読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく生活したいですね!

映画・東ベルリンから来た女

2013年02月11日 | 映画(海外)

 

2012年 ドイツ

原題 Barbara

 

 

まだ東西ドイツが分裂していた時代

東ベルリンの大病院に勤務していたが、西ドイツへの出国を望んだため拘留されバルト海沿岸の田舎町の病院へ飛ばされた医師バルバラ(ニーナ・ホス)

この町で彼女は秘密警察の監視下に置かれ、数時間「行方不明」になるだけで家宅捜索ばかりか全裸にされたうえ屈辱的な身体検査まで受けなければいけない暮らしを強いられている

勤務先の同僚とは打解けようとしないバルバラだったが、患者に対しては誠意を尽くし献身的な治療を施す

一方、西側に住む恋人の協力で着々と東側からの脱出計画を進めており、孤独にも耐えうる強さを持っている

 

 

序盤でのバルバラのスパイ活動のような行動の理由がよくわからず、この映画はハードボイルドなのか、スリリングでミステリアスな展開に惹きこまれ、気づけば映画が終わっていた感じでした

 

 

東側の体制下、権力によって人の尊厳が軽視される様子を生々しく描いています

最後にバルバラが下した決断が一人の少女の人生を変えることが出来たはず、そしてバルバラのその後の人生が人を信じることで少しでも穏やかなものであってくれたら、と思いました

 

 

終盤になってやっとバルバラの笑顔が見られるようになります

彼女、こんな歯並びだったんだ、と思って初めてそれまで笑顔のシーンがなかったことに気づきました

 

ニーナ・ホスの凛としてクールな演技に釘付けになりました

さらに、すらりとした肢体と美貌、特に首筋からデコルテの美しさは惚れ惚れするほどでした

自転車に乗っているシーンも、楽しいサイクリングではないのですがカッコ良くて素敵です

 

 

「マリーゴルドホテル~」かこちらか迷いましたが

こちらを選択して良かったです

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 皆川博子「光源氏殺人事件」 | トップ | 山本一力「いっぽん桜」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「クールな演技」 (rose_chocolat)
2013-03-05 17:02:46
こちらのブログにコメントありがとうございました。

私も『マリーゴールド・・』 とだったらこちらの方が断然好きです。
静かな中にもきちんと主張している点がいいですね。
やたらうるさくて、饒舌な作品が多い中、本作のような映画に出会うと、こういうのがもっと観たい、と思ってしまいます。
roseさん (こに)
2013-03-05 17:20:28
「マリーゴールド~」
未だ観ておらず上映終了かなぁ。
少子高齢化社会が反映されているのか、お年寄りが主人公の映画が増えてきて、今はそういうのとは少し距離を置きたいな、と考えています。


笑顔 (latifa)
2014-07-10 12:18:52
こにさん、こんにちは
私も彼女が笑ったシーンは、はっ!となりました。
とても歯並びが美しく、笑顔の綺麗な人だったんだ・・・って。
凄く好みの映画でした。
カッコいい選択をした彼女に幸あれ!
latifaさん (こに)
2014-07-10 13:51:25
バルバラ、カッコイイ女性でしたねぇ。
その割に恋人が冴えない雰囲気でしたが、ま、それは置いといて(^_^;)

彼女にどんな未来が待っているかわかりませんが、少なくとも医師として選択すべき道を選んだことに後悔は無いでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
東ベルリンから来た女 (佐藤秀の徒然幻視録)
華氏と摂氏の“温度差” 公式サイト。ドイツ映画。英題:Barbara。クリスティアン・ペツォールト監督、ニーナ・ホス、ロナルト・ツェアフェルト、ライナー・ボック、ヤスナ・フリッツ ...
「東ベルリンから来た女」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Barbara」2012/ドイツ バルバラに「イェラ/2007」のニーナ・ホス。 アンドレにロナルト・ツェアフェルト。 秘密警察のシュッツに「白いリボン/2009」「ミケランジェロの暗号/2010」「アンノウン/2011」「戦火の馬/2011」のライナー・ボック。 少女ステラに...
東ベルリンから来た女 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
愛と自由の狭間で揺れるヒロインの生き様をサスペンスフルに描く「東ベルリンから来た女」。硬質の美貌のニーナ・ホスの秘めた情熱が魅力的だ。1980年、東ドイツ。田舎町の病院にバ ...
『東ベルリンから来た女』 (2012) / ドイツ (Nice One!! @goo)
原題:  BARBARA 監督: クリスティアン・ペッツォルト 出演: ニーナ・ホス 、ロナルト・ツェアフェルト 、ヤスナ・フリッツィー・バウアー 観賞劇場: Bunkamura ル・シネマ 映画『東ベルリンから来た女』公式サイトはこちら。 <あらすじ> 1980年、夏。旧....
「東ベルリンから来た女」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
女性として、医師として。 ラタトゥユ。 土曜日の夜。
「東ベルリンから来た女」 (ここなつ映画レビュー)
クリスティアン・ペッォルト監督の「幻影三部作」の第一部にあたるこの作品。淡々とした流れの中にも独特な緊張感、ヨーロッパ映画らしい雰囲気があり、私の好きなテイストです。 自転車。風のある風景。当局の管理下に置かれたある種の囚われ人特有の殺風景な部屋。...
「東ベルリンから来た女」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
凄く好みの映画でした。4つ★半~5つ★