文珠川慧久の道楽帳2

turezure naru mama ni

サイクリング:小川町〜定峰峠〜狩場坂峠〜傘杉峠〜顔振峠〜黒山温泉〜小川町

2017-07-17 | 自転車
自転車友達に誘っていただきサイクリングを楽しんでまいりました。埼玉県の越生のちょっと先にある小川町(八高線及び東武東上線)役場の駐車場を拠点に使わせていただきました。造り酒屋さん、和紙の里、JAさんの販売所、など魅力的な街でした。自転車友達はサイクリングのベテランさんでありまして、今回のルート設計もしてくださいました。このルートは、勾配がそれほど急峻ではないので初心者向けとされている一つのようです。おかげ様で楽しいルートでした。ただし後半、足がつってしまったこともあり、上り坂では度々降りて押して歩くといった状況に陥りました。小生が上り坂に弱いのは、若い頃に運動で体を鍛えていなかったのと、自転車初心者であること、ストレッチをサボっていること、自身の体重が軽くないこと、車体も軽くないこと、などがあるのかもしれません。ルートの概要は次の通りです。出発地点及び終点は、ともに、小川町役場の駐車場でございます。

小川町役場の駐車場→
  白石車庫バス亭
  定峰峠 峠の茶屋(自販機でコカコーラをいただく)
  白石峠 (飲み物とガリガリ君を販売している軽トラを見つけたのでナシ味をいただく)
  大野峠
  狩場坂峠 (標高818mの立て看板の前で記念撮影)
  ぶな峠
  飯盛峠
  傘杉峠 (仲間とはぐれてしまいました)
  顔振峠 (手打ちの蕎麦屋で昼食予定でしたが売り切れ)
  清水屋 (たぬきうどんをいただく)川を挟んで黒山温泉東上閣の向かい
→小川町役場の駐車場

ドコモのガラケーを持参していましたが、例えば白石峠で携帯電話が圏外表示になってました。今回のようなルートをグループでサイクリングする場合には、アマチュア無線があると良いかもしれません。アマチュア無線には免許が必要ですが免許不要の特定小電力トランシーバという合法的手段もあります。ただし、特定小電力トランシーバの送信電力は、昔あったPHSと同じ(周波数はずっと低いので多少回り込んで伝播してくれるが)なので峠道で逸れてしまった時には役に立つかどうか心配です。

今回はベテランの自転車友達がルートを設計してGPXファイルで直前に配ってくれたのですが、小生は、集合場所へ出発してしまった後でしたしパソコンも持参しませんでしたから、Garmin eTrex 30x に今回のルートデータをインプットできていませんでした。これさえできていれば、仲間と逸れたとしても、逸れた状態で道が分岐するところに来たとしても、ルートを辿って先へ進めたでしょうにとの反省をいたしました。実際、今回小生は、傘杉峠でひとりぼっちに陥りまして、二股の道に直面することになりました。携帯電話の電波は弱かったのですが圏内でしたが、仲間の番号を入れておくのを忘れるというドジを踏んでました。やるべきことをしていないというのを複数重ねてしまったため、少々慌てましたが、冷静に考えますと、持参しているeTrex 30xが記録していてくれる走行地点の履歴を頼りに、来た道をなぞって出発地点まで帰るという選択肢が最も確実だろうと思いました。方向を180度転換して20m程走行したところへ、背後から小生の名前を呼ぶ仲間の声がありました。ほっとしました。この不安な経験は、今後似たような場所をサイクリングする祭の反省材料にしなければなりません。

▼今回のサイクリングルートラボのプロット(地図をクリックするとルートラボのサイトへジャンプします)


▼和紙の里


▼松岡醸造 アイスうまい かき氷は巨大 お酒は最高


▼定峰峠 峠の茶屋 自販機でコーラ買いました


▼白石峠 ガリガリ君をいただきました


▼白石峠


▼白石峠 バス停


▼大野峠 


▼狩場坂峠 標高818m RALEIGH CR-F


▼顔振峠 手打ち蕎麦屋 売り切れでした


▼たぬきうどん@清水屋 桜えび冷やしたぬきうどん いただきました


▼佐藤酒造店 サイダーをいただきました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Garmin eTrex 30x --- 英語版を日本語化

2017-07-12 | GPS
ガーミンの英語版GPS端末を買ってきて仮名漢字交じりの日本語を表示可能にすることができます。ただし仮名漢字をGPS端末に単独で入力する機能ではありません。このような日本語化を行う手順などを記してくださったブロガーの皆様のお陰で、小生にも簡単にできました。ブログはたくさんありますので、小生が参照させていただいたサイトを下にご紹介します。
  これです。
   ↓
英語版 Garmin eTrex 30x の日本語化と文字サイズ調整
このサイトの面白いところは、処理を全部 Macintosh でやることにこだわってくださったことです。

普通に eTrex 30x を日本語化しますとラテンアルファベットに対して日本語の仮名漢字がアンバランスに小さい感じがしました。多くの日本語化
指南サイトがありますが、それらに従いますと下の図の左側の見た目になります。上記のブログで紹介されている方法でフォントの大きさをいじくった時の仮名漢字文字の大きさを右側に示します。

 → 

 → 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HDMI→VGA変換アダプタ

2017-07-09 | 周辺機器
Windows PC,MacBook,iPhone 及び iPad の画面をプロジェクターに接続して大きなスクリーンに投影する機会があります。その場合,会場の設備によりプロジェクターとの接続インタフェースが違うという現実がありますが,VGA と HDMI を備えておけば大丈夫だろうと思い,以前,秋葉原の千石通商で「VodaView VV-HDAVGA-AUDIO-1 HDMI to VGA+Audio 変換アダプタ」というを2,226円で入手しました。


VV-HDAVGA-AUDIO-1 は,数回使ったら故障してしまいましたので,今度は同じく秋葉原の千石通商で「カモン VGA-A HDMI to VGA 変換アダプタ」というのを700円で買ってきました。

安い理由は,φ3.5からの音声出力が左右逆になっているという訳ありの在庫限り品だからでした。購入の祭にお店の人から「そういう訳あり品」ですが大丈夫ですかと確認がありました。

MacBookを使うとき:
MacBook用Type-C USBインタフェース拡張ユニットには,HDMIしかありませんので,会場の設備がVGAだけだったときには,カモン VGA-A HDMI to VGA 変換アダプタの出番です。

iPhone 又は iPad を使うとき:
アップル純正のLightning-HDMIアダプアを使います。ちなみに,アップル純正HDMI変換アダプタの思わぬ正体という記事が興味深いです。


Windows PCを使うとき:
使っているのはVAIOノートPCですが,これにはHDMI端子とVGA端子が両方ともありますので,上記のアダプタは不要です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LG Wine Smart (LGS01) テンキー付き折りたたみ式アンドロイドスマホ

2017-07-02 | Android
【1】この端末の背景

韓国LG社が2015年08月にグローバル市場展開を発表した端末で、海外市場では LG Wine Smart Jazz という名称です。仕向けによりキーボードの刻印やLTEの対応周波数帯が異なるようです。日本市場でこの端末を扱っているのは、株式会社ジュピターテレコム(J:COM)だけで、LGS01という型名で提供されています。LGS01が現時点で唯一の日本仕向けということになります。

LGS01の最大の特徴は、フィーチャーフォンのように折りたたみ型のボディを採用していることですが、普通のアンドロイドスマートフォンと同様にタッチ操作が可能なディスプレイになっています。また、アンドロイドOSをカスタマイズして採用しているいわゆる日本国内で販売されているガラホとも呼ばれることもある端末にはGoolge Play及びGoogle開発者サービスがインストールされていませんが、LGS01はGoogle Play及びGoogle開発者サービスがインストールされてますから、LGS01の基本的な仕様は、普通のアンドロイドスマートフォンです。

小生のライフスタイルには、LGS01の利用が最適ではなかろうかと感じたので、この端末を入手する方法を調べました。韓国のグローバル企業であるLG社の製品なので、グローバル市場で入手できるのではないかと考えて少し調べましたが、できないことがわかりました。まず、キーボードにハングルがふってあるモデルならあるのですが、仮名がふってあるグローバルモデルがありません。そして、対応するLTEバンドが少ないので、日本国内での利用を想定すると使えないモデルが多いという状況があることがわかりました。結局のところ日本仕向け(残念ながらJ:COM向けだけしかない)を入手しないと実用にはなりそうもないとわかりました。当方はJ:COMとの契約があるのでお得な条件でMNPでLGS01を入手できるのではないかと考えて調べたところ、当方が現在J:COMと結んでいる契約では安すぎてNGだとわかりました。ふと立ち寄った秋葉原のイオシスの店頭に箱付き付属品全部付きのワインレッドの美品(ランクAと表示されてました)を1台見つけました。店員さん曰くau VoLTE SIMでしか使えませんとのことでした。税込み17,800円と少々相場よりも高めでしたが入手いたしました。その数日後、じゃんぱら川崎店の店頭に本体のみのネイビーブルーの美品(ランクAと表示されてました)を1台税込み12,800円で見つけましたので入手いたしました。どちらのLGS01も店頭表示札にSIM Freeとありました。当方は、それぞれのLGS01にmineo AプランのVoLTE SIMとmineo DプランのSIMを入れました、その通り入手時点で既にSIM Freeでした(J:COMのウェブサイトやネットの書き込みを拝見すると出荷時点ではSIMロックされているがJ:COM契約者でなくともいつでもSIMロック解除できるようにJ:COMのサイトで解除コードをが提供されているという情報もあった)。

LGS01ではau VoLTE SIM(mineo AプランVoLTE SIMを含む)しか使えないという説明は「面倒な説明なし」を期待するならばそれがいいと思いますが、正確ではありません。mineo Aプラン(VoLTEでない)SIMでも音声通話はできないでしょうがデータ通信だけならできるに違いありません(但し小生は未検証)。それから、ドコモのLTE対応SIM(mineo DプランなどMVNOを含む)でも音声通話及びデータ通信が両方ちゃんと使えます。但しドコモ(MVNO含む)SIMだと3G(通話用)も2.1GHz帯とLTE(データ通信用)も2.1GHz帯だけしか使えませんが、au VoLTE SIMだとLGS01の場合には通話もデータ通信もLTEバンド1(2.1GHz帯)及びバンド26(800MHz帯)の2バンド使えます。1バンドだけと2バンド使えるのとどちらがいいかというのは、同じキャリアなら自明ですが、キャリアが異なりますから比較は難しいと思います。少なくとも、小生が普段生活している範囲では、全く差を感じません。

【2】外観

ネイビーブルー、ワインレッド、ブラウンの3色展開です。前面及び背面のカバーは、プラスチックです。細かい滑り止めの溝が付けられています。ワインレッドの前面及び背面のプラスチックカバーには、上からウレタンゴム塗装されていますので、見た目も感触も皮革調の質感です。但し残念なことにウレタンゴム塗装なので何年か後には空気中の水分でゴムが加水分解して表面がベタベタになるに違いありません。交換部品が簡単に入手できればいいのですが、おそらく、簡単というわけにはいかないだろうと思います。ネイビーブルーはウレタンゴム塗装無しなので、経年変化でベタベタになる心配ありません。ブランは持ってませんので不明。

【3】ストラップ&ホルスター

ストラップ穴ではなく、海外携帯電話端末によく見られるストラップフックです。ストラップ用の穴の奥にピンが立っており、そこへストラップをかけて、背面カバーで覆うという形になります。
ベルトに付けるホルスターをビックカメラで税別934円で買ってきました。オズマ(osma)株式会社の製品で型番 CHD-PL02KW です。箱にサイズ「Sサイズ」とあり内寸 118 mm × 64 mm × 13 mm と書いてありました。



【4】プリインストールアプリ

● 緊急地震速報アプリがプリインストールされてます。
● ざっくぅキーがあります。方向キーの右上側にあり頻繁に使うアプリを設定することでワンタッチで起動することができます。
● J:COMで120M以上のネットワーク接続サービスとセットトップボックスを設置してオンデマンド番組視聴契約などをしている家庭を囲い込む餌にする作戦が見え見えです。LGS01には、J:COMサービス専用プリインストールアプリが入っておりまして、それらのJ:COM契約者に限ってビデオオンデマンドのアプリが消費するパケット通信料が無料になるようです。

【5】仕様

ディスプレイ:3.2インチ(320×480ドット)
チップセット:MSM8909(1.1GHz駆動のクアッドコア)
microSDカードスロット:一つ (最大32GB)
ROM:4GB
RAM:1GB
カメラ:メイン300万画素・インカメ30万画素
OS:Android 5.1.1 (Lollipop)
通信方式:4G LTE (Band 1及びBand 26, VoLTE能力あり), HSPA+, 3G
Wi-Fi:IEEE 802.11 b/g/n 準拠
Bluetooth:version 4.0
USB:充電及びストレージモード
バッテリ容量:1650 mAh
バッテリ動作時間:連続待受時間約830時間・連続通話時間約185分以上
ボディカラー:ネイビーブルー/ブラウン/ワインレッド
大きさ:117.7 × 58.7 × 16.6 mm
めかた:約 143 g (電池パック装着時)
人体に吸収される電波の平均エネルギー量(比吸収率(SAR: Specific Absorption Rate)):
 携帯電話機の側頭部におけるSARの最大値は0.121W/kg
 身体に装着した場合のSARの最大値は0.691W/kgです。
(携帯電話機に対するSARの許容値は2.0W/kgです。)

【6】対応SIM

LGS01は、auのcdmaOneに対応していないので、LGS01でauのSIMを使って音声通話も利用したいのであれば、VoLTE対応SIMが必要になるようです。docomo又はSoftBankならば、LTE対応の最新SIMでありさえすれば特にVoLTE対応でもそうでなくても音声通話及びデータ通信サービスを利用できるようです。SIMサイズはmicroです。


【7】対応周波数帯

〔GSM〕日本(J:COM)仕向けのLGS01がGSMとして対応している周波数帯は明らかにされてませんが、GSMにも対応しているようなので、海外でも通話及びSMSの利用が可能のようです。GPRSなどを使ったGSM帯域でのデータ通信ができるかどうかについて小生は未確認です(可能だという公開情報は見つかりませんでした)。

〔3G〕3GでのLGS01のケーバピリティについて公開された情報が見つかりませんでしたので、3Gバンド1(2.1GHz)での音声通話を主に指し3G(2.1GHz)でのデータ通信も指しているのではなかろうかと小生は推察しました。

〔4G〕日本(J:COM)仕向けのLGS01は、LTEのバンド1及びバンド26に対応しているようです。

グローバルモデルのLTE対応Band構成は、日本(J:COM)仕向けLGS01と異なり、仕向けによって例えばバンドに対応してないモデルもあるらしいので、日本国内で利用する予定がある場合には、仕向けについて要注意です。

docomoとSoftBankはBand 1で結構広いエリアをカバーできているようですがauはBand 1ではエリアがとても狭いようです。docomoとSoftBankはBand 26ではサービスを提供していないようですが、auはBand 26で結構広いエリアをカバーしてサービスを提供しているようです。auのLTEをBand 1だけで利用するのが実用的でないということをiPhone5のauユーザだったことのある人ならば既に思い知らされているはずなので、auのSIMを使うとBand 26が主に使われてdocomo又はSoftBankのSIMを使うとBand 1が主に使われるということになるのだろうと思われます。

docomo, SoftBank, au は以下のようにLTEバンドでサービスを提供しています。
NTT docomo(Xi)
 Band 1:2100MHz帯 75Mbps
 Band 3:1800MHz帯 150Mbps
 Band 19:800MHz帯 75Mbps
 Band 21:1500MHz帯 112.5Mbps
 Band 28:700MHz帯(予定)
au by KDDI(4G LTE)
 Band 1:2100MHz帯 150Mbps
 Band 11:1500MHz帯 75Mbps
 Band 18:800MHz帯 75Mbps
 Band 26:800MHz帯 75Mbps
 Band 28:700MHz帯(予定)
SoftBank(SoftBank 4G LTE)
 Band 1:2100MHz帯 112.5Mbps
 Band 3:1800MHz帯 75Mbps
 Band 8:900MHz帯
 Band 28:700MHz帯(予定)
但し各通信速度は下りの最大値。

【8】マイネオ(mineo)のモバイルデータ通信用設定情報

〔Dプラン〕
APN     mineo-d.jp
ユーザー名  mineo@k-opti.com
パスワード  mineo
認証タイプ  CHAP
LGS01にマイネオDプランSIMを入れた場合には、WCDMAの3Gバンド(たぶんバンド1だけ)で音声通話を行い、データ通信はそれに加えて4G(LTEバンド1だけ)が使えるといった運用になるんだろうと思われます。小生が実験したところ、そうだという確証はありませんがそうかもしれないという感じがしました。LTEバンド1しか対応していないスマホをいつもの行動範囲で使った時ととてもよく似た傾向を感じたのがその根拠です、勘違いかもしれませんが。着信あるいは発信するとLTE表示が3G表示になり、終話すると3G表示からLTE表示になります、これは勘違いではありません。

〔Aプラン VoLTE〕
APN     mineo.jp
ユーザー名  mineo@k-opti.com
パスワード  mineo
認証タイプ  CHAP
LGS01にマイネオAプランSIMを入れた場合には3Gバンドを利用できず、4G(但しLTEバンド1及びバンド26だけ)バンドだけを利用しての運用となります。従いましてデータ通信だけでなく通話も4G(LTE)で行わざるをえませんのでVoLTE対応SIMでなければなりません。着信あるいは発信してもLTE表示のままですし、終話した後もLTE表示のままです。

【9】電池について

〔電池のもち〕
昔のガラケーの電池は 800 mAh 程度ですから、LGS01の電池容量はその約倍となる 1650 mAh です。しかし最近では 3000 mAh 搭載のスマホがいくつもありますし、アンドロイドは電池大食いだとの印象が固定観念化している感もあるほどだろうと思います。この固定観念からするとLGS01の 1650 mAh では1日も持たないんじゃなかろうかと心配になりましたが、意外に持つので驚きました。
就寝前までに100%充電にして、就寝時にマナーモードに。時計アプリで起床。乗換案内アプリで時刻を調べたり、バスの時刻を調べたり、電車で移動中に2時間弱程、宣伝画像の付いたHTMLメールをGmailで20件程受信、Gmailで50文字程度のメールを作文して数通送信、写真撮影して1枚送信、ツイッターを閲覧、スケジュール確認を5回くらい、新しいスケジュールを数件入力、などして夜遅く帰宅して、残容量は 20%〜50%程度という感じです。移動もせずメールもやらずLGS01を閉じたまま置いておくと6日くらい持つようです。
アンドロイドOSなのにどうしてガラケー並みに電池の持ちがいいのか知りたくなります。LGのアンドロイドOSでの電池制御をきちんとやっているんだろうという推察もあり得るのではないかと思います。例えば「クローズ時のアプリ」設定項目があり、これで「アプリの停止」に設定できるのは一つの特長ではないかと思うわけです。また、アンドロイドの設定で、電池の項目を見ると、残容量及び推定残動作時間が数値で示されますが、これが意外と精度が高いというのも特長ではないかと思うわけです。

〔電池パックの入手〕
★小生は下記の通り集めた電池入手方法情報から(5)の方法を選びました。LGS01を2台所有しているのでとりあえず2個注文しました。電池にはLGのロゴがあり中国語で注意事項が印刷され、生産日期(製造年月日)は2012.08.17(L)と印刷されてました。届いた電池を早速使ってみましたところ、朝充電100%にして通勤して働いて帰宅して80%残りという結果が得られましたので中古LGS01端末にもともと入っていた電池(こちらの場合は50%程度残りという成績でした;使用状況は当然違いますが・・・)よりも持ちが良かったです。

(1)ドコモが販売していたL-04D(LG社製ルーター)用の電池パック(型名は L17)が使えるらしいのですが、残念ながらドコモネットショップでは販売終了になっています。販売終了商品は今後の入荷は無いということらしいので、L17電池パックを使用したLG社製新製品がドコモから出てこない限りドコモからは購入できそうにない感じです。

(2)J:COMのお客様窓口に電話で問い合わせたところ、バッテリーの販売は行なわないとの回答だった、という書き込みをネットで見かけましたが、当方では未確認です。

(3)少し割高になるけれども、ネットオークションなどの中古販売で、L-04D(LG社製ルーター)を買ってその中に入っている電池パック(型名は L17)を取り出して使うという案がネットに書き込まれているのを見かけました。

(4)秋葉原や日本橋などにあるジャンク屋で BL-44JH 又は L17 電池パックが見つかるかもしれません。

(5)eBayでLGブランド(OEM)の BL-44JH 電池パックが販売されてます。ちなみに価格は1,000円しなくて送料が500円くらい(Amazon.comにも同様の商品がありますが送料が1,350円くらいなのでeBayより割高になってしまう)。米国、ドイツ、香港あたりからの発送のようです。これを入手して問題なく使っているという書き込みをネットで見かけました。

(6)LGブランドでなく無印でもないBL-44JH互換を謳う電池パックをAmazon.comから購入して試したところ、起動するのですがしばらくすると「不正なバッテリーです。シャットダウンします。」と警告が出て自動的にシャットダウンしてしまいますという書き込みをネットで見かけました。


【10】小生のLGS01使用スタイル

片手でメールなどをできる方が都合の良い場合が多そうな外出の時に、小生はLGS01を連れて行きます。

就寝前に#長押しでLGS01をマナーモードにします。純正「時計」アプリで朝起床します。
通勤ではバス停で「バスあと何分?」アプリでバスの到着を待ちます。
駅に着いたら「Y!乗換案内」アプリで電車の到着を待ちます。

小生はアンドロイド端末で使うメールアプリにはK-9を専ら愛用していましたが、K-9はテンキーでは操作できず画面タッチ及びスライド等の操作でしか使えないため、LGS01 (実はSH-06Gでも)では不便を感じました。Google先生にお尋ねしたところ、 AquaMail というメールアプリだと結構テンキー操作及びカーソルキー操作が可能だとわかりましたので、早速利用させていただいたところ、絶好調でしたので購入(290円だったかな)しました。AquaMailを使い始めてまだ1日目ですから使いこなせてませんが、画面上で今カーソルがある位置が分かりづらいです。もしかするとそれをカスタマイズ機能が提供されているかもしれません(無いかもしれません)が。

インストールしたアプリは次の通りです。
 Echofon Pro (ツイッターアプリです)
 AquaMail (メールアプリです)
 RealCalc (科学技術計算用電卓アプリです)
 SmoothSync for Cloud Calendar (アップル社のiCloudカレンダとAndroidとのブリッジです)
 SmoothSync for Cloud Contact (アップル社のiCloud電話帳とAndroidとのブリッジです)
 Tasks (SmoothSync推奨のToDoリストアプリです)
 Y!乗換案内 (Yahoo乗換案内です)
 カレンダー+ (カレンダーアプリです)
 mineoスイッチ (mineo管理用アプリです)
 バスあと何分? (バスの運行状況把握用アプリです)

以下のアプリは無効にしました。
 インターネット
 ドライブ
 ハングアウト
 フォト
 遠隔サポート
 Gmail
 Googleアプリ
 TalkBak
 Wi-Fiかんたん設定

以下は有効なアプリです。
 Chrome
 YouTube
 Playムービー&TV
 マップ
 カメラ
 カレンダー
 ギャラリー
 シンプル設定
 ファイルマネージャー
 ボイスレコーダー
 メッセージ
 音楽
 緊急地震速報
 時計
 設定
 短縮ダイヤル
 通話履歴
 天気
 電卓
 電話
 連絡先
 Google設定
 LG Backup
 Playストア
 Qメモ+
 QR Code

これ以外にもプリインストールアプリがありましたが消せるものは消しました。
 例えばJ:COM契約でないと利用できないサービスのためのアプリで消せるものは消しました。

アンドロイドの設定で以下をやりました。
(1)「通知を表示」のチェックは全アプリで外しました。ただし、メッセージ、メール、緊急地震速報、は通知するにしてあります。
(2)「クローズ時のアプリ」は「アプリの停止」にしました。
(3)「位置情報」はONにしました。
(4)「カメラ」写真や動画に位置情報を記録しますに設定。
(5)「アカウントと同期」は「データ自動同期」を外しました。

【11】LGS01のQRコードリーダー

QRコードの生みの親であるとされているデンソーウェーブ社のQRコードリーダーアプリがプリインストールされてます。広告が出ないので気持ち良く使えます。アプリの性能ではなくてカメラの解像度及び焦点機能の問題ではなかろうかと思いますが、ガラケー(例えばP-03D)とかiPhoneに比べると、小さいQRコードの読み取り能力がありません。10 mm × 10 mm のQRコードの場合には、コードが高密度だと読み取れず低密度だと読み取れました。11 mm × 11 mm 以上のQRコードは読み取り可能でした。

▼QRコードの例


【12】LGS01のカメラ画像

いまどき300万画素しかないのという感じですが、静止画撮影については、光量が十分あればそれなりに写り、純正カメラアプリにはHDR機能がないので白とび黒つぶれは避けられず、接写には弱くてピンボケします。動画撮影も可能です。

▼LGS01で撮影した錦糸公園の遊具


▼LGS01で撮影したロードバイクのサドルバックリアライトの稼働中の様子

ちなみにこのリアライトの話はこちらのブログにしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイクリング:サドルバックにリアライトを付けました

2017-07-01 | 自転車
サドルバッグ「TOPEAK(トピーク) Aero Wedge Pack (Strap Mount) Lサイズ」に「Best Choose 自転車LEDテールライト サイクルライト リア用 防水 YBC-5050」を取り付けました。YBC-5050のゴムベルト台座については、台座を残してベルトは切除しました。台座を残したことで、テールライトの照射角度が後方3メートル程度になりました。







▼ YBC-5050 の CR2032 型リチウム電池です。秋葉原で5個で税込み100円で売ってました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイクリング:藤沢大和自転車道

2017-06-24 | 自転車
藤沢大和自転車道をアメリア町田根岸ショッピングセンタまで往復しました。

▼藤沢大和自転車道の始点


▼鷺舞橋
境川の水位が高いのが見えます。水位が高い理由は境川の所々に設置されている堰を動作させたからです。


▼境川遊水池情報センター
境川の水位が高いのが見えます。


▼根岸からさわ公園の横のサイクリング道路が工事中になってました


▼工事の内容についての立て看板
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイクリング:藤沢〜秋葉原

2017-06-17 | 自転車
朝ゆっくりと自転車で自走出発して、秋葉原まで行って帰ってくることができました。ルートラボでコースを設計して、GPXファイルでエクスポートし、Garmin eTrex 30x へ入れて使いました。ほとんど通ったことのない道をルート設計するので、ちょっと想定と違ってしまったところがありました。例えば細い道で砂利道だった箇所もありましたし、GPSの画面を見落としてコースから外れたまま適当に走った箇所もありました。

下に掲載するルートラボの情報は、実際に走行した際にログしたGPSログデータをルートラボに取り込んだものです。


▼平戸立体にある第一屋製パン横浜工場のアウトレット店舗


▼内堀通り沿い皇居前広場北側にある和田倉噴水公園の入り口にて


▼皇居東御苑大手門あたり


▼万世橋からの北側を眺望


▼秋葉原とんかつ富貴前から西側を眺望
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイクリング:震生湖(海岸コース及び県央コース)

2017-06-04 | 自転車
ルートラボに上がっていた震生湖への南側からのアプローチを参考にトライしました。方向音痴というのが致命的ではありますが,Garmin eTrex 30xにルートラボからルートを入れて行ったにもかかわらず,道がわかりづらかったです。南側からのルートです:二宮から小田原厚木道路まではダラダラ登っていくのでなんともありませんでしたが、新西谷戸橋から井ノ口までは結構坂がきつかったです。その後、東名高速まで上がったり下がったり。東名を超えて西大竹から白笹稲荷までまたもや坂道。震生湖入り口交差点にはビーバートザンがあるんですね。そこから先はもう坂が急でヘロヘロになり自転車降りて押しました。なんとか本当の震生湖入り口に到着。そこから急坂を少し下ってやっとの事で湖に到着しました。帰りにこの急坂で自転車を押したことは言うまでもありません。

駐車場が10台分くらい、地面は綺麗に舗装されておりました。たぶん釣り人が乗ってきた自動車だろうと思います、湖では何人も釣りをしてました。綺麗なトイレがあります。綺麗なトイレがありチップを入れる緑色の大きな筒が立ってました。鳥居があり階段が上の方へ続いているようなのでもしかするとお稲荷さんか何かあるのかもしれませんが未確認です。自販機のある建物が多分売店なのかもしれませんが閉まっていて、もしかするともう売店ではないのかもしれない印象もありました。飲み物の自動販売機が設置されていました。湖の水は土色に濁ってましたが臭くはありませんでした。

帰り道は,ルートラボに上がっていたのとは別のルートを走って帰りました。帰り道では,震生湖の北側へ降りて行って秦野駅前を経由して246号線で帰りました。震生湖入り口から秦野市街へ降りていくまでの方が景色が良かったです。また、道もわかりやすかったです。それから,南側からのアプローチよりも北側からのアプローチの方が坂道が比較的に若干緩い気がしました。途中自転車を押してハアハア言いながら登りました。また,震生湖入り口から実際の湖までは,大した距離ではありませんが大変な急勾配になっていて,坂道に弱い小生は、帰り道自転車を押して上りました。

 

▼震生湖の入り口反対側の風景


▼震生湖入り口の方向看板(左側)


▼震生湖入り口の方向看板(右側)


▼震生湖の説明看板


▼RALEIGH CR-F と「震生湖の看板」とのツーショット


▼寺田寅彦の句碑


▼震生湖のほとりにあるトイレ


▼震生湖で釣りをしている人々(手前の釣竿が釣り人のもの。奥に浮かぶ傘のあるボート2隻はどうやら飾りの模様です。)


▼震生湖から秦野側へ降りていく途中の風景1


▼震生湖から秦野側へ降りていく途中の風景2


▼国道246号での帰り道 伊勢原 立派な東海大学病院の建物を撮影
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイクリング:湘南台→飯田牧場→大磯厳島神社→辻堂

2017-06-03 | 自転車
湘南台から藤沢大和自転車道へ出て境川遊水池情報センターを見学した。そのまま飯田牧場へ寄ったところ,まだ9:30だというのに自転車野郎が数名店の前で待機中だった。
飯田牧場の裏側(途中未舗装の砂利道となる)を回って藤沢大和自転車道へ戻り南下。藤沢市民病院裏から43号線へ。四ツ谷で1号線(東海道)へ。二ツ谷公民館前→44号線→404号線→45号線→南下して→134号線→花水川橋を渡ってすぐに左側の堤防の裏小段を走るルートへ→大磯海水浴場→1号線→大磯港→太平洋岸自転車道→小磯幼稚園のあたりで離脱→1号線及び東海道本線を横断→北上して→厳島神社。



▼境川遊水池情報センター
ロードバイクスタンドを完備しているので自転車を停めて情報センター内を見学することができした。コインロッカー完備の100円シャワールームがあるそうですが未だ使ったことありません。


▼境川遊水公園側から見た鷺舞橋


▼ハマミーナの東側の公園から東側を撮影(富士山が綺麗でした)


▼鶴嶺八幡宮参道の松並木


▼鶴嶺八幡宮大鳥居

https://ja.wikipedia.org/wiki/鶴嶺八幡宮

▼太平洋岸自転車道を離脱した地点の標識(自転車道出て左へ急坂登る,小磯幼稚園を右に見てそのまま国道1号へ)


▼東池と西池大磯・厳島神社と
”東の池”と呼ばれる広さは約4千平方メートルの人造池に浮かぶ小島のような神社が厳島神社(いつくしまじんじゃ)。池は江戸時代に農業用水として掘削されたものである。6月下旬ごろよりハスの大輪が咲き始め9月上旬頃まで池一面を覆い尽くすよらしい。厳島神社は弁天様であり,祭神は多岐都比克命 ( たぎつひめのみこと ) 。「東の池の弁天さん」 (ひがしのいけのべんてんさん)と呼ばれている。



▼大磯・厳島神社「東の池」の説明立看板
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイクリング:境川高飯堰@藤沢大和自転車道

2017-05-28 | 自転車
昨日は藤沢大和自転車道をロードバイク(RALEIGH)で走行していたので、風を切って走る方を楽しんでましたから、境川の水位が以前よりも高いのは田植えと関係があるのかもしれないな程度でやり過ごしました。本日は同じコースをミニベロ(BROMPTON)で走行しました。ロードバイクのようには進みませんから目がよく景色の方へと向きます。

▼今日も境川の水位が高い


ふと長後街道が境川を渡るところから境川をほんの少し南に行ったところに「境川高飯堰」があることに気づきました。この堰の仕様は次の通り。
形式:空気式ゴム引布製起伏堰
門数:1門
堰底幅:12.240m
堰高:3.200m
倒伏水深:3.600m
操作駆動方式:(起立)モーター,(倒伏)自然排気
起伏時間:(起立)約20分,(倒伏)約20分
完成年月:平成20年03月
製作会社:丸島産業株式会社
丸島産業株式会社のホームページに「ゴム堰」がありました。
http://www.marsan.co.jp/products/fabridam/fabridam_01.html
▼境川高飯堰の様子






この日は「境川高飯堰」を後にして更に境川を南下。境川遊水池公園(境川今田休憩所のあたり)の南端の和泉川と境川の分岐点近くの境川の方にもゴム堰があることに気づきました。
気づいた理由はこの状態があったからです。
▼何かやってます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイクリング:湘南台〜多摩川

2017-05-27 | 自転車
多摩川の土手にあるサイクリングコースが道が広くて走りやすいということを聞きました。とりあえずWiKiを調べたところ確かに走りやすいところがあるようです。自宅から多摩川まで最短距離で行くにしても自走できるだろうかと少々自信がありませんでしたが挑戦してみました。地図に自信が無いところをGarmin eTrex30xにコースを入れておいてそれを見ながら道を間違えないようにすることで補強しました。まだ脚力も体幹もできてないから自信が無いと思うところは、この5月のGWに厚木から大山を回って大磯を経由して江の島まで、坂道では自転車を押してたけどなんとか自宅まで戻ってきたんだから大丈夫だろうと思い込むことにしました。

南から関戸橋を渡り左折して多摩川のサイクリングロードで府中四谷橋でUターン、堤政橋まで行ってUターン、関戸橋まで戻ったら関戸橋を渡って今日来た道を帰路にということで、多摩川のサイクリングロードのほんの一部を体験しました。自転車にスピードを落とすことを促すために、点々と、道に緑色で帯状の段々がペイントされていました。そこを通過するたびに、ガタガタと振動がきますから、走りやすいというのはこの区間のことではないに違いありません。

高低差は、厚木の大山ほどではありませんが、町田リス園のあたりがお山になっているので坂道でした。

Garmin eTrex30xが記録したGPSログをルートラボへアップロードしたのがこれです。実は今回途中でeTrex30xが勝手に再起動してしまうも再起動が途中で立ち往生状態に陥りました。電源を切ることすらままならなかったので、電池を外すことで電源オフにしてやりました。それでも一応コースとしてはGPSログが1本として記録されていました。助かったけど、だからGPSデータに変なところがあると思います。



▼多摩川




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイクリング:藤沢〜横浜〜飯田牧場〜湘南台

2017-05-21 | 自転車
サイクリング+ジェラード



海を見ながら持参してきた昼弁当(クッキー)しました。この場所は自転車走行禁止エリアなのでもちろん押して歩きました。この後、赤レンガ倉庫の前を走行しました。この日は赤レンガ倉庫で、ベルギービールのイベント最終日だったようでとても賑わってました。
▼横浜インターコンチネンタルホテルをバックに撮影


前回のサイクリングの時、飯田牧場に到着するのが遅くなってしまいジェラードを食べ損ないましたので本日リベンジしました。塀の前の道路に駐車中の白い自動車は、飯田牧場の駐車場の待ち行列です。写真は待ち行列が1台だけの時のものです。
▼飯田牧場
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイクリング:アイス工房メーリア〜オーガスタミルクファーム

2017-05-14 | 自転車
アイスのはしごでございます。自転車で行くということで体を動かす運動ですからそれなりにカロリーも消費しますし、毎日アイスのはしごをするということはないのでご容赦願うということで・・・

方向音痴の小生といたしましては、文明の利器としてガーミンを配備することで、迷わず目的地へ到達しようとの計画でございます。まずヤフーのルートラボのコース作成機能を利用させていただき、初めて自分でコースをこしらえてみました。できるだけ自転車道を走りたいので、道に沿うルート描きモードではなくて描線モードで描きます。地図上の自転車道入り口に柵のような線が記されてるときは描線モードです。

柏尾川プロムナードを紹介したブログがありました。
http://takkie3.blog66.fc2.com/blog-entry-87.html


とりあえず、自転車道でなくていいから道順のわかるように、なるべく近い道路を使ってコースを作りました。それをGPXファイルでエクスポートしてGarmin BaseCampアプリでインポート。そしてGarmin eTrex30xへコピーしました。eTrex30xでこのコースと自分の位置とを表示させることで、目的地に迷わず行くことができました。コースはだいたい次の通りです。

藤沢→村岡→大船→柏尾川プロムナード→戸塚→東戸塚→アイス工房メーリア→フェリス女学院大学緑園キャンパス→阿久和大久保公園→大久保原縄文遺跡→相沢良牧場オーガスタミルクファーム→阿久和の里狢窪公園(あくわのさとむじなくぼこうえん)→和泉宮沢遊水地めがね橋→上和田団地→藤沢大和自転車道→湘南台。

大船と戸塚との間は、柏尾川プロムナードを紹介したブログと同じコース取りにしたのですが、栄第二水再生センター及びBASFジャパンのところの道がアスファルトではなくレンガみたいなタイルが並んでいて、樹木の根の影響や経年劣化の影響及びその雑な補修のせいか?で波打っており更にデコボコが酷い状態なので、自転車が跳ねまくりました。オフロード車なら楽しかったかもわかりませんがロードバイクでは通りたくないなという状態になってました。

実際に走ってきた道をeTrex30xが記録してくれているので、それをGarmin BaseCampのマイコレクションへコピーして持ってきて、道を若干間違えて戻ったところなどの座標を編集しました。それをBaseCampからGPXファイルでエクスポートしてルートラボへインポートしたものが下記です。



▼横浜 肥田牧場 アイス工房メーリア
アイス工房メーリアの看板が東海道線及び横須賀線の車窓から一瞬見えます。長年気になってましたが、東戸塚に用事が無いので行ってみようということにはなりませんでしたが、自転車(ロードバイク)を始めてから、それが契機になり「気になるところへ自転車を漕いで行ってみる」という目的ができたため行きました。
アイス工房メーリア
https://www.facebook.com/merriafarm/

▼オーガスタ・ミルク・ファームの牛くん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイクリング:湘南台~日向渓谷~大礒港~江ノ島~飯田牧場

2017-05-04 | 自転車
自転車(ロードバイク)乗りを始めたんだったらと、ヒルクライム好きの友人に誘われて、ついていったのはいいのですが、小生に坂道はきつかったので、渓谷ではほとんど降りて押してました。

RALEIGH CR-Fでスポーツ自転車を始めて数ヶ月の初心者ですが、自転車大先輩の知人に誘っていただいてゴールデンウィークにサイクリングしてきました。コースは、湘南台駅前集合〜本厚木〜日向渓谷~鶴巻温泉〜大礒港~江ノ島という感じで最後は藤沢大和自転車道で飯田牧場まで行って解散。日向渓谷への登り坂は、小生には大きな挑戦でした。途中に16%という坂道もあり、すぐにヘトヘトのヨレヨレ状態になってしまいましたので上り坂では、ほぼ押して歩くという状態でした。熊出没注意の看板が複数あり、先で待っていてくださる知人を追ってトボトボと押して歩く間がちょっと怖かった感じです。
ほぼ頂上に到達して、機材の重量の話題になった時、小生のだけ随分重たいねと言われました。それもそのはず、駐輪用ワイヤーロックの太いやつ、DNFを想定して輪行バッグ、パンクするかもということで予備タイヤチューブと二酸化炭素ボンベにタイヤレバー、雨が降ったりすると困るからレインウェア、いつものスマホ、記念写真撮りたいからデジカメ、飲料2本、Garmin eTrex30x、CATEYE VOLT 1600、mont-bellのフロントバッグ、ラージサイズのシートバッグ、後方フラッシュライトなど、なんでもかんでも搭載してました。重装備だと上り坂は辛いというのは、確かにその通りですが、さらに基本的な脚力が未熟ですし体幹も未熟というわけですから、まだまだ修行が足りませんね。ルートラボにGPS情報をあげました。下の画像をクリックするとルートラボに飛んでいきます。本当は動かせる地図として貼り付けたかったのですが、やり方がわかりませんでした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

RALEIGH CR-F にモンベル(mont-bell)フロントバッグを装着

2017-03-20 | 自転車
ロードバイク(RALEIGH CR-F)にモンベル(mont-bell)のフロントバッグを取り付けました。モンベル(mont-bell)のフロントバッグは、ハンドル二箇所とハンドルステム一箇所にベルトでとめる様式です。ハンドルへの二箇所のベルトは問題無く取り付けられるのですが、RALEIGH CR-Fではブレーキワイヤ及び変速用ワイヤがハンドルに沿っていてハンドルステムの前にたわんで出ているので、ハンドルステムにベルトで取り付けることができないので、ブレーキワイヤ及び変速用ワイヤにベルトとめといたしました。但しフロントブレーキワイヤは除きました。その状況が下の写真です。



もう少しカメラをよせて撮影したのが下の写真です。



前側から撮影したのが下の写真です。ちなみに、モンベルの中央上に見える二つ目玉は、CATEYE製のヘッドライトで型番は VOLT1600 リチウムイオン充電式ボルト1600 HL-EL1010RCです。VOLT1600をハンドルバーに取り付けると光線がモンベルに干渉してしまうため、少し高さを上げるために、「PWTカーボン製コンピューター&ライトマウントMT03C」というアダプタをかませました。VOLT1600の隣に設置してあるのは、CATEYEのサイクルコンピュータ(型番はCC-RD410DWストラーダデジタルワイヤレス)です。その隣に設置してあるのは、GARMINのeTrex30xです。



CATEYEのサイクルコンピュータ(型番はCC-RD410DWストラーダデジタルワイヤレス)の下に設置してあるのは、CATEYEの真鍮製のベル(型番はOH-2400)です。これはサイクルコンピュータ取り付けベルトに同居しています。ベルを鳴らすためのベロの角度が変えらえるので、GARMIN eTrex30xの取り付け取り外しの祭に干渉しない位置を選べるのでとても便利です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加