんぐり出すね。
以前から、ベトナム人医者は信用できないと記述しており、子供を歯医者に行かして歯の現状を把握させた内容がベトナム人に流れたら、子供を誘拐する特定の情報を相手に与えるも同然です。
簡単に言うと、カンボジア国内全ての話なので、個人情報収集は国家に楯突くやつを抹殺する手段と言うことですが、ベトナム人は個人の情報を金にする手段を知っていますから、外国人には恐ろしいと理解すべきです。

日本人会はベトナム人が十重二十重ですから、いずれか金に困ったら「強盗殺人や誘拐」は当たり前で、日本人が強盗殺人で殺害被害者になってから10年も経っていないし、普通外国人が被害者になるとフンセン総理が犯人逮捕で大騒ぎすんだけど、あの時は「異様に静かだった」のが記憶にありますね。

絶対拒絶
ベトナム人と、特殊関係者の大きく引き伸ばした写真はない筈ですし、外に出す写真を彼らは必ず拒絶するはずですから、現地日本人会がメールアドレスを含む情報収集には拒否すべきであり、子供の歯の検診又は治療のときに情報を歯科医に与えると特定の誘拐された情報に使われる可能性がある。
カンボジアは、イオンモールの日本人医者も信頼できないよ。
私的には確認したので、当該歯科医は日本人会ベトナム人と密接な関係にあるはずですから、日本人会の役職者と言動が一致しているはずと思う。
私の記述は全て当たるんだけど、理由は私なりに確認済みということです。
なぜか?
私は、イオンモールは1ヶ月は大盛況で3ヶ月は盛況だと記述しましたが、事実このような結果でしたね。
この後、あまりの閑散状況に、ベトナム人のお偉いさんが「あちこちに声をかけ」て、イオンモールに行き買い物をするように言いましたから、大人数がバイクでイオンモールにノコノコでかけで、モールでコカコーラ1本を購入すると言うヘンテコな光景が見受けられました。

コカコーラは、街場価格1700-1900rielなのに、イオンモールは2,400-2500rielだし、バイクの駐車料金も別途1,000riel必要ですから、こんな連中が来ることが不自然ですけど、簡単に言うと、お前らイオンモールで桜になり満開の大賑わいを演出せよと言う激励と罵声がベトナム人に飛んだということですから、こんなお偉いさんが言うのだから今は言うこと聞いて、あとから割のいいは働き口を見つけてもらおうと言う算段があったはずですけど、一向に2店舗目のイオンモールが開店しません。
1店舗目はフンセン総理の息がかかっているけど、2店舗目はこっちのもんだといいそうな話でしたが、フンセン総理の娘が他のモールに参画しているのですから、早いとこ仕上げないと全てがぶち壊しだと言うことです。
私も、少しだけ新規の2店舗目イオンモール開店について記述しましたけど、此処まで委細を記述したのは初めてです。

理由があって、現地に居住ししていた時は内容を全て記述できないのです。
ご理解ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AMERICA,FRANCE and UN VS JAPAN

2017-03-21 02:14:17 | 日本国内にはない記述
投稿に関して、間隔頻度が相当休止期間というか半年以上に亘っているのに、今でも多くのお客様に閲覧されている事に感謝し、是非も無く記述を継続しなければならないと言う使命感で記述を続行しますので、これからも閲覧応援よろしくお願いいたします。

読者の皆様方に、お辞儀の角度が90度でペコリです。


★カンボジアを表現する時に、日本都市伝説ではクメール人が大多数で大まかには単一民族という趣旨で表現されているコピー・ペースト・パクリ記述が大多数ですが、真実は多民族国家という内容ですから、ベトナム系・タイ系・ラオス系・中国系・朝鮮系その他の人種に大別できますけれど、日本の社会通念は「クメール=khmer」という表現ですが、そもそもクメールと表現する事が間違いであり、人種や歴史その他の数多くの内容で間違いが見受けられます。

【正式表記は KHMER=クマエ】となっていますので、カンボジアと言うのは英語表記【CAMBODIA】であり、カンボジャア(かぼちゃ=南瓜)は英語表記の酒飲み駄洒落でカボチャと一緒なので、トランプ大統領に花札を所持して会いに行くというのと一緒のお笑いというか酔っ払い親父駄洒落です。
こんな程度の内容なのにカンボジア話を知ったかぶりでする人が大勢いますけど、日本国内だけに通用する駄洒落で外国人には意味が伝わりませんから、RACE(人種)=KHMER(クマエ)と表現してください。

人種に関しては、何世代にも亘る人種の融合が継続されているので、一目では人種の特徴が判別不可能な場合も多くありますし、人種間融合が何世代に亘るし多数の人種間融合もあるので、ベトナム人・クマエ・中国人・タイ人・ラオス人等の他に複数人種間融合血統の場合も多いので、当該人物の特徴的な人種を確定する判断不可能な不明な点が多くの事例でもありますけれど、相対的にベトナム人の人種が多数なので、街場で散見される子弟にベトナム人の特徴が多く見られるのが実情ですけど、人種についての説明をした外国を含む日本の文献がありませんから、とてもいい加減でデタラメな記述ばかりです。
簡便に説明すると、人種の遺伝的特徴と着用する衣類や生活慣習に信仰する文化について知識が必要ですから、10年程度の居住期間では判別不可能だし、常に社会と接触しているというか街場に出て、多くの人種に接触して多くの人々と交流する必要があり、単一人種だけと接触しているのでは全てが不明なはずです。

私は、以前の記述した中で人種が不明な場合には「門閥」の確認が必要で、門閥を確認した後でないと話ができないという記述を常に繰り返していますが、特にベトナム系の門閥と人種では必要不可欠な要素ですから、確認を怠る事は必ず問題提起になります。
ベトナム人人種と見受けられる場合には、門閥と友人関係も含む生活全般での確認が必要不可欠であり、絶対に怠る事のできない確認事項ですし、カンボジアの日本会社会ではベトナム人と絆が深い人々が多いので、一旦事があると取り返しのつかない事例に発展します。
後に、いくつかの事例で内容を説明しますが、日時が必要なので暫くお待ちください。

ご注意
一目黄色の肌でも、カンボジアを含むアジアでは多様な民族が居住していますので、中国人・モンゴル人・北部ベトナム人・中部ベトナム人・南部ベトナム人・ラオス人・タイ人・マレー人等に相当人種融合の歴史が現在にも受け継がれていますから、彼らと商売上の取引では「門閥の確認」は必要不可欠ですし、居住地での人種優劣とか立場の相違等多様な文化および風習と慣習があり、相手の立場を自己で決断するには多くの時(経験)が必要です。

平たく説明しますと、相手の人種に身体の特徴を感じる事のできる居住経験が必要であり、日本での思想的には高学歴と金持ちに自己所属の人種隆盛に誇りと保護の意義を感じますから、パチンコ企業大手のマルハン社長さんは今でも朝鮮名を名乗り、ソフトバンクの社長さんもロッテの社長さんも朝鮮名を現在でも名乗っていますし、年配のやくざで当代を相続した人物では日本に帰化せず朝鮮名を名乗っている人物も多数います。
ですから、報道界は口先では人種差別は憲法違反だと念仏を唱え、自己の朝鮮人達には保護的な人種差別有利な報道を採用するので、これらの人々に対しては相当の考慮がなされた報道姿勢であり、靖国神社に参拝する政治家は「些細なことでも大事」に報道しているのです。
一言、日本を愛し日本の事を敬う日本の政治家を徹底して叩く、反日と抗日の【日本報道界】に対する法的取締り制度が必要だと思う。
なお、日本国国籍付与制度を改めるべきであり、現在の外国人移民推奨制度も改める必要があるはずです。

上記の正確な意味は、日本的には朝鮮人資本に覚えのめでたい「学業成績優秀者」だけが、相対的に批判の少ない内容を自己都合で表現しますから真実は覆い隠されてしまいまして、最も必要とされる真実が明確に伝わりません。
報道界に、ジャーナリズム(真実を伝える使命感)が無いのです。
簡便に説明しますと、日本国内に居住する外国人を褒め称える学業成績優秀な自称専門家と名乗る人物が、あちこちの文章を斜め読みして自己都合解釈の曲解文章を頒布情報としてテレビその他の朝鮮人資本から金を受け取りご披露してすが、公的機関も含めてコピーペースト文章の一人歩きなので、私には意味不明の内容ですから理解不可能です。
報道界に多数の詐欺賭博パチンコ在日朝鮮人資本が入って全てを牛耳られているので、元TBS勤務者で民主党の浅尾参議院のように、自ら覚えのメデタイ人物を宣言して朝鮮人に擦り寄る渡世術の輩がいると言う事です。
何で、当選するのかねー???
選挙を棄権する日本人は???
朝鮮人の思想を持つ、帰化日本人に投票する純粋日本人は???
前新潟県知事は選挙出馬をしなかったけど、芸能界とスポーツ界に報道界にいる朝鮮種族の特徴を感じてほしいし、政治にも進出しているんだよ。
日本人なら、覚醒せよ。


以前の問答では、自称カンボジア官僚話から例に挙げて聞いた話の説明内容では、私の記述が間違っていると指摘された方がいますけれど、実は同人から同一話が二度されていまして、私は一度目は明確に否定しませんでしたし、二度目も明確には否定しませんでした。
簡単に言うと、同人物が相当の手間と暇をかけて確認した内容なのに間違っていたことを私が明確に指摘することに戸惑いがありまして、後に時間をかけて「証拠がある」事を明確に記述したことがあります。
これを簡便に説明しますと、現在のカンボジア情報はベトナム系カンボジア住民の都合だけで編集された内容ですから真実度合いは無く、常に相反する他方の説も存在していますから、まとめられない思想と人種の垣根があるということです。
日本のテレビ朝日は、プノンペンのお寺さんとシュムリアップのお寺さんを編集して同一地域の日本国内放送だし、フジテレビもカンボジアについての放送内容がまるでトンチキですので、一体どこの誰が撮影を手助けしたりしてんのかいな???
カンボジア国内で、家屋撮影の時に建物全体像を掌握されないように編集してテレビで流したり、置いてある車両のナンバーが映らない様にしたりしているけど、これだけトンチキだと言われてもテレビ朝日はカンボジアのトンチキ話を作りますね。
どうゆう関係だ?
わかんないなあー?
カンボジアでは、クマエの話は比較的真実が多く、ベトナム人の話は虚偽がてんこ盛りで、中国人は相手によって真実があり場合によっては不正実であるのが特徴で、何もワカンラン人にはどんな場合も真実が伝えられないばかりか、相手にせず話し合いも拒絶されると言うことですから、自己で真実を確認できた時だけ教えてもらえると言う事なので、一般論解釈だと日本人は意味がわかってないので、バンケンコンで強盗殺人の加害者が逮捕されたという話を信ずるしかないのです。
意味がわかんないだろうけど、沼の殺人事件では背が低く体の小さい女がクマエの大きい女を一人で押さえ込んで、被害者の後ろに回りナイフで首を掻き、警察官に逮捕されると言う摩訶不思議物語とご承知ください。
逮捕する警察官も犯人も、信じられない道筋での漫画です。
この事件、当初は犯人未逮捕事件で後に警察が犯人を逮捕したので映像が流れましたけど、この後の処遇がどうなるのかは不明であり、当然裁判での進捗状況は報道されなかった事件です。
被害者のクマエ年配女性は、両手を左右から引っ張られてまして胸が肌蹴てジーンズも脱がされてたのですから、いつものように加害者達が強姦して殺す段取りだったと思うが、犯行時相当人数の邪魔が入ったので首を掻いて殺した事案ですけど、つじつまを合わせる段取りで女の犯人をでっち上げたという段取りですね。
こんな事案が、昔からソコイラ中にはいて捨てるほどありまして、事件の内容から犯人の人種を推認可能な人は??

カンボジアのプノンペンにあるバン・ケン・コン(bang keng kong ちと曖昧)の地域では、昔から外国人が多数殺害された場所でして、何故かこの地域では外国人が殺される地域ですけど、以前は全て犯人身逮捕ですから加害者には特別なネットワークが保持されていた地域です。
この地域は、クマエの警察官が多数いた時は十分安全でしたが、居ない時の時間帯だけが問題のある地域で有名な場所であり、クマエ警察官のいない時間帯にはアメリカ人が何人も殺されまして、日本人も強盗殺人被害にあった場所です。
なお、当該日本人が持参していた金額がus10,000$と日本社会には報道されていますが、私自身は40,000米ドル程度の話を聞いてまして、犯人側がどのようにして被害者が所持するお金の情報を入手したのかです。
簡単に言うと、大金の現金を所持する日本人情報を日本人の誰かが確認して、ベトナム人に通報したと言うことです。
この地域は特殊な場所で、昔からベトナム人だけが道路の辻にバイクタクシー・トュクトュクの仕事ができる場所でしたから、犯人がクマエその他の場合には直ちに警察に通報され逮捕されます。
私は、以前から日本人会の半数を「反日本人=食詰めた犯罪」の集団と認識していまして、彼らの持つ日本人情報がベトナム人に通報されて強盗殺人が行われたと認識していましたが、記述できませんでした。
理由は、カンボジアの政府と官僚に警察官の行動が問題視されます。
全ての権利を保持するフンセン総理がベトナム人であり、1997年から継続した現政権は多くの権益をベトナム人に分け与えましたし、2003年の選挙後半年程度で当時のシアヌーク国王の政治的勢いが削がれましたから、一気にベトナム人台頭の歴史があります。
従いまして、1997-2003年までの間でどのような政治流動があったのかと言う事と、シアヌーク国王に組した人々がどのような仕打ちを受けたのかと言う事実を確認することが大事ですけど、現政権からの情報は全てベトナム人が意図した頒布情報なので信頼性はゼロです。
情報源は、ベトナム人・中国人・クマエの三つから同時に受け取り、ここに大国アメリカの動向を加味してカンボジアの政治を思考しすればよかったのですが、最近は中国の介入が顕著であり、2016年には中国からカンボジアに対して南沙諸島発言の褒美として6億米ドルの援助が実行されましたし、同時にフンセン政権下の主要人物に無期限中国滞在が約束されたと聞き及びますので、現政権消滅の場合には政権に携わる人々全員がカンボジアを脱出する約束がなされたという事で、より中国に近い関係が出来上がったと言うことです。
既に、政治家も官僚も全ての公務員は、これからは中国がカンボジアに対して援助を行い観光客も大挙して押し寄せてくるので、日本との関係はどうでもよいので投資させるだけ投資させ、期限限定の契約を行わせれば「ただ同然で全てが入手可能」という話が常識として流れていますけど、私の話を信ずるかどうかは貴方次第です。

もはや、中国支配外堀が埋められ、今後の経済は中国の意向が繁栄される内容で構築されたと判断すべきであり、今後日本がカンボジアに進出する事は問題提起されるはずで、特に長期的視野で思考しなければならない製造業の進出は更に慎重になるべきと思慮しまして、進出中止決定が当たり前な選択です。

カンボジアの政府と民間の借款総額は、既に2016年度で国内総生産の3-5年分以上(推定 政府の統計は無い)となっていますけど、世界でタブついた金がカンボジア国内に投資され、特にアジアのお金がカンボジアに流れ込んでまして、以前はタイの投資金から最近はマレーシィアのお金投資され更に中国の投資金も流れてますが、いずれの場合も短期資金が特徴であり、製造業では投資資金の低額で回収が早い繊維産業が主たる投資ですから、不動産業の投資は既に停滞しているのが現実です。
ベトナムに直結する国道1号線の土地価格ですけど、国道に面した1平米あたりus50$を日本人会では当然の価格と話し合われているようですが、坪単価に直すとus160$強になりますから10倍以上の膨れ上がった話ですが、日本人はカンボジア国内法により土地の入手をできない法律の壁がありますので、どうしてもベトナム人と提携しなければなりません。
よくよく考える必要があると思う。

カンボジア国内銀行の利子
銀行には、貸出金利と支払い利息がありまして金利と利子の差額が利益となりますけど、2017年の銀行利子は米ドルの場合でも高額な利率が適用されています。
以前の日本では、日本円だけで言えば年額利率10%程度は常識でしたけど、米ドルの運用になる場合には低額な利率が適用されてまして、運用差額を考えると国内では円の運用が常識でした。
カンボジアでは、米ドルとカンボジアリエルの運用がありますし他の運用方もありますけれど、株式については以前の記述のとおりであり「詐欺賭博株式運用」と変わりませんので、投下されたリエル資金は物価上昇のカンボジアでは実質目減りの憂き目に会い、株式を売ろうにも買い手が居ないので1/2程度の金額で買い叩かれるはずです。
この話を日本語で紹介した輩ですが、どこで話を入手したのか?
ばら色の株式運用劇場?
話が出たときから、私は投資は思いとどまるべきと否定しましたけど、今でも現実には銀行の普通預金程度利率しか支払われませんし、支払われる期限も1年に1度で5日間程度となっていますので、日本に居住し実質投下資金の配当を受け取るには200,000米ドル以上の投資がなされていないと受け取るときに赤字になります。
カンボジアの銀行は、銀行によって支払われる利子が異なりまして、更に定期預金の預け入れ長短で支払い利子の受け取り方法も利率も異なりますから、銀行利率の単一的な説明が不可能です。
現在、利子の支払い率だけを米ドルだけで考えると、カンボジア国内の利率は世界最高水準ですから「デフォルト=支払い拒絶」がいつ何時発生してもオカシクナク、2017年の8月以降は銀行が潰れても当たり前の認識ですが、外国からと金が米ドルで流入しているので国内はジャブジャブと資金は潤沢ですが、大半は短期資金なので出入りが激しいのですから何かがあると全てが停滞するのが特徴です。
2018年の選挙ではCCPが大勝するはずですが、アメリカが強い政治力を見せたら短期資金は大半が移動するはずなので中国が全てを引き受けられないと思いますので、銀行に経営不可能なところも出るはずですが、日本政府の意気込みで進出した乗っかり企業はどうなるのか?
何らかの資金贈与??
するかしないか?

★日本的には、人種についての話をした場合は必ず人種差別という話が出ますけれど、日本国内では南北朝鮮人の強い心と人種の絆があり、彼らは南北朝鮮人以外は受け入れません。
これは南北朝鮮人が、普段から自らの人種だけの繁栄を採用している人種差別をしているということであり、東京都知事の小池百合子氏が「あっという間に20億円の政治資金を集めた」という事です。
この政治資金が集まった背景には、南北朝鮮人が現政権の失脚を狙い国政に参画する意思の表明ですが、現外務大臣の岸田氏は何かというと南朝鮮人の「ソフトバンク」を担ぎ出しますから、彼の派閥は南北朝鮮人が寄付する政治資金で溢れています。
対する安部政権の日本人的心を持つ官僚は、スポーツ界と芸能界に報道界から嫌味を常に言われまして、南北朝鮮人VS日本人の政治ということで表現可能です。
何せ、政治にはお金が必要ですから、多数から金を集められる「詐欺賭博集団 パチンコ屋」の手先である福島瑞穂氏とかが問題ですし、東京大学の出身者である南北朝鮮人は更に問題です。

常に、日本人に不利な政策を実行しますから、福島瑞穂氏は消費庁という名の下で日本企業の駆逐をした死刑に値する帰化日本人で心の思想は朝鮮人ですけど、この人物の関与した政策を考察する事がされないのは、報道界が人種差別で報道内容を考慮した結果と言えるのです。

小池百合子東京都知事
東京都知事は、連続二代続けて南北朝鮮人の思想を堅持した人物で、先代は桝添様でした。
先代は、南朝鮮の首都ソウルに対して東京都民の税金を惜しげもなく南朝鮮に贈与した人物ですが、新宿区の土地も長期に亘り貸し出した人物でもあり、この件では住民と都民の強い反対がありましたけれど、報道界は朝鮮人の資本が入っているので、朝鮮人を問題しする内容では報道中止です。
続く小池百合子氏は、自民党からかっさらった資金の300億円の中から、100億円を都内の私立校に資金付与すると公表しまして、南北朝鮮人学校にも都税金を贈与する話ですから、相対的に私立校の多数である朝鮮人学校だけに多額の資金贈与される税金に変わります。
報道界は、過去から蓄えられた詐欺賭博パチンコマネーで牛耳られているので真実の報道はないのですが、問題は有権者の動向です。
なお、小池百合子氏立候補時の選挙公約である新宿区にある貸し出された朝鮮人高校土地についてですが、立候補時は云々の話をしていましたけど今は無作為で対処しているので、桝添様の汲み取った朝鮮人大事作戦の継続実行中です。

以前の記述の中に、小池百合子氏を都政の長にする事を望んだ記述をしましたけど、都政の自民党がやりたい放題でしたから小池百合子氏を応援する記述をしたのですが、思想的にも心情的にも親朝鮮人であり、反日と抗日の人物でした。
これほど、朝鮮人の心と思想の塊だった人物とは思いませんでした・・・毒には毒で精する思想でしたけど、腰を90度に折りましてペコリ。
石原さんの指摘した、小池百合子東京都知事を厚化粧という表現は「朝鮮人 思想」の人物を指しており、森さんや石原さんを鬼のように描いた報道姿勢で、対する小池百合子東京都知事は天使の如く描写されている報道姿勢に違和感がありますけど、選挙権を所持する多くの人々に同一の違和感を感じ取って欲しいと願っています。

なお、日本人の集まりやすい外国でも同一のことがあるので、見た目手足が長く体の大きい朝鮮人の血が色濃く遺伝表現された「大相撲 横綱 キセノサト」のような人物だと、
現地南北朝鮮人思想を受け継いだ東京大学出身者日本大使館等から阿吽の呼吸で優先選抜というか抜き打ちで当該本人が抜擢されまして、海外の現地日人界要職に就任します。
ですから、最適任者といえど「絶対選抜」されない事は常識であり、この事を理解できない錯誤思想の方もいるようですけど、朝鮮人の思想を保持する岸田外務大臣の影響があるとご理解してください。
岸田外務大臣は、帰化した日本人多数から随時政治資金を受け取っていますので、資金源の手法は小池百合子東京都知事の政治資金源手法と同一のやり方で、現政治資金規正の対象外となっているのですが、この点についての報道は全てが沈黙し、靖国神社参拝政治家は「根絶やし」報道という反日と抗日の人種差別報道ですが、日本人は報道機関を所持していないので彼らを批判できません。
報道界は、朝日新聞を先頭にしまして、テレビを含めて全てが人種差別の在日朝鮮人と子孫の優遇報道であり、朝鮮人子孫の「浅田まよ」をぼろくそ表現した森さんは常に報道では批判の的になる根絶やしすべき人物と捉えられていまして、かつて石原さんが福島瑞穂代議士を朝鮮人とか第三国人と表現した事にも朝鮮人執念と怨念を感じますので、小池百合子氏は石原根絶やし反撃実践中。
テレビを見れば判るけど、朝鮮人の民族衣装のデザインを少し変えた服を着ているのが多数いて、それぞれのテレビ局を支配下に治めた証拠の映像としてアナウンサーが着用しており、朝鮮人の作業服を模倣したデザインの服ですから、袖丈7分という日本には無いデザインです。
袖丈その他を少し変えている場合もあるので同一ではありませんが、過去にはパクヨネの服を模倣したアナウンサーもいたし、朝鮮服のチマチョゴリを着用して日本国内放送した人物が居るのだから、どうなってんだ?

私は、今からでも政治家を目指したいけど、金が無いので宝くじが当たったら選挙でこの事実を訴えてみたいけど、誰か政治資金を全額付与してくれる篤志家を教えて下さい。以上をふまえて、記述開始です。




本日の題

AMERICA,FRANCE and UN VS JAPAN

前説明
私は、色々な理由があり直接的にマクロ全体を説明していませんし、敢てマクロの部分を消極的に記述したり、積極的にミクロ部分を力説した記述も多くありますけれど、自己都合の内容に理由があって健在も記述を説明できない部分もあります。
平たく説明しますと、カンボジアのタケオ州で殺害された日本人国連職員はベトナム系カンボジア人集団によって殺害されていますから、ポルポト軍事殺害集団説は「ベトナム人」の作文説を採用した人々の頓珍漢説明ですが、日本国内ではポルポト説が社会通念として闊歩していますし、どの報道でも報道界はコピーペースト報道なので同一内容です。
この部分を理解できないと、アメリカの採用したカンボジアに対する真実の報道に意味が無くなりまして、現カンボジアのフンセン政権に対する援助継続が提起されませんから、援助継続を積極的に実行している日本のJAICAの組織を「ジャリ以下」と記述しました。
平たく説明しますと、日本の国益を真っ向から否定した言動をした現カンボジア政府に対して、援助中止を伝えたアメリカと欧州諸国に対する正反対の言動を行っているという事なので、日米同盟の絆を日本自らが否定している言動ということであり、この事実を日本国内報道は積極的に伝えていません。

今回は、この部分を明確に記述しますけれど、欧米諸国との信頼を損なう言動を選択したという事を報道されていないのですから、日本の報道内容はめちゃくちゃです。
常識的には、日本の国益を損なう南沙諸島に対するカンボジア政府の言動に、日本国政府から異議の申し立てや援助の停止或いは凍結や取り消しは当たり前だけど、日本の外務省からカンボジア政府に明確な形で抗議が行われなかったんだよ。
平たく言うと、抗議というのは相手国に対して明確な形で抗議すると言う事だから、日本国内とカンボジア国内の両方で抗議が必要なんだが、外務大臣様は日本国内で抗議したと言う形式だけを整えるので、公務員の休まず遅れず働かずの月給泥棒様の鏡だよ。
相手国には、なーんにも伝わらないので、南朝鮮には少女像が一気に何百もできたね。

理由
カンボジアのフンセン総理は、南沙諸島に対するカンボジア国家の声明を曖昧な表現で幾度も公表しましたけど、およそ1年間に亘る中国政府の働きかけにより中国政府の立場に沿う内容で発展した声明が何度も出されました。
当然、欧米も援助と引き換えに国連決議を尊重するようにとカンボジアフンセン政権と話し合いがなされまして、何度も合意したので援助約束が調印されたのですが、調印された後に欧米との合意内容がアセアン会議の場で一方的にフンセン政権から破棄されまして、激怒した当時のケリー米国務大臣から直接援助中止が言い渡されましたから、フンセン総理も約束されて調印された援助を中止したアメリカはなんちゅう国家だと大激怒でした。
フンセン総理は、カンボジア国内放送で顔を紅潮させテレビでアメリカ批判演説をしましたから、アメリカに対する何らかの嫌がらせがあるはずという認識がありましたし、この頃から、日本とアメリカを無視した言動がありましたけど、既にフンセン総理は夫婦で中国の海南島に中国総理との会談を何度か重ねておりまして、更にヘンサムルン上院議長とも個別に会談をしまして、欧米の援助肩代わりと現フンセン総理の中国無期限滞在を認める話があったという内容で巷に流れましたから、公務員は中国よりの言動が台頭しまして、日本不要説というか日本に寄り添う姿勢は終了したと言うベトナム人の意見が大勢を占めてました。

この件に関して、日本国の外務大臣および官僚と共産党やその他から、報道界も含めてほとんどカンボジアを批判する内容の話は出ませんでしたし、日本国内では政権に対する批判があっても外国が日本に対して国益を損なう公表があっても何も言いませんので、日本の国益を無視するカンボジア国が日本の税で援助される事に対して、援助当事者になる外務省の外郭団体であるJAICAを表現するときに「ジャリ以下」としか記述できない私が批判されるのかという事ですが、他に表現することが私にはできません。
とうぞ、ご理解を賜りますように・・・ペコリ。
ジャリ以下という表現が適切なのかどうなのかは別にして、岸田外務大臣はどこの人?

伏線
時は、2014年に何度も欧米が話し合いまして、南沙諸島については国際司法裁判所の裁定に従うべきという話し合いをカンボジア政府との合意がありましたけど、欧米の援助についてはカンボジア政府の態度を見極める処置が講じられていたので援助実行はゆっくりと進行していまして、約束の実行に関する内容が何度も確認されていたので署名されるまでもゆっくりでした。
この期間中に、フンセン総理夫妻が中国に何度も往来し協議を重ねていまして、協議終了の後には上院委員長(ヘンサムルン)兼副総理が単独で中国に招待され協議が行われました。
ヘンサムルン上院議長兼副総理が協議に出発する時には、現国王のシモハニ国王が空港まで出向きまして、両者が航空機のタラップ下で相当時間話し合いしている姿が報道されましたから、両者の話し合いに違和感を感じまして、国王が自ら中国よりの姿勢を説明しているはずと認識しました。
この時の映像はカンボジア国内報道されてましたが、交わした言葉の内容は報道されていませんけど、一部の新聞に二つの理由が掲載されましたので、重複した内容から自己推認して記述しました。

以上のことから、フンセン総理は中国との援助についても話し合いを継続しており、取り消しされる可能性のある欧米の援助についての保証を中国政府が肩代わりする何らかの保証が裏づけされた内容を受け取っていたはずですが、日本からの援助約束については書面が交わされたのでなんら提起されること無くJAICAから実行されてますので、これでは制度と働く人物に問題があるだろうと思うのです。
少なくとも、日本の国益を真っ向から否定する内容については、どのような事があっても提起されるべきなはずですが、野党は無言で報道界も沈黙ですので、元TBSのサラリーマン浅尾参議院議員の見解を聞いてみたいのは私だけか?
この内容でも、粛々とカンボジアに何らの提起もせずに援助を継続するので、いろんな意味でジャリ以下と表現したけど、私が悪で非難されるのか?
私は、制度と運用に携わった人々に加え、無言で眺めた人々にも責任がある制度を構築すべきと思う。


この後の出来事
フンセン総理が、顔を真っ赤にして激怒した姿がテレビで放映されると多くの難題が提起されまして、大概の場合には大騒動がありました。
この部分を、独裁者という形容詞でカンボジア国内の野党勢力が叫んでいまして、過去には多数の暗殺された過去がありまして、現在でもベトナム人が該当者を探し出して報復していますので、激怒したフンセン総理の姿が流されると、全てが沈黙します。

内務大臣のソーケインですが、新交通法の取り締まり手法と罰金についてフンセン総理より異議が定義された後は身辺警護が最高度になりまして、常時50人程度は身辺警護で警察官が取り囲んでいますから、相当の金銭支出が必要です。
だけど、フンセン総理主催のホテル会食にソーケイン夫婦が飛び入りで来るとは思わなかったし、対するフンセン総理も困惑して多くの出席者に紹介しなければならなかった事にも
ドロキましたが、このような形式で面従腹背のソーケインを見た事にもビックリです。

フンセン総理に名指しされたCNRP(cambodia nathnolrescu party)党首と副党首ですが、既に党首は国外に逃亡してまして、副党首の逮捕状は何度も発行されてますが、副党首はCPPの上院議長兼副総理と懇意な関係にあり、更に国王とも近い関係が強調されているので強引な手法は採用されていませんから、逮捕すれすれで何とか首は繋がっています。

いずれにしても、上記の事からヘンサムリンの支配下にいた人物を家宅捜索して資金を世に出したけど、険悪な状況を打破するためにフンセン総理が自らヘンサムリンの手を取り二人で二人三脚を演出しましたから、総理自らがヘンサムリンに対する刑部能力の行使を自粛する事を表現したと認識してます。
平たく説明すると、自己都合解釈したフンセン総理に近い人物が勝手に自己の権益を拡大しようとして行ったと解釈でき、ヘンサムリンとの付き合いやその他を無視したということですが、フンセン総理から手を差し出したということは謝罪の意味もありますので、状況を感じたフンセン総理からヘンサムルン側に譲歩したと言えます。
立場的には、ヘンサムリン側に対する公権力行使に関しては、ケィムソッカの件も含めて攻勢が中止されるはずです。


2017年3月15日に病死したソーアンについて

CPP所属で現政権の主要閣僚を務めまして、家族に政治家のたくさんいるアン一族の先頭にいたベトナム系カンボジア人です。
肌の色が黄色なので中国人という解釈の日本人が沢山いますが、井戸端会議の話だと祖先はベトナム人なので中国人とは異なるはずですが、日本人的には「安=アン」からは中国人の祖先が感じられます。
享年66才を公表されていますけど、ベトナム系で66才の年齢ですから真実の年齢については不明なはずであり、カンボジアの政治家はプノンペン市居住者以外は過去の内容が概ね不明です。
次の記述では、フンセン総理の家族全員の名前について明確に英語表記で記述し、二つの生誕日その他の意味について解説します。



KEM REYの暗殺
(カンボジア国内では、タレント並みに超有名人ですから知らない人は誰もいませんが、なまえを英語表記した場合にはkem rey/ley/leeyの可能性があります)

オバマ政権下で、アメリカ政府が後援していたカンボジアの政治評論家というかカンボジア国内の政治家姿勢に対して厳しい意見を表現していた人物ですが、2016年6月にプノンペンのバン・ケンコン地区にあるガソリンスタンド内に設置されているコーヒーショップで、現地時間朝の9時20-30分程度に、暗殺者によって頭部のコメカミ付近を銃撃され、
更に背中も銃撃され計二発の銃弾が撃ち込まれました。本人は、殺害時46才でラオス系とクマエ系(Khmer)の血が強く出ていまして、奥さんはベトナム系です。
彼の出身地はタケオ州で、殺害された遺体はプノンペンで10日間安置されまして、故郷に遺体が戻った時には人々が沿道に駆け寄りまして、プノンペンからタケオまでの道路は黒山の人々でした。
私は、集合した人々が150万人程度はいるのではないのかと記述しましたけど、通常90-100分程度の道のりを240分かかってバイクで移動しました。

シアヌーク元国王の国葬とチアシムの国葬を併せても、上記の葬儀に参集した民衆とは比較できない内容ですので、どの程度有名人物なのかを推し量ることは簡単ですが、日本国内報道は皆無ですので、日本国のカンボジア社会通念のトンチキ程度が判るというものですね。
何せ、テレビ朝日は、プノンペンのお寺さんをシュムリアップ州の話とくっつけるし、フジテレビは
ベトナムでは停電が頻発していると放送するけど、現実は垂れ下がったネット回線を電線と説明し、カンボジアはベトナムから電気の輸入
(2014年実績 カンボジア国内送電のおよそ43-47%)を知らないんだと表明していますが、それにしてもいい加減でありトンチキ説明に自己勝手説明と編集三昧だよ。
恥を知れと言いたいけど、日本人が郊外のお寺に行くこと自体無いんだと思うよ。

この殺害の様子
暗殺者は、以前から何度も顔写真が出ていた人物ですから、何度も刑務所を往来していた殺人者です。
暗殺者は、以前暗殺に使用した銃と同一の銃を所持して逮捕されていまして、以前は50発弾装に弾丸が48発充填された状態で逮捕されています。
(カンボジアでは、戦いを想定しているので最初の一発を直ちに発射可能な状態にするのが常識)
すなわち、同一の暗殺者が一度捕まり再度暗殺を実行したと言うことですが、当該暗殺者は警察官を警察署内で暗殺した人物と認識していまして、kok地区で警察官を狙撃して重傷を負わせた人物と同一と考えています。
この事件は、★三個の移民局副長将軍様の手入れに関する情報を収集した警察官ですから、ベトナム人にとっては宿敵というか絶対殺してやる相手と言うことであり、暗殺者はベトナム人によって殺しを請け負う人物だったと言うことですけど、こんな連中と密着した付き合いのある日本人が多数いる事に朝鮮人程度の嫌悪感がありますが、関係諸兄はベトナム人と付き合いを根絶して欲しいものです。

移民局副長将軍様に対するベトナム人の嫌がらせ
★三つの将軍様の話を記述したのは理由がありまして、ベトナム人下級警察官が将軍様にいちゃもんを投げかけたのでした。
平たく言うと、ベトナム人下級警察官が上位に当たる★三つの将軍様の交通違反を咎めて運転中の車両を停止させ、あーだこーだと文句を言った事で一般論ではありえない常識です。
平たく言うと、交通違反を警察官が摘発し、制度の規制金より低額な現金支払いで現場決着するのがカンボジアの常識であり社会通念ですから、ありえない建前論を下級警察官が上位の警察官に対して意見具申的な注意をしたという事ですけど、この事件についてはフンセン総理が自ら意見をテレビで公表していまして、部下の気持ちを知らない上司は「解雇処分」にするというので、全ての話をフンセン総理が承知していた事案と言う事です。

平たく説明すると、警察官の射殺事件も含めて一切忘れろと言う暗黙の指示と解釈可能で、なんなら将軍に上った人物でも殺害または解雇するぞという意味があると考えましたから、私以外でもカンボジア人は多くの人々が同様の趣旨で解釈し認識したはずと思います。

移民局副長★三ツ星将軍様は、ベトナム人の支配下にあるカンボジアクラウン近くの売春宿を何度も繰り返し急襲してまして、ここ2010年程度からの取り締まり実績は20回程度あると思います。
特に、2012-2013年程度からは、1年に3-4度手入れがある場合もあり、逮捕者も一度に40人程度は逮捕されまして、後に色々な場所から介入がなされて逮捕者は数人ということでしたが、介入した警察官から取締りに対する苦情が提起されたはずであり、現移民局副長将軍様に対する殺人指令の許諾に関して採決が否決されたと言うことで、代案としてベトナム人下級警察官の言いがかり的な案が採用され、直ちに総理大臣が苦言を呈する漫画がテレビで公表されたのです。

KEM REYの葬儀
暗殺されてから、アメリカは直ちに特使をカンボジアに派遣しまして、家族の身辺警護を特使が自ら指示し、更に葬儀の段取りその他も着手しました。
表面的には、アメリカ大使館不関与の姿勢ですから、建前論では単なるアメリカ人篤志家による手弁当での言動となりますが、なぜかカンボジアに通じたアメリカ人が多数直接関与していまして、更にアメリカ人に雇用されているカンボジア人も多数参画しているので、アメリカ政府全面協力で式次第が完成されていました。
アメリカが直接関与しているのですから、何らの障害も無いので大々的にラジオもテレビも連日報道していまして、棺の傍には参集した人々で立錐の余地なし状態でしたから、プノンペン市内はあふれ出た民衆で道路が常に渋滞でした。
1週間程度で、遺体がタケオに戻ると政府側の人々が公表しましたけど、最低14日はプノンペンに安置するという問答が勢力争いで起きまして、両勢力で10日安置が決定しましたら、フンセン総理は軍部に対してプノンペンに集結する指令を出したらしく、武装勢力が6号線のプノンペン郊外に集結しました。
この軍部終結指令は公表されませんでしたが、武装集団が連日集合するので報道が人数を確認したら、1日半程度でトラック200車両で兵士6000人と報道され、更に車両と兵士が増強中とテレビは報道してまして、デモ鎮圧トラックが新規に出てきました。
これは、トラックの前面に柵を設置した対デモ鎮圧トラックで、柵の上に銃を構えた兵士が多数待機した形でデモ隊を銃撃すると言う公表がなされたので、兵士の乗ったトラックは銃撃を開始するというフンセン総理の意思表示です。
同トラックが、主足る幹線道路に配置され、兵士の乗ったトラックもあらゆる道路に配置されましたから葬儀のデモは平穏でしたけど、葬儀完了の後も人々が葬儀の継続を願いデモを継続しましたら、フンセン総理はテレビで真っ赤な顔をして「1週間」以上の葬儀デモは許さないと大声でわめきチラシまして、これ以上は許さん・・・・演説末尾に、迷惑している人々がいることを考えて欲しいと繕いました。
兵士の集合人数ですが、二万人は集合する指令が出されたと報道されましたけど、現実には7,000人程度と見積もられてますのでカンボジアの兵員数については雑多な情報のどれを信じていいのかわかりません。
私的には、以前は10,000人程度で現在は20,000人程度と勝手に予測しています。


暗殺された家族の行き先
男の子供が二人で女の子は一人ですけど、子供三人がオーストラリアの国旗を掲げましたので、行き先はオーストラリアと言う事ですが、出発に先立ち「荷物は一切」無しです。
この状態で、アメリカの特使と共に飛行機に乗りまして、機上の人となりました。
カンボジアでは、暗殺された家族が外国に行くことは当然の話であり、カンボジアに残った場合には「根絶やし」の標的になりますので殺されることになりますから、回避の意味で外国に行き居住することが当たり前です。
ただ、以前は外国人でもバンケンコンでアメリカ政府の後援を受けたアメリカ人女性やオーストラリア人女性とかフランス人男性が次々に殺害されましたので、外国政府が援助中止をチラつかせ文句を言いましたから、スペイン人環境保護活動家をカンボジア国から追放するときには「母国まで帰る片道切符」をフンセン総理が付与しまして、カンボジアから強制追放したのです。
政権が変わった場合には帰国が可能であり、大概の場合には数年で相手が消えていますから問題なく帰国可能です。

この事が下記のスポーツと関係しているので、記述をしました。


サッカーの試合
若い人々の国際親善試合がカンボジアのプノンペンで行われまして、試合はオーストラリアとベトナムの試合でした。
主審は、フィリピン人でしたけど副審にカンボジア人が参画してまして、ベトナムチームのディフェンスをオーストラリアのオフェンスが綺麗に抜き去ってゴールしたので、テレビ映像はゴールの文字が出ますし、主審もゴールを認めました。
しかし、副審のカンボジア人は一人でオーストラリア選手の位置反則(オフサイド)を主張しまして、スロー再生されたのですが反則は見当たりません。
暫く話し合いが続きまして、反則でゴールは取り消し処置が下されまして、もうめちゃくちゃです。
同じ攻撃がオーストラリアからされたのですが、またもやゴールは取り消しですから、現政下ではオーストラリアは全ての国際試合に勝てません。
かつて、タイでテニスの試合が行われまて、あの時のタイ選手優遇判定の試合も酷かったですけど、読売支配下の東京ベルディもなんじゃこりゃでした。

伏線
オーストラリアに、KEM REYの家族がアメリカ人の特使と共に亡命しましたので、カンボジア現政権下ではオーストラリアの国民にあらゆる難題が降りかかる可能性が強いです。
2020-2021年程度までは、オーストラリアの政権が変わってもカンボジア国内では継続するはずと認識していますので、アメリカ国籍とイギリス国籍に加えフランス国籍の人々も同様に認識すべきです。

私の場合
民間人ですから、いきなり逮捕されて「覚せい剤」営利目的所持で警察に捕まるか、或いはいきなりズドンですけど、最近の殺人は必ず犯人が捕まるという図式ですので、昔よりやる側に金がかかる方式ですね。
私の場合は、現政権が交代するか否かと日本の岸田外務大臣が交代するか否かがカンボジア帰国の条件になりますが、年をとりすぎると医者の必要性があるのですが、医者に通ったら薬に毒で直ぐに殺されます。
カンボジアの医者で、ベトナム人医師は信用ならんです。



個人的な話
うーん、なんと説明していいのかな?
何でかと言うと、ある時ある人物がプノンペンで私に旧札の紙幣を選びお釣でわざわざ支払ったんだよ。
しかも、1,000riel札の束から相当数の枚数を確認して、当該旧札を1枚選んで私に支払うので、これは「何かオカシイ」あるね・・・笑い
2010年を越してから、1,000riel札の橋を描かれた旧札は非常に枚数が少なく、プノンペンで目にする事は皆無で田舎でもほとんどお目にかかれなかったかね。
他の事も書きたいけど、記述する事に「迷惑を投げかけるのではという戸惑い」があるので、この程度にしませう。
内容やその他についても、日本人の心をベトナム人に宗旨替えした連中が大勢なので委細は書けませんが、意味は日時その他も含めて十二分に届いています。
この件については、何れの日に会話することがあるはずとの願いで、貴方様に私の所持する人的繋がりと全ての情報を引き継いで頂きたいのが願いですが、ここでは委細をかけないのが残念です。
状況が問題でして、この後に10年程度内には時が成就すると信じてまして、その時まで其方様の情報には十二分に注意を払いまして、いずれの場合も全て知らん振りで対応していましたけど、カンボジアの日本人社会は全てベトナム人の監視が行き届いているので、ベトナム人の絆を断ち切れる配慮が必要ですが、後、数年間は自動継続しそうな按配ですけど、私の圧迫がどっちの主導で行われたのか???
他人には、私の脱出劇に関しては面白かったと思いますけど、私が一人で全て段取りしたのですから妻も含めて誰も何を知らなかったのでが、私の所持するカンボジアの情報能力もベトナム人には推し測れなかったと言う事ですけど、別の意味で悔やんだはずと思います。
この件についての記述を、フンセン総理話の中に入れて判りやすく説明しますので、真実の記述をご期待ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本海大家さんへ・・・衷心より、心で合掌しています

2017-01-21 13:21:17 | 日本国内にはない記述
久々にブログの更新をします。

まだ、ブログを更新する環境が不十分なので、整備でき次第【2016年のkem rey and/or kem riiy】の殺害物語を殺害実行者の過去その他を記述する予定です。
なお、相当部分でも現段階では制限がありますので、さわりの部分と私の環境についても説明します。

カンボジアにおける私の立場
私は、2002年には現政権から監視対象者に指定されていまして、私自身は理由も内容も確認しています。私が日本海大家さんに決別のブログを記述したのは、カンボジア国内のベトナム系集団による窃盗・強盗・強盗殺人事件などから貴方を保護する目的で記述していまして、相当以前の記述中にこの部分に触れた内容が説明されていますから、どうぞご確認願います。
あなた様の指摘したカンボジア官僚は、過去に相当の日本人被害者事件に関与していまして、私とは直近で2回会っており、過去から数えますと都合10回程度は別な場所で遭遇しているはずですが、常に互いが知らん振りしている無関係を装っていました。
平たくいいますと、同カンボジア官僚が日本人には自己の所有する情報提供をせずにいたということであり、彼が私に関心を示していた事実を掌握し確認できたのは、20年程度前から私が付き合っていた一見クマエ現場警察官が私の前から消えた時からでした。
当時の私は、同クマエ警察官の人相風体から門閥がクマエと早合点したのですが、妹と名乗る人物が100%ベトナム系の顔つきだった時であり、ある日本人が関与するカンボジア国内の一般刑法犯事件調査に力を貸してほしいと頼み込んだ時でしたが、事件内容を説明する前に断られてしまいました。
当時、他州に一人で足を運んだのはこの為で、数人の人間を介して現地の警察官と話をしましたので、2015年の「右往左往物語」では別れをシタタメタ内容で話をしました。
私は、橋の上・ステミンチャイ・コンポントム州・他の記述できない場所で相反しているベトナム人と会いましたけど、多分、後日連絡がされたのは橋の上の話だけだと思いますけど、右往左往物語には多くの目的があって行ったのです。
私自身は、記述できない具体的な事件についての情報がありまして、故シアヌーク国王の問題点とか現政権の問題点とかがありますけど、カンボジアでは現政権が倒れると報復の嵐というか報復の銃弾が必ず吹き荒れまして、報復は必ず日本人にも出ますから注意という状態ではなくなりますので、現状ですと相当の被害発生が予測容易です。

来る2018年の選挙では、現状のままですと現政権CPPが大勝しますが、アメリカと日本の対応次第ではCNRPが勝利する正反対の著しい選挙結果が予測されるので、当該日本人は周辺国と日本には避難できなくなります。
理由
自己調査が必要だよ。
倒幕があった場合には、時期を見てカンボジアに戻ります・・・生存していた場合(笑)

参考
1997年発行の政府系新聞 back number 参照



黒田愛海さんフランス国内失踪事件

実は、日本国内報道で黒田愛海さんという女性がフランスで失踪し、容疑者(被疑者?)としてチリ国籍の男性がフランスからICPO(インターポール)を経由して、フランスからチリ政府に対して国際手配されていると報じられ、チリ人男性のブログでも「犯行をホノメカス」文章が記述されているので、テレビクルーがチリ国まで派遣され当該男性の映像を撮影しようとしたのですが、首都から約500km離れた地区に移動が完了しているので報道追跡は終了という内容でした。
この報道を聞いた時に、直感的に日本海大家さんの姻戚関係または嫡子という認識でしたので、以下に内容を説明します。

まず、日本海大家さんの名前ですが、失踪した女性と名前に海を使う共通語句がありまして、両者の関係に偶然と考えるのは無理があります。
人生経験の長い私ですが、多数の人々がいる場所でも姓名の中に海の使う文字を見たことは日本海大家さんで三人目であり、黒田愛海さんで四人目です。
体験した名前で、犬俣(イヌマタ)・中納林(チュウノウハヤシ)・一坊寺(イチボウジ)・明月院(メイゲツイン)等の名前も経験していますが、海のつく姓名はとても珍しいので「記憶が常に残って」いまして、海の付く両者には密度の高い関係と勝手に判断しました。
この点を飛躍した判断と考えることも可能ですが、以下にその内容を説明します。

続いての報道の中に、外務副大臣がフランスに派遣され、続いてチリ当局に当該容疑者の引き渡し関係を構築する予定と公表されてまして、私のブログに寄せたコメントでは日本海大家さんは金持ちでありながら日本政府に相当影響力の人物ということなので、直観は確信だったと認識しています。

一般的な、外国での失踪事件
タイ国内で行方不明になった事件とかカンボジア国内その他の国内で行方不明の事件では、両親が金と暇を費やして可能性のある場所に顔写真を貼って一般情報を求めていますけど、すべて徒労に終わります。
外国、とりわけ後進国の警察官は厄介な事件の捜査を極力嫌うので、情報は金で買い事件の発掘には警察官に対して潤沢な資金を提供する必要がありますが、交渉し情報提供を形にするには自身の言語能力が卓越していないと無理な領域です。
ですから日本海大家さんは、所持する潤沢な資金で自己調査された苦労が垣間見れまして、ご両親の本気度がうかがい知れます。

私は、以前の記述の中に、カンボジア国内でプノンペンにあるカジノで借金したイギリス人が、入浴中に後ろから45口径弾丸を2発撃ちこまれて射殺されたと記述していますし、山梨県ではアメリカのトランプ氏の経営するカジノで借金をして踏み倒した人物がナイフで刺殺されたのですが、現場近くと他の場所で重要被疑者が逮捕されたのに続報がなく、事件はうやむやというか御宮入りです。
ですが、トランプ氏もカジノ閉鎖に追い込まれまして損失を出しましたから、個人的には日米の司法取引が存在したと認識していまして、このような話は過去の日本にも多数あります。


★問題は、日本海大家さんがどのようにして、チリ人に報復するかどうか?

映画では、ジャッカルが7.000万米ドルでアメリカ人大統領夫人を殺害しようとしますし、アフガニスタンではアメリカ軍の正規特殊部隊が「ウサマ・ビン・ラディン」を殺害しましたけど、CIA要員が何年も長期間監視し動向を確認し、親戚一同のDNA確認完了をしてから殺害に及んでいます。
この事件では、アメリカ人がパキスタン人を拷問して死に追い込んでいますけど、アメリカは20億米ドルでCIA所属のアメリカ人を買い戻してますので、他国で目的の人物を殺害するということは時間と潤沢な天文学的金がかかるということですが、
日本海大家さんはどうしたいのですか?
個人的には、手弁当で駆け付けたい気分ですので、全てを忘れて相手してほしいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フンセン総理

2016-11-20 15:26:01 | 日本国内にはない記述
フンセン総理についての記述はあまりありませんし、カンボジア国内でフンセン総理の誕生日が二つあることに疑問を持つ日本人は多いですけど、一切抜きにして記述します。

フンセン総理の家族
子供が5人いると言われてまして、男が三人で女が二人ですから、都合五人の子供がいるといわれています。
子供の生誕日ですけど、公表されていないし公表されても「私は信じません」ので、年齢的にその程度の感じという程度で受け止めていますから、最初から真実を掘り下げて調査しようというアホな気持ちもありません。
★個人的には、無意味と解釈しています・・・カンボジアの文化と歴史に加え慣習を考えればわかることですので、掘り下げようとする人に基本的な情報が欠如しているのです。


HUN Mーーー。
男で、空欄は3文字です。
婚姻相手 YIM C - - - - LIN

HUN M - - -。
女ですから、婚姻相手は男性です。
名前、SOK - - - - - - - - - 空欄は9文字です。

HUN MANITH
とても有名な人物なので、表記しました。
妻は、HOK - - - - - - - - 空欄は8文字です。


HUN MANET
日本語情報では、当該人物と上記の人物名が反対で記載されている説明が目白押しでして、どうやって調査したのかという「あきれ」がありますから、相当いい加減な「受け売り」ベトナム人情報ですね。
婚姻女性
PICH - - - - - - - -  空欄は8文字です。


HUN M - - - 空欄は、3文字です。
婚姻相手は、DY VI- - - -A 空欄は3文字です。

★子供達が、それぞれの利権企業に配置されているので蓄財も天文学的でして、一人当たり5,000万米ドルを超えるの蓄財が噂されていますし、本人の蓄財も10億米ドルを超えるといわれています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加