玄倉川の岸辺

悪行に報いがあるとは限りませんが、愚行の報いから逃れるのは難しいようです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

田母神元幕僚長の核武装論

2008年12月01日 | 政治・外交
田母神俊雄という人物について、「名誉ある航空自衛隊で幕僚長になった人物なのだから」とできるだけ罵倒しないようにこらえてきたけれどもう限界だ。いくらなんでもひどすぎる。
なんという愚かさ、なんという無能。こんな男がトップになってしまう自衛隊には大いに問題がある。徹底的な見直しと幹部の再教育が必要だろう。

J-CASTニュース : 核攻撃「やられれば、やる」 田母神氏持論を改めて主張
「非核3原則」に否定的、改憲も主張
さらに、核問題や憲法改正についても言及。記者から

「1945年当時の司令官だったとして、米国に対して原子爆弾を使う能力があった場合、どうするか」
と聞かれると、

「それは、その状況になってみなければ分かりませんが、まぁ、『やられれば、やる』のではないかと思います」
と、核使用を肯定するともとれる発言をしたほか、日本が核攻撃を受けた際の対応については

「ほんのちょっとしか準備できてませんね」
とした上で、日本の核武装について

「私は議論されていいと思う。議論するだけで、核抑止力は高まると思う」
「核を、はじめから『持ちません』と言ってしまえば、核抑止力は低下する。持つ意思を示しただけで、核抑止力は向上する」
とも延べ、いわゆる「非核3原則」に否定的な見解を示した。


ああ、くだらない!
「非核三原則」云々はこの際どうでもいい。私は核武装には反対だけど、民間人が勇ましい核武装論をぶつことは言論の自由である。
私が呆れたのは、田母神氏が空想的な質問に対していわゆる「マジレス」をして核武装論の主張につなげていることだ。
質問自体が引っかけなのに気付かないとはなんと迂闊な人だろう。
「1945年当時の司令官だったとして、米国に対して原子爆弾を使う能力があった場合、どうするか」
こんな仮定にはまったく意味がない。
「1945年当時の司令官だったとして」は戦史研究で普通に行われる仮定だから問題ないけれど、「米国に対して原子爆弾を使う能力があった場合」という仮定はまったくのナンセンスだ。マンハッタン計画の規模、技術、予算を少しでも知っていれば戦争中の日本に原爆を作る可能性などこれっぽっちもなかったことは明らかだ。「沖縄水上特攻に出撃したのが大和じゃなくて宇宙戦艦ヤマトだったら」というのと同じくらい空想的で、まともに答える意味のない質問である。

マンハッタン計画 - Wikipedia

「米国に対して原子爆弾を使う能力」は「原爆一個が手元にある状態」とは大違いなのである。「レーシングカーを買う」のと「レースチームを運用してレースに優勝する」よりもかけはなれている。「米国に対して原子爆弾を使う」ためには政治的・軍事的に有効な使い方をする運用能力、敵地・敵軍の頭上に原爆を運ぶ投射能力が必要だ。もちろん1945年の日本にはどちらもまったくなかった。
アメリカは日本の暗号をとっくに解読していたから、使用する前に破壊される可能性が高い。研究所・工場・基地が爆撃されてそれでおしまいである。ミッドウェイの惨敗、山本司令長官暗殺の次が「虎の子の原爆喪失」になるだけだろう。
仮に原爆を守り通したとして、一発の核をサイパンに落とそうとサンフランシスコに落とそうと敗戦が避けられるはずがない。アメリカ人を激怒させ、ロスアラモスの施設が全力稼動し、日本に核の雨が降る。まったく無駄なことだ。
そもそもサイパンやサンフランシスコに原爆を運ぶ能力がない。遠距離爆撃機は試作段階で、45年はおろか46年になっても実践投入できたかどうかおぼつかない。仮にキ91富嶽が完成しても敵地上空に無傷でたどり着ける可能性は十にひとつだ。もちろんドイツのV2のような弾道ミサイルなどあるはずもない。
使わずに脅しの手段とするつもりだろうか。それなら北朝鮮がやっていることと同じだ。石油もボーキサイトも食料も輸入できない(輸送船はほとんど潜水艦に沈められる)日本がどれだけ粘れば有利な条件で講和できるのか。しょせん空しい悪あがきでしかない。

田母神氏が賢い軍人であれば、「1945年当時の司令官だったとして、米国に対して原子爆弾を使う能力があった場合、どうするか」という質問に対して「空想的すぎる質問なので答えられない」とかわしただろう。あるいは「大日本帝国に原爆を作って運用するほどの実力があれば、無理して真珠湾を奇襲したりミッドウェイでボロ負けしたりしません」とユーモアにすることもできる。
「それは、その状況になってみなければ分かりませんが、まぁ、『やられれば、やる』のではないかと思います」という答えは下の下である。それは、「核の使用を肯定したから」ではなく(それは核武装論者なら当然のことだ)、空想と現実の区別がついていないからだ。
引っ掛けの空想的仮定に「マジレス」したことで、田母神氏の核武装論の現実離れした空疎さがはっきりした。私は核武装論には反対だから「それ見たことか」と思うだけだが、真剣に核武装が必要だと考えている人たちこそ田母神氏の浮かれた考えに厳しく釘を刺したほうがいい。
…とはいうものの、田母神「論文」を歓迎し全力で擁護する「愛国者」「保守」「右翼」の人たちにそんな期待をするだけ無駄だろう。辻元清美に諭されるところまで現実感覚を失った「愛国者」の方々にはぜひ冷静さを取り戻してほしいと願う。

前にも批判したことだが、田母神氏はあいかわらず「『自分の国はいい国だ』と言ったら、政府から『何を馬鹿なことを言っているんだ』と、クビになった。」などという与太を飛ばしている。いい加減にしてほしい。
彼がやったことは「大日本帝国の正当性を主張しない日本は間違っている、ダメな国だ、誇りがもてない」という誹謗である。「自分の国はいい国だ」と言ったのではなく「今の日本はダメだ」と言ったのだ。彼が解任されたのは「愛国的」見地からしても当然のことだった。

最後に、2ちゃんねる軍事板で見つけた名言を紹介する。
494 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2008/11/30(日) 19:53:58 ID:???
「誇れる国を守る」ではなく「国を守ることを誇りとす」が自衛隊だと思ってたが
陸海空の上層部は誇れる国を守ることが主題名目なのかね

【田母神】全てはコミンテルンの陰謀ですが何か?13


「誇れる国を守る」ではなく「国を守ることを誇りとす」。
とてもいい言葉だ。自衛隊員全てに教えてほしい。田母神氏のような勘違いした「憂国の士」は自衛隊員の士気を下げ、現実感覚を失わせ、防衛力を弱体化させる「無能な働き者」である。


「田母神問題」関連記事
 無能な働き者
 田母神かあさんの家庭教育
 田母神元幕僚長の核武装論
 田母神元幕僚長とキャプテンハーロック
 ゲーリングの尻尾
 田母神「論文」と自衛隊幹部教育
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田母神かあさんの家庭教育 | トップ | 田母神元幕僚長とキャプテンハー... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
現実を見よ (核武装論支持)
2010-01-21 03:47:50
核を持ってないから中国の横暴に対処出来ないし、発言力も無いんだよ!
じゃあどうすれば今の中共の対日戦略やアジア全体の覇権を握ろうとしている政策を防ぐのさ?


将来的な対中防衛は核武装しか無いよ
馬鹿馬鹿しい (反論者)
2010-01-21 04:06:11
田母神氏を批判するのって等しく頭が左の人だよね
(´Д`)

田母神氏の言った事を曲げて解釈して批判するだけ

頭の弱い人に共通してるね。
この主もあれかな?このまま何もしないで他国に好き勝手されても平気な人?

核武装は必要 (石黒 三平)
2010-12-18 12:13:18
今の中国の実態をみれば核武装は必要。中国の属国を望むなら中国の言いなりになればいい。

渡部昇一先生が言っていた、核を持てば国の格が上がると、まさに正論。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。