天燈茶房 TENDANCAFE

さあ、皆さん どうぞこちらへ!いろんなタバコが取り揃えてあります。
どれからなりとおためしください

ブルーインパルス、熊本城を翔ぶ!平成29年4月23日編

2017年04月23日 | 宇宙

昨日のテスト飛行に続き、今日(平成29年4月23日)はいよいよブルーインパルス震災復興支援特別飛行の本番、
「熊本復興 飛翔祭」での展示飛行でブルーインパルスが熊本城の上空を翔びます!
という訳で、昨日の記事と同じ構図の写真ばかりですが(笑)一挙公開!

快晴の熊本城に舞う復興の不死鳥ブルーインパルスの雄姿を見よ!!




先鋒の気象確認機に続いて海側から5機編隊で熊本城上空に進入、そのまま一気に熊本城上空を低空通過!




フェニックスローパス!
不死鳥ブルーインパルスが熊本城に舞う!!


日本の美の象徴「さくら」。
…ううむ、やはり花弁が巨大過ぎて一輪の桜花がファインダーに収まらない(笑)




同じく、巨大過ぎて視野に収まりきれない巨大な愛を地上に届ける(笑)キューピッド!







「ヒャッハー!!」
「すごーい!!」「たーのしー!!」
という声援が響く熊本城二の丸広場!
城内への入場規制が掛かる程の超満員の観客も皆、ブルーインパルスの繰り出す超絶飛行に大興奮!!





途中、熊本城に隣接する国立病院へのドクターヘリの緊急離発着があり、
一時展示飛行が中断され上空待機となるハプニングもありましたが、無事にドクターヘリを着陸させた後に展示飛行再開。





ブルーインパルス、超最高!
素晴らしい展示飛行をありがとう!!








完璧な飛行を終えたブルーインパルスは、名残惜しげに熊本城の上空を旋回して熊本地震の被災地である益城町と南阿蘇村の上空へと去っていきます…
さようなら、そしてありがとう!
また熊本に飛んできてね、ブルーインパルス!!



…さて今日は「熊本復興 飛翔祭」ということで、ブルーインパルスの展示飛行に先立ってステージショーも開催され、
ブルーインパルスの3番機に搭乗する熊本出身のパイロット上原広士1尉の出身校である熊本北高校の後輩たちが空の先輩にエールを送る場面も見られました。


また、今日のフライトでは熊本を励ますべく、
ブルーインパルスの全パイロットがヘルメットにくまモンひごまるのステッカーを貼って展示飛行に臨んで下さったそうです。

そして、展示飛行後はブルーインパルスファンへの特別サービス!
地上で飛行支援にあたっていたパイロットのサイン会が開催されて長蛇の列に!


僕も2時間並んで(並んでる間にステージの大型モニタで上映されていた映画「トップガン」を全編観終えてしまった…)サインをゲット!
なんとブルーインパルスのリーダー、コールサインDANNAこと飛行班長の越後英3佐の直筆サインです!!


こちらがエースパイロット越後3佐。おお~さすが空の男、爽やかイケメン!
(※ご本人の写真掲載承諾を得ています)
越後3佐には「ブルーインパルス初体験でしたがすっかりファンになりました!今度は基地祭でアクロバット飛行のフルコースも観に行きますので、また見事なフライトを見せて下さい!」と熱く語ってきました(笑)

という訳で、すっかりブルーインパルスの魅力にハマってしまった天燈茶房亭主。
近日中にどこかの基地祭でまたブルーインパルスに再会する事にしましょう。
翔べ、日本の碧い翼ブルーインパルス!!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ブルーインパルス、熊本城を翔ぶ!平成29年4月22日編

2017年04月22日 | 宇宙

本日(平成29年4月22日)、
航空自衛隊宮城県松島基地第4航空団第11飛行隊「ブルーインパルス」が熊本城の上空を飛行、
華麗な展示飛行を繰り広げました!

今回の飛行はブルーインパルス震災復興支援特別飛行ということで、
昨年の熊本地震で大きな被害を受けた熊本城の上空での展示飛行が実現したものです。

実は僕は、ブルーインパルスの展示飛行をナマで見るのはこれが生まれて初めて。
噂に聞くブルーインパルスの凄さを実体験すべく、熊本城の二の丸広場で青空を見上げてきました!





おお~っ!これは…
メチャクチャ格好いいじゃないですか!!





青空と太陽をバックに、巨大な桜の花が描き上げられました!
これは九州新幹線の全線開業記念の展示飛行でも描かれる予定だった「さくら」ですね…




続いて2機で描かれたハートマーク。
巨大過ぎてファインダーに収まりきれません(笑)
漫画「宇宙兄弟」でもこれを描くシーンがあったなぁ…






クライマックス!
カッコ良すぎる…凄いぞブルーインパルス!!


最後に全機揃って隊列を組んで、熊本城と観客に別れの挨拶。
この後、ブルーインパルスは熊本地震で特に被害の大きかった益城町と南阿蘇村の上空に向かい、
真っ白なスモークを引いて被災地に復興のエールを送ったそうです。

…やるねぇ、粋だねぇ、カッコいいねぇブルーインパルス!!
僕もすっかりブルーインパルスのファンになったぞ(笑)

さて、ブルーインパルスの震災復興支援特別飛行ですが、
実は明日熊本城で開催される「熊本復興 飛翔祭」での展示飛行が“本番”で、今日はそのテスト飛行だったのです。
ということは…明日(平成29年4月23日)もブルーインパルスが見られる!
これは、また観に行くしかないでしょう!

という訳で、明日も観に行きます(笑)

おまけ画像


熊本城に向かう前に、JR熊本駅でちょうどSL人吉の出発に出会うことが出来ました。
…なんか、今年はSL人吉を見たのはこれが初めてのような気がする。






いってらっしゃ~い!


いい天気だったので、帰りに西熊本駅でちょっと降りて三角線のキハ40も撮ってみる。
晴れてて陽が当たってると、iPad miniのカメラでも結構きれいに撮れるもんです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年限りで閉園「スペースワールド」

2017年04月02日 | 宇宙
Photo:スペースワールドの象徴、スペースシャトル「ディスカバリー」号実物大モデル


残念ながら、今年限りで閉園することが決まった福岡県北九州市にある宇宙のテーマパーク「スペースワールド」
多数の絶叫マシン・ジェットコースターを揃えた遊園地として有名ですが、メインテーマはあくまで宇宙!
実は充実した宇宙関連資料を収めた博物館も園内に持つ、宇宙ファン必見の施設でもあります。



という訳で!
閉園になる前に今一度しっかり観ておこうと、宇宙ファン一同で名残のスペースワールドを見学してきました!
(※取材日:平成29年3月19日)

既に閉園が大きく報じられているせいか、従来は割りと空いていたというスペースワールドも入場待ちの行列ができる大盛況。
30分ほど並んでチケットを買って入場ゲートを通過したら、絶叫マシン等の楽しそうなアトラクションには目もくれず真っ先にここへダッシュ!
向かった先は…


スペースシャトル「ディスカバリー」号の実物大モデル(笑)

…フツーの入場客にとっては単なる「背景」かも知れませんが、我々宇宙ファンにとってはこれは絶対外せません。
何しろ、スペースシャトルの実物大モデルというだけでも世界的にあまり数が多くなく、かなり貴重な展示品であると同時に、
ここスペースワールドのディスカバリー号は打上げ時の姿で、巨大な外部燃料タンクと固体ロケットブースターを従えて堂々と「立って」いますからね!
スペースシャトル打上げ時の姿を再現した実物大モデルは、ひょっとしたら世界中でここだけかも?


さらに、スペースワールドのディスカバリー号はNASA公認の資料に基づいてつくられた非常にクオリティの高いもの。
ただの展示用模型とは訳が違います。

…ちなみに、実は僕は「ディスカバリー号」の正真正銘の本物とも以前対面した事があるので、地元九州での意外な形での再会となりました(笑)

(→2013-2014 スミソニアン博物館ツアー #10:国立航空宇宙博物館別館 スペースシャトル「ディスカバリー」号
そうそう、スミソニアンのディスカバリー号も脚を出して着地した姿での展示だったんだよね。


こんな角度からスペースシャトルのリフトオフ時の姿を拝めるのも世界で恐らくここスペースワールドだけ!
スミソニアンでも見られない下から見上げたスペースシャトルの、外部燃料タンクの底と固体ロケットブースターの雄姿を見よ!!

ディスカバリー号をじっくり堪能したら、次はいよいよ宇宙ファン的にはスペースワールドの本丸である宇宙博物館へ!


非常に狭い館内にぎっしり詰め込まれたお宝の数々が!

天井から吊り下がった、お馴染みのスプートニク1号


…でもこのスプートニク1号も只者ではなかった。




なんと、ソ連宇宙総局グラフコスモス公認の証明書付きレプリカ!


何の案内もなく片隅に転がすように展示されていたこの物体…
Twitterで情報提供と分析を依頼するツイートを流したところ、ネット上で待機していた宇宙ファン仲間が瞬時に調査してものの数分で回答が。
どうやら米空軍の小型衛星実証実験モデルの実物!とのこと。
…ぐぬぬ、こんなものを無造作に展示してるスペースワールド宇宙博物館も恐ろしいが、即座に解析を完了してしまうTwitter宇宙クラスタの集合知も恐ろしすぎる…


さらに、月に降り立った2人目の宇宙飛行士バズ・オルドリンが実際に着用した船内服(もちろん実物)も!!

「な…何でこんなものがここにあるんだ~!?スペースワールド恐るべし!!」
「信じられない…一体どうなってるんだ、ここはまさしく宝の山だ~!!」

あまりの衝撃に嬉しい悲鳴を上げっぱなし!(笑)

…だがしかし。あまり喜んでばかりもいられないのです。
そう、スペースワールドは年内一杯での閉園が決定している状況。
今後の施設の運用はまだ未定のようですが、宇宙博物館はこれから一体どうなるのでしょうか…

「これだけのお宝が揃っているのに惜しい…閉園後はどこかの博物館なり資料館に引き取ってもらう訳にはいかないのかな?」
お宝の数々を目にして顔が紅潮していた我々宇宙ファンも、直面している課題の大きさに一転して表情が曇ります…


そして陽も傾き、閉園間際。
最後に一つくらい遊園地らしいアトラクションにも乗っておこうということでディスカバリー号を見下ろす大観覧車スペース・アイに乗り込んだ宇宙ファンの面々。
だが、ここから見下ろすスペースワールド園内バックヤードには、信じられないような物体が…!!


何と!?
観覧車下のバックヤードの駐車場片隅に、アメリカNASAのアポロ計画やスカイラブ計画で使用されたサターンIBロケットに酷似した円筒形の物体や、
さらにその近くには正真正銘のロケットエンジン!?が!!

このロケットエンジン類については、関連ツイートをまとめサイトに詳細にまとめて下さった方がおられるのでそちらを参照下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016-17 年越しウィーン紀行 その10:2つの関空特急 「ラピート」と「はるか」

2017年03月26日 | 旅行記:2016-17 ウィーン
Photo:南海電鉄が誇る関空アクセス特急「ラピート」 難波駅にて


その9:KLMオランダ航空の機内食 Part 2からの続き

大阪の中心部からは離れた場所にある関西空港。
そんな関空と大阪とを直結するのが、南海電鉄とJR西日本が運行する2つの関空特急である。

どちらも関西の鉄道会社を国際的に代表するフラッグシップトレインであり、気合の入れ方も半端ではない。
個性派の列車が競い合って関空への海上連絡橋を今日も行き交っている。

今回の旅では、行きと帰りでそんな2つの関空特急を乗り比べてみた。

先ずは、南海電鉄が運行する特急「ラピート」
…もはや説明不要、とにかくこの超個性的な車両デザインを見よ!(上写真参照)


車内のインテリアデザインも素晴らしい。
特に、1等車(グリーン車)に該当する「スーパーシート」は僅かな追加料金で上質なサービスを利用する事が出来るのでお薦めだ。


関西空港駅でも異彩を放つ「ラピート」の雄姿。どこか懐かしさすら漂わせ、子供の頃に夢見たロボット「鉄人28号」を彷彿とさせる。
“レトロ・フューチャー”と“スチームパンク”をテーマにしているようで、まるでジュール・ヴェルヌの冒険小説に登場する超科学な乗り物「ノーチラス号」のようでもある。

空の旅に出る前から夢の旅に連れて行ってくれる、まさに夢の世界の超特急。それが「ラピート」だ。
関空への往路に乗る列車にふさわしい。


そして帰路は、一転して日本の落ち着きと雅を体現するデザインが特色のJR西日本の特急「はるか」


…長旅の疲れとジェットラグに草臥れた身体と心を、優しく出迎えてくれる日本的なデザイン。
決して派手ではないが、「ラピート」とは対極にある優れたデザインであることは間違いない。


「はるか」に乗れば乗り継ぎの手間も無く、あっという間に新幹線への乗り換え駅である新大阪駅や古都の玄関口の京都駅まで連れて行ってくれる。
疲れた旅人を優しく送り届ける、日本の特急列車「はるか」で旅を締めくくるのは悪くない。

…かくして、無事に新大阪駅に到着したところで今回の旅行記はこれにて完結。
今回も最後までおつきあい下さった皆様、お疲れ様でした!
次回の旅は…ちょっと時間が空いて2017年の夏休み、久々にバルカン半島・東欧と旧ユーゴの国を巡るつもりです。


それでは、また旅先でお会いしましょう!
天燈茶房亭主mitsuto1976 拝
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016-17 年越しウィーン紀行 その9:KLMオランダ航空の機内食 Part 2

2017年03月26日 | 旅行記:2016-17 ウィーン
Photo:アムステルダム・スキポール空港のKLMオランダ航空機


その8:KLMオランダ航空の機内食 Part 1からの続き



アムステルダムのスキポール空港はヨーロッパの一大ハブ空港として年々存在感を高め続けており、
乗り継ぎ利用の利便性を向上させると共に世界中からの乗客を惹き付けるべく、魅力を増すためのターミナルのリニューアル工事が続いている。


…そんな訳で、来る度にどこかしらで工事をしていて何かしらの新施設がオープンしているスキポール空港だが、
今回は何とアムステルダム科学博物館の分室がターミナルビル内に新規オープンしているのを発見した。
主に子供向けの展示に特化しているようだが、博物館のある空港ターミナルとは素晴らしい!できればプラネタリウムも欲しいぞ(笑)

…でも、スキポール空港名物だった国立美術館の空港分館は閉鎖されて工事中のまま。
スキポールでの乗り継ぎ待ち中に、ちょっとした美術鑑賞が出来るのが楽しみだったのに残念。

仕方がないので絵画の代わりに飛行機を鑑賞。


おっ、ジャンボジェットだ!

世界的に引退が進むジャンボジェット・ボーイングB747だが、KLMオランダ航空では今でも多数のB747-400が現役で活躍を続けている。
しかもここ数年でジャンボ機のリニューアル改良工事も進んでおり、どうやら当分はジャンボを使い続けるつもりらしい…

残念ながら成田と関空の日本路線からは撤退してしまったが、これからも世界中の空港でKLMの青いジャンボの姿を見ることが出来そうだ。


雨上がりの陽射しを浴びるKLMの青いジャンボジェット。
やっぱり格好いいね、ボーイングB747!


そして、これが僕が日本への帰り路に乗るスキポール空港発関空行きKLM867便のKLM機。
ジャンボジェットではないが、行きに機材トラブルで乗れなかった待望の最新鋭機ボーイングB787だ!
ああ、やっと念願の最新鋭機に乗れる!(笑)

そして、飛行機に乗ったらやっぱり楽しみなのが機内食!




アムステルダム発のKLM便では定評のある和食をチョイス。
KLM867便の和食メニューは炊き込みご飯とすき焼き…いや、肉じゃがにも見えるな?


そして関空到着前の朝食はオムレツ
ちょっとソースが濃厚過ぎたかな。

朝こそサッパリした和食を食べたいと思うのは、僕がもう若くないせいだろうか…

その10:2つの関空特急 「ラピート」と「はるか」に続く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加