読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく生活したいですね!

映画・海街diary

2015年07月22日 | 映画(国内)

 

2015年 日本

 

鎌倉
ある夏の朝、祖父母が遺してくれた古い日本家屋に暮らす、幸(綾瀬はるか)・佳乃(長澤まさみ)・千佳(夏帆)の三姉妹のもとに父の訃報が届きます
15年前、父は家族を捨てて出て行き、母(大竹しのぶ)もその後再婚して今は札幌に暮らしており鎌倉に戻ってくることはありません
父の葬儀で山形を訪れた三姉妹は中学生の腹違いの妹・すず(広瀬すず)と出会います
葬儀を終えて駅のホームで見送るすずに「鎌倉で一緒に暮らさない?」と声をかける幸
暫し迷ったすずでしたが「行きます」と動き出した列車に大きく手を振ります
そして、秋になりすずが引っ越してきて、四姉妹の生活は穏やかに始まります

 

幸たち三姉妹はすずの存在を通して許せない父や母をどうやって受容れていくのでしょう
自分が産まれたことで誰かを傷つけたと知ったすずは自らの生をどうやって肯定していくのでしょう

 

四人が本当の意味で姉妹になり、家族になっていく一年を鎌倉の美しい風景と共に描いていきます

 

物語の中心にいるのは幸とすず
その傍に佳乃と千佳
そして、その周囲にいる大人たち

リリー・フランキーさん、堤真一さん、加瀬亮さんなど男性陣は、四姉妹や大竹しのぶさん、樹木希林さん、風吹ジュンさんら女性陣の引き立て役でしたね

 

若い女優さんたちの姿勢の良さに惚れ惚れしました
しみじみと心に沁みる台詞やシーンがたくさんありました

 

カンヌでは無冠でしたが、これは良い映画ですね~
何度も観たいと思える作品です

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7/19 入り待ち | トップ | 小路幸也「猫と妻と暮らす ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
海街diary (Akira's VOICE)
親切で優しくて心地のいい世界観。好き!!  
海街diary (あーうぃ だにぇっと)
海街diary@東宝試写室
『海街diary』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「海街diary」□監督・脚本 是枝裕和□原作 吉田秋生□キャスト 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、樹木希林、風吹ジュン       堤 真一、大竹しのぶ、加瀬 亮、鈴木亮平、前田旺志郎■鑑賞日 6月14日(日)■劇場 ...
4姉妹がそこで暮らす (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「海街diary」を鑑賞しました。 鎌倉で暮らす、幸、佳乃、千佳の3姉妹。そんな彼女たちのもとに15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届く。 葬儀で父と他の女性の間に生まれた異母妹すずと対面、そこで鎌倉で一緒に暮らさないかと...
海街diary~設定の不自然救う女優陣 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。英題:Our Little Sister。吉田秋生原作、是枝裕和監督。綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、大竹しのぶ、堤真一、加瀬亮、風吹ジュン、リリー・フランキー、前田旺志 ...
海街diary (映画的・絵画的・音楽的)
 『海街diary』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本年のカンヌ国際映画祭に出品された作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭場面は、ベッドで眠っている若い男と女。  そこに電話が。  メッセージを読んだ女(次女の佳乃:長澤まさみ)....
映画「海街diary」 (FREE TIME)
映画「海街diary」を鑑賞しました。
海街diary/綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず (カノンな日々)
吉田秋生さんの同名コミックを原作に是枝裕和監督が映画化した海の見える街で暮らす個性的な4姉妹と周囲の人々との交流と家族の絆を描いていくヒューマンドラマです。 出演はその ...
海街diary (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(11) 制作段階から絶対観たい映画だったその理由とは
映画「海街diary」を観ました!!(2015-04) (馬球1964)
映画「海街diary」を観ました!!
幸せって何気ない日常のなかにあるのかも。~海街diary~ (ペパーミントの魔術師)
美人4姉妹なだけでも満足するひとはする・・・ヾ(・∀・;)オイオイ Twitterでもちょこっと書きましたが、長澤まさみの足がなが~~~い。 広瀬すずがなにげにサッカーうま~~い。 完全になごみ系のほわほわ役にされちゃった感の夏帆さんにほっとする。 リアルではい...
海街diary (そーれりぽーと)
是枝裕和監督最新作、『海街diary』を観てきました。 ★★★★★ 親の離婚や、家出、死別に振り回され続けても、強い絆で結ばれ、助け合って暮らす四姉妹の様子が、日本の四季を背景に、美しく、ハートウォーミングに描かれている。 振り回した親たちに対する思いは、実...
海街diary・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
そして、姉妹になる。 吉田秋生の同名漫画を原作とした、リリカルなヒューマンドラマ。 鎌倉の古い家に暮らす三姉妹は、父が亡くなり身寄りがいなくなってしまった異母妹を迎え入れ、新たに四姉妹として生活をスタートする。 是枝裕和監督は、山と海の街、鎌倉・湘南...
奇蹟の四姉妹~『海街diary』 (真紅のthinkingdays)
 鎌倉の古い一軒家に住む三姉妹、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳 (夏帆)の元に、15年前に家を出た父の訃報がもたらされる。葬儀の席で彼女た ちを待っていたのは、初めて逢う異母妹・すず(広瀬すず)だった。  マンガ大賞受賞作である吉田秋生の...
海街diary (信州諏訪発気まぐれ親父のブログ)
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/93891454b65fbdb1f29d09cd201f6ef7/56腹違いの家族をテーマにした作品ですね。豪華な4人のキャストが話題でもあるので是非見たかった作品です 原作は未読ですが、四人姉妹の「綾瀬はるか」さんと「長澤まさみ」さんの姉妹ってどう?....
海街diary (映画の話でコーヒーブレイク)
家族をテーマにした是枝監督話題の作品。 原作は吉田秋生さんの人気コミックスなんですね。 父とは?母とは?家族とは?「家庭の崩壊と再生」を問いかけ続ける是枝監督。 今回は父の死をきっかけに、残された娘たちの葛藤とそれぞれの成長を描く。    ******...
『海街diary』 (こねたみっくす)
生きているものはみんな手間がかかる。でもその手間が愛おしい。 これは死を通して生きるということや家族というものを描いてきた是枝裕和監督の集大成ともいえる素晴らしい作品 ...
「海街diary」☆ピュアな心で不浄を浄化 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
眩しすぎるっ☆ 純粋で無垢なすずが、可愛くて健気で、愛おしくなる。 そこにいていいんだよ☆と優しく肩にてをかけてもらって、透明でピュアでまっすぐな清い心が、全ての不浄な心を洗い流してくれる作品。それは『あさはかな優しさ』さえも。
「海街diary」 描写の余白 (はらやんの映画徒然草)
このところこの作品の番宣がとても多いので、少々食傷気味ではあったのですが、是枝監
海街diary (勝手に映画評)
『そして父になる』の是枝裕和監督の最新作。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出展作品。 綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆・広瀬すずと、これだけの美女が4姉妹を演じています。しかも、単に美女を揃えただけだとアイドル映画にもなりがちですが、そこは是...
『海街diary』舞台挨拶@TOHOシネマズ日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
吉田秋生原作、第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品・映画『海街diary』の初日舞台挨拶が、6/13(土)TOHOシネマズ日劇スクリーン2で行われた。登壇したのは、綾 ...
映画『海街diary』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
りんこちゃんと久しぶりの映画デート。 ランチして、映画を観て、お茶して~ ランチしながら、近況報告会。 お茶しながらは、
「海街diary」4人で同居した先にみた家族になるためには時間と精神的な成長が必要だという現実 (オールマイティにコメンテート)
「海街diary」は離婚して離れた父が突然他界し、残された3姉妹と腹違いの妹が4人で同じ屋根の下に暮らして家族になるまでの1年間を描いたストーリーである。今の時代離婚して再 ...
『海街diary』を109シネマズ木場3で、『マッドマックス怒りのデス・ロード』をトーホーシネマズ六本木4と立川シネマ2aで... (ふじき78の死屍累々映画日記)
未レビュー撲滅運動対象記事。 時間のかかるTBとかもできるだけ避けてガンガン飛ばしたい。 ◆『海街diary』 五つ星評価で【★★★★「これが癒しだ!」と叩きつけられ ...
海街diary (のほほん便り)
原作は、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、マンガ大賞2013受賞。の吉田秋生による漫画作品。 評判を聞いて、観てみたのですが、後で「是枝作品」と知り、大いに納得したのでした。 キャスティングが、とてもハマっていて、目の保養。そして、舞台となっ...
映画評「海街diary」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・是枝裕和 ネタバレあり