「こ・と・ば」

社員と家族とお客様に毎日監視されている稚拙なブログ

ツキが変わりました

2016-10-01 | ことば
今回、県立病院に入院していましたが、いろんな学びや気づきがありました。

医師や看護師さんの勤務体系やホスピタリティ。
その勤務体系もかなり過酷です。
また多くの職員、関係者がいる。

大きな気づきとしては病院という組織ではなく看護師さんや医師の個人の善意により医療が支えられているということです。
まるで個人事業主のよう。
我が社の場合は職場ごとにチームで仕事をしていくのが当たり前ですが、病院は個人の役割がはっきりしていて、みんなで作り上げていくというものではないようです。
職場の一体感というのは、このような大きな病院は難しいというより不要だと感じました。

安全に関する事も前回より改善されていて、用具や器具も進歩。
多くの方の努力によって医療が支えられていること改めて気づきました。

まずは今後、病院のお世話にならないようにします。


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不覚

2016-09-30 | ことば


月曜日から病院で遊んでいましたが、無事に本日退院しました。
まさか自分が胃潰瘍とは驚きました。



毎日続けてきたブログを休んだら各方面(?)から連絡が。
「どうした。」と(笑)

社内にも伝えていましたが、逆に社内は引き締まったようです。
まあ社長が入院しようが、いつも会社にはいないので社員からするといつもと同じ。
社員教育の成果です。



まさか?!と思っていたので今回の入院を機にやり方を変更。
大きく変えます。


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

びっくり

2016-09-26 | ことば

先週、総合職入社2年目の社員は私と仙台→東京→秋田でした。
今週も研修で東京。
来週からは新規事業の件でまた東京です。
私より移動が多い。
聞いてびっくりです(笑)


同じ日に入社一年目の社員は東京で内定者研修のオブザーバー。
翌日は2年目の社員と私と秋田。

こんなに入社1年目、2年目の社員が移動して仕事をする会社になるとは思ってもみませんでした。
確かに総合職ということはありますが、入社早々の社員が飛び回っていろんな仕事をこなす会社は珍しいと思います。
若いということは躊躇うことではなく抜擢するチャンスですね。


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋です

2016-09-25 | ことば

休日はまたまた山行。
この日天気もあまりよくなく、こういう困った時は三ツ石山。


山の主がお出迎え?


かなりのガスなので、今日はピークには行かずここで昼食をとって終了。
メインイベントはこれから。


網張国民休暇村 手ぶらでキャンプ開始。
私がキャンプにハマったきっかけはここです。


本当に手ぶらで寝具もある。
手ぶらでキャンプの発祥の地がこの網張だとスタッフから聞く。
先日行った気仙沼大島とは雲泥の差。
ここはすごいです。


準備するのはこれだけ(笑)


昨日は今年二回目の秋田駒ケ岳へ。
いい天気です。


乳頭山(烏帽子山)もくっきり。
三ツ石山も見える。


紅葉もばっちり。


きれい、キレイ、綺麗の言葉しか出ない。


阿弥陀池のテーブルに陣取り、男女岳の正面へ。


今回はこれが目的。
山めしのテスト。
試行錯誤しながらが楽しい。
遊びも仕事も同じ頭です。


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出会い

2016-09-24 | ことば

実践経営塾は参加すると我が社に必ず変化が起きます。
高い参加費なので元を取ろうとしていることもあるが、参加している経営者の価値観が同じだからヒントが盛りだくさん。
先日も懇親を深めている最中、ある社長の言った言葉が忘れられなかった。

わが社もこれで変わります。


 どんな業界にも、斜陽化の危険は必ずある。
 永久に成長し続ける業界はないのだ。もしも業界それ事態が斜陽化してしまえば、いくらその中で頑張ってもダメである。業界としての時期的な消長があり、業界固有の季節変動もある。
 一つの業界に棲みついていたら、それらの影響を100%受けてしまう。まともにこの打撃をうけたら、つぶれないまでも、大幅な業績低下や季節変動による定期的な業績低下を来すのである。この危険をさけるためには、二つ以上の業界にまたがることである。
 「多角化」とは棲みつく業界を多角化していくことである。「内部、つまりは技術は専門化し、外部、つまり市場を多角化する」ということは、どのような会社にとっても、優れた企業の構造の一つの型である。
一倉定





環境整備 50ポイント達成


「あありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

総合職

2016-09-23 | ことば

当社の総合職は大学卒で新卒採用された社員です。
総合職には無理難題、理不尽な思いをさせています。
それはしっかり「玉拾い」させて、「汗」をかかせて成長してもらうためです。


新卒は何も知らないので、教えるのが大変です。
しかし、何も知らないから教えた通りにやります。


素直に実行すると結果が出る。
会社の発展のためにも、どんどんチャレンジしてもらいます。


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下北半島

2016-09-22 | ことば

先日の休日は思い立って、本州最北端、青森県大間町に行ってきました。
日本最北端は行ったけど、本州は無いな。隣の県だし梅雨前線の影響で北の方が天気がいいという単純な理由でした。


5年前に訪れた函館山も五稜郭の展望塔も見えた。
本当に近い。


国設薬研野営場でキャンプ。
沢山のライダーがソロキャンプしていて静かでよい。


我が家の陛下(妻)が気に入った。
しかし、遠いのでそんなにこれません。



翌朝は恐山へ。


今までの勝手なイメージとは違う。



行ってみないとわかりません。
日本は広い。


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

報告書

2016-09-21 | ことば


社員が他の会社に見学(ベンチマーキング)に行くと、報告書の作成提出を義務付けています。
普通は沢山の文章を書くのでしょうが、我が社は写真です。
これは10年前から実施しています。

昔はデジカメで撮るのではなく「写るんです」でした。
この方法は神戸の松尾社長に教えてもらいました。
写るんですはフィルムが27枚で、そのうち24枚を採用する。
現像した写真をA4の紙に3枚貼って、隣にコメントを手書きする。
一回8ページという報告書でした。
つまりアナログです。
デジカメもパソコンも使えない社員・幹部ばかりでしたからこの方法はとても良かった。

今は5ページになりましたが、1ページ3枚の画像は今も変わりません。
これによってみんなデジカメが使えるようになったと記憶しています。

報告書をデジタルデータ転送できますが、あえてアナログにしています。
対象者(事業所従業員など)に回覧。
回覧すると他の社員は見るかというと、あんまり見ません(笑)
でも見られるから報告書は手抜きができません。
育てる仕組みです。


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

整理とは捨てること

2016-09-20 | ことば
私がやらない事や、やめたことがあります。

ずーっとやっていたスキーは6年前にやめました。
ゴルフも一昨年やめました。
タバコも7年前にやめた。
テレビもオンタイムで見ることをやめた。

自社の社員や幹部をダメだというのもやめた(笑)
それから金融機関の集まりには行かない。
(ただし、銀行訪問はやっています)

それから気をつけているのが悪口を言うのをやめた。

やめると新しい事が入ってきます。
良いことも悪いことも繰り返すと上手くなる。
習慣整備の出発点です。


【整理】0791
いる物といらない物を明確にし、いらない物を捨てることです。捨てなければならない時、その大切さがわかるのです。捨てるのが一番難しい。社長(トップ)がいらない物を指示する。捨てる痛みを知る。
(CCCメディアハウス 小山昇著『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載)

「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会社の歴史

2016-09-19 | ことば

 自分は内定者時代(選考中だったかもしれませんが)に北上の創業の地(1Fのオフィス)を見させて頂きました。15年でここまで成長、拠点を増やしたのは本当にすごい事だと思います。営業の置き名刺の方法はずっと行っていたことで、正直名刺ばかり置いて何の意味になるんだ、と思う事もありますがこのように結果が出ているから続けていかなければならないと思いました。
 よく社長が「俺も沢山失敗してんだ」と言いますが、オリエンテーションに出ていない人からしてみれば何をそんなに失敗してきたんだ?と思っていたと思います。ですが今回、赤沢さんから会社の歴史を聞き、改めて自分達がこれから作り上げていかなければならないと思いました。赤沢さん、貴重なお話をありがとうございました。
営業部  佐藤


 私にとって今回のオリエンテーションで、ロジックスサービスの歴史について赤沢さんからお話を聞いたのは初めてでした。設立して15年。私が想像していたよりもずっと大変なことがあったのを初めて知ることが出来ました。
 会社としての初めての売り上げ(利益)が、焼き鳥(の肉)での1000円だったことにはとても驚きました。10円の差がもったいないくらいお金がなかった時期もあったんだなと感じました。いわて生協で7年、コープあきたで2年、契約を取るまで時間がかかり、その間名刺とあいさつに行っていることはうかがっていましたが、そのお話の詳しいところまで聞けたのは、今後の私の営業活動にも、大きな影響となりました。
 安全に厳しく、KYTを行うようになったのも、滝沢事業所のほうで大きな労災があり対処を甘くしてしまったが為に労基から呼び出しがあって倒産に至りそうだったということをお聞きし、社長にも会社に関わるような大きな失敗があったんだなと知ることが出来ました。
 ロジックスサービスの商品は社員と言っていただけているお言葉を裏切らないよう、これから業務にあたりたいと思います。
営業部 高橋


 今回初めてオリエンテーションに参加させて頂きました。赤沢さんのお話では、今まで一度も聞いたことのない話が、いくつも出てきてとても驚きました。
 社長が今のロジックスサービスにするまで、ここまで苦労していたのかと驚きました。立替の際スッと一万円を出している社長が、昔は90円の消しゴムか100円の消しゴムかで迷う所など全く想像できません。また滝沢事業所での労災の失敗談をお聞きしました。労働基準監督から「菊池社長つぶれて下さい。」と言われるなんて自分では想像出来ないほどの辛さだったんだなと思います。
 また「これできる?」と言われてまず返事、毎日毎日訪問するのはやはり結果がちゃんと出ているのだと分かりました。これからも私自身しっかりとお客様に顔を覚えてもらえるように訪問の方繰り返ししていきたいと思いました。
 菊池社長が寝る時間もないほど必死で働きここまでやっと築きあげたのがロジックスサービス。
 そこに入社できて良かったなと思いました。本日は貴重なお話ありがとうございました。
営業部  遠藤





富谷事業所 環境整備50ポイント達成


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加