読書と映画とガーデニング

読書&映画&ウォーキング&落語&野球などなど、楽しく生活したいですね!

映画・蜩ノ記

2014年10月08日 | 映画(国内)

 

2014年 日本
原作 葉室麟「蜩ノ記」

 

 

ある罪で十年後の夏に切腹を命じられ、不条理な運命にある戸田秋谷(役所広司)
彼は、いよいよ三年後に迫った切腹までに藩史の編纂を仕上げるよう命じられ、その作業の過程で藩の重大な秘密を握っていた
そして、彼の監視役として派遣される檀野庄三郎(岡田准一)
秋谷に不信を抱いていた庄三郎が、切腹に追い込まれた事件の真相を知り、彼の人としての気高い生き方に触れて成長する師弟愛、秋谷とその妻・織江(原田美枝子)との温かな夫婦愛や家族愛、庄三郎と秋谷の娘・薫(堀北真希)との恋、そして人間同士の崇高な絆が描かれる

 

 

十年という期限を切られた人生を濃密に生きる武士と、一緒に暮らせる残り少ない日々を大切に大切にする家族の姿は、生に執着し余分なものを持ちすぎ不平不満の尽きない現代の日本人からすると、美しく清々しくさえ見えるのではないでしょうか

 

原作は勿論良かったですが、本作もホント良かった!
原作では最後の最後になって泣かされた覚えがありましたので、映画も同様かと思いつつスクリーンを観ておりましたが、まぁ途中何度ウルウルきたことか
役所さんと原田さんにやられました
自宅だったらボロボロ涙を流しながらの観賞となること間違いなしです
帰宅後、本棚から引っ張り出して最後の1頁を読み返し、また胸に迫るものがありました
(映画のラストとは違います)

 

岡田さんは、軍師官兵衛のイメージが少々邪魔をしましたが、若き青年武士を熱演されていました
けど、好みの問題でしょうが堀北さんはどうかなぁ?

 

監督/脚本は小泉堯史さん
直球勝負、安心して観ていられます

 

音楽は加古隆さん
「蜩ノ記 オリジナル・サウンドトラック」

美しいメロディラインに映画の様々なシーンが甦ります
聴くだけで涙が滲んできそうです

 

 

良い映画を観ました

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋晴れ | トップ | 映画・ミリオンダラー・アーム »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たんぽぽ)
2014-10-14 20:22:37
原作のイメージそのまま、凛とした美しさを感じさせる作品。
けれど、私、何故か作品世界に浸ることができず・・・、自分でも困惑しています。
まあ、たまたまそういう気分だったということにしておきましょう。
岡田准一さんは、ちょうどいま放送しているあたりの年齢の軍師官兵衛の方がステキのように思えました♡
たんぽぽさん (こに)
2014-10-15 08:19:20
そうそう
気分しだいで感想も変わるものです。
後日鑑賞したらまた何か違うものが心に残ったりして。

岡田さんの実年齢と庄三郎では差がありすぎましたね。
一生懸命演じておられるのは認めますケド。

現代日本社会とあまりにも違う武家社会の理不尽さえも受け入れる潔さへの憧れも「武士の一分」あたりまででしたでしょうか。
映画を観て原作を再読中 (narkejp)
2014-10-17 05:40:13
ようやく映画「蜩ノ記」を観ることができました。なかなか良かったです。映像の美しさは、格別でした。もう一度、原作を読み返しています。
藤沢周平 (こに)
2014-10-17 16:00:01
トラバありがとうございます。

ところどころ藤沢周平作品を思い出しながらの観賞でした。
色々不評もあるようですが「たそがれ清兵衛」が大好きだという方と本作について話が弾みました。
数シーンでも心に残るものがあれば、全体もOKにしてしまう自分です(汗)
遠野で撮影されたという農村風景、美しかったですね。
今も加古隆さんのCDを聴きながら思い出しています♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
蜩ノ記 (Akira's VOICE)
鉄板を堪能できる時代劇。  
『蜩ノ記』 2014年9月10日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『蜩ノ記』 を試写会で鑑賞しました。 完成披露試写会とチャリティ試写会の両方が六本木ヒルズで行われた訳ですが 完成披露試写会はどうやらスクリーン2でチャリティはスクリーン7でした。 私はスクリーン7で鑑賞しました。 この試写会には、皇后美智子様、役所広司...
蜩ノ記〜それでも拙者は切腹する (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。葉室麟原作、小泉堯史監督。役所広司、岡田准一、堀北真希、原田美枝子、青木崇高、寺島しのぶ、三船史郎、井川比佐志、串田和美、吉田晴登。「柘榴坂の仇討」は13年 ...
『蜩ノ記』 (2014) (相木悟の映画評)
高潔なる本格時代劇のお目見えとなる筈が…?! 若者を集客する娯楽作から年配層好みの激渋作まで賑わいをみせている時代劇。そんな中、正統派はコレだ!と突きつける真打登場となる筈だったのだが…。 本作は、黒澤明監督の遺伝子を受け継ぐ愛弟子、小泉堯史監督作品...
蜩ノ記 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
直木賞作家の葉室麟のベストセラー小説を、『雨あがる』『博士の愛した数式』の小泉堯史監督が映画化した人間ドラマ。無実の罪で3年後に切腹を控える武士の監視を命じられた青年武士が、その崇高な生きざまを知り成長していく姿を師弟の絆や家族愛、夫婦愛を交えて描き出....
『蜩の記』 (こねたみっくす)
武士としてどう生きるべきか。 これは構成以外に関しては実に美しい映画でした。四季折々の風景、役者陣の所作、武士としての気高き想い、「パリは燃えているか」でお馴染みの加 ...
[映画『蜩の記』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・観るつもりなく、特別上映の『フレンチコネクション』を目当てに映画館に行ったら、時刻を間違えていて、やむなくこちらを観た。 が、淡々とした話ながらも、何故に、役所広司演じる男が「十年後の切腹を申しつけられるに至ったか?」という謎の提示とともに目が...
映画 「 蜩(ひぐらし)の記 」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
原作は、葉室 麟著の第146回直木賞の受賞作のベストセラー時代小説です。前々回見た 「 るろうに剣心 」 は、コミックが、そして前回は 「 柘榴坂の仇討 」 は、直木賞選考委員の浅田次郎の時代劇小説が、 そして、今回の 「 蜩の記 」 は、浅田次郎氏をして、「これ...
蜩ノ記 (とりあえず、コメントです)
葉室麟著の直木賞受賞作を小泉堯史監督が映画化した時代劇です。 予告編を観て、スクリーンに映し出される静かで美しい佇まいに惹かれました。 四季折々の風景と共に、主人公や家族たちの生き様に胸を打たれるような作品でした。
蜩ノ記 (映画と本の『たんぽぽ館』)
困った・・・(-_-;) * * * * * * * * * * 待ちに待った・・・というべきなのですが、 本作を見る以前に「柘榴坂の仇討」を見て、 少し嫌な予感にとらわれました。 柘榴坂---で描かれていた武士の矜持について、 「ごりっぱ過ぎる」と感じてしまっ....
蜩ノ記  監督/小泉 堯史 (西京極 紫の館)
【出演】  役所 広司  岡田 准一  堀北 真希  原田 美枝子 【ストーリー】 7年前に前例のない事件を起こした戸田秋谷は、藩の歴史をまとめる家譜の編さんを命じられていた。3年後に決められた切腹までの監視役の命を受けた檀野庄三郎は、秋谷一家と共に生活するう....
映画「蜩ノ記」を観る (電網郊外散歩道)
三連休の最終日、妻とともに、映画「蜩ノ記」を観てきました。葉室麟原作の直木賞受賞作品を映画化(*1)したもので、たいへん味わい深く、良い映画を観た、と感じてきました。 羽根藩の右筆である壇野庄三郎は、突然の突風によって隣席の友人の家紋を墨で汚してしまいます...
『蜩ノ記』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「蜩ノ記」□監督 小泉堯史□脚本 小泉堯史、古田求製、作市川南、田村明彦□原作 葉室 麟□キャスト 役所広司、岡田准一、堀北真希、原田美枝子、青木崇高、       寺島しのぶ、三船史郎、井川比佐志、串田和美■鑑賞日10月...
<蜩ノ記 試写会> (夢色)
公開前なので、念押しして、ネタバレ注意!です。単に感想だけ連ねてますが。今回は役所さんが主役で、岡田くんは官兵衛とはまた違う とても若いというか青いという感じの侍、の役でした。初々しかった!堀北真希ちゃんも、とっても可憐で、着物姿が良く似合う普段の演技...
映画『蜩の記』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
ピンクの年賀状の残りハガキ うさぎ柄の2円切手を貼って応募した甲斐があり 試写会に招待していただくことが出来ました。  
蜩ノ記 (映画好きパパの鑑賞日記)
 古き良き侍の精神をよく映し出した作品だと思います。映像も美しく、善も悪も飲み込むのか、義を貫くのか、人としての正義を考えさせられる作品。でも、感想をみると、特攻の美化につながるとかとんでもないことを書いてあってびっくり。文化の断絶がこんなに深刻なので...
『蜩の記』をトーホーシネマズ日本橋9で観て、ジャンプ的ではないふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★とても美しい映画であるとは思う】   映画の中に展開する四季折々の風景や、清廉潔白である武士の人柄など、とても美しい映画。だが、待て。これを娯楽映 ...
映画「蜩ノ記」 (FREE TIME)
映画「蜩ノ記」を鑑賞しました。
蜩ノ記 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
蜩ノ記 '14:日本 ◆監督:小泉堯史「明日への遺言」「博士の愛した数式」 ◆出演:役所広司、岡田准一、堀北真希、原田美枝子、青木崇高、寺島しのぶ、三船史郎、井川比佐志、串田和美、吉田晴登 ◆STORY◆7年前に前例のない事件を起こした戸田秋谷(役所広司)は...
映画 『蜩ノ記』 (こみち)
JUGEMテーマ:邦画     映画館で見ようと思っていて、見逃した作品に   また出会うとは、ちょっと得をした気分になりました。        あの世まで持って行かなくてはならない真...
蜩ノ記(ひぐらしのき) (のほほん便り)
いろいろな意味で、美しい映画でした。それぞれの、生きる姿勢というか、心根の持ちようといい、映像といい、キャスティングといい… 第146回直木賞を受賞した葉室麟の小説を、「雨あがる」「博士の愛した数式」の小泉堯史監督のメガホンで映画化した時代劇。 「派...