akikoの「活動」徒然記

活動弁士佐々木亜希子の身の周りの出来事やふと感じたこと

第3回児島活弁シネマ大盛況

2007-10-30 | 活弁
28日、都内で活弁ワークショップを終え、深夜岡山入り。
29日、岡山県倉敷市児島文化センターで公演。児島での活弁シネマライブも3回目となり、今年は地元倉敷市の音楽家の方々による生演奏が実現して、500人ものお客さまがいらして下さいました。児島市民文化祭実行委員会の方々に心より御礼申し上げます。
公回の上演は小津安二郎監督の『出来ごころ』。生演奏は、作曲・編曲・ピアノ-野原直子さん、フルート・ピアニカ-天本由美さん、ヴァイオリン-稲田真理さん。テーマ曲はまるで朝の連続テレビ小説のようで、ピアニカの音も活き、まだ私の頭の中を回っています。ヴァイオリンで三味線のような音と和の雰囲気を作っていただいたり、地元下津井節のメロディをさりげなく入れて頂いたり。この演奏が本当に素晴らしく、一度きりの公演ではもったいない贅沢な企画でした。会場からは、笑い声、すすり泣く声等が聞こえてきて、私もそうですが演奏の方々もその反応が楽しかったようです。
たくさんの方々が帰り際楽しかったと声をおかけ下さいました。90歳を過ぎたお祖母ちゃままでいらして下さって、青春時代に慣れ親しんだ映画、風景、俳優さんたちがとても懐かしかった、気持ちが若返ったと喜んで下さいました。長屋暮らしの想い出や自分の映画体験を振り返りながら楽しんだ方もいらっしゃいます。語り、音楽はもちろん、十人十色の楽しみ方ができるのが活弁で、多くの方が、活弁を懐かしいだけではない「現代の珠玉のエンターテイメント」として捉えて下さっていることに感激しました。

11月3日の岡山映画祭には、児島の実行委員で私の活弁ワークショップから活弁の面白さや可能性に感銘して下さった矢吹勝利むつみ夫妻が地元弁士として初舞台に立ちます。演目は岡山県出身尾上松之助主演『豪傑児雷也』。今回の児島公演には、彼らを見守ってくれている岡山映画祭の実行委員の方々やNHK岡山の方もいらして下さいました。そして私は今日、矢吹夫妻の掛け合い活弁を聴きできるだけのアドヴァイスをして帰京の途に。

3日の本番にはまた岡山へ向かいます。柳下美恵さんの音楽に乗り、彼らがのびのびと楽しく語ってくれることを願います。
一連の活動の様子はNHK岡山放送局で7日リポートされる予定です。
ジャンル:
モブログ
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北大映画館プロジェクト【活... | トップ | 岡山映画祭『豪傑児雷也』活弁 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
着物姿の美しさに感激。 (TOKIO)
2007-10-30 16:28:07
児島公演を楽しく拝見いたしました。毎回、活動弁士さんの巧みな語りで無声映画だという事を忘れさせられます。それと弁士さんの着物姿がとても美しさに感激しました。友人も佐々木亜希子さんに握手してもらいとても喜んでいました。来年の公演を楽しみにしています。
ありがとうございます (akiko)
2007-10-31 13:44:44
楽しんでいただけて嬉しいです。また伺えたらと思います。皆様で観にいらして下さいね。
こんにちは (アットサインyu)
2007-11-22 13:53:47
はじめまして。

11月21日の日記で各地の映画祭を紹介し、イベント情報を調べていて訪問しました。

本家のイベント検索サイトのアットサインでは、誰でもイベント情報を告知できます。
コンサート・展示会・フェア・ワークショップ・講演会等何でも紹介できますので、ぜひ御活用下さい。

ブログTOPからもリンクしていますが、下記から直接でもどうぞ。

http://atsign.jp/

ブログはこちらです。

http://plaza.rakuten.co.jp/atsignyu/

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
【@なイベント】今週開かれている映画祭 (@なイベントみっけ)
今度の3連休には日本各地で映画祭が開かれています。まずは西から「岡山映画祭 2007」上映のポイントは下記の通り。1. 岡山の映画館で見ることの出来ない内外の話題作(アジアの若手作家やスタッフの推薦する意欲的作品)2. 岡山映画祭にかつて参加して頂いた監督の新作...