シニアー個人旅行のかわら版

国内・海外旅行の話題を中心に、アップデートな情報とともに、シニアーのための手作り旅行を発信する。

あなたなら買いますか・・・湯沢の中古リゾートマンション

2008-06-19 18:25:32 | Weblog
 海抜1,500メートルの蓼科高原で蕗採りを楽しみました。
親戚の別荘に招待され、梅雨の合間の快晴の高原で、自然を思う存分楽しみました。
夜は、東京で見ることができない星空を見上げ、太い薪が燃える暖炉を囲んで、都会の喧騒を忘れました。
早朝の散策を楽しみましたが、あちらこちらで雨戸を開ける音が、小鳥のさえずり声の中に聞こえました。
売家の看板を掲げた別荘もありましたので、何気なく管理センターをのぞいてみると、2,000万から3,000万円・・・高嶺の花です。

6月7日(土曜日)の朝日新聞夕刊の社会面トップ記事は「バブル遺産で団塊ライフ」でした。バブル期から10分の1の価格になった新潟県湯沢町のリゾートマンションを290万円で購入、スキーや山菜採りを楽しむ方が紹介されていました。
温泉やプール付きで、軽井沢や箱根に比べて低価格なマンション、東京からの利便性もよく、苗場などのスキー場が豊富なのが魅力的」「再び光が当たりつつある」と湯沢町のリゾートマンションを紹介する魅力的な文面が並んでいました。

 一昨年、私もその安さに惹かれ、購入を真剣に考えて、湯沢に2度出かけました。

 2月、スキーシーズンに、苗場のスキー場のホテルのレストランで夕食をとりながらから周辺の林立するマンション群を眺めましたが、平日の夜であったことを差し引いても、灯りが付いている部屋は僅か・・・黒々と建っているマンションに異様な印象を受けました。

 6月、新緑の三国峠を越えて下った苗場スキー場周辺は閑散としています。数少ない店も休業、ゴーストタウンのような静かさです。その先の田代ロープウエイの駐車場は三分の一くらい、車が駐車していました。上にのぼり苗場山の残雪の風景を楽しむのでしょう。
 湯沢の不動産会社で尋ねると、夏場のリゾートマンションは冷房の施設に難点があるとのことでした。

 そんな時、湯沢町の広報誌に差し押さえ物件の競売公告を目にしました。僅か35万円です。しかしよく読んでみると、固定資産税の滞納が200万円あり、それを立替えなければなりません。税金を滞納するくらいですから、積立金、管理費などは当然未納であったでしょう。購入した方には管理組合から思わぬ請求があったかもしれません。

 朝日新聞の記事でも「13億円に上る固定資産税の滞納が湯沢町の悩み」とのこと・・・使わなくなったマンションを持て余している実態が透けて見えます。割高といわれる管理費の未納も膨大になれば、居住者の快適なマンション生活が設備面で保障されなくなる恐れもあります。また、管理費に比べて、抑え気味に設定されている積立金の少なさは、将来の修繕、建て替えに暗い影を落としています。
 
 購入を考えて2年前にリストアップした10の物件の内、ネット上から削除されたのは2件のみ、売り物件ばかりで買い手がほとんどいないという状況が大きく変わったようには思われません。国土交通省の「2地域居住者」という言葉にのせられて、購入したけれども、やがて使わなくなったからといって処分しようにも、売るに売れない状況が続き、固定資産税と管理費・積立金だけが積みあがるということにもなりかねません。

 もう一つの問題があります。遺産相続時に、「リゾートマンションだけは要らない」と子供が考えても、リゾートマンションだけを相続放棄できないのです。他に相続する財産がなければ別ですが、リゾートマンションを所有するくらいの余裕のあるご家庭では、少なからずの資産があるはずです。
 法人なら、会社清算時に一括処理できますが、個人ではそうはいきません。まさに’ババを引く’ことがないように熟慮したいものです。

 3,000戸足らずの町に15,000戸のリゾートマンション群・・・町の将来のビジョンを描くことなく、営利だけを追求したバブル期の負の遺産が現在の姿ではないでしょうか。
 北海道のニセコや長野の白馬のように、海外からのスキー客がどっと押し寄せて来て、以前の賑わいをリゾートマンションが取り戻してくれることを祈るばかりです。


関連ブログ

「北越雪譜」を読んで苗場山に登る
「秘境秋山郷と草津温泉を結ぶドライブルート


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フランス道路地図を読み解く | トップ | 南会津への旅ー登山、スキー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。