「こ・と・ば」

社員と家族とお客様に毎日監視されている稚拙なブログ

12月2日

2016-12-06 | ことば

12/2
秋田幹部会は219回目。
幹部の報告から、社員みんなが成長しているのを感じる。
過去の秋田事業所と比較すると想像できない。
嬉しい。



じゃんけんが強いマネージャー
ニコニコ・ワクワク人生。


この日は次女の19回目の誕生日。
陛下(妻)と長男が手作りケーキでお祝いしたと報告がきた。
こちらも嬉しかった。


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月の休日 続

2016-12-05 | ことば

12/4休日 続編
花巻市 高村光太郎記念館。
実は初。


晩年に住んだ住居が保存されている。


行って見ないとわからない。
なるほど、この人がいなければ、もしかしたら宮沢賢治も世には出なかったかもしれない。


そこで宮沢賢治記念館、こちらも実は初。
隣町でも知らないことがある。


宮沢賢治といえば銀河鉄道の夜。
イメージにある、花巻市宮守(旧宮守村)の眼鏡橋へ移動。
宮守と言えばワサビ。
生ワサビを購入。

ワサビと言えば、刺身。
なので帰りに買ってアルコール消毒した。



ストレスフリーなとても良い休日を過ごした。
連休は久しぶり。


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

-1℃でも

2016-12-04 | ことば


またまた、冬キャンプ。
昨日の日中最高気温8℃、夜には2℃まで下がりましたが風が無く穏やかな夜でした。

ガスコンロを持って行ってホットワインと美味しいソーセージを。
冬の月と夜空の星もご馳走。
シェラフに湯たんぽでグッスリ寝られました。








朝は-1℃でしたが先日の大荒れの天気に比べれば暖かい。
撤収時も風が無くスムーズに。
半田屋に行って朝ごはん(笑)
今温泉に入ってきたばかり。
時間まだ9:00。
今日も天気が良くまだまだ十分楽しめそうです。


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

捨てる決定

2016-12-03 | ことば
東京で、ある社長と打ち合わせに行った時に感じたこと。

【敵は時代】

2ヶ月前と違う所を見ていた。
そして、やらない事を決めて仕事を捨てていた。

若い経営者は怖い。
同業者でなく良かったと思った(笑)


その後同行していた社員と打ち合わせをして、我が社もある事を捨てると決めた。
また変わる。
みんな捨てられない。
捨てて結果が出ることに変えられない。

方針変更してすぐに行動に移す社員をみて改めて社員教育の大切さに気づく。


東京も簡単に日帰りできる時代


【時代】0585
世の中は相対的なものです。弱い会社から強い会社を見ると、バカに強く見える。だが上には上があるもので、印象はあてにならない。どんな大会社も、二まわり若い会社には勝てない。次々にシェアを奪われていく。大会社が弱くなったのではなく、よりよき環境に育った若い会社が強くなったということです。
(CCCメディアハウス 小山昇著『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載)

「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幹部の基準

2016-12-02 | ことば

本社営業部幹部会は218回目。
とは言っても2名のみ。
しかも入社4年目と2年目です。

幹部は入社歴は関係ありません。
社長の決定を実行できる人が幹部というのが我が社のルールです。

若いということは躊躇うことではなく抜擢するチャンス。
さらに飛躍してほしいです。


この間調べたら、驚くことに主任以上の幹部で55%は女性幹部です。
男性が弱いということではなく、生存率に比例してきたということでしょうか。
女性が元気だと会社は明るい。


【幹部の基準】0273
役員:社長の方針を1日で実行する人。
部長:社長の方針を1週間で実行する人。
課長:社長の方針を1ヶ月で実行する人。
ヒラ社員:社長の方針をなかなか実行しない人。
(CCCコミュニケーションズ 小山昇著『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載)

「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京で体を使って心を磨く

2016-12-01 | ことば

2017内定者研修、オブザーバーの新入社員から報告が来ました。


基本的なビジネスマナーを。
これ以外に環境整備の講演も聞く。


東京の某公園


素手で。。。


そのうち懸命になる。


目は臆病、手は勇気。
素手で磨けば心もトイレもピカピカ。

先輩たちもみんなやってきた。
こんな体験する内定者はいない。
もちろんそんなことをさせる社長も稀です(笑)


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

止めると入る

2016-11-30 | ことば
月曜日は退院1ヶ月後の定期検査。
胃カメラとCTスキャンの検査で、異常なく順調に回復らしい。
胃カメラは何回やっても好きにはなれませんね(笑)

歳を重ねたら、体に不具合が生じるのは当然。
今回はやり方を変える大きなチャンスでした。

変化で一番効果があるのは「止めること(捨てること)」
数字で言えばゼロ以外の3とか5とかが0(ゼロ)になる。

止める事でやる事に特化できる。
いわゆる【選択と集中】

チョット違う世界が見え出した。




【疲れる】0952
仕事をする上で明確な目標がないからです
(CCCメディアハウス 小山昇著『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載)

「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そうらしい

2016-11-29 | ことば
入社して初日、1週間と上司と面談します。
普通は入ったばかりの社員は疑問に思っても、話すことも聞いてもらうこともありません。
だから困っていることなどを上司が聞くという仕組みです。


我が社の経営計画書に教育に関する方針にはこうあります。
2.新人教育
(2)教える人は「さっき言ったでしょ」「考えろ」と言ってはいけない。何度も何度も繰り返し教える。

ルールが明確だからその通りやる。
異常なことだそうです。



>
仙台事業所の横山です
本日、入社されました○○さんと入社1日目の面談を行いましたのでご報告致します。
○○さんへ、作業(棚入れ)をしてみての感想を伺ったところ「私、覚えが悪いみたいです。何回も何回も同じことを聞いてしまって...。皆さんにご迷惑かけてしまっています。
最初に聞いていた通り、何度同じことを聞いても誰もさっき言ったでしょ、という人はいなく毎回親切に教えてくれてびっくりしました。
ハンディも、まだ全然で...。何とか頑張ります。」とのことでした。

今日は、棚入れする商品がなくなった時点で少しずつピッキングの作業の流れを掴んで頂きました。
社員みんなが、とても親切な会社だと驚かれていました。
以上です。


【経営計画書】0391
社長としてわが社がどうあるべきか、どうしたいかをまとめたものです。この社長の意図を実現するため、それぞれの立場で実行隊長を務めていただくのが幹部の皆さんの役割です。方針は社長の姿勢です。社内教育の教科書です。
(CCCコミュニケーションズ 小山昇著『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載)

「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厳しい経営を

2016-11-28 | ことば
私にはいろんな先生がいます。


人生の生き方は両親から。

経営の師匠は株式会社武蔵野 小山社長。

仕事上のアドバイスは親友の経営者から。

仕事がうまくいっているかどうかは、お客様と社員から。

健康面など私生活については我が家の陛下(妻)から(笑)


沢山の先生に支えられています。


先日は定期実施している銀行訪問で金融機関の方から教えていただきました。

「昨年と比べて改善している点はどういう点ですか?」
「ここはなぜ成果が出たのですか?」

悪いことばかりではなく良いことついても質問されます。


ある金融機関の方からは
「ダメなことをやめて変化させるのはとても良いことです。どんどんやってください。」と励ましのお言葉をいただきました。
普段、社長はあんまり褒められないので、素直に嬉しかったですね。


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11年

2016-11-27 | ことば


11/25-26 実践経営塾参加。
講義は今回で終了。

ランチェスター戦略を繰り返し学ぶ。
知っているからといって「できる」のではない。

決済の仕組みを導入することも決定した。
創業以来のやり方を捨てる。
会社が変わっているから変更する。

夜は社長同士の懇親会。
ここも勉強になる。
今回も元をとった。

次回は合宿で経営計画作成です。


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加