千鳥足こと博多のおいしゃんの独り言

きままなオイしゃんの独り言に
つきおうてつかぁさい。

懐かしか~今回は土着民限定

2017-09-06 20:30:16 | ちょっと昔のこと
記念誌作り初めてこの半年間いろんな文献やら本、写真集やら貪ってきました。

調べよったら面白か事いっぱいです。
記念誌に載せるとはそのほんの一部やばってんが調べたとは
その10倍くらいになります。
昭和41年の町界町名変更後の町の歴史の記念誌ばってんが
調べよったら江戸時代はたまたその前の歴史から見らな
繋がらんけんですね。

良う年に何冊も出版する学者さん尊敬します。
ばってんがそれはそれで仕事やけんですね。

今回は庶民のおいしゃんたちが書く記念誌やけん・・・・
ばってんが今までもそげなとが庶民が書く身近な歴史ですもんね。

ここから話は変わります。

有名な地域の歴史本は広範囲で聞き書きした言わば「風土記」ですけん
当事者の当事者の地域の庶民が書く史実の方が重みのあります。

もともと山笠は曳山であって東長寺で昼食いする悠長なお祭りやったとです。
起源は色々あってここでは割愛します。
ちなみに追山が始まったとは関ヶ原の合戦から87年後のころ。
追山の歴史も長かとですね。

悠長な地域のお祭りやったとがだんだん有名になって決めごとに縛られるごとなって来たとが
今回の記念誌作り初めて見えてきました。

明治4年、「廃藩置県」で博多にも県令がだされましたとさ。
見ておいしゃん思わずプッて笑うたとは

「女子の立ち小便を禁ず」・・・面白かろ

「男女混浴を禁ず」もあったゲナ

それまで一緒に入りよったっちゃろうね、羨ましい・・

おいしゃん小学校の頃、浮浪者?のおばしゃんが学校のトイレでおしっこしよんしゃったですもん。
男便所で後ろ向きにかがんでしよんしゃった。
子供心に女の人はおしっこ、後ろに飛ぶとかいな?素朴な疑問やった。

そげな話はさておき、大事なとは「県令」の方。

「公衆の面前で裸体を禁ず」

それまで山笠は締込と手拭だけで山ば舁きよったとです。

そっから山笠は法被ば着るごとなりました。

最初はあり合わせの火消しの袢纏やらば着てそれぞれ思うまま
着とったら良かっちゃろ?

それ以来、粋で新しもん好きな博多のもんは江戸の火消しの袢纏やら
大阪の商人の袢纏ば参考に独自の法被ば作り上げました。

麹屋番の「団子柄(あれは決してブラジャー柄では有りません(笑))」は
今でも京都の祇園で見かけます。

博多の山笠で町内全員が同じ法被ば着て山笠行事ば行うとは
明治31年から・・・・

江戸時代から明治にかけても山笠は庶民の年中行事の一部のお祭り
神様に奉納する祭りではありますばってんがそれほど神格化されてはされとらんで
庶民の年中行事のお祭りでした。

大黒流では櫛田入の台上がりが立ちあがるとは今や懲罰受けます。
御神体の上で立ちあがるとはままならん・・・

ばってんが昔の写真見たら皆、立ちあがっとりますもん。

今や福岡市が全国にアピールしるごと位置づけた山笠は色々規制のあります。

ばってんが大昔から博多のもんはするりするとくぐり抜けてきて
現在までやって来とります。

今日、あらためて写真集ひっぱり出しました。
懐かしか~

博多では今や重鎮になった方がたの写真ばここで紹介します。


これはまだ昭和通りば集団山見せが走りよった頃。
8番山笠も集団山見せば走りよったとですよ。


これは今や大黒流の重鎮になった方がたのお若い頃

左から古ノ二長前町総代、古ノ一のどすこい野郎、当時の取締龍ちゃん、ペスの親父(千里十里)、つノ一の明太屋さん
将軍様、鼻取りはお酒屋さんです。


こちら西流、昨日書いた同級生のJ一郎、のちに当番町取締務めました。


こちら土居流、左から博多の風、清水画伯の若かりし頃、ヤスの大将ノブオちゃん


こちら懐かしかおいしゃんの実家、博多人形屋の看板。


こちら東流、前振興会会長滝田さんが若っかです。


これは西流、左からケンちゃん(けん坊では有りません)大村さん松尾さんも若っかです。

それからこっちは2004年の写真展から・・・・13年前ですね。


現取締と元若手頭のK介、まだ茶髪ロン毛と眉毛剃りのころ・・


あ~ららなんのごたぁ?現役引退した後のデブの頃です。


はいっ!周ちゃんまだりりしかころ・・・

そして・・・・


おいしゃん、切腹あとが気になる頃、まだ赤手拭
馴らしのあとでしょうか?襷してますね。

今日はここまでです
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

博多風土記(対馬小路2)

2017-06-22 18:16:42 | ちょっと昔のこと
対馬小路についての続きです。

つまりは博多の海の玄関口で明治時代の「博多港」やったけん
博多の歴史の中でも特殊な性格ばもった地域やったとです。

対馬藩やら秋月藩の倉元はここから米やらば船積みしよったとでしょう。
元より対馬藩は日本と大陸の交わりの中の第一線に位置しとります。

秀吉が朝鮮出兵「唐入り」する時も矢面に立って苦労しとったとです。
その対馬宗家の米倉がおかれるほど重要な地域が「対馬小路」界隈。

対馬は島全体の6/100位しか耕地の無かけん米が採れんとですね。

そこで朝鮮の役の功労で飛び地の薩摩の出水郡に一万石ば貰い
その後家康から肥前の基肆(きい)、養父(やぶ)に二万三十四石ばもらい
その積み出しのためにここに米倉がおかれたて言われますばってんが
太閤町割の時、「七小路」の名が出てくるくらいやけん
それ以前から藩の「継所」みたいなもんがあったとかもしれまっせんね。

明治中期の対馬小路界隈と今の大黒流町内ば見安うしてみました。



現つノ一は白砂青松の松原やったとでしょう。
秋四郎神社は今も古ノ二のせま~か縦筋にありますね。



多福庵は御存じナーランダ保育園の「多福寺」です。
多福寺の上見にくっかばってんが「洲ヶ崎稲荷」も・・・・・

この地図の下対馬小路の下に中対馬小路、そっからこの筋の右側が
現在の「古ノ一」の区域にあたります。

旧妙楽寺町は現在はほとんどが「古ノ二」の区域
横町筋から岡側の妙楽寺町が「古ノ一」になります。

廃藩置県後、秋月藩の米倉、役所辺りは「妙楽寺」に統合されましたばってんが
住民同士が合い入れんて言うことで「倉所町」が明治26年に独立したとです。

※以下、大黒流総合サイトから抜粋
明治初期から通称で認知されていた「倉所町」は、明治26年(1893年)に
隣接する妙楽寺町から独立する形で正式な町名となった。
町名の由来はこの地にあった秋月藩の四番めの蔵屋敷で、
その蔵屋敷は明治4年(1871年)の廃藩置県後は袖の港小学校となった。
現在古門戸町9番地に祀られている「秋四郎神社」は蔵屋敷の守護と繁栄を祈り
秋月藩祖黒田長興公と稲荷様を合わせ祀られたもので、倉所町の名残といえる。

大下付近以北は海やったて言うともそう大昔のことやあありまっせん。
何せ埋め立てて言うたら近代技術ば用いなできんですけんね。

この地図の時代の後から埋め立てが始まって今の築港本町が出来るとです。



これは昭和23年の地図。

西浜、千歳、冷泉、海岸通り、石城辺り以北が埋立地ですね。
博多二中はまだ無うて船だまりです。
二中の歴史は浅うておいしゃんの叔母さんが第一回生、当時は学校で
魚釣り大会のありよったて言うほどです。
おいしゃんが23回生

今は「博多中学校」になっております。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

博多風土記(対馬小路)

2017-06-22 13:24:34 | ちょっと昔のこと
博多風土記やら博多の明治記の中から
記念誌には全部書ききらんし「古ノ一」以前のことば
古ノ一の町内に関係ある町の歴史ばかいつまんで書いてみろうかて思います。

最初は「対馬小路」編

今の若っか人は「対馬小路」て言うたら今の「つノ一」の場所ば
思い浮かべましょうばってんがここは昔「大下(おおじも)」て
呼びよったところです。

「上」「中」「下」の対馬小路のもっと下(しも)やけん「大下」
今の昭和通り「太兵衛鮨」から「関東軒」くらいまでの縦筋が「対馬小路」です。
大昔は博多中学校から北側は海やったとです。
博多中(旧博多第二中)は「御舟入」て言うて黒田藩の御用船の
船溜まりやったとこですもんね。


※明治中期の地図、今の神屋町はまだ大浜4丁目、3丁目です。
地図上、妙楽寺の上の「商業学校」がのちの「倉所町」になります。

そして今の対馬小路のところに「対馬藩」の屋敷と倉庫があったことから
そっからの縦筋ば対馬小路て言いよったとです。
博多七小路のひとつです。

対馬藩は最初は薩摩の出水郡に飛び地ば領有しとったっちゃばってんが
対馬と薩摩はあまりに離れて便利の悪かけん
秀吉の九州平定の折、対馬守義智が願い出て大下に900坪の土地ば賜り
そこさぃ対馬藩の屋敷と倉庫が建てられたとが対馬小路の名の由来ですたい。

昭和20年6月19日の福岡大空襲で全町跡形もなく焼け、住民36名が焼け死にました。
博多にもこげな歴史があるとば今の人も知っとかないかんばい。

浜側から「下対馬小路」「中対馬小路」「上対馬小路」に分けられ
上対馬小路の岡側は戦後の五十米大道路(現昭和通)で半分に削られました。



下対馬小路の東側は現在「古ノ二」
中対馬小路と上対馬小路の東側が「古ノ一」の区域です。

昭和24~5年あたりまで「大下」は白浜の海辺であり松の木がまだ十数本あったて言います。

明治31年から博多築港株式会社(蔵本の薬問屋波多江嘉兵衛ほか17名が設立)により
埋め立てが始められ、明治35年に博多大築港(博多船溜まり)が完成。
千歳町、石城町、海岸通り、、北浜町、冷泉町、唐船町、幾世町が出現しました。

明治44年から博多環状電車(市内電車)が走り出し大下付近が町の範囲も広がり
今の「つノ一」の賑わいにつながります。

「博多風土記」はここから先が詳しゅう対馬小路の人々のことが
上の番から順に書かれとるけん面白かとです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

博多風土記

2017-06-17 00:32:09 | ちょっと昔のこと
本日の深夜食堂「ちろり亭」は久しぶりの営業
鯵が安かったけん、おまけに捌いて売ってあったけん思わず買うて


鯵の唐揚げと海老と葱のフリッター、胡瓜は彩りです。

今日は周ちゃんがアガペー持って来てくれるて言うけん
お昼ば一緒に食べることにしました。

保健所に行く用事もあったけん保健所の駐車場入れたらただやし
お隣の中華料理の頤和園 に行こうてなりました。

ところが保健所隣接の駐車場が閉鎖になっとるや無かですやん。
今後は保健所利用の方は区役所の駐車場ばご利用ください。
保健所行く機会のあるひとあんまりおりめえばってんが・・・
どんたくの「博多区役所本舞台」は来年どこになるとでしょう?
そっちの方が心配です・・

頤和園、テレビで坦々麺が紹介され行列ができるくらいて言いますばってんが
以前、いつもの「3パカと1BABA」でコース料理食べに行った時、その坦々麺も
出て来たばってんがそげん言うほど美味しゅうはなかったけん
今日は別んと食べげぇ・・・おいしゃんたちいちお口は超えとりますけん・・

そうそう1BABA(みぽりん)が本当のおばあちゃんになります。
※今もおばあちゃんやら出禁になるけん口が裂けてもいえまっせん
まだまだお店ではお姉さんですけんね!

本日同じ時間に安産祈願の写真がLINEで送られてきました。
知っとったばってんが安定期になるまではてかん口令の出とったけん・・
年内にはミポリンもおいしゃんとおんなし孫持ちの本当のおばあちゃんです。





建太おめでとう!

そのLINEのやりとりしよるとこ




おいしゃんは手前「五目つゆそば」と「ミニ炒飯」
周ちゃんは「豚肉細切りつゆそば」


はいっ麺挙げショットです。美味そうでっしょ?
腹いっぱいになりました。

したら「1:30以降はサービスになってます」て杏仁豆腐が出て来ました!


おいしゃんあのニッケの味が苦手で好かんとばってんが
ニッケや無うて杏の種げなですね。

「嫌々食べよるとこ写しちゃろう、嫌~な顔して」て周ちゃんがパチリ


サービスやけん食べたっちゃばってんが以外に杏仁臭うなくて
美味しゅう頂きました。

さてさて昔のことは調べれば調べるほど面白かですね・・・・
今日また周ちゃんが2冊持って来てくれました。


「博多風土記」と「明治の博多記」
「博多風土記」にいたっては非売品ですばい。
良う手に入れたもんやね



風土記は昭和25年くらいから新聞連載されたもんば再編集された奴で
今のおいしゃんたちのごと昔の博多のおいしゃんたちが集まって聞き書きやらで調べて書いたもんやけん
公の文書と違うて身近な家庭の事まで書いてあるとが非常に面白かです。
それが博多全部の旧町が書いてあるとですばい!

ま~だちょこっと走り読みしたくらいばってんが
パンダさんとこのやま利はもともと肴屋で、煮売りしよったとが後に料理屋になった云々
振興会会長やった栄吉さんのお爺さんは養子やった云々
料理屋になっても昭和15年に漏電から火事になった・・・
その当時はうちも「古径町」でおいしゃんのひい爺ちゃんが料亭しよりました。
それから山師のごたあとに手ば染めてどん底まで転落の我が家、貧乏時代から人形屋始めるまでの
我が家の歴史は妹と10年くらい前に作りあげとりますと。
その隣町の「芥屋町」は周ちゃんの本籍地・・・
面白か面白か!面白か~~~!

うちの爺さんも出て来ます。


人形屋でアメリカに売りつけて外貨ば稼ぎよったばってん火事ば出した云々
この火事はおいしゃんも前述の我が家の歴史作る時、叔母から聞いとります。
たしか兄貴が生まれた年のことですもんね。
火元はおいしゃんの親父やけんこの話は我が家ではタブーになっとります。
親父、死んだけんもう話しても良ござっしょう
確か人形の色止めに使う「膠」ば火で溶かして絵の具に混ぜる作業ばしよったて
聞いとります。

昔は火事が多かったちゃんね・・・・・・・

前町総代の青木さんとおいしゃんが調べよった
古門戸町にあった「継所稲荷」もちゃ~んとこの風土記に出て来ます。
その辺は青木さんが詳しゅう書いてくれるて思います。

今回の記録紙作りの記事も間違いなかったて安心しました。
この「継所稲荷」は江戸時代古門戸町にあった「馬継所」にあったもんで
昭和の大空襲で古門戸一帯丸焼けになったばってんがこの稲荷だけは
焼けんかったて言うてその後参拝者が増えたてあります。

今から未来に向けて今回の記録紙もいつか誰かが読んでくれたらて思うて
制作中です。

昔のことは何が事実か?はわからんとこが面白かとです。
書いたもん勝ち。
「信長公記(しんちょうこうき)」は信長配下の太田牛一が書いたもんで
信長が良かごと書かれとります。
「たおこうさまくんき」に至っては秀吉自ら校正したて言われます。
ばってんが昔から「ブロガー」はおったとですね~
各家庭のことば記した文献が見つかって歴史が変わることもしばしばですもんね。

そげな大層なことは考えとらんばってんが「古ノ一50年誌」
だいぶ形になってきました。

まだラフの見本やばってんがアキラさんから送られてきました・・・・・・




題字は周ちゃんです。



「風土記」と「明治の博多記」ちゃんと読みこんだらまたここで
コラム書かせていただきます・・・

あ~面白かやね・・久々にチャンチャン!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

総合サイト散策・・

2017-05-20 01:24:05 | ちょっと昔のこと
とりあえず備忘録・・・・・


今日(すでに昨日)のお昼は出来あいで炭水化物まつりです。
マルショクの「カツ丼」と久々に食べとうなった「カップヌードル」
珍しい餡かけのカツ丼でした。


新緑の気持ち良か季節になりました。
東公園です。

ここんとこ記録誌の参考に「大黒流総合サイト」ば見よったら
あらためて良うこげん写真の集まったね・・て思います。

それぞれの家庭にはそれぞれの思いでとしての個人、家族の
写真のありまっしょう。自分が写っとう写真が他の家のアルバムに
載っとうこともあるわけで、それはそんままやったら生涯知らずに終わりますもんね。

それがこの総合サイトの凄かとこ。
各家庭から秘蔵の写真ばかき集め挙句はお櫛田さんに
スキャナ持ち込んで収蔵し、はたまた福岡市博物館に行って写真撮ったり

解説にあたっての挨拶で六十郎さんが綴っとうごと

「ごそごそと流内を尋ねまわって、胡散臭がられたこともあるようですが
、何とか形だけは整ったものと思っております。」

もうあれから10年、当初から日々更新されてきとります。
折角こげな大事な記録ば残したっちゃけんこれからも若っか人に
後ば引き継いで貰いたいて予てから六十郎さんと話よるとこばってん。

とりあえずは皆さんご覧になってください。

今日はその総合サイトから少しだけピックアップ。


はいっ「建太」です。平成12年のお汐井取り
まず安永家にはこげな写真は無かでっしょう?まだ建太がバリバリ山舁き寄った頃です。



これはその12年前、総合サイトの記録、平成元年の松囃子言いたての練習参加者名簿
今や働き盛りのメンバーの名前がずらり、土居流もおります。
うちはテツジ、U介兄弟、もさむ、古ノ二の牧尾ゆうじ、しょうぞう、
すノ一、じゅんたろう、じゅんじ兄弟
すノ二、ひさかつ、ひさし兄弟
すノ三はここでも建太の名前・・
土居流、キモサベの長男せいすけ、次男ようこうの名前も・・
みんな今や流の現役バリバリのおいしゃんたちです。


はいこれは有名な昭和45年、川中当番の「太陽の塔」
岡本太郎氏に承諾得て制作、斬新な飾りやったです。
確かこん時は今の中洲流、東流のごと「引き出し山」やったて記憶しとります。


これは昭和53年「東京全国郷土祭参加」の」写真
よさこいと一緒に写ってますね。山笠の当番法被見て「アイヌ」ですか?て


これは昔の松囃子、参加者も少なくつまみのとりあいもしてません。


今は亡き倉所町、古ノ二で取締務め、大黒流の山大工ば請け負うとんしゃった
徳さん「徳重純司」からの写真も別冊で掲載しとります。
徳さんはもともと大工で旧倉所町で永年大黒流の役員も務め鬼塚さんのもとでヒヨカタば経験し、
その後大黒流の山大工として活躍されました。


鬼塚さんと徳さん小縄巻き・・



良か記録ですね


これは平成元年「アジア太平洋博覧会 (よかトピア)」の会場に山ば
持って行く場面。川中当番町です。


こげな資料も載せとります。

この時は博多dayでよかトピア通りば七流が舁き回りました。

今日はここまでです・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐かしか~

2016-08-03 14:49:22 | ちょっと昔のこと
「昭和30年代が泣いて喜ぶあれこれ」て言うサイトで
懐かしか昔のおもちゃ見つけました。

みんな、覚えとろ~?


プラッチックのブーメラン、ちゃんと戻ってきよったもんね。


ダイヤモンドゲーム、これは確かにやりよった。


ゴムが付いた取っ手ばひっぱたら飛んでいきます。
ビニル製「竹トンボ」


ツイスターゲーム。今は体の硬かけんもう無理でっしょうや。


火薬詰めて上に放り投げてギチにおちて「バン」


ぐるぐる書くだけ


任天堂の「ウルトラマシン」
これは半分大人になってもしよりました。

詳しくはこちらのサイト
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トラトラトラ!

2015-12-08 21:46:46 | ちょっと昔のこと
博多商人のかつてのお昼ご飯の王道、うろんです。



忙しか博多の商人は週4日ほどお昼はうどんで済ませよった程うどん好き。
やっぱうどんは「スメ」ですね。
これはおいしゃんの昨日のお昼。
本来は博多コウトウネギばのせますばってんこれは白ネギです。



こちらミヤオのご飯

あいたた・・・・やっぱ安か猫缶はプルトップのついとらん

このお話はただこれだけ

さてさて今日の本題

今日はかつて日本がアメリカに宣戦布告してハワイの真珠湾ば奇襲した日です。
知っとりました?
時代は違うばってんがジョンレノンが銃弾に倒れた日でも有ります。
それはおいといて・・

厳密に言うたら暗号電文の解読に手間取りアメリカに宣戦布告したとは
奇襲攻撃が終わった後やったとです。
ここから「リメンバーパールハーバー」の言葉が出てきます。

1941年12月8日未明暗号電文「「ニイタカヤマノボレ一二〇八(ひとふたまるはち)」」が発せられ
日本帝国海軍が世界で初めてアメリカ本土ば唯一攻撃した日です。

今の若い人は日本とアメリカが戦争したことさえ知らんもんがおるらしいやない?

タイトルの「トラトラトラ」は「「ワレ奇襲ニ成功セリ」」の暗号電文です。



日米合作映画「トラトラトラ」でまさに暗号電文「トラトラトラ」ば発信する場面です。

まだ戦艦大和が就役したばっかり武蔵はまだ建造中の頃です。

アメリカが日本が戦争せないかんごとしかけた戦争とです。
当時の日本は国内の需要エネルギーの補給ばたたれ
どうしても戦争セナいかんごと仕向けられたとです。
これは「ハルノート」でもわかります。
「アメリカが日本に送ったのと同一の文書を他国に送れば非力なモナコ公国やルクセンブルク公国でさえ
必ずアメリカに対して武力をもって立ちあがっただろう」
東京裁判でのパール判事の言葉です。

アメリカ・イギリス・支那・オランダによる対日経済封鎖により
石油・ゴム・といった資源のほとんどば断たれとったけんが
日本は南方進出に乗り出したとです。
一部軍部の暴走は否めんばってんですが・・・
そこは戦争ですけんね。

東南アジアの国々はほとんどが欧米の植民地やけん
その国々ば独立させ対等貿易ばさせれば日本に活き残る道はある。
その結果の欧米との開戦に踏み切ったとが歴史です。

当時の山本五十六連合艦隊司令長官は「1~2年はじゅうぶん暴れて見せる」ばってん
戦争には否定的やった人です。
真珠湾のあとに「眠れる獅子(アメリカ)を起こしてしまった」とは有名な弁です。

ところがこの真珠湾にはアメリカの主力空母がおらんかったとですね。
日本はこの攻撃でアメリカの航空戦力ばせん滅して日本近海での
艦隊海戦に持ち込む算段やったとですね。
日本は航空戦力より重量艦船の製造に力ば入れとったとはっもはや
時代遅れやったとですね。第一次世界大戦でロシアのバルチック艦隊ば
せん滅した自負もあったとでしょう。

のちに大和も海の底・・・・・・
数十年後に地球ば救う宇宙戦艦ヤマトとして蘇るとは別のお話です。

今もなぞに残る「南雲中将」の攻撃中止命令。
逆にアメリカ空母からの攻撃ば恐れたか?
その後の結果は歴史の通りです。

ばってんがここで日本が戦争した国はアメリカ、イギリス、中華民国です。
ポツダム宣言で雨後の竹の子のごと出てきた国は確かにありますばってんが。
ロシアやら最たるもんです。日本とロシア(当時ソ連)は
同盟むすんどったとぃほごにして日本が負けた後、宣戦布告してきとうとですばい。
おいしゃんあの国だけは未だに好きやあありません。

そして決して今の中国(中華人民共和国)とは戦争しとりません。中華民国は台湾ですね。
ましては韓国は当時は日本軍です。

そいけんなん?て言われるかもしれまっせんばってんが
解釈は色々あってもかつて日本がアメリカと戦争したことがあるて言う事実ば
若い人には知って貰いたかですね。

今日が12月8日やったね~
ただそれだけのお話です。

ちなみに↓こちらコメディ映画「1941」です。
日本軍が宇宙船に乗って攻めた来たって映画
司令長官は三船敏郎ですよ。

1941 (2/11) Movie CLIP - The Indomitable Capt. Kelso (1979) HD
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

福岡大空襲の日

2015-06-19 23:34:58 | ちょっと昔のこと
6月19日は福岡のもんは忘れたらいかん日です。

毎年、この日は同じ投稿です。

以前書いた投稿にリンクしました。

こちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湖月のカレー

2015-05-18 19:13:21 | ちょっと昔のこと
今日は朝から雨に振られズボンがびしょびしょです。



決しておもらししとうわけやあありません。

こげな日は寝るに限る・・・・・ミヤオ



さてさておいしゃん達の年代には懐かしか「湖月のカレー」

中洲大通りと明治通りの角に合って店先では
天津甘栗も売りよりました・・・・

映画の前に天津甘栗買うて映画見て

映画の後は「湖月のカレー」が定番やった。

カレーしかないけんお店に入ったら・・・

「一ま~~い」「二ま~~い」ておらびよんしゃって
二階席にはエレベーターでカレーの運ばれてきよりました。

ここでカツカレー食べるとは最高のぜいたくやったとです。

今、その湖月のカレーば復刻して出しよるお店のあります。

以前このブログでも紹介した馬出の「あんみ食堂」さん



この二階のドアの謎、先日マスターに聞きました。
最初、テラス作るつもりやったらしかですがキャンピングカー買うて
キャンピングカーの頭があたるけん作らんずくでこの状態らしかです。

このお店と東公園の中にある「喫茶室あーる」さんで食べられます。

両方ともお持ち帰りのでけます・・詳しくはこちら

おいしゃん今日は「あーる」さんで買うてきました。



冷凍です・・・

中身は



こげな感じ・・・

こちら作り方の説明、湯煎にして解凍します。



はいっ!こちら出来上がり「一ま~い!」


福神漬大盛りです!

味は?て言うたら・・・・・

う~ん・・う~ん・・・・・・・・・う~~~~~~~ん

二口みくち食べたら舌があの味、思い出してきましたヤネ
ほとんど具はなくこのカレーこそ「飲みモノ」て感じです。

あんみのマスターいわく「現代人の舌に合わせて少しアレンジしとう」

なんとなく言われることはわかります。
ばってんベースの味はやっぱあの「湖月のカレー」やったです。

一度食べてみませんか?
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

福岡大空襲

2014-06-19 23:06:16 | ちょっと昔のこと
そういえば今日は「福岡大空襲」の日やった。

博多の街がB29によって絨毯爆撃ば受けた日です。

ちゃんと覚えて(知って)おかないかん日です。

おいしゃんの祖父は博多で空襲受けて命かながら3日後に藤先の疎開先に帰ってきました。

その頃、親父は釜山日報で福岡大空襲の記事ば見て心配しよったそうです。

終戦後、10年以上経った博多でも兄貴は遊びよって不発弾ば見つけました。

おいしゃんが小学校の頃、奈良屋小学校の砂場掘ったら防空壕の階段が出て来よりました。

博多もそげな歴史のあるとは、今の若い人は認識しとりますか?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春は新卒の時期・・・・昔はおいしゃんも新入社員

2014-04-16 18:55:59 | ちょっと昔のこと
最近、街中ば歩いとったら良う新入社員て思われる若者ば見ます。

真新しい腰が低い細身のズボンの黒いスーツの集団があちこちに・・
おなごの人も真新しか黒いスーツですぐにそれてわかりますったい。

たぶんどっかで研修中の昼休みでしょう。

公園に行ったらベンチでお弁当ば広げる若いOLさん。

こないだはお昼休みやろうと思われる男女がテニスばしよりました。

おいしゃん若いころテレビのドラマやら小説で
お昼休みに職場の屋上でバレーボールやらして過ごすとば
見たりして憧れとりましたばってん

現実は・・・
大学の卒業式前にすでに入社式の後、研修で
卒業式やら出とりません。

「卒業式より今からの仕事が大事でしょう」とは
当時の総務部長の言葉やったです。

入社してからの1年間は倉庫で内勤、
商品の振り分けやら出荷作業に追われ連日10:00ば過ぎる残業の日々
ほとんど毎日夕食は出前の残業食でした。

婦人服部ブラウス1課ていうの上もん担当の部署やったけん
売り場ではブラウスやらカットそーセーターば畳んで片づける毎日。
仕入れのバイヤーが広げて商品見たとば
奇麗に元通り畳んでビニル袋に入れて陳列しなおさないかん
これが一番嫌いな仕事やったです。

最初の頃は服飾辞書片手にヒートカットやらラグラン袖やらジャガード織やらの
意味ば一生懸命勉強しよりましたやね。

こう見えても展示会の飾りつけは上手やったとですばい。
先輩女子社員が飾ったとば「そらちょっとギョウラシカっちゃなかですか?」て言うたら
「それなん?」て・・通じんと。
「山の時には休むしあいつはしっかり博多んもんやね」て
職場では言われとりました。
当時の部長が以前恵比須流で山に出たことのあって
「赤手拭ならしょうが無かろう」て
山の間の有給、早帰りは大目に見て貰えたとは助かりましたやね。

辛かったとは山の夜警・・・
まだ赤手拭駆け出しやったけん朝まで寝ずの番して
明け方着替えてそのまんま広島出張・・あんときは辛かった。

当時、今のごと洒落たマネキンやらありません。
当時慰安旅行の出しものでマネキンのかつら被って女性社員に念入りに
化粧して貰うて女装してファッションショーばしたことのあります。
衣装はなんぼでもありますけん。
そしたら出荷場の中年おいしゃんたちに抱きつかれて困ったもんやった。

1年過ぎて営業担当貰うたとは筑豊と山口以北地区。

さびれた筑豊の炭鉱街やら・・・・はたまた
当時高速も通って無かったけん山口まで車で行って
新幹線に乗り換え思いサンプルケース抱えて広島まで通ぅたもんでした。

当然、会社におっても前述のお昼休みの光景やらは
夢のまた夢やったです。

仕事の内容は別にしてその当時の職場は若か社員が多く
楽しか職場やったです。

部署単位で泊まりで宴会行ったり、上司の引越しに課ばあげて手伝いに行ったり。

今思えば懐かしゅうございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永遠の0

2013-12-22 23:01:48 | ちょっと昔のこと
今日から「百田 尚樹」原作「永遠の0」が封切りされました。



ニッポン祖国の為にまた家族の為に奮迅したゼロファイターの物語です。

今回ちょっと長うなりますばってんがこらえとってくださいな・・

おいしゃん決して「右翼」じゃあありまっせん、戦争推進者でもありまっせんですばってんが
最近ていうか戦後の日本の平和ボケが心配です。

最初に言うときますが有事においてはおいしゃんもう歳ですばってんが

祖国の為にいつでも死ぬ覚悟はあります。
男女同権て言われますばってんがそれは男の責任やて思います。
普段ちゃらんぽらんに生きとっても、家族ば守るために命ば賭するとは当然のことです。

四季の美しさ、控えめな民族性、世界に誇る(工学的にも農学的にも・・)技術
「オ・モ・テ・ナ・シの心」
素晴らしか民族、大和民族。

そういうニッポンて言う国、それば形成する「家族」が外敵にさらされたら
命ば賭しても守るて言う意味です。

1941年、日本はアジアの列強からの独立のため立ち上がりました。
勤勉な国民性からです。

「第二次世界大戦」又は「太平洋戦争」て言われますが
真実は「大東亜戦争」て言うとが本当です。
東アジア、東南アジア、極東アジアば含むアジア全体の列強からの解放です。

列強のアジアにおける植民地支配ば解放するためにニッポンは
先陣ば切ってひとり米英に立ち向かったとです。

真珠湾攻撃もアメリカが日本ば戦争に導くために仕組まれたレールて言うとは
「ハルノート」に記されとります。

侵略て言われますばってんがアジアの独立の為には
資源がある地方ば味方にする必要性のあります。
進駐しても日本軍はその地方にちゃんと独立の為の教育ば施して
西欧の召使いとは違う対処ばしてきとります。

そげな立派な国民でも自分の主義主張、個人の栄誉のための
間違った軍部の作戦があったとしてもそれは軍事の時にしかたなかったとかもしれまっせん。

わけのわからん隣国の「慰安婦問題」やらはいちゃもんの道具でしかありまっせんと。

「永遠の0」はそげな軍部の精神にたてつく一人の男の物語です。

ゼロ戦、正式には海軍零式(れいしき)戦闘機(皇紀2600年の末尾の0をとった名称)
海軍は海外との交渉事で英語を使うため零ば「ゼロ」て読んだため以後
「ゼロ戦」て言う呼び方がまん延しましたとです。

軍部は国民の命は「赤紙」一枚で使い捨ての駒としてしか考えとりません。
そのため尊い命は祖国ば守るための一つの爆弾」としてしか考えとりません。

誰一人喜んで死んでいった人はおらんとです。
自分が捨て石になって愛する家族が救われるならていうて特攻にいった人ばっかりです。

その中で、捨て石にならず生きて祖国、家族ば守るために戦った人たちも当然いっぱいおったとです。



「生きて虜囚の辱めば受けん」て言う理由だけで一撃一殺の命ば受けていった
若き先人達。

その中の一人「宮部久蔵」は軍部の意向に反し生きて家族を守る、一人娘に逢いたい
生きてひとつだけでも多くの敵機ば葬るて言う主張で戦場ば生きてきました。
日本が誇る撃墜王のひとりでした。

これほどまでに日本ば守った先人達・・・・

戦犯国としてその惨めな虜囚を植えつけられた日本人。
世界に誇る平和主義、日本国憲法に縛り付け、また守られれて安寧の時を過ごしちゃあおりますばってんがたい

平和ボケ・・

似彼戦犯に対するアレルギー
憲法改正に対するアレルギー

がありすぎるっちゃあ無かですか?て思います。

自衛隊ば国防軍に替えても日本の平和主義はかわりません。
今の人類の状態では目には目を刃には刃をの精神は当たり前・・

あたしゃあ軍備ば持ちません、ばってん平和主義で通します。
そげな夢のごたあ理想主義は時期早々やておもいますばってんねえ

永世中立国の「スイス」も立派な軍ば持っとります。
徴兵制度があるほどです。
自分たちの国は自分たちで守る。

歴史上で日本と同じ平和主義ば唱えた某国、軍も持たない国は
侵略され今ではちゃんと国防軍ば持っとりますもんね。

おいしゃんな愛国主義者、ばってんが今の時代の間違った街宣車の「右翼」たあ
違う純粋な愛国主義者です。

「愛国主義者」の言葉自体わけわからんアレルギーで違和感もつ人がおるかも知れまっせんばってんが

オリンピック、はたまた各スポーツのワールドカップでの「日ノ丸」

そうあなたも立派な愛国主義者です。それになんら引け目ば持つことは
無かて思いますばってんねぇ・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜空のトランペット  ニニ・ロッソ

2012-12-21 00:53:09 | ちょっと昔のこと
夜空のトランペット  ニニ・ロッソ


中学(博多第2中学校)の卒業間近

この「ニニ・ロッソ」のコンサートば市民会館に聞きに行った。

太宰府から越境入学してきた村上純と
清川からこれも越境入学してきた大石大成(おおいしひろしげ)の3人で・・

おいしゃんこの二人とは中学時代浅からぬ縁のありますったい。

片方の「純」とは先日中洲で40数年ぶりに会いました。
今は福大のなんか?しよるらしい。

純は親父さんが片腕のラガーで有名ばってんが
俺たちゃあラグビーと関係なかけんピンとこん。

ばってん中学卒業前にゃあ一緒に京都奈良旅行ば楽しんだものでした。

一方の大石大成は卒業以来音沙汰ありませぬ。

一遍逢って昔話に華ば咲かせたかて思いますばってんが
行方のしれまっせん。

こげな時どげんして見つけたら良かとでしょうか?

会いかです。大石大成・・



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡大空襲の日

2012-06-19 07:59:49 | ちょっと昔のこと
今日6月19日は博多のもんは忘れちゃあならん日です。

今から67年前アメリカの爆撃機「B29」の焼夷弾により博多の町が焼き尽くされた日です。

午後11時11分から20日午前零時53分までのおよそ2時間に、
221機のB29爆撃機から約1500トンの焼夷弾が投下されました。
街は一夜にして燃え尽き、千人以上の死者・行方不明者が出ました。

空襲は約1時間40分にわたります。

16000戸を超える我が家が焼き尽くされたとです。



今日、11:00から「冷泉公園」で慰霊祭が行われます。

合掌

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歴史考と博多松囃子

2012-02-13 21:35:52 | ちょっと昔のこと
総務から「勉強しなさい」て役員に松囃子の資料が
配られました。

うちの総務は「古文書を読む会」の会員で
故事来歴に詳しいけん、良う歴史の話に花が咲きます。

それに比べ赤手拭いたちは「ヤマ」のことしか頭に無く
先人たちの歴史には全く興味が無かごたります。

若い諸君、ヤマだけや無い先人たちの歴史、博多自治の上に
現在のヤマがある、ちゃんと郷土の歴史は勉強しとかないけません。

現在大黒流で保管する2つの旧面と新面



左現在使用面、右が旧面です。両方ちょっと怖いです。
これ毎年の「面検め」のためトレースした画像です。
毎年当番町の「面送り」で傷やらば確認する作業に使います。
大事な文化財やけん勝手に修理したりしたげんたいなりませんとよ。

これとは別に櫛田神社に保管されとる大黒面は裏に「重元」て墨書きの
名と花押があり博多東光院十二神将像の修理者「三左衛門重元」または
今津誓願寺薬師如来像の修理者「与次郎重元」に関係があるて
考えられいずれにしても室町時代後期の博多の仏師の作でありまして

流保管の二つの面と比べとっても柔和な笑顔ばしとります。

こげな大事な面ばってんそこは「博多んもん」
昔の文献によると「喧嘩して」壊した・・が良う出てきます。

石堂流の恵比須面

宝暦十二年に中間町の寄進により「恵比酒神陰陽二面」ば作ったてあり
これは筥崎松原の喧嘩で紛失したものの再興であ~る・・て書いちゃります。

これに限らず昔の人は「文化財ば保管する」て言う考えは
今と違うて観念に無かけん日常の当たり前のことではありましょうが・・

話は違いますばってん、先日も書いた「平泉中尊寺金色堂」の
建屋ば覆う「覆堂(さやどう)」も雨風から文化財の建屋ば守るためのものじゃあ無うて
当時そげな観念のありませんけん・・
藤原氏の怨念ば覆ってしまう意味で頼朝によって作られたていう
説のあります。危ないもの(刃)ば覆う鞘にたとえて
「覆堂」て書いて「さやどう」て読ませとります。

そげなたいしたことと関係なくこちら「博多」のお話です。

元禄八年は大黒流当番の我が古門戸町が跡巻(あとまき)に加わっとった
浜口町浜と大喧嘩して大黒面ば割ったてあります。

貞享二年にゃあ金屋町と竪町浜(たてちょうはま)のもんが
福岡部の簀子町と喧嘩して双方とも牢屋さい入れられとります。

竪町ちゃあもともと横筋の石堂流ばってん横筋から
だんだん長屋のごと浜に向かって家が建てこんできたけん
横筋の縦筋で「竪町」になったらしかです。

松囃子は福岡部のお上に祝いに参じた後、
福岡六町筋ば通る時、お上が新興城下町やったけん
福岡部にかねてから便宜ば図っとったとが
気に食わん博多のもんは喧嘩したり、家の門壊したりしよったもんやけん
「松囃子が通る時は家から出るな」てお上から通達の出よったげな。

お上が福岡部に肩入れするとはやっぱ昔からの伝統でございますな。

他の地方の皆様が不思議に思われるでっしょうばってん
福岡と博多の双子都市はそういう歴史のあります。

奴国の時代から歴史ある自治都市博多と
関ヶ原の後黒田によって作られた新興都市「福岡」は
その昔から対抗意識のありますと。

お上が松囃子に対して「喧嘩、乱暴するな」やらお触ればだしたもんやけん
松囃子は福岡部ば通る時、傘鉾ばたたみ稚児の台もたたみ
お囃子もやめて通りもんも歌やらうたわんで通り過ぎたゲナ

この博多松囃子の起源は今もって定かではありません。

わかっとうとは三福神の担当ば横筋の流
「魚町(福神)」「石堂(恵比須)」「洲崎(大黒)」で
縦町筋の流「東町」「西町」「土居」「呉服町」が稚児ば担当し
その四流の町で当番ば回すけん32~3年ごとの当番やったらしかです。

現在の大黒流の当番が12年にいっぺんもま~だ早かほうですね。

起源としては「筑前国続風土記(ちくぜんこくしょくふどき)」やら
「博多古説拾遺」「石城志」やらの文献に頼りますばってん
いずれも言い伝え、聞き書きばしるしたもので
これは歴史学全般に言えることばってん、
本当のことは誰もわからんですもんね。

タイムマシンに乗って昔の博多ば見てみたい気もします。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加