「 花・住む・言葉 」  

Thanks for days.









  



良い本に出逢えば。~意味を求めて~

2017年07月12日 | 

 それぞれに好みがあって、自分にとって良いものが他者にとって

 必要な書だとは思わないし、ピンと来なければ、どんな本であっても意味はない。

 その時々によるけれど

 人間の心を深く探る、そして、生きる力に変えてくれるようなものを好むほう。

 おそらく、生きることって大変なこと
 
 そう感じて生きた時代があったからだと分析する。

 生き抜く力を求めていたから

 生きる意味とか、なぜそのような経験をしなくてはならなかったのだとか

 問いかけの思いが強かったのだろう。

 そして、意味のある(自分にとって)本に出逢ったからこそ

 今の自分がいると考えられる部分もなくはない。

 イコールと矢印が納得できるものとして成りたち

 自分の中に落ちてきた経験

 もう本の面白さだけで退屈をすることはないだろう

 それくらいに惚れこむ

 そういう出逢いをしたことがあるということかなと考える。



 「フランクル 『夜と霧』への旅」 河原理子 著  

  
  強制収容所の体験の記録『夜と霧』(ヴィクトール・フランクル著)について

  彼の人生を辿り、取材し、その思想のなぜを追っていく。

  まえがきには「生きることに対するフランクルの思想は、広くて深くて、骨太で、そう簡単にはわからない。

         もっと知りたいという思いを止められなかった。」とある。

  ・・・・・
 
 私自身、「夜と霧」の本は、図書館で借りてきて読んだもので、実際には持っていない。

 ある方のブログで知り、時間を置いて図書館で出逢ってふいに借りて読んだ。

 そして感動して読み終えたのち

 買おうと思っても、思いとどまる。

 巻末の強制収容所の写真を正視できず、本を読んでも、写真のページは束ねて見ないようにして本を閉じる

 わが家の書棚に置いておける自信がないのだ。

 今回、この本を読み終えて、気持ち改まり、わが家の一冊にしようと思う。

 そして読み終えた本のページの端に折り目を付けたところを追ってみた。

 この本(フランクル『夜と霧』への旅)には色々な人物が出てくる中で

 エッセイストの岸本葉子さんは「意味への意志」と「それでも人生にイエスと言う」読んで感銘を受け、

 著書の中で、~フランクルが説いた三つの価値を説明する~と紹介されている

 以下、

 ~意味とは、あらかじめ与えられるものではなくて、そのつど発見されるべきもの、

 状況に直面した者がみずから見出さねばならないもの。

 それは三つのしかたで見出されるとフランクルはいう。労働や、何かを作り出すことにより、
 
 実現される「創造価値」。自然や芸術を鑑賞する、あるいは誰かを愛することによって実現される

 「体験価値」。そして、それさえもあきらめなければならなくなっても実現しうる「態度価値」が

 人間には残されている。仕事は、いずれできなくなるかもしれない。音楽を聴いたり本を読んだりすることも、

 できなくなるかもしれない。それでもなお、変えられない運命に対して、どのような態度をとるか、

 その事実をいかに引き受けるのかという心構えと態度によって、人はなお意味を見出すことができるのだ____。~

                                          (抜粋)
 



 翻訳者の霜山徳爾氏のエピソードなども興味深かったし、フランクルの周囲にいた人たちの取材により

 人となりも伝わってきた。

 様々な環境で生まれ生きている人たちや

 いくつかの犯罪の被害者、加害者の背景にも迫り、取材されている。人間の複雑さ、奥深さ

 生きる背景はどう影響したのか。私達も同じ社会で生きるものとして感じるさまざまな点にも及び

 視ていく、考えて行く角度は幅広い。

 序盤、純粋に『夜と霧』だけを読むのがいいのかもしれない(本はその人それぞれの感想を持てばいい)

 そう感じながら読み進む自分もいたのだけれど

 読了した今になると、「夜と霧」という書が

 またずっしりと価値ある大切な一冊であったと確信した。

 

 河原さんの文の中に、大事な3冊として

 「夜と霧」のほかに2冊が挙げられていて、私の大事にしている本であったのも嬉しかった。

 本は時代を超えて、立場も何もかもを超えて、気の合う人と出会う貴重な機会であると

 今回もまたそんな気持ちになる。

 本を読む楽しさ、喜び、読むものとして選ぶものとして

 良い本に出逢えたことの縁というものに

 感謝の気持ちでいっぱいだ。

 

 



 

 

 
ジャンル:
その他
Comment   この記事についてブログを書く
« すっとした佇まいに。 | TOP | 暑い夏。 »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries |

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。