千鳥足こと博多のおいしゃんの独り言

きままなオイしゃんの独り言に
つきおうてつかぁさい。

姫が来た~&北と南でうろん

2017-06-22 22:01:47 | 日々の出来事
今日3回目の投稿、今日は豪華3本立てです。

午前中、「風土記」片手にあれこれ苦心しながらブログ書きよったら
あらっ?・・・突然娘のアミが姫連れてやってきました。

寝起きの姫もジイジの顔見たら「だっこ・・」可愛いかです。


もう立ち姿が様になっとります。
恒例、事務所の隣の八百屋さんでお買いもの・・


今日は「サクランボ」仕入れて来たようです。

今年も13日に山笠に来る予定、今年は走り回りまっしょうや・・
事務所に頂いた「千代流」の手拭してあげたら御満悦です。



今日はバアバとの予定も無かて言うけん一緒にお昼食べに「ゆめタウン」


お利口に待ってます。当然ご注文はこれ





「ぃえび(海老)食べる」片言のおしゃべりが上手になってきました。


じいじは天ぷらそばとミニカツ丼

「じいじも、どうじょ・・」て薦めてくれますもん


娘のアミはこのセット、結構色々ついてご飯のお代りもどうぞって言うやつ。
とろろに生玉子もついてます。このごろやっとゆっくり食事もでけるごとなりました。
ちょっと前はおいしゃんかアミが交代で食べな姫、目離されんかったとが
今じゃ言葉がわかるけん本当に楽になりました。

今からばあばになるミポリン、こげんありますとばい・・・
ばってんそれも嬉しか苦労ですもんね

娘のアミは正式には「あすみ」おいしゃんとかみさんの顔かけ合わせてみて

「どうも美人には生れてこんなぁ~」て考えて

「明日、美しゅうなる」て言う意味で「明日美」で、かみさんがたの女系が皆ひらがなやけん
「あすみ」で付けたとです。その心配もよそに美人や無かばってんが
可愛いか娘で性格も良か子供に生れて来てくれました。
それが今じゃ立派なお母さんですけんね・・

ちなみにその頃、一世風靡した「ムツゴロウ」さんの娘さんも「あすみ」さんやったです。
ムツゴロウ王国、最近見らんばってんがどげんしよんしゃあっちゃろう?

食事の後はコーヒー飲みにレッツゴー


この写真見て周ちゃんが「そのうち逆になるっちゃろうね?」
言い得とります。世話にならんごところっと死なないかんて思うとりますばってんマダマダ

今日はこれだけ食べてコーヒー飲んでデザートにベーコンポテトパイ。

夕方行った100万馬力の定期検診の血液検査で先生が

「血糖値が今月はえらい高いですね?」

「お昼食べました?」

「はい、たんと食べました・・・」

「なるほどですね・・・それで・・・」

ばってんおいしゃん64キロ保持しとりますもん。

皆から「痩せましたよね」て言われるけん

「癌やないかいな?」て心配しますばってん

ただ歳とって見た目、やつれただけかもしれまっせん・・・・


北海道にお酒のお礼に送っとった「うろん」の写真ば広報さんがFBに上げてました。



ん?なんか足らん?そうそう葱がのっとらんやない?
ネギあっての博多うろんのとぃ・・・・・それと一味唐辛子。

以前「けん坊」のラーメンば送った時は薬味も全部入れて送って
「最後に葱をのせて」てメッセージまで入れとったばってんが
そこまで考えてなかったですもん。

それでも博多のうろんば召し上がっていただきたかったけんですね~

広報さんやけん言いますばってんが実は送ったうろん、1食1000円以上になる勘定です。
そう、北海道は「送料」の壁のありますもん。
送料無しでも通販はお店で食べるのの倍かかります。
おいしゃん以前買うて経験済みですもん

これはそれ見て周ちゃんがあげた写真


お店では同じ値段でこれだけ食べられます。

広報さん、恩着せよっちゃ無かですバイ・・・・
是非、またいつの日か博多に来てこないだ食べんかった「うろん」ば食べて欲しい
て言うことです。

そうこうしよったらおいしゃんもうろん食べとうなって・・・・・


明日のお昼はこれが餡かけ中華そばに変身します。

そげな一日やったです・・チャンチャン
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

博多風土記(対馬小路2)

2017-06-22 18:16:42 | ちょっと昔のこと
対馬小路についての続きです。

つまりは博多の海の玄関口で明治時代の「博多港」やったけん
博多の歴史の中でも特殊な性格ばもった地域やったとです。

対馬藩やら秋月藩の倉元はここから米やらば船積みしよったとでしょう。
元より対馬藩は日本と大陸の交わりの中の第一線に位置しとります。

秀吉が朝鮮出兵「唐入り」する時も矢面に立って苦労しとったとです。
その対馬宗家の米倉がおかれるほど重要な地域が「対馬小路」界隈。

対馬は島全体の6/100位しか耕地の無かけん米が採れんとですね。

そこで朝鮮の役の功労で飛び地の薩摩の出水郡に一万石ば貰い
その後家康から肥前の基肆(きい)、養父(やぶ)に二万三十四石ばもらい
その積み出しのためにここに米倉がおかれたて言われますばってんが
太閤町割の時、「七小路」の名が出てくるくらいやけん
それ以前から藩の「継所」みたいなもんがあったとかもしれまっせんね。

明治中期の対馬小路界隈と今の大黒流町内ば見安うしてみました。



現つノ一は白砂青松の松原やったとでしょう。
秋四郎神社は今も古ノ二のせま~か縦筋にありますね。



多福庵は御存じナーランダ保育園の「多福寺」です。
多福寺の上見にくっかばってんが「洲ヶ崎稲荷」も・・・・・

この地図の下対馬小路の下に中対馬小路、そっからこの筋の右側が
現在の「古ノ一」の区域にあたります。

旧妙楽寺町は現在はほとんどが「古ノ二」の区域
横町筋から岡側の妙楽寺町が「古ノ一」になります。

廃藩置県後、秋月藩の米倉、役所辺りは「妙楽寺」に統合されましたばってんが
住民同士が合い入れんて言うことで「倉所町」が明治26年に独立したとです。

※以下、大黒流総合サイトから抜粋
明治初期から通称で認知されていた「倉所町」は、明治26年(1893年)に
隣接する妙楽寺町から独立する形で正式な町名となった。
町名の由来はこの地にあった秋月藩の四番めの蔵屋敷で、
その蔵屋敷は明治4年(1871年)の廃藩置県後は袖の港小学校となった。
現在古門戸町9番地に祀られている「秋四郎神社」は蔵屋敷の守護と繁栄を祈り
秋月藩祖黒田長興公と稲荷様を合わせ祀られたもので、倉所町の名残といえる。

大下付近以北は海やったて言うともそう大昔のことやあありまっせん。
何せ埋め立てて言うたら近代技術ば用いなできんですけんね。

この地図の時代の後から埋め立てが始まって今の築港本町が出来るとです。



これは昭和23年の地図。

西浜、千歳、冷泉、海岸通り、石城辺り以北が埋立地ですね。
博多二中はまだ無うて船だまりです。
二中の歴史は浅うておいしゃんの叔母さんが第一回生、当時は学校で
魚釣り大会のありよったて言うほどです。
おいしゃんが23回生

今は「博多中学校」になっております。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

博多風土記(対馬小路)

2017-06-22 13:24:34 | ちょっと昔のこと
博多風土記やら博多の明治記の中から
記念誌には全部書ききらんし「古ノ一」以前のことば
古ノ一の町内に関係ある町の歴史ばかいつまんで書いてみろうかて思います。

最初は「対馬小路」編

今の若っか人は「対馬小路」て言うたら今の「つノ一」の場所ば
思い浮かべましょうばってんがここは昔「大下(おおじも)」て
呼びよったところです。

「上」「中」「下」の対馬小路のもっと下(しも)やけん「大下」
今の昭和通り「太兵衛鮨」から「関東軒」くらいまでの縦筋が「対馬小路」です。
大昔は博多中学校から北側は海やったとです。
博多中(旧博多第二中)は「御舟入」て言うて黒田藩の御用船の
船溜まりやったとこですもんね。


※明治中期の地図、今の神屋町はまだ大浜4丁目、3丁目です。
地図上、妙楽寺の上の「商業学校」がのちの「倉所町」になります。

そして今の対馬小路のところに「対馬藩」の屋敷と倉庫があったことから
そっからの縦筋ば対馬小路て言いよったとです。
博多七小路のひとつです。

対馬藩は最初は薩摩の出水郡に飛び地ば領有しとったっちゃばってんが
対馬と薩摩はあまりに離れて便利の悪かけん
秀吉の九州平定の折、対馬守義智が願い出て大下に900坪の土地ば賜り
そこさぃ対馬藩の屋敷と倉庫が建てられたとが対馬小路の名の由来ですたい。

昭和20年6月19日の福岡大空襲で全町跡形もなく焼け、住民36名が焼け死にました。
博多にもこげな歴史があるとば今の人も知っとかないかんばい。

浜側から「下対馬小路」「中対馬小路」「上対馬小路」に分けられ
上対馬小路の岡側は戦後の五十米大道路(現昭和通)で半分に削られました。



下対馬小路の東側は現在「古ノ二」
中対馬小路と上対馬小路の東側が「古ノ一」の区域です。

昭和24~5年あたりまで「大下」は白浜の海辺であり松の木がまだ十数本あったて言います。

明治31年から博多築港株式会社(蔵本の薬問屋波多江嘉兵衛ほか17名が設立)により
埋め立てが始められ、明治35年に博多大築港(博多船溜まり)が完成。
千歳町、石城町、海岸通り、、北浜町、冷泉町、唐船町、幾世町が出現しました。

明治44年から博多環状電車(市内電車)が走り出し大下付近が町の範囲も広がり
今の「つノ一」の賑わいにつながります。

「博多風土記」はここから先が詳しゅう対馬小路の人々のことが
上の番から順に書かれとるけん面白かとです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3パカ

2017-06-21 10:16:04 | 日々の出来事
昨日は蒸し暑かったですね。やっと梅雨のじめじめ感が出てきました。


お昼にチャンポン食べ終わったら汗びっしょりになりました。


「博多風土記」読みよったら面白うてしかたのありまっせん。
合わせて「明治の博多記」読んだらだんだん時代背景がつながってきますもんね。


一息入れてティータイム。

そうこうしよって夕方になって思い出しました。
先日の八文字掛けのJCOMの放送今日やった!5時からの放送やけんあと30分

たしかパンダさんとこJCOMやったけん電話したら・・・出らんもん

LINEで呼びかけたら周ちゃんとミポリンが「見られるよ~」
片一方が録画失敗したらいかんけん二人にお願いして無事動画が手に入りました。

そこでいつもの3パカ集まって「動画鑑賞会」です。


おいしゃん最初にアップで映っただけ。
あとは手のアップ、これは本人しか俺の手やんてわかりませんもんね。




ハカイダーが随所に出てきました。


こいつはそげなこと関係ありません。


昨日も食べきらんほどの料理が集まりました。

話す内容ていうたらアイロンの掛け方、Yシャツどっからアイロン掛ける?
掃除器の話、洗濯機の話、料理の話。
独居老人と主夫やけんこげな話ばっかりですもん。


最後は恒例、周ちゃんからのデザート




これは帯の結び方ばパンダさんに講習しよるとこです。

浪人結びはこう貝の口はこう・・・・・
その辺は周ちゃんがとっても詳周ございます。

今度いっぺん古ノ一で帯の結び方教室でもやりまっしょうかね~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

承天寺の思い出と中洲防犯と色々思うの巻

2017-06-20 00:12:05 | 日々の出来事
昨夜は疲れ果て久々に直虎見ながらの夕食はこれ



ペヤングやありません、サニーのお墨付き80円です。
時々無性にカップ焼きそば食いとうなるとです・・ばってんがたい
あのマヨネーズ掛けやらは美味いて思えませんヤネ




昨日頂いた(て言うても買うたっちゃばってん)今年の大黒流の扇子です。
すいまっせん、ちょこっとピンボケですばってん。

図は古ノ一の博多(山笠)人形師バイブこと西山陽一人形師です。
標題文字は(ジンイブッコウノチギリ)承天寺の神保至雲住職です。

至雲住職にはおいしゃんも当番町の時お世話になり標題も書いて頂いとります。
承天寺には何回足ば運んだか?境内の掃除やら座禅も経験しましたもん。
普段立ち入られん「開山堂」の「聖一国師」の木像も見せていただきました。
灯りが無うて残念ながらシャッターにはおさまらんかったとが残念です。

「字が上手くなるには一日一升の墨使うて稽古しなさい」ても云われました。
(せんかったばってん
追山の時、承天寺の清道回る時、一礼したら笑顔でこたえてくれよりました。

残念ながらここ何年かは承天寺について行く気力のありません。
ばってんが若っか頃はこの承天寺には必ず棒につきよりましたもんね・・

このお話は例によってここまでです。

今日はお昼休みに博多中学校ボランティア山笠募金ば届けに
麺ず倶楽部へ・・
いくら集まったかもわからんしちょこっとガメこもうか?て思うたばってんが
(冗談ですばい!)ちゃんと届けてきましたけんね!

その足でお昼は久々に吉牛行って「並みのつゆ沢(¥380)」安上がりです。
なんか若い頃と比べあんまり美味いと思わんごとなってきました。
歳のせいかいな?

午後からは「博多署」へ出頭です。博多管内ば一手に担う博多の警察署です。



4階、拘置所と面会室・・犯人が「カツ丼」出されて涙流しながらカツ丼かっ込み自白する。
ドラマの取り調べの王道ですばってんが今はそげな事は無かそうです。
昔はこの「カツ丼」刑事さんのポケットマネーやったて最近テレビで見ました。

一階は御存じ「交通課」免許証の書き替えやら申請するとこばってんが
にっくき山笠の道路使用許可やら山小屋建設で対立するとこではあります。
昔は道は市民の団欒の場所、バンコ並べてへぼ将棋の場所やったとが
今は警察の管轄下です。
※ここんとこ一杯確信に触れて書きたかばってんがこれはいつの日かに・・
エレベーター横には「何月何日、柔剣道練習日」署内の貼り紙が警察署らしかですね~

警察署内やけん写真なありまっせん。
相変わらず玄関ホールの山笠の壁絵、舁き棒が5本しかありまっせん。
山笠の地元、博多署にあるまじきことです。いっつも博多署に来るたんびに思いますと。
どげんかせんといかん。

追山の時ここから交通でお巡りさんが派遣されて各舁山に配属されるとばってんが
博多のもんはこれ幸いに山より制服のお巡りさん目がけて水掛けますもんね。
ある意味「水掛けまつり」です。
追山の博多署の担当は当然「くじ引き」げなですぜ・・

さて今日は毎年の「飲食業安全宣言協議会」の定期総会。
中洲ば中心に○暴対策やら悪質客引き、風俗取締等ば博多警察署と協議します。
今年は署長さん変わっとらんかったです。

中洲料飲組合連合会と博多署が協力して一年ば通して防犯対策してます。
料飲組合も中洲防犯パレードば警察と一緒に3カ月に一回実施しとります。
警察も今日の会合は民間の防犯運動に協力する組合との連携作業になりますと。

ばってんが警察は暴力団対策ばっか力入れとります。成績に関係あるとでしょう。
北九州と○暴対策の成績の比べあいのあるけんですね。

博多はあれだけ山笠から○暴排除したけん北九州もそれに倣えてなもんです。

ばってんが現場中洲の飲食店は・・・・・

「暴力団やら今はもうおらん!それよりかあの無料案内書ばどげんかしちゃり」
「あれ開くと許可の要るとですか?」

「いや届け出受理するだけです」

「なんや野放しかい?どんどん増えるったい!」

「黒服の若いもんが道端でうろうろして迷惑でくさ」

「暴力団よりよっぽど中洲の印象ば悪うするったい」

「あんたたちが市会議員に云うて条例ば作らせんね!」

「な~もしよらんめぇが」

若い所員は青い顔して聞きいるだけです。彼らには何の責任は無かっちゃばってんが・・

そげな風に「中洲が好きやけん」「日本一の歓楽街にしたい」て現場の
料飲組合は思うとりますばってんが行政は法律、条例の中でしか動きません。

真の現場の声ば聞きあげて市が条例作ってルールば決めるとが本筋です。
山笠も屋台問題も一部の法令、条例の中に縛られた中での役所の関連機関のもんが
さい配することや無かとです。

役所や無うて自分たちの自治で役所ば動かして条例なりなんなり作らせる。
それが本当の町づくりて思うばってんがどげんでしょう?

住民の自治、組合の各店の擁護、それぞれが数の力で行政ば動かして行くとが本質ばってんが
今は俺が俺がの地位保身で何でも決まって行きよる傾向のあるごたあ
昔の博多の歴史ば見ても長いもんに巻かれろの歴史はあるばってんが
真のまちづくりは自治で決めららな博多の先人たちに申し訳なかて思う
おいしゃんです。

とうとう政治的なことまで書いてしまいました。

今日のところはこの辺で

チャンチャンにしておきまます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加