天燈茶房 TENDANCAFE

さあ、皆さん どうぞこちらへ!いろんなタバコが取り揃えてあります。
どれからなりとおためしください

フリーゲージトレイン(軌間可変電車)、2年ぶりに検証走行試験を再開!

2016年12月04日 | 鉄道

平成26年11月末以降、休止されていたフリーゲージトレイン(軌間可変電車)の検証走行試験が昨夜(平成28年12月3日深夜)、約2年ぶりに再開されました!

(→フリーゲージトレイン、耐久走行試験中にトラブル発生!? 2014年11月30日

平成28年12月3日




深夜23時頃、新八代のゲージ変換装置区間に行ってみると…
いつもは真っ暗なゲージ変換装置の周辺に照明が点いています!


そして23時半頃、九州新幹線の新八代駅からフリーゲージトレインが発車!
そのまま鹿児島本線とのアプローチ線を進んで、ゲージ変換装置区間に接近して来ます。


フリーゲージトレインはゲージ変換装置区間の手前で停車して、そのままパンタグラフを下ろしました。
どうやら今夜はゲージ変換装置を通る事はしないようで、このまま朝まで待機するようです。
車体の周辺をチェックしていた職員の人たちも引き揚げていきます…




停車したままのフリーゲージトレインをフェンス越しに撮影するマスコミの取材スタッフ。
長崎ナンバーの車で乗り付けてきていたので、将来フリーゲージトレインが導入されるかどうかで微妙な状態にある九州新幹線長崎ルートの地元からの取材のようです。


2年間の試験休止の原因となった車軸とオイルシールの欠損トラブルを起こした軌間可変台車も、走行試験再開に際して対策を実施して新品同様の状態になっています。
さて、仕切り直しとなる試験再開で今度こそ、期待通りの結果を出してくれるかどうか…





やがてフリーゲージトレインの室内灯も消えたので、今夜はこれにて僕も撤収。
一旦帰宅して朝まで仮眠しましょう。おやすみなさい…

平成28年12月4日


朝9時半頃、再び新八代のゲージ変換装置区間へ…
フリーゲージトレインは既にパンタグラフを上げて、ゲージ変換装置通過に備えています。


そして午前10時、フリーゲージトレインは警笛を軽く鳴らして発車!
遂に2年ぶりにゲージ変換装置通過試験が始まりました。







フリーゲージトレインは台車が1つづつゲージ変換装置を通過する度に停車して、動作に問題がないか確認しながら慎重に進んでいきます。





その後も、何度も進行方向を変えて繰り返しゲージ変換装置区間を通過する試験が行われました。
初日の今日は結局、終日ゲージ変換装置区間を行き来しての動作確認が行われるようです。
九州新幹線や鹿児島本線に乗り入れての走行試験が始まるのは、まだ少し先になりそうですね。


そぼ降る冷たい雨の中、走行試験に向けた確認作業は続きます。

2年ぶりに再起動し、再び走り始めたフリーゲージトレイン。
しかし今後の九州新幹線長崎ルートでの実用化と営業運転投入は既に厳しいと言われており、今後どういう運命を辿るのかは見通しが立たない状況にあるのが事実です。
それでも、未来の日本と世界の鉄道システムを一変させる可能性を秘めている野心的な挑戦は、最後まで応援したいと思います。

頑張れフリーゲージトレイン!
今度こそ、トラブルを起こさず無事に走り抜けよ…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年最後のSL人吉(平成28年11月20日)

2016年11月20日 | 鉄道

JR九州のSL人吉、本日(平成28年11月20日)運行分で今年の運転を終了しました。
今年もお疲れ様でした!


今日はあいにくの曇り空で、夕方の熊本行き列車もこの時期の名物である「鹿児島本線内での夕陽」に照らされることも無く少々寂しい最終運行となりましたが、
それでも今年最後のSLということで沿線には大勢の家族連れや鉄道ファンが撮影や見送りに駆けつけていました。

SL人吉の機関車58654は、これから小倉工場に回送されて毎年冬期恒例の徹底オーバーホールを受けます。
来年の春には、再び新車同然の姿に生まれ変わって熊本に帰ってきてくれる筈です。
来年度からは肥薩線区間に新しいD&S列車の「かわせみ やませみ」も登場するので、SL人吉との共演も楽しみですね!

…SLがいなくなると、やがて熊本にも本格的な冬がやってきます。
今年もあと1ヶ月と10日…


撮影地:鹿児島本線新八代駅付近
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の「ななつ星in九州」と「SL人吉」だが、しかし…誤情報に振り回された一日

2016年11月11日 | 鉄道
鹿児島本線有佐駅に停車中のクルーズトレイン「ななつ星in九州」


今日は金曜日…
3泊4日コース最終日の「ななつ星in九州」が白昼堂々、熊本県内の鹿児島本線を縦断して北上していく日です。

今週はラッキーにも金曜日に有給休暇が取れたので、早速朝から「ななつ星」の追跡開始!
先ずは、お馴染み新八代駅近くの八代市臨港線陸橋へ。


手慣らしに、人吉行き「いさぶろう1号」を撮影。
「いさぶろう1号」が通過した直後、気動車より重々しい機関車のディーゼルエンジンの重低音が聞こえてきます…


定刻通りの朝9時少し過ぎ、「ななつ星」がやって来ました!
…いつ見ても、惚れ惚れするような美しい列車ですねぇ。

新八代の陸橋で「ななつ星」を見送ったら、すぐに新八代駅に向かい熊本方面行きの普通列車に乗って追跡開始です!


有佐駅で「ななつ星」に追いつきました!
さて、JR九州の「ななつ星」公式サイトに掲載されている運行時刻表によると、今日はこれから午後2時過ぎまで「ななつ星」はここ有佐駅で長時間停車する事になっています。
その間には「SL人吉」とのすれ違いのシーンも見られる筈。早速、すれ違いをバッチリ撮れる場所に待機…

だがしかし。


あらら…
何と、午後2時過ぎまで停まりっ放しの筈の「ななつ星」が発車していくではないですか!
一体どうなってるの!?

とりあえずネット上に何か情報が出ていないかと検索してみると、どうやら今朝、鹿児島本線の二日市駅あたりで架線の切れる事故が発生しており、その影響で鹿児島本線は福岡県内を中心にダイヤが大幅に乱れているとのこと。
「さては、乱れたダイヤの影響で有佐駅での長時間停車を取り止めて鹿児島本線を北上するつもりか!?」
よく分かりませんが、とりあえず「ななつ星」を追いかけて追跡を再開!
次の熊本方面行きの普通列車に乗って、「ななつ星」を追いかけます。恐らく、熊本駅か植木駅で停車している「ななつ星」に追い付けそうな気がする…


小川駅と松橋駅の間で、普通列車は「SL人吉」とすれ違います。
ああ、本当なら有佐駅で停車中の「ななつ星」と絡めてカッコよく撮るつもりだったのに…

そして、何と松橋駅では発車直前に突然、普通電車の車体がガクガクと揺れ始めて、思わず運転士さんと顔を見合わせて「揺れてますよね…?」「うん、揺れてます…熊本地震の余震だ!!」と言葉を交わす事態まで発生。
早速ネット情報を確認してみると、どうやら震度4の結構大きめの余震だったらしい…
「なんてこった…架線が切れて大規模なダイヤの乱れが起きてる最中に、今度は地震かよ…どうなってるんだ今日は!?


結局、植木駅まで来てみても「ななつ星」の姿は影も形もなく、暫く待ってみるもやって来るのは架線事故の影響を受けていない熊本県内を走るローカル普通列車ばかり。
そのうち、ネット上に「ななつ星」が既に福岡県の羽犬塚駅に到着しているとの情報が…
「えええっ!?もう羽犬塚まで行っちゃったの!?」

結局、植木駅の窓口の駅員さんから「ななつ星はとっくに行っちゃいましたよ。ええ、今月から早めに通過するダイヤになってますからね」との声が。
「何ですと!?…ああ、そういえばもうじき『ななつ星』の観光コースが天草コースから柳川コースに変更になるってニュースリリースが出てたのをチラ見した記憶がある…
つまり…JR九州の「ななつ星」公式サイトに掲載されている運行時刻表が間違ってたんだ!!」ああ、なんてこったい…(´・ω・`)

どうやら、「ななつ星」公式サイトの運行時刻表が天草コースから柳川コースに差し替えられておらず、有佐駅に長時間停車するという旧時刻のままになっていたのが原因だったようです。
※この件はJR九州にメールで連絡しておいたので、もうじき正しい運行時刻表に訂正されると思います


帰宅後、夕陽を浴びて輝く「SL人吉」を撮ろうと思い再び線路際へ…
でも、思いっきりピンぼけですね。あ~あ、今日はなんだか何もかもうまくいかずおかしなことになる、散々な一日でした。

まぁ、たまにはこんな日もあるかな…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のSL人吉…夕陽がきれいな季節になりました(平成28年11月6日)

2016年11月06日 | 鉄道

はやいもので、今年ももう11月。
SL人吉もそろそろ今シーズンの走り納め。そして、夕刻の熊本行きは鹿児島本線内で美しい夕陽を浴びて走る季節になりました。


…線路の向こう側から見たら、きっとSLが夕陽をバックにきれいなシルエットになって見えるんでしょうね。


それにしても、今日はよく晴れて絶好の夕陽撮影日。
普通電車の815系も“ギラリ”といい感じに写ります(笑)

撮影地:鹿児島本線有佐―小川間

おまけ写真


今日の夕方のお月さま。
よく考えたら、デジタルミラーレス一眼レフのカメラでまともに「天体写真」を撮ったのはこれが初めてかも?(笑)
月面のクレーターや海も見えますね。手持ちでも結構きれいに写るものです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「直方隕石」5年に一度の特別公開!須賀神社御神幸大祭を見てきました

2016年10月23日 | 宇宙
福岡県直方市下境の須賀神社


福岡県直方市にある須賀神社には、なんと隕石が奉納されています。
しかも、ただの隕石ではありません。人類史上最古の「目撃記録が残りそれが科学的に鑑定・認証された隕石」なのです!

「…時は貞観三年四月七日(西暦861年5月19日)の夜、突如何かがこの地の上空に飛来。
そのまま須賀神社境内にあった柿の木の幹に当たって爆発。辺りが昼間のような明るさになり、大音響が鳴り響いた。
その跡地には地面を突き破って大穴が開き黒い石がめり込んでおり、後日掘り出した石は皆が恐れ誰も触れる者もいなかった程だが、桐箱に入れて須賀神社に納めた…」

というような伝承が直方市下境地区に残されており、実際に須賀神社にも黒い石が入れられた桐箱が奉納されていたのですが、
桐箱の素材の炭素年代測定法による鑑定等を経て1981年に国立科学博物館の村山定男先生によって「実際に貞観年間に地球に落下した隕石である」と認証されました。
※他に、江戸時代の寛延年間に落下したとする研究も存在します。

実に1155年前の平安時代にこの地に落下して以来、ずっと神社に納められ地域の人達に畏れられ大切に守られてきた“世界最古の記録を持つ稀有な隕石”、それが「直方隕石」です!
(ちなみに貞観年間には東日本大震災との対比で話題となった貞観地震をはじめ日本国内各地で火山が噴火したりしており、隕石落下とは直接関連はありませんが日本列島が天変地異の災害に見舞われ続けた時期だったようです。)

そんな「直方隕石」ですが、普段は須賀神社に納められており見ることができません。
ですが、5年に一度開催される須賀神社の御神幸大祭で特別に公開されます!
そして、今年(平成28年・2016年)がその貴重な5年に一度の隕石を実際に見るチャンスの年!

という訳で平成28年10月22日、Twitterの宇宙クラスタ仲間と誘い合って「直方隕石」を見てきました!!








須賀神社の境内には「直方隕石」の記念碑が建てられています。
このゴツゴツしたのが「直方隕石」のレプリカらしい…

そして、お神輿の山車に載って特別公開に登場した、これが本物の「直方隕石」です!!


…記念碑のレプリカより随分小さくて形状もつるっとしてますが、これが紛れもなく本物の世界最古の目撃記録を持つ「直方隕石」です。
それにしても、御神体ではないにせよ神社に大切に奉納されている宝物の筈なのに、アクリルのケースに入れて雨の降る中に持ち出してくるとはかなり扱いが大胆だなぁ(笑)

しかし、この後はもっと大胆だった…
何と、貴重な「直方隕石」は神輿に載せられたまま雨の中を担ぎ出され、そのまま直方市内を練り歩き始めたのです!
う~ん、大胆というか豪快というか…っていうか、ホントにこんなことしていいの!?(笑)
須賀神社の御神幸大祭、恐るべし!!





そぼ降る秋の雨の中、「直方隕石」を載せたお神輿と山車の巡行は進みます。
我々宇宙ファンも隕石に付き添って、巡行行列と並んで歩きます。



…それにしても、歩く歩く!
ちょっと神社の周辺の町内を一回りするだけかと思ったら、どうやら直方市内の下境地区を全てくまなく巡るらしい…
隕石と一緒に歩いている我々もだんだん疲れてきました。



一時間半ほど歩いたところで、公民館で休憩。




公民館の駐車場で休憩中の「直方隕石」。

小休止を終えて、隕石のお神輿巡行は再び出発。さて、いつまで歩き続けるのか…


※同行した宇宙クラスタ仲間が撮影・提供してくれた動画です


平成筑豊鉄道の線路も越えて「直方隕石」は進む。
…なかなか見られないですよ、踏切を渡る隕石なんて!っていうか、なんてシュールな光景なんだろう(笑)



午前9時半頃に須賀神社を出発してから歩き続けること3時間。
ようやく「直方隕石」の巡行行列は目的地である稲荷神社に到着。




雨の中を練り歩いた「直方隕石」は無事に稲荷神社の本堂に安置、というか搬入されました。
隕石は今夜はこの稲荷神社でお泊りになるそうです。
そして、明日はまた直方市内を練り歩いて須賀神社にお帰りになるとのこと…
明日も頑張って歩いてください!

我々宇宙ファンも無事に「直方隕石」の巡行と一緒に歩き終えて、ああ疲れたお腹も空いた。
何か食べよう、直方名物の食べ物って何かな!?


という訳で直方名物の地元B級グルメ、焼きスパ(焼きそば式に調理したスパゲティらしい)をいただきま~す!
ああ、3時間も歩いた後の焼きスパは超美味しい!

今日は本当に疲れたけど、なんだか凄く面白くて楽しかった。
だって、隕石と一緒に歩いたんだよ!こんな経験、生まれて初めて!!
それに、世界中に隕石は数あれど、千年以上前に落ちてきて以来ずっと地域の人々に大切に守られて、歴史を積み上げてきた隕石なんてきっと世界中でこの「直方隕石」だけ。
千年以上もみんなが隕石と共に生きてきたなんて、何だか感動してしまうじゃないか…世界で一番幸せな隕石かも知れないね。


…さて、次回の須賀神社御神幸大祭は5年後、小惑星探査機「はやぶさ2」が地球に帰って来る翌年の2021年です。
5年後にもまた歩くよ、世界最古の目撃記録を持つ「直方隕石」と一緒に!
宇宙が好きな皆さん、是非この次は皆んなで一緒に隕石と歩きましょう。2021年に直方で隕石と会おう、歩こう!!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加