読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく生活したいですね!

映画・FRANK-フランク-

2014年10月18日 | 映画(海外)

 

原題 FRANK
2014年 イギリス・アイルランド合作

 

 

ミュージシャンになることを夢見て曲作りに励むジョン(ドーナル・グリーソン)
ひょんなことからインディー・バンド『ソロンフォルブス』にキーボード奏者として参加することになります
バンドの中心にいるのは巨大な張りぼてのマスクを被って絶叫するカリスマ・ミュージシャンのフランク(マイケル・ファスベンダー)
他にはフランクの良き理解者のクララ(マギー・ギレンホール)、ドラムスのナナ(カーラ・アザール)、ギターのバラク(フランソワ・シヴィル)、マネージャーのドン(スクート・マクネイリー)ら一癖も二癖もある面々ばかり
アイルランドの人里離れた湖畔の小屋で始まったバンドのニューアルバムのレコーディングに参加したジョンはバンドのメンバーに受け入れられようと努力はしますが、なかなかうまくいきません
新曲を作って聴いてもらってもクソ扱い
そんな時にフランクがかけてくれた言葉に勇気づけられ、ますますフランクに心酔するジョンでした
アメリカ・カンザス州出身ということ以外、年齢も苗字も不明、寝る時も食事する時もシャワーを浴びる時でさえマスクを外さないフランクの素顔を知りたいジョンは、ドンやクララに尋ねますが答えはもらえずどうやら触れるべきではないデリケートな問題の様です

レコーディングの様子を密かにネット上にアップしていたジョン
それを見た、アメリカ・テキサス州で開催される音楽コンベンションの担当者から声が掛かります
もっと有名になるべきだと考えるジョンと異議を唱えるクララたち
結局、テキサスに向かいライヴで歌うことにしたメンバーたちでしたが、本番を前に不協和音が大きくなりライヴどころではなくなってしまうのでした
バンドメンバーは離散
ライヴに失敗し二人だけになったフランクとジョン
ボロボロになったマスクを外せ、とジョンに迫られモーテルを飛び出したフランクは車にはねられてしまいます
幸い命に別状はなかったようですが、壊れたマスクを残し行方知れずになったフランク
大きな責任を感じたジョンはフランクを探しアメリカ中部を走り回ります

 

映画館でもらったのはフランクの缶バッジ
可笑しい…
スクリーン入口近くにはフランクの人形が飾ってあったり、名古屋市内各所で撮影されたフランクの写真が貼ってありました
映画を観る前には、それらは微笑ましく可笑しかったのですが、観た後では
哀しい…

 

フランクのマスクに表情は無いはずですが、シーンによって感情がうかがえるのが不思議
マイケル・ファスベンダーの『身体の表現力』でしょうか
最後に聴かせてくれる物悲しい歌声も素敵でした

 

分類すればコメディ映画ですが、笑いだけに終わらず現実の厳しさや苦しさも描いた良作だと思います
エンドロールが全て終わるまで誰も席を立たなかったのは嬉しかった!

 

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画・悪童日記 | トップ | チャールズ・ディケンズ「二都物... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
FRANK -フランク- (佐藤秀の徒然幻視録)
生きることの困難をそのままハリボテ処理したような 公式サイト。原題:Frank。イギリス=アイルランド。ジョン・ロンソン原作、レニー・アブラハムソン監督。マイケル・ファスベン ...
FRANK -フランク-/FRANK (我想一個人映画美的女人blog)
マイケル・ファスベンダーが、かぶり物を絶対とらない実在のバンドマンに扮する ということへの興味だけで気になってたこの作品。 イギリスのコメディ(笑い)って、個人的にはあまりウケないのが多いんだけど。 コメディだと思ったら、自分の中の心の病からかぶ...
『FRANK -フランク-』 (2014) (相木悟の映画評)
仮面が訴えるホロにがバンド・ムービー! 一見、奇抜なインパクトをうけるも、その実、直球に胸をえぐる青春映画であった。 本作は、『アダムとポール』(04)、『ジョジーの修理工場』(07)と、国際的に高評価をうけてきたアイルランド人レニー・アブラハムソン....
『FRANK フランク』 (beatitude)
ミュージシャンを目指すジョン(ドーナル・グリーソン)が加入することになったバンドのリーダーは、常におかしな被り物を装着したフランク(マイケル・ファスベンダー)という男だった。フランクは奇妙な出で立ちではあるもののメンバーからの信頼を集めており、破天荒で...
FRANK -フランク- ★★.5 (パピとママ映画のblog)
『X-MEN』シリーズや『それでも夜は明ける』などのマイケル・ファスベンダーが、かぶり物をしたバンドマンにふんしたコメディードラマ。イギリスのコメディアン、フランク・サイドボトムをモデルに、演奏中はもちろん、どんなときでもかぶり物をかたくなに脱がないバンド....
マスクマン~『FRANK -フランク-』 (真紅のthinkingdays)
 FRANK  ミュージシャンを夢見て日々曲作りをしながら、実家暮らしの冴えない会社 員生活を送る青年ジョン(ドーナル・グリーソン)は、偶然の出逢いから 「ソ ロンフォルブス」 という発音しにくい名前の、エキセントリックなバンドに参加 する...
FRANK -フランク- (だらだら無気力ブログ!)
う~ん、期待してた感じの面白味はなかったかな。
FRANK フランク (いやいやえん)
【概略】 イギリス人青年・ジョンは、巨大な張りぼてのマスクを被るカリスマミュージシャン・フランクのバンドに加入することになるが…。 コメディ・ドラマ コメディというか…ドラマというか…。 とにかく痛々しい話です。 マイケル・ファスベンダーが決して...