文珠川慧久の道楽帳2

turezure naru mama ni

サイクリング:アリエッタのジェラート→震生湖

2018-09-28 | 自転車
R246を西へと進み善波トンネルを通って金目川の手前で左折してR71(途中でそのままR62に成る)で南へ進み西大竹交差点で右折して赤十字病院入口交差点まで進みますと右手にジェラートのアリエッタがあります。


このお店のことを知ってからネットで検索してみたたところ「ヤビツ峠に行くなら!自転車乗りフレンドリーなジェラテリア『ダマッティ』」などとして熱烈紹介されていることが分かりました。最初はイタリア人店主が始めたお店みたいで、店主が帰国した後を引き継いで、美味しいジェラートを提供してくれているということらしいですね。店の名前とか経営もかもしれませんが、多分紆余曲折が裏にはあるのでしょうが、途中で店の名前がアリエッタに変わっていることもありますし、何れにしても、美味しいジェラートを提供し続けてくださるのが何よりもありがたい。2018-09-28現在、このお店の状況は、例えばイタリア仕込みの味「アリエッタ・デル・ジェラート」としてネットで紹介されていたりします。

アリエッタの駐車場には自転車スタンドがあるので、スタンドの付いてない自転車を駐輪することができます。


アリエッタの店内です。


メニューです。


ブリオッシュコンジェラート{さくら (秦野八重桜×アーモンド)&黒いちじく(秦野産 甘味が強くなめらかな舌ざわり)を選びました}とコーヒーを注文しました。


R62を西へと進み、上町交差点で左折して、きつくない方のルートをゆるゆると登っていきますと、秦野盆地に広がる町並みを眺められる畑の脇の道へ出ます。今回は何度目か震生湖サイクリングですが、ゆるゆるの方の道を淡々と登坂して目的地まで来ることができました。今までは途中で必ず休憩しましたので小生的には進化です。


震生湖の入口が道の左側にあります。震生湖の畔は急坂の下にあります。今回初めて、湖畔と道路との間の急坂を自転車に乗車したまま登る事ができました。今まで出来ませんでしたので小生的には進化したと思います。できなかった頃と機材及び装備は同じですが自身の体重が少しづつ減り脚力が少しづつ付いたのだろうと思います。



帰り道は、ゆるゆる坂の来た道ではなくてもっと急な坂道の方を使ってR61まで降りていきました。こちらの急坂を登って来られるように修行を重ねていきたいものだと改めて思いました。

今回のルートです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« サイクリング:鎌倉の檑亭で... | トップ | サイクリング:ブロンプトン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自転車」カテゴリの最新記事