「こ・と・ば」

社員と家族とお客様に毎日監視されている稚拙なブログ

後から知る

2016-05-27 | ことば


だいぶ前の話になりますが、新入社員から入社時に採用担当者の佐藤さんにサプライズの感謝状を贈ったそうです。浅理さんにも。
先輩に「ありがとう」と言える新入社員は凄いです。我が社初です。

お世話になったことに気づける、そんな人間集団がだんだん形成されているんですね。
私は知らなかったけど、嬉しい出来事です。


【部下の面倒を見る】1173
新人や後輩を育てたことを高く評価する。
(CCCメディアハウス 小山昇著『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載)

「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

内々定者の報告

2016-05-26 | ことば

お疲れ様です。
東北福祉大学 ●●です。
2016年●月●日の三次選考、鞄持ちの報告です。


8:20
八乙女の本社に集合。
社長、佐藤さん、赤間さんと合流。
各自今日の準備や発表会についての
交通手段などのお話をされていました。
また、パソコンを使い、事業所の挨拶を
チェックされていました。

8:30
計画書の読み上げ
北上本部と映像をつなぎ、一緒に行っていました。大きな声で挨拶をし、決められた人が進行しながら、経営計画書の決められた部分を読み、今日行うことの確認や、1分間スピーチ、そして最後に握手を行いました。

8:35
環境整備
佐藤さんと一緒に廊下の床磨きを行いました。
こちらもタイマーで20分間測り、一人一人の名前が書かれたブラシなどで決められた枠の中をゴシゴシ磨きました。

8:55
デスクワーク
各自机に座り、出発の準備やメモを取ったりされていました。

9:15
佐藤さんと赤沢さんは富谷営業所に出発。
社長と私は本社に残る。

9:20
中途採用の面接
同席させていただき、10名の面接を拝見させていただきました。その中で、面接中は社長は新幹線の予約やスケジュールの確認、チャットメールを見たりなどされているそうです。その中で質問をし、人を見ていました。その10名の中で1名だけ面接中に即決で採用されたり、面接終了後に残り9名の合否をすぐ決め、連絡してもらうよう北上本部へ連絡されてました。また、面接においてもドタキャンなどがあることを想定し、時間を無駄にしないようにされていました。

11:28
面接が終わり、野崎さんが本社にこられました。

11:38
パソコンにてテレビ電話のようなモニターをつなぎ、調整を行っておりました。

11:45
マネージャー会議
郡山事業所、滝沢事業所、秋田事業所、富谷事業所、青森事業所の順に、マネージャーが数字や目標の達成度のようなものなどを言い、その後に事業所で働かれている方々について、気づいたことや、成長した人などについて詳しく話されていました。その後、社長がフィードバックするという形で進められていました。
また、各事業所ごとに報告の時間が決められており、その時間内に言うような努力であったり、話をまとめる力がつくと思いました。また、時間が決められていることでだらだらしないとおっしゃっていました。
このマネージャー会議を通して、社長は本当に人についてよく考えてくれる方だなと思いました。人の成長や幸せになるための注意やアドバイスをされるなと感じました。

12:40
地下鉄にて本社から北四番丁へ
地下鉄に乗ろうが時間は無駄にしない社長。
スケジュールやチャットメールを確認しながら私の自己紹介について聞いていただきました。

13:10
ガストでお昼
社長、ごちそうさまでした!
会計の際はお財布をお預かりし、会計しました。
ドキドキしました。

13:45
フォレスト仙台
会社説明会の準備
社長はヘッドホンのようなもので何かを聞かれていました。私は、会場準備のお手伝いや、自己紹介の続き、質問タイムなどを行いました。

14:15
説明会開始
今回の説明会は1名の参加でした。
1名でもやる!!のが貴社なのですね。
誰もいなかったら勉強会をするそうです。
DVDを見て、社長のお話をして、野崎さんのお話があり、私も少しだけお話させていただきました。その際に内々定を決めていただき、まさか自分がそのようになると思っていなかったので、とても驚きました。本当に嬉しかったです。
また、改めて貴社の説明会を聞き、他の会社には無いなぁと思いました。社長自らが会社についてほとんど話さず、就職活動に大切なことなどをお話しされておりました。

16:20
説明会が終わり、片付けをしましま。

16:30
みなさん次のお仕事のため、ここで解散となりました。


☆感想
先日は3次選考の社長の鞄持ちをさせていただき本当にありがとうございました。鞄持ち2回目でしたがやはり緊張しました。しかし、1日同行することができ、前回とはまた違った雰囲気やお仕事を見ることができました。

2回目ではありましたが、やはり社長の時間の使い方には今回も圧巻でした。しかし、時間の使い方もすごいのですが、その中でのやり繰りが今回は勉強になりました。先ほどもあげたように、面接をしながらのスケジュール確認や新幹線の予約など今まで見たことありません。鞄持ちを選考に入れる理由としても、社長が普段どうりに仕事をしている姿をみて勉強できるからということもありますが、選考に何度も割く時間は無いと考える方が正解なのかなぁと感じました。

次に社長の条件決断の早さです。
会社が潰れる時は、お客様がなくなる時と社長が決定を間違える時だとおっしゃっていました。会社に関わっていく人を採用するというにも関わらず、決定の合否がとても早いです。
今回は10名の中途採用の方を面接されましたが、10分かからずに合否を決められました。悩んだのは1人2人のみで、後の方はスパッと分けられていました。また、面接中にはほとんど話を聞いていないにも関わらず、さっきの人はわがままだね。など、さっと人を見てどんな性格かを見極めてしまうのが、何人もの人を見てきているからだと感じました。

1日鞄持ち経験し、説明会でどんな会社だと思う?と聞かれた時に荒波を越えていくような会社だと言いましたが、家に帰って考えていると、波を立ててるのは社長なのではないか?と思いまして、社長が波を立てて、さらに社員さんやパートさんがうまく波に乗ってこれるように、失敗しながら出来るようになるのを見守ったり、アドバイスしたりしていると思いました。また、波は無くならない限り乗り続けなくてはいけないので、佐藤さんが1年間やることあり過ぎてあっという間だったとおっしゃっていたように、波が無くならないほど仕事がある会社なのだと感じさせられました。

改めて、1日同行させていただきありがとうございました。

以上で三次選考の鞄持ちの報告とさせていただきます。





環境整備50ポイント達成。


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の栗駒山

2016-05-25 | ことば

22日、今年初の栗駒山、須川コース。


15日に山開きしました。


温泉がまさに湯水のように流れる。
ここは足湯(無料)がいいです。






名残が原。


昭和湖


なりふり構わず日焼け対策。


雪解け水


雪渓登り。


「結構大変」と我が家の陛下(妻)が後ろで呟いている。
私は楽しい。
日頃に比べればなんともない。


向こうは宮城県。


青空が広がる。




焼石連邦
午前中はこの先に岩手山が見えた。


この稜線歩きが好きです。


到着。


鳥海山がきれいでした。




秣岳方向の展望岩頭に初めて向かいました。









雪渓下りはスキーやっていたので問題なし。
あれほどやったスキーを、またやろうかという話にもなったが、もうスキーをすることはないでしょう。








山桜がきれいだった。
なんか自分たちを待っていてくれているような気がした。
来年またあいたいね。


無事到着。

22日の天気予報は晴れだった。
一週間前からここに合わせてきた。
前日帰宅が22時過ぎても朝4時前には起きれる。
くたくたになっても遊びは楽しい。
翌日月曜日は3時40分に起きて5時過ぎには家を出た。
仕事も遊びも一生懸命。
今日も命いっぱい頑張る。


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドンドン前に

2016-05-24 | ことば


移動の時間は仕事をしていないことになります。
電車の時間などどんどん前に変更する。
先日もタクシーが早く駅に着いたので一本前の特急に変更。
乗り継ぎ予定の新幹線は、特急の中で変更。
モバイルスイカは発券しなくてよいので時間短縮できます。



えきねっとでまた変更。
みどりの窓口にできるだけ並ばない。
移動で変更できない、あるいは確定している時は券売機で事前に発券をまとめて時間短縮。
時間は命です。


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだまだやる幹部同行

2016-05-23 | ことば


5/21 株式会社武蔵野様 第53期政策勉強会に参加させていただいての気づき報告です。

1、新幹線内で一直さん、社長からたくさんご指導頂いていた。
2、全て自分一人では出来ない。
3、昼食ジャンケン3連続であいこ。珍しい。
4、ラーメンとても美味しかった。
5、武蔵野小山社長も何を注文するか毎回同じ。
6、立川はとても都会。
7、(武蔵野の)社員の皆さん皆さん挨拶と笑顔が素晴らしい。
8、菊池社長が珍しく風邪気味。
9、社長の頭、皆さんにどうしたのか聞かれていた。
10、勉強会の社員の席順が武将名分かれていた。

11、その中に知らない武将の名前があった。
12、職責によって計画書のタイプが異なる。
13、内定者の皆さん名刺交換に一生懸命だった。
14、社長は細切れ時間にVM消化。
15、マネージャーは社長の意図する方向と同じ方向を見ていなければいけない。
16、唱和者内川さんの声の迫力が凄かった。
17、後ろから見ていると社員の方の様子がすぐに分かる。
18、表彰の仕方がロジックスとは少し違った。
19、順位の同着はその場でみんなの前でジャンケン。
20、環境整備点検一位は目指して取られていた。

21、写真撮影係の方が思考を凝らしていて笑顔になるようにされていた。
22、小山社長は表彰される方一人一人の情報を把握されていた。
23、ご来賓がいらっしゃらないせいか、全体的に柔らかい感じがした。
24、数値の設定は異常な値を設定し、その達成には今と同じ考え方、やり方、人では出来ない。
25、大丈夫と思う時が一番危ない。
26、健康は一生の仕事。
27、全てデジタル、全てアナログの会社はダメな会社。
28、今の実力ですぐやることが正しい。
29、菊池社長は小山社長の経営計画を聞いてやることとやらないことをすぐに決めていた。
30、電車の中で座っている時、菊池社長は妊婦さんが立っているのに気づくとすぐに席を譲ろうとしていらっしゃった。自分は気付けなかった。

以上です。
同行させていただき、ありがとうございました。

富谷事業所 野崎


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

199回

2016-05-22 | ことば


20日は滝沢、矢巾、青森幹部会。
199回目の開催は大人数です。

質問のレベルも上がる。
ご馳走の金額も上がる。。。

昔の話もとびだし、最近幹部になった社員は驚く。



最後のじゃんけんは、大盛り。
接戦の末、後藤さん。
ヒール役になれなかった斎藤さんも、またこれはこれでよい。



回数やると積み重なる。
この時間、プライスレス。


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山形宮城武蔵野会

2016-05-21 | ことば
19日は環境整備点検終了後、合同勉強会で米沢へ。
地域会はみちのく武蔵野会と山形宮城武蔵野会の二つに加入している。
当社社員は多忙のために同行できず。


勉強仲間の本村社長のDVDに驚く。
品質整備点検!
凄い。



株式会社武蔵野 矢島専務のお話を途中からだがお聞きする。
何回お聞きしたかわからないが、何度聞いても気づきが変わる。
元は取った。

繰り返せば上手くなる。
やめると悪い事も上手くなる。



経営者懇談会は貴重な時間になった。
同じ価値観の仲間がいるって嬉しい。


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

104回

2016-05-20 | ことば

環境整備点検104回。
矢巾事業所、85点。


滝沢事業所、全てのチーム満点。
昨年年間最優秀チームを輩出しているだけある。


青森事業所、満点。
レベルが上がった。


秋田事業所、ここもレベルが上がった。


北上本部、発表会後でグダグダ、過去最低点95点



二日目仙台事業所、初点検。
45点と50点。
我が社過去最低点。
練習とはいえびっくりの結果。
次回から本番。


本社、115点。
マグネット1個のために×


富谷事業所、チーム、グループによってさらにバラツキがでた。
上司が会社。


同じ場所なのに取組みに差が出てきた。


郡山事業所
社員の協力体制が現れる。満点。


全てはモノの乱れから始まる。
点検同行者が一番勉強になる。
×をつけられる幹部は優秀。

他を見るから違いに気づく。
気づけないと変われない。
他社はやらない。
我が社は愚直に続ける。






こんにちは。
東北工業大学ライフデザイン学部の●●です。

2016年5月18日に参加した二次選考の社長のかばん持ちの報告です。
宜しくお願い致します。


8:00
盛岡駅に到着し、菊池社長と野崎さんと斎藤さんと車で移動。
環境整備点検に同行させてもらいました。矢巾事業所まで移動中は、菊池社長と野崎さんと斎藤さんで会社内の社員のことや抱えている問題についてお話をしていらっしゃいました。


8:23
矢巾事業所に到着。早足で環境整備点検をして回る。野崎さんと斎藤さんが環境整備のチェックシートを使って細かく判定。菊池社長は社員さんと話しながら仕事の近況やプライベートなことなどを聞いてコミュニケーションをとられていました。のちにチェックシートに菊池社長が点数をつけていました。


8:35
滝沢営業所へ移動。車内で30分間の斎藤さんの報告を聞く。仕事の問題点や改善点から勤めている社員一人ひとりのことを報告。菊池社長は、すべてを聞き終わってから斎藤さんにアドバイスをしていました。


9:00
滝沢営業所に到着。環境整備点検を実施。ローラーの綺麗さ他と比較して格段に綺麗で驚きました。環境整備点検のチェックシートは満点をつけられていました。


9:22
青森営業所へ移動。車内では30分間の野崎さんの報告を聞く。社外のセンター長のプライベートなことも知っていたりと、報告はよどみなく綺麗にまとまっていた。菊池社長はすべての報告を聞き終えてから野崎さんにアドバイスをしていました。私もここから30分間の自己紹介をしました。途中15分くらいで話は止まりましたが、それでも30分間話し続けました。それ以降は菊池社長が髪型の変化のことやこれから会社について話されていました。途中でラーメン屋さんに入り、昼食をごちそうになりました。


11:40
青森事業所に到着。環境整備点検を実施。他と同様にチェックシートに点数をつける。菊池社長と社員さんで一対一の個人面談を実施。最初にグループ内の方の成果や社員さん本人の行動を報告。それに対して菊池社長は評価をつけて、評価の理由やアドバイスをされていました。


12:00
秋田営業所へ移動。車内では質問タイム。野崎さん、斎藤さん、私の質問を菊池社長は率直に答えてくれました。


14:30
秋田営業所に到着。環境整備点検を実施。他と同様にチェックシートに点数をつける。菊池社長は社員さんに近況を聞きつつ、悩みを引き出しそれに対してアドバイスをしていました。


15:06
北上本部へ移動。車内では質問タイムの続き。野崎さん、斎藤さん、私の質問を菊池社長は率直に答えてくれました。


16:40
北上本部に到着。環境整備点検を実施。他と同様チェックシートに点数をつける。菊池社長は一番モノが多い時だと仰っていました。テレビ電話で佐藤さんともお話しておられました。


17:10
移動。菊池社長、野崎さん、斎藤さんはホテルに行かれました。そこから移動して、魚民で3人での飲み会だったところに私も同行させてもらいました。ごちそうさまでした。


18:40
その場で鞄持ちを終了いたしました。



気づいたこと

・社長が社員に対して関心を持って接していること。

・車の中や部屋がきちんと環境整備されていないと頭の中の環境整備もされていないということ。

・社員同士や社長との仲が良いこと。

・頑張った分だけ評価される環境があることや管理されることで社員が働きやすく、やる気になって仕事をしていること。

・時間を効率的に使っていること。

・きちんと話を聞いて会話を大事にしていること。

・社員の失敗を笑い飛ばせるくらい色々なことを経験していること。

・社員教育がしっかりされていること。

・社長が社員のことを本当に大事に思っていること。

・社長が終始明るいこと。

・質問に対して、社長が悩む様子もなくすぐに答えられること。



感想

社長のかばん持ちに参加させていただいてありがとうございました。環境整備点検ということで各地の事業所を見てまわり、社長と社員の距離感や働き振りを見させてもらいました。驚いたことは、社長が社員のことに関心をもって接していることや各事業所の社員やパートの関係性を把握していることでした。会社のトップの人が社員のプライベートを知っていて、かつ毎日会う社員より知っているという状況に、本当に社員に手をかけて教育しているのだと思いました。

事業所内も早歩きで確認し、移動中も幹部社員の方の報告や質問に対するアドバイスなどもしていて時間を有効に使っていると思いました。成長を続ける姿勢は、各事業所で改善点を探すことや良いと思ったことを真似るということ、また社員の元気の良さに表れていると感じました。

今回いろいろな質問に答えていただいてありがとうございました。色々なお話を聞いて、とても勉強になりました。日ごろ試せることを教えてもらったので、実践していこうと思いました。貴重な経験をありがとうございました。

以上、社長のかばん持ちの報告とさせていただきます。

東北工業大学
ライフデザイン学部クリエイティブデザイン学科
●●


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第15期経営計画発表会 感想

2016-05-19 | ことば



 初めて経営計画発表会に参加し、各担当の入念な準備している姿、又、社員一同の気持ちが揃うようにと徹底した練習に圧倒されました。
 社長が社長賞を発表し、少し涙ぐんでいた姿を見たときは社長賞を頂いた方と測り知れない出来事を共に耐えてきたんだろうなぁと感動しました。
 新しく、15期の経営計画書を手に取り、新しく計画案の追加するところもあって、さらに向上していくんだという気持ちが伝わりました。これからまた少しでも役に立てるように頑張っていこうと思います。
秋田事業所 浦嶋


 今年も経営計画発表会に参加させていただきました。最初はタイミングの合わなかった分離礼も、何度も練習することによってタイミングが合うようになるのは毎回とてもすごいことだと思います。
 また、今年は社長が頭を丸め、坊主頭での発表会でした。私も最初見たとき「あれ?」と思ってしまいましたが、そこから社長の確固たる決意が伝わってきました。
 来年はもっと良い発表会になるよう普段から分離礼などにも力を入れていきます。
郡山事業所 本多


入社して4年と2ヶ月ちょっと!!
4度目の経営計画発表会。
社長もちらっと言ってましたが、仕事はきついけど人間関係は大好きな会社です。
私は嫌な職場はイヤだと思って迷わずに1ヶ月も居ずに辞めちゃいました。
この会社は若い人たちがとってもいいんです。
とにかく優しいんです。
社長!!!若い人材を大切にしてください。
富谷事業所 浅利




今回、初めて参加しました。
昨年は都合で参加できずDVDを拝見しました。計画書の追記内容はDVDでも理解できますが、実際に参加してみて、会社として社長がどれほど熱意と実行計画をもって発表会を行っているかを味わうことが出来ました。経営計画書を立派な道具として日々の仕事、環境整備に取り組んでいこうと思います。
滝沢事業所 大森


 初めて発表会に参加させていただきました。どのような会なのかが分からずとにかくとっても緊張しました。終わってみて前日の朝礼で太野マネージャーがおっしゃっていた意味が少しわかったような気がしました。
「経営計画書に社長が魂を入れる日。」
とっても大切な日であるということが分かりました。
 働かせてもらっている社員一人ひとりを社長がいつも大切にしてくださっているからこのような発表会を開催してくださるのだなと思いました。
 朝礼でいつも方針を読んでいますが、今日のことを思い出して作業前に今日も1日頑張ろうという気持ちで読んでいこうと思います。
滝沢事業所 井上






 自分は今回で2回目の参加となりました。前回はまだ入社して2ヶ月もたたないうちに参加し、なんだかよくわからないまま終わってしまいました。
それから自分は青森事業所のマネージャーに任命され、お客様と接する機会が圧倒的に増えました。
 それまでは人前に出たり、先頭に立って何かをする、ということは避けてきました。そのため、人とうまくコミュニケーションをとることができていませんでした。
 それが今回、開会宣言という役につきました。菊池社長、社員の皆さま、お客様と200人近い人の前でこのような発表をするのはこれが初めてでした。
朝、会場に入り練習をしていたとき、滝沢の太野マネージャーに「顔が固いよ、笑顔笑顔!」と言われました。その言葉で緊張がほぐれ、リハーサル・本番共にとてもリラックス敷いた状態で臨むことが出来ました。
このような経験が出来たのも菊池社長のお陰です。
 社長賞の表彰は、実際に浅理さんが受け取る姿を見たかったです。
菊池社長ありがとうございました。これから1年間よろしくお願いします。
青森事業所 成田


 社長が「こんな会社になると思わなかった。」といつも言われていますが、私もこの11年、ロジックスサービスの変化を見てきて「会社も自分自身もこんな風になると思わなかった。」といつも感じています。
 今期の「商品に関する方針」の最初が「社員がわが社の商品です。」となっているのを見て、特別なことをやったのではなく、決められたことを決められた通りに、方針を愚直に実行してきた結果「社員が商品」と言い切れるようになったのだと思います。今後も「社員が商品」と胸を張って言えるように愚直にやり続けます。
 また、今回は司会という大役を任せていただきありがとうございました。また違う角度から発表会を見ることが出来、とても勉強になりました。
 私が司会をやることで、会場準備など今までとは同じやり方ではダメだと強制的にやり方を変えるチャンスを頂いたこと、ありがとうございます。
 まだ足りなかった部分、反省点は多々ありますが来期に向けて改善を進めていきますl。
本日は参加させていただきありがとうございました。
北上本部 赤沢






 自分は学生時代(選考中)から数えて3回目の発表会でした。その中でも今年は特にあっという間の時間だったように感じます。
 経営計画書にベトナム語の表記が増えていたりと、この一年間で一気に会社が変わったとも改めて感じました。
 今やっていることでさえいっぱいいっぱいになっていますが本日の15期の発表でまた新たな方針で頑張っていきたいと思います。企画の方針も入っていたので、沢山失敗しながら学んでいきたいと思います。
 ハングアウトの話が出た時点で社長賞の予想は確信に近くなっていましたが、浅理さんが社長賞ということで本当に嬉しく思います。
 今回の発表会は営業全員で参加できなかったのがとても残念でしたが、来期の発表会では全員で参加して、今期できなかったことをやりたいな、と思いました。
営業部 佐藤


 今年、1年ぶりの経営計画発表会に参加させていただきありがとうございました。昨年はよく分からず参加していたな、と今頃気づきました。
 社長の一言ひとことが今自分達がやっていることの大事さと、間違っていないんだという自信になった気がします。
 浅理さんが今年社長賞を頂けたことが自分も嬉しく思いました。社長が泣いている姿を見て、浅理さんがどれだけ頑張ったのか・・・すごく伝わってきました。佐藤さんや営業の方を改めて尊敬します。
 社長の発表を聞いて、リーダーである自分が良いことだったりダメなことを、福士さんや北畠さんに教えていかないとダメなんだなと改めて感じました。その場で「人」でなく「事」を叱れる上司に自分がなりたいと思います。今まで嫌われたらどうしようとか、ネガティブなことを考えていましたがダメなものはダメだと言える経験やコミュニケーションを社員の方たちと築き上げていきたいです。
 1回目と違って2回目の経営計画発表会は自分にとってとてもいい刺激になりました。自分たちが少しでも会社の役に立ちたいと思います。ありがとうございました!
青森事業所 後藤


「ありがとうございます。感謝します。」



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すっぴん採用

2016-05-18 | ことば
お疲れ様です。
東北福祉大学 ●●です。
2016年●月●日 二次選考鞄持ちの報告です。

☆目的
・社長の仕事を見る
・時間の使い方を見る
・社長と社員、パートの方の関わりを見る
・積極的に質問する
・同行中はカバンを持つ

8:20
八乙女の本社に集合。
社長、佐藤さん、ときこさんと合流。
すでに3人は社内の環境整備点検を行い、社長にチェックしていただいていた。

8:30
社長の車に乗り富谷営業所へ出発。
車内では仕事の相談をしていた。
また、佐藤さんは営業所を回るにあたっての書類に日付を入れていた。

8:45
富谷営業所に到着。
環境整備点検の開始。
・挨拶ができているか
・身だしなみや帽子は綺麗か
・掲示物の記入漏れがないか
・使用物の管理がきちんとされているか
様々な項目があるチェックシートを埋めていく。
社長自ら先を歩き、挨拶を事業所の方すべてと交わしている様子だった。
事業所を一周するとチェックシートを
点数化し評価されていた。

9:20
郡山営業所に向けて出発。
車に乗るとすぐに、ときこさんからの報告が始まる。
30分を目安に話しているようだった。
一人一人のパートさんの名前を挙げて具体的な内容、現状、どう対応したかを詳しく報告していた。
その後、報告に対して社長がフィードバックしていた。これもまた、社長は自ら運転してメモをしていないのにもかかわらず、30分の報告で出た人を一人一人どうすべきか、返答していた。

10:10
国見のパーキングエリアでお昼をいただいた。
社長はとても食べるのが早かった。
また、少しの時間でも携帯でメールを確認するなどしていた。
社長、お昼ご飯ご馳走さまでした。

10:35
再び郡山事業所に向けて出発。
佐藤さんの報告が同じように行われ、社長が返答するといったものだった。
その後30分間の自己紹介の時間となった。
私は20分しか話すことができなかった。
時間があると、質問の時間となり、佐藤さんとときこさんが交代で社長に質問していた。

11:30
郡山営業所に到着。
富谷営業所同様に、環境整備点検を行う。
空いた時間は他の事業所の挨拶を動画で確認。

11:50
郡山営業所では面接も行った。
また、面接内容はずっと変えていない。
変えてしまったら選考の基準が変わるとおっしゃっていた。

12:15
盛岡の営業所に向けて出発。
車内では再び質問の時間となった。
今回は私も混ぜていただき、3人で質問を回した。
仕事について、私生活について、恋愛について、家庭について、本当に些細な疑問など様々質問がありましたが、社長の返答がとても早く、また、そこから話を広げてくださり、様々なお話が聞けた。

15:15
盛岡の営業所に到着。
皆さん帰宅されたようでしたが、各営業所同様に環境整備点検をおこなう。

15:20
いわて生協事業部に向けて出発。
盛岡営業所の近くの福田パンに寄り道。
あんバターとポテトサラダぱんをみんなで分け合いました。
社長、沢山ご馳走さまでした。
再度、質問を3人でまわす。

15:50
いわて生協事業部に到着。
同様に環境整備点検を行う。
こちらのリーダーの女性のような方と歩きながらお話をされる。様々な報告をされている様だった。

16:20
北上に向けて出発。
帰りの新幹線代をいただく。
本当にありがとうございました。
再度、質問を3人で回す。
1日の感想を述べる。

17:10
北上駅にて下車。鞄持ち終了。
社長、佐藤さん、ときこさん、
1日ありがとうございました。



☆感想
先日は社長の鞄持ちをさせていただき本当にありがとうございました。選考にもかかわらず、1日同行することができ、どんな仕事をするのか、どの様な雰囲気なのかなど、見ることができました。

営業所を回ると必ず社長の周りには人がいて、たわいのないお話をされるなど、コミュニケーションを欠かさずとっておられました。また、きちんと名前で呼んでいるところが社長とパートさん達との距離の近さを感じました。社員だけでなくパートさん達まで一人一人を理解しているからこそ、車内で行われる30分間の報告のフィードバックもスラスラと行えてしまうのかと思いました。

今回は事業所をまわるということだったのですが、ものの5分10分ほどしか滞在しない事業所もあり、そのために車で時間をかけて移動をするというのは、社長が自ら行う会社が他にあるだろうかと思いました。しかし、社長は自分の目で掲示物や作業所内を見れば、今どんな現状がわかるとおっしゃっておりました。現場の隅々まで目を光らせて見ている社長に驚きでした。それだけ時間を使ってでも得られないものがあるということなのだと思いました。
また、1日のほとんどが移動の時間だったのですが、移動時間だからこそ、私はたくさんの質問をし、車内という空間にいたからこそ、より早く空間に馴染めた様な気持ちでした。

1日鞄持ちを経験し、社長というのは大変で、人一倍仕事をしているのだと改めて感じることができ、貴重な1日を過ごすことができました。1日を通し、よく笑い、よく話、人の事をよく見ていて、何事も早く的確!そんな印象の菊池社長でした。
1日かけて多くを学び、様々なアドバイスを頂いたので、これからに活かし、時間を有効に活用していきたいと思います。

改めて、1日同行させていただきありがとうございました。
そして、たくさんご馳走さまでした。
以上で二次選考の鞄持ちの報告とさせていただきます。
東北福祉大学 ●●


「ありがとうございます。感謝します。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加