千鳥足こと博多のおいしゃんの独り言

きままなオイしゃんの独り言に
つきおうてつかぁさい。

ナンタルチ~ヤこの暑さ!

2016-07-28 20:58:52 | 日々の出来事
なん?この暑さ!35℃ですバイ。
おいしゃんが子供の頃はせいぜい暑うして31~2℃くらいやったとぃ
今は地方によっては40℃の声ば聞きますけんね。
日本、いや世界中が異常気象になりよりますね。

今日は月末の外周りの予定やったけん覚悟決めて
お昼はガッツリ「チキンカレー」食べてスタミナ付けました。



玉葱、人参、パプリカ、鶏ミンチで煮込んで鶏肉ゴロゴロの特製カレーです。
暑いときはやっぱこげなパンチの利いたと食べななりません。
明日のお昼もこれ食べますもんね。

て言うたっちゃあいざ外に出たら尋常な暑さやありまっせん。
頭のてっぺんからじりじり焦げるごたあ暑さです。
炎天下チャリで2時間半の行程はやおいきまっせん。


訪問先で差し入れ頂きました。

途中、目もくらむほどの暑さやけん公園の木陰に入り込んで休憩。




そんでも蝉はワシャワシャ鳴くし、体感温度は40℃くらい?


持参した氷水ばタオルに浸して頭、首ば冷やします。

途中、どげんもこげんもたまらんけんヤマダ電気に入り込んで
体ば冷やしましたやね。



事務所に帰りついた時にはもうふらふらですもん。

夕刻、周ちゃんが太宰府行ってきたけんてLINE、一旦帰ってシャワーで汗流して
けん坊で待ち合わせ。

したげんたい、何でか?パンダさんも通りかかるや無かですか?
ポケモンGOの線香炊いたごとモンスターの集まってきます。

日が落ちたら暑さも和らいできたばってんがやっぱ暑かです。

けん坊ママが隠れメニューの「冷麺」作ってくれました。
博多極細麺の冷麺です。
胡瓜、錦糸玉子、キャベツ、生ハム、叉焼入り、特製だれで絶品です。




これとは別にこれまた美味い「つけ麺」もありますばってんが
どっちも普段のメニューにはありまっせんけんね。

明日もお仕事、このおいしゃんもおねむになってきたけん・・



早々とお開きで帰ってきました。

こちら周ちゃんのお持たせのお土産


いっつもありがとうございます。梅が枝餅とおいしゃんの大好きな濡れおかきも・・

こちらはおまけ・・周ちゃんが気付いた線が一本抜けた
今年の大黒流の手拭の熨斗書きです。



明日お仕事したらお休み、やっとこじらせた夏風邪が治って
ひと段落です。

どっか冷たか滝壺にでも浸かって冷たかそうめん食いたい気分です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台上がり

2016-07-27 20:46:00 | 山笠・博多の事
舁き山が動く時、山笠の上に乗っとう人ば「台上がり」て言います。
あれは単に格好つけて上がっとうわけやあありまっせん。

台の上から山の傾きやら舁き手の疲れ具合、交代時期やらば
手やら鉄砲で山の前ば走る取締やら前捌きに伝えそれがフィードバックされて山に伝わるごとなっとります。

大黒流の場合、流舁ではその町の当該町に台上がりはゆだねられております。
流舁では二人が上がり左右の3本の舁き棒ば捌きます。
何で二人か?て言うたら大黒流の場合、町と町の境目ば山が通る時、左右の町が別の町に当たる場合のあって
それぞれの側ば台上がりが受け持ちます。
古ノ一の場合、旧対馬小路筋ば下る「一の替わり」は片側は「すノ一」に当たりますけん
右肩は古ノ一、左肩はすノ一が上がります。

当該町では一人で上がろうが三人上がろうが当該町の自由であります。
町の流儀ですけん。

追山やら集団山見せでは3人台上がりしますばってんがあれはご祝儀のごたあもんで
横綱の土俵入りに似たもんで脇の二人は露払いみたいなもんです。

追山の場合、コースに出たら脇の二人は降りて台上がりは一人になります。
一人で6本の棒ば捌くとですね。

大黒流の場合、11日の朝山までは杉壁引いて腰かける場所は作ってありまっせん。
台上がりは棒の上に足組んで台上がりしてます。
朝山は年寄が台上がりする行事です。
足組んで台上がり仕切らんごとなったら「あ~たそろそろ引退ですばい」ってことなんです。

追山馴し控えて11日の他流からスピード重視で杉壁が引かれ
台上がりは栞の部分に腰かけられるごとなりますばってんが
山がつっかけた時やらは台上がりは前方に吹っ飛ばされます。

おいしゃんも追山んとき大博通りから右さい折れてごんどうに入るさい
大博通りの真ん中で山がつぅ掛けて棒鼻まで飛ばされたことのあります。
舁き棒は水にぬれてぬるぬるで手で突っ張っても滑るけん
舁き縄に手掛けて危うく落ちんで済みましたもんね。

その為、集団山見せのごと山笠素人が上がる時の為「安全ベルト」が用意されとります。
これ使うとはこの時と最後の山崩しの山ゆすりの時だけです。

台上がりの動きは表と見送りでは違います。
表は前へ前へと手ば前さい向けますばってんが
見送りは押せ押せと手ば上に上に煽る動作です。今度良うとみてんなっせ。

普段台上がりする経験の無か若手は「夜警当番」の時やらに
台上がりさせて練習させますったい。



流舁の時上がらせて「何やあの台上がりは?」て言うて直会ん時
練習させたりするとです。

台上がりは神聖な神の宿った結界の近くに上がるっちゃけん上がる前には
水かぶって足の汚れも落として上がるとが原則です。

息整えて山が近づいて来たら一気に山に近づき山に飛び乗ります。

昔はおいしゃんも誰の手も借りんでホイサッてひとんで上がりよりましたばってんが
寄る年波で上がるとさえやおいきまっせんやね。

今は止まっとう山に上がるだけでもこげんあります。



て言うことで今夜はこの辺でお開きです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

モフモフと酒三昧

2016-07-27 19:16:44 | 日々の出来事
山終えて一時も大人しゅうしとらんおいしゃんたちです。

昨夜は雨も降らんとぃ暑さにめげて2夜連続で見せ閉めた
けん坊ママからの召集でいつものメンバーで「手いっぽん」

手いっぽんで偶然、蛇の目の大将夫婦とばったり。
大将夫婦とは昼間にも中洲で会うたとこやって日に二回も遭遇しました。
相変わらず仲の良かご夫婦です。
大将は息子のR介の水泳の生徒でもあります。


料理屋のとぃ、けん坊ママがおつまみ持参です。
千円札は前回のイレブン飲み会の割り勘の残りです。


出てくる出てくる乾きもん。

ちゃんと料理も食べとります。



いつもの馬鹿話で盛り上がり、7時から飲んで帰りは午前様・・・・
朝から起きて仕事行くとはおいしゃんだけやけんやおいきまっせんと。
昨日はちゃんと歩んで帰ってきました。

帰りついたらこいつが離れまっせん。





おいしゃんの手に足絡めてきてモフモフです。
いつもこれが人間のおなごやったらて思います。何も文句言わんし
寝転がったら速効そばに来て甘えます。





おかげで今朝も遅刻するとこやった・・・・・・・

今日は仕事で夕刻から・・


福岡県内の飲食業組合連合会の総会と懇親会。

まだ日があるうちからのお酒は応えますね。





夏風邪もおさまりかけたとこやけん今夜は大人しゅうしとこうて思います。

明日はまて炎天下のもと外周りが控えとりますもんね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の動画追加アップロード

2016-07-24 18:26:33 | 日々の出来事
今日はじめじめしとった部屋ば開放して
掃除に洗濯と張りきりました。


朝風呂入ってすっきりして、まずは腹ごしらえで「冷そうめん」

久々にシーツとカーテンも洗濯、部屋の雑巾がけしたら汗だくです。

キッチンの掃除しよって思いついたら吉日で包丁研ぎ





しっかり切れるごとなりました。この包丁何十年使いよるやろうか?

冷凍庫の整理しよってカレーのでてきたけんて解凍したら
シチューやった。舌がもうカレー食べる口になっとうけん
カレー粉混ぜて味調えて食べましたやね。



周ちゃんが一杯動画やらも撮ってくれとうけん
「古ノ一台上がり集」ば追加でホームページに載せました。



写真や動画のデータ欲しか人は連絡して貰うたら差し上げますばい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山終えての一考察

2016-07-23 19:28:13 | 山笠・博多の事
そもそも・・・・・

追山の境内桟敷のアナウンスの語り始めじゃあ無かばってん。

朝の境内4:30頃、このアナウンスが始まったら愈々追山の時間て感じますもんね。
今年から永年務めたKBCの逸見アナウンサーから新しか若いアナに替わりましたね。
KBCさんは山笠中継のパイオニアですもんね。昔は山笠中継にライトば当てるだけで
クレイムがついたほどやったて聞きます。

山笠待機位置から一番山が山留に入るともこの頃で
夜の帳(とばり)から山笠行事が一気に動き出す時間です。

まだ夜の帳のおりたまま魑魅魍魎(ちみもうりょう)がうろうろしよる夜中から一転
空が白み始め神様が目覚める時間に神と交わるごと山笠は舁出します。


こげなとみた事ありますでしょう?
子供の節句の祝いに掲げる登り旗。
神様、今年この家紋の家にこげな男の子が生まれました。お加護ばお願いします。
て言う意味ですね。

山笠のさし山(奇数番の舁き山)のてっぺんに立てた二引き旗も同じです。
神に捧げものばする時に使う旗
二引きの下に奉納するもんの名前やらが書かれます。

「二引き」黒か二本の横線は天上界と地上界の区切りば表します。
そしてその下に奉納者の名、まさに山笠はこの二引きの下に
人形と「○○流」と「標題」ば掲げて奉納します。


これは八番山笠の写真です。題して「二引きよなびけ・・」

山笠は御神入してありますけん人形飾りは「ご神体」になります。
その神聖な区域ば「杉壁」で囲んだ作りになっとります。
山笠の台上がりはその結界の外で台上がりします。


七番大黒流、今年は「鐡心肝」の飾りば奉納しますの図ですね。

博多の山笠は御神入ばしますばってん山終わっても神様が帰られる儀式はありまっせん。
櫛田入で奉納した後、山笠は博多の町に舁出し博多町中ば清めて廻ります。
タイムレースは本来二の次のお遊びとです。
昔からの「山崩し」はその神様が宿った人形やら飾りの一部ば奪い合うて貰うて
家のお守りにしよったとですね。神様が宿っとっちゃけん。

もともと山笠の時期は衛生状態も悪うて疫病が流行ったとば聖一国師が
施餓鬼棚に乗って町に聖水ば撒いて清めて回ったて言うとが山笠の始まりて言われます。

本当は水巻いただけでそげなことが起こるわけでも無かとです。
自治の力で皆で力合わせて疫病対策ばしたとがほんな話であって
聖一国師や謝国名が生活の言わば「衛生指導員」的な役割ばして
衛生関連の指導ばしたごたります。そげな市民の努力もあって
疫病も治まって良かった良かったが国師の水撒きやったげなです。
結局博多の自治の力によるものやったとですね。

不衛生な時期、て言うとは今も同じです。







これは山笠期間中の古ノ一の詰所。
ここら辺りは参加者の着替えの場所近くでいっつもなんか臭いです。

山笠行事から帰ったら直会の前に必ず最初に子供達は洗剤で手ば洗わせます。
ごりょンさん達も炊き出しには足が速かもんは控えます。

山の期間に梅雨が明けるか否か?じめじめした期間に
現役たちは声も掠れ喉が痛かし、山舁いて首の後ろのぐりぐりの骨が
腫れて痛かし、肩の皮はえぐれて痛かしどげな水掛かっとうかわからんで肌も荒れるし
後遺症に悩まされますと。
博多の山笠は長丁場ですけんね。締込も乾かんし。

山の終わって「梅雨明け宣言」の出てやっと博多の夏が始まります。

カッと晴れた日に山笠衣装ば天日干しして乾かしてしまいこんで
やっと山が終わります。

山はとっくに終わったはずやあばってんがどっかで聞こえる
「オイサッオイサッ!」の空耳はひと月ばかり続きます。

8月のお盆の頃には山笠ははるか昔のでけごとのごと感じるとは
おいしゃんだけじゃあ無かはずです。

ばってんが、今からが暑か暑か夏の本番ですもんね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加